★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 670.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
風知草:辰年に待つ波乱=山田孝男(毎日新聞)政府新エネルギー政策の決定過程に「小出さんみたいな人を巻き込めないか」
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/670.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 12 月 28 日 11:41:14: V/iHBd5bUIubc
 

《「電力供給の原子力依存率は30%(3・11前の水準)でいい。それでも従来の目標(50%)より低いから『減原発』だ。もんじゅはやめてもいいが、再処理工場は守る。使用済み核燃料からプルトニウムを抽出し、MOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)に加工して英仏並みに輸出していく……」》これが霞ヶ関の本音なら、日本の未来は絶望的だ!

ーーーーーーーーーーーーー
毎日新聞 2011年12月26日 東京朝刊
風知草:辰年に待つ波乱=山田孝男

http://mainichi.jp/select/seiji/fuchisou/

風知草:辰年に待つ波乱=山田孝男(毎日新聞)

 福島原発震災に翻弄(ほんろう)され続けた今年、専門家に話を聞いてまわった中でも印象深いひとりが京大原子炉実験所の小出裕章助教(62)である。

 世評は刻々変わった。「異端者」から「先覚者」を経て「反原発派の一論客」へ−−。小出の評判の変遷は、原発推進と脱原発の間でフラつく日本の現実を映し出している。

 年の瀬に小出を思い出したのにはワケがある。先週、旧知の政府関係者が、新エネルギー政策の決定過程に「小出さんみたいな人を巻き込めないか」と漏らしたのである。小出に確かめると、こう答えた。

 「私は政治には絶望していましてね。今のような政治ではどんな委員会をつくったところで何も変わらない。私は受けません。1対1の公開討論ならどこへでも行きますが」

 実際、政府の委員会、調査会に集う有識者は3・11以前からかかわってきた原発推進派が多い。新たに脱原発派も招かれて話題になったとはいえ、多勢に無勢。まして事務局は経済産業省、文部科学省の官僚と電力会社からの出向者が握る。政府関係者が「小出さんも入ってくれれば」と気をもむほど人選は偏っているのである。

 いま政府は、東京電力の経営刷新と、電力システム全体の改革という両面からエネルギー政策の見直しを進めている。東電は、電力安定供給を理由として国が株式の3分の2以上を保有する国有化の方向性が見えてきた。最終結論は来年3月期決算までに明らかになる。

 一方、電力システム改革の最大の論点は原発である。政府は来春、エネルギー政策の具体的な選択肢を国民に示し、夏には結論を出すという。

 だが、無理だろう。選択肢は示せても、結論はまとめきれまい。普天間をこじらせ、八ッ場ダムにてこずる民主党の手に負える問題ではない。

 最大のハードルは国民の納得だ。政府・与党内には国民投票実施論もあるという。だが、来春から来夏といえば、首相が最もこだわってきた消費増税法案処理のヤマ場。二正面作戦は成り立つだろうか。

 議論が盛り上がらず未消化のまま「原子力ムラ」主導で進めば、どうなるか。霞が関でこんな見立てを聞いた。

 「電力供給の原子力依存率は30%(3・11前の水準)でいい。それでも従来の目標(50%)より低いから『減原発』だ。もんじゅはやめてもいいが、再処理工場は守る。使用済み核燃料からプルトニウムを抽出し、MOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)に加工して英仏並みに輸出していく……」

 この未来図は絵空事だ。全国の原発は次々定期検査に入っており、再稼働のメドは立っていない。政府の事故「収束」宣言を誰も信じていない。この不信は、政府や経済界の一方的な説得によって解消されるというようなものではない。

 都会の電力浪費のために田舎がリスクを負う不公平に対する、断固たる拒否感が津々浦々から噴き出している。原発立地自治体の中には交付金を返上するところも出始めた。

 民意の鳴動を侮り、「原子力ムラ」にゲタを預けて進むのが野田政治だとすれば、小出ならずとも絶望せざるを得まい。政策を決める識者の人選を改めるべきだが、聞き入れられそうにない。辰(たつ)年の火ダネは消費税だけではない。(敬称略)(毎週月曜日掲載)

      ◇

 次回は1月9日掲載です。


毎日新聞 2011年12月26日 東京朝刊  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月28日 12:09:21 : v9kQY64r6o
めずらしい、毎日がまともな事を書いている。きっと東電からの広告料の支払いが遅れたんだね。だから脅しついでに正論述べたに違いない。

02. 2011年12月28日 12:09:43 : vPeLEHozzY
山田孝男こいつはまったく信用できない。

03. 2011年12月28日 15:30:49 : J9wbJN4buc
山田は小出の「瓦礫拡散」論、「汚染農産物生産続行」論、「汚染食品中高年責任摂取」論が政府東電にとって都合がいいから利用しようとしているだけ。

小出の科学者としての原発批判は立派だが、農業生産者のみをみている矮小な社会的視野では、しょせんこのようなゴミマスに利用される危険性がある。

昔から研究者バカ、学者バカというのがいた。
その専門分野ではすばらしい発言をするのだが、社会的な視野が狭く、単純で幼稚な研究者のことをいう。

山田はさっそく小出の弱点を利用しようと手をあげただけ。

小出のことだからゴミマスに利用されたりはしないだろうが、いやはや、危ないねえ、小出も。


04. 恵也 2011年12月28日 16:48:58 : cdRlA.6W79UEw : oqQC6dkzcw
>> 「原子力ムラ」にゲタを預けて進むのが野田政治だとすれば、小出ならずとも絶望せざるを得まい。

野田政治は、官僚に丸投げだから原子力ムラにすべてお任せだろ。
八ッ場ダムでも国交省官僚だし、消費税も財務省官僚、小沢一郎は
司法官僚にお任せだ。

小出氏が委員会に入っても役には立たないでしょう。
国民投票で国民の意思を決めるべし。
政治的拘束力さえあれば、それで十分なのだから。

ーーーー引用開始ーーーー
一九九六年には、新潟県巻町で原子力発電所建設をめぐり、また沖縄県で
米軍基地の整理縮小・日米地位協定の見直しをめぐり、それぞれ住民投票
がおこなわれた。

いずれも、特定の争点についての住民投票条例にもとづいておこなわれた投票
であり、またその結果は法的拘束力はなく、長にその尊重を義務づけるという意
味での政治的拘束力をもつものであった。一般的な住民投票制度をもたない
日本で、それに準じた住民参加の手法が登場したのだ(1)。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/96-6/murakami.htm

>> 山田孝男こいつはまったく信用できない。

信用できない人が反原発派にならなければ日本の方向は変わらんよ。
裏切り者が大勢にならないと、ドモならん。


05. 2011年12月28日 21:46:47 : JBBdA2G2lA
小出は口先だけで政策などに関わるつもりは微塵もないと思う。
金儲けできてるし、責任の伴うことに首を突っ込まないほうが吉と考えていると思う。

06. 2011年12月28日 22:33:40 : PwtLw98hMQ
でも捏造スキャンダルかなんかで真っ先に小出氏を潰しにかかるのが
毎日新聞という冗談かますだろお前ら

07. 2011年12月29日 01:42:55 : EiZtFQif0k
多勢に無勢の委員会などに行っても、よってたかって叩かれるだけ、というのが
見えてるから、小出さんは行かないのでしょう。

そんなところに顔をだすのは、馬鹿だけ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧