★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 681.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
10/22 福島の子どもは、低線量被曝のモルモットか@声 (Nuclear F.C) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/681.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 22 日 18:15:32: igsppGRN/E9PQ
 

10/22 福島の子どもは、低線量被曝のモルモットか@声
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/5176531.html
2011年10月22日09:37  Nuclear F.C : 原発のウソ


 2週間前、息子に配布された外部被曝(ひばく)個人積算線量計(ガラスバッジ)を幼稚園に返しに行った。息子は妻と隣県に避難し、そこで9月分を測った。

幼稚園の先生に計測結果を知らせてもらえるのか尋ねると、「平均的数値より異常な値が出た場合だけ知らせる」と聞き、あぜんとした。福島市は最近通知に転じたが、当初全員通知はしない方針だった。

 そもそもガラスバッジは高放射線量の所で警告音が鳴るわけでなく、単に積算線量を記録するだけの器具だ。震災直後の高線量の時期にこそ直ちに測定すべきだったのに、なぜ今頃なのか。

また外部線量より内部被曝の方がはるかに心配なのに、外部被曝量を記録するだけの器具を配る。

その数値も一部市町村は住民に通知しているが、県は配布の補助だけで後の対応は市町村任せだ。国から数値分析や健康対策の支援がないことに市町村から批判がもれる。

 思えば原発事故直後、私たちは重大な情報を得られなかった。放射能拡散予測データ、レベル7、炉心溶融。

さんざん情報が隠された揚げ句、積算線量の数値もただ集めるだけ集めて今後の対策もなく、命を守る礎にされていない。福島の子どもたちは低線量被曝のモルモットか。私たちは一体何を信用したらいいのか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月22日 19:22:54: 7jqSCdPObw
政府も、県も、市町村も、教育者も落ちる所まで落ちたものと、つくづく思います。何も信用できないです。絶望的ですね。

甲状腺の検査も同じようでしたね。
なぜ簡単な血液検査をしないのか。
血液検査をすれば、多くが異常値を計測されるでしょう。
かくいう小生(東京都在住)も今年5月の検査で初めて甲状腺異常を告げられました。


02. 2011年10月22日 19:52:39: rgyOqK36fk
ABCC  放影研 福島県立医大 このへんは、阿修羅ではもう既出。

03. 2011年10月23日 05:47:29: xDPGYFtyaE
この国というよりも国の指導層というものの素性がわかったので、よほどのことがないかぎり、我々は、家畜扱いされ続けるのだろう。

そんなに、この国が嫌ならば、さっさと出て行けばいいという声もあるかもしれない。

実際、出ていこうかという心づもりもないわけではない。

日本人ではなく、日系人になる。

しかし、富裕ではないので、海外での労働を考えれば習得すべきことはいくつも考えらえる。そう簡単なことじゃない。

普通に考えれば、これほどの「塗炭の苦しみ」はないのではとも思うが、自己憐憫はしないようにしている。泣いている暇はないのだ。


04. 2011年10月23日 06:33:02: wNmUGKiHPo
なぜそのままガラスバッジを返したのか。将来我が子ががんを発症した時の補償を受けやすくするため、後に残るひとたちのため、汚染されてそうな場所に1週間ぐらい置いて放射線量を底上げすべきであった。そういう知恵が働かないからこそ一番逃げるべき時に逃げずに放射線をモロに浴びて一番食物が汚染されている時期に汚染給食を子どもが食べる破目になったのだろう。今さらでは遅すぎる感もあるが総被ばく量は低く抑えたほうがよいので今より汚染度の低い所へ行くことはムダではないと思う。

05. 2011年10月23日 09:56:42: xpqRhr8Lm2
「被曝した人間が何時まで健康に生きる事が出来るか」を実験しているのでしょう。

福島から逃げる事をお勧めいたします。


06. 【タヌキ腹組“ぽんぽこ”】 2011年10月23日 11:49:32: SM2DPWDDuBDzg : AdKaaFvNBE

★「今回の放射性ヨウ素量が原因で、福島では誰一人として甲状腺がんにはならないと予測できる」(高田純)

・・・・・“完全犯罪”?で、誰も責任は取らないことだけは確実!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■“放射能については、実際に現地に出向いて調査した専門家を信じるべきである”
2011年10月20日 (木) ライジング・サン(甦る日本)
http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-1c21.html

 久々に更新します。 しばらく更新してなかったので忘れられていると思いますが(笑)。

 未だにツイッター、TV,様々な場所で「放射能危険・怖い」+「福島差別」を言いまくっているアホどもがいる。 その者たちは、きっこや東海アマなどの、本名も出さない顔も出さない実際にどこに居住しているのかもわからない「危険煽り+福島差別」人の言葉を何の疑いもなく受け入れ、また放射線医学の専門家でもない小出、広瀬隆、武田、児玉の話を10%くらい理解したつもりで、それで自分たちも専門家になったつもりで「私たちがあなたを救ってあげる」善意よろしく、「危険説」を拡散しまくっている。

・・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■“肥田舜太郎 東電福島原発事故 大量殺人完全犯罪を糾す”
2011年05月14日 06時26分19秒 ちゅうたしげるの”まじめにコツコツやるっきゃない?!”
http://blog.goo.ne.jp/chutashigeru/e/dc6ae9cfaab5aa03765dc39aeb8fd8e2

You Tube 動画肥田舜太郎が福島第1原発事故での被曝について語る


07. 2011年10月23日 11:54:06: mAKWjxKjsw
4さんのコメントを読んではっとした。
3月の給食ってどうだったんだろう。
3月20日くらいまで給食あったよね。

08. 2011年10月24日 13:31:14: sgolhP60mA
>04 汚染されてそうな場所に1週間ぐらい置いて放射線量を底上げ

名案だと思ったが、そうすると次の事故のとき、
「こんなに被曝しても何ともなかった」という理由づけにされてしまう。
それが目的でガラスバッジを配ったのかも知れないと思うと、癪に障る。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧