★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 182.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小出氏:キセノンと自発的核分裂、JCOの臨界事故、4号機の使用済燃料プールの状況と全面マスクの免除〔臨界は多分無い…〕 
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/182.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 04 日 03:22:59: igsppGRN/E9PQ
 

小出氏:キセノンと自発的核分裂、JCOの臨界事故、4号機の使用済燃料プールの状況と全面マスクの免除【臨界は多分無い…】@たねまき
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3128406.html
2011年11月04日02:11   ぼちぼちいこか。。。


今日もたねまきジャーナルを聞くことができました。
「自発核分裂」というのしやすい物質がキュリウムということで、そこから発生したのがキセノンだったということが、ちょっとずつ理解できてきました。

では、どうぞ。

20111103 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://www.youtube.com/watch?v=p9Z1hNTXus4&feature=channel_video_title


【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

今日は毎日新聞論説員の藤田さとるさんと一緒にお伺いしてまいります。
まず、スタジオにこんなメールが来ていますので、ご紹介します。
これは東電福島第一原発2号機の原子炉格納容器内で、キセノンという気体が、ごく微量検出されたという問題についてなんですけれども、神奈川のリスナーからです。
『東電の本日の発表で、臨界ではなく自発的核分裂という説明でした。昨日の小出さんの説明で、臨界の可能性は低いと聞いておりましたが、JCOの事故の時は、バケツの溶液で臨界事故が起きたことを考えますと、思いもよらず臨界が起きてしまうのでは?と感じますが、いかがでしょうか?』
という質問で、まず、先生。自発的核分裂っていうのは、一体どういうことなんでしょう?

(小出氏)はい。放射性物質というものは、皆さんご存知だと思いますが、セシウムであるとか、要素であるとかいう1軍の放射性物質と呼ばれているものがあるのですね。
そういう物質は、アルファ線を出したり、ベータ線を出したりして、原子核崩壊ということをして、別の原子核に変わっていくわけですが、それと同じように、例えばキュリウムというような名前の特殊な放射性物質ですが、それはアルファ崩壊やベータ崩壊をするのではなくて、勝手に核分裂をするという、そういう性質を持っている放射性物質なのです。
原子炉を動かしてしまいますと、ウランが核分裂してセシウムや要素もできますし、一方ではキュリウムというような放射性物質も出来てきて、そのできたものが勝手に核分裂をするという、そういう性質を持っています。

何もしなくても、勝手に自分で核分裂を起こしてしまうということなんですか?

(小出氏)そうです。何もしなくてもセシウムがベータ線やガンマ線を出して崩壊するように、キュリウムという放射性物質は、何もしなくても勝手に核分裂を起こすという、そういう性質を持っています。

『核分裂』というと、私たちとしては、とても危ないんじゃないかな?という感じを受けるんですが、それは・・・

(小出氏)要するに量の問題なのですね。
自発的に核分裂をするという、そのしやすさがですね、あまり多くなくて、少しずつしか核分裂をしませんし、原子炉の中に溜まっているキュリウムの量もそれほど多くないので、確かに核分裂はして、キセノンなどが出てくるので、それを検出することはできるのですが、発熱量というような意味でいえば、取るに足らないと思います。

では、この方の質問のようにですね、
『思いもよらず臨界という激しい反応が起きてしまうのではないか?』
ということなんですが、そこにつながる可能性というのは?

(小出氏)えー、自発核分裂という現象自身は、臨界とは全く関係ありません。
それとは別に臨界という物理現象が生じてしまうかどうかということは、全く別に考慮をしなくてはいけないのですが、ご指摘くださったようなJCOという東海村の核燃料加工工場では、容易に臨界になるような状況で作業が行われていたために、臨界になってしまいました。
ただし、今回の場合には、原子炉という一つの構造物が、形を失って壊れていっているという、そういう事故なのですね。
そういうときには、臨界にはなかなかならないというのが、私たちのようないわゆる原子力の専門家たちが考えてきたことです。
ただ、予想を裏切ってなるかもしれないということは、もちろんあるわけで、
「ひょっとしたら」
と私も思わないでもありませんでしたけれども、多分無いと思います。

わかりました。JCOの事故の時っていうのは、そういう想定とかかけ離れた状態でなりやすいという状況だったわけですね?

(小出氏)そうです。
ウランの溶液を使っていたのですが、そのウランという元素のうちですね、核分裂性のウランが20%もあるというような、非常に特殊なウランを液体状で扱っていて、それも大量に一つの容器の中に入れてしまうというような作業をしていました。

はぁ・・・。わかりました。
それでは、次の質問に参ります。
リスナーからです。
『福島第一4号機の使用済燃料について、質問です。
一刻も早く、別に冷却できる場所を作り移さなければ、余震などで既に屋根のないボロボロの建物が壊れ、冷却できなくなり、東京・横浜までが強制避難地域になるような水素爆発が起こるだろうと、海外のニュースから聞いたんですけれども、もういつでも避難できるように準備が必要なんでしょうか?』
という質問なんですが・・・。

(小出氏)ご心配になるのは最もであって、4号機の使用済燃料プールの中には、大量の使用済燃料がありました。確か、炉心の中に通常ある分の3倍くらいあったんじゃないかと思いますが、それが使用済燃料プールの底に、今はあるわけですね。
ただ、それの冷却に失敗するようなことになると、また水素が発生して、燃料自身も溶けていくという可能性はもちろんあります。
一番私が恐れているのは、使用済燃料プールが実は宙づりのような状態になっていたのです。3月の中ごろの爆発によってですね、使用済燃料プールのさらに下にある階までが、爆発で吹き飛んでしまっていて、使用済燃料プールが支えを失っている状態でした。
東電のほうももちろんそれに気がついていて、余震でプールがひっくり返ってしまうようなことになれば、それでどうにもならなくなるということで、東電は補強工事をすると言いましたし、多分それは何がしか進んで、多分終わったんだと思います。
ただし、補強工事をしたと言っても、もともとの構造物のように強固ではないはずで、余震がきて使用済燃料プールがひっくり返ってしまうようなことになるのを、私は今でも恐れています。
そうなると、大量の使用済の燃料が溶けてしまうということになると思いますし、大量の放射性物質が空気中に吹き出してくるということになると思います。
ただし、水素爆発は多分起きないです。
崩れ落ちてしまうと、建物の中ではないので、水素は簡単に拡散してしまいますので、爆発ということは起きないと思いますが、でももう手の打ちようがなくて、次々と溶けていきますので、大量の放射性物質が大気中に出てくるのは、避けられないと思います。

まだまだ予断を許さない状況だという感じですが、藤田さん、いかがですか?

(藤田氏)そうですね。先生、今回のキセノンの検出について、ちょっと話を戻すんですが、これは政府が掲げている年内の冷温停止という目標には、直接は関係する事態ではないというふうに考えてよろしいのでしょうか?

(小出氏)えーと、冷温停止なんていうこと自身は、全くできませんので、そんな言葉に未だに政府が固執してることが、私にとっては随分おかしなことだと思えるのですが、とにかく原子炉を冷やしていくという作業を行う中で、自発核分裂があるということは、もう初めから当たり前のことであって、このことで彼らの工程表が改定されるとか、或いは実際に行う作業が変わるということは無いと思います。

(藤田氏)なるほど。

あの、次はこのニュースで、これでいいのかな?というニュースが入ってるんですけれども、東電は、昨日、福島第一原発の構内全域で、事故の後作業員に義務付けていた顔を覆う全面マスクをですね、構内と作業拠点になっている免震重要棟の間や、5号機と6号機の間を移動するときの車の中では、免除するということを発表してるんですよ。
でも、空気中の放射性物質濃度が低いからということなんですが、風でほこりが舞い上がったりしたら、すぐに濃度が高くなったりしないんでしょうか?

(小出氏)もちろんしますね。
ただ、それは、どこまで我慢をするか?ということの、いわゆる取引でしかないと思います。
全面マスクというのはですね、とても息苦しいもので、それをしてるだけで苦しいし、作業ももちろんしにくくなるわけです。
ただし、なるべく放射性物質は吸い込まないほうがいいので、息苦しいなんてことは言ってられないという状況はもちろんありますので、そういう時には、どうしてもやらなければいけない。
でも、ずっとやっていて息苦しさが続くようなことよりは、むしろある範囲では全面マスクを免除するという方が、全体の作業にとっては良いという判断は、あり得ると私は思います。

うーん。
では、そのバランスを考えてということなんですね?

(小出氏)あの、皆さん一度全面マスクをしてみたらいいと思うのですけれども、あんなものをしたらば、とても仕事ができないというくらい、嫌なものです。

はぁ・・・。
でも今はそのマスクをしながら、作業をずっと続けているという状況にあるんですよね。

(小出氏)そうですね。それをしなければ、内部被曝をしてしまうので、もう作業がやりにくいなんてことは言っていられない、とにかくマスクは必要だと言ってきたのですね。はい。

判りました。
先生、ありがとうございました。

(小出氏)ありがとうございました。

【以上】


【参考記事】

東日本大震災:福島第1原発事故 作業員の全面マスク着用、一部免除の方針
毎日新聞 2011年11月2日 東京朝刊
 東京電力は1日、福島第1原発の構内全域で事故後、作業員に義務づけていた顔を覆う全面マスクの着用を、8日から構外と作業拠点の「免震重要棟」や5、6号機間を移動する車内などでは免除すると発表した。空気中の放射性物質濃度が同社の着用基準(1立方センチあたり0・0001ベクレル超で着用)を下回っており、作業員の負担を軽減するためと説明している。携行は義務づける。【岡田英】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111102ddm005040149000c.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. ポリーテイアー 2011年11月04日 04:34:53: trv0OrkwFmReI : ndTX2fEbRM
次にマグニチュード8以上の大きな地震が来たら、4号炉の燃料プールが崩れ落ちるのではないか?今日も、千葉沖で地震があったが。。。。

02. 2011年11月04日 08:21:26: Saw856sSbc
小出氏の不用意な発言がいつも政府に巧みに取り入れられているのは
偶然なのか?

今回も東電や保安員が「一時的な核反応が起きた可能性」といったのに、
小出氏がラジオで「自発的核分裂だ」というとさっそくそのように
発言が変更された。
武田さんも再臨界はまずありえないだろうけど、無いとはいえないので、
そう簡単に否定できるものではないと慎重だ。

瓦礫の全国拡散や汚染食品の拡散を奨励する小出氏の発言は
だんだん政府と一体化しているような気がするのだが。

こいつ、ほんと大丈夫か?


03. 2011年11月04日 08:30:20: ECFIWGuUkE
>キュリウム242とキュリウム244という放射性物質が、自然に核分裂をしてキセノンを発生する
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111103/t10013707891000.html
Cm−242、Cm−244からXe−133もXe−135も発生しない。
Cm−242の場合
http://periodictable.com/Isotopes/096.242/Decay.jpg
Cm−244の場合
http://periodictable.com/Isotopes/096.244/Decay.jpg
Cm242からは、安定した同位体Ce140とPb206が
Cm244からは、安定した同位体Pb208ができる。

04. 2011年11月04日 09:35:57: DcxDg6lzRM
02.
京都大学で40年間、クビにならずに働いて来た人ですからねえ。
そういう所は、高木仁三郎さんなどと違うのではないですか?

05. 2011年11月04日 10:01:58: 8oHMbfOm6g
>構内と作業拠点になっている免震重要棟の間や、5号機と6号機の間を移動するときの車の中では、免除する



放射線の低い限定的の場所の
移動中のハナシが、     すりかえられてしまった!

 作業のハナシ へ!


>今はそのマスクをしながら、作業をずっと続けているという状況にある
>ずっとやっていて息苦しさが続くようなことよりは、むしろある範囲では全面マスクを免除するという方が、
>全体の作業にとっては良いという判断は、あり得ると私は思います。


 
 
もう少し厳密、限定的にしてほしいとなー。

そもそも、なぜ東電は、そんなことを、今更許可したのか、が
考究されなくなってしまうんじゃないか。
呼吸による内部被曝を避けるためには、風が吹き渡る範囲は要注意だろ。それが
基本だ。”パーッティクル”は幾らだって飛んでる。なのに、なぜ??


06. 恵也 2011年11月04日 11:18:21: cdRlA.6W79UEw : 8oxBvQPYI6
>> 原子炉という一つの構造物が、形を失って壊れていっているという、そういう
>> 事故なのですね。そういうときには、臨界にはなかなかならないというのが、私
>> たちのようないわゆる原子力の専門家たちが考えてきたことです。

小出氏らしい言葉だが、これは当てにならない。
自然な状態でウランが集まり、臨界量を超えて自然に原子炉になってしまった
実例がアフリカのオクロであります。

フクシマ事故では、非常に濃縮したウランがありプルトニウムもあり地下で臨界
になり”原子炉が自然に生ずる可能性”はあると俺は思ってます。
小出氏は甘い!

ーーーー引用開始ーーーー
ウラン238が約99.3%、核分裂を起こしやすく核燃料として使われるウラン235が
約0.7%含まれています。この比率は地球上のどこのウランでも変わりありません。

ところが、フランスが採鉱を行っていたアフリカのガボン共和国のオクロ地区にある
ウラン鉱山からでてくる天然ウランから、ウラン235の存在量が少ないところが見つ
かりました。この事実に、フランスの原子力科学者は大変困りました。

詳しく調査を行ったところ、オクロの鉱山では、ウラン235の存在量の異常のほかに、
ウランの核分裂が起きなければ出てこない物質が発見されました。この結果から、
フランスの科学者は、ウラン鉱床の中で核分裂の連鎖反応が起こり、ウラン235
の割合が少なくなったと判断しました。
http://www.ies.or.jp/japanese/mini/mini_hyakka/43/mini43.html


07. 恵也 2011年11月04日 13:25:54: cdRlA.6W79UEw : lMP3UTqWUU
>>03 Cm−242、Cm−244からXe−133もXe−135も発生しない。

間違い!
核分裂と核の崩壊を混同してる。

たとえばキュリウム242がα崩壊をしてプルトニウム238になる。
核分裂すると千差万別の物質が生まれ、キセノン133が一方に生まれると
原子量109の物質が他方にあるはず。

ウランが中性子で核分裂すると、なにか一組の物質が確実に生まれるわけでは
なく無数の放射性物質が生まれ、中性子のスピードや温度によって無数の放
射性物質の生まれる割合が変るだけです。

その性質を利用してウランから兵器用プルトニウムを作る場合、普通の原発とは
違う運転方法を行うことで特定のプルトニウムの割合を多くします。


08. 2011年11月04日 14:05:55: sO4l92dFKQ
小出先生の替わりの方だれかいます。
たねまきジャーナルの替わりの番組他にあります。
ないもんねだりあかんでえ。

09. 2011年11月04日 14:31:37: 5mV2bwBCcY
Cm−242の場合
decay mode α
branching ratio 100%

decay mode SF
branching ratio 6.2E-8
http://www.wolframalpha.com/input/?i=curium+242

Cm−244の場合
decay mode α
branching ratio 100%

decay mode SF
branching ratio 1.37E-6
http://www.wolframalpha.com/entities/isotopes/curium_244/8g/gm/e9/

Tsuyoshi Misawa, a reactor physics and engineering professor at Kyoto University's Research Reactor Institute, said ・・・"This amount of xenon would not be detected unless there was a certain degree of fission chain reaction," so it is highly possible criticality took place,
http://www.japantimes.co.jp/text/nn20111102x1.html


10. 2011年11月04日 15:18:51: 03bw0jfJsI
小出氏がラジオで「自発的核分裂だ」などと言ってもいないことを云ったよう書くに印象操作という。そんなに原子力村は彼が怖いか。

11. 2011年11月04日 16:11:14: ePMG4GJbhI
>10さん

目を瞑らずに。
「小出裕章:二つの可能性
「一つは自発核分裂という核分裂が避けようがなく起きているのです。ずっと。
それによって出てきたキセノンを感度よく検出したという可能性が一つ。
最後の可能性というのは嫌なことだけれども
再臨界ということが起きているということですね。」
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/168.html


12. 2011年11月04日 16:23:58: JywhpcJSgQ
4号機でしょう、何より心配なのは。
次に大きな揺れが来たら?
揺れなくてもそう何か月何年も持つとも思えません。
おしまいです。
お祈りするしかすることがありません。

13. 2011年11月04日 18:00:47: rcaqkj2aPA
>10

>そんなに原子力村は彼が怖いか。

ぜんぜん怖くありません。むしろ喜んでいます。
小出先生さまさまです。はい。


14. 恵也 2011年11月04日 18:55:04: cdRlA.6W79UEw : GA3eKeLP8v
>>12 4号機でしょう、何より心配なのは。

4号機はほとんど心配あいてない。
原子炉に核燃料もないし、プールに入れてた核燃料をこのママ冷やせば
まったく問題はない代物。一番安全に最終処理が出来るものだ。

1.2,3号機は運転中だったし、核燃料がメルトダウンしていまじゃどこに
存在してるのかさえ正確には判らん。

4号機が最終処理が一番簡単なものであり、格納容器やその地下に
潜ってる可能性が大きい1,2,3号機に比べたら天と地の差だ。

その次が1号機かな。
これは単純な水素爆発であり、格納容器内で核燃料が留まってる感じがする。
2号機は圧力抑制室の破裂のようだ。核燃料のほとんどは外部に出ず格納容器
内部でバラバラに散乱してる事だろう。

3号機が一番心配。
MOX燃料を使ってて発熱量も多いし、爆発の仕方があまりにも大きい。

人によっては核爆発を起こしたと思ってる方もいるが、たぶん水蒸気爆発であり
核燃料は格納容器内部と環境にぶちまけて、オマケに大部分は地下の中に
潜ってしまったから見えもしないし人力じゃ無理。ホッタラカシだ。

地下に予期しないアフリカのオグロみたいな自然の原子炉が出来てしまうかもね。
これだと1000年以上は再臨界を何度も繰り返してしまうかも・・・・


15. 2011年11月04日 19:35:17: xOojpY5m1Q
【ネット中継・告知】小出裕章氏『冷温停止状態でなぜ…福島第一原発2号機の小規模臨界について』(20:00〜)

http://www.ustream.tv/channel/cefchannel


16. 2011年11月04日 20:17:00: G9Hrv4FvMk
東電はキュリウムからウラニウムに変えたようです。
>Tokyo Electric said Thursday it believed the gases were produced by "spontaneous fission" of uranium
それでも、稀なタイプの放射能崩壊であることは認めている?
>A rare type of radioactive decay, not a renewed chain reaction, appears to have produced the radioactive xenon gas
でも米国の専門家ミシガン大学のヴァス教授は言います。ほとんど冗談のように聞こえます。「それはありそうにない現象です。でも起きたとすれば、キセノン核分裂物質になるでしょう。」
>It's an improbable phenomenon, he said -- but if it happens, "you'll see xenon fission products."
http://edition.cnn.com/2011/11/03/world/asia/japan-nuclear/

17. 2011年11月04日 20:19:10: xOojpY5m1Q
・小出裕章氏『冷温停止状態でなぜ…福島第一原発2号機の小規模臨界について』(録画)

http://www.ustream.tv/recorded/18300118


18. 2011年11月04日 23:29:27: 9AGKmMRNn6
4号建屋の耐震補強は、できましぇん。

建築構造設計者談


19. 2011年11月04日 23:33:00: vsXOorX3zQ
そもそも冷温停止などという馬鹿げた結論にしたい東電、保安院の出してくる情報を元にフクイチの正確な現状がわかるはずが無い
臨界がどうこうではなく
今、一機当たり100トンにもなる溶融した核燃料はどこにあるのか?
格納容器にあると飽くまで東電が言い張るのなら取り出して見せろ

20. 2011年11月05日 01:13:22: LoGYvS1OVE
18さんと同意見。
4号機のプールが崩壊しない可能性より、する可能性のほうが高いと思う。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧