★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 269.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
除染は、成功しても失敗しても、川と海がホットスポットになることを意味する。 (ざまあみやがれい!) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/269.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 12 月 12 日 00:27:32: igsppGRN/E9PQ
 

除染は、成功しても失敗しても、川と海がホットスポットになることを意味する。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780015.html
2011年12月11日23:35  ざまあみやがれい!


=====
除染は、成功したとしても失敗したとしても、川と海がホットスポットになることを意味する。「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.41
=====
タイトルでもう全て言い表してしまっているけれども、思っていることを書いていこうと思う。

僕らは陸地しか見ていないのではないだろうか。川や海は、排水管であり、処分場なのだろうか。

除染が進めば進むほど、川と海に放射性物質が溜まっていく。

・NHK ETV特集「海のホットスポットを追う ネットワークでつくる放射能汚染地図4」(動画)
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65779322.html

・阿武隈川だけで1750億ベクレルもの汚染
http://seetell.jp/23071

上のNHK ETV特集では、川が海へ流れ込む場所に、海のホットスポットができていることを伝えている。下のブログエントリーは、阿武隈川の汚染について述べている。

今、除染によって、陸地の放射性物質を「移動」させているわけだけれど、その移動先に「川」や「海」が含まれている。

雨樋の出口などに小さなホットスポットができる、という報道が先日までしょっちゅうあった。その理論で行くと、川そして川が注ぎこむ河口がまさにホットスポットになるのは分かりきったことだ。

そして、川や海のホットスポットは、「除染が不可能」であることを意味している。さすがにどうやって空想しても川や海の底の除染は難しいのではないかと思う。

でも、海には漁師がいる。彼らは陸地での除染活動をどのように眺めているのだろうか。除染がうまくいったとしても、それは海にホットスポットができることを意味してしまう。「農家」の苦しみとは、違った次元の苦しみがあるのではないだろうか、と思う。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月12日 00:52:11: gx7dVGZ6VU
除染作業した作業員がホットスポットとなり、死んでいくパターン

02. kristenpart99 2011年12月12日 04:16:18: 6lghLweqHvN/I : pj0KXIvxBk
その海から大気の循環で再び放射性物質が雨とともに
陸に戻ってくる。

海洋生物を借りて放射性物質は濃縮し移動する。
移動する先で漁師が集めて食品として売れば、
また我々に戻ってくる。

つまり、「移動」しているだけで
「除かれて」いるわけではない。

猛毒のダイオキシンや青酸カリですら、
無毒化することはできるが、放射性物質はそれが
できない。その数百万年の半減期の放射性物質の
半無限の輪廻転生に人類は被曝し続けながら
付き合わなくてはならない。

原発が必要だと言う人は、この無限地獄と
現世の僅かな享楽を天秤にかけてみたら良い。

以上


03. 2011年12月12日 04:46:51: uHXruZtJ4I
川や海の底でも高圧洗浄すれば、混ざって薄まると考えて実践するほど愚かではないだろう、たぶん。

04. 2011年12月12日 10:31:56: o2v3fc7scY
時間がたつと沈殿はしますが、大きな地震があると底からひっくり返され、津波とともに陸上に。おしまいです。

05. 2011年12月12日 16:39:11: 71MpR3n5fA
チェルノブイリに学ぶべきだ。
「普通の生活を取り戻すと言う点で、住居、農地、工場を完全に除染することは、現実的ではない。・・・1989年からは移住が放射線防護の主力になった。」
>it proved unreal to fully decontaminate settlements, agricultural and industrial facilities with a view to create normal living and working conditions since needs significantly exceeded opportunities existed. From 1989 onwards decontamination activities were narrowed down and the resettlement became a major protective measure.

BELARUS AND CHERNOBYL:THE SECOND DECADE
Overall editing byH.E. Minister of Emergencies Ivan Kenik
Minsk
http://www.progettohumus.it/include/bielorussia/docs/reportkom/Pub98En.pdf


06. 2011年12月12日 20:41:03: PlK0vDkjww
海や川の汚染は水蒸気となって空へ上り
雲に含まれ、雨となって大地へと戻ってきます
汚染を封じ込めることができるなんて
人間の愚かな傲慢は滅びるまで続くのかな〜(涙)

07. 2011年12月12日 21:22:35: XZWCRAyTMM
除染が始まる前から、山から濁り水が出る大雨の時に汚染しているという話は出ていた。除染にケチをつける材料としてはどうかな。
今後は川砂・海砂(住宅建築用)にも検査が必要そうですね。
堆積処分用のダム・堰建設という手はないのかな。間に合わないだけかな。

08. 2011年12月12日 22:09:06: FEC1zKK4NY
隣の家のひとが高圧洗浄やって放射線量が下がったら、その分こっちが
上がるんだが・・・。
どうしても、除染とは思えない。

09. 2011年12月12日 23:17:21: pB174YY6KM
何言ってんの?除染ってのは無くなるわけではない。
右から左に移るだけ、A⇒Bに移るだけの話ですよ。
どうも除染したら放射能が無くなると思っている人が多いですよ。
無くなるなら核処理施設内を除染しまくれば良いだろう。
無意味だがね。

10. 2011年12月14日 02:59:58: JrPYjVYQO2
立ち入り禁止区域を放射性廃棄物の墓にするべきではないですか。
拡散や希釈を除染と呼ぶべきではないと思うけど。


11. 2011年12月14日 17:36:28: CGaB34XTl
「放射能廃棄物は毎日1キロずつ1トンの普通のゴミに混ぜて希釈して燃せば8000ベクレル以下になり安全です。」とかどこかの区が言ってますが、毎日8000ベクレルの放射能汚染物質を燃して煙突からモクモク出る煙はやっぱり放射能煙、雨が降れば又地上へ降って来る。
海に流れて雨が降っても魚が食べて、それを人間が食べて、やっぱり地上へ戻って来る。
その魚を食べた人間が死んだら又モクモク煙になって命も魂も無くなるけど、放射能だけは又地上へ海へ空から降ってくる。
除染しても隣へ移動していて、隣が除染すればやっぱり元のお宅へ戻ってくるんじゃないの?
半減期が何万年とか核種によっては半減期が50億年ってのも有るそうですね。
人間が地球上に誕生して何億年?
あれっ?どこかで聞いたようなせりふだな〜^^


9〜8万年前 日本最古の石器(岩手県遠野市の金取遺跡 )とか書いてあった。

50億年後に半減期って、その頃地球がまだあるの?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧