★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 873.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」 原発関連で日本に参入 ウラン濃縮受注めざす :福島第一原発事故への対応も
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/873.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 12 月 05 日 02:05:40: Mo7ApAlflbQ6s
 


 この記事だけでは裏側が見えないが、ロシアは、日本が相当期間原発から撤退することはないと判断しているようだ。

ロシア側が事故を起こした福島第一原発「原発内の核廃棄物の処理などを想定している」のが本当なら、野田政権(官僚機構)がロシアにそれを期待して接触した可能性が高い。
 原発の存続は認められないが、事故収束に向け、ロシアの知恵と技術を借りることについては歓迎したい。

=============================================================================================
ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」 原発関連で日本に参入 ウラン濃縮受注めざす

 ロシアの国営原子力企業、ロスアトムが日本に進出する。原子力発電所の燃料となるウランの濃縮を日本から受託することや、海外での原発建設で東芝など日本メーカーと協力関係を築く狙い。原発輸出国としてロシアの存在感を高める思惑から、福島第1原発の事故処理への参画も目指す。エネルギー協力を軸に日本との関係強化を探るプーチン首相の戦略の一環とみられる。

 ロシアの原子力産業を独占するロスアトムは、国営天然ガス会社ガスプロムとともに、同国のエネルギー外交を担う国策企業。野田佳彦首相が今国会での承認を目指す日ロ原子力協定の発効を待ち、東京に常駐の代表を置く。

 ロシアは東芝などが権益を持つ中央アジア・カザフスタン産のウランをロシアで濃縮し、日本などに供給することを計画。日本の電力各社の使用済みウランをシベリアの拠点で濃縮し、再び原発燃料を抽出することも視野に入れている。

 プーチン首相はロスアトムに対し、福島第1原発の事故処理にも関与するよう指示。原発内の核廃棄物の処理などを想定しているとみられる。原発事故の知見を深め、自国や輸出先での原発運営に生かす狙いもある。

[日経新聞12月4日朝刊P.1]


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月05日 19:54:58: meaofR29rY
鈴木宗男氏の仮出所と関係があるかもしれませんね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧