★阿修羅♪ > 原発・フッ素8 > 335.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第一原発 地下水も汚染 (東京新聞)
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/335.html
投稿者 i^i 日時 2011 年 4 月 01 日 13:12:29: uYCM.EuCxbqec
 

(転載者注)
すでに投稿された、

「福島第1原発、1号機地下水も汚染 高濃度のヨウ素検出(中日新聞) 基準値1万倍の地下水を検出」
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/318.html
投稿者 なんじゃこりゃー 日時 2011 年 4 月 01 日 07:16:22: 0zLT2gtfzmeo.

と同内容ですが、末尾に安斎育郎 立命館大名誉教授(放射線防護学)の談話が加わっていることと、問題の重大性に鑑みて取り上げました。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011040102000052.html

福島第一原発 地下水も汚染

2011年4月1日 朝刊

 東京電力は三十一日夜、福島第一原発1号機のタービン建屋付近の地下水から、法令で定める濃度限度の約一万倍の放射性ヨウ素131を検出した、と発表した。地下水の汚染が確認されたのは初めて。2号機の建屋外にある配管などが通るトンネル(トレンチ)内の水からは、運転中の原子炉内の水の三万倍に当たる放射性物質が検出されたという。東電は一部数値に疑義があるため、あらためて検証したうえで正確な数値を公表したいとしている。

 東電によると、1号機の地下水のヨウ素131の濃度は一ミリリットル当たり四三〇ベクレル。2号機の地下水は八〇ベクレル、3号機は二二ベクレルだった。東電は「非常に高い値と認識している。大気中の放射性物質が雨で地面に落ち、地下に染みこんだ可能性がある」としている。

 地下水は通常、ポンプでくみ上げ、側溝から海に流しているが、地震でポンプが停止したため、海に流れた可能性は低いという。

 2号機のトンネルの立て坑のたまり水から検出された放射性物質は、一ミリリットル当たり六九〇万ベクレルのヨウ素131、二〇〇万ベクレルのセシウム134など、計約一二〇〇万ベクレルという極めて高い濃度だった。

 2号機のタービン建屋地下のたまり水からは運転中の原子炉内の水の十万倍の濃度の放射性物質が見つかっており、東電は原子炉内の溶融した核燃料と接触した水がタービン建屋地下を通じて流れ込んだとの見方を強めている。

 一方、東電は三十一日、建屋内と立て坑の汚染水の水位監視のため、二日までにカメラと計測器の設置を決めた。

 原子炉への注水と建屋地下、立て坑の水位変動の関連を調べ、水漏れの場所と量を把握したい考え。2号機は建屋内の線量が低い場所と立て坑に、1、3号機は立て坑にのみ設置する。

 汚染水の処理では、1号機は汚染水でいったん満水になった復水器を空けるため、復水器内の水を移す別のタンクを空にした。2号機の同じ作業は一日で終了の見込み。

 福島第一原発を冷却する真水を積んだ米軍提供の台船二隻のうち一隻が三十一日、原発の岸壁に接岸。もう一隻の到着を待ち、注水態勢を整える。

◆事故後染みたか

 立命館大の安斎育郎名誉教授(放射線防護学)の話 地下水から高濃度の放射性物質が検出されたということは、事故が起きた直後からじわじわ染み込んだものが今になって検出されたという印象を受ける。しかし、立て坑で著しく高い値が検出されたことは、海水の濃度もここ数日で急速に高まっていることもあり、原子炉圧力容器の底に穴が開いているなど、何か異変が起きているかもしれない。由々しき事態だ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月01日 13:24:58: LGvzAOffsA
大前研一ニュースの視点〜
┃1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛『原発事故〜コミュニケーション不足が引き起こした人災』
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
 農畜産物被害 野菜から放射性物質検出で摂取制限指示
 水道水汚染 水道水から放射性ヨウ素
 海水汚染 近くの海水から放射性物質
 -------------------------------------------------------------------
 ▼汚染についての政府の伝え方がパニックを引き起こした
 -------------------------------------------------------------------
 
 厚生労働省は23日、福島県など4県に対する一部農産物の出荷停止
 措置を踏まえ、宮城県など隣接する6県に対しても農畜産物の放射性
 物質検査を実施するよう指示しました。

 同日、茨城県内5市村の水道水から、乳児向けの暫定規制値(1キロ
 当たり100ベクレル)を超える放射性ヨウ素が相次いで検出されて
 います。

 また経済産業省原子力安全・保安院(NISA)は26日、東京電力福島
 第1原子力発電所の放水口付近の海水から、法定の濃度限度を約1250倍
 上回る放射性ヨウ素131が検出されたと発表しました。

 野菜、水道水、海水と相次ぐ汚染報道に、日本中が騒がしくなって
 しまいました。どうしてこのような事態が生じたのか?と考えてみると、
 やはり「すでに炉心溶融(メルトダウン)は起こっていたのだ」と
 判断するべきだと私は思います。

 こうした事態の中、政府の対応にはいくつかの「過ち」があったと
 私は見ています。まず「避難勧告が曖昧だったこと」です。

 例えば、私ならば次のように指示をします。

 ・現段階では原子炉の直近地域以外なら24時間〜48時間ほどの帰宅
  なら安全
 ・長期的の避難になるので、引越しを覚悟して今必要に応じて帰宅して
  準備をして欲しい

 このように明確に伝えれば問題はなかったと思います。

 風評による問題も含めて、フードチェーンの被害が拡大していますが、
 これも要注意です。

 ロシアのチェルノブイリ原子力発電所事故の際にはフードチェーン被害
 は欧州全体に及びましたし、米国のスリーマイル島原子力発電所事故
 の後も被害は大きく広がりました。

 この点でも、日本政府の発表には問題があったと私は思います。
 「放射線量の説明」「出荷停止・制限」に言及し、「国民の皆さん注意
 してください」と言われてしまったら国民の不安感情は高まるだけ
 です。

 さらには、福島・茨城に対しては全面的に出荷停止を命じてしまいま
 した。これがさらにパニックに拍車をかけ、被害を拡大してしまった
 原因だと思います。

 国民の不安を煽らないためには次のポイントを説明すれば良かったの
 です。

 ・年間許容量を超える放射線がほうれん草から検出された
 ・ほうれん草を毎日1年間食べ続けると問題が出るかもしれない
 ・念のため、食べる前に水でよく洗うこと
 ・生産者は出荷ごとに検査を受けること
 ・検査の結果、特に数値が高い出荷ロットに関しては出荷を控える

 このように伝えていれば、スーパーからほうれん草やペットボトルの
 水がなくなってしまうというパニックは避けられたと思います。

 -------------------------------------------------------------------
 ▼ 問題が多い計画停電は人災だ
 -------------------------------------------------------------------

 今回の日本政府の対応の中で最大の過ちは、東京電力の「計画停電」
 を許可したことです。計画停電による経済的なダメージは、想定の
 範囲を超えていると私は感じています。そもそもピーク時の電力を
 抑えることができれば良いのに、「節電」と勘違いした「行き過ぎた
 自粛」が散見されます。

 交通機関は運行量を制限し、築地に行っても魚も野菜もなく、公共の
 建物を利用したコンサートなどは軒並み中止という始末です。関西
 方面にホテルを借りきって“疎開”する人も出ているようです。

 これらの中には本来必要のない「自粛」があります。それによって
 莫大な経済的な損失が生まれています。「これは東電が作り出した
 人災」だと私は声を大にして言いたいと思います。

 東電が正しく説明をして、ピーク時の電力量を下げるための施策を
 考えれば、乗りきれる事態です。私に言わせれば、朝早くから計画
 停電を実施しても意味はないですし、今のところ週末も節電の必要性
 は薄いはずです。

 この計画停電は今年の冬まで継続の見通しとのことですが、
 「全力」でこれを阻止する必要があると思います。

 試算すれば分かりますが、火力発電所の復旧や東西電力グリッドの
 結合などによって夏までに確保される電力を考慮すると、現状から
 最大で約25%程度の電力の削減を実現できれば良いのです。

 「サマータイム2時間」「事業所の操業曜日の平準化」「夏の甲子園
 中止」「大口料金のアップ」など、私は削減策をいくつも提案しました。

 このようなアイデアを広く募集して、可能なものから実現していけば
 良いと思います。それだけで「25%の電力削減」を実現することは
 可能でしょう。

 また政府は22日、東日本大震災の復興に向けた施策を統括的に担当
 する「復興庁」を設置する方針を固めたとのことですが、本当に必要
 なのは「省庁」ではなく「ビジョン」だと思います。

 阪神淡路大震災の後、神戸は復興しましたが、まさに「復興」しただけ
 であり、「新しい神戸の街」として生まれ変わってはいません。これは
 「復興」を目的としたためです。東北についても同じことが言えます。

 高台に設計する新しい街、これまでに類を見ないコンセプトの漁港
 など、新しいものを創る「ビジョン」があれば、今だからこそ色々
 なことが実現できるはずです。

 ぜひ「復興」にとどまらず、新しい「ビジョン」を持った人がリーダー
 として立ち上がって、新しい東北を創りだしてほしいと願っています。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧