★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 724.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
放射能汚染の時代を生きる〜京大原子炉実験所・“異端”の研究者たち〜
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/724.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2011 年 10 月 24 日 10:57:59: 6nR1V99SGL7yY
 

放射能汚染の時代を生きる〜京大原子炉実験所・“異端”の研究者たち〜
http://www.youtube.com/watch?v=hvi6GaecKM8

放射能汚染の時代を生きる〜京大原子炉実験所・“異端”の研究者たち〜
http://www.mbs.jp/eizou/backno/111023.shtml

技術先進国の日本では決して起こることはないとされてきた原子力発電所の重大事故。
3月11日の東京電力福島第一原発の事故で、それが現実のものとなった。
京都大学原子炉実験所の助教、小出裕章さんと今中哲二さんは、
原子力の専門家の立場で、重大事故の危険に警告を発してきた。
原子力の世界で“異端”視されてきた彼らはいま、何を思い
「フクシマ」後の世界をどのように生きようとしているのかを追う。

編集後記
東日本大震災にともなう福島第一原発の事故が起きて、7か月以上になります。
取材を始めたきかっけは、2008年3月の洞爺湖サミットで「原子力はCO2を出さない、
未来のエネルギー」と宣言に盛り込まれたことに私自身が、違和感を持ったからです。
そんな折、京大原子炉実験所の研究者たちと会い、
アカデミズムという組織の中で生きながらも、信念を貫き通す姿に共感を覚えました。
そして2008年10月に「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・“異端”の
研究者たち」と題して、研究者たちを追った番組を制作しました。
日本のエネルギー政策の中でも、とりわけ原子力発電のありかたについて問題を
提起したことで、番組の役目は一応終わったはずでしたが、そうはなりませんでした。
言うまでもなく3.11で、世界が一変したからです。
2008年の番組では、放送が原発問題についての議論のきっかけになればとの思いで
制作しましたが、3.11後のいま、今後の日本のエルギー政策をどう展望して
いくかについては議論百出で、隔世の感があります。
しかし、それは福島県をはじめとする地域の甚大な被害と
ひきかえであることを思うと、辛くやりきれません。
番組の主人公の一人、京大原子炉実験所の今中哲二さんは言います。
「サイエンスの土俵で出来ることは限られている。
故郷を追われ、別の場所に移り住まなければならなくなった人々の怒りや悲しみは、
サイエンスですくい上げることはできない」。
まさに真理でしょうが、逆説的に言うと「自分はサイエンスの土俵で
出来る限りのことをやる」というマニフェストとも解釈できるでしょう。
事態は現在進行形で、まだまだ予断を許しません。
セシウム137の半減期は30年、闘いはこれからも長期にわたります。
いまの思いを今中さん風に言えば
「自分はドキュメンタリーの土俵で出来る限りのことをやる」。
状況が終わらない限り、取材も終わってはいけないと考えています。


<参照>
その日のあとで 〜フクシマとチェルノブイリの今〜
http://www.mbs.jp/eizou/backno/110626.shtml
http://www.youtube.com/playlist?p=PL1D470EF894E951BA
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月24日 15:15:24: FEC1zKK4NY
原発事故以降、東大のセンセイは権力志向だけはすばらしいのがよくわかった。
世の中に害にならなければ、まだ許せるが・・・。

02. 2011年10月24日 17:34:58: vsXOorX3zQ
福島の人々が日本人が
放射性物質による苦しみから逃れる事ができて「辛酸入佳境」と言える日は
いつくるのだろうか?

03. 2011年10月24日 18:38:55: kCSSAFckvE
良心的な番組だ
民放というからさらに驚き

04. 2011年10月24日 22:32:04: uXBPlMCuOE
 原子力を推進してきた奴らを絶対に、未来永劫許せない。無自覚に電気を使い続けてきた私たちの傲慢さも徹底的に反省し、今までの暮らし方を変えなければならない。

 日本は所詮アジアの三流国だ。これだけの惨禍を受けても、立ち上がらない。暴動も革命も起きない。犯罪者が大きな顔をしていまだにのさばっている。推進してきた奴らは全員「犯罪者」ではないか!

 何故あいつらが罪に問われないのだ!問わないのか!殺人罪ではないか!

 それどころか、ここでも小出先生へのねたみ、中傷、貶めようと色々書く者が出てきた。

 この番組を見ても一体誰が昔から原発に反対し続けてきたかよく分かる。


05. 2011年10月24日 23:30:31: 03bw0jfJsI
見ていて何度も泣いてしまった。番組中で、気象庁が爆発時に、風向計を止めてしまったと言っていた。私はNHKの風向記号が、数日間天気予報から消えたのは、NHKの所為だと思っていたが、どうも違うらしい。でもアメリカが官邸に常駐し初めた時期とほぼ同じで、やはり同じ日本人が遣ったと、思いたくない心がそうさせるのか?
アメリカの指示ではないかと疑っている。山下や文科省や経産省の日本人と思えない行為もその疑いあり。そして安保条約との絡みが重要ではないかと考えるようになってきた。TPPも安保条約の元日本隷属強その一奸だと思う説を、読んで更に疑いが強くなった。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧