★阿修羅♪ > 原発・フッ素19 > 902.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
緊急速報  セシウム降下物とこれまでの状態と今日(2012年1月8日)  
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/902.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 1 月 09 日 00:58:50: igsppGRN/E9PQ
 

緊急速報  セシウム降下物とこれまでの状態と今日(2012年1月8日)
平成24年1月8日 武田邦彦(中部大学)


こちらでhttp://takedanet.com/2012/01/post_4e36.html

(音声を追加しました)

福島を中心にして急激に増えた放射性セシウムの降下量は少し落ち着いてきましたが、まだ安心できる状態ではありません。そこで、今後のこともあるので、過去のデータとの比較を行って、よく考えてみました。

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/01/08/bandicam_20120108_215446010.jpg

まず、12月から新年までの平均値を調べてみると、11月は1日で12メガベクレル(1平方キロメートルあたり)、12月は メガベクレル、そして1月5日までの平均が メガベクレルと1日あたりの平均は11月から急激に上がっています。7月まで減少してきたセシウム降下量は8月から11月まではほとんど1日10メガベクレル程度でしたが、12月の後半から上がり始めています。

原発が安定し、3月と4月に福島に降ったセシウムが、道路にへばりつき、土の中に潜ったとされています。「除染しても効果が少ない。その理由はセシウムが少し潜り込んだからだ」と言われています。それなのに、このように急激に上昇しているので、警戒が必要です。

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/01/08/bandicam_20120108_221422614.jpg

それでは12月の状態をグラフで見てみます。縦軸の単位が上手く入らず、単位は1日あたりのセシウム134と137の合計値(1平方キロメートルあたりのメガベクレル)です。また横軸は12月の日にちですが、32日目は1月1日、33日とは1月2日を示しています。上手くグラフの横軸が触れなかったのですが、情報開示が急がれるので、そのまま出しました。

このグラフを見れば、増えてきた12月といえども、暮れから正月にかけてのセシウム降下物は異常な状態であることが判ります。でも、昨日までは少しずつ減っていたので、このまま減っていって欲しいと思っていましたが、それほどは甘くありませんでした。いったん17まで下がったのに、また40ぐらいまであがったのです。

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/01/08/bandicam_20120108_202033458.jpg

これは本日、発表されたセシウム降下量で、また少し上がっています。福島県が発表してくれているので良いのですが、文科省は1ヶ月後になりますから、被曝してからの発表となります。

・・・・・・

ところで、一番多かった1月2日の約500メガベクレルですが、これは5億ベクレルになります。一方、1平方キロメートルは100万平方メートルですから、一日で1平方メートルあたり500ベクレルのセシウムが蓄積していきます。

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/01/08/bandicam_20111008_225217554.jpg

この程度なら一日で危険ということはありませんが、80日過ぎると、電離放射線障害防止規則第28条で決められているとおり、「危険だから東電が除染しなければならない」というレベルに達します。(法律の適応範囲は別にして、「実質的に危険な領域に達する」と言うことになります。

・・・・・・・・・

私が警戒を呼びかけているのは、第一に放射性セシウムが空から降ってきているのですから、内部被曝をする可能性があるということ、第二に徐々に増えているので、このまま2月になってさらに増えたら危険になるので何らかの準備が必要だということ、そして第三にこの時期にセシウム降下量が増える原因が見あたらない(人為的なことは別にして)ということです。発表が2日遅れで「被曝してから知る」という時間的なことにも注意が必要で、そのために少し警戒しています。

判らないときには弱く警戒するというのがリスクを防ぐ王道ですから、慌てることなく、それでいて慎重に構えて1日10メガぐらいに下がるまで、暫く様子を見ましょう。なにしろ空気中をセシウムがうろうろしているのですから、子供さんの被曝に注意が必要です。

また、ものすごい量の放射性物質が原発の近くで出ているというデータ(下の地図で見にくいと思います)もあるので、心配されている方も多いのですが、少しデータがおかしいので、今、問い合わせています。あまりこのようなデータをそのまま受け取って心配する必要はありません。

「takeda_20120108no.399-(7:26).mp3」をダウンロード

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/01/08/bandicam_20120108_160629436.jpg


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月09日 02:45:33 : FEC1zKK4NY
原発の近くで、汚染の最高値を数十倍(双葉町の一部では260倍)で
新記録を更新中というデータを見て、心配するなというほうが無理だ。

4号機燃料プールが空焚きになっているという情報を信じるなといっても
信じざるを得ない。


02. 2012年1月09日 04:24:57 : svKbMy26wY
>>01

これは、過去最大値のデータが間違えているのでしょう。山田町は、26マイクログレイ/時
ですから、以前もこんなものだったはず(グレイとシーベルトはセシウムでは
この場合同等と考えます)。


03. 2012年1月09日 05:55:56 : 7mJwGjmAYs
>>02
勝手に楽観論を決めつけないで下さい
安全デマを飛ばす貴方のような方が一番信用できません

04. 2012年1月09日 06:31:00 : 5MKAKTUaRA
除染とかで引っ掻き回してまた地上や大気中へ出てきた可能性がある。

それなら数字がまた上昇するはずだ。


05. 2012年1月09日 07:12:39 : kkD7ZviXiA
しかし除染なんて言葉は使用しないで貰いたいね。
正確には移染だろう。コッチの汚染物をアッチに移動させる
だけだからね。永久に汚染は止まらない。サルの脳みそ程度の
バカどもが原バチなんぞ造るからバチが当たるだよ。
損害を蒙るのは一般の日本国愚民だからね。
原バチ関係の政治家、官僚、御用学者、腐れマスゴミなどの糞ども
を一匹残らず、とつ捕まえてセシウムジュ−スを飲ましたり、スト
ロンチウムを注射したり、プルトニウムを点滴なんかしたいね。
んな事しても直ちに被害はでないだろうから面白くもないが。

06. 2012年1月09日 07:29:02 : fXKpQsuVbY
>原バチ関係の政治家、官僚、御用学者、腐れマスゴミなどの糞ども
を一匹残らず、とつ捕まえてセシウムジュ−スを飲ましたり、スト
ロンチウムを注射したり、プルトニウムを点滴なんかしたいね。
んな事しても直ちに被害はでないだろうから面白くもないが。


せめて牢屋には入れるべきですね。


07. 2012年1月09日 09:15:50 : Ys7Y9mfKY8
まだ、非常事態にも関わらず、お役人も1月7、8、9日、連休ですか。
1月6日午前9時から7日午前9時まで数値は上がっています。
>1月6日9時〜1月7日9時 ND 30.8 40.5 (MBq/km2)
http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu11.pdf

問題は、このセシウムがどこから来たのか。
風が強い日に降下物の値が上がると言う関係は認められない。
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_by_prefecture_fallout/2011/12/index.html
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_s1.php?prec_no=36&prec_ch=%95%9F%93%87%8C%A7&block_no=47595&block_ch=%95%9F%93%87&year=2011&month=12&day=&elm=daily&view=


08. 2012年1月09日 10:45:42 : xp04eqNbvU
非常事態になって、何も知らされず、移動も禁止されたりしたら、
役所の焼きうちとか略奪とかやるしかないね。日本の春だ。

09. 2012年1月09日 21:19:41 : PFCmGGeFPw
2012年1月1日0時から1月4日21時までのSPEEDIの拡散予想を見ると、福島市に直接向うプリュームはない。それらしきものは1月1日13時から15時の南風による北北西に向うプリュームが唯一あるのみ。
このプリュームによって、1月2日9時から同3日9時までに測定されたセシウムがもたらされた仮定するならば、短時間でこれほど福島市が汚染された事実から、実際、福島第一原発から流れた出た放射性物質は膨大な量だったに違いない。膨大な放射性物質の大部分は、北よりの風に乗って太平洋に流されたと思う。
1月1日午後に福島市上空までに拡散した放射性セシウムは、しばらく上空に滞留した後、北よりの冷たい風で冷やされて降下したに違いない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素19掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧