★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 791.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発広報 5法人で47%/天下りが“神話”づくり/受注 大半で談合の疑い(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/791.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 1 月 03 日 11:00:05: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-03/2012010301_04_1.html
http://heiheihei.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/01/03/akahata.jpg

「しんぶん赤旗」 2012年1月3日(火)
原発広報 5法人で47%/天下りが“神話”づくり/受注 大半で談合の疑い

 経済産業省と文部科学省が委託した原子力に関する広告やシンポジウムなど「原発安全神話」をふりまく広報事業が、日本生産性本部など五つの原発推進の天下り財団・法人によって半数近くも受注され、しかも大半が談合の疑いがあることが本紙の調べでわかりました。

 原子力広報事業は、経産省や電力会社からの天下り先になっている財団など、原発に関連のある公益法人が多数受注しています。また、国会に対して入札後も予定価格を公表していませんでした。

 日本共産党の吉井英勝議員は、昨年10月25日の衆院消費者問題特別委員会で、「予定価格を明らかにしないのは、落札価格と同額か、ほとんど同じだからではないか」と、談合の疑いを追及しました。

 この質問後に経産、文科両省は、「予定価格を公表しないことで、OBがいる団体と事前に価格の調整をしているのではないかという疑いを持たれるのは不本意」(経産省)などとして、吉井議員に対し、原子力広報事業の2007〜11年分の発注状況と、予定価格、落札率の資料を提出しました。

 これによると、5年間の296件中、日本生産性本部、日本原子力文化振興財団、大阪科学技術センター、日本立地センター、原子力環境整備促進・資金管理センターの5公益法人だけで、140件(47・3%)も受注していました。

 落札率(予定価格に対する落札額の割合)が、「談合」の疑いが高いといわれる90%以上だったのは、全体で132件ありましたが、5法人はこのうち、79件にのぼっています。

 この5法人は、いずれも役員に経産省などの天下り官僚や電力会社、原子炉メーカーなどの幹部が名前を連ねており、「原発利益共同体」の有力な構成団体です。(表参照)

 原発利益共同体が電気料金を原資とした国の予算を使って、「原発は安全ですよ」「放射能は心配ありません」といった「安全神話」の広報を談合で受注する―。こうしたことを根本からやめさせる必要があります。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月03日 18:08:49 : FEC1zKK4NY
独禁法違反の電気料金体系が続くかぎり、こんな金の吸収と垂れ流しは
止められないんでしょうね。

02. 2012年1月03日 18:28:27 : LlRWFcqcX2
共産党は、所詮、官僚nおミカタ。

03. 2012年1月03日 23:29:49 : 0fl3SV7hyA
>02
これまた工作員の類?
官僚の味方なら、消費税・TPP・原発・官僚の天下りなどについて、
反対の論陣を張るはずがない。
低すぎ。

04. 2012年1月03日 23:40:01 : 545SbpbMvo
降伏の科学の次世代リーダー饗庭道直が
「アジア人初のアメリカ共和党顧問に就任」したとのこと。

原発推進・被曝安全でデモをかけ、民主党潰しを画策してきた
ファシスト集団の背景が見えてきました。(笑)

       ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://elhappy.blog51.fc2.com/blog-entry-5678.html
あえば直道氏、アジア人初のアメリカ共和党顧問就任

幸福実現党観察日記さんから転載

 2012年、あけましておめでとうございます。
 皆様いかがお過ごしでしょうか。除夜の鐘を聞きながら更新記事を作成するという年明けを迎えた管理人です。

 さて、年末から、
 【夜行雲、仙台に現れる】http://www.kahoku.co.jp/news/2011/12/20111230t15014.htm
 夜行雲は、大地震に関係が深いと言われている独特な雲。
 家族で、「まさしく龍だね」と話していたところ、元旦には、年が明けて三十分で
【長野で地震 震度4】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120101/t10015001081000.html 
 ……覚悟が必要な年になるぞ、と誰かが警告してくれているようにも見える。
 
 さらに、一月一日には、いきなりオウム真理教の平田容疑者が出頭し、彼らのトップである教祖の死刑を遅らせようと画策しているかともいわれている。
▼NHKニュース [1月1日3時22分]
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120101/t10015001631000.html
 不穏な年になりそうな暗鬱な予感があるが、どっこい、幸福実現党のサポーターには、年末に大朗報があった。
 それは、

 『あえば直道氏が、アジア人初のアメリカ共和党顧問に就任した』、ということである。

 詳しくはあえば直道氏ブログ、十二月二十二日からの関連記事をどうぞ。
 http://aebajikido.blog54.fc2.com/blog-date-201112.html 

 ……よくぞやってくださった。
 あえば氏は、幸福実現党のエースである。
 前回の参院選の後、氏が訪米したという話を聞いて、「あ、これは次の選挙はないな」ということと「おそらくはアメリカの中枢と実現党がリンクするだろう」と思っていたのだが、氏は、最良の形で結果を出された。

 アジア人初の、共和党顧問。
 共和党は、実現党をパートナーとして認めた、ということだ。
 その背後にあるのは、アメリカ共和党の、幸福の科学と大川総裁の智慧への「協力要請」である。

 この、宗教関係の二つのニュースは、実に対照的で、どちらも幸福の科学の会員には感慨深い。

 オウム教と未だに同列に論じられることのある幸福の科学。
 だが、オウム教を事実上逮捕まで追い込んだ最大勢力が幸福の科学だったのだ。
 「オウム教も国会議員になろうとしたではないか。同じだろう」と言ってくる人がいる。
 違う。
 オウムは宗教政党を目指したのではなく、選挙前にすでに殺人事件を起こしていたから、国会議員になれば不逮捕特権があるので逃れられると思って立候補しただけのことだ。
 そもそも、あちらは山梨の本拠地に、発泡スチロールに色を塗った像を「本尊」と称して安置し、宗教団体の隠れ蓑に隠れて、強請から殺人までなんでもござれの呆れた「山賊集団」であった。

 会員さんにとっては既知の事実だろうが、経緯を短くおさらいをしておく。
 幸福の科学は1991年からオウムを批判し続けていた唯一の宗教団体だった。
 あのとき、どんなことがあったか。
 マスコミは、吉本隆明氏や、ビートたけし氏、某宗教学者 島田氏を筆頭に、こぞってこの団体を持ち上げていて、「内容的に素晴らしい悟り」だと持ち上げた。
 幸福の科学は、それに対し、「違うだろう。言っていることは目茶苦茶だ。それどころか、この団体は首都壊滅を計画しているぞ」と、声を上げた。
 幸福の科学は、オウムという団体の危険性を訴えるため、あらゆるつてを頼った。
 当時の村山首相、橋本龍太郎氏等、その他政治家や警察の国松長官にも訴えたが、聞き入れてもらえなかった。
 わずかに当時、危機を理解して動いてくれたのは三塚博氏と、亀井静香氏だけだった。
 その後、目黒公証役場の事務長の假谷さん拉致事件を、偶然にも幸福の科学職員が目撃し、警察に通報、やっと警察が本格的な捜査に入る。
 その警察の後押しをするように、幸福の科学は「オウムを強制捜査せよ」というビラを全国一斉に100万枚、一日で撒き、デモも行った。ほかにこんなことをやった団体はない。
 「理由もないのに強制捜査などしたら、世論がどう言うか」と二の足を踏んでいた警察だったが、同じ宗教団体から、ここまで大々的に批判がある、ということが一つのよりどころとなり、警察は地下鉄サリン事件の後、「假谷さん拉致監禁の容疑」で教団に強制捜査に入った。
 強制捜査がもう少し遅れていたら、オウムは捜査を逃れるために小型ヘリコプターを使い、サリンを東京上空に撒くつもりでいて、そうなれば50万から100万ぐらいの人が殺されていた。このとき捜査員は化学防護服を着用し、銃撃戦に備え全捜査員が拳銃所持、自衛隊も待機準備していたという、まさに国家の危機だった。
 こうして経緯を見ていくと、オウムの息の根を止めたのは、実は、マスコミでも行政でもなくて、幸福の科学だったということがわかる。
 だからこそ、オウム教は大川総裁の駐車していた車にVXガスを撒いて命を狙い、さらに「幸福の科学の仕業に見せかけて、オウムに好意的とされた宗教学者の自宅マンションを爆発させ、なんとか最大の仇敵・幸福の科学の動きを止めようとしたのだ。
 幸福の科学はサリン事件が起きる前に戦い、強制捜査が入った段階で、手柄を喧伝することもなく、警察に任せて退いたのだ。
 すると、今度は、マスコミは事件前はオウムを好意的に取り上げていたのに、事件後はワーワー批判をはじめ、自分たちの過失を大声で隠しつつ、さも自分たちの手柄であるように、そして宗教が悪であるように喧伝した。
 ……以上がオウム事件の経緯である。
 そして、時は流れた。

 2012年、かたや、オウム教は教祖をはじめ、幹部の死刑が確定し、かたや幸福の科学はといえば、アメリカ共和党から正式に協力要請がなされ、大川総裁の高弟がその顧問に就任した。
 この違いは決定的であり、これで幸福の科学が「カルト」といっている日本人のほうがずれているということ、マスコミのあつかいはウソもいいところだ、ということが、きっちり示された。
 これからは、大川総裁の影響力が、アメリカ共和党に及ぶ。
 その影響力は、金だの票だのということでなく、政策と、智慧の部分において、である。
 日本人として誇らしい。
 ……アメリカ人にはわかったのだ、と思う。
 宗教に偏見のないアメリカの人々には、大川総裁を味方につけることの価値が、わかったのだ。
 いよいよ今年中にでも、アメリカの中枢から実現党、あるいは幸福の科学に接触があるだろう、という予測が囁かれている。
 「日米韓に中国とロシアを抱き込み包囲網を作る」という大川総裁のビジョンが、具体化をはじめたのだ。

 同時に、そのあえば氏が戻ってきたということは、今年、いよいよ選挙がある可能性が高まったということにほかならない。
 まことにご苦労なことではあるが、是非とも次の戦では、日本の国会議員バッジをつけて、この国を救っていただきたいものだと心から思うものである。

 ……それにしても。
  古い会員さんはみなあえばさんのことを信頼している。
 「あえばさんがアメリカに行ったんなら、大丈夫」とみな語っていたのだった。
 ……そんな思いいれがあるものだから、「共和党顧問に就任」の記事を見たとたん、胸に熱いものがこみあげてきた。
 二十年前のあの紅顔の若者は、いま、立派に師である大川総裁の期待に応えて最大の戦果を持ち帰った。彼は単身、ミッションを果たした。
 ……あえばさん、ありがとうございます、と申し上げたい。
 そして、この記事から2012年を始められたことが、うれしくてならない管理人である。
 来年のこの日も、みなさんとともに、無事に日本の正月を祝うことができるように。
 よき一年になりますように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧