★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 751.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ダブルスタンダード社会2 原発は安全で危険  武田邦彦 (「原発で日本が確実に無くなる」) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/751.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 25 日 12:14:24: igsppGRN/E9PQ
 

ダブルスタンダード社会2 原発は安全で危険
http://takedanet.com/2011/10/post_7bbf.html
平成23年10月25日  武田邦彦(中部大学)


原子力に携わってきた私としては原発事故の一要因として日本社会の特性をあげることはやや躊躇しますが、事故を繰り返さないためにも考えを進めておきたいと思います。原発の安全性に関する日本のダブルスタンダードは次のようなものでした。

【日本人が建前で使う御札】 原発は安全

【日本人の本音の気持ち】  原発は危険

【地元の人の心】      お金と危険を交換

日本人は床の間に「原発は安全」という御札を貼ってきました。首相、大臣、知事、市長・・・責任ある立場の人は「原発は安全」と繰り返してきましたし、福島原発事故のあとでも「原発は安全」と言っています。

また、原発が爆発したら、今度は「被曝量の限度が低すぎた。人間はかなり被曝しても大丈夫だ」という御札に取り替えつつあります。

日本人の多くは矛盾した論理にはまっていました。それは「建前としては原発は安全、本心は原発は危険」というものでした。

だから、日本の原発は「安全だが、危険なので僻地に作り、地元に危険手当を出す」ということを続けてきました。「安全だが危険」という矛盾した論理はどうして生まれたのでしょうか?

・・・・・・・・・

正しくは、1)原発が安全か危険かをハッキリさせる、2)安全なら実施し危険なら止める、3)安全だから実施するなら電力の消費地の近くで水のあるところにたてる、4)東京なら利根川沿い、大阪なら琵琶湖湖畔がもっとも良い、ということになります。

このように考えると、東京の電気を柏崎や福島浜通に建設して延々、送電線で送っていたこと自体が奇妙な風景だったことが判ります。でも東京郊外や大阪の近くに原発を建設するということになると、反対が多いでしょう。でもこれを克服しないと日本は真の意味で原発を受け入れることができないと思います。

原発の運転が本格的になって20年。その間に震度6の地震で7つの原発が破壊し、3つの原発が全電源を失い、1つの原発(発電所)が爆発しました。また日本には震度6の地震が1年に1回以上あります。そうすると、20年間で一度ぐらい今度の福島原発事故のような事故が起こることを意味しています。

100年後、日本は5回の福島級の事故を起こし、原発で日本国は無くなると思います。技術的には間違いありません。それをどのぐらい日本人が受容するか、それともこれまでのように塗布していくか、そこに私たちの子孫の運命がかかっていると思います。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月25日 12:48:18: pZ4CHUghM2
政府、電力会社、学会の出鱈目振りからして、この先生のおっしゃるとおりになることは間違いないと思います。
 全国の自治体も産廃業者が希望するので、放射能に汚染された被災ゴミを受け入れ焼却し、地下に埋める道を選んでおります。
 福島から遠く離れた街にもスーパーはベクレル表示の無いものを多量に持ち込み、少し値を下げて売らんかなの構えであります。売れなければ平気で値を下げたり、購入を誘導しております。
 新米も新潟秋田富山も去年の値段で並んでおりますが、地元の不味い米で頑張っております。野田の醤油も買わなくなりました。雑草だらけの空き地にザット野菜を作り東の方に送りつけるつもりです。

02. 2011年10月25日 13:25:10: KSQoFZEcCQ
・上杉隆・著〜この国の『問題点』(著者に聞きたい本のツボ・NHKラジオ)

http://www.nhk.or.jp/r-asa/bookwm2011/111022.asx


03. 佐助 2011年10月25日 13:37:32: YZ1JBFFO77mpI : jvYCCKp7RE
武田先生の話に追加したいことがあります。
このままだと日本は放射能汚染列島から日本の原発54基すべての原発は原子炉建屋と核燃料集合体の「固有振動数」が同期していますので,応力が発生し穴やクラックから水素爆発します。すべて地下や埋めるのではではなく石棺で覆い囲まなければなりません。

(癒着構造の甘い汁を捨てられないしかも日本の原子炉は致命的な欠陥を抱えている)
「原発推進派」の霞が関(官僚)や政府(永田町)と大マスコミ等は天下りと癒着構造の甘い汁を捨てられない。原発推進派の大マスコミ等は,はじめから原発が危ないと分かっていてもメシの種がなくなると困るので、どうしても、安全だということを証明したいのだろう無理無理。日本の原子炉は致命的な欠陥を抱えている。地震と津波の天災のセイにしてはいけない。

日本の原発54基すべての原発は原子炉建屋と核燃料集合体の「固有振動数」が同期しています。簡単にいうと耐久年数が過ぎると日本の原発はすべて容器か配管や燃料棒のハウジング肉盛部に穴やクラックが発生します。。腐敗し爆発します。この共振振動応力は水の中でも地下でも関係なしに発生します,海水を注ぐと増幅します。そして大気開放と海洋へのドレンさせる設計になっている。メチャクチャである。日本の全原発を停止し、安全な原発に設計変更するかできないけど? 最新鋭の自然エネルギーに変えていかなければならない。

(政府とマスコミの大嘘)
冷水で冷やしてもメルトダウンする、絶対破壊されることのない容器の中で、使用ズミ核燃料棒の自己溶解(メルトダウン)は地震と津波の天災ではなく,耐久年数が過ぎると固有振動数の同期による共振振動応力の発生は冷水で冷やしても避けられないのです。大嘘で煽る,絶対に破壊されない容器の底に穴を開け地下の土台を数千度の高熱で破壊し、排水管や配線管は穴だらけになるのです。

(埋めてはならない石棺などで囲み覆いの工夫)
すぐに石棺などで囲み覆いの工夫をしなければなりません。日本の原発は放射能物質を配管から大気解放,海洋にドレンする設計になっている,そんな危険な原発を売るものではない。福島は原子炉が壊れメルトアウトしているのに冷温停止には笑ってしまった。地下に自重落下させて二重三重にしますか,どこのゼネコンがやるのですか,100億円出しても手遅れでしょう。今も福島の原発は放射能の拡散は少量でも続いているのになぜ囲まないのだろうか,あきれてしまう。地下水から想定される数十倍の放射能が漏出される。

(日本は汚染列島)に向かう
一日も無く大気と大海への漏出を停止となければならないのに,上空で分子に氷結された放射能が日本全土に降り注がれる,日本の汚染列島は避けられない。

(指導者が間抜けで最悪なので国民を不幸のどん底に突き落とす)
彼らは既得権益擁護が障害になって御用学者や官僚政治家は絶対に都合の悪いことは追求しないし「原発推進派」は数字を都合のよいように操作する。大マスコミは心強い用心棒となって安全神話を流し脱原発派や国民を洗脳に導くのである。我々国民は日本の政治と経済の指導者がウラニウムに固執する原発設計の安全性に裏切られたのです。騙されたといえる。

仏典に「三災七難」という名言がある。国家の最高指導者が間抜けで最悪だと、あらゆる災難が競って襲ってくるというのである。そして国民を不幸のどん底に突き落とすのである。


04. 2011年10月25日 16:12:33: AQqyLULhMc
元宇宙飛行士の山崎直子さんが次女を出産したようです。母子ともに健康だそうです。
山崎さん他宇宙飛行士の方は、何シーベルト浴びているでしょう?

山崎直子さん、次女を出産
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111025-00000073-jij-soci


05. 2011年10月25日 16:42:16: hyOpCkv8Rg
山崎直子さん.出産おめでとうございます。無事に生まれて良かったですね。
宇宙飛行士の方々は被ばくしていますが、外部被ばくのみでしょう。
また、どれくらいの期間、宇宙に滞在していたかは知りませんが、
宇宙から帰ってくれば、一定の期間がなければ宇宙に上がることは出来ないのでは。
宇宙食だって、汚染されている訳ではないです。
福島やその周辺の市町村では、七ヶ月間も外部被ばくを受け、食べるものから内部被ばくをしています。
ちょっと比較にはならないかなぁと思います。

06. 2011年10月25日 17:02:51: 03bw0jfJsI
責任ある立場の人の今です。これを許している日本の今・すると、未来は見えてくる・
東電の清水元社長、辞任後 退職金5億円、退職後に就任した顧問料 年間9000万円、年金月額、1ヶ月分が300万円!

こんなに金持ちの東電が 何故 福島県民を疎開させられないのか? 何故 現場作業員の昼食代をカットするのか?

HAPPYさんのつぶやきによると 経費削減で作業も進まなくなりそうだ とか。

東電解体 発送電の国有化 すべし


07. 2011年10月25日 17:24:44: rYGjqq1IMI
>(埋めてはならない石棺などで囲み覆いの工夫)すぐに石棺などで囲み覆いの工夫をしなければなりません。

溶融する燃料はセメントで固めることなんてできないことも知らないのか?全部吹き飛んだチェルノブイリとは深刻度、規模も桁違いなんだよ。


08. 2011年10月25日 18:32:37: KSQoFZEcCQ
・111025 子供と妊婦を放射線被爆から守るために(録画)(IWJ:CH2) 児玉龍彦 他

http://www.ustream.tv/recorded/18098285

09. 2011年10月25日 18:42:55: KSQoFZEcCQ
【08リンク先訂正】(正しいリンク先☞)http://www.ustream.tv/recorded/18098252

10. 2011年10月25日 21:46:54: 03bw0jfJsI
08>さん ありがとう、じっくり見ました。 

11. 2011年10月25日 22:02:22: XJL2YLIhEs
変な言い方かも知れないけど、山崎さんは進んで望んで選んで被爆してるんだ。プロだもの。インフォームドコンセント、とは正確には違うかも知れないけど。
いやもちろん、お母様にも赤ちゃんにも何の影響もないことを望んでますが。

12. 【タヌキ腹組“ぽんぽこ”】 2011年10月25日 23:26:02: SM2DPWDDuBDzg : AdKaaFvNBE

★〜偏見にさらされても 正しいことを言い続ける。

それは誰かが 引き受けなければいけない。〜

・・・・・・山下俊一教授

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■〜東日本大震災で 長崎大学が 果たした役割〜

http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/publicity/file/c036-03.pdf


13. 2011年10月25日 23:38:40: 03bw0jfJsI
「科学者は嘘をつく」。

科学者であるバズビー博士の言葉です。

福島第一原発事故直後から、いわゆる御用学者と言われる種類の人間たちが、自分の専門でもないのに、「ホウレンソウをどんどん食べてください」とか、「プルトニウムは飲んでも安全だ」とか、「放射能は適度に浴びた方が体にいい」とか、まさに精神異常者としか思えない発言を繰り返してきました。

マスメディアは、少しでも原発事故を小さく見せるために、こうした学者を連日、テレビに出演させて、「安心だー」を繰り返してきました。

私は、政府、官僚、学者だけでなく、こうしたメディアの連中も犯罪者だと思います。
時が来たときは、国民の手で、こうした人間たちを法の下に裁く必要があります。
「仕方がない」で済ませていいのは、こうした連中が、まったく赤子のように無邪気で無知である場合だけです。

彼らは学者でありながら、最初から何らかの意図があって、国民に誤った情報を流し、被曝させたのですから明らかに犯罪的な行為です。

彼らに嘘を平気で言わせたのは「お金の力」です。
彼らは、「お金」のために、将来の日本人を命を奪ったのです。

しかし、中には世渡り上手の学者がいて、内部被曝の知識どころか、原発の知識さえないのに、いつの間にか「専門家」を自認し、メディアに出まくって、今でもICRPのプロモーターとして“精力的に”活動している「ヤツ」がいます。

なんと、驚いたことに無知な国民は、そうした要領のいい腹黒い学者を崇め奉っているのです。

私は、当初、ICRPの「素性」についてまったく知りませんでした。
しかし、すぐに「これはペテンだ」と気づいたのです。

ある学者がICRPのリスクモデルを使って、内部被曝を説明しているからです。
このペテン師は「私は原発推進派から原発反対派に転向した」と言っていますが、まったく風見鶏のような人間で、世間の風向き次第で、いつか再び「原発すいし〜ん」と言い出すはずです。

今、話題の学者といえば、東大の児玉龍彦教授です。
7月27の衆院で 国の原発対応に声を震わせながら抗議しました。
今まで、あまりにも酷い学者ばかりだったので、彼がごく当たり前のことを言っても人々を感動させることができるのです。

しかし、同じことを福島児童の母親が言ったとしても、これほど人々にインパクトは与えなかったでしょう。
その違いは何でしょう?
肩書きです。

児玉教授は、こう言いました。

「たとえば乳がんには様々な治療法がある。
放射線や外科手術あるいは抗がん剤投与。
これらは医者が決めるのではなく患者が決めること。
福島に住む住まないは住民が決める。
その判断をするための十分な情報は提供し、サポート体制をつらなければならない」。

「福島に住む、住まないは住民が決める」。
彼は、これを医師が執刀する前に患者や、その家族に行うインフォームド・コンセントにたとえています。

日本はICRPのインチキなリスクモデルを適用しています。法律もこれにのっとって決められています。
すでに福島の人たちは年間1ミリシーべルト以内と決められている被曝量を、とっくに超えています。

法律を正しく解釈するのであれば、福島の住民は国によって、法律を犯すように強制されていることになります。
法律を正しく解釈するのであれば、福島の住民たちには「住む権利はない」ということになります。

そして、福島の人たちが、みすみすガンになることが分かっていて、それを看過している政府も違法行為を犯しています。
「国民の生命・財産は守られる」ことが法で決められているからです。それを決めたのは国です。

しかし、「福島に住む、住まないは住民が決める」というのは、いかにも年間20ミリシーベルトの被曝を押し付けている政府が随喜の涙を流して歓びそうなことですね。

汚染野菜の流通を認めたら、人体の消化器官を通して汚染が全国に広がる

反原発の急先鋒、京大原子炉実験所の熊取六人衆のひとりが、こう言ました。
「汚染された野菜は流通させるべきだ。
福島の一次産業を壊滅させてはならないからだ。
その代わり、汚染された野菜は原発を許してきた大人が進んで食べるべきだ」。

彼が「反原発」を掲げて40年の長きにわたって孤高の戦いを続けてきたことは、ほとんどの人が知っています。
そのとき、彼を応援したり、支えてくれる人たちは少なかったでしょう。孤独で心細い辛い戦いでした。
この人の功績はとても大きいものです。
また、尊敬に値する人物です。

しかし、こんなことを認めたら、いずれ私たちの排泄物によって全国の下水処理場は放射能で汚染されてしまうでしょう。
それこそ、汚染の全国的拡大です。
人間汚染マップを作ろう、などという話が冗談ではなくなります。

福島の一次産業を救う、という高邁な志とは裏腹に、いずれ人口減少によって福島の農業は破壊されてしまうでしょう。

それとも、「赤信号、みんなで渡れば恐くない」のごとく、いっせいに汚染された食べ物を食べますか?
私は、最後に取り残されて独りになっても赤信号は渡らないでしょう。


原発学者に見られる共通点…。
ロマンティストで、時に子供のように幼稚。

「ほら、こちらがみんなが信じているICRPで、彼がICRPの委員長で重要人物なんですよ」などということに意味はないのです。
バズビー博士の言うことを忘れないでください。

原発を語る学者たちは、自ら権威を捨て去り、それを聴く私たちも学者たちの権威や人気などというマヤカシに捕らわれないようにしなければなりません。
原発は、まったく別次元のテーマです。
これは科学だけでは、その奥の深い闇は解き明かせません。

バスビー博士は今回のインタビューで、そのことを少しだけですが、仄めかしています。

これまで海外に対して、
「風評被害」を理由に日本の農産物の輸入規制解除を求めてきた政府ですが、とうとう松本剛明外相が、東京電力福島第1原発事故をめぐる日本食品の海外向け風評被害対策に関し、これまで「日本で流通している食品は安全」と強調してきた主張を自粛するよう外務省内に指示しました。

事実上、日本の農畜産物は安全ではない、と認めたことになります。

それより何より、「安全デマ」を流して、「風評被害」を出してきたのは政府であったことに気がついたようです。
少しは、お利口さんになったようで良かったです。

タイタニックは絶対に沈まない、と言ってきた船長が、実は人々を阿鼻叫喚の地獄に突き落としたという事実

6月17日、アメリカのFox29ニュースで「福島原発事故の影響で、米国の乳児死亡者数が急激に増加」 と報道されました。

Forbes誌は、4月27日に「ハワイのヒロで市販されているミルクからストロンチウムが検出された」という記事をアップしました。

また、セシウム牛肉が発覚したことについて、米原子力規制委員会(NRC)幹部のチャールズ・カスト氏が、
「日本政府は出荷停止していない食料は安全だと説明したが、今回のような事態が起きた」
と不快感を示し「日本にも米国民がいる。しっかり連絡をしてほしい」と日本政府に抗議しました。

アメリカ人は牛肉をたくさん食べるので、冷や汗が出る思いでしょう。

バズビー博士が、
「1963年の核実験で乳児死亡率が上がり、20年後には世界中でガンが増えた」
と言っているように、今また同じことが繰り返されているのです。
そこにあるのは「隠蔽、隠蔽」。「なあなあ、なれあい」。

私は、アメリカ側が科学的根拠をまとめて、東電と日本政府を相手取って訴訟を起こして欲しいと思っています。
特に、放射能に汚染された水が原因で乳児を亡くしたというお母さん方には、そうしてほしいと思っています。

福島県のお母さん方の集団訴訟にはずみがつくからです。
そして、東北の人たちはもとより、場所によっては東北より高濃度の汚染に晒されている関東の人たちが、将来、補償を取り付けやすいようにぜひともアメリカ側に裁判に持ち込んで欲しい。

そうなれば、日本側は、欠陥原子炉と知っていながら日本にマークT型原子炉を売り込んだ米GE社を相手取ってPL法訴訟を起こす素地ができるからです。

また、中国の大連港で原潜から放射能漏れがあることを日本の政府は堂々と抗議できるようになるかもしれません。

世界は冷戦時代の核実験で被曝させられました。
日本人のガン死亡率が急激に高くなったのも、この冷戦時代の核実験が一因です。
日本医師会は黙ってきたし、自民党も沈黙を守ってきました。

中国は、日本を始め周辺諸国に事前予告なしに核実験を行ってきました。

世界は、核に関しては、まるで「お互い様」といわんばかりに馴れ合いの外交を続けています。
原発問題、核の問題は一国だけが努力しても世界的に見れば虚しい努力に見えるかもしれません。

日本が原発を廃止したとしても、お隣の国には、とんでもない数の原子炉や核兵器があるのです。

今回の福島第一原発事故も同様に「お互い様」でお茶を濁そうと考えているとしたら、世界で唯一の原爆被爆国は、狭い国土だけでなく、そのアイデンティティさえも失うのです。

日本は「ヒロシマ」、「ナガサキ」の原点に戻るべきです。
あのとき、すべての日本人は「核」の恐ろしさ、悲惨さが骨身にしみたはずです。
それは日本人でなければ分らないことです。

それでも再び原発推進を許すのであれば、日本列島は間違いなくタイタニック号にたとえられるでしょう。
乗客である私たちは、それが沈むことなど想像だにしないのです。

それが死出の旅路とも知らないで


14. 2011年10月26日 00:20:37: yHHwRUuw8I

13さん 明快で素晴らしい洞察、ありがとう。

 御用学者は、息を吐くように嘘をつく。

 NHKは、嘘を吐くように御用学者の嘘を拡散する。

海外の心ある科学者は、残念ながら福島の被害はチェルノブイリを超えるだろう、
と言ってます。

ウクライナ・ベラルーシ・ロシアの25年間の健康被害は公式でも700万人に上ります。日本は、1000万人単位での健康被害が出るでしょう。その多くが若い世代に集中する。この国は10年以内に滅びるだろうね。


15. 2011年10月29日 02:01:46: 2zNYAzdYR2
14.>この国は10年以内に滅びるだろうね。

中国の首相だった李鵬が20年後に日本は消えてなくなると語ったという話は有名だ。この話が出た95年から20年後と言えば2015年だ。
滅びる日本が二つ要るのだろうか。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧