★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 331.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大量の被曝をすれば即死する放射線に少しだから大丈夫だという言い訳は、通用しない。
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/331.html
投稿者 鬼畜ユダヤ 日時 2011 年 12 月 14 日 11:53:32: fd9zY2zPWt.BQ
 

(鬼畜ユダヤからのコメント)青酸カリも微量なら死ぬことはない。

http://www.minyu-net.com/news/news/1128/news10.html

1ミリシーベルト「線引きの値ではない」 ICRP会議(共同通信と福島民友ニュース)

福島市で27日に開かれた国際放射線防護委員会(ICRP)の会議では、解釈に混乱がある放射線防護基準についてICRPの専門家が解説。防護基準作成に携わったジャック・ロシャール氏(フランス)は「健康被害の恐れがでる年間100ミリシーベルトより下の線量のリスクははっきり分からないが、線量に応じてリスクはある。緊急時でも平時でも被ばく線量を低減することが原則」と指摘した。
 ICRPの防護基準では、放射線が出る場所(放射線源)が事故などで管理できない緊急時は、外部被ばくと内部被ばくを含め年間20〜100ミリシーベルト、放射線源が管理できた場合には同1〜20ミリシーベルトで、なるべく低減を目指すこととしている。一方で平時は年間1ミリシーベルトとしている。説明は複数のICRP委員が担当し「基本はリスクであり、安全の反対語ではない」と強調。健康被害の恐れがある年間100ミリシーベルトの境界を除き、例えば20ミリシーベルト、1ミリシーベルトに関してそれぞれの数値を超えたら危険、超えなければ安全という「線引き」の値ではない−と主張した。

(2011年11月28日 福島民友ニュース)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2011年12月14日 13:28:24: 9XFNe/BiX575U : 8uwuPwSA1g
この指摘は当然。

02. 2011年12月14日 15:51:15: y6jOMUX1V6
100ミリシーベルト安全はICRP勧告にはありません。
御用学者が唱えるもので、学問的な裏づけもありません。

03. 2011年12月14日 23:22:16: P7dO4zpVL2
てきとうなこと言ってるICRPも射程範囲だな。

04. 2011年12月15日 00:58:21: HaP9u8DZ8M
大量ならダメだが少量なら問題なし。
極普通のことを言ってるとオモワレ。

05. 2011年12月15日 01:42:47: 4qQAguuJXs
少量でも毎日吸って食べていたら大量になるけれど

06. 2011年12月15日 05:38:15: JrPYjVYQO2
放射性物質を体内に取り込むと排泄もするが蓄積もする、それが長年続けばどうなるか恐怖。
西海岸にまで飛来しているPuやストロンチウムも。

07. 2011年12月15日 11:53:32: CGaB34XTl
大量の放射物質と少しの放射線じゃ全然違う、比較するのもおかしい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧