★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 345.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安全デマを流す仕組み―権力側のウソ情報が勝つのか、人民側が勝つのか、今は戦争状態
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/345.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 11 月 11 日 05:17:51: trv0OrkwFmReI
 

その数が数十個存在する理系の学会・官僚・マスゴミ・政党・財界から構成される権力者達(権力複合体)は、安全デマを製造する生産拠点なのであり、デマを作っておいて、そのデマを拡散させる工作員まで雇っている。つまり、こいつら人民の敵は、デマを生産するばかりか、デマを流通させる仕組みを持っており、カネの力(広報予算)で実際にデマ情報をこの流通経路(装置)にたれ流すことができるのだ。そういった情報の流通回路は、テレビ・新聞・御用学者のブログ・工作員の掲示板への書き込み・ラジオ、そして、タレントやミュージシャンを使ったキャンペーン・街頭演説・公民館での小さな討論会そして最後に記者クラブだ。
 ここまでをまとめると、権力者達は、安全デマを含む情報を生産する仕組み(情報の生産装置;生産拠点)と情報を流通させるしくみ(流通回路;装置)をもっている。たとえば、最近政府が設置した「低線量被爆の健康に対する影響」を調べる委員会などというのは、安全デマ情報を生産する拠点の一部だ。
そしてこいつら人民の敵が生産し、その流通回路に流し込む情報の種類に着目すると、(a)「ウソも100回言えば、真実になる」という場合と、(b)人々の反応を見て改変・加工を情報に対して加えながら流す、という場合がある。以下、(a)(b)のそれぞれの場合に関してみていこう。
まず、(a)は、強引に世論を作る場合だ。例えば、定期的かつ頻繁に安全デマを上記の流通回路に流し込むのはその例。そうして反原発の世論が盛り上がるのをなんとかして阻止しようとしているのだ。ウソを100回たれ流すことにどんな意味があるのか?圧倒的なカネの力で、ウソを100回流されると、関心が薄れて無力感が漂い、「もうどうでもいいや」という気持ちになってくる。これも連中の狙いとするところなのだ。つまり、放射能に対する関心を失わせるような効果と、反論してもムダだという戦闘意欲を失わせるような効果を狙っている。だから、われわれは、絶対に、放射能汚染と健康被害に対する関心を失ってはならないし、ことある毎に、反論し、間違いを指摘しなければならない。安全
デマというウソを100回流すほかに、政治家を強引に失脚させる場合には、この(a)のパターンで、政治家のスキャンダル情報を集中的に流す。最近では、橋下知事や小沢氏を失脚させようとして、連中はこの流通回路の中に、これらの政治家のスキャンダル情報を集中投下して世論を誘導しているのだ。
(b)の場合は、たとえば、「消費税10%にします」「年金は68歳からしか支給しません」、という情報を流し込んでみて(=報道発表してみて)、反発があまりにも大きければ、撤回し、別の増税案を考えたり、落としどころとして7%という案で着地させようなどとも考えている。これは官僚用語で、世論に対する「観測気球」を上げると呼ばれる事態だ。言い換えれば、(b)の場合、情報の流通回路(装置)に流し込む情報は、一度製造したら終わりではない。反発のない表現を試行錯誤しながら探っているのだ。
まとめると、権力者どもは、民衆を支配するために、まるで血管のように社会のすみずみにまで張り巡らされた情報の流通回路の中に、偽のプロパガンダ情報(デマ)という血液が流し込むことで、常に、連中の都合のよい方向へと世論を誘導しているのだ―その意味で、学会や政府の委員会という情報の製造工場と、情報の流通回路(装置)を併せて機能させることが、「世論」の形成に繋がるのだといえる。世論とはこれらの工場と装置(ネットワーク)が機能した結果として生じるもので、人民の意思とは殆ど無関係なもの。
ここで工作員について一言付言しておくと、情報の流通回路(装置)とは、テレビ・新聞・御用学者のブログ・工作員の掲示板への書き込み・ラジオ、そして、タレントやミュージシャンを使ったキャンペーン・街頭演説・公民館での小さな討論会・記者クラブであった。工作員はこの壮大な回路の一部に過ぎない。反原発の意見に対して、無理やりな反対論拠の提示・意味の拡散/反転・論点ずらし・人格攻撃といった仕方で工作してくるわけだが、工作員は頭が悪く、情報を製造することはできない。御用学者が生産した安全デマ情報を引用して書き込むだけなのだ。その程度の存在に過ぎない。
情報の流通回路(装置)の一部を記者クラブが占めている。かくして、自由報道クラブなど記者クラブの外にいるフリーのジャーナリストが、権力が製造したプロパガンダ情報以外の真実の情報を聞き出そうとしたりすれば、そういう記者は排除される。隠蔽された情報を聞き出そうとしても出入り禁止になる。外国人記者も、ウソの情報を垂れ流すために存在しているこの情報の流通回路(装置)において舞台演出される大本営発表の記者会見に参加したりはしない―時間の無駄だからだ。

次に、この情報の流通回路(装置)の中に、いつデマ情報を流し込むのか?というタイミングに関する問題について検討してみよう。流通回路の中に「安全デマ」や「TPPはメリットがある」などという真っ赤なウソ情報を、いつ流し込むかも連中は常に考えている。たとえば、TPPに参加する大事な局面では、原発の状態が危機的だという情報も一緒に流し込み、人々の注意をTPPから逸らす。装置はそういう意味では、使い方を覚えれば、官僚にとって便利なものだ。情報を流すタイミングや、情報同士が打ち消しあったり補強しあったりする効果を予め考えておけば、基本的に自分達のやりたいことが実現できる。
 余談だが、人々が基本的に装置の中を流れてくる情報に対して、疑いをもたないようにするために、日本の義務教育というのは存在する。義務教育というのは、権力者が掌握している情報の流通回路の中を流れてくるウソ情報を「真理」だとして受け取るよう調教することなのだ。まさに、ジョージ・オーウェルの『1984』という小説のごとき世界になっている。装置の中を流れる情報は紋切り型の情報だ。語彙(単語)を少なくすれば、モノを考える力は衰えてしまう。官僚は、国民を愚民とするために、政治家の女性問題・汚職・賄賂といったニュースを装置に流して、国民の反発を政治家に対して向け、情報を流している真の支配者の存在および装置の存在から国民の目を逸らす。と同時に、いつも同じ種類のスキャンダル情報を流すことで、語彙の貧弱なワンパターンなスキャンダル情報へと慣れさせて思考能力を奪い、そういうワンパターン情報を受け取ることで安心するようなメンタリティを作ることに成功したのだ。
 今は、緊急事態なので、人々の関心を失わせる装置の働き(メカニズム)がよく見える。緊急事態じゃないと、こうも透けて見えたりはしない。独裁国家ではなく、形式的であれ、選挙が存在する国では、この情報の流通回路(装置)を掌握するということが権力を掌握するということなのだ。この国でこの装置を掌握しているのは官僚だ。装置を利用して自分の気に入らない政治家を失脚し、自分達の支配体制を永遠的に存続させようとしているのは、官僚なのだ(各省庁の事務次官・局長クラスの複合体)。もちろん、装置の中に流通させる情報を、どの工場で生産するのか(どの学者に捏造させるのか)、背後で指示しているのも官僚だ。

 今まで、官僚達は、政治家が不正を行っているという情報を情報の流通回路に流すことで、国民の反発を煽りつつ、検察にその政治家を捕まえさせることで、自分達の言う事を聞かない政治家ならいつでもその政治生命を絶てるという脅迫を常時行ってきた。また、検察を通じて政治家を逮捕することで、あたかも、この世界に正義が存在するかのような舞台演出を行っている。政治家が捕まれば、庶民は喜ぶ。溜飲が下がってガス抜きは完了する―少しは世の中がよくなったと錯覚させられる。しかし、以前と変わったところは何もない。根本的に大変化しないように、細部を少し変えているだけだ(ビスコンティの『山猫』という映画のセリフのように)。真に破壊・打倒すべきなのは、この情報の流通回路なのであり、また、この回路を駆使して世論を製造している官僚なのだ。日本の場合、人民の敵は、エジプトのムバラク大統領のような独裁者ではないため、誰が敵なのか分かりにくい。敵は、財界の意見を組んで、装置および装置を動かしている官僚なのだ。

 さて、現在、Twitterやブログやフェイスブックが登場し、いくら経済産業省が、Twitter上でつぶやかれる反原発の心情を監視して取り締まろうとしても、無理だということが分かった。数が多すぎるのであり、また、Twitterにはブロック機能がある。原子力推進派が、Webサイトを巡回するロボットを作って、反原発の書き込みをさせようと思っても、できない時代となったのだ。
 インターネットは、権力側が流す情報とは別の情報も流れる装置なのだ。基本的に制御できない。だから、連中は、ネット空間を制御しようとして必死に工作員を使ったりして、反原発の世論が盛り上がらないようにしているのだ。
 アディオス!官僚達。装置を支配していることが、世の中を支配していることと同義でなくなった。装置の一部となっている新聞やテレビは滅ぶであろう。ウソの情報を流す装置の一部となっている以上、マスコミとは呼ばれず、マスゴミと呼ばれるのは当然だ。有害なウソの情報をカネ払って購読するバカはもはやいないのだ。外国のマスコミや論文こそに真実が書いてある。
  逆にいえば、装置は、本当に革命的な情報が流れるようには設計されていない。たとえば、脱原発を叫ぶ少女のアイドルグループの動画は、Youtubeでしか見れない。Youtubeは連中が制御できない国外の別の装置なのだ。本当に大事件といえるような情報が流れることに、この装置は耐えられない。福島原子力発電所の大事故およびそれに伴う絶望的な健康被害というのは、大事件であり、ストレートにこの大事件の情報はながされたりしない―そんなことをすれば、装置を通じて人民を支配し、いままでウソをついていたことが100%ばれてしまうからだ。

 さようなら、3.11前の日本。人々を騙す仕組み・機関は分かった。もう人民は騙されない。

 言葉による戦争に、人民は勝利した!やつらのウソはばれた。原発は危険だし、放射能も超発ガン物質だ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月11日 05:38:18: A4GQ7o9O02
表紙のこの文には衝撃を受けた・・・

「今日の放射線被曝防護の基準とは、核・原子力開発の為にヒバクを強制する側が、それを強制される側に、ヒバクがやむをえないもので、我慢して受忍すべきものと思わせるために、科学的装いを凝らして作った社会的基準であり、原子力開発を政治的・経済的に支える行政的手段なのである。」

マスコミの安全PR・御用学者の「20mSv、100mSvでも大丈夫」という言葉の真の意図を簡潔に明らかにしている。いまや、ヒバクを強制される全ての日本人はこの文を無視出来ないだろう・・・
・・・・・・・・・・・
著者は出版直前(あるいは直後)に亡くなられており、「あとがきにかえて」は妻の中川慶子さんが記述されている。その一部を引用。

「・・・この本は研究室にこもっての一個人の仕事として出来上がったものではなく、放射線ヒバクの問題を深刻なものと受け止めて反核・反原発運動に精力的に取り組んでおられる方々との数多くの議論の中から生まれたものであるという点を著者は強く意識している。この意味で本書は、支配の側からのヒバクの押しつけに苦しむ力弱き人々の願いや、理不尽なヒバクの押しつけに反対する人々の怒りが原動力になって生まれたものであると言えるだろう。・・・」

政府が金科玉条の如く唱えるICRPの基準や勧告(日本の御用学者はそれすら守っていない連中もいるが・・・ICRP ですら今時放射線ヒバクに安全な閾値等無いと言っているのに・・・) 、 そしてABCC (今は 放射線影響研究所)が何をして、何をしなかったか・・・更に、それが現在にどう繋がっているか・・・それらを知る手がかりになるだろう。

引用元
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2011/07/30/5993855

http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/316.html


02. 2011年11月11日 07:26:15: 4V4ISFE8oo
良い投稿だ。自分の言葉で分析している。
ただ、一点、本当の黒幕は財界およびそれを操作する某国だと思う。
官僚はおこぼれにあずかる飼い犬に過ぎないとおもう。

03. 2011年11月11日 07:39:59: LoGYvS1OVE
>>ウソを100回たれ流すことにどんな意味があるのか・・・つまり、放射能に対する関心を失わせるような効果と、反論してもムダだという戦闘意欲を失わせるような効果を狙っている。

気を付けなければならないのは、放射線被害の証拠というもののどれをどこまで認めるかどうかということの争いになりがちで、そうなると、多勢に無勢になってしまうこと。

>>だから、われわれは、絶対に、放射能汚染と健康被害に対する関心を失ってはならないし、ことある毎に、反論し、間違いを指摘しなければならない。

彼らが<情報を隠ぺいしている>ことも強く追及していく必要があると思った。


04. 2011年11月11日 08:04:51: 2WAXGSwrMs
読みごたえのある記事だった。
これからもこういった指摘頼むよ。

05. 2011年11月11日 08:27:46: 93oerKoWCQ
> 自分達の支配体制を永遠的に存続させようとしているのは、官僚なのだ(各省庁の事務次官・局長クラスの複合体)。

こいつらの所業を実名入りで詳しくレポートしたい。「してほしい」ではなく「したい」。

> 連中は、ネット空間を制御しようとして必死に工作員を使ったりして、反原発の世論が盛り上がらないようにしているのだ。

2ちゃんねるで、11月くらいから原発スレが立たなくなりました。相当数のレスも捨てられているようです。わかりやすい工作ですね。


06. 2011年11月11日 09:19:45: d9R7ohQJUc

きみはパナウエーブを覚えているか?

http://esashib.web.infoseek.co.jp/mitubishi01.htm
国民総奴隷法案である有事法成立前夜、詐欺世論捏造が連発された。

「国会審議に『使われた』 有事法成立と白装束集団」
河原宏・早稲田大学名誉教授(日本政治思想史)03年6月10日朝日新聞。
@有事3法は、民主党が4月30日に対案を出し、与党と民主党の修正協議を経て5月15日の衆院本会議で可決された
A白装束集団「パナウェーブ研究所」の白塗り車列がマスコミに登場し始めたのも4月末。
「オウム真理教の初期に似ている」(佐藤英彦警察庁長官、5月1日)などの発言が相次ぎ、
マスコミの報道合戦が過熱したが、同16日に集団が元の拠点に戻るや、過熱報道は鎮静化し、
テレビから白装束の姿が消えた
Bぴったり重なる2つの出来事の時期的な一致が、偶然か意図的なものかは断定できない。
しかし、少なくとも政府は、有事法の制定に当たって、イラク戦争をめぐり
世界各地に高まった反戦運動のような盛り上がりだけは防止する、と堅く決意していた。
Cそのためには、マスコミ報道を国会審議とは別の人目をひく話題に向けさせればいい。
たまたま、福井の山中には見るからに“異様な”白装束の集団がいる。「使える!」。
D家庭で職場で、人々は有事法制の審議よりは、この集団の“不気味さ”について語り合った。
 その後、有事3法は6月6日の参院本会議で可決、成立した。
出席議員の実に9割もが賛成した事実は、9条を中心とする憲法改悪も、今や指呼の間にあると思わせる。

http://esashib.web.infoseek.co.jp/genpatumura02.htm

「重要なことは、人々の関心を核心から他へ逸らすことなのである。
 、、、彼らの考える民主主義社会とは、社会を支配する特殊階級と、組織化の手段を奪われた残りの国民からなる社会なのである。

一般大衆はテレビの前にじっと座り、人生で大切なのはたくさん物を買って、テレビドラマにあるような裕福な中流階級のように暮らし、調和や親米主義といった価値観を持つことだ、というメッセージを頭の中に叩き込まれていればよいのである。
 民主主義にとってはこの烏合の衆が問題なのである。
この烏合の衆が大声を発し、じたばたし始めないように彼らの関心をどこかよそへ逸らさなければならない。
彼ら烏合の衆はスーパーボールやテレビドラマを見ていればよいのである。
そして彼らを襲う悪魔の存在を信じさせておかなければならない。
そうでないとこの烏合の衆は、考え始めるかもしれない。
それは危険だ。
なぜなら彼ら烏合の衆は考えるべきではない存在だからである。」
(『メディアコントロール』) ノーム・チョムスキー


07. 2011年11月11日 09:40:18: etqbomMHBY
どんなに安全、安全と言われても、現地を訪れる専門家や政治家が用事を済ませるやいなやとんぼ返りで帰ってしまったり、完全装備していたりすれば信用するひとはあまりいないだろう。
東電本社や原子力保安院のみならず各大学の原子力関係の学科、さらには国会まで安全といわれる30キロ圏に移転して、関係者は家族を引き連れて移住すれば国民は信用する。地元農産物の消費もヨロ。福島は復興を通り越して繁栄!

08. 2011年11月11日 09:54:08: 3CIYv4cMz2
06.さん>(『メディアコントロール』) ノーム・チョムスキー

Rand Corporationのチョムスキーも便利な道具デス。彼の役割は?


09. 2011年11月11日 10:29:30: tXeRGquu5w
危険神話信者は妄想しすぎ。

例えば広瀬隆は、チェルノブイリ事故の後しばらく脚光を浴びていたが、やがて忘れられた存在となった。

言ってることが外れまくり、デタラメであることが明らかになったからだ。

今回の福島事故では、環境に放出された放射性物質による汚染の程度は重大であるが、それでもチェルノブイリ事故ほどではないし。
事故後の公衆防護対策も、チェルノブイリ事故よりはずっとうまくいっている。
福島事故による一般公衆の被ばく線量は、原爆被曝者の疫学調査で健康影響が観察されなかったレベルである。
すなわち、一般公衆が放射線障害を生じて健康を損なうことはない。

危険信者の予言によれば、福島事故で被ばくした一般公衆のガン患者が激増することになるらしいが。

どこの病院でも、そのような事態にはなっていないし、今後もならない。


10. 2011年11月11日 11:05:55: Bcml9vh5QU
>>09
>広瀬隆 いやいや広瀬さんの予測した世界そのものになって「脚光」なんて特別な
ものではなく「日常化」しただけだね。ところで、どこかよそへ行ったら?

11. 2011年11月11日 11:38:23: f1abthpfzs
>>9

福島の線量は高すぎる。
クレイジーだとチェルノブイリ関係者は皆、言っている。
関東のホットスポットと言われる所が、チェルノブイリの数値に近い。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/genpatumura02.htm
ベラルーシでは、「健康な子供がいない」と言われている。
100人いたら98人が何かの病気を抱えている。
いつ何が起きてもおかしくない子供たちが沢山いる。
だから、授業も45分ではなく、25分で行われている。
知識階層から国を出て行く。
残るのは農民の家族など。
 福島の惨状。
福島の線量は高すぎる。
クレイジーだとチェルノブイリ関係者は皆、言っている。
関東のホットスポットと言われる所が、チェルノブイリの数値に近い。
チェルノブイリでは1マイクロ・シーベルトを超える所に人を住ませていない。
福島県の福島市とか、郡山市とか、二本松市とか、伊達市などに、人が沢山住まわされている。
これは信じられない。
信じたくない。
自分の国でそんな非人道的な事が行われているという事が理解できない。
(NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表 野呂美加さん)

http://list.jca.apc.org/public/aml/2006-November/010205.html


12. 2011年11月11日 12:21:11: Bg60FMi35E
原発安全神話信者は無知蒙昧。
広瀬隆は東京電力福島第一事故が起こる約半年前に出版した本で
地震・津波による原発事故を言い当てていた。
舞台は浜岡原発であるが。
福島原発による放射能汚染は超深刻だ。
チェルノブイリ(原因究明の小委員会では中規模機械製作省のメシコフたちが当初から、爆発は水素爆発だった・・・と強調)は水素爆発1回、10日でとりあえず収束。
福島は2回(3回)の水素爆発、そして4つの原子炉建屋燃料プールが8ヵ月後の今も事故中のまま。
チェルノブイリほどではない、と断言できる論拠はない。
また、事故後の公衆防護対策はチェルノ以下である。
4月26日に爆発したチェルノブイリの事故では、
ウクライナの首都キエフは5月9日に声明をだし
5月25日から52万6千人の子どもと母親・妊婦を
南部の州へ「夏休みの繰上げ」ということで疎開させた。
放射線影響研究所要覧には「0.005グレイ以下の低線量被爆者における
がんやその他の疾患の過剰リスクはみとめていない。」とある。

地震学者や原発関係の新書本、それに
チェルノブイリ事故報告書を数点と放影研のブリーフくらいは
読んでから、書くべし。不勉強をさらすべからず。


13. ポリーテイアー 2011年11月11日 12:35:32: trv0OrkwFmReI : w6jnLGPqbg
ちなみに、司法権との絡みを考えてみると、御用学者・政府の委員会などにデマ情報を製造させ、作ったデマ情報を上述の流通回路(装置)に流し込む仕組みに対して、異議申し立てをするような人を弾圧するために裁判所・警察・検察というのは存在する。異議申し立ての弾圧というのは、訴訟を起こしても必ず敗訴させ、デモなら逮捕・拘留し、革新派の政治家・学者なら公安がその行動を監視するというやり方だ。
つまり、司法というのは、そういった支配者が製造させる情報と、生産させた情報を流通させる仕組み(支配のメカニズム)を守るために存在するのであり、この仕組みの番犬になり下がっている。司法権内部で、革新的な判決を出すような裁判官がいれば、左遷して出世させない。これは、裁判官の人事をやっている最高裁事務総局というのが、法務省の手下になっているから。ウソ情報で民衆を洗脳するために存在している、上述のメカニズムを維持・再生産するために司法権も機能している―上述のメカニズムは、支配階級が常にその身分を保っていられるように、自らに支配の正統性を付与するような効果を発揮している。つまり、支配の正統性というのは、民衆の側からの同意も必要なのであって、同意を取り付けるための装置としても機能している。
人民側の情報が真だとして常に流通するようになると、非常に困るのだ。洗脳・マインドコントロールが解けると、投票行動に跳ね返ってくるだろう。次の総選挙が楽しみだ。洗脳・マインドコントロールが解けることは、この国では革命を意味している。

14. 2011年11月11日 12:44:45: NE66dcS8bU
何か映画であったな。
マトリックスか。
夢を見させられてるんだよね。
マスコミと教育によって。
死ぬまで。

日本はアメリカを追従してるから、次に連中が考えることはブッシュの選挙の時みたいに、投票数の工作を考えてるんじゃないかな。


15. 2011年11月11日 12:59:28: uQEamOu3Xo
09のような工作員が出るため、一応指摘しておくが。

群馬、埼玉の一部は、チェルノブイリ事故の「補償付き希望移住区域」に該当している。このことはあまり語られていないので拡散してほしい。

以下、文部科学省モニタリング結果
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/10/1910_100601.pdf

「参考2」参照
この100k〜300k  10万ベクレル〜30万ベクレル/u

のことだ。

なお、チェルノブイリの区域基準は 以下の通り

    (強制避難エリア):148万Bq/m2(MBq/km2)
第一区分(強制移住エリア):55万5千 〜 148万Bq/m2(MBq/km2)
第二区分(補償つき任意移住エリア):18万5千 〜 55万5千ベクレル/m2(MBq/km2)
第三区分(放射線管理エリア):3万7千 〜 18万5千Bq/m2(MBq/km2)

つまり、日本は、ソ連よりも非人権国家だということが明らかだ。


なお、


16. 2011年11月11日 13:22:50: F0iQSgRrmc
失礼、文章が途切れた。

15の続き、

なお、当然のことながら、福島以外の県民が補償付きの移住を認められたケースは
1件もない。さらには、他県への避難者を高濃度汚染の福島に帰還させるという措置を政府はとっている。殺人的だ。


17. 2011年11月11日 14:16:48: 3CIYv4cMz2
Big Brotherから ーー>  Twitter,Facebook,Google,Amazon,iPhone 

18. 2011年11月11日 15:29:00: q980bHjgwM
09は、この投稿者の主張に沿った実例として、よい教材ですね。
投稿は、権力側によるデマの全体像に迫ろうとするもので、これは非常に重要なところです。

19. 2011年11月11日 18:33:42: LhW9YYIbOE
09は 工作ということが、わかりやすく示された例ですね
もう誰も騙されないほど、悲惨な現実が審判しつつあります

20. 2011年11月11日 19:56:48: z39lW49N0I
だから〜、ポリーテイアー自身が工作員。 又はオツムの弱いお馬鹿。

原発の事故もCIA系の工作員の自作自演なので、被害は微少。(そもそもNHKの超望遠カメラが撮影する前に、何で(CIA直属放送局の)読売・日本テレビのカメラが福島原発の爆発映像を撮影出来て、日本テレビだけが独占映像を流したか考えればよい。) 本当にメルトダウンが起こっていたら、即死で現場に近づけない。つまり放射能・被害が嘘の自作自演。チェルノブイリ級と未だに煽っているのが、工作員か、ネット漬けのタダの馬鹿。

もともと、3.11大震災が自然の地震と津波被害ではないので、こんなアホの工作員に騙される阿修羅の住民は少ないと思うが、今日、初めて阿修羅を覗いて低俗放射能怖〜い病に感染するウブな読者がいるといけないので、そういう人はベストセラー連発の「副島隆彦(そえじま・たかひこ)の学問道場」のHPなどを見ましょう。勉強になります。放射能被害を煽って日本の経済に打撃を与えたいのは、TPPと同じくアメリカの策略です。タイの洪水被害もそう。そして末端工作員と馬鹿なネット住民が騙されてしまいます。

また、3.11大震災の真相はアメリカの地震を誘発する核兵器が使用されました。3月11日の数日の間になぜか、東京湾、静岡原発の近く、富士山の近くで、おかしな地震がピンポイント何度も起きているので、気になる人はデータを探してみましょう。怪しい震度・波形・回数が確認できるはずです。(本来は静岡の原発事故と富士山噴火演出で日本を壊滅的パニックを起こして、経済破綻させる計画だった。)大失敗したので未だに放射能・放射能と念仏を唱えている。阿修羅で工作は無駄なので統一教会CIAが管理している2ちゃんねるで、底辺のネット読者だけ(意味なし)に恐怖を煽ってなさい。

人工地震は戦前からの旧型兵器なので、数十年前の新聞記事でも確認できます。「3.11人工地震テロ」をネット検索すると、放射能被害をアオる工作員が絶対見て欲しくない情報が読めるので、どんどん検索して、放射能不安の近所の奥さんにも安心だと教えてあげましょう。 反原発の立場と、放射能被害をアオる工作員は似て非なる物なので、ヤツラの嘘を見抜きましょう!


21. 2011年11月11日 20:23:54: 03bw0jfJsI
20>さん だからね、CIAの仕掛けた今度の地震津波爆発だったら、なをのこと、日本人の健康と生命と経済の被害を最小限にして、この日本社会の歪みと不正を明らかにし、正す必要があるの。あなたたちの安全安全の方が、日本人を被爆による病人だらけにし、死者を増やし、日本の再起をできなくさせていまうのだ。その意味で愛国者であろうと思われる、あなたや副島氏の方が、CIAの工作員となりはててしまっているのです。

22. 2011年11月11日 22:00:10: Bg60FMi35E
上でどなたかも書かれていたが、
ポリティアさんのこの投稿は良い投稿だとおもいます。
自分の言葉で 自分の考察が 書かれているのが何よりよい。

  日本の場合、人民の敵は、エジプトのムバラク大統領
  のような独裁者ではないため、誰が敵なのか分かりにくい。
その通りです。 

それと 底辺のネット読者とか近所の奥さん、とか言っている人
スキゾフレニア?
静岡原発じゃなく浜岡ね
データは探してみましょうじゃなく、自分で探して皆に紹介しましょうね
数十年前の新聞記事でも確認できるって、いつの何新聞?
これも紹介してね
このままじゃ、貴方のコメントは説得力なさすぎです。
それどころか思考障害 を疑われますよ。


23. 2011年11月11日 22:02:39: iwWQ4ocsuc
人工地震に乗じて破壊工作が行われたとしても
誰が測っても各地の放射線量は実際上がっています。
このままでは何の自覚も無いまま多くの日本国民がモルモットとなり
大塚がWHOで言った様に疫学データとして世界の医療に貢献しながら死んで行く事になります。

24. 2011年11月12日 00:03:09: w6jnLGPqbg
 ポリーテイアーです。安全デマ情報を生産し、流通させる仕組み、そしてこの一連のメカニズムを円滑に機能させるために、司法権というのが存在することは、指摘したとおりです。
 もう一つは、カネの流れを分析しないといけませんね。情報が流れる流通回路と、権力者がカネを流して、学者や地方自治体・農協・中小建設業等を味方につけ、自民党に投票させていた戦後の仕組みも解体しないといけないでしょう。カネの流れと情報の流れは別です。

25. 2011年11月12日 10:00:54: VmrM5pfMOQ
>20

の意見は一見面白くもある、なぜなら、9.11に通じるものを感じるから。

アメノウズメ塾ではまさしく9.11はアメリカの自作自演であるということから世界の真実・人々を洗脳から解く為の動画をアップしている、

おそらく投稿者の言う、ツイッターやyoutubeでは真実が観れるというのはこれも関連性があると思う、9.11の真実や〜マイケルジャクソンなど色々…興味がある人にはおすすめです。

「貴方を洗脳から覚醒させるアメノウズメ塾@」 (http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4&feature=results_video&playnext=1&list=PL3DF5945B68CDD4E3

話を戻して、>20の言う人工地震は自分も無い話では無いと思うが…

例えば上の動画のように9.11を現場で見た人は「飛行機など見ていない」、と多くの人が言ってるように、福島原発の爆発を現場で見た人がいるのか?という風にも考えられるからだ、爆発映像はテレビで流れたモノ、今の技術を使えばあれくらい作れるだろうとも思う。(9.11では飛行機を後からCGで合成したように)


フクイチライブカメラもJNNも本気で捏造しようと思えばできない事はない、とも考えられなくはないが…それに関しては自分は捏造はないとは思っているが、だけど現場に行ったわけではないから真実はやはりわからない…


なので>20氏のいう事もわからなくはないが、各地で線量何かははかられているから、仮に自作自演だったとはしても、どこまでが自作自演か?今の現状は変わらないから放射能の恐怖を煽るなという話にはならない…(9.11では飛行機は突っ込んでないにしてもビルは完全に倒壊し被害はある為。)

海底核爆発で地震+津波の影響で放射能汚染があるのなら、それはそれで気をつけなければいけないのでは?

人工地震だから放射能怖くないというのはクレイジーだと思う、また別の話だと思う。


しかし、「アメノウズメ塾中級編L ヒットラーのホロコーストと自決」(http://www.youtube.com/watch?v=6IR5ZPTHnsU&feature=related)ではヒトラーの名言が聞ける。

ヒトラー「大衆は小さな嘘より大きな嘘にだまされやすい、なぜならかれらは、小さな嘘は自分でも付くが、大きな嘘は怖くて付けないからだ!」


こう言っているが、この動画では大量虐殺は本当はなかった?という事とヒトラー自決は嘘?という事を検証している…


もしここれも嘘だったとしたのなら当時の国民はおろか、世界中、歴史まで騙した事になる…

ちなみに、ヒトラーのファシズム、洗脳術はアメリカが奪いそれを利用して世界統一政府(今回で言うならTPPもそうだろう)へと向かっているとも考えられている。(その書物は今でも保管されていて一般人は観覧禁止らしい…)

ヒトラーは若者(民衆)には娯楽を与え、金持ちになれば裕福になれるという事だけ考えさせて置けばたやすくコントロールできると言っていたそうだ。


そうした事はこのアメノウズメ塾では全て語られている、最近のカダフィの死など、ビンラディンの死亡写真の捏造なども語られているから非常に勉強になる。


話を元に戻して、投稿者は素晴らしい記事だと思う、


こうしたことも全てそうだが、全てつながっている…


ツイッターの事は良くデマツールなどと言われるが真実が溢れてなおかつ制御できないから推進派がこういう言葉を作り出したのだろうと思える、デマを振りまくデマッターなんかもあるが、これはきっと混乱させ信憑性を下げる為に生み出したのだろう。


しかし、東海アマさんなど反原発活動家は勝手にフォロー外されたり誹謗中傷や「このツイートには過激な内容が含まれております」など勝手に表示されたり…ツイッターの日本管理者?なんかからも嫌がらせを受けるらしく、そういう面では少なからず推進派は阻止させようと必死なのが伺える…。

まぁ真実が野放しになっているのなら野放しはできないんだろう…

もう一つ最近見て驚いた内容だが…

水で走る車を開発したスタンレー・メイヤーという方は、スポンサーとの契約パーティーでワインを飲んで亡くなったらしい…


なんでか?


車はガソリンで走る=石油利権

石油に並ぶエネルギー産業は原発。

なるほど世界はこうなっているのかと理解した。


こういう支配者層が居なければベンジャミンフルフォードの言う「人々はみな豊かに暮らせるようになる」というのは本当の事だろう。

水で車が動いたら?無くならない電池がもし開発されたら?


エネルギー産業は潰れる、だけどそれじゃあエネルギー利権を持つものが儲からなくなる…

映画のような話だが、これは現実なんだと思う。

反原発を唱えるという事は、そういう奴と戦っているんだなという事を知らねばならない。


TPPも全部敵は同じだろう、我々が豊かになれない仕組みは全てそこで製造されている。

原発は止められないんじゃない、やめたくないんだと思う(日本の場合は権利のある人が辞める!などと言えば即暗殺されるのかもしれないな…)


どうにもできないかもしれないが、皆賢くなり、仕組みを知る事位の抵抗なら出来るのではないかと思う。


とにかく、アメノウズメ塾の動画、ツァイトガイストなどは拡散級の動画だと思うので観てない人にはみる事をお薦めします。


26. 爺さん 2011年11月14日 12:06:26: pkMRoq8j2xu8g : 97ntdc4xJA
年寄りのおせっかいかな、
人は理論や正義からではなく
自分の大切な者の未来のために戦うことを忘れないでね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧