★阿修羅♪ > 原発・フッ素7 > 798.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
放射線の専門家に 自重を求める   { 武田邦彦 (中部大学) }
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/798.html
投稿者 純一 日時 2011 年 3 月 26 日 20:53:18: MazZZFZM0AbbM
 

http://takedanet.com/2011/03/post_aea1.html


(平成23年3月26日 午前9時)

テレビ出られて福島原発の放射線について「安全だ」と言っておられる専門家の方に自重を求めたい と思います。


わたくしたち原子力の専門家は、原子力や放射線の正しい利用を進めるために、国際的な勧告や放射線障害防止に関する法律を厳しく守ることを進めてきました。


決してレントゲンや CT スキャン等だけを参考にして安全性を議論してきたのではありません。また、1年間の被曝量で規制値を決めても、それは1年間ずっと続く場合だけではなく、規制値を超える場合には、危険があると考えて良いということだったのです。


委員会では、半減期はもとより、元素の種類による身体への影響等極めて詳細で厳密な議論を経て決めてきたのです。


確かに国際的な基準になっている空間の線量率が1年に1マイクロシーベルトという数値、WHO が定める食品の放射性物質の量など、日本の委員会では厳しすぎるという意見があったことは確かです。


しかしわたくしたちはそのような議論を経て、現在の基準を作ってきたのです。


特に私が問題だと思うのは、3ヶ月に1.3ミリシーベルトを超える場所は「管理区域」として設定し、そこでは放射線で被爆する量を管理したり、健康診断をしたりするということをわたくしたちは厳密に守ってきました。


福島市においては瞬間的な線量率が1時間に20マイクロシーベルと程度まであがり、現在でも毎時10マイクロシーベルトのレベルにあります。この線量率は、文科省の測定方法を見ると外部被爆だけであって、規則に定める外部被曝と内部被曝の合計ではないと考えられます。


今後、内部被曝などを考えると、毎時数マイクロシーベルトの状態が2、3年は継続すると考えられます。


・・・・・・・・・


一方、福島市には、幼児や妊婦も生活しておられます。また、1時間だけの被曝量を言っても、その人たちは24時間ずっと生活をしているのです。たとえ屋内にいても換気をすればあまり差はありません。


放射線障害防止規則による妊婦の被曝量の限界は毎時約0.5マイクロシーベルトですから、私達専門家は福島県の東部の多くの市町村において、妊婦等の避難を勧告する立場にあるのではないでしょうか。


現在ではむしろ政府より放射線の専門家の方が「安全だ」ということを強調しているように見えますが、むしろ放射線の専門家は国際勧告や法律に基づいて、管理区域に設定すべきところは管理区域に設定すべきといい、妊婦の基準を超えるところでは移動を勧めるのが筋ではないかと思います。


その上で、政府や自治体がどのように判断するかというのは放射線の専門家の考えるところではないとわたくしは思います。


政治家やメディアでは「国民を安心させなければいけない」と言っていますが、現実に法律で定められた規制値を超えている状態を安全といい、それで安心していいというよりもむしろ、現実をそのまま伝えて判断を社会に任せるべきと思います。


・・・・・・・・・


また我々は学問的立場で考えていますので、各々の専門家に各々の考え方があることは十分に知っています。


わたくし自身が国際勧告のレベルは少し厳しいと考えている人間ですが、しかし、放射線防護に関する日本の法律も50年を経ています。その間、十分に検討を尽くされてきたのです。わたくしたちは原発問題とか社会問題とは切り離して、厳密に放射線と人体への影響を考えて発言していかなければいけないと思います。


特に核分裂生成物に汚染された土地は、長寿命半減期の元素によって線量率は直ちに下がらないと考えられます。このような場所に長く生活しなければならない子供たちのことも考えて発言をお願いしたいと思います。


・・・・・・・・・


むしろわたくしたちは、福島原発の事故がもたらす新しいこと、例えば東京のようなコンクリートとアスファルトで固まったところにどのくらいの残留放射線が残るかとか、福島第一、3号機のようにプルトニウムを燃料として用いている原子炉の放射性物質の影響等を至急検討する必要がある と考えています。


・・・・・・・・・


2011年3月26日のあるテレビの番組を見ていましたら、今まで「安全だ」と断言していた人が「私の言っている「安全」というのは東京だけだ」と最後にご発言になったのに強い違和感を覚えました。


東京が人口も多く、重要なことはわかりますが、最も危険なのは福島県とその周辺であり、安全だと発言されるには福島県の人のことを考えなければならないと思うからです。

わたくしの経験では、原子力や放射線を扱っている方々は決して不誠実な人ではありませんでした。むしろ会議等を行っている時にわたくしは、皆さんが十分に考え放射線の身体に対する影響を少しでも減らそうと努力されていると思っていました。


その我々の専門家の雰囲気をぜひ思い出していただきたいと思っています。


(平成23年3月26日 午前9時 執筆)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年3月26日 21:36:28: 3QbeWKbmc9
このスレのご意見は適切だと思います。
専門家が専門の基本に忠実でなくなれば、専門家である資格は喪失する。
放射線専門家よ、正気を保ち、専門家としての気概を示せ。

02. taked4700 2011年3月26日 21:42:39: 9XFNe/BiX575U : SRUIMPkwOU
もう少し具体的に言ってほしかったな。どの区域がどの程度汚染されていて、どの程度の期間の避難が必要とか。

まあ、それを判断する基礎データがそもそも、公開されていないのだろうが。

だから、そういったデータ公開をそもそも求めないといけないと思う。


03. 2011年3月26日 22:12:36: QU3zdx5joc
5年後、10年後にガン患者が爆発的に増えたらマスメディアや御用学者を訴えれば良いのです。
そのために御用学者の発言を集めて将来の訴訟に備えましょう。

04. 2011年3月26日 22:14:21: u0fUP8zVTE
本投稿は救いです。
テレビでコメントする専門家や東京電力に言いたい。今は、私も家族も全く信用する事が出来なく成っている。

この値は、レントゲン検査以下で全く安全だとか良くコメントされるが違和感
が有った。サンプリングは、たまたま採取しただけで有りもっと高いところがある筈。又、相当に安全側に余裕が有るとコメントされるがそれは、サンプリングのバラツキの大きさ等を考慮されたものである筈である。

現地の定点観測では値が変化して居ないとか説明された事が有った。
何故、風向、風速計値と一緒に発表しないのか。風上で計れば値は低くなるのは当然ではないのか。

正しく公表していると言われるが。数字で正しさの一部を表に出す事で裏に不都合な情報を常に隠している様に思える。皆これをかぎ取って隠蔽体質と評価するのだ。

大本営発表と同じ様だとメントする人がいるがその見方は正しいと思う様になった。安全、安全を繰り返し最後は取り返しのつかない悲劇に至る事を強く危惧している。

専門家は、常に真実を語って欲しい。パニック回避の役は要らない。余りに安全を強調されるので住民に対する安全の判断では無く、お得意様(金づる)の意向に沿った自分の安全(自己保身)と疑ってしまう。

専門家は原子炉に対する安全追求を徹底して貰えば良いのでは。未知の部分に対する解明を怠る事が無い様にして欲しい。

そもそも今回の事故は、専門家による安全の追求不足によるものではないのか。
想定し得ないと言うが妥協して技術基準の落としどころを誤った結果この事故が起きのだろう。
技術追求の足り無さが原因して掛け替えのない土地を住民から奪おうとしている。この様にならない様に謙虚に真面目に問題解決に取り組んで欲しい。


05. 2011年3月26日 22:21:24: Gn4hp0NK0k
まずは拍手。

そして同じく専門家(特に大学や大学院教授で原子力工学系の方)に対しての注文。

 @ 1〜3号炉について、再臨界(継続的核反応だけでなく、瞬時も含む)の可能性の有無検討。水の有無・燃料の状態・制御棒の状態・ほう酸の注入量・食塩の存在(多分融点降下とその結果の比重差による燃料の炉底部への集積)などを変数として検討。

 A 再臨界の可能性があれば、その対策の検討(ほう酸再注入?)

 B 今後見込まれる崩壊熱の除去のために必要な水の量(潜熱まで利用する場合--つまり反応炉から直接あるいは格納容器経由で蒸気を大気放出と、顕熱だけ利用する場合--つまり反応炉から熱水を海上放出)

 C 水による冷却なして崩壊熱と自然放熱がバランスするのは何時頃になるのか

 D 反応炉が燃料メルトダウンにより底抜けしたことを想定して、水蒸気爆発の規模を最小に抑える方法(格納容器の水抜き?など)

 E 覆水系統がどうしても復旧できない場合に、上記その他考えられるすべてのことを考慮したうえで、どのタイミングでどういう選択をするのが一番環境影響が小さいのか。

 そういうような観点での検討を、ぜひ早急にやって頂きたい。(ほうれんそうとかX線撮影とかの放射線レベルの床屋談義は、もう結構です。)

 


06. 2011年3月26日 22:31:34: ekGvPV9ZKI
この武田邦彦という人は地球温暖化の宣伝に懐疑的なことで知られる。
温暖化ではなぜウソがまかりとおるのかのシリーズでの内容は話題になった。
実際、二酸化炭素の害で健康に被害をこうむった人は世界のどこにもいない。
宣伝の3点セットはツバルの水没、北極ぐまの生息数現象、ゲリラ豪雨といったところだった。

これに対して原発推進派の学者はそろって原子力はクリーンなエネルギーとか宣伝してきた。さも環境にいいようなポーズをとって。
そのくせオール電化は環境にやさしいなどと電力消費の増大につながることを推奨してきた。その人間の立ち位置で見解は決まるわけだ。

よく調べ考え自分の頭で判断しよう。この国のマスコミはウソばかりだということを前提にするとよい。



07. 2011年3月26日 23:22:40: FmB0JlnSpg
核燃料の破損、進行か…汚染水から放射性物質
読売新聞 3月26日(土)20時37分配信


拡大写真
読売新聞

 東京電力福島第一原子力発電所の放水口付近で採取した海水から、高濃度の放射性ヨウ素131が検出された問題で、東電や経済産業省原子力安全・保安院、専門家は26日、汚染水が原子炉につながる配管などから海に放出されたという見方を強めた。

 汚染水からは、燃料が核分裂した際に生成する多種類の放射性物質が検出され、燃料破損が進んでいる可能性を示している。大気中の放射線量に大きな変化はなく、浮遊する放射性物質が降下して海に溶け込んだことが原因とは考えにくい。

 この海水は福島第一原発1〜4号機の放水口から南へ約330メートルの場所で採取された。検出された放射性ヨウ素131の濃度は1ミリ・リットル当たり50ベクレルで、原子炉等規制法で定める濃度基準の約1250倍だった。

 海水が高濃度の放射性物質で汚染された原因について、原発周辺で大気中の放射線量が急増した事実はなく、浮遊している放射性物質を落とす雨も降っていないことから、東電は26日の記者会見で「原子炉につながる配管から汚染水が流れ出した可能性がある」と説明した。 .最終更新:3月26日(土)22時51分

この話題に関するブログ 5件
主なニュースサイトで 原子力安全・保安院 の記事を読むPRブログパーツ
コンピュータトピックス
安否情報 被災者からの声
ドコモ重要地域の復旧に1か月
震災支援のオークション続々
義援金チェーンメールに注意NEW


08. 2011年3月27日 02:15:53: gJKpvzvGRs
03さま、10年後は云った方はあの世です、小沢問題と同じで誰も責任は取りません、例え訴訟出来たとしても費用、時間が必要です、偏向報道に気をつけましょう。

09. 2011年3月27日 04:22:12: Ee4WqV7MYE
御用学者を出演させているのは、マスゴミです。
毎日、テレビに向かって怒鳴っています。
アナウンサー達も酷いです。
計画停電の一つとして、テレビ放送を止めたら。

10. 2011年3月27日 07:58:28: lDpUigZqrc
國際原子力機関など信用できる組織や核科学専門家の発言なら別だが、日本の悪党たち「官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力。など」の悪のトライアングルの手先のような曲学阿世の日本の御用「核」専門家のインチキな安全意見は世論対策のための情報操作だ。武田さんの意見が正論だ。許容数値を根拠もなく変更している、おれおれ詐欺のような政府系の関係者のやり方を激しく非難したい。

11. 2011年3月27日 09:26:30: JFtDWuXzo6
10さんのご指摘の通りです。
カレル・ヴァン・ウォルフレン氏がその著書「誰が小沢一郎を殺すのか?」の中で明確にそれを指摘しています。
「権力システムが法を支配する国」という項の中でー東大法学部の教授陣はいまだに法律を官僚が統治に利用する手段にすぎないととらえている。そして彼らはそうした視点に立って、学生に教え続けているのである。ー中略ー また日本の官僚達の間では、自分の目的を達成するために、法律の中から適切なものを選び出すという習慣が長いこと続いてきた。そして自分達の計画が法律の文言に抵触しかねない場合は、実に巧に新しい解釈を考え出す。−
自分達の都合に併せて許容値も勝手に変えること、政治資金規正法の適用を恣意的に行うのも全く同根なのです。
主権在民に反する官僚支配を打破する為に小沢氏が内閣法制局の廃止を主張するのは当然のことなのです。

12. 2011年3月27日 10:33:26: J0o6rialnc
>03. 2011年3月26日 22:12:36: QU3zdx5joc さん
>5年後、10年後にガン患者が爆発的に増えたらマスメディアや御用学者を
>訴えれば良いのです。

残念ながら、もし十年後、15年後甲状腺がんになったとしてもその因果関係は証明する事は出来ないと思います。
ただ死に損です。
今は僅かでも、そのリスクを減らす為に各自さまざまに努力して少しでも癌に当たる確率を下げるしか方法は無いと思います。

例えばフロは喚起を控える為に、毎日最後に入って、モップで壁や天井など全てふき取りドアを開け放して、湯気は換気扇で5分ほどにしています。

毎日は大変ですが、リスクを下げると言う事は、大変な努力が要ります。
でもその努力をするとしないとでは確率の問題でこれから寿命に大きく差が出てくると思うのですがどうでしょう。


13. 2011年3月27日 10:42:48: tHih7sAEdg
 12さん
>残念ながら、もし十年後、15年後甲状腺がんになったとしてもその因果関係は証明する事は出来ないと思います。
ただ死に損です。
今は僅かでも、そのリスクを減らす為に各自さまざまに努力して少しでも癌に当たる確率を下げるしか方法は無いと思います。

 同意です、因果関係の証明もさることながら、発言した御用学者野の方は、日本にいるか(海外逃亡)あるいは、あの世。

 悪だくみは上手く隠す仕組みが出来上がっています。


14. 2011年3月27日 11:12:59: 8uPP7EDcoM
環境問題も原発問題もすべて
「利権」
武士道を忘れた腐った人達が
この日本を食いつぶして行く。

武田先生はこの日本にわずかに残された良心かと。
先生のブログは(原発事故の解説と各個人の対処方法)は
素人にもわかりやすい。

「心」を感じます。


15. 2011年3月27日 12:13:47: SL85hfx9gs
東京だと水道の水を毎日1リットル飲んだだけで基準値の1年1ミリクロシーベルトになります。
炊飯や干しうどん・パスタの茹で水、その他料理などに使用する分を加えると
倍近くになるでしょう。

さらに外部からも自然放射線に年間1.5ミリ、健康診断などの医療被曝、
航空機での宇宙線被爆などを加えたら・・・

内部被爆と外部被爆を合算した計算式による基準値がわからないので不安だ。


16. 2011年3月27日 14:26:36: HFJTKzIDik
>>政府より放射線の専門家の方が「安全だ」ということを強調しているように見えます
>>学問的立場で考えていますので、各々の専門家に各々の考え方がある

専門家を除き、国民は全くの素人です。一日中流される原子力発電所の放射能のニュース。

 一つ提案します。マスコミ各社そして学者先生が発言、報道した内容について、マスコミ別個人別発言を後々フォローできるよう整理してください。事故が落ち着いた段階で、新聞社別、テレビ別個人別発言内容を一覧にすることを切に要求します。
  M・E


17. 2011年3月27日 16:18:28: EJC2n8YpSC
科学者です。
嘘もごまかしも捏造もありません。
政治家、官僚、軍、武士、商人、宗教、密室、機密、密約・・・とは異なります。

科学は、オープンにされた時、科学といいます。
数字も、統計も、実験も、実証も存在します。

科学的精神に一致することです。
政治や・・・ではありません。

昨今、抜けているのは、自然法、自然科学、自然史観・・・です。


18. 2011年3月27日 17:07:51: CGYpmqlT8Y
17の科学者様
私、理解力が足りなくて、、、、、結局、テレビで発言している科学者方は、ただ単に、自然を大局的に理解する事ができないでいる・・・と云う事でしょうか

19. 2011年3月27日 17:17:30: 98PhZpeKuY
東京だけだと最後にご発言されたというのはどいつなのだ?
TVで安全という浅い知識の専門家よ。ならば安全なら東京のど真ん中に原発を造れとなぜ言わない? 地方へ金をぶら下げて生贄にするこの非情なやり方は、中央集権の最も悪い手段である。金さえ貰えるのだから、黙って言うことを聞きなさい、という考えに、地方は中央集権のの奴隷化と言わざるを得ない。
だから地方に裁量を委ねる地方分権が必要なのである。地方の責任において活性化を任せるべきである。地方が独自の色の文化が生まれるのも、中央が干渉しないことが是である。いまこそ地方に任せよう。中央にお伺いをたて、無駄な時間の浪費システムは、無責任人間の排出をしているのである。偉くもない人が、立場を利用して偉そうに振舞う。同じ日本人なのだ。もういい加減にせい。
今回の収拾力も、中央官僚は無能であることを示した。明らかな事実である。目立ちがり屋なアホな政治家も今回、化けの皮が剥がれた。一兵卒として災害地域に出かけ救済活動に汗を流したらどうか。それが政治家の本質だろうか・・
口ばかりの寺田何某とやらは、無能力なおぼっちゃん芸を見せただけである。情けない。

20. 2011年3月27日 17:24:10: FHVyh15Kso
原発事故だと、どうしても、スリーマイル島、チェルノブイリ、という順番になってしまうけど、

佐野元春の「警告どおり 計画どおり」という歌に出てくる「ウィンズケール」の事故にも注目すべきだ。

チェルノブイリの周辺には人が住んでいるから
(カツマの婆の言うとおり子供たちの多くが甲状腺の病気を患っている『だけ』だから)
大丈夫、という意見もあるけど、「ウィンズケール事故」後の状況も考えるべきだろう。


21. 2011年3月27日 17:49:18: 2cIUw2Wa0Y
素人が10年先20年先に癌になるか、ならないかなんて事を
あ〜だこ〜だと議論したって何にもならん
くだらん心配のほうが体に悪いわ
10年後の医学もさらに遥かに進歩する
癌なんてそんなに恐れる事はない

22. 2011年3月27日 17:57:29: DDINpTQGI2
>21
そういうやつに限って真っ先に逃げ出すものさw

23. 2011年3月27日 18:13:17: HalrJpixX2
被災者は 今日から  カン を 頼らず 相手せず 耳を かしません。

カンとは 
管直人、官僚、勘で行動する人、感情起伏激しい人、癇癪持ち、奸者等全て。

自主独立で岩手 宮城 福島 茨城は自主政府で行く

頼りません、上記のカンの官たちには心もなく、情も無く、知も無く 頼れない。

被災者は孤独でも人間の心がある、負けないぞ、頑張るぞ、

明日は自分らの手で築くのだ!


24. 2011年3月27日 18:34:12: FfpzhXhxCY
想定外。未曾有。レントゲンを受ける量より少ない。ただちに人体に影響を与えるものではありません。やはり、編集されたテレビは問題だ。視聴者との会話のできるメデアが主体になるべきた。地上波テレビの整理が必要。それにNHKも質をあげよ。
しかし、政治家の声が聞こえないのはなぜか? 何十年も福島県民の期待のもとに国会議員を務めたきた渡部恒三氏は、何か県民に謝罪することはないのか? 彼は政局だけの男だったのか。

25. 2011年3月27日 19:13:57: ZEdbDzG1mw
100ミリシーベルト以下が安全だというデータは存在しないんだよね。
第一、そんなに大量のデータがあるわけがない。
どうやって、いつ、誰が、人体実験をやったんだ?

100ミリシーベルト以下に境界線があるというデータもない。

100ミリシーベルトに安全と不安全の境目があると言ってるけど、下の本では、カイ二乗検定で、統計処理すれば、それはしきい値ではないと言っている。
データが少なくて、たまたま、そう見えるだけだと言っているよ。

今日も、放射線医が出てきて、多少の放射線は浴びた方が健康になる(ホルミシス効果と言うんだそうだが)と言っていたがデータがない。口先だけ。
私も30年間浴びている。と言っていたが、データとして、きちっと示してください。口先だけなら何とでも言える。
とにかく、この人達が言うのは、根拠がないんだよね。
みんなが言っている。というだけなんだよね。

たしかに、100ミリシーベルト以上では、ガンの発生率が上がっているというデータは、下の本にもある。
しかし、100ミリシーベルト以下では、ガンの発生率がゼロだと言うにはデータが少なすぎる。

被曝量に比例して、ガンの発生率が増えていく。の方が正しい認識だろうと言っているよ。

結局、下の本でも、うそか本当かわからない。
断定はできない。と言う結論だ。
自分自身で判断してください。ということだ。

トンデモ科学の見破りかた -もしかしたら本当かもしれない9つの奇説 [単行本]
ロバート・アーリック (著) 垂水 雄二 他 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A2%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%81%AE%E8%A6%8B%E7%A0%B4%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%81%9F-%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%8B%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%849%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%AA%AC-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4794212828


26. 2011年3月27日 19:49:03: xWpR8UvUxw
専門家から、やっとマトモな見解が示され納得しました。
多少でも放射性同位元素でラベルした薬物を扱った者として、『御用学者』と称される方々が、外部被曝と内部被曝を意図的に混同して説明することに腹立たしさを感じて居ました。ましてや、この時機に基準値を上げるなどの暴挙は、安全地帯に逃げ込んだ卑怯な輩だから出来ることで、文字通り、命を懸けて防禦作業に取り組んで下さっている方々の人権を無視する行為であり、絶対に許せない!
基準値を、昔は許容線量と言ったと記憶して居り、『許容線量』とは『諦め線量』であり『安全線量』ではないと教育された。
『諦め線量』なら、当然、年齢によって違い、現状の放射能汚染は、我々年金生活者層では『許容線量』範囲内であるが、乳幼児では『許容線量』以上と感じている。

27. 2011年3月27日 20:21:14: GafitCpkoQ
都内は放射能のホットスポットが形成されているのではないかと思うんですがね。
各種の数値を見ると、東京の値が高い。

反原発の人達も含めて、意外と東京の人はのん気ではないか、と思いますよ。
個人的には、当分関東平野に足を踏み入れたくないレベルかと。
しかも、更なる汚染が来る可能性も高い。


28. 2011年3月27日 20:21:39: v9J3BIEIFc
11さんにフォローします。

■法令は官僚がどんどん作れるのです。

法令の構成は概略次のようになっていると考えます。
(専門の方、間違いがありましたらご指摘願います)

@法律
 ↓
A制令
 ↓
B省令

この中で国会の議決で制定されるのは@だけです。
Aは内閣によって制定される命令です。
Bは各省大臣が発する命令です。

国会で議論されるのは@だけで、ABは内閣、各省で自由に作られる。
菅政権のように官僚のいいなり内閣の場合は、A、Bはほとんど官僚が思い通りに作れるのです。

そして@法律は基本的なことを決めるもので、ほとんどの具体的な内容はABで決められるケースが多い。

即ち、法律は官僚が自由自在に作っていると考えていい。

劣化した自民党政権、それを上回る従米・従官の菅政権の下では米国の意向と官僚のやりほうだいなのです。

従って、急に基準量を変えるなど姑息な手段も官僚が決めて、バカ大臣がハンコを押せば1日で決まっちゃう。

恐ろしい社会だってことです。


29. 2011年3月27日 20:45:40: knj5g5tths
☆反原発掲示板からです。

世界最高レベルの甲状腺がんの医師としてチェルノブイリ被ばくの子ども達を手術してきた、
現松本市長(長野県)の会見。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
会見の要約
今回のほうれん草の場合、それを要するに食べてもいいかって言われたら、できるだけ口にしないほうがいい
現地行った者としては、本当に言いたいのは子ども達やあるいは妊産婦、胎児の命を守るという意味でいったら5年とか10年、チェルノブイリでもって甲状腺がんの子どもが増えたのが5年後なんですよね。
 5年後から出てきているんですよね急激に。そしてその事故前の時の子どもの発症率というのは100万人に1人か2人でこれはチェルノブイリのとこも同じなんですよ。
 それが汚染地になるとそれが100倍になったり、ひどい時には130倍ですね、ゴメリ市なんか。

 だから将来のことを考えれば、これは本当に申し訳ないけれど、作っている方々に。風評ではなくて事実として、今の時期は食も少しひかえてもらうということ、そのためにも早くに放射性ヨードをやらないと、もう入ってしまったら終わりなのです。
みんな今政府においては後手後手ですよね。
 避難している人たちも放射性ヨードっていうけれど、もう避難しているわけですから、避難中に被爆して入ってしまえばいくら後でやっても遅いのです。
 そういう事がちっともわかっていないってことが、きわめて残念だってことを申し上げたいですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

松本市HP 動画・テキスト版アリ
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/aramasi/sityo/kaiken/teirei20110322/index.html

ニコ動
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13936110?mypage_nicorepo

プロジェクトX 挑戦者たち 菅谷昭 チェルノブイリの傷 奇跡のメス
http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk&feature=related

 本物の見識者、是非各サイトご覧なってください。
下らない御用学者なんか足元にも及ばない。実戦での苦労本当に素晴らしいです。


30. 2011年3月27日 20:57:27: v9J3BIEIFc
28
A制令→A政令 です。

●プルサーマル計画の現状

福島第一原発の3号機は米国が推進するプルサーマル計画に基づいてできています。事故時には1、2号機より更に深刻な影響を及ぼすと考えられています。

現在プルサーマルを推進しているのはフランスだけと言っていい。
プルサーマル計画を世界中に押しつけている米国自身がほとんどやっていないのである。

−−−−−−−−−Wikipediaより引用します

ヨーロッパでのプルサーマルの実績は長く、1963年に開始したベルギーを始めとして、イタリアやドイツでは1960年代からの経験がある。また、オランダやスウェーデンでも行われたことがある。ただしドイツ・スイス・ベルギーでは抽出済みのプルトニウム在庫を燃やしたらプルサーマルは終了とされており、今後も再処理を行ってプルトニウムを抽出し、積極的にプルサーマルを続けようとしているのはフランスだけとなっている。

アメリカ合衆国では1960年代にプルサーマルが始められたが、20年間ほど中断が続いた。その後、2005年6月から、カトーバ1号機でMOX燃料の試験運転が開始され、同年10月には、エネルギー省所有のサバンナリバーサイトで、解体核用のMOX燃料加工工場の建設が開始された。また、同年11月には、これとは別に使用済燃料再処理・MOX加工・廃液ガラス固化・中間貯蔵を目的とした複合リサイクル施設建設の予算が議会を通過、承認された。こちらは2007年までに建設場所を選定し、2010年までに着工する予定となっている。

−−−−−−−引用終わり

●プルサーマル計画は『3発目の原爆』である。

米国でさえうやっていないプルサーマル。
唯一プルサーマル推進のフランス。

米国、フランスいずれも広大な国土を持ちリスクの高いプルサーマルをなんとかやれそうだが、狭い国土で地震の多い日本でやるのは常軌を逸しているといわざるを得ない。

プルサーマル計画を日本で展開するために、例えば原発安全面を問題視した福島県前知事佐藤栄佐久氏が検察の冤罪で知事の任を追われ、渡部恒三の甥っ子の佐藤雄平前知事を据えて計画を強行した。

米国と官僚と政治と闇が一緒になって強行したのである。

米国は日本でウラン(広島)とプルトニウム(長崎)の2種類の原爆の実証実験をし膨大なデータを得て、冷戦時代の核配備計画の基礎データを整備した。

プルサーマル計画は、プルトニウムを利用したリスクの高い原発の実証実験を日本にやらせるための計画だったのである。

米国にとって黄色人種はモルモットにしか見えないのである。

●そして今、米国のトモダチ作戦

今回の大震災で米国のトモダチ作戦が展開されている。

米国民の為に命を捨てて協力してくれる尊いトモダチ日本人。

米国のいいなりになって指令に従ってくれる政権、官僚、マスゴミはなにものにも代え難いトモダチだ。


31. 2011年3月27日 21:07:56: i4nkUUF11Q
今日は新宿で買い物をしてきました。


こんな 非常事態に のんきに日常生活を送る 自分たちを
まるで【ドラゴンヘッド】みたいだな と思いながら。

※ラスト/東京で生き残った人々の非常用食料(缶)には暴動対策(薬配合)が施されていた。人々が恐怖を感じない状態になっていた。



32. 2011年3月27日 22:29:02: tusbS2JAME
東東北巨大災害にしろ福島原発重大事故にせよ、菅内閣の対応は違和感だらけ、初動救済がなっていない。
この内閣を持ってしまった国民は、今最大の不幸を味わっているのである。

寒さと空腹に震えているのに、18日間も完全救済されずのまま、福島原発重大事故は、無為無策のまま最悪方向へ推移中、これでも菅内閣の支持率30%とは?。

北海道と九州にしか住めなくなることを前提に、福島原発処理廃炉に国際社会の協力を得よ。
東京が大丈夫と思っているとしたら、お目出たすぎる。

菅内閣の総辞職、小沢内閣へ替えて、この危機を乗り切れ、顔の見えない菅首相、
この最大不幸を終わらせよう。


33. 2011年3月27日 22:31:13: 5T6ChCb4hg
もし輸入食品に少しでも放射能検出すればすぐにでも廃棄になる。
マイクロシーベルトで扱うのは密封された状態でのこと。
昨今、体内に簡単に入る水道から放射能が検出されたベクレルで扱うが
ガンマー線核種のヨードが注目されているがプルトニウム、トリチウム、カーボン14、セシウム等々が予想される。この合算で人体に影響してくる。
ヨードだけ言われても理解に苦しむ。
体内被曝で日本では長崎、広島のデーターがあるが1つ上げると子孫まで影響する。生命は化学反応の塊でありこれに内部から強力な電磁波、放射線、を当てると
大きな弊害をもたらす。1ベクレルは1秒間に1回多数の細胞や化学反応を邪魔する。これが生命活動の一生についてくる。これはかなりのハンデーで数が多いと病気になる確率は上がる。本来ならガン全般、白内障、等々にならない人もこのリスクが間違いなくオンされる。
生命の本質を完全に理解してない現代科学で非常に狭義の理解しか出来ない専門家が果たして安全と言い切れるか。常識のある科学者は証明されてない限り安易には発言しないものである。発言すると言うことは悪意か既得権益者か既得権益を得るかである。また1民間企業がもたらす最大級の自由と人命の脅威に対して訴訟が起きないのは不思議である。東電はつぶれ日立、東芝等々の技術力に裏打ちする企業が新しい電力会社として群雄割拠(自由競争)すべきである。価格面でもこれが国民益になる。

34. 2011年3月27日 22:56:44: DCHDReL3A2
原子力工学の学科がある大学は、全国に

東大、東工大、京大、阪大、名大、北大、九大、東北大にあるそうです。

そのうちの、ほとんどの大学教授が、政府の御用学者のようです。

御用学者でない科学者は、京大の7人と北大の1人だそうです。

そのためかどうかわかりませんが、京大の7人の学者は、定年まで出世できないそうです。

御用学者になって産学協同研究すれば研究費も豊富になるし、懐も豊かになるし。

出世もできる。待遇もいい。

ようは、真面目に真理を追求すると、出世できないのが日本です。



35. jean 2011年3月27日 23:32:18: Qa91lxbbxeraw : aY26b3tFKQ
http://itgiken1.blog25.fc2.com/?mode=m&no=133

原発の隠蔽体質


京大の熊取の原子炉実験所に熊取6人衆がいる、というよりいた。
3人がすでに退官したリ1人が病(癌)で倒れて今は2名が残るだけである。

原子力の研究員ながら原発の不条理に目覚め、原発建設に反対し、国の原子力行政に反抗し、反対派の知識の拠り所となり各地の反対の裁判で賛成派の御用学者論破した。

お陰で彼らは昇進せず、生涯助手の身のままである、タダ幸いにして京大にいたお陰で職を失うことは無かった。

しかし国の原子力関連の学術予算は3500億と言われ、国の原子力行政への批判は研究費がつかぬこととなる故、原子力関連の研究者、すなわち御用学者は絶対国の原子力行政を批判することが出来無いわけである。

其れを理解してTVの専門家といわれる御用学者の説明聞いてみると、国民のためと言うより、自分の身の為に話している事がよく分る。

今回の原発事故、彼らの過去の指摘の正しい事を残念ながら証明することになった。
実は彼らの活躍が無ければこの南紀の海に面した日高に原発が作られていたと言うことで、今心より熊取6人衆に感謝したい。


http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719#


なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜49:50 - 2 years ago
大阪府熊取町にある京都大学原子炉実験所。ここに脱原発の立場から活動を続けている”異端”の研究者たちがいる。原子力はわが国の総発電電力量の3割を供給するまでになったが、反面、去年の中越沖地震で柏崎刈羽原発が「想定」を上回る激しい揺れで被災するなど、技術的な課題を完全には克服出来ていない。番組では、国策である原子力推進に異を唱え、原子力の抱えるリスクについて長年、警告を発し続けてきた彼らの姿を追う。その言葉はエネルギーの大量消費を享受する私たち国民一人ひとりへの問いかけでもある。
大阪府熊取町にある京都大学原子炉実験所。ここに脱原発の立場から活動を続けている”異端”の研究...all » 大阪府熊取町にある京都大学原子炉実験所。ここに脱原発の立場から活動を続けている”異端”の研究者たちがいる。原子力はわが国の総発電電力量の3割を供給するまでになったが、反面、去年の中越沖地震で柏崎刈羽原発が「想定」を上回る激しい揺れで被災するなど、技術的な課題を完全には克服出来ていない。番組では、国策である原子力推進に異を唱え、原子力の抱えるリスクについて長年、警告を発し続けてきた彼らの姿を追う。その言葉はエネルギーの大量消費を享受する私たち国民一人ひとりへの問いかけでもある。«


36. 2011年3月27日 23:54:54: GuJwTRtnMM
テレビを見ていて気持ち悪くなります。
安全安全
「ただちに健康に被害はない」
基準が厳しすぎる。
こういうことを言い続けている人が専門家というだけで心寒くなります。
どこからどのような危険性があるのか,広島では,長崎では,スリーマイルでは、チェルノブイリではどうだったのか。
基準の1250倍海水で薄まるから、避難地域で漁をしていないから大丈夫。全く科学的でない発言は占いと同じではないか。21世紀の科学者としての力もあたまもないようなひとたちばかりなのか?
29億ベクレルと聞いてびっくりしたが,1ccあたりと聞いて1000倍することを知った。原子炉本体の冷却水の1000万倍の濃度と聞いて,普通の人は平然としていられるのか??
原子炉内にいるより1000万倍危険なのではないか。
東電の無責任さにあきれる。

37. 2011年3月28日 00:01:06: fCZ83cf8p2
武田先生は国民の健康、命を第一に考えてモノを言ってくれる数少ない
学者だ。 ガンの放射線治療でマスコミにもよく出ている中川氏などは
何の心配もない、という論調で寧ろ仕事柄そう言う筈だよね、と思惑が
見えてしまい逆効果なんじゃと思ってしまう。松准とみんなが呼んでる
先生もブッ飛びで、全く心配ないと言っている。チョット国民バカに
してるんじゃ、というくらいの政府の太鼓持ちぶりである。今回のことで
まともなことを言う学者は異端にされたり、危険思想の持ち主ということ
にでも仲間内でされるんだなと思った。何のツッコミもない記者と並んで
今の日本の不健全さを毎日のように垣間見せられている。

38. 50のおじん 2011年3月28日 01:29:45: bo4eR3JZr3tUg : ZnTfUpwDhE

>>03
>>12

損害賠償の根拠となる法律的な因果関係ならば証明することは可能である。但し、東電は兎も角、御用学者や彼らにコメントさせたに過ぎないマスコミを相手取ることはできないだろう。

御用学者は、「自然状態で100人中50人が癌になるが、原発の放射性物質の影響で癌になるのは100人中1人に過ぎない。被曝したその他何万もの人々にはそれが原因の癌は見られない。だから、人々の健康への影響は殆どないと言って良い。」と主張する。即ち、原発の放射性物質の影響で癌になる人は運が悪いだけであって、大半の人々に被曝による癌が発生していない以上、リスクは無視して良いレベルだと言っているのである。これでは、彼ら御用学者が嘘を言っているとは言えないだろう。50人が51人になるだけで、顕著な有意差はないからである。

但し、100人中50人が癌になるのは、85歳を超えた人を含めた場合であって、被曝による癌が若年層で発生するであろうことを考えれば、数字のマジック、一種の誤魔化しと言うべきである。

50人が51人になることを大差ないと考えれば、御用学者のような言葉になり、1人でも増えることを重大だと考えれば、武田邦彦教授や小出裕章助教のような言葉となるのだろう。どちらの側も同じことについて言っているのだが、立場の違いが言動の差となって表われているのである。


39. 2011年3月28日 01:42:06: ethNHERqUg
(最近よくTVに出てくるトホホな身内達・・)
中川准教授・・・東大病院放射線科出身ですが、今は緩和ケア(末期がん患者の心のケア)が専門。
 NHKでQ&Aに出ていましたが、片っ端から「安全です」と即答していました。そのQの中に、
 「甲状腺機能亢進症なのですが、より危険ということはないのか?」という質問があったけど、
 中川さん「安全です」と即答。→あんた内分泌の専門家だっけ???ヨウ素131の代謝をご存知?
前川前教授・・・東大病院救急部前部長で、東海村の急性被曝患者を治療(重症火傷と同じ)した経験だけ。

昨日はNHKに放影研のトップが登場。放射線の晩発性障害の専門家がとうとうTVに出てきました。
福島第一原発の深刻さを物語っています。


40. 2011年3月28日 01:59:57: DCHDReL3A2
>>35
素晴らしい志の人たちでした。
しかし6人のうち、2人になってしまい。
若い研究者はいないようなので、
最後の2人が引退したら、京大ももう終わりでしょう。

カンニング事件で警察のような思想をみせてくれた京大総長。
こういう人でないと総長にはなれないのでしょう。
官僚のような人が、今後はどんどん学長になっていく。

古き良き昔の反体制の京大の面影もなくなっていくのでしょう。
将来は、完全に京大はミニ東大のような御用学者そろいの大学になるのではないでしょうかね。
それに、独立行政法人になってから、運営費とか科研費とかの予算配分は、文科省のご機嫌次第で増減されるようです。

それこそ私立大学になれば、競争が激しくなり、少しでも多くの予算ほしさに
もっと政府のいいなりになるのではないでしょうか

そういえば、ノーベル賞ももらった人たちは、その権威で、一言、政府にびしっといえばいいのですが、野依とかえらそうにしている教授は一体どこに雲隠れしたのでしょうか?あとの人たちも結局は御用学者なんでしょうね。


41. 悩みつつコメントする者 2011年3月28日 02:17:18: dAeytjaNnemPs : fd28LlamZk
 http://takedanet.com/2011/03/post_aea1.htmlの武田さん,原発黎明期から50年,ご苦労様です。であれば,ICRP委員の吉澤先生が放射線被ばくに閾線量があることを認めろと業界から圧力を受けたこともご存じですよね。屈されなかったものの,それ以降も,放射線被ばくによる危険/安全の議論と,放射線被ばくを防止する対策の議論は,会議が開かれるために混乱し明確に区分されることなく,自分が得意とする分野からの発言に基づいて,会議は進められ,現在の安全規制に至ったのでしょう。
 『放射線の専門家に 自重を求める』て当然でしょう。
 彼らは,今の発電量で,今年の夏をどのように乗り切るかの想像にも口をつぐんでいるのですから。福島第二は稼働させないのですか?福島第一5号6号もなくして,夏場を過ごせるのですか?

 放射線の専門家ならば,ご理解の上でしょう。
 本来は,放射線・放射性物質からの被ばくに対する安全性あるいはその行為(専門用語で,社会に便益を供する活動)の潜在的危険性を踏まえ,平常時運転における被ばく管理と原子力災害が生じた時の危機管理を切り分けて同じ熱心さで論じるべきであったのに。運転中の原子炉の安全規制をいかに厳しくするかそれを如何に遵守するか傾注し,『"普通のプラントならば当然点検していたことを後回しにしたツケ』",『歴史津波の巨大さが判明した後も,原子炉建屋内の耐震補強のみを長々と論じ,非常時の命綱である非常用発電システムに目を向けなかったツケ』。これらは50年間の議論の積み重ねですね。
 その結果が,美浜の蒸気配管破損による火傷死亡,複数容器分の高濃縮度燃料をを一つの容器に入れてしまった中性子被ばく死亡事故,さらに燃料が流され非常用発電装置が起動しなかったというコノ大災害!に結実したのでしょう。
 そして,この事態を説明するために動員された,【50年の議論を踏まえた原子炉発電を取り巻く諸先生方の登場】となり,原子炉工学の専門家は放射線安全に係る国の対応に口をつぐみ,放射線医学の専門家は安全だと言いつつも,今のところは・今後の推移を見守りと不安を募らせる。素人のタダの官房長官が『直ちに影響はない』というのと,変わりないです。今は,この危機を直視して,地震・津波に心身ともに打ちのめされた方々を,せめて原子力災害という人災から,如何に過度な負担を強いることなく救うか?!に傾注すべきでしょう。
 枝野官房長官が70年預託線量を理解していて,今50歳の壮年はおろか,70歳や80歳の老人は,放射線の影響が出る頃には死んでいるから,影響がないと意識して言っているならば,それは大してものですが。マスコミに登場する専門家の皆さんが口をつぐんでいること,すなわち既に事態は『計画された被ばく状況』ではなく,『原子炉とその周辺では緊急時の被ばく状況』に移っており,原子炉の周囲以遠では東京も含めて,『現存する被ばく状況』に事態は移っているのですから。
 とうとう国際放射線防護委員会(ICRP)は日本を名指しして,緊急時の状況である原子炉を取り巻く環境における現在の状況が介入を基本とする安全対策を必要とする状況であることを提言しました。例えば,朝日新聞3月27日朝刊第2面。
 
 まさに,このような被ばく状況のカテゴライズが変化したことを理解できない『放射線の専門家に(は発言の)自重を求める』べきでしょう。
 なお,専門家とマスコミが情報を伝えるに当たっての乖離に関しては,宇井忠英編「火山噴火と災害」東大出版会に整理してあります。また,火山災害に対してではありますが,災害に備える学者/行政/住民の努力が述べられています。今となっては間に合いませんが,復興期には参考になると思います。

 ああ,また,悩みつつもいらんことを書いてしまった。自重しきり。


42. 悩みつつコメントする者 2011年3月28日 02:23:09: dAeytjaNnemPs : fd28LlamZk
あっ,拍手してしまった。慣れないもので。一つ消しといてください。

43. 2011年3月28日 02:42:15: IGWzqrDXns
未だに、原発推進の武田氏なので、ずさん・無責任の安全管理を指摘している方なので拍手しないよ。
アメリカの言いなりで原発推進のザマがこの「日本沈没」
ここで火力・風力に舵をきらないって言ったらバカ民族丸出し。
あの哀れなインディアンと同じ末路。
もう半分同化してる。

44. 2011年3月28日 02:44:29: kkrP87Fcrs
>>36
それは死の海ですね。青白くチェレンコフ光を発光します。
魚は明かりに引き寄せられます。世界初の大型海洋汚染の心配があるのと
炉心の残渣等の漏れが確定しました。循環冷却の循環水のロスが大きく汚染拡大になります。放射能の漏れはチェルノの10オーダー倍で流れ出るかすでに過去形と思われます。
対策は思いつきませんが大きな危険が伴う作業になると思います。
1次水と2次水が混ざっているか炉心からダイレクトにもれているか?
いずれにしても海洋建築の専門家の参加が急務。

45. 2011年3月28日 06:30:39: ClXY0afy7M
放射線の健康被害の評価は難しいよ

武田先生の言っているのは、昨日東京以外で放送された「そこまで言って委員会」での中村仁信(彩都友紘会病院院長)のおっしゃっている事と思われます。
ざっくり言うと
「放射線は体にいい」
「100mSvくらいまでは体に良い」
という事を言っていました。

 誤解があるといけないのは、この先生は「体に影響が無い」とは言っていない事。
 ざっくり解説すると、放射線の体内への影響というのは放射線により体内の水分子が壊れて出来る活性酸素によるもので、これは適量であれば良い面も多分にある(直接DNAを傷つけるよりも、活性酸素による損傷の方がずっと大きい)
 
 ちょっと昔読んだ論文であまりはっきりと覚えて無くて申し訳ないんだけど、イギリスの統計で、日常的に放射線を浴びている放射線科医とその他の医師及び一般人を比較した結果、癌になる確率は統計的優位にかなりの割合で放射線科医が高くなっていた。
 ただし、その他の病気等にかかる確率がやはり統計的優位に下がっており、結果的に平均寿命は放射線科医の方が長いと言うモノ。
 (どっかググレば出てくるかも)

 「放射線は体にイイ」は・・・・ まぁ ウソじゃないけど「放射線を浴びると癌になる」も正しい。


46. 2011年3月28日 08:28:13: IzcAoLcGqQ
政府に許認可権を握られている放送業界は既得の放送免許を守るために御用学者を集めて安全安心プロパガンダに夢中のように見えます。御用学者のみなさんもご自分の「お孫さん」を守るつもりで誠意をもって安全基準を語ってもらいたい。
もう一言、「記者クラブ」連中の腰抜け質問にあきれるばかりです。

47. 2011年3月28日 09:34:23: ZgzAgknRSY
太平洋戦争における大本営発表とナニが違うというのか。

この国はマスメディアの腐敗と堕落によって再び破滅するのか。

出でよ、救国メディア!


48. 2011年3月28日 09:54:51: cLtrKFH4jU
あまり報道されてないのですが、東京都が計測データを公表していることを知りました。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/whats-new/measurement.html
ヨウ素131に関して言うと、15日10時に毎秒241Bq/m3と異常な値が出ており、その前後も高くなっています。
その数時間乳児、小児が外にいたという事を想像すると、その短期間でも甲状腺ガンになる確率が高くなりますよね。
この数値になった要因は2号機のベンを14日の深夜に開けたためです

49. 2011年3月28日 11:07:25: Brvy1y1lrA
こーなったら精神発達させるしかない。
霊性時代の夜明けってほんとかも。

50. 戦争とはこういう物 2011年3月28日 11:12:42: N0qgFY7SzZrIQ : cc7bPh94OA
いわゆる『ゴヨウ学者』かどうかの基準として,自分は「大丈夫」「絶対」「安全」という発言をするかどうかを見ています。
 高田先生がブログにも書いていると思いますが,放射線について誤解されやすいのは「基準値以下なら安全」という「しきい値」があるような表現がなされること。
 放射線は粒子性もある「量子」であるため、量が減るほどあたる『確率』は減りますがゼロには成らないはず(これをしきい値無しの仮説と言う)。
 「基準値」はあくまで避難などを呼びかける目安としてのものなので、用途などによりばらばらに成ります。結局は,「たばこ」や「農薬」同様個人が自衛するしかなく、そのためには平常値にくらべて「いつもの何倍危険か」といった情報が大切と考えます。
 

51. 2011年3月28日 11:49:40: Cjrjbj5bwc
テレビは未だに原発の仕組み図を出して御用学者に説明させているが、そんな事している場合ではない。安全、安全の垂れ流しはやめて周辺住民や被害が及ぶ可能性のある地域の国民をいかに守るかや原発事故のため見捨てられた被災地域の人達をどう救うかを論じるべきではないか。捜索活動、安否確認も出来ていない地域はこのまま見捨てられたままなのか!根拠もデータも無く無責任な放送をしている場合ではない。
もっと問題意識や問題提起の姿勢や気概が無ければ大きな罪に加担する恐れさえあるのではないか。5年後10年後にこの時マスコミはどう報道したかなんて検証番組をやるのか?

52. 2011年3月28日 13:39:03: 6AWGddT2Ww
ヨウ素134の半減期は1時間、核分裂継続中のサイン、だから保安院はコバルト54に訂正した。
スペクトロメータは厳密なもので間違いようがない。
保安院は改竄して国民を滅ぼすつもりか?
コバルト60など放射化由来核種多く、チェレン光、中性子検出など補完証拠も十分。
間欠臨界核分裂反応が起きている。
ドロドロの高温核燃料はコンクリ底部を突き抜け中でしょうか?


53. 2011年3月28日 14:37:39: Cn7BLSMkmY
小沢さん、何やってんだろう。

もう少し見えるところで頑張ってほしい。

もう力ないんじゃないの?
今更被災地行ったっておそいんじゃない?

管の方が先に岩手入りしてたら最低だったね。


54. 2011年3月28日 15:35:44: FoIUuqEqIM
結局、東京が覆い隠せないぐらい甚大な被害を受けない限り、
ごまかし続けるし、原発見直しも起きない気がする。



55. こねこねこ 2011年3月28日 15:40:30: rq5usMVciKlxA : xUKGE640rw
http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/archives/50607528.html
自然界に存在する「自然放射線」のお話、高自然放射線地域に住む人々
http://www.taishitsu.or.jp/HBG/ko-shizen-3.html
高自然放射線地域における疫学研究

イランのラムサールというところでは10から260mSvもの被ばくをしている人たちがいる
そこに住んでいる人たちは微妙に癌になりやすいようだが(といっても小数点以下の話なので誤差かもしれない)、むしろ結核などにかかる率は不衛生にもかかわらず低かった
ダウン症の発生率もそう大差ない
2.4から10に上がった程度で心配する必要はないと思う


56. 2011年3月28日 16:08:28: sdA5kfXD4A
>>55
上が急遽立ち上げたっぽいネトウヨブログ

下が怪しげな財団


そんなの探して来るなんて、よっぽど暇ですねw


57. 2011年3月28日 16:39:38: SedFiSGPIY
地球創世時からある自然放射線なんか進化の過程で人類は対応済み。
対応できなかった生物は淘汰されただけ。

愚かな人類が生み出した人口放射能物質に人類が対応するには何百年掛かるでしょうか?
生物的に対応するより科学的に対応する方が早いか?

原子炉は閉鎖しても核物質は熱を持ち続けるので、延々と冷却し続けなければならない。
延々と続ける冷却コストは全く勘定できない。
地球上に在る何百基もの原子炉を延々と冷却し続けるなんて全く不可能。

将来、人口放射能物質に生物的に対応した人間はどのような形をしているのでしょうね。



58. 2011年3月28日 17:04:50: r7tigk2mVg
1粒で2度おいしいのがグリコ 発売元 江崎グリコ
1粒で一生被曝するのがプルトニウム(姉妹品ウラン)発売元 東京電力 音楽提供 パナソニック ♪ナノいい〜♫

武田先生曰く、プルトニウムもウランも体内には(異物とみなして)留まらない。だから安心!! ??????????? 先生お願い、御自身の服用結果求む!


59. 2011年3月28日 17:12:23: fFhtmkaiog
植草先生もこのブログを読んで参考にしているみたいですね。
過大でも過少でもなく科学的な話を分かりやすく言ってくれる武田先生は
非常に貴重です。
テレビの御用学者も政府も「直ちに健康を害する事はない。」
という文言の「直ちに」を言わなくなってきたような気がします。

武田先生の言いたい事をB層に説明するときは、
「直ちに」だけど何ヶ月かSたら病気になる可能性もあるという事だよ。
と説明したらいい。

副島先生が原発の周辺の野菜を食べるとか、安全だからとか簡単に言ってるけど
武田先生や植草さんのブログを読んでもらいたい。
今は、物事を過少評価する事も過大評価することもいけない。
被害にあう人が増えるだけだ。


60. 2011年3月28日 17:30:06: SedFiSGPIY
>>59
内部被爆の研究はデータが少なすぎて専門家でも判らない。
でも、チェルノブイリ級汚染の飯舘や相馬は過大評価しないといけない。
ソ連では強制退避させたのに、空き菅は心身喪失で決断も出来ないようだ。

こんな無能アマチュア政党を選んだのは国民。
日本人が滅ぶのは因果応報。
ロシア政府の予想したとおり、日本は軽度の無政府状態に陥るのか?
無政府状態では賢い者だけしか生き残れない。



61. 2011年3月28日 17:45:08: EDK9QTij8g
東京電力福島第1原発の事故で、高濃度の放射性物質が土壌などから確認された
福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えているとの試算を、
京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)がまとめた。

 飯館村は原発から北西約40キロ。今中助教は、原発の状況が分からず被災地各自の
事情もあるとした上で「避難を考えた方がいいレベルの汚染。ヨウ素やセシウム以外の
放射性物質も調べる必要がある」として、飯館村で土壌汚染を調査する方針だ。

 文部科学省の調査で20日に採取した土壌から放射性のヨウ素1キログラム当たり
117万ベクレル、セシウム16万3千ベクレル、雑草からヨウ素254万ベクレル、
セシウム265万ベクレルが確認された。土壌中のセシウムは通常の1600倍以上だった。

 今中助教は、土壌のセシウムで汚染の程度を評価した。汚染土を表面2センチの土と
仮定すると1平方メートル当たり326万ベクレルで、1986年の旧ソ連チェルノブイリ
原発事故で強制移住対象とした148万ベクレルの2倍超、90年にベラルーシが決めた
移住対象レベルの55万5千ベクレルの約6倍だった。

 今中助教は「国は原発周辺の放射性物質を詳細に調べて分析し、ただちにデータを
公開すべきだ」と話している。セシウムは半減期がヨウ素(8日)と比べ30年と長く、
汚染の長期化が懸念されている。

ソース:http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110328000068


62. 2011年3月28日 19:18:16: zRw2kRxq92
阿修羅、純一氏投稿によるタイトル、「非難すべき沈黙(ルモンド紙)」への03.さんのコメント投稿が良かったので紹介します。
03.さん、すみません。

(03. 2011年3月27日  
原子力ロビー者達はひたすら「犯人探しをしている場合ではない」とか「みんなで支援を」「一人一人にできること」等々のキャンペーンにより自らに矛先が向くのを避けている。戦争責任の一億総懺悔と同じことだ。その企みを許さず、どこまで原子力ロビーの責任を明らかにし……)

 

 


63. 2011年3月28日 20:17:50: vCBpHr2U9Y
福島市では、16日から18日まで、170ベクレル程度の値が検出されていた(地元の新聞でも報道、インターネットでもすぐ検索できます)にもかかわらず、安全だとして、何ら対策を取りませんでした。その結果、乳児が口にした可能性は否定できません。その後、東京などで騒がれはじめました。この福島市の対応は非常に問題だと思いますが、いかがでしょうか。

64. 2011年3月28日 21:51:42: SedFiSGPIY
>>63
福島市の放射線発言はタブー中のタブーです。
福島市には東北道などの基幹線が通っています。
福島市の実情を暴露されては、復興計画が建てられません。


「プルトニウムの生産工場である再処理工場の工場排水が流れ込むコロンビア川  で、科学者がこの中の放射能を測定した。
 川の水の放射能を基準として一とすると、プランクトンでは2000倍に濃縮さ れ、プランクトンを食べる魚では1万5000倍になっていた。
 この魚を食べるアヒルではなんと4万倍になっていることが分かった。
 放射能は、自然界の食物サイクルで濃縮されるのである。
 さらに水鳥では50万倍、水鳥の卵では100万倍もの濃縮が起こっていた。
 したがって水の中の濃度が、微量であれば丈夫というわけではない。
 生物サイクルによって、どんどん濃縮されていく。」

牛乳・卵に大濃縮という事は、当然胎児にも。
復興需要で金儲けを狙う資本家は、福島市の胎児・子供の命なんて眼中にありません。


65. 2011年3月28日 22:01:00: 7OzoYMG3hk

安全か、危機はまだ続くか、は今後の事態の推移を見守る必要はあると思います。

しかし、楽観視は禁物ですが、われわれには当初危惧されたよりもう少し長い時間的余裕が与えられていると思われます。

ジャーナリスト(?)の副島隆彦氏がとった行動により、「当初危惧された最悪の事態に今すぐ進む可能性は薄まり一定の安心感を得ることができた」ことは、大きな意味があると思います。

原発が危険なことは事実である。
今後は廃止の方向にもっていく必要がある。
今は、復旧作業を見守るしかなく、うまくいくことを祈るのみである。
しかし、風評被害についても考える必要がある。

副島隆彦の学問道場 今日のぼやきから抜粋

http://snsi.jp/tops/kouhou

(抜粋開始)

私は、福島の原発の巨大事故のことでは、19日に、富岡町(とみおかまち、原発から8キロ)の所から、漏れている放射線量は、15マイクロシーベルト毎時(15μSv/h)と非常に低い。従って原発事故はこれ以上の凶悪化はない」と報告した。この考えに今も変化はない。 私の判断に、追随して、全国で、ほっとした人々がたくさんいたようだ。

(中略)

私が、19日に、原発のそばから、「東電が毎日発表している 放射能の数値は正しい」と書いたことで、一番、ほっとして喜んでくれたのは、福島の人たちだった。福島県人は、東電と政府の言うことを全く信用していない。これまで、これほどに騙(だま)され、ウソばっかり聞かされて、そして、この巨大事故であり、慌てて着の身着のまま逃げ出して来た人たちである。だから放射能汚染の問題で深刻になってた。だから、私が、純粋の第三者の立場から、「東電と県の対策本部が出している数値はほぼ正しいようだ」と書いたことで、福島県の人たちを安心させた。紛争当事者ではない、横にいて冷静に判断する第三者の意見の存在が非常に重要なのである。

(抜粋終了)

続いて「副島隆彦の学問道場」の「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板」から次の投稿を転載する。

(転載開始)

[309]私たちは、今こそ福島県産の野菜、果物、コメ、魚を進んで食べる運動を始めなければならない。それが復興への支援だ。 投稿者:副島隆彦 投稿日:2011-03-22 06:41:53

(中略)

私が、今、強調しなければいけないことは、被災地の現地で生きる福島県民を応援するために、私たち日本国民は、福島県産の 野菜、果物、コメ、そして魚を進んで食べる、ということです。 私たちは、同じ日本国民として、悲惨な大災害から福島県が急速に復興することを、徹底的に、支援しなければいけないのです。 そのためには、「今こそ福島県産の産物、食品を進んで食べよう」という運動を始めなければいけない。  

(中略)

地元の人が言った。 「東京のテレビのアナンンサーが、『今日は、南風(北のように吹く)です。安心してください』と言ったのよ。福島県民のことなんか、東京の人たちは何も考えてくれないんだ。東京の為に、電力を作って、そして、私たちはこんなひどい目にあっているのに」 と。 

(中略)

私は、決めた。私は、福島にも住む。家を買って、出来れば、福島第一原発が見えるところに、家を買って暮らして、そして、毎日、福島県産の野菜、果物、コメ、魚を食べる。

(転載終了)

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/page:3


しかるに、欧米の過剰反応・過剰報道は許せない。

どうやら、今回の原発の被害状況は、日本・中国・ロシアなどの報道のほうが欧米の報道に比べて中立・冷静で真実に近いようです。CNN、BBC等は必要以上にパニックを煽り、日本を心理的に追い詰める作戦のようです。

今回の地震・津波は、地震兵器・津波兵器を使用して起こしたものです。海中で原子爆弾を爆発させて「津波」を起こし、海中での放射能発生をごまかすために原発を狙い、原発の放射能が海中に漏れるように仕向けたものです。

地震兵器・津波兵器を使用したのは、もちろんアメリカです。

倒産寸前のアメリカが、日本を脅して、金を巻き上げるためです。

韓国は、2月にカナダに大量の放射能対策の「ヨード剤」を発注していたそうです。事前にこうなるとの情報があったのでしょう。

また、福島第一原発の1号・2号・4号・5号・6号は「ウラン」が燃料ですが、3号の燃料は「プルトニウム」です。プルトニウムのほうが放射能被害が大きいそうです。福島県民がプルトニウムに反対していたのに、2010年11月から3号がプルトニウムで稼働し始めたそうです。

この計画は、2010年11月には立てられていたと思われます。

さらに、「【1873】 東日本ハウス (JASDAQ 監視区分に指定) 、在来型注文住宅大手。岩手本拠に全国展開。子会社で観光・ホテル・地ビール。マンション進出」の株価が、最近では2010年11月1日を底値に大幅に上昇しています。

この不景気に、何で注文住宅の会社の業績が良くなり、同社の株価が上昇すると予測して、同社の株の「買い」が増えたのでしょうか。事前に地震・津波で多数の住宅が損壊するのを知っていて、それ以降の「復興需要が見込める」との「インサイダー情報」があったからだと思われます。

そして注目点は、「東日本ハウス」は、「岩手本拠」というところです。

これも単なる偶然ですか。

ベンジャミンフルフォード;
緊急特番・東日本関東大震災地震の真相は!?第一弾
http://www.youtube.com/watch?v=-PwmAT7Bdf0&feature=related
緊急特番・東日本関東大震災の真相は!?第二弾
http://www.youtube.com/watch?v=Er80i-Lf8vY&feature=related


原発が危険なことは事実である。
今後は廃止の方向にもっていく必要がある。
今は、復旧作業を見守るしかなく、うまくいくことを祈るのみである。

しかし、風評被害についても考える必要がある。

ベクレル:放射性物質が放射線を発する力
シーベルト:放射線による人体への影響度合い

例)放射性ヨウ素

国際基準(ICRP):50,000マイクロシーベルト/年

日本      :33,000マイクロシーベルト/年(飲料水11,000マイクロシーベルト/年+牛乳・乳製品11,000マイクロシーベルト/年+野菜(根菜・芋類除く)11,000マイクロシーベルト/年)

今回

水道水(東京都):210ベクレル/L(3月23日発表)
⇒6.5L/日を1年間飲み続ける

ホウレンソウ(茨城県・つくば市):2,300ベクレル/kg(3月21日発表)
⇒600g/日を1年間食べ続ける

放射性ヨウ素(131):蓄積臓器「甲状腺」、物理的半減期「8日」、実効半減期(人体が排泄するまで)「8日」
放射性セシウム(137):蓄積臓器「全身(筋肉)」、物理的半減期「30年」、実効半減期(人体が排泄するまで)「70日」

胸のX線検診(1回):50マイクロシーベルト
東京〜NY往復飛行(往復):200マイクロシーベルト
1人あたりの自然放射線(世界平均/年):2,400マイクロシーベルト
全身CTスキャン(1回):6,900マイクロシーベルト
直ちに健康に健康に影響を及ぼすことはない値:100,000マイクロシーベルト
福島原発作業員の限度:250,000マイクロシーベルト(厚労省100,000⇒250,000)
リンパ球の減少(1回):500,000マイクロシーベルト
10%の人が気持ち悪くなる、嘔吐(1回):1,000,000マイクロシーベルト
死亡(1回):7,000,000マイクロシーベルト

乳児・胎児への影響

胎児:50,000マイクロシーベルトまで影響が少ないため、母親が今までのように野菜や水を飲んでも影響は軽微

乳児:母乳を与えている母親の甲状腺の中に放射線は40%入っていくので、母乳に出てくる放射線の量は25%以下と推測される。むしろ、ミルクを制限すると乳児が脱水状態になる。

日本では「今まで全く放射線を浴びていない」という考え方が多いが、我々が生活をしていくうえでは今までも放射線を浴びてきている。
実際ボリビアやメキシコでは日本の10倍の放射線の中で暮らしている(大地からの放射線が日本より多いため)。

当初危惧された「チェルノブイリのように被害が直ちに甚大に拡大していく」状況は今のところ回避されている。幸運にも与えらたこの時間の中で、復旧作業・廃炉作業を進めていくしかない。

チェルノブイリと比較するのは非常に危険。チェルノブイリは臨界爆発が起こって中性子が飛び交った。福島原発はあくまでも放射線が漏洩しているのをどう封じ込めるか、という問題である。


66. 2011年3月28日 22:27:42: EPsXLuUJpI
>>55さん
非常に興味のある内容でしたが、
イラン全体の平均寿命とラムサール地方の平均寿命は、どの位なのでしょうか?
それと、ラムサール地方の人々の死亡原因の上位を占めるのは?
検証には、人口構成も知る必要があると思います。
更に、イラン全土とも比較する必要があると思います。
ネットで、一応検索したのですが、どこも、それには触れておらず、確認出来ませんでした。

67. justice 2011年3月28日 23:14:14: 1WHCZw9hn00Nw : KUpJd90TUw
TVに出る学者ほどクズ学者はいないと某有名私大の名誉教授が言っておりました。

力のある学者、権威のある学者はTVに出るまでもなく、また、マスゴミの力など借りなくても、同じ学者連中から認められるものだそうです。

ちなみにこの名誉教授は一切マスゴミにはでないで来たそうです。

また、ある国家試験の試験委員を官庁から頼まれたそうですが、ことわったそうです。

理由は、研究が忙しいので、採点できないからと。官庁では名前だけ貸してくれればいいといわれたそうです。「採点は、助手でいいから」と言われ、ものす
ごく怒ったそうです。理由は「受験者は一生をかけて試験に挑む。それをいい加減な気持ちで採点などできない。それを、助手や講師に採点させて構わないと言う官僚の発想はありえない」と。

こんな気持ちだから、試験委員による、問題の漏洩が絶えないんですね。

本当に、馬鹿な学者、くずな学者、医者もとうぜん、政治家もしかり、とにかく、くずな人間は、世界中、本当にどこにでもいます。

みなさん、肩書き、職業、権力、財力に偏見を持たずに、人間を見抜きましょう。



68. 2011年3月28日 23:35:42: SedFiSGPIY
>>65
外部被爆と内部被爆に違いが判らない最低最悪の副島なんかのコメントを引用するとは驚き。

69. 2011年3月28日 23:52:25: SedFiSGPIY
外部被爆しか考えない原発推進派のICRPの基準。

単位は mSv
半数が致死     4000〜6000
脱毛、皮膚の紅斑  3000
悪心、嘔吐     1000
白血球減少     250
臨床症状の出る下限 100〜200
専従者限度/年   50
CT(1回)    7〜10
消化管透視(1回) 3〜
自然放射能/年(世界平均) 2.4
一般人限度/年   1
胸部レントゲン(1枚) 0.1〜0.6

一般人限度は1ミリシーベルト/年だ!
因みに、内部被爆を考慮したECRPの基準は0.1ミリシーベルト/年。
アルファ核種一つの内部被爆でガン化の可能性があるので、ECRPの基準は当然こと。

日本政府の基準は?
国民のガン化なんて10年20年先の事なので、確定的要因しか考えない最低最悪基準です。
東電マフィアに都合の良い数値をマスコミは吐き出すだけです。


70. 2011年3月29日 00:01:51: SedFiSGPIY
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110327-OYT1T00426.htm

1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに上げた。
現在はどのぐらい上がってる?


71. nekonotama1 2011年3月29日 00:05:36: tiXg8kA1YOTGA : T2lEFwHJ5Q
「金の流れを追えば物事の本質が見えてくる。」という言葉から得られた結論

人災ともいうべき福島第一原発の事故が起きてしまったことについては一先ず置く。
今は更なる汚染拡大を防止すべく偏りの無いすべての知恵を集め事態の収束を図り、
且つ危険地域の人々の速やかな避難と放射性物質の体内被曝を防ぐべく対策を講じるため
汚染物質の検出モニターをきめ細かく設置しその情報を全面公開することを
最優先課題として政府・事業団体・各メディア等に強く希求する。

今後我々は政府及び官僚に対し以下の項目を実行させるべく活動することが重要と思う。
@原発事故の免責をするような現在の法律を即時撤廃し、事業団体は被害者が満足できる補償をするように改訂させること。
A原発事業の設備投資等経費を掛ければかけるほど電力会社の利益が上がるような料金体系を改定させること。

上記の実施によりスポンサーの資金が絶たれ、この分野への政治家への口利き・官僚の天下りは無くなり、
札束でふさがれたマスメディアの口も開かれるし御用学者の嘘も聞かなくて済むようになるであろう。


72. 2011年3月29日 07:33:50: Y21oqj3Xto
武田先生の二酸化炭素の温暖化理論も、この原発理論も正論で、すべてマネーゲームの材料になっている悪党どもに釘をさす発信である。
人間はもっと謙虚に生きるべきだ。
オイルショックのあの節電を国民は忘れている。嘘を嘘で塗り固めていけば、最後にはバブル時代と同様にすべてがはじける。
この立派な理論をかき消す、関東の放送局の封印に、日本人の良識を疑う。摩りのうな腰ぎんちゃく野郎よ、TVから即刻消えなさい。被害者に対して涙がでてとまらない。

73. 2011年3月29日 08:58:40: OsxwccXlkL
国立系の大学は資金に乏しいので、原子力推進協力の立場で、研究費の提供を受けてきたということだろう。TVにでる御用学者も東大、京大などは発言が希望的観測発言、楽観的発言ばっかりなので大体分かる。ただ今は日本が沈没するかどうかの瀬戸際であって、最悪の事態も考えて対応をしなくてはならないのに、プルサーマルも隠し、プルトニュームも隠し、被爆の範囲も風との関連であんな丸の円の範囲ではなく、季節、時間も反映した危険範囲を提示しなくてはならない。そしてあのようなx線、CTなどの例でめちゃくちゃな比較で嘘ばっかり言ってはいけない。またヨウ素、セシウムもほうれん草何キロも食べなくては被害が出ないとか、うそばっかり。いい加減にしろ。枝野も西山も山崎も関村もひっこめ。

74. 2011年3月29日 09:46:36: OsxwccXlkL
それから付け焼刃の知識でよく分からないのがあるので誰か教えていただきたい。原子炉建屋内にある燃料保存用プールの水の件で、水は放射線をさえぎる能力があるので表面から放射線は出ないとか言ってきたので、今盛んにタービン建屋にたまった水の表面から高濃度の放射線が出てきているとか言っている。これは一体矛盾はないのか?

75. 2011年3月29日 12:45:29: fCZ83cf8p2
アスベストや薬害エイズも業界や政府側に立って大活躍した学者がいたよね。
いつの時代も資本や権力の太鼓持ちする寄生虫学者っている。

76. ももん爺 2011年3月29日 12:47:30: QnfuyB5RKZq9U : a7Miav3dIw
昼のニュースを見た。菅首相は、いまだに原発処理班のトップのつもりか?その影響を正面から受けずにいられない被災者のことが頭から抜けているのではないか。被災者にはカネを工面すればよいというのか?
政治とカネ、というのは管のことだ。

被災者は、自分たちの政府を待っているのだが。


77. 2011年3月29日 13:24:54: EGaQ73B5yp
【なぜ国民を見捨てるのですか?】天皇陛下、安全な東北・福島を見捨てて東京の避難所だけ視察

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/29/kiji/K20110329000522260.html

天皇、皇后両陛下が30日都内避難所訪問へ

 天皇、皇后両陛下が被災者を見舞うため、30日に東京都内の避難所を訪問される
方向で検討が進んでいることが28日、分かった。今回の震災で、両陛下が避難所を
訪れるのは初めて。宮内庁によると、両陛下は現地での捜索活動などに支障が
なくなった段階で被災地入りしたいとの意向だが、甚大な被害が出た地元自治体の
負担は大きく、具体的な時期は未定。

[ 2011年3月29日 06:00 ]


78. use88 2011年3月29日 13:50:31: 5VjuoMPRPJ5Ys : CNSUE0Oze6
低線量の放射線に安全基準を定めること自体が無意味かと。
低線量放射線の癌発生率や出生率異常などの影響は確率的なものであるため、
社会全体に及ぼす影響度から判断され、個々の人体に対する影響は安全基準では無視されてしまう。
個々の人体への影響を考えるなら放射線そのものが害毒であり、被曝されないのがベストであり、宇宙線など、自然界から発生する線量も遮断してしまうのがいいのでは?よって安全基準が人間個体に対するものであるというなら、被曝されないこと、更には自然界からの線量の遮蔽基準すら定める必要があるかと。

79. 2011年3月29日 14:17:21: tyaeV4uelw

ネットゲリラ 原発事故「絞首刑に値するA級戦犯リスト」拡散希望!!

窮地にたった時に、売国奴&守銭奴が、出てくる、出てくる。。。


80. 青井征児 2011年3月29日 16:40:03: kedVxWIUWi8EA : ovo0yGWNXA
様々な人間がいる人類が永遠に生き残れるとは思われない。それが10年後なのか、100年後なのか、1000年後なのかは分からない。様々な人間の中には極悪人もいるし、自己中心の人間もいるし、正義を訴えている人もいるし、神を信じている人もいる。要するに様々な人間が生きており、その中で長生きする人もいるし、今回の津波のように一瞬の内に命を落とす人もいる。動物の一種である人類にとっては個人がどうなろうと知ったことではない。人類がどのように生き続けることが重要なのである。ですから、誰でもいいから子孫を作り続けてください。お願いします。でも、生き続けることが、楽しいか、悲しいか、幸せかはわかりません。

81. 2011年3月29日 19:34:56: xkPqouMgaM

放射能被曝により個体のDNAにキズがつけば癌の発生率が高くなることを以前、本で読みました。
自分自身が癌になって死ぬことはそんなに怖いことではありません。

しかし、生殖細胞のDNAにキズが付き、もし流産することなく赤ちゃんが生まれたら、色々な先天奇形を持った赤ちゃんが生まれないとも限りません。

私はこれが怖いです。

放射能汚染を何とかしないと、日本民族は残らないかもしれません。


82. 2011年3月29日 20:33:49: sG3STloHOQ
http://www.presstv.ir/detail/171460.html

恐らく多くの方々がこんな噴煙をあげる写真など見てないのでは?

マスゴミによる、またしてもの隠蔽体質が分かります。
実際はもうチェルノブイリと同等化それ以上と評価されています。

ここでは政府や広報組織による放射線のリスクに対する過小評価は
”犯罪的な無責任”だと糾弾しています。


83. 2011年3月29日 23:58:17: l2wLeeJmIs
私はもう充分生きたから良いが、
マスクもしないで
屋外で元気に走り回っている
東京近郊の子供達を見る度に
こみ上げてくるものがある。

もう、遅いのかもしれないが、
せめて、正直にデータを発表し、
子供達にだけでも
放射能を防ぐマスクを配布すべきだ。

大人はもういいんじゃないか。
だまって死を受け入れ、
原発を防げなかった責任を取ろう。


84. jesusisinus 2011年3月30日 03:21:13: veLsqfdw2ggms : SyyQxEtLzw
良くぞ告白したな…w

御用たぬきの中でも、古だぬきっつーのがおってな…

そいつが一番の悪さをしておりのぢゃw

今から、証拠を保存しておきな!

エビデンスだよ!エビデンス!


85. 2011年3月30日 08:29:33: 6fx7bslS2Y
決定的な事故が起きてもまだ原発に依存しようとするこの国の体質、何おか言わんや。
電力会社・役人・政治家のみなさん、日本が滅んでもいいのですか?

86. 青井征児 2011年3月30日 10:28:42: kedVxWIUWi8EA : ovo0yGWNXA
人間ひとりひとりの個性や正義感、他人に対する態度は育ててくれた家族、環境、時代、偶然性によって形成されてきています。その様々な人間達が立場を変えて、震災被害者や政治家、官僚、評論家、募金者、マスコミ、リビアでデモ中に殺された人々、戊辰戦争で戦死した人、原子力発電所設置に賛成した人、原子力で発電された電気を使ってきた人などになっています。個人個人をいくら攻めても結局は人類という生き物がどれだけ生き永えられるのかが、人類に与えられた課題だと思います。死を覚悟して高い放射能の中で福島原発を正常化しようとする勇気のある人々が現れれば(多分多くの勇気のある人達は作業中に死んでしまうと思う)、人類が救われるかもしれない。長い人類の歴史の中にもそのような人々が居たから(歴史上、取り上げられては来なかったが・・・)、人類が生き永えられて来た。現代人は個人の意識や欲望が高いので、多分その勇気のある人々は現れないだろう。人類にとっては悲しいことだ。

87. 2011年4月01日 19:32:21: c1tOJ44rYA
稲恭宏 博士の

「低線量放射線治療」

と言うものご存知ですか?

http://bit.ly/hgXQtS  (講演動画)

http://yasuhiro-ina-dmsc.jp/  (公式サイト)


88. 2011年4月01日 19:34:00: c1tOJ44rYA
87です
訂正 「低線量放射線治療」→「低線量率放射線治療」


89. 否専門家 2011年4月01日 23:42:35: 2hftV1YCiqlaw : JFHY7hLwQp
 みなさんが、考えていらっしゃる通りです。 「放射線の風評被害をなくそう、、、。」 などと、かなりナンセンスなテーマが取り上げられたりしていますが、変ですねー。 風評ではありませんよ、事実ですよね。 誰が、放射性物質を多く含んでいる事がわかっている野菜や魚介類を、わざわざお金を出して、進んで買いますか? 放射線の量が安全だとか、安全でないとか、そういう事ではないのです。 含まれていない野菜と安全と謳っているけど間違いなく含まれている野菜、どちらを買いますか? ってだけの事です。 これは、風評とはいいません。 誰が考えても明白な事実での選択でしかないのです。 多くの貝類は、海水中のミネラルを体内で濃集します。 亜鉛が多い牡蠣がいい例ですね。 申し訳ないのですが、今、三陸沿岸の牡蠣などの魚介は放射性物質というミネラルを貯め続けています。 エセ専門家が、どんなに「安全・安全」と唱えても、食べたくありません。 そこまで、安全だと言い切るのなら、TVの編集なしのLIVE番組で、福島原発の地元で牡蠣を捕るシーンから連続で撮影し、牡蠣鍋に地元産ほうれん草、その他原発から30kmあたりで取れた数々の野菜を入れて、安全と言ってるエセ専門家達にパーティでもしていただきましょう。 さぞかし、安全会話で盛り上がるのでは、、、。 お冷も安全なはずの地元の井戸水ですね。 いいですか、東電さん、あんたらは、東北の方々の今後の暮らしを全て支えなければなりません。 農業も漁業も数十年は無理だと覚悟しなさい。 全て保障しなければなりません。 危険なモノを他人の土地に据え付け、安い電力と言う甘い汁だけを啜ってきたあんたらは、破産覚悟で償わなければなりません。 そのためには、東電エリアの甘い汁を共有してきた方々全てが背負わなければなりません。 電気料金が数倍になろうと、東北の方々に償うべきでしょう。 一次産業は壊滅に近い事、うすうす感じていながら、誤魔化し続けるエセ専門家、、、もう誤魔化しテクニックの専門家でしかありませんね。

90. 2011年4月02日 04:26:34: 0Z9KkVJiaY
環境問題に関しては
笑っちゃうところもあったけど

今回の武田教授のブログを読んだけど
パニックを煽るというより
冷静に公表されている数値から
危険度とどう行動したら良いかを
書いてあるのでわかりやすかった。

そもそも放射能による人体の影響って
チェルノブイリの事故でしか人体に
関する影響はわかってないでしょ。
(核爆弾による影響は核兵器を開発している国は
データを持っているかもしれないけれど
一般的には公表しないだろうからね。)

学者の人も前例があまりないからはっきり言って
どうなるかわからないのだと思う。
テレビで見る学者もつきつめると
理由もなく今のところとか限定して
安全ですって言うんだよな。


91. 否専門家 2011年4月02日 10:53:52: 2hftV1YCiqlaw : JFHY7hLwQp
 そうですね。 昔、某国などは、原爆実験の際、死刑囚を数名ずつ、爆心地から一定間隔で放射線カウンターを持たせて、放置したまま爆発させました。 そういう実験後、極めて貴重な人体への被害のデータを得ていたものです。 ほとんどが即死とかそんな中で、稀には、ほぼ通常の寿命と考えられる年齢まで生きていた方もいたようです。 放射線の被害は、半分博打のようなモノです。 相当な量の放射線を浴びても、運良く、その方の重要なDNAの重要な部分に当たらなかったとしたら、通常生存。 どんなに少ない放射線量でも、運悪く、その方の重要なDNAの重要な部分に当たってしまったら、白血病や癌で、、、。 という面が少なからずあります。 なので、放射線量が少ないから、「安全だ」、、、とは言い切れないのです。 あくまで、「浴びた量が少ないから、放射線による癌などになる確立が、低いです。」 としかいえないはずです。
 
 ですから、必要も無いのに、放射性物質入りの食品を、わざわざ購入してまで、ルーレットを回したいとは思いません。 福島原発に近いエリアで、一次産業に携わっていた方、早めに他の地へ移動なさるか、二次、三次産業での活躍を目指すか、決断すべき時が来ていると思います。 そして、データを沢山持っている某国救援隊の原発近くでの対処の様子から、冷静に学ぶ事も忘れてはなりません。

92. 否専門家 2011年4月02日 10:59:31: 2hftV1YCiqlaw : JFHY7hLwQp
「※つまり、浴びた放射線の量が多いか、少ないかとは、ロシアンルーレットを回す回数が多いか、少ないかと同じような面が多々あるのです。」

93. 2011年4月02日 14:47:03: bAeNGmt5TI
放射能雨が少しでも肌についたら、シャワーでしっかり洗い落としてください。

これで間違いなく放射能が肌に滲みこみます。


94. 否専門家 2011年4月02日 16:09:18: 2hftV1YCiqlaw : JFHY7hLwQp
 すいません。 放射能が滲みこむのではなく、放射性物質が滲みこむのです。 放射能とは、ほぼ放射能力という意味と同じ意味なので、誤解を生みます。 放射性物質が持っている、放射線を出し続ける能力を放射能と言います。 昔、ゴジラが放射能を吐く、、、などと言っていましたが、意味不明です。 放射性、もしくは、放射能を帯びた粒子を吐く、、、と言い換える必要がありますね。 

95. 2011年4月02日 23:05:55: 3T5jpdwG6w
06>様

地球温暖化の議論を冷静に判断されましたか?

温暖化を示すDATAには、捏造は無かったのでしょうか?
黒点の数と地球寒冷化の話は、否定されたでしょうか?
地球温暖化はトンデモ科学者の説の可能性もあります。

武田教授は、トンデモ学者ではありません。
社会の体制に流されない、貴重な科学者です。

残念ながら、現在は御用学者がまかり通る時勢です。

本人の希望通り、30年後に評価が定まり、歴史に残る人材です。

それとも、06>様は工作員ですか?


96. 否専門家 2011年4月03日 10:04:00: 2hftV1YCiqlaw : JFHY7hLwQp
 たしかに。 地質学その他、様々なデータから、地球は過去、現在よりはるかに二酸化炭素が多かった時期が何度もあります。 数パーセントに近かった事もあったようです。 現存の生物達は、祖先が全てその環境変化を乗り越えて今に至っています。 人の生業は、今回の津波でも明白になった通り、自然の猛威の前では、チリに等しいのです。 私を含め、愚かな人間たちの化石燃料の消費により、増加した大気中の二酸化炭素など、地球が人暴れした時の変動と比べれば、チリ以下でしょう。 現在の平均気温の上昇傾向は、宇宙全体のシステムの中での、太陽その他の活動の微々たる変化による、微々たる変動と捉えるのが自然だと思われます。 マスコミをはじめ、無知なる政治家をも巻き込み、全てを原発推進の方向へ向かわせようとした、謀略のようにさえ思えます。 原発にかけた予算、全て、各家庭の屋根をソーラーパネルにするのに使うべきでしたね。 また、これからは、使うべきです。 原子力という、後始末を全く考えていない、中途半端な技術を、偉そうに振りかざしてほしくないですね。 宇宙開発でも、不要になった宇宙船を月面に叩き落として、大成功、、、だと。ただ、ただ呆れるだけです。 廃棄物処理法って都合いい法律ですよね。  
しかし、、、本当にマスコミ連中は、あまりにも無知なのが多い、、、聞くに堪えない質問を平気でする。 無知なる事にすら気づいていない。 愕然とします。

97. 2011年4月03日 13:43:16: vel2pSYWiI
がんは「発症」とは言いません。
「発生」するといいます。
もっと勉強して下さい。
「被爆」ではありません。
「被曝」です。
もっと勉強してください。

98. 2011年4月10日 22:03:07: Ge8fMxf31E
武田邦彦よ。おまえは原子力を規制する立場だったよな?たとえ名目だとしても。
お前はこれまで何をやってきたんだ?こんな大惨事になる前には何もしないでおいて、事が起こった後になって、おまえと同じ事をしている他の専門家を非難するのか?


汚なすぎるぞ、武田邦彦よ。


原発安全神話の宣伝に貢献した原発タレント文化人
http://onigumo.kitaguni.tv/e1790505.html
お前の名前は、これに載るのがふさわしい。

なにが規制側だ、てめえのせいで、福島はめちゃくちゃだ!



99. 2011年4月10日 22:48:01: JFHY7hLwQp
 小沢さんがいた当時の与党の自民党をはじめ、利益還流をもくろむ政党、自治体、財団、政府、電力会社のほとんど全てが、根拠のない「安全」という合言葉で、原発推進へと向かっていた時、一地方大学の一専門家がいくら反対しても相手にもされませんでしたよ。
 東大、京大の某有名教授の意見すら抹消されたくらいでした。
 学会の発表でも、規制派、反対派の公演となると、発表スケジュール自体後回しにされ、かなりの方が退席し、がらんとした講堂で、安全神話になんとなく違和感を持っている、ごく少数の方のみが残って聴いていただけです。

 気持ちは解ります。
 ただ、今、この方を責めて、罵倒して、愚弄してみたとて、汚染された環境がすぐに戻るとは、到底思えません。 ずっと以前から、警告を発していたが、潰され続けてきた専門家の意見に、専門家も政治家もマスコミもようやく耳を傾ける風潮になってきた、、、遅きに失した、、、とも思えますが、絶対に二度と繰り返すわけにはいかない。
 そのためには、改めて様々な意見を真摯に受け取り、学び、考えるしかないのではないでしょうか。 


100. 2011年4月13日 01:07:53: FAL2XE0vAk
武田邦彦はそもそも原発に反対も規制もしてないんだよ。

ズバリ推進派で、それ以外の何者でもなかった。

今はどうだ?

訳知り顔で、自分は規制派だったなどどぬかしてやがる。

ふざけんな!馬鹿野郎!

絶対に騙されないからな!!


101. 2011年5月01日 20:15:52: SI7lDE08nU
http://takedanet.com/2011/05/post_7256.html
> 「放射線は体に良い」、「20ミリまで大丈夫」、
> はては「核実験の時には今より放射線物質が多かった」など、
> いかがわしい話が横行しています.

ある番組では、しきい値説の旨の「少ない線量は
活性化する」旨を言っていたはずだが…。

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food/dekigoto.html
> 測定データで見る「過去の出来事」
> 大気圏内核実験

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E9%82%A6%E5%BD%A6
> 武田 邦彦 (たけだ くにひこ、1943年6月3日 - ) は
> 東京都出身の工学者。専門は資源材料工学で、機能材料構造を
> 研究テーマとしている
>
> 批判
> しかし後述するように、科学的に不正確な点や誤謬、根拠としている
> データが捏造であるとの批判がある。批判に対しては主張を微妙に
> 変えることもあり、結果として矛盾した主張になることもある。
> また、最新データがある場合でも持論に都合良く古いデータを
> 引用したり、孫引き、原典の存在しない「引用」をおこなうなど、
> 引用に関しても多くの問題が指摘されている。
>
> 経歴・著作
> 1966年 旭化成工業(現・旭化成)入社。ウラン濃縮などの研究開発に携わる。
> 1986年 旭化成工業ウラン濃縮研究所長
> 内閣府原子力委員会
> 内閣府原子力安全委員会
> 1990年 日本原子力学会特賞

原子力の専門家ではいらっしゃるが、放射線防護の
専門家ではない様な…。

もちろん、閾値説は、その旨の専門家の先生は
その番組で言われています。


102. 2011年5月02日 14:47:26: jXn2yfbLBQ
あるジャーナルストの方が
「発見されたプルトニウムは、原発構内の土壌1キログラム当たり1兆分の1グラムレベル。」「プルトニウムは吸いこんで呼吸器に入ると死ぬ!」とギャーギャー騒いでいるところの「致死量:吸入摂取で0.26mg(致死期間15年以上=ただし死ぬのに最低でも15年掛かる。)」から考えると....重いんで地面にたまるそうなので、0.26mgを吸入摂取するためには、一体、どのくらいの量の原発の土からプルトニウムを集めなくてはいけないのか?

とおっしゃっていますが、どなたかの教授か博士が言っておられる事なのでしょうがこれは本当のことでしょうか?


103. 2011年5月02日 19:50:20: 4zWtS7Pqf2
 少ないから安全、なのではなく、少ないからリスクが少なくなるだけのこと。 
 
 必要もない放射線なんて浴びないにこした事はない。

 きわめて単純な事。

 福島第一原発から、猛毒のウィルスがずっと出続けていると考えればいい。

 そのウィルスは、地面に落ちても、加熱しても、乾燥しても、水中や体内に入っても、いつまでも毒素と言う放射線を放出し続けるやっかいな奴。

 運や体調が悪いと、一匹吸い込んだだけでも癌になるかも、、、。

 と、考えりゃわかりやすいよ。


104. 2011年5月03日 16:29:07: jXn2yfbLBQ
どうもこういうところには推進派の方がはりついているようですね

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素7掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素7掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧