★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 622.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ベントで水素逆流、原発3号機爆発の一因か 東電調査 (朝日新聞) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/622.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 12 月 26 日 15:14:40: igsppGRN/E9PQ
 

ベントで水素逆流、原発3号機爆発の一因か 東電調査
http://www.asahi.com/national/update/1226/TKY201112260188.html
2011年12月26日14時4分 朝日新聞


 東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋の水素爆発は、格納容器の損傷を避けようと緊急に行ったベント(排気)の際、水素が配管を逆流して建屋に入り込んだことが一因である可能性があることがわかった。東電が配管の調査をもとに、26日明らかにした。同様の逆流は、同じように水素爆発した1号機でも起きたのではないかと指摘されている。

 東電によると、ベント用の配管と一部を共用し、建屋につながる「非常用ガス処理系」の配管を調べた。すると、外側から内側にかけて放射線量が低くなっており、放射性物質が建屋に逆流したと判断した。このとき水素ガスも同時に流れ込んだとみられる。

 この配管には逆流防止装置がついていたが、気密性は低かった。配管の別の弁は電源がなくなると開くようになっており、22日の調査で実際に開いていたことがわかった。


考えられる水素ガスもれの経路
http://www.asahi.com/national/gallery_e/view_photo.html?national-pg/1226/TKY201112260191.jpg

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月26日 16:03:30 : lJLbj6LBbg
オイオイ、ベントすると水素爆発するように作ってあったということなの。
3号機からの水素の逆流で4号機も水素爆発したと東電が言っていましたよね。
1基ベントすれば 2基水素爆発する設計だったということなのだろうか。
1号機も同じ原因で水素爆発をした可能性大。
ベントという重要な系は独立した排気にするのが「普通」の安全設計だと思うのだが。 
設計ミスではないでしょうか。

02. 2011年12月26日 18:02:22 : QOhUBvhqqk
ベントの装置自体が耐用年数の30年過ぎてから取り付けられたもので、それ以前は無かったんですよ。あのタイプの原発はみな同じ。稼働延長の条件がベント装置の取り付けだったんじゃないのかなー。設計ミスは考えてないと思いますよ。だって、保安院も東電もベント装置を使うような事態は想定していなかったんですから。

03. 2011年12月27日 04:40:41 : VpbDzJDyUw
過酷事故は考えていなかった。とうぜん、水素爆発など予期していなかった。
ベント装置は、アメリカに言われてつけただけのもので、それ以上検討すべき点
があるなど、考えていなかった。

小学生以下。


04. 2011年12月27日 08:23:23 : d1INYqu1to

(*´艸`) あれが水素爆発だって、ププッ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧