★阿修羅♪ > 原発・フッ素8 > 708.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発情報 40万人癌発症との予測について
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/708.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2011 年 4 月 07 日 09:43:51: KqrEdYmDwf7cM
 

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

さて、前の記事のクリス・バズビー教授の続きです。
41万人が癌になるとの予測をしています。そのうち10年以内に約半分の22万人が癌になるということのようです。
まぁチェルノブイリでも100万という数字も出ているので今回もそのぐらいは行くのでしょう。

http://www.llrc.org/
2061年までに、福島から200km圏内で被爆した人の41万7,000人が癌になるとの予測

IAEAと日本の公式なデータを基に、欧州放射能危機委員会(ECRR)の科学担当幹事クリス・バズビー教授がふたつの方式で試算を出した。同教授はそれらの結果を、ICRPモデルから引き出された見積もりと比較している。

トンデル方式はスウェーデン北方のマーティン・トンデルによる研究に基づいたもので、これはチェルノブイリの10年後の癌の発症を調べたもの。土地の様々な汚染レベルで区分けし、1平方メートルの地表につき放射性降下物質が100キロベクレルごとに癌が11%増加したことを突き止めた。バズビー教授はこれを、IAEAが平均で1平方メートル当たり600キロベクレルと報告した原子炉から100キロ圏内に当てはめた。この330万人が居住する100キロ圏内では事故以前の発生率より66%の増加が今後10年で予測される。これは福島の事故による被爆で2012年から2021年までに10万3,329人が余計に癌を発症することを意味する。トンデル方式を福島から100キロから200キロの間の輪っか状のの地域に当てはめると、人口は780万人だが降下物質の濃度は低くなるので、2021年までに12万894人が余計に癌になると予測される。居住者が他地域へ避難しないものとした場合、トンデル方式による予測の合計は10年で22万4,223人の増加となる。

二番目の方式は生物システムのなかで様々な核種が異なった動きをするというECRRの指摘に重きを置いたものだ。これによると、0から100km圏内では19万1,986人が余計に癌になり、その先の輪っか状地帯では22万4,623人が発症すると予測される。多分この内の半数は最初の10年に出て、残りは10年から50年後の間に出るだろう。居住者が他地域へ避難しないものとした場合、この二番目の方式による予測の合計は41万6,619人で、その内20万8,310人が最初の10年に発症するだろう。よって、ふたつの方式の示す値はかなり近いと言える。

(和訳、ここまで)

全方式による予測やデータのPDFファイルはここに
http://llrc.org/fukushima/fukushimariskcalc.pdf

また、以下はチェルノブイリ100万人の犠牲者という動画です。
かなり参考になりますね。日本語字幕付きです。
http://www.universalsubtitles.org/en/videos/zzyKyq4iiV3r/info/Chernobyl:%20A%20Million%20Casualties/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月07日 10:01:07: owx4GVvAyQ
非常に貴重な情報、誠にありがとうございます。
こういった研究、日本人でやっている人いないんでしょうかね?
ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ

02. 日本人になろう 2011年4月07日 10:33:42: V1CUxG6M/NCW. : kcQI70Bi1o
こんな動画があります。
福島原発事故の医学的科学的真実
稲 恭宏博士 緊急特別講演
http://www.youtube.com/watch?v=PQcgw9CDYO8&feature=mfu_in_order&list=UL

多くの人が情報不足でしょう!
これをみたら、日本人でよかったと思うはず。


03. 2011年4月07日 10:53:24: GsIY6b3yX2
2chより転載。

  1970年 政府:「有機水銀はただちに健康に問題はない」
    ↓
  2004年 「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」


  1980年 政府:「アスベストはただちに健康に問題はない」
    ↓
  2005年 「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」


  1985年 政府:「薬害エイズはただちに健康に問題はない」
    ↓
  2002年 「メンゴメンゴ、やっぱ死ぬわ」


  2011年 政府:「ヨウ素はただちに健康に問題はない」←new!
  2011年 政府:「セシウムはただちに健康に問題は無い」←new!
  2011年 政府:「プルトニウムはただちに健康に問題はない」 ←new!


04. 2011年4月07日 11:05:10: KUNoRD0iRo
40万人?
400万人の間違いじゃないのか。

05. 2011年4月07日 11:11:12: 6AI4KxIvms
高線量の被曝では確かに白血病や甲状腺がんのとの因果関係を示す報告は確かにあります。しかし、低線量被曝と癌の因果関係は未だに証明はされていないのでは無いでしょうか。簡単に論文を当たって見ましたが、考察としては更なる調査が必要との見解でした。日本人の年間の癌患者数が約150万人ですから、40万人増と言うのは半端ではありません。年間30万人と言われる癌死が40万人近くになる勘定ですから、無視できるような論評ではありません。予測では無く、しっかりとした実績に基づく根拠を示して欲しいものです。この緊急時に、また逃げ場の無い人を相手に、いたずらに不安をあおるような数字を示すことは如何なものかと思います。

06. 2011年4月07日 11:36:49: xDZn9QxPIk
 このような予測情報はとても貴重なものであると私は思います。
テレビでも「現状で安全だ」という意見と「現状は危険だ」という意見と
どちらの立場からみた情報も伝えられるといいと思います。

 そもそも、端から何があっても逃げずにとどまるという人は
どんなにその場所が危険であるかという情報があっても
その場所にとどまろうとします。
こういった人たちは予測情報に価値はないと考えるでしょう。
危険だと聞かされてもいい気持ちはしませんから。

 しかし、その場所に危険性があるのなら逃げたい、
場合によってはより安全な場所へ移住したいと考える人にとっては
予測情報であっても(仮に結果として誤りであったとしても)
価値あるものとなります。

 当然、予測情報は必ずしも確定した事実に基づくとは限りませんから
情報を受け取る側にも解釈力が問われることになるわけですが。


07. 2011年4月07日 11:43:17: LGMYvr4dci
チェルノブイリの場合、原子炉内の大量の黒鉛に引火して広範囲に放射性物質が飛散する大事故となった。
福島原発には引火する黒鉛はないが、チェルノブイリに比較にならないほどの大量の燃料棒がそこには格納されている。
さらなる水素爆発被害が懸念される。結果的にはパニック回避のための似非情報が、悲惨な結果を招く。

>。レ土壌汚染、一部でチェルノブイリと同レベル】
「チェルノブイリでは、55万ベクレル以上は強制移住」 「飯舘村は1200万ベクレル、20倍との極端な値さえあるという」
「報道がもし事実なら、無人地帯の放射線管理区域にしないといけない」(小出助教)

「2000年4月21日、ロシア保健省は1986年4月のチェルノブイリ原発事故の事故処理に従事した作業員の内、これまでに3万人が放射能被曝で死亡したという衝撃の事実を公表した。
さらに、5日後の2000年4月26日の14周年追悼式典での発表では、ロシアの事故処理従事者86万人中、5万5千人が既に死亡したとも報告された。

ウクライナ国内(人口5千万人)の国内被曝者総数342.7万人、作業員は86.9%が病気に罹っているという。」
もちろん被曝による「病気」そのものが、癌だけに特定されるということではない。


08. 2011年4月07日 14:32:47: 0pZMGvJJds
05へ

3月11日から今日まで、あなたのようなような論調を多く目にした。
「いたずらに不安をあおるな」というものだ。

しかし、今は学術研究を行っている時ではない。考えうる最上の被害を考え、警告を発するべきなのだ。

もし警告が大袈裟で、なにも起こらなかったら「大騒ぎしたけど、なにも起こらなくてよかった」でいいではないか。

あなたは、こうした警告を発することにより、国民にパニックがおこり、経済活動が麻痺し、金銭的損害が発生し、社会秩序が乱れることを怖れているのだろうと推察する。

私は、警告を発しないことによる、国民の健康被害の発生の方が、格段に重大であると考える。

これは価値判断の問題だ。人の命が大切なのか、金銭や秩序が大切なのかの問題だ。

私は人の命が大切だと思う。


09. 2011年4月07日 14:40:08: AQqyLULhMc
05に全く同意する。
なんの責任もとらず、いたずらに風評被害を煽る08には考え直してもらいたい。

10. 2011年4月07日 14:57:33: u4XbVrP8Gs
↑アホかいな。

大した根拠もなく「安全だ、安全だ」と言い続ける連中の責任はどうなるのだ?
あとになって「実は安全ではありませんでした」と分かった時には、もう取り返しがつかないんだぞ。
どうやって責任を取る?


11. 2011年4月07日 15:03:53: F0hznfT8e2
トンデルモデルはヒロシマ、ナガサキの原爆被爆から、スリーマイル、チュルノブイリ原発事故の低用量放射能の健康被害をうまく説明している、内部被ばくについても新たに組み込み福島原発と周辺を2週間に

わたり現地データを収集し、日本国の発表したデータを入れての画期的な結果であると思います。
3/30日という極めて短時間の仕事であるバズビー教授の報告が住民には避難の目安になるのは確実。

2μSv/h(年間17mSv)が100km圏内での低放射線線量の目安です。Ibaraki など(ベクレルcm2とシーベルトμSv)変換表ものっている。

野菜からのヨウ酸、セイュウム137の高濃度検出、海洋への放射性物質投与による海産物汚染、地下汚染と福島原発事故と汚染対策にまったくめどがたっていません。

長期間になることもあり得るということです。
日本の原発と健康被害の調査は始まったときは東電と国の損害賠償を防止する意図で行われる可能性かあるかもしれません。


12. 2011年4月07日 18:25:21: 3UbsnckrEQ
もう日本人は多かれ少なかれ被曝は避けられず、癌になる確率は高くなる。
よって癌に対する予防や根本治療などの研究に焦点をうつすべきだな。
まだ時間はあるのだから。


13. 2011年4月07日 23:28:45: EELBzLoVUg
05へ
年間40万人増ではなく、2061年までにです。
50年後ですから、一年あたり8000人です。
100mSvで0.5%増という数字がよく言われていますが、
10mSvだと0.05%です。今後数年間で数千万人がこの程度
被曝するとすると、通算で数十万人癌が増えるという可能性が
あるというのは妥当な推測だと思います。

14. 2011年4月08日 02:09:08: MLA0mPheMY
阿修羅にも電力マフィアからの刺客が徐々に増えてきているようだ。
賢明な思考を保ちたい人は注意せられたし。

・稲はチェルノブイリは格納容器が爆発したが、福島はしていないから被害は軽度、と言ったんであって、今格納容器が何機もぶっとんで、既に航空写真で木っ端微塵になってチェルノブイリ以上の放射性物質をまき散らしている現状を恐らく知っていて、知らないふりをしている確信犯。
・低量の放射線で全てが健康になる、という超テキトーな理論を振りかざし、今まで稲のいう値の「軽度」の放射能を受け続けてきた原発周辺の人のガン、白血病、奇形児出産、死産の多さなどには口が裂けても言及しない。
・此奴は電力中央研究所で働く電力マフィアの飼い犬。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素8掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素8掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧