★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 752.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
NHK追跡!真相ファイル: 低線量被ばく  放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/752.html
投稿者 ts 日時 2012 年 1 月 01 日 02:58:17: kUFLMxTYoFY0M
 

http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/d/1112.html#29 

NHK 追跡! 真相ファイル: 低線量被ばく
 揺れる国際基準(宣伝の web page) (12月28日 22:55〜23:23)

をこちらのサイトで視聴したので忘れないうちに(注意:これは、ぼくの雑感的な web 日記(ブログじゃないですよ)なので、「放射線と原子力発電所事故についての・・・な解説(←長すぎて自分でも忘れた)」に比べるとずっと気楽に書いています。また、後からちょこちょこといじったりもします。その点をご了承ください)。 テレビ番組だから短い時間で情緒に訴えることが求められるのだろう。そう思えば、比較的まともな番組だったと思う。

低線量被ばくによる健康被害について実証的に迫るという努力はもとより放棄していると解釈した。いくつかの見解(有名なトンデル先生も登場した!)と具体例を紹介して危機感を煽る。まあ、それがテレビのやり方なのだろう。何が信頼できて何が信頼できないかの検討はもっとじっくりやるべきで、そういう空気を盛り上げるのが番組の狙いなのだと思うから、そういう意味では成功していると思う。ぼくにとっての最大の「山場」は、「ICRP は核エネルギー推進派の圧力を受けている」という主張を、名誉委員である Minehold さんの証言で裏付けようとしているところ。これはきわめて興味深いし、こういう論点を真っ向から取り上げて、重要人物のインタビューをとってくるところは高く評価したい(せっかくなら、もっと掘り下げてほしいのだが)。
ただし、ICRP の Chris Clement さんにインタビューして、「クレメント氏は私たちに驚くべき事実を語りました」と盛り上げるあたり(16:50 近辺)は純粋に品性下劣なので、そのことを以下に説明しておく。

ここでいう「驚くべき事実」というのは、「ICRP が採用している低線量の被ばくによるガンのリスクは、広島・長崎での被爆者(LSS 集団)の追跡調査の結果から得られたリスクの約半分だ」ということ。でも、こんなのは、専門家だけが知っていた知識ではないし、まして機密情報でもない。被ばくリスクについて真面目に考えている人ならだいたいは知っている「常識」の一つなのだ。(一部では)かの有名な「わかりやすい解説」の

被ばくによってガンで死亡するリスクについて
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/cancerRisk.html

にも、書いてあるくらい(読んでね)。

公式の理屈は、

低線量の放射線をゆっくりと浴びた場合は、強い放射線を一気に浴びた場合よりも健康被害が少ないので、それを補正するために DDREF(線量・線量率効果係数)で割ることにする。 ICRP では DDREF を 2 に選ぶ

ということ。

一応、動物実験などの知見がもとになっているとされるが、DDREF の概念がかなり曖昧であることは確か。「体制派」の報告書を見るだけでも、米国 BEIR は(確か)DDREF を 1.5 くらいに取ろうと言っているし、国連(UNSCEAR)はそもそも DDREF の概念を認めていない。まあ、そのくらいのもの。「えいやっ」と半分にしていると言って大きな誤りはないと思う。

くり返すけど、これは「関係者に取材して」はじめてわかるような話じゃなくて、ぼくみたいな素人が(ほとんどは無料で公開されている)文献を短期間に読んだだけでわかるようなこと。

これを本気で「驚くべき事実」だと認識したなら、番組制作者は犯罪的なまでの知識不足・準備不足ということになる。そのような準備のままこういった深刻な問題に関する番組を作ったとしたらまったく許し難い。おそらくは、さすがにこれくらいのことは知っていたが、番組の中にスクープ的要素を取り入れて山場を作らなくてはいけないということで、敢えて「驚いてみせた」というのが事実だろうと推測(あるいは、邪推)する。しかし、そうだとしたら、それはやっぱり欺瞞だ。 ICRP の体質を批判するのは結構だが、嘘をもとにした批判は無意味。

いずれにせよ、番組制作者は批判されるべきだ。ぼくは、こういうのは大嫌いなので、強く批判します。

(付記:「そういうのは、田崎が放射線リスクの話に詳しすぎるから出てくる感想で、普通の人は DDREF なんか知らないよ」というご意見もあるみたい。いや、別に NHK の視聴者が DDREF を知ってるべきだとは思ってない。でも、こういう番組の作りをすると、「こうやって専門的に放射線のことを追いかけているスタッフにとっても『驚くべき事実』が取材で明らかになった!」と受け取る人が多いだろう(というか、実際いらっしゃた)と思うわけです。「半分にしていた」ことは、NHK の放射線関連番組のスタッフなら絶対に知っているはずなので、そういう報道の仕方は随分と誤解を与えるだろうということ。 DDREF についてはスタジオで基礎知識として説明すればよかったと思うよ(で、盛り上げるのは、もっとあと)。)
それにしても、わざわざインタビューに応じた Chris Clement さんが実際に何を語ったのかには大いに興味がある。番組のナレーションの要約では、ICRP が低線量のリスクについて見直しを始めているということだった。そのあたりを、もっとちゃんと聞きたい。

番組で二カ所、Clement さんの肉声が聴けるので、聞き取った内容を(字幕と対比させて)書いておこう。

まず、最初の登場シーンは、

16:36〜
One is the question of DDREF, and one is the question of extrapolation. So, we have ah ... dose in this direction ...
一つは DDREF(線量・線量率効果係数)についての疑問であり、一つは外挿についての疑問です。さて、ええと、こちらの軸に線量をとり・・・
(字幕:問題は低線量のリスクをどうするかです)

という感じ。ちゃんと DDREF の話をしているのだが、そういうことはまったく番組に反映されていない。で、まあ、このあと「驚くべき事実を語った」になるわけですが・・

で、かれの二つ目の(最後の)語り。こっちは、冒頭がわからなくて何度か聞き直してしまった。たぶん、We do know that ... と話しているのを途中から流していて、最初の We が抜けているのだと推測。そうすると意味が通るのだ。でも、これは 100 パーセントの自信があるわけじゃないので、分かる人がいらっしゃったら教えてください(付記:大丈夫そうです)。

17:04〜
(We あるいは I が録音から抜けていると推測)do know that they're looking not just at the numerical value of the DDREF but also the whole concept whether or not it really still applies.
かれらが(←これが誰を指すのかは不明)DDREF の数値についてだけでなく、概念そのものについて、これが本当に今でも有効なのかどうかを、検討していることはよく知っています。
(字幕:低線量のリスクを半分にしていることが本当に妥当なのか議論している)

(ぼくの聞き取りが正しければ)字幕は(「議論している」の主語は「われわれ」と受け取るのが自然なので)誤解を与える書き方になっていると思う(しかし、Chris さんの言う they が誰なのか気になる。ICRP 関係ではないはずなので。)。上で説明したように DDREF について、概念の正当性も含めた議論が(「体制派」のあいだでも)あることは周知の事実。そういう意味では、Chris が言っていることは、当たり前のことに聞こえる。

「番組では、おまえはこういった事になってたけど、本当はどうなの?」ってメールしてみるのも面白いかもね。
番組のもっとも重要なメッセージは、(ぼくの言い方に直すと)「DDREF は低線量被ばくの健康影響についての真摯な考察から生まれたのではなく、原子力産業などからの圧力に答えてリスクを低めに維持するために導入された」ということだ。これが正しければ、DDREF に伴うもろもろの理屈は、すべて「後付」の説明ということになる。

ぼく自身は、低線量での平均的個人のリスクを議論する際には(もともと、ものすごく誤差の大きい話なので) 2 倍程度の違いに大きな意味はないと考えている(←リスクの数字は、あくまですごく大ざっぱな「目安」だから)。だから、DDREF の導入そのものについて大騒ぎする気にはなれない(むしろ、重要なのは、リスクの個人差、特に年齢依存性だと強く思っていて、それについては、現行の ICRP のやり方には不満をもっている)。しかし、それが本当に政治主導で「後付」的に導入されたのだとしたら、やっぱり、気に入らないのは確か。

番組で、この主張の論拠となっているのは、ICRP 名誉委員の Charles Minehold さんへのインタビュー。たしかに、かれは ICRP が政治的圧力で動いていたことを明確に批判しているように見える。これは興味深い。

ぼくはこっちの話のほうがずっと重要だと思うから、是非ともこっちで「驚くべきなんちゃら!」と盛り上げてほしかったなあ。(まあ、演出的には、真ん中くらいで盛り上げるべきだったんだろうけど・・・)

せっかくだから、こちらもインタビューをちゃんと聞きたい。特に、最後、字幕が「科学的根拠はなかったが ICRP の判断で決めたのだ」というところのインタビューがまったくわからない。ぼくが聞き取った範囲では、

22:13〜
We're not suggesting the there's any ... any, ah, difference between those (聞き取れない) and we, we approached (←よくわからない), We didn't have that data.

という感じで、やっぱり字幕とは違う。でも、(なんせ、おじいちゃんだし)もごもごしているし、わからないんだなあ。

ちゃんと聞き取れた方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。
と書いたら、さっそく英語のわかる人が教えてくれた。ありがどうございます。上のを知らんぷりして直すのもあれなので、正解をこっちに書きましょう。

22:13〜
We're not suggesting the there's any ... any, ah, difference between those, but that's the way we, we approached. We didn't have that data.
(訳は、ちょっと適当)私たちは、両者のあいだに(これは、この直前に言っていた、労働者と子供・老人を指す)相違があると言っているわけではなく、ええと、まあ、私たちはそのように考えたのです。それについてのデータはありませんでした。

ということで、まあ、意訳しまくれば「科学的根拠はなかったが ICRP の判断で決めたのだ」でしょうか??(注意:この部分で話しているのは、DDREF の導入の話ではなく、労働者のリスク評価を低めに変更したときの話。)

http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/
目次 // この事故って / 放射線とか放射能 / シーベルトとベクレル / 放射線と体 / これからの生活 / 原子力発電所

公開: 2011年6月18日 / 最終更新日: 2011年12月30日
Follow HalTasaki_Sdot on Twitter 更新情報を Twitter で伝えますFollow HalTasaki_Sdot on Twitter

放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説

ここでは、放射線や原子力発電所について、多くの人が知りたいだろうと(ぼくが)思うこと(の一部)について、わかりやすく、要点だけを短く(←というつもりで書き出したんだけど、けっこう長くなってしまった)、でも、ごまかしのないように説明しようと思う。本文は中学生以上なら時間さえかければ読めるはずだ。また、もっと知りたい人のために、詳しい(そして、少しむずかしい)解説もいくつか用意した。これから先も、必要やリクエストに応じて書き直したり書き足したりしていきたい。

ぼくは数理物理学を専門にする大学教員なので、実は、放射線についても原子炉についても「専門家」というわけじゃない。放射線の体への影響についてはまったくの素人(しろうと)だ。ここに書いてあるのは、ぼくなりに、いろいろな文献をていねいに調べいろいろな人の意見を読んだ上で、信じていいだろうと判断したことである(考え違いなどがあったら、是非とも教えてください)。よくわからないことについては、「よくわからない」とはっきり書いた。どのくらい「よくわからない」のかを知った上で、これからどうしていくべきかをみんなで考えていくべきだと信じているからだ。

2011 年 3 月の震災のあと、放射線や原子力発電所のことをあつかった本や雑誌が次々と出版されている。もちろんしっかりしたものもあるが、不正確なことが書いてある出版物も少なくないようだ。自分でよくわかってないことや、ネットで見ただけの不確かな情報や、うろ覚えの知識なんかを本に書いてしまうのは困ったことだと思うけれど、まあ、それが今の日本の現実なのだ。この解説は本でも雑誌でも売り物でもないけれど、内容がかなり正確だということには自信をもっている。何かを書く際には、もとになる文献を自分でしっかりと読んで確認し、計算などもすべて自分でやり直して確かめることを心がけている。おまけに、いろいろな専門知識をもった人たちがぼくの解説を読んでくれていて、間違いがあれば、厳しく優しく教えてくれるのだ(「これを書いたほうがいい」と教えてくれる人もいる)! これは実にありがたいことで、そういう人たちのおかげで、この解説の品質は(ぼくの能力をはるかに越えて)高くなっていると思っている。

ぼくの力が及ばなくて取り上げていない重要で切実な問題もたくさんある。たとえば、食品の安全性、他の原子力発電所の状況、政治や経済のこと、などなど、いくらでもある。もちろん、そういったことについても何かが書ければうれしいのだが、今の段階のぼくの理解では人にお見せできるものは書けそうにない。どうかお許しいただきたい(もちろん、少しずつ学んで考えていくつもりだが)。
震災がおきてから、日本の社会ではいろいろなことが変わってきたと思う。それにともなって、ぼくらが知っているべき「常識」というものもやはり変わっていくはずだ。ちょっと大げさかもしれないけれど、ぼくの書いたこの(不完全な)「まとめ」が、みんなが新しい「常識」をつくっていく作業のために少しでも役に立てば、ぼくにとってこれ以上の喜びはない。

田崎晴明(たざき はるあき)学習院大学理学部
主なページの目次

順番に読んでいけるようになっている。もちろん読み飛ばしても、好きなところから適当に読んでもいい。

この事故ってやばいの? もっとひどいことになるの? そうしたらどうすればいい?(2011年12月22日更新)

放射線とか放射能ってなに?(2011年8月28日更新)

シーベルトとかベクレルってなに?(2011年12月30日更新)

放射線って体に悪いの?(2011年12月30日更新)

これからどう生活すればいいんだろう?(2011年6月18日更新)

原子力発電所ってけっきょく何をやっているの?(2011年9月27日更新)
基礎知識についての解説

10 のべき乗 --- 大きい数と小さい数の表わし方(6.02×1023 とか 5.5E-2 みたいな「謎な数の書き方」についての初歩的な解説、2011年12月23日更新)

放射線の物理に関するメモや解説(難易度はさまざま)

原子・原子核・放射線(原子、原子核、放射線の物理についての少し詳しい解説、2011年10月23日更新)
半減期の数学・ベクレルとモル数(半減期の数学についての、やや理数系向けの解説。ベクレルとモル数の関係にも触れる、2011年8月3日更新)
セシウム 137 と 134(減衰率などについてのメモ、理系向き、2011年8月25日更新)
セシウム 137 の降下量(降下量についての文献とリンク、面白くはない、2011年7月21日更新)
ベクレル・グレイ・シーベルト(放射線の基本単位についての、ちょっと理系向けの解説、2011年11月5日更新)
半減期を取り入れた被ばく量の計算(計算メモ、2011 年7月4日更新)
ベクレルからシーベルトへ(pdf ファイル、最終更新日:2011年7月2日)
【理科系大学 1 年生以上向き!】「地面に一様に放射性物質が付着しているとき、空間での吸収線量率をどう計算するか?」という問題の解説。シーベルトやベクレルとは何かといった基本的なところから詳しく書いた。一般向けの解説ではないが、理科系の大学 1 年生レベルの物理と数学の知識があれば読める。

放射線の健康への影響に関するメモや解説(難易度はさまざま)

被ばくによってガンで死亡するリスクについて(解説、2011年12月30日更新)
子供の被ばくに気をつけなくてはいけないのは何故か(重要:「子供は別格」というのは単なる心情論ではなく客観的事実であることを解説、2011年12月12日更新)
食品中のセシウムによる内部被ばくについて考えるために(初等的かつ重要:セシウムの内部被ばくについてそれぞれに考えるための二つの視点を解説、2011年12月29日更新)
内部被ばくのリスク評価について(重要:内部被ばくを実効線量に換算してリスク評価するための基本的な考え方を解説、2011年12月30日更新)
甲状腺等価線量と実効線量について(「内部被ばくのリスク評価について」を補うために書いたミニ解説だが、ヨウ素 131 による被ばくの問題を考える際には重要、2011年11月12日更新)

ぼくの「こだわり」で書いた個別的な解説

被ばくによるガンのリスクについての誤った情報(「被ばくによってガンで死亡するリスクについて」の補遺、2011年12月22日更新)
2011 年 3 月の小児甲状腺被ばく調査について (重要な調査なので、こだわって記録する、2011 年11月29日更新)
内部被ばくのタイミングのモデル化についてのメモ (「2011 年 3 月の小児甲状腺被ばく調査について 」に登場する計算についてのメモ、2011 年11月12日更新)

この解説の利用について

はじめに断っておきたいのだが、この解説の内容について、ぼくの「オリジナリティー」を主張するつもりはまったくない(ちなみに、ぼくの本業での研究の論文はけっこうオリジナリティーがあるつもりです。まあ、読む人はほとんどいないでしょうけど)。上に書いたように、解説の内容のほとんどは、どこかに書いてあることを再構成してぼくなりに分かりやすく解説したものだし、ぼくが自分で計算したものにしても独自の計算というわけではない。

解説の内容や説明の方法などをいかなる形にせよ活用する際に、ぼくの「オリジナリティー」に配慮していただく必要はまったくない。計算方法や計算結果なども、断りなく他のところで利用していただきたい。

また、解説の文章は田崎晴明の著作物だが、有用だと判断した方には様々な形で利用していただければ幸いである。

セミナー、勉強会、授業等でこの解説を印刷して配布していただくのは大歓迎である。また、この解説の全体あるいは一部を、授業、プレゼンテーション、解説、資料、著作などで利用するのも自由である。スペースに余裕があれば出典を明記していただけるとありがたいが、そうでなければ出典を書く必要もない。

なお、この解説で用いた図やグラフは、出典が書いていない場合は、私が描いたものである(なので、あまり大したことない)。これらの図やグラフのファイルをコピーして利用していただくもまったく自由である。
最近の更新情報
細かい修正や加筆は断りなくどんどん行なっています。大きめの変更や重要な間違いの修正などがあったらここに書きます。

2011/12/30 主要な解説「放射線って体に悪いの?」の「後からじわじわと影響がでる場合」を修正。少し正確さを上げ、また、読みやすくしたつもり。しかし、まあ、この解説はちっとも「短く」ないね。
2011/12/30 解説「被ばくによってガンで死亡するリスクについて」を改訂。LSS 集団の調査結果の信頼性についての部分を中心に手直し。また、「子供の被ばくに気をつけなくてはいけないのは何故か」へのリンクも追加。
2011/12/29 解説「食品中のセシウムによる内部被ばくについて考えるために」の付録「放射性カリウムと放射性セシウムの比較」のセシウム 137 のベータ線の平均エネルギーを訂正。ご指摘くださった方に感謝します。
2011/12/28 新しい解説「食品中のセシウムによる内部被ばくについて考えるために」に付録「放射性カリウムと放射性セシウムの比較」を追加。体の中のカリウムとセシウムの量を(ベクレルで測って)比較することの根拠を補足した。
2011/12/27 昨日の解説を少し修正。ついでに、タイトルを「食品中のセシウムによる内部被ばくについて考えるために」に変更。これで過不足なく文章の趣旨が表わされている。「タイトル長すぎ」と言われるのは承知の上(そもそもトップのタイトルそのものが長い・・)。
2011/12/26 解説「セシウムによる内部被ばくについて考えるために」を追加。前から書きたいと思っていたものを一気に書いた。これから重要になる話だと思う。
2011/12/23 解説「10 のべき乗 --- 大きい数と小さい数の表わし方」を書いて追加。これは放射線とは関係のない平和な解説。どれくらい需要があるのかはわからないけれど、前から書こうと思っていたので。
もっと前の更新履歴

Follow HalTasaki_Sdot on Twitter 更新情報を Twitter でつぶやきます(「風呂入ったなう」とかは書きません)。 ぼくがこの「まとめ」を書いた理由(読まなくていいです)

震災と事故のすぐあとは、ぼくみたいに専門知識のない学者がなにか「情報発信」するなんて夢にも思っていなかった。しかし、しばらくして、この中途半端で苦しい状態がダラダラと何ヶ月も何年も続くのだ、これは長期戦なのだということがわかってきて、ぼくも何かしたほうがいいかなと思い始めた。

ネットでの情報をみていると、ぼくなんかよりずっと詳しくて優秀な人たちがいろいろと重要なことを書いている。でも、そういう情報は、ちょっと難しくて多くの人には敷居が高そうだったり、ツイッターとかブログとかホームページの一部とかにバラバラに出ていたりすることが多い。

そういうのはもちろん大事だけれど、少し別の路線で、

いまの状況、そして、これから先のことを考えるために必要な基本的なことがらを、わかりやすく簡潔に一カ所にまとめたもの

があったらいいなあと思い始めた。でも、なかなかそういうのがみつからない。みつからないなら自分で書こうと思ったというわけだ。 ここから先は、この「まとめ」と直接の関係はない個人的なことがら。いよいよ、読まなくていいですよ。

ぼくは物理が大好きで、物理を教え、自分でも研究して少しでも新しいことをみつけるのを、生涯の仕事にしている。でも、ぼくの研究には原子力とか放射線とかはぜんぜん関係してこないので、原子力発電所のことについてはまじめに関心を払ってこなかった。実をいうと、まだ若かった頃、少しだけ勉強したときに「放射性廃棄物があとに残ってどうしようもないのは、困ったことだ」ということは感じていた。ただ、それ以上は踏み込まなかったし、原子力発電所そのものは安全につくられていると(今から思えば大した根拠もなく)思っていた。

「物理が好きで専門に勉強したといいながら、原発の問題に気付かないとはけしからん」とお叱りを受けたら、返す言葉もない。言い訳にはならないけれど、ぼくらが物理学の世界に入ったときには、もう原子力発電というのは基礎的な物理学を離れた、どこか遠い学問分野の話になっていた。要するに、原子力発電については、一般の(あまり関心のない)人たちと同じ程度の情報しかもっていなかったのだ。おそらく、まわりでいっしょに物理を学んでいた仲間たちのほとんども同じだったと思う。

そいういうわけだから、福島第一原子力発電所で大事故がおきたときには本当にショックを受けた。もとをただせば物理学から生まれてきた技術がこんなすさまじい被害と苦しみを人々に与えることには愕然としたし、今まで無関心だったのはまずかったと素直に思った。思ってもどうしようもないし、何の言い訳にもならないのはわかっているけど。

それから、自分なりに原子力について復習しいろいろ考え直したけれど、やはり(事故の直後に反射的に思ったように)「原子力発電所を持ち続けるのは人類には無理だ」という結論に落ち着いた。もちろん、すぐに全てを止めるのは苦しいだろうが、徐々に止めていくしかない。それは多くの英知を必要とする長く困難な道になるが、やるしかないと(おそらく、多くの人と同様)ぼくは思っている。

ただし、この「まとめ」は「原発廃止」を訴えて書いた物ではない。それは誤解しないでほしい。そういう意見や立場とは関係なく、できるだけ公平にわかっていることを解説したつもりだ。
この解説を書くにあたって、多くの人たちの解説を参照し、多くの人たちにさまざまなことを教えていただいた。また、この解説について、何人かの人たちからきわめて有益なコメントや示唆をいただき、それはすでに今のバージョンに反映されている。中には、教えていただいたことをほとんどそのまま書かせてもらった部分もある。

本来は、そういった人たちのお名前をあげるべきだろう。ただ、その人たちがこの解説のすべての記述に賛成されるとはかぎらないので、失礼は承知で、お名前はあげないことにする。

お力を貸してくださったすべてのみなさんに心から感謝したい。
この解説についてのご意見、ご質問、ご提案は、

hal.tasaki.h@gmail.com

あてにメールでお願いします(Twitter のアカウントはありますが、140 文字以内でのやりとりは苦手です)。ただし、上に書いたように、ぼくは放射線や医学のプロではないので、ご質問をいただいても答えられないことが多いと思います。ご了承ください。また、このページは、あくまで大学での研究や教育の合間をぬって作っているので、メールをいただいてもすぐには反応できないかもしれません。これもお許し下さい。
目次 // この事故って / 放射線とか放射能 / シーベルトとベクレル / 放射線と体 / これからの生活 / 原子力発電所 このページを書いて管理しているのは田崎晴明(学習院大学理学部)です。
リンクはご自由にどうぞ。いろいろな人に紹介していただければ幸いです。
URL は、http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/です(URL をマウスでおさえて「リンクをコピー」してください)。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月01日 06:25:28 : NQravbf4AU
バイト乙
ただの低知能学生か?

02. 2012年1月01日 09:14:44 : 7WbRPEzLfE
被爆と癌の関係なんて話に議論をもっていこうとするところに、テレビや識者の巧妙な罠がある。
そんなところに、はまってはいけないとおもうんだよね。

放射線被爆と癌の関係なんて、そんなものとうていわからないわけだし、そもそも論理的に考えれば、
放射能被爆が、これだけあれば、これだけの癌が発症するとかいう比較自体が、うさんくさい誤誘導であり、嘘デタラメであるわけだ。

むしろ、放射線被爆と遺伝子変異の関係を純粋に学問的に国民に提示すればいい。
遺伝子変異が確実に起こることを示唆するだけでいい。
癌になるとかならないとか、そこまで踏み込むから焦点がぼやけてしまうし、おそらく御用学者はそれ(焦点ぼかし)が狙いなのだろう。
放射線被爆と癌の罹患率なんていう、はっきりしない話題を持ち込み場を紛糾させるのだ。

そうではなく、放射線を被爆すれば人間のDNAはこのように確実にダメージを受けますよと、
それから人間のたんぱく質、脂質がこのように酸化しますよと、それをそのまま提示すればいい。

それで癌になろうがなるまいがそんなことはだれにもわからない。
要するに、はっきり確認できる事実をきちっと国民に提示すべきだ。そしてそれをみて国民に判断させるべきだ。
なのに、なぜか、癌がどうのこうのという話題にもってゆく。

巧妙な詐術だ。


03. 2012年1月01日 09:30:59 : esmsVHFkrM

NHK 追跡! 真相ファイル: 低線量被ばく 揺れる国際基準(宣伝の web page) (12月28日 22:55〜23:23)については、すでにここ阿修羅でも池田信夫氏の批判が紹介されている。阿修羅にすべての批判が紹介されるわけではないだろうから、この批判をあわせて、この番組に対してすでに多くの批判がされていることが推測される。

この事実自体がこの番組の重要性を物語る。

さて、この田崎晴明氏の批判であるが、びっくりである。私のような普通の人間、情報はまずテレビと新聞そしてネットも覗くという人間には、「そんなこと聞いてないよ」だ。

田崎晴明氏によると、ICRP が採用している低線量の被ばくによるガンのリスクについて、

「公式の理屈は、

低線量の放射線をゆっくりと浴びた場合は、強い放射線を一気に浴びた場合よりも健康被害が少ないので、それを補正するために DDREF(線量・線量率効果係数)で割ることにする。 ICRP では DDREF を 2 に選ぶ

ということ。

一応、動物実験などの知見がもとになっているとされるが、DDREF の概念がかなり曖昧であることは確か。「体制派」の報告書を見るだけでも、米国 BEIR は(確か)DDREF を 1.5 くらいに取ろうと言っているし、国連(UNSCEAR)はそもそも DDREF の概念を認めていない。まあ、そのくらいのもの。「えいやっ」と半分にしていると言って大きな誤りはないと思う」

とのことである。びっくりである。こんなこと知らないよだ。

知らなかったからこそ、この事実を報じたこのNHK番組が衝撃を持って普通の日本人、特に、お母さん方に受け止められているのに、田崎晴明氏によると、

「こんなのは、専門家だけが知っていた知識ではないし、まして機密情報でもない。被ばくリスクについて真面目に考えている人ならだいたいは知っている「常識」の一つなのだ」

だそうだ。自分の不明を恥じるしかないが、私は知らなかった。日本のお母さんをはじめとする普通の人たちは同じく知らなかったと思う。なぜなら、低線量被曝のリスクに関して国民の間に当然不安が広がり、国が公的に採用するICRP基準の是非についてさまざまな報道やマスコミ上の識者の発言がなされたとき、こんな話はまったく聞かなかった。

田崎晴明氏は、なるほどネット上で発信されており、お仲間の間では「常識」だったのだろうが、普通の日本人は聞いていない。今までそれを知らないでICRPと言うしっかりした国際基準があり、それに国の基準は従っているのだから大丈夫と聞かされてきた。

それが、「低線量の放射線をゆっくりと浴びた場合は、強い放射線を一気に浴びた場合よりも健康被害が少ないので、それを補正するために DDREF(線量・線量率効果係数)で割ることにする。 ICRP では DDREF を 2 に選ぶ」、「DDREF の概念がかなり曖昧であることは確か」だというのだ。そんなこと、「聞いてないよ」。

だったら、この番組の功績は非常に大きいのではないのか。大多数の普通の日本人が知らなかった「常識」を伝えてくれたのだから。

そもそも、これがそんなに「常識」ならば、普通の日本人は何故これを知らなかったのか。「専門家だけが知っていた知識ではないし、まして機密情報でもない」情報が何故普通の日本人には知らされずに来たのか。しかも、これは日本人にとって物知りを競うための衒学的な問題ではない。原発事故が起こって放射能汚染が進み日本人とくに子供と妊婦に対する低線量被曝が深刻に憂慮されている中で、これは日本人の生死に関わる重大な問題だったはずだ。

それは隠されてきたためだろう。マスコミは報じないし、識者は語らない。田崎晴明氏のような研究者は、低線量被曝についてまたICRP基準についてどのような報道がされどのような解説されていることを知悉していたはずだが、その「常識」が報道されないし解説もされないのはおかしいですよと声を上げたとはまったく聞かない。

それが、ある一つの番組がはじめてこの「常識」を報道したら、たちまちそんなことは「常識」で、それを「驚くべき事実」だと報道したのは怪しからんとのご批判だ。

しかし、ある事実が「驚くべき」かどうかは、それを知らされる立場の人間による。この事実は、田崎晴明氏を始めとする研究者、原子力村にとっては「常識」だったかもしれないが、その「事実」を知らされてこなかった普通の日本人にとっては「常識」ではなく「驚くべき事実」だ。これが普通の日本人にとって「驚くべき事実」なのは、普通の日本人が人為的に「常識」を知らされてこなかったからだ。

その意味で、この番組が「驚くべき事実」としてこの事実を伝えたのはきわめて適切だ。それは、この番組が、普通の日本人、特に、子供を持つお母さんの視点で作られていると言うことを如実に物語るからだ。

「これを本気で「驚くべき事実」だと認識したなら、番組制作者は犯罪的なまでの知識不足・準備不足ということになる。そのような準備のままこういった深刻な問題に関する番組を作ったとしたらまったく許し難い」

とのことだが、私から言わせてもらえば、番組制作者が知らなかったとしたら確かに「知識不足・準備不足」ではあろうが、少なくとも彼らにとっても「驚くべき事実」であったのだからわれわれ普通の日本人と同じだ。しかし、彼らが知っていてなお「驚くべき事実」としたならば、それは彼らが、始めて、普通の日本人、普通のお母さんの視点に立って番組を作ったと言うことだ。彼らが普通の日本人の視点に、始めて、立ったからこそこの番組ができた。彼らが田崎晴明やそのお仲間の視点に立ってこの事実を「常識」としていたら、そもそも番組を作っていない。この番組がなかったら、この「常識」は依然として普通の日本人にとっては知られない「常識」のままだったはずだ。それこそ「許しがたい」のではないのか。少なくとも普通の日本人にとってはそっちの方が「許しがたい」。

したがって、私は田崎晴明氏のこの番組に対する批判が不当なものと考える。

と、ここまで書いて、中断しなくてはならない。インタヴューの字幕への批判についてさらに書きたかったが時間がない。また、戻ってきてからとも思ったが、そもそも、もう戻ってくるかどうか、酔ってからその気になるか自信がない。

したがって、ここまででとにかく出す。取りあえず、この投稿の批判に異議を唱えておきたい。


04. 2012年1月01日 10:28:00 : qDPgYDF4Jk
>>03の見解が正しい。

05. 2012年1月01日 12:34:06 : ZzeDzvCEVw
似たような話は、「安全係数 通常100」というのもあって、
フクシマ以前の公衆へのヒバク限度は1mSv/年だったけれど、
フクシマ事件(事故じゃない)があった限りは非常事態だから
この安全係数100としていたものを取っ払って、100mSv/年まで
本来は大丈夫。
という理屈もあるそうです。
「安全係数」の意味が理解されていない。
実験的にできるだけ雑多条件を排して得られた数値だけれど、
現実のフィールドでは様々な要素が入り交じって毒性効果を倍加
させる事もあり得るために掛けられ(乗算され)ているのが安全
係数です。
 この実験例は有機物(特にベンゼン環化合物)と食塩を低温燃
焼させてもダイオキシンなんか合成できませんが、現実的な雑多
な夾雑物混入の焼却炉条件を想定して、活性白土を混入させたら、
食塩の塩素はイオン化して、ダイオキシンが生成できました。
という研究で証明できました(笑)。

個人や例え国家でも、その都合で付けたり外したりされるもので
はありません。
当然に、低線量ヒバク効果は緩和されるハズだから、2倍程度に
上げておこうは、安全係数とは逆の考え方ですから、100mSv/y
まで安全係数を外して、その上2倍、200mSv/yまで大丈夫だ!
って言うようなものです。もうアホか、の世界ですね。


06. 2012年1月01日 13:06:46 : bDBUl7kQxQ
 国際放射線防護委員会(ICRP)は放射線影響研所(放影研)と連動しているが被曝者を被曝者とくらべる、原爆投下後の5年後からの調査、内部被曝の無視とかする放射線影響研所(放影研)の疫学調査では、もともと放射線のリスク評価は低くしかでない。私たちはその大前提を押さえた上で、 田崎晴明の言い分を読めばいい。「1965年暫定線量推定方式 (T65D)」から、1986年に被ばく線量の評価が大きく見直され、「1986年線量推定方式(DS86)」になり、リスク評価も(約 2 倍程度の)変更を受けた。その根拠は以下の放射線影響研所(放影研)の「原爆被爆者の線量推定方式の改定による癌死亡リスク推定値への影響」。

 田崎晴明の言い分は多分、国際放射線防護委員会(ICRP)は低線量の放射線をゆっくりと浴びた場合は、強い放射線を一気に浴びた場合よりも健康被害が少ないので、それを補正するために「線量・線量率効果係数(DDREF)」2を使い、2倍÷2=1で、結局リスク評価の据え置きをしたのだと解釈しているようなのです。

 国際放射線防護委員会(ICRP)」が「線量・線量率効果係数(DDREF)」2をこの時点で使い始めたのなら、リスク評価を下げるための姑息な手段とも取れる。

 いずれにせよ国際放射線防護委員会(ICRP)は原子力推進団体なので、たとえ低いリスクしか出ない疫学調査であっても、都合の悪い数字が出れば、無視するか、姑息な手段でつじつまを合わせるのでしょう。

 さて、そんな放射線影響研所(放影研)ですが、それでも2003年10月には第13報が出され、47年間に及ぶ 調査の結果、がんだけでなく心疾患、脳溢血、消化器疾患、呼吸器疾患が、被爆により増加することが明らかになったわけで、加えて、被爆線量とがんの発生率には直線関係が成り立ち、ある線量以下の線量ならば被爆しても安全という「しきい値」の存在は証明出来ないことも分かったわけで、私たちは使える情報は全部使って、原発マフィアと対峙していくことが大事でしょう。


 

▼原爆被爆者の線量推定方式の改定による癌死亡リスク推定値への影響
(財)放射線影響研究所
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/about/ugoki/geppou/V32/N09/198708V32N09.html


07. 2012年1月01日 13:10:50 : ehojvsYouo
>03

またしても、つまらない言葉の揚げ足取りか。w
「驚くべき事実」という表現の問題がいったい、いかほどの意味をもつ?

田崎氏が「いまさら驚くべき事実」などと驚いているのは、科学部などの専門家をそろえる巨大報道機関にあっては驚くべき不勉強だというのはあたりまえのことだし、
不勉強な報道機関の報道記者にとっては「驚くべき事実」というのもあたりまえかもしれない。

要するにどうでもいいことだ。
大事なことは「驚くべき」事実であれ、「あたりまえの」事実であれ、その「事実」?からどのような洞察がどのように論理的に導かれるかだ。

いずれにせよその「事実」がほんとうに「事実」であるかどうかすら冷静に検証せずに、ちょっと知らなかったことが明るみに出たからすぐに頭から「事実」とするのも考え物だ。

あまり「表現」の問題を大げさに振り回さないほうがいい。大事なことが目に入らなくさせる効果しか生まないよ。


08. 2012年1月01日 15:02:16 : x43F9oe0Cg
庶民としては

やっぱり

03氏に同意。

なこと知らなかったよ〜


09. 恵也 2012年1月02日 00:01:31 : cdRlA.6W79UEw : Vuv62kM9U6
>>02 なぜか、癌がどうのこうのという話題にもってゆく。

癌だけに局限し、その被害が低線量では無視できそうなことを言うのが御用学者。
正確な被ばく線量もわからないのに判ってるような前提で、論理を展開する。
基礎の数字さえ怪しげなのに、その上で行う机上の空論が好きだ。

チェルノブイリ事故では作業員のうち、ガン患者になった人は対照の1.5倍くらいで
すが内分泌系疾患は20倍、精神疾患10倍くらいに7年後で増えてます。
用心すべきはガンより内分泌系疾患や精神疾患。

ーーーー引用開始ーーーー
表5 ロシアのリクビダートルの罹病率(10)
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/GN/GN9705.html


10. 2012年1月03日 16:34:55 : FEC1zKK4NY
02さんと全く同じだ。
 とくに内部被曝における障害は、体のあらゆる部分にあらゆる疾患として
 顕著にあらわれる。さらに遺伝としてあらわれた障害は深刻なものだ。
 にもかかわらず、癌だけをピックアップして議論されるとうんざりする。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧