★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 269.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の食品規制値 チェルノブイリ原発事故経験国よりも高い (日刊SPA!) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/269.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 08 日 00:20:57: igsppGRN/E9PQ
 

日本の食品規制値 チェルノブイリ原発事故経験国よりも高い
http://nikkan-spa.jp/85349
2011.11.07  日刊SPA! 


◆日本の食品の規制値はベラルーシよりずっと緩い

「新潟では高濃度に汚染された水田はないことになっているが、福島では規制値ギリギリの水田で耕作が許可されている」「そもそも500Bq/kgの規制値も高すぎる」とコメどころの新潟で、水田やコメの放射能汚染問題に取り組んでいる中山 均市議は言う。

「チェルノブイリ事故後の輸入食品基準値でも370Bq/kg。また、原発構内では、放射性セシウムが100Bq/kg以上であれば、『低レベル放射性廃棄物』として処理施設で保管するレベル。いくら『暫定』とはいえ、主食のコメの規制値としては高すぎます」

それでは、何を根拠に規制値が500Bq/kgと決まったのだろうか?

農水省は「食品の規制値が500Bq/kg未満とされたので、土壌からコメへのセシウム移行係数を10%と設定し、5000Bq/kgを上回る水田の作付けを制限しました。計算上は、500Bq/kgを超えるコメはないと考えています」と説明する。

規制値を500Bq/kgに設定した根拠を聞くと、「それを決めたのは食品安全委員会」だという。食品安全委員会は、野菜類、穀類、肉・卵・魚のセシウム暫定規制値を500Bq/kgと設定している。

ところが、食品安全委員会に聞くと「(規制値を決めたというのは)誤解です。決めたのは厚生労働省」だという。そこで厚生労働省に問い合わせてみた。すると「ICRP(国際放射線防御委員会)の指針に基づいた、原子力安全委員会の数値を援用しています」とのこと。ICRPの勧告したセシウムの被曝限度5mSv/年を、日本人の食生活に合わせて計算したものだという。

しかし、チェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシの規制値は、パンが40Bq/kg、飲料水が20Bq/kg(日本は200Bq/kg)など、日本よりもずっと厳しい。また、子供の食べ物に関してはさらに厳しい基準値が定められている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧