★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 803.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
児玉氏の医師倫理を問う―1 (大山こういちのブログ) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/803.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 27 日 09:30:16: igsppGRN/E9PQ
 

児玉氏の医師倫理を問う―1
http://mak55.exblog.jp/14808297/
2011-10-23 11:03 大山こういちのブログ


東大 アイソトープセンター長で放射線医学の一人者、
児玉龍彦氏はボランティアで突然、南相馬に現れた。
氏は知る人ぞ知るhttp://www.dailymotion.com/video/xlfdwy_20110930yyyyyyy3-3-yyyy-yyyy_newsこの人の弟子らしい。(どーりで。お教え通りですね。)

私たち議員も 8月の「南相馬市共同記者会見」など寝耳に水、事後報告さえもなかった。

 私は偶然、ユーストリームで見つけただけの話である。(普段では来ない 首都圏の小さなメディアばかりが多かったのも不思議。役所はこんなに気がきくところではないぞ。  いったい誰が仕組んだ? どうやらネットを駆使して情報発信してるーーーーミーつけた!)

 氏はまた 同時に国会デビューされ 異例の「怒りを表明します。」とわざわざ台本の「ト書き 」まで読み上げ、「国会は何をやってるんですか。」「南相馬」「南相馬」「南相馬」・・。内容はともかく渾身の表現だけは伝わった。

言いたいことが4つあるといいながら その怒りの表現のためか3つしか言わず その内容も
同時に拝聴した私にはわからず 「文字書き起し」を精読した。
(ほとんど毎日役所に行ってる我々議員は本当に この人を知らなかったのである。聞けばアイソ職員を伴い おもに土曜日来庁とか。)

__________________
 
 その他一連の発言の中心は「除染」である。

監修された小学校や 幼稚園周辺の住民から私に要請があり 駆け付けた。

なんと土ぼこりや水煙で 周辺住民が二次被ばくを受けている。監督として彼の姿はない。
 なるほど氏は医師であり 「除染」という一種の清掃の専門家ではないが・・・それにしても。

 しかし、その責任者を問えば この「ボランテリア氏」だという。

その彼個人と7万市民の首長が「共同記者会見」をするという異常さに改めて驚く。
「共同」であれば「組織」と「組織」なはずでしょ。一個人とは??

まさに「異常」なセッティング。
肩書はどうあれ7万市民の命に係わることを依頼するのに 
いくらなんでも「ボランティアさん」?受けるほうも受けるほうで 不思議???

こんな関係は偶然できたものか?それとも組織的に 自分たちの権威を知られることなく
または その過信からか 「組織としての関与」を表ざたにしたくないためだったのか?

この責任者が責任を取らなくてもいい「異常」を教育長に特別委員会で 私が糺し 「協定書」がやっとできた。
_______________
 
 しかし、今度も これまた「異常な協定書」である。  「主客転倒」している。

南相馬市がお金を出して依頼する側なのに 主導権が東大に握られているのである。
さすが「権威」?
 悪くとれば 南相馬市は自主、自立的に研究機関や相談相手を選んでの決定権がないのではないか?(○長か?これ作ったの?不平等条約みたいだぜ!)

東大原子力村の傘下に入れられたのではないか?

さらに 市役者 いや市役所の後方・・いや広報はご丁寧に・・・・。
___________

「協定書」には (1)市は放射性物質による汚染の測定及び除染に係る計画を立案し、当該計画の推進に関する対応について、東大と協議を行うこと。
※簡単に言うと「市は汚染測定と除染の計画を作り、実行は東大と協議すること」

しかし、「広報」には(1)市による放射線の測定や除染計画づくりに東大が助言する___________

(これって違いますよね。わかっててやってるのは いつものこと。公務員さんのカムフラージュです。だから私のようなのが暴く。)

主導権や最終の影響力が東大にありますね。東大が作ったのでしょう。
何で東大に縛られなければならない?  東大は何でコントロールしようとする?

市が金出して東大に協力依頼する文字通り 「協定」書なのだから広報通り「助言」でよかろうに!
「協議すること」こんな強い表現でも なんも責任取らないのでしょ。
悪くとれば 「東大と協議しなければ 測定もできない?」

http://www.city.minamisoma.lg.jp/mpsdata/web/5274/1015-03.pdf

________________

こちらの動画を ご覧ください。2分程度のものです。
「内部被曝による染色体異常」
http://www.youtube.com/watch?v=Vc1LiR9fZIY&feature=related

内部被ばくの危険性がはっきりわかりますね。

いわゆる「閾値=しきい値」問題に 私なりの答えを出します。
_________

長瀧権威者は「専門家として 病例のデータがないので100ミリシーベルトまでは安全とも危険ともいえない。」といいます。
 それは「あることを証明できない」から「ない」ともいえない。というものです。

では、素人の私からから 言わせていただきます。

「放射線は電磁波で細胞を傷つけ破壊する。」「末期がんで最後の治療として癌細胞も正常細胞も殺す放射線治療が 行われる。」児玉先生にとっては当たり前のことでしょう。

「放射線を出す核種が地面に存在する。」ことと「ガンマー線量」の多い少ないは 危険の本質問題ではありません。
線量に高低に係らず 降下量の多少に係らず 猛毒が落ちているのでしょ。先生!

アルファー、ベーター、そしてガンマー線核種が空気中に浮遊し 吸引することが本質的な危険でしょ 先生!
インフォームドコンセント?まあ 危険を知らせず私たちの子どもを見殺しですか?

原子力機構が 9月20日に「舞い上がり被曝は危険だ」としながら 避難準備区域を解除し、同時にストロンやプルトの発表を同時にし「少ないから差し支えない」宣言しましたね。
南相馬市には全ての観測地点でストロンが検出されていますが 6,7月の検査でわかっていながら なぜこんなタイミングで いまさら ドサクサですか?
 
さらに原子力機構も10月5日、危険だった空中浮遊を「地面にくっついているから 飛ばない。」←ドッカで聞いたセリフ。
 どうでもいいんですね。他人事だと思って。私たちは命懸けで住んでいるんですよ。先生!

区域解除は「除染計画」提出が条件。市長は議会にも内緒で秘密裏に提出してました。
私が見せろといっても政府との調整が有るといって見せやしない。

「提出指示書を見せろ!」といったら「そんなもの無い。」といってたね。「阿吽の呼吸」かい?ん?
(本当に指示文書はなく 言葉だけだったのです。運命を決めることになるような決定なのに・・。)

なんなんですか? 意味のない作文、実効性の無い「避難計画書」に続いて同じく「除染計画書」なる 画餅は?
私たちの命は そんなにお安いんですか?市長!
_____________

児玉先生は 南相馬市面積の1%の公共施設を除染指導しながら 地表面に転がっている核種や浮遊する土ぼこりに関して 「危険はない。」と判断されていて「避難させること」については提言していません。
残り99%の「恒久的除染」の計画はいつ完了するのでしょうか?

その間、私たちのかわいいい子供たちは 直接吸引による内部被ばくは受けないという考えで これからもいつになるかわからない 除染完了の日を待ちながら 「吹き飛ばし=除染」期間、この地で生活してもよろしいんですね。

本当に 危険な核種は空中を浮遊せず 私たちは吸引の危険が無いのですね!
___________________________

ウクライナ政府は 国民の命を守るため
(南相馬市のように事業所ではなく 日本国の東電のためではなく)
内部被ばくに力点を置き 土壌汚染を指標にしています。

 至極当たり前のことです。
土地から作物はとれ 水が出て 人が住む。
しかし 児玉氏は食品の検査に重きを置く。
「採れたものを調べればいい。」「バラつきが有るので出荷時全部調べるのがいい。」とおっしゃいますが
それって ストロンチウム抜きの セシウムとヨウ素しか対象にしないのは なぜなんでしょう。

放出された31核種が壊変して 現在、どんな物質が有るかわかっているのは 先生はじめ 専門家しか居ないわけですから 危険をお知らせ下さい。 大量に放出されたテルルもヨウ素に変わるようですので 子供たちがここに住んでいて本当に 何も無いのですか?

まさか クライアントは馬鹿だから 本当の事を言うと混乱が生じる等と思っているですか?
今どき そんな医師倫理を学校で教えているわけではないでしょう。

「妊婦と子どもを助ける」と言った「責任者」児玉龍彦氏。
 
除染の前にほんとの事を言って下さい。

あなたの考えでは「避難」しなくていいんですね。

最後にこれをご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=z_5AlpmB4Sg&feature=related

内部被曝から子どもを守るために
http://www.youtube.com/watch?v=2mOhBAuxjvQ&feature=related

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月27日 10:03:44: 3pqnpVtWMo
バスビー博士が Aizu Wakazumi(会津若松?)から持ち帰った土壌サンプルの核種分析の結果が出ました。最終的な確定までには、つめが残されているようです。
ウラン235とウラン238の娘核種(トリウム231とトリウム234)が検出されました。
Activity Bq/kg
Th234 112 (+-30%) 100 U238 daughter gives U238 activity; reactor?
Th231 30 (+_54%) 100 U235 daughter gives U235 activity; reactor? High enrichment ratio

it would suggest there is far too much enrichedUranium here, which is of concern.The total Uranium concentration is also quite high at 112Bq/kg (expected is about 10 to 20Bq/kg). The matter of the Uranium contaminatio
requires more research.
http://www.scribd.com/doc/70384672/aizugammarept3
http://fukushima-diary.com/2011/10/uranium-from-the-soil-of-aizu-wakamatsu/


02. 2011年10月27日 10:49:25: ORC2nZQFrg
児玉さんも小出さんも
避難は地域社会を家族を崩壊してしまう・・・だから除染

避難または除染という選択肢もあたえられず
当事者でない人たちが勝手に除染を押し付ける
命より周りとのつながりが大切と思う人
繋がりより健康、命のほうが大切と思う人
人それぞれなのに

選択肢も与えられず
上から目線で除染を押し付ける
これでは政府、東電と同じではないか


03. 2011年10月27日 11:06:42: 75biiZZ22g
最近、児玉氏が叩かれていますが、
理由をもう少し明確に書いてほしいと思います。

児玉氏の意見は、大体下記だと思います。

逃げる逃げないの判断は、個々人がまず決めるべきこと。
そのための判断材料として線量などは細かく計り、
住民に知らせる必要があるが、
土地への思いが強く、死んでもいいから福島に残りたい、
という人を強制移住させるべきだとまでは、少なくとも
行政ではない、政治の専門家でもない身としては言えない。

かといって、現に住んでいる人がいる以上、
除染はしないと健康が心配なので、少しでも線量を減らせるのなら、
一刻も早く除染はしなくてはならない。

というところなのではないかと思います。

原子力機構の発言が出てきますが、児玉氏は原子力機構に対しては
批判しているので、機構の発言をもってきて「先生!」というのは
意味がよくわかりません。


04. 2011年10月27日 11:31:51: uXBPlMCuOE
 小出先生は基本的に除染はできないと言っている。核被害が除染できるなどと(しかもまだ収束すらしてない)言うこと自体がばかげている。

 政府、東電は被害を「除染」に矮小化してあたかも住めるかののように幻想を持たせて、補償責任から逃れようとしている。そして結局、汚染地帯の人々を見殺しにしている。
 除染などという騙しに乗らず、避難すべきである。ただ、社会主義国家と違って、私有財産制度が避難を困難にしているが、どんなに家に愛着があろうが、仕事があろうが、命より尊いものはない。

 除染の幻想を振りまき、国民を騙している政府を本当に最低の政府だと思う。


05. 2011年10月27日 12:08:58: d1INYqu1to

RT @Ani2525 児玉龍彦氏がえらく批判されたと聞いた。あれは師匠の長瀧重信に除染利権を大幅に利用されてしまい、本来なら行われるべき避難が全く起きなくなったから。福島県は関係者はご存知、除染利権で地元民は外車を買った人までいる状態。除染利権なんてすぐ無くなる。健康とトレード
約4時間前 webから Ani2525への返信

( http://twitter.com/hiroegami/status/129332425204563968 )


06. 2011年10月27日 14:46:09: vhwp4hcvfM
南相馬市の住人は児玉先生に色々と放射性物質の知識を教えてもらい感謝しているが
除染が効果的か?に関しては醒めた目で見ています。
暫定的な対処法ということを理解していますよ。
特に、除染で生じる汚染水は結局側溝や下水に流れ込み下流に放射性物質を
濃縮させているだけです。
下流の津波被害で壊滅した農地用水地や下水処理場に堆積していくだけです。
自衛隊の復旧部隊に津波で破壊された用水路等を梅雨時期前に直してもらったので
詰まって洪水になるようなことは無く、海に流れていってしまう汚水もある。
除染して一旦放射線量が下がるが20日ぐらい経過すると、また上昇してくる。
上流・山が汚染されているのだから除染したままの状態が保てないのだ。
除染業者なるインチキ業者もいるようだが、市民はそんな業者に依頼すのは
無くなりつつある。
南相馬市には外車を買って乗り回すような、汚染地区で乗り回すようなバカなどいない。
南相馬市自体が浮き足立っているのではなく、南相馬市市長をはじめとする
自治体の役人共が舞い上がっているのかもしれない。
地元の公共事業は壊滅状態なので
除染ビジネスに群がる、元もとの公共工事利権があるは確かだ。
ともかく、一般市民は皆さんが心配しているようなことにはなっていない。
7万人は3.11までの人口で現段階で3万人以上は避難して戻っていないですよ。
本来は全域避難が理想だが、避難先で疲れた高齢者や行き場の無い被災者のため
戻って来ている方々もいるが
それと同時に出て行く人もいるので、3万5千人程度です。

07. 2011年10月27日 17:32:47: k0ihWhRjrI
児玉先生は除染についても汚染ゴミ処分についても非常にハードルを高く設定しておられます。いずれも大変なコストがかかる方法で、いくら費用がかかっても全額東電が負担するべきで、かかった費用は当然東電に請求するべきだと云っております。

一部だけ聞いて批判する人が多いようですが、科学者の云う事は真面目に全部を聞いてから批判するべきです。

法律で環境省は原子力委員会の指示に従って除染や基準値の策定をするようにとなっているが、数々の過ちを犯してきた原子力委員会は即刻排除せよとも云っております。

偏狭さで、味方を敵視するような過ちを犯さないでほしい。


08. 2011年10月27日 19:02:51: JrPYjVYQO2
02.
小出氏は除染については悲観的でいつも山林、田畑は無理と
仰ってます。
児玉氏は線量高い南相馬の開校をどう考えているのか聞いてみた。

09. 2011年10月27日 19:12:15: pEgCpfCxXY
いや、児玉氏のすすめる除染活動は結局
市民の側に高い代償となる。
どんな困難があれ、避難に固執すべきだったのだ。
除染の結果、住民は戻る。しかし仕事がない。
そこで除染活動で被曝するだろう。
原発作業員として被曝するだろう。
そこで暮らすことで線量は元に戻る。
被曝するのだ。後悔するに決まっている。
【西ドイツ放送】 死の地域に生きる
https://www.youtube.com/watch?v=bevc_YG_cbE

しかし、後悔しなくては気がつかないのが
私たちではなかったか?
払いきれない代償に押し潰されてはじめて
気がつくのではなかったか?


10. 2011年10月27日 20:15:03: JZ3J0fnQLo
住民被ばくのクレームは被ばくに責任のある政府と東電にはっきりいうべきだな。

南相馬の住民の総意が、もし児玉氏の除染協力が必要ないならば市からお断りすればよい。
児玉氏も本来のがん治療薬開発に専念した方が良いかもしれない。
元々専門家としては福島の現状を正確にコメントしていればよい立場だろうに。


11. 2011年10月27日 21:15:05: RPXbgsgvig
大山こういち氏の文章は、日本語として読んでいくと混乱してしまう。話し言葉でもないような。よくわからない非「理路整然」な文字列だ。

12. 2011年10月27日 21:17:59: 6Huq1dxSKc
除染については無駄だと考えています。

食品検査でストロンチウムを検査しないのは、ガンマ線を出さないストロンチウムは検出が難しく、時間もかかるため検査できないからです。

ですからセシウムが検出された食品には、ストロンチウムも一定比率程度含まれていると考えて被爆量を計算するべきです。


13. 2011年10月27日 21:37:50: JZ3J0fnQLo
12さん
>セシュームが検出された食品には、ストロンチウムも一定比率程度含まれている
野菜などで吸収係数が品種等により異なるが、一定比率の数値はだいたい何%ですか?

14. 2011年10月27日 23:50:24: FqJPLEQVPw
>01さま
有難うございます。知りませんでした。

15. 2011年10月28日 00:17:38: FPmi0Rwoxw
ほう、やはり児玉先生もイ○チ○だったか。
こないだの記者クラブでの会見を見ていて違和感はあったが。。
妙に南相馬の農家の肩を持ったり、演技っぽく声を震わせたり。
除染しても、山からくる放射能で再度汚染されるのでは?という質問には
もっと勉強して!と全否定。
そうか、除染利権というのがあるのか。。納得。

16. 2011年10月28日 01:23:54: 8n8XiNGiKY
 2011.7/27 衆議院厚生労働委員会での児玉龍彦氏の会見を拝聴する前までは
あるものを まるで無かったかのように みせかけるかのような
政府やマスコミの対応に もうこの日本には 正義は無いのだと
暗澹たる思いに駆られた
だが しかし 児玉龍彦氏の会見により そこに正義を感じ
胸が震える思いであったのだ

もしも 人間を

人を助けようとする人 そのために持てる力を最大限に発揮しようとする人

人を救おうなどと まるで頭に無い人

この二つに分けるとしたら

児玉龍彦氏は まさに 人を助けようとする人 人を救うために全力を尽くそうとする人 なにかしないではいられない人 信念の人なのだ

どうかお体お大事になさってください


17. 2011年10月28日 03:44:21: TMbI61aEEw
児玉さんが、良心的な人であることは間違いない。しかし、彼を過大評価しないほうがよい。

彼は、実をいうと、原発推進派だ。放射線医療にかかわる人間は、原発から生み出された死の灰を有効利用する人間たちなので、反原発は自分たちの職業を否定するる立場にほかならない。アイトソープと原発は、切っても切れない関係なのだ。だから、児玉氏は、原発に関してはスタンスを曖昧にして、誤魔化している。そして、住民の避難ではなく除染を優先させようとする彼の姿勢も、このごまかしに由来している。彼は、職業上、反原発ではありえない。

もちろん、彼は彼なりに、原発事故に責任を感じ、全力で対処しようとしている。この点で、彼の師匠である長瀧のような堕落した人間ではないし、国会における発言も彼の真意であろうし、真の良心の叫びである。彼の人間性を避難する資格はわれわれにはない。


では、彼は、われわれの味方かというと、おそらく味方ではない。日本の放射線医療は暴走しまくっている。日本の医療現場におけるレントゲン、CT、アイトソープの濫用は、海外の専門家でさえ批判の眼を向けるぐらいだ。児玉氏は、その渦中にいる人間でもある。放射線医療の暴走の加担者であり、原発の(隠れた)推進者であるという点では、われわれの敵ですらある。

児玉氏は、良心的で人間的にも一生懸命な人だ。しかし、原子力産業で生きてきた人間であることも十分に知ったうえで、すべてを考慮したうえで、彼を評価しなければならない。



18. 2011年10月28日 09:18:34: pEgCpfCxXY
うまくまとめましたね。

19. 2011年10月28日 11:28:27: FMYVrJZdJc
今自分のすべきことを一生懸命やっている児玉氏、それ以外に何が必要なの?
叩くべき人が違う。

20. 2011年10月28日 13:53:04: 03bw0jfJsI
児玉先生の件が予想外に反響あったので今日もいろいろ考えたけど、やっぱりおかしいな。「すぐにでも法律を変えて安全委員会の5人のメンバーを変えろ!」と声を震わせて議員さんを怒鳴ってらしたけど。医師として、山下先生が座長の検討委員会は別にいいの?と思って。

「100μSV/h以下は大丈夫というのは10の間違いでした」と堂々とおっしゃる山下先生こそ、医師として声を震わせて責めるべきだと思うんだけどな?まぁ東大教授として文科省や厚労省にたてつきにくいのかしら、とは思うけど、もしそうなら他への怒りはパフォーマンスになっちゃうしね。続
14時間前 »
makomelo おしどり♀マコリーヌ 其とうりだよ。


21. 2011年10月28日 14:02:57: 03bw0jfJsI
*南相馬から「よく言ってくれたよ!困ってんだよ!」というのはありました。と、飯舘に話したら「うちも東大のチーム中川が放射線コミュニケーションアドバイザー?とかで急に入ってきて住民は困惑してるし、南相馬にとって児玉先生もそうなのかもね。やっぱり中と外じゃあいろいろ違うね」とのこと
昨晩『今回「私は福島在住ですが児玉先生を応援しています!」というのは1つも無かったのです。と書いたら来るかもしれませんけど!「福島の声をよく言ってくれた!」はDM含め10人以上』と呟いたけど、やはりそういうツィはこなくてビックリ。まぁツィッターも狭い世界ではあるけれど。

14時間前 それよく流れてますけどね、なんていうか村長の希望計画であって、実際のことではないのです。特に予定も無いそうです @MASARUHAN 今日のTLに飯館村の除染費用は村民一人あたり五千万ってのが流れてきます。その額をお金でもらったほうが村民の方の選択肢が増えるんじゃないでしょうか。
13時間前 »
makomelo おしどり♀マコリーヌ


22. 2011年10月30日 14:33:21: FEC1zKK4NY
「児玉氏の医師倫理を問う」というひとの倫理を疑うほうが先だと思う。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧