★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 739.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
〈プロメテウスの罠〉研究者の辞表(朝日新聞)なんで、わざわざ京大や神大の研究者が福島まで?
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/739.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 10 月 24 日 20:14:21: V/iHBd5bUIubc
 

事故直後から、なんでわざわざ関西の研究者(京大の今中さんや神大の山内さんら)が福島くんだりまで(失礼!)調査しにいかなあかんねん!と突っ込みっぱなしでしたが、うすうすそうやろうとは思ってたが、木村さんの話を読んで「やっぱり!」と納得した次第。

1999年東海村臨界事故(JCO事故)後に、
旧日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)が1999年10月に出した「箝口令」が元凶のようです。
「自分たちが知った情報は、たとえ住民のためになることでも職務上の秘密だ、出すなということです」

それなら、納得。
福島県に近い東海村には政府系の原子力関連施設、研究所山ほどあるのに、一切調査した速報を出しているのを聞いた事がない。
筑波学園都市や、東北の雄、東北大学も完全に沈黙を守ったままだ。
そやから、神戸大や京大の研究者がわざわざ関東、東北まで放射線測定やサンプル採集などを、せなあかんわけですね。
最初に書いたように、私も事故直後から、東海村や筑波や東北大の研究者連中は、一体どないしてんねん!どぼやきまくってましたから。

ほんでから、もうひとつ飯館村で、無防備の村民を見てみぬふりした文部科学省の下請け(ほんまに下請けか?)と自称するガスマスクつけて白い防護服の連中のことを、是が非でも究明しないといけないのではないか?
文部科学省の下請け(?)でも、自らの所属会社と氏名を名乗らないといけないのではないか。
文部科学省に電話して聞いてみよう!

小沢問題では、全く読まなかった朝日新聞ですが、たまたまマクドで手にした朝刊に、木村真三さんが辞表を出して、放射線測定の旅に出けたところから、毎回読んでいる。
幸い、これまでの(1)〜(8)までを、ブログの載せた方がおられるので、紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/c7b840d494d055d3ae6ffa11c68d5da2

より転載

〈プロメテウスの罠〉研究者の辞表(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)/朝日新聞
2011-10-24 08:05:19

-----------------------------

第2シリーズ「研究者の辞表」は、情報は誰のものかを考えます。約20回の予定です。敬称は略します。
---------------------------
研究者の辞表(1)測定 まず僕が行く
3月11日午後。地震の瞬間を、木村真三(44)は川崎市にある労働安全衛生総合研究所で迎えた。

 研究所員の木村は、放射線衛生学の専門家。医師や看護師の被曝(ひばく)調査や、チェルノブイリ事故の現地調査に取り組んでいた。

 大きな揺れの後、木村はテレビに駆け寄って「原発どうなった!」と叫んだ。大丈夫、とテレビは報じていた。千葉県市川市に住む家族とは翌日の午前2時まで連絡が取れなかった。

 翌12日は土曜日だった。家族と会うことができ、午後は3歳の長男と買い物に出かけた。家に戻ると、妻がいった。「原発が爆発した」。瞬間、木村は反応していた。スーツに着替え、長男に「お父さん、しばらく帰ってこないから」と告げた。

 研究所に戻って現地入りの準備をした。住民を放射線から守るにはまず測定しなくてはならない。それには速さが求められる。時間がたてばたつほど測定不能となる放射性物質が増える。急ぐ必要があった。

 準備を急ぎながら、木村は最も信頼する4人の研究者にメールを出した。京大の今中哲二、小出裕章、長崎大の高辻俊宏、広島大の遠藤暁。

 「檄文(げきぶん)を出したんです」と木村は振り返る。

 「いま調査をやらなくていつやるんだ。僕がまずサンプリングに行く。皆でそれを分析してくれ、と書きました」

 えりすぐりの人たち、と木村はいう。

 「全員、よし分かったといってくれました。一番返事が早かったのは小出さんです。私は現地に行けないけれども最大限の協力をします、と。あとの人たちからも次々と返事がきました」

 木村はその檄文を七沢潔(54)ら旧知のNHKディレクター3人にも回した。測定したデータを公表する手段が要る、と考えていた。

 じきに携帯電話が鳴った。七沢だった。七沢は七沢で知り合いの研究者と連絡を取りまくっていた。七沢はいった。「特別番組を考えている。協力してくれないか」

 13日に市川で七沢と会った。打ち合わせを終えて七沢と別れたとき、携帯に研究所からの一斉メールが入った。研究所は厚生労働省所管の独立行政法人。文面にはこうあった。

 〈放射線等の測定などできることもいくつかあるでしょうが、本省並びに研究所の指示に従ってください。くれぐれも勝手な行動はしないようお願いします〉

 研究所に放射線の専門家は自分しかいない。これは自分に向けて出されたメールだ。木村はそう思った。自分の現地入りをとめるつもりだ、と理解した。(依光隆明)

*2011.10.17朝日新聞朝刊

---------------------

研究者の辞表(2)家人には一切いわず
 木村真三(44)は、1999年に起きた茨城県東海村の臨界事故を思い出した。

 当時、木村は千葉市にある放射線医学総合研究所に勤めていた。同僚とすぐ調査に行こうとしたが、許可が出ない。休日に有志で周辺を調査し、本格的な調査に向けて根回しを始めた。と、上司から「余計なことをするな」と大目玉を食らう。

 「3月13日のメールを見て放医研のときと同じだなと思いました。同じことを繰り返したら死ぬまで、いや、棺おけに入っても後悔する」

 出した結論は、労働安全衛生総合研究所を辞めることだった。

 「家人には一切いわず、すぐ研究所に行って総務課長の机の上に辞表を置いてきました」

 軽い決断ではなかった。任期5年の満期で放医研を辞めた後、木村は専業主夫を経て塗装工になった。雨の日以外は土日もなく働いた。ただ、ときどき休みをもらった。

 「明日はつくばで論文書かないかんのよとか、京大で実験に入るからとか。研究者公募情報はずっとチェックしていました」

 1年半後、公募情報で労働安全衛生総合研究所がアスベストの研究者を募集していると知る。「アスベストの中皮腫はプルトニウムによる症状とよく似てるんです。で、アスベストは知らんけど放射線は知ってると書いたら採用されました」

 そのとき40歳。正職員になったのは生まれて初めてだった。悪い職場ではなかった。「労働衛生と関係ないからチェルノブイリ調査事業は廃止を」と求められた際も泣く泣くのんだ。「事業は廃止になるが、自腹でも調査を続ける」と仲間にメールしたのは原発事故直前。研究者が職を得る苦労は身にしみていた。

 それだけに、職を手放したことは妻に言えなかった。思い切って打ち明けたのは3月の終わり。妻の言葉は「あなたらしいわね」だった。

 NHK教育テレビのETV特集ディレクター、大森淳郎(53)は、原発事故の直後から関連番組づくりを考えていた。行き着いたのは、原発に詳しい七沢潔(54)を呼ぶこと。七沢は現場を離れ、放送文化研究所の研究員を務めていた。3月14日、プロデューサーの増田秀樹(48)に相談すると、「すぐ呼ぼう」。

 その日の夕方、七沢と木村が東京・渋谷のNHK6階に現れた。木村は測定器や防護用品をたくさん抱えてきて、「明日から行くんです」と主張した。(依光隆明)

*2011.10.18朝日新聞朝刊
-------------------------

研究者の辞表(3)雨がっぱとゴム長
3月15日。木村真三(44)とNHKの七沢潔(54)、大森淳郎(53)は、ロケ用のワゴン車で福島に入った。

 途中、ゴム引きの雨がっぱとゴム長靴を買い求めた。人がいる地域に防護服で乗り込むのは違和感がある、と考えた。

 長靴をはき、その上からポリ袋をかぶせて雨がっぱとの間を粘着テープでしっかりとめた。木村の指導だった。マスクも活性炭入り、5層構造の品を木村が用意した。

 放射線量を測り、検査用の土を採取しながら福島第一原発の方向を目指した。汚染はまだら模様だった。毎時300マイクロシーベルトまで測定できる機器の表示が振り切れる場所もあった。原発に近い割には線量が低い場所もあった。

 開いていた三春町の旅館に泊まりながら、とりあえず原発周辺を3日間走り回った。その後、ETV特集プロデューサーの増田秀樹(48)も加わって29日まで断続的に現地調査を続けた。目的は放射能汚染地図を作り、番組にして流すことだった。4月3日の放映を目指した。

 番組放映までの歩みは平坦(へいたん)ではなかった。22日、局内の会議で企画そのものがボツになった。増田はあせった。4月3日のETV特集に穴が開く。かといって震災と関係ない番組はやりたくない。七沢らと話し合い、三春町に住む作家、玄侑宗久(げんゆう・そうきゅう)とノンフィクション作家、吉岡忍の対談を番組にして放映することを決める。それが24日だった。

 だが、放射能汚染地図を柱とした番組づくりもあきらめてはいなかった。25日、増田が大森に連絡した。

 「30キロ圏内も入れるぞ」

 NHKは30キロ圏内入りを自主規制していた。入れるというのは勘違いで、のちに増田は始末書を取られることになる。大森は郡山で借りたレンタカーを運転して浪江町や葛尾村、南相馬市を駆けまわった。

 大森は昨年夏、「敗戦とラジオ」という番組を作っていた。その中で感じたのは大本営発表の危険性だった。戦時中、なぜ報道機関は大本営発表しかできなかったのか。

 大森は戦時中の「勝った」「勝った」という大本営発表が、今の政府の「大丈夫」「大丈夫」と重なってしようがなかった。大本営的発表があったとき、それを疑わないと意味はない。あとで振り返っても何にもならない。たとえ厳しい放射線値が出ても、本当の数値を報じることが重要ではないか。そんな思いに突き動かされていた。(依光隆明)

*2011.10.19朝日新聞朝刊

--------------------------

研究者の辞表(4)「これは棄民だ」
 3月27日。NHKの七沢潔(54)と大森淳郎(53)はレンタカーで浪江町の山間部を走っていた。

 昼曽根トンネルを西に抜けた辺りで毎時20マイクロシーベルトまで測定可能な表示が振り切れる場所があった。まさか人はいないよなあ、と2人で一軒の家を訪れると人がいた。

 なぜまだここにいるのか。驚いた七沢が尋ねると、「町が何も言ってこないから」。

 元板前の天野正勝(70)。20キロ圏外なので、ここは安全だと信じていた。心臓に不安を抱え、避難所には行けないとも思っていた。

 妻と犬と一緒だった。電話が通じないため、誰とも連絡が取れない。携帯が通じる場所まで行ったら親戚に電話してくれ、と頼まれた。

 天野は「近くの赤宇木(あこうぎ)集会所に10人くらいが避難している」と教えてくれた。すでに夕暮れだった。

 集会所を訪れると、12人の避難民が暮らしていた。警戒された。「ほんとにNHK? 私たちを追い出しに来たんじゃないの、と」(七沢)。七沢と大森が持つ線量計の積算値はぐんぐん上がっていた。ここは放射線量が高いです、と言っても12人には信用されなかった。

 それぞれ事情を抱えていた。ペットがいるため避難所に行けない人がいた。隣の体育館には夫婦がいて、段ボールで囲った空間で暮らしていた。妻は足が悪くてポータブルトイレしか使えない、だから皆と一緒には暮らせなかった。夫は心臓の薬が切れたといっていた。

 大森がぽつりといった。「これは棄民だ」。行き場のない12人。正規の避難所ではないため、食料も自分たちで調達していた。

 夜。別行動をしていた木村真三(44)に集会所のことを伝えた。木村は言った。

 「調査は一時中止しましょう。僕が避難を説得します。説得しないと僕の仕事はない」

 翌28日。赤宇木集会所前の駐車場で放射線量を測ると、毎時80マイクロシーベルトあった。木村は驚いた。この数値は人が住めるレベルではない。集会所の中に入り、マスクを外して危険を説明した。所内の線量も毎時25〜30マイクロシーベルトあった。

 「線量計の数値を見せ、初めて皆が納得したんです。それまでにも警察や役場が『危ない』と言ってきたが、数値を示したことはなかった。数値を見せたから納得したし、僕が専門家だったことも大きかった」(依光隆明)

*2011.10.20朝日新聞朝刊

------------------------

研究者の辞表(5)放射線量も赤裸々に
木村真三(44)と調査を続けながら、NHKの七沢潔(54)と大森淳郎(53)、増田秀樹(48)は4月3日の番組づくりを急いでいた。

 もともと汚染地図の作製を番組にする計画だったが、3月22日の会議で企画自体がボツになっていた。急きょ考えたのが、福島県在住の作家、玄侑宗久とノンフィクション作家、吉岡忍の対談。対談の合間に、赤宇木(あこうぎ)集会所に避難している12人の情景を入れることにした。

 赤宇木の放射線量が異常に高いこと、そこに12人が避難していることは27日に七沢と大森が見つけ、28日に木村が避難を呼びかけていた。12人は30日に避難するのだが、その前日、29日に吉岡を集会所に連れて行き、30日の避難もカメラに収めた。

 それから編集。普通1カ月かかるのを3日で仕上げた。若い局員も手伝い、5人で寝ずにやった。「でき上がったのはオンエアの30分前でした」と増田はいう。

 赤宇木のシーンは視聴者に大きな感銘を与えた。

 「NHK内部で取材規制の内規を見直す契機にもなりました。30キロ圏や20キロ圏の中に入って取材するべきじゃないか、と。1週間後の4月12日、内規は変更になりました」

 4月3日の番組が成功したのを背景に、増田らは当初の目的だった番組を実現させる。ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図」。放映は5月15日深夜。こちらの反響はさらに大きかった。

 「視聴者から電話が1千件きました。実態が分かった、こういう調査報道こそやってほしい、なぜ深夜にやるんだ、などでしたね」

 発表に頼らず、独自に調査したことが大きかったと増田は振り返る。

 「赤裸々というか、番組では放射線の数字も含めて出しています。政府はパニックを心配していたようですが、実際は逆でしたね。自分たちがどんな状況にあるのか知りたい、という意見が多かった」

 七沢はいう。

 「こんな所までよく来てくれた、と取材中も喜ばれるし、放送した後にありがとうって言われるんです。見た人からありがとうと言われる番組なんて、やったことがない」

 たとえ厳しい数字が出ても、本当のデータを知りたい。増田にはそんな声が届いたという。住民は情報に飢えていたことになる。

 情報はなぜ末端に届かないのか。赤宇木のお隣、飯舘村長泥(ながどろ)ではこんなことがあった。(依光隆明)

*2011.10.21朝日新聞朝刊

----------------------------

研究者の辞表(6)車から出てこいって
原発事故後、浪江町山間部に隣接する飯舘村には南相馬市からの避難民が集まっていた。

 避難してきた人たちに食料が要る。飯舘は村ぐるみ救援に動いた。同村長泥(ながどろ)の地区長を務める鴫原(しぎはら)良友(60)も、地区の家々に米1升ずつの供出を頼んで回った。

 集まった米を炊き、長泥の人たちは握り飯を握って避難した人たちに届けた。3月15日が600個、16日と17日は300個。

 「放射能? そんな意識は全然なかった。原発の交付金も来なかったが、放射能も来ない、そんなふうに信じ切っていたな」

 村の南端にある長泥は、高原地帯に約70軒が点在している。原発からは33キロも離れていて放射能とは縁遠いはずだった。ところが……。

 長泥の南東は浪江町赤宇木(あこうぎ)で、その隣が昼曽根。福島第一原発から見ると北西に昼曽根、赤宇木、長泥と続く。飛散した放射性物質は、それら北西方向の集落に落ちていった。

 「見てみな、3月17日のデータ。毎時95マイクロシーベルトあったんだ。あんとき、おら握ってたんだよ、おにぎり」

 95という値が出ていることも、数字が持つ意味も長泥の人々には知らされていなかった。そればかりではない。鴫原の脳裏には腹立たしい記憶が刻まれている。

 3月20日の数日前と記憶している。地区中心部に白いワゴン車が止まっているのに気がついた。

 「2時間くらいいたんだ、最初。車止めてな。車から棒出してんだ。白い防護服着て。ガスマスクして」

 車から出ることもあったが、すぐまた車に入ってしまう。

 「ちょっと出てきて話しろっていったんだ。おらはこのまんまだから。マスクもしねえで」

 30キロ圏の外は全く安全なはずだった。そこにガスマスク防護服男が現れ、車から出ずに棒を出して測定する。異様な光景といっていい。

 「どうなんだっていっても答えない。線量の数値も教えない。どうなんだっていったらたばこ吸ってんだよ。ふざけんなこのやろうって思って追及したんだよ。文部科学省の職員なのかって聞いたら違うと。なんでこんな車さ。文科省の職員じゃないのかといったら違うと」

 やがて押し問答に。

 「わあわあといってるうちに、今度は下請けなんだと。下請けの下請けなんだと。上さ聞かないとだめだと」(依光隆明)

*2011.10.22朝日新聞朝刊

-------------------

研究者の辞表(7)教えない、貸さない
飯舘村長泥(ながどろ)の区長、鴫原(しぎはら)良友(60)は福島市で避難生活を送っている。彼の記憶をさらにたぐる。

 3月20日の数日前、長泥。白ワゴン車に乗る防護服男とのやり取り。

 「車の中の男たちはみんな線量計を二つずつ持ってんだからあ、一つだけ貸さないかといったんだ。あの人たち、積算のやつと二つ持ってんだからな」

 「線量計を見ないのかっていったら見ないんだっていうんだけど、貸さないんだよ。長泥地区にひとつ貸してくれ、おらが見て、みんなにこうだというからと」

 「分かった。貸さねえんなら今度は掲示板書けといったんだ。それでもすぐには書いてくれなくてな。書いてもらうまでに1週間くらいかかった」

 鴫原の要求で、やがて地区の掲示板に数値が載り始めた。さかのぼって載せたのだろう。17日が毎時95.1マイクロシーベルトで、18日が52、19日59.2、20日60、21日45、22日40、23日35、24日30、25日27……。

 放射線量の低下に従い、男たちの格好は変化した。ガスマスクに防護服姿が、やがて普通のマスクに変わった。防護服もいつの間にか普通の作業服に替わっていた。

 住民が普通に住む場所に防護服姿で乗り込み、測定値を聞かれても教えない。測定するから線量計を貸してくれ、と求められても貸さない。

 傍ら、政府は安全といい続けた。

 3月18日午前。官房長官、枝野幸男の記者会見。

 「周辺の数値でございますが、部分的に大きな数字が出ているところはありますが、全体としては人体に影響を与える恐れのある大きな数値は示されておりません。若干高い数値が出ているポイントがございますが、ここについても、直ちに人体に影響を与える数値ではないと」

 23日午後にはこう言った。

 「30キロ圏外の一部においても、年間100ミリシーベルト以上の被曝(ひばく)線量となり得るケースも見られますが、現時点で直ちに避難や屋内退避をしなければならない状況だとは分析をいたしておりません」

 住民は安全と信じて住み続けるほかなかった。鴫原はいう。

 「防護服の男たちが来たとき、子どももいたよ。俺の孫もいたもんな。まあ、10人か20人いた」

 防護服男は「文部科学省の下請け」的ないい方をした。彼らはなぜこれほど秘密主義だったのか。(依光隆明)

*2011.10.23朝日新聞朝刊
-----------------------

研究者の辞表(8)「箝口令」と呼ぶ文書
一枚の文書がある。

 旧日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)が1999年10月に出した。放射能の影響予測や放射線量のデータを公表する際のルールを記した一枚紙だ。

 外部からデータの提供依頼があれば、依頼された者はデータ管理者にお伺いをたてる。管理者は部長に聞き、部長は所長に聞き、所長は副理事長に聞く。

 副理事長がOKを出すと、逆の順番でOKが伝達され、安全管理室を通じて外部に提供される。注釈が付いていて、「学問的に十分な質であることを確認」とある。

 要するに、相当に面倒な手続きを踏まなければ外部にデータを出せないことになっている。

 「われわれはこの文書を『箝口令(かんこうれい)』と呼んだんですよ」

 同機構労組の委員長を長く務める岩井孝(54)が説明する。同労組の略称は原研労組。機構には旧動燃系の原子力研究開発労組もある。

 「自分たちが知った情報は、たとえ住民のためになることでも職務上の秘密だ、出すなということです」

 文書が出たのは同年9月30日の東海村臨界事故直後。つまり、臨界事故に伴う各種データを流出させないためにこの文書が作られた構図になる。だから「箝口令」。

 「あのとき、われわれの仲間が測りに行ったんですけど、なかなか国がそのデータを出さなかった。住民被曝(ひばく)の懸念を示すデータもあったのに、出さない」

 個人で出せば処分が待っている。ならば組合でまとまってやればいいのではないか。そう考え、組合として住民に知らせるべき情報を出したりしたという。

 同じようなことが、12年後の今も繰り返されている。

 「原子力機構にはモニタリングや環境測定を仕事にしている人たちがいます。その人たちが動けない。だめだ、放射線量を測ってもデータを出せないんだという。なぜ出せないんだと聞くと、国が情報を管理するから機構として測っても発表できない、と上司にいわれたと」

 データなんだから出さないのが間違っている、と岩井は憤る。

 「出すべきものを出さない、だから国のいうことは信用されない」

 「放射線量を書いたメモも廃棄しなくちゃだめだといわれているんです。外に流れたら困るからと」

 一枚紙の時代とそう変わってないな、と岩井は思う。(依光隆明)

*2011.10.24朝日新聞朝刊

 
 〈プロメテウスの罠〉防護服の男(1)〜(13) 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月24日 21:40:31: GnyGD0W1KM
もうすでに内戦が始まっている。

02. Ryukyuan.isao-pw 2011年10月24日 22:42:06: YrP2vZDuHZBQs : u5btJ5mJr2
★誰も書かない福島原発災害の真実!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/08/post_b4a8.html
★原発災害100km圏内は直接の当事者だ!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/10/post_455f.html
★誰も書かない原発列島、恐怖の実態!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/10/post_783e.html

03. 2011年10月24日 23:06:20: QOhUBvhqqk
『核は抑止力・日本の原発で作ったプルトニウム60tはその存在だけで抑止力となるがまだ足りない・核戦争というものは起こったら人類は生存できないことはだれでもしっているから誰も核ミサイルのボタンをおせない、故に核戦争は起こらない』(自*党ア*パ*MANに似た人の発言)

自衛隊に核専門の部隊はあるのかないのか? あなたはどう思う?
 
専門部隊はないにしてもても、核汚染の計測機器・その機器の取り扱いを習熟した要員は各部隊にいるはず。無いのがおかしい。

自衛隊は日本全土の福1原発由来の核汚染を調査済み

のはず。????!!

核から国土を防衛しま省。
核から自衛し隊から率先して発表したいけど、文科省の横槍と防衛機密だということで今回も災害派遣で止まり!
5月上旬の時点の計測値を表に出したいなーと思っていた隊員サンはいたんじゃないんかな、尖閣のビデオみたいに!


04. 2011年10月24日 23:48:46: I0qY0xfV4Y
このNHKの番組は、ネットで何回も見ましたが、この朝日の記事を投稿してありがとうございました。

テレビ以上に、木村氏やNHKの方たちの行動に感動し、福島の人の悔しさが分かり、涙が出ました。

自分たちは防護服を着て完全装備し、放射線量の高さを測りながら、尋ねられても、飯館村の人たちに何も言わず、
見殺しにする国に対する怒りが、さらにこみあげてきました。

正しいことを貫こうとする優秀な研究者の木村氏が、一時は、塗装工で食いつながなければならない研究者の現状と、かたや安全と言い続け、国民を被曝させ続けた醜い御用学者たちが、安定した地位や収入を得ている日本の研究者の世界の矛盾にも、怒りを感じます。

信用ならないNHKにも、真のジャーナリスト魂を持つ人たちがいたお陰でこの素晴らしい番組ができたことにも、感謝です。

この番組や、この朝日の記事の事実が、もっと多くの人の目にふれることを願っています。



05. 2011年10月25日 09:20:50: Ekmbw4SfY6
茨城大学には河野直践先生がいらっしゃるはず。何もしてないわけではないでしょう。

06. 2011年10月25日 12:57:15: JywhpcJSgQ
05さま

河野先生は8月にお亡くなりになりました。


07. 2011年11月23日 12:25:32: jeeOWGGwFw
あの偏向朝日が、というような記事で最初からオドロキで読んでますが、
「情報がありながら国民のために使おうとしなかった政府官僚」についてが
メインのようです。

ブログで紹介していた方もいましたが、後に出版を狙っているのか
著作権で文句を言われたらしく削除したところもあります。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧