★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 722.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
元の学校に戻った子、わずか7% 福島県、転校1万9千人 (共同通信) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/722.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 12 月 31 日 00:11:54: igsppGRN/E9PQ
 

元の学校に戻った子、わずか7% 福島県、転校1万9千人
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011123001001351.html
2011/12/30 18:42 共同通信


 福島第1原発事故の発生から12月までに、福島県内外に転校・転園(休退園も含む)を経験した小中学生と幼稚園児は1万9386人で、うち地元の学校や園に戻ったのはわずか7%にすぎない1424人だったことが30日、共同通信の調査で判明。

 第1原発周辺の自治体では、避難先での学校再開や9月末の緊急時避難準備区域の解除で徐々に戻ってきている一方で、県中央を貫く交通動脈沿いの自治体では2学期以降も転校・転園に歯止めが利かず、戻ってきた子どもも少なかった。

 こうした自治体では校庭などの表土除去を進めているが、放射線への保護者の不安が収まっていない実態を浮き彫りに。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月31日 07:53:38 : Gh8PnDYLPI
除染する事の無意味さを住民は理解しはじめている。
住民の為の除染では無く利権のための除染だからな。
戻れば最期、モルモットで人生を終えることが決定。
官僚の思う壷だ。

02. 恵也 2011年12月31日 11:44:35 : cdRlA.6W79UEw : 2rlkZhh21M
>> 緊急時避難準備区域の解除で徐々に戻ってきている一方

こんな解除で戻ってくるとは信じられん。
いまだに空間線量は高いはずだし、農産物にも高汚染物の混入は防げない。
少なくとも0.3μSv/h以下になるまで、5年くらいは県外に避難させておくべき。

>> 県中央を貫く交通動脈沿いの自治体では2学期以降も転校・転園に歯止めが利かず、

県中央の交通動脈は放射能雲が流れて、セシウム濃度が今も高い地域。
道路などが一時的に線量が低くなっても、周りの山からホコリや枯葉、清水と
なって流れてくるんだから、ここには子供は10年くらいは帰らん方がよい。


03. 2011年12月31日 16:30:03 : YueCNPZUkY
てか、福島県の園児・小中学生といえば、20万人くらいはいるだろう。
避難してるのが、1割にも満たないとはね。
東日本全域での自主避難は2〜3%くらいと予想してたけど、福島県でこの数字は、ちと少ないように思える。
なんとか逃げられないものかね。

04. 2012年1月02日 15:13:23 : LwO3sEKor6
障害が出始めたら、転向するんじゃない?

遅いけど。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧