★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 161.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島原発事故の真相隠蔽と処理遅延の本当の理由 = 原発内で極秘に原爆製造が行われていたからでは?(島津洋一・英文記事)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/161.html
投稿者 Orion星人 日時 2011 年 4 月 12 日 12:49:30: ccPhv3kJVUPSc
 

http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=24275

Confused and often conflicting reports out of Fukushima 1 nuclear plant cannot be solely the result of tsunami-caused breakdowns, bungling or miscommunication. Inexplicable delays and half-baked explanations from Tokyo Electric Power Company (TEPCO) and the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) seem to be driven by some unspoken factor.

The smoke and mirrors at Fukushima 1 seem to obscure a steady purpose, an iron will and a grim task unknown to outsiders. The most logical explanation: The nuclear industry and government agencies are scrambling to prevent the discovery of atomic-bomb research facilities hidden inside Japan's civilian nuclear power plants.

A secret nuclear weapons program is a ghost in the machine, detectable only when the system of information control momentarily lapses or breaks down. A close look must be taken at the gap between the official account and unexpected events.

Conflicting Reports

TEPCO, Japan’s nuclear power operator, initially reported three reactors were operating at the time of the March 11 Tohoku earthquake and tsunami. Then a hydrogen explosion ripped Unit 3, run on plutonium-uranium mixed oxide (or MOX). Unit 6 immediately disappeared from the list of operational reactors, as highly lethal particles of plutonium billowed out of Unit 3. Plutonium is the stuff of smaller, more easily delivered warheads.

A fire ignited inside the damaged housing of the Unit 4 reactor, reportedly due to overheating of spent uranium fuel rods in a dry cooling pool. But the size of the fire indicates that this reactor was running hot for some purpose other than electricity generation. Its omission from the list of electricity-generating operations raises the question of whether Unit 4 was being used to enrich uranium, the first step of the process leading to extraction of weapons-grade fissionable material.

The bloom of irradiated seawater across the Pacific comprises another piece of the puzzle, because its underground source is untraceable (or, perhaps, unmentionable). The flooded labyrinth of pipes, where the bodies of two missing nuclear workers―never before disclosed to the press― were found, could well contain the answer to the mystery: a lab that none dare name.

Political Warfare

In reaction to Prime Minister Naoto Kan's demand for prompt reporting of problems, the pro-nuclear lobby has closed ranks, fencing off and freezing out the prime minister's office from vital information. A grand alliance of nuclear proponents now includes TEPCO, plant designer General Electric, METI, the former ruling Liberal Democratic Party and, by all signs, the White House.

Cabinet ministers in charge of communication and national emergencies recently lambasted METI head Banri Kaeda for acting as both nuclear promoter and regulator in charge of the now-muzzled Nuclear and Industrial Safety Commission. TEPCO struck back quickly, blaming the prime minister's helicopter fly-over for delaying venting of volatile gases and thereby causing a blast at Reactor 2. For "health reasons,” TEPCO 's president retreated to a hospital ward, cutting Kan's line of communication with the company and undermining his site visit to Fukushima 1.

Kan is furthered hampered by his feud with Democratic Party rival Ichiro Ozawa, the only potential ally with the clout to challenge the formidable pro-nuclear coalition

The head of the Liberal Democrats, which sponsored nuclear power under its nearly 54-year tenure, has just held confidential talks with U.S. Ambassador John Roos, while President Barack Obama was making statements in support of new nuclear plants across the U.S.

Cut Off From Communications

The substance of undisclosed talks between Tokyo and Washington can be surmised from disruptions to my recent phone calls to a Japanese journalist colleague. While inside the radioactive hot zone, his roaming number was disconnected, along with the mobiles of nuclear workers at Fukushima 1 who are denied phone access to the outside world. The service suspension is not due to design flaws. When helping to prepare the Tohoku crisis response plan in 1996, my effort was directed at ensuring that mobile base stations have back-up power with fast recharge.

A subsequent phone call when my colleague returned to Tokyo went dead when I mentioned "GE.” That incident occurred on the day that GE’s CEO Jeff Immelt landed in Tokyo with a pledge to rebuild the Fukushima 1 nuclear plant. Such apparent eavesdropping is only possible if national phone carrier NTT is cooperating with the signals-intercepts program of the U.S. National Security Agency (NSA).

The Manchurian Deal

The chain of events behind this vast fabrication goes back many decades.

During the Japanese militarist occupation of northeast China in the 1930s, the puppet state of Manchukuo was carved out as a fully modern economic powerhouse to support overpopulated Japan and its military machine. A high-ranking economic planner named Nobusuke Kishi worked closely with then commander of the occupying Kanto division, known to the Chinese as the Kwantung Army, General Hideki Tojo.

Close ties between the military and colonial economists led to stunning technological achievements, including the prototype of a bullet train (or Shinkansen) and inception of Japan's atomic bomb project in northern Korea. When Tojo became Japan's wartime prime minister, Kishi served as his minister of commerce and economy, planning for total war on a global scale.

After Japan's defeat in 1945, both Tojo and Kishi were found guilty as Class-A war criminals, but Kishi evaded the gallows for reasons unknown―probably his usefulness to a war-ravaged nation. The scrawny economist’s conception of a centrally managed economy provided the blueprint for MITI (Ministry of International Trade and Industry), the predecessor of METI, which created the economic miracle that transformed postwar Japan into an economic superpower.

After clawing his way into the good graces of Cold Warrior John Foster Dulles, Eisenhower's secretary of state, Kishi was elected prime minister in 1957. His protégé Yasuhiro Nakasone, the former naval officer and future prime minister, spearheaded Japan's campaign to become a nuclear power under the cover of the Atomic Energy Basic Law.

American Complicity

Kishi secretly negotiated a deal with the White House to permit the U.S. military to store atomic bombs in Okinawa and Atsugi naval air station outside Tokyo. (Marine corporal Lee Harvey Oswald served as a guard inside Atsugi's underground warhead armory.) In exchange, the U.S. gave the nod for Japan to pursue a "civilian" nuclear program.

Secret diplomacy was required due to the overwhelming sentiment of the Japanese public against nuclear power in the wake of the Hiroshima and Nagasaki atomic bombings. Two years ago, a text of the secret agreement was unearthed by Katsuya Okada, foreign minister in the cabinet of the first Democratic Party prime minister, Yukio Hatoyama (who served for nine months from 2009-10).

Many key details were missing from this document, which had been locked inside the Foreign Ministry archives. Retired veteran diplomat Kazuhiko Togo disclosed that the more sensitive matters were contained in brief side letters, some of which were kept in a mansion frequented by Kishi's half-brother, the late Prime Minister Eisaku Sato (who served from 1964-72). Those most important diplomatic notes, Togo added, were removed and subsequently disappeared.

These revelations were considered a major issue in Japan, yet were largely ignored by the Western media. With the Fukushima nuclear plant going up in smoke, the world is now paying the price of that journalistic neglect.

On his 1959 visit to Britain, Kishi was flown by military helicopter to the Bradwell nuclear plant in Essex. The following year, the first draft of the U.S.-Japan security was signed, despite massive peace protests in Tokyo. Within a couple of years, the British firm GEC built Japan's first nuclear reactor at Tokaimura, Ibaragi Prefecture. At the same time, just after the 1964 Tokyo Olympics, the newly unveiled Shinkansen train gliding past Mount Fuji provided the perfect rationale for nuclear-sourced electricity.

Kishi uttered the famous statement that "nuclear weapons are not expressly prohibited" under the postwar Constitution's Article 9 prohibiting war-making powers. His words were repeated two years ago by his grandson, then Prime Minister Shinzo Abe. The ongoing North Korea "crisis" served as a pretext for this third-generation progeny of the political elite to float the idea of a nuclear-armed Japan. Many Japanese journalists and intelligence experts assume the secret program has sufficiently advanced for rapid assembly of a warhead arsenal and that underground tests at sub-critical levels have been conducted with small plutonium pellets.

Sabotaging Alternative Energy

The cynical attitude of the nuclear lobby extends far into the future, strangling at birth the Japanese archipelago's only viable source of alternative energy―offshore wind power. Despite decades of research, Japan has only 5 percent of the wind energy production of China, an economy (for the moment, anyway) of comparable size. Mitsubishi Heavy Industries, a nuclear-power partner of Westinghouse, manufactures wind turbines but only for the export market.

The Siberian high-pressure zone ensures a strong and steady wind flow over northern Japan, but the region's utility companies have not taken advantage of this natural energy resource. The reason is that TEPCO, based in Tokyo and controlling the largest energy market, acts much as a shogun over the nine regional power companies and the national grid. Its deep pockets influence high bureaucrats, publishers and politicians like Tokyo Governor Shintaro Ishihara, while nuclear ambitions keep the defense contractors and generals on its side. Yet TEPCO is not quite the top dog. Its senior partner in this mega-enterprise is Kishi's brainchild, METI.

The national test site for offshore wind is unfortunately not located in windswept Hokkaido or Niigata, but farther to the southeast, in Chiba Prefecture. Findings from these tests to decide the fate of wind energy won't be released until 2015. The sponsor of that slow-moving trial project is TEPCO.

Death of Deterrence

Meanwhile in 2009, the International Atomic Energy Agency (IAEA) issued a muted warning on Japan's heightened drive for a nuclear bomb― and promptly did nothing. The White House has to turn a blind eye to the radiation streaming through American skies or risk exposure of a blatant double standard on nuclear proliferation by an ally. Besides, Washington's quiet approval for a Japanese bomb doesn't quite sit well with the memory of either Pearl Harbor or Hiroshima.

In and of itself, a nuclear deterrence capability would be neither objectionable nor illegal― in the unlikely event that the majority of Japanese voted in favor of a constitutional amendment to Article 9. Legalized possession would require safety inspections, strict controls and transparency of the sort that could have hastened the Fukushima emergency response. Covert weapons development, in contrast, is rife with problems. In the event of an emergency, like the one happening at this moment, secrecy must be enforced at all cost― even if it means countless more hibakusha, or nuclear victims.

Instead of enabling a regional deterrence system and a return to great-power status, the Manchurian deal planted the time bombs now spewing radiation around the world. The nihilism at the heart of this nuclear threat to humanity lies not inside Fukushima 1, but within the national security mindset. The specter of self-destruction can be ended only with the abrogation of the U.S.-Japan security treaty, the root cause of the secrecy that fatally delayed the nuclear workers' fight against meltdown.

Yoichi Shimatsu who is Editor-at-large with the 4th Media is a Hong Kong–based environmental writer. He is the former editor of the Japan Times Weekly. This article is first appeared in the New American Media.


Yoichi Shimatsu is a frequent contributor to Global Research. Global Research Articles by Yoichi Shimatsu
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月12日 13:36:57: 1bI51T5To6
福島1原子力発電所からの混乱してしばしば闘争しているレポートは唯一津波で引き起こされた故障、不手際または伝達不良の結果であるはずがありません。 東電(TEPCO)と経済産業省(METI)からの不可解な遅れと生半可な説明は何らかの言外の要素によって運転されるように思えます。
福島1の煙と鏡は確固たる目的、強固な意志、および部外者にとっての、未知の嫌な仕事をあいまいにするように思えます。 最も論理的な説明: 核産業と政府機関は、日本の民生用原子力発電所の中に隠された原子爆弾研究設備の発見を防ぐためによじ登られる予定です。
秘密の核兵器計画はマシンの幽霊です、情報管理のシステムがしばらく経過するか、または故障する場合にだけ、検出可能です。 公式説明と予期せぬ出来事のギャップでよく見るのを取らなければなりません。
矛盾した報告
TEPCO(日本の原子力オペレータ)は、初めは、3個の原子炉が3月11日の東北地震と津波時点で作動していたと報告しました。 そして、水素爆発はUnit3、プルトニウムウラン混合酸化物(または、MOX)における走行を裂きました。 ユニット6はすぐに操作上の原子炉のリストから見えなくなりました、プルトニウムの非常に致命的な粒子がUnit3からうねったので。 プルトニウムは、より小さくて、容易により渡された弾頭のものです。
炎はUnit4原子炉の破損しているハウジングの中に発火しました、伝えられるところによれば、乾いた冷却水槽の中で使用済みウラン燃料ロッドを過熱するため。 しかし、炎のサイズは、この原子炉が熱く電気発生以外の何らかの目的に立候補していたのを示します。 発電操作のリストからの省略はUnit4がウラン(武器を製造できる品質の核分裂性物質の抽出につながる過程の第一歩)を濃縮するのに使用されたかどうかに関する疑問を挙げます。
太平洋の向こう側の照射された海水の花はパズルの別の断片を包括します、地下ソースが追跡不可能、そして、(おそらく口にできない)であるので。 パイプの水につかっている迷路はたぶんプレスに明らかにされる前に、決して2人の行方不明の核労働者でないボディーが見つけられたところに神秘の答えを保管しているでしょう: なにも命名する勇気がない研究室。
政略戦
管直人首相の問題の迅速な報告の要求への反応で、親核のロビーは列の間を詰めました、極めて重要な情報から首相のオフィスを仕切って、凍えさせて。 核提案者の壮大な同盟は、現在、TEPCO、プラントデザイナーゼネラル・エレクトリック社、経産省、前の与党自民党、およびすべてのサインによるホワイトハウスを含んでいます。
コミュニケーション担当の閣僚と有事は、最近、現在口輪をかけられたNuclearとIndustrial Safety委員会を担当して核プロモーターと監視委員の両方として務めるために経産省ヘッドBanri Kaedaを非難しました。 TEPCOはすばやく逆襲しました、オーバー首相のヘリコプター飛ぶのであるのが、揮発性ガスをもらってその結果、Reactor2で爆破を引き起こすのを遅らせるのを責めて。 「健康上の理由」のために、TEPCOの社長は病棟に退却しました、会社のカンの通信回線を切って、福島1への彼の査察をひそかに害して。
小沢民主党のライバルの一郎、勢力がある唯一の潜在的同盟国との彼の不和によって妨げられて、あなどりがたい親核の連合に挑戦して、カンは促進されます。
ほとんど54年の終身在職権の下で原子力を後援した自由民主党員の頭はちょうど米国のAmbassadorジョン・ロスとの打ち明け話を保持したところです、バラク・オバマ社長が米国中の新しい原子力発電所を支持して声明を出していた間
コミュニケーションから、断ち切られます。
分裂から最近の私の電話まで東京とワシントンとの明かされていない会談の物質を日本人のジャーナリストの同僚に推量できます。 彼のローミング番号が放射性熱いゾーンの中で外されていた間、否定される福島1の原子力作業従事者のモバイルと共に、外の世界へのアクセスに電話をしてください。 サービス停止は設計上の欠陥のためではありません。 1996年に東北危機対応計画を準備するのを助けるとき、移動基地局にはバックアップパワーがあるのを確実にするのが速い再充電で私の努力に向けられました。
私の同僚が帰京したとき、私が「ゲー」について言及したとき、その後の電話はばかになりました。 その事件はGEの最高経営責任者ジェフImmeltが福島を再建する誓約がある東京に1つの原子力発電所を着陸させた日に起こりました。 国家の電話キャリヤーNTTが米国国家安全保障局(NSA)に関する信号インタセプトプログラムと協力している場合にだけ、そのような見かけの雨垂れは可能です。
Manchurian取引
この広大な製作の後ろの一連の出来事は数十年を支持するために動きます。
1930年代の北東の中国の日本の軍国主義者占領の間、支持する完全に現代の経済大国が日本とその軍事機構を人口過剰にしたとき、Manchukuoの傀儡国家は開拓されました。 Nobusuke岸という上位の経済計画者は次に、Kwantung陸軍として中国人に知られている、占領している関東の分割の指揮官と共に緊密に働いていました、司令官のHideki Tojo。
軍事の、そして、植民地のエコノミストの間の密な結びつきはびっくりするほどすごい技術的な実績につながりました、超特急(または、Shinkansen)の原型と北韓国の日本の原子爆弾プロジェクトの始まりを含んでいます。 Tojoが日本の戦時首相になったとき、岸は、彼の商業と経済の大臣として役目を果たしました、世界的規模で総力戦の計画を立てて。
1945年の日本の敗北の後に、Tojoと岸の両方がA級戦犯として有罪であることがわかりましたが、岸はたぶん理由未知のために絞首台を回避しました。戦争で荒廃する国への彼の有用性。 やせているエコノミストの中央管理的な経済体制に関する概念は通産省(通商産業省)、経産省の前任者に青写真を提供しました。(経産省は、戦後の日本を経済超大国に変えた経済の奇跡を引き起こしました)。
Cold Warriorジョン・フォスター・ダレスの良い恩恵にかき分けて進んだ後に、アイゼンハワーの岸国務長官は1957年に首相に選出されました。 彼のプロテジェYasuhiro中曾根(元海軍士官と将来の首相)は、Atomic Energy基本法のカバーの下で核兵器保有国になる日本のキャンペーンの先頭に立ちました。
アメリカの共犯
岸は、米軍が沖縄と東京の外の厚木の海軍航空基地に原子爆弾を格納することを許可するために秘かにホワイトハウスとの取引を交渉しました。 (海洋のリー・ハーヴェイ伍長のオスワルドは護衛として厚木の地下弾頭兵器庫の中に勤めました。) 交換では、日本が「民間である」核開発計画を追求するように、米国はうなずきを与えました。
秘密外交が日本人の公衆の圧倒的な感情のため原子力に対して広島と長崎の原爆投下の後で必要でした。 2年前に、密約のテキストはKatsuya岡田、第1代民主党首相の鳩山幸雄(2009-10から9カ月役立った)のキャビネットの外務大臣によって掘り出されました。
多くの主要な詳細がこのドキュメントからなくなっていました。(それは、外務省アーカイブでロックされました)。 退職した老練な外交官Kazuhikoトーゴは、そのより敏感な件が簡潔な補足文書に含まれたのを明らかにしました。その或るものは岸の異母(父)兄弟、故首相Eisaku佐藤(1964年から1972年までの間、役立った)によってよく行かれた大邸宅に保たれました。 トーゴは、それらの最も重要な外交注意が取り除かれて、次に見えなくなったと言い足しました。
これらの示現は、日本の主要な問題であると考えられていましたが、西側メディアに主に無視されました。 福島原子力発電所がだめになっていて、世界は、現在、そのジャーナリスティックの無視について代価を払うことです。
1959年のイギリスへの彼の訪問に関して、岸は過ごされて、軍がエセックスのブラッドウェル原子力発電所にヘリコプターで飛ぶということでした。 翌年、大規模な平和デモにもかかわらず、日米セキュリティの最初の草稿は東京に調印されました。 2、3年以内に、イギリスの堅いGECは東海村、茨城県で日本の最初の原子炉を建設しました。 同時に、1964年の東京オリンピックのすぐ後に、富士山の先を滑走する新たに公開されたShinkansen列車は、核に出典を明示された電気に完全な原理を提供しました。
岸は戦争をしかけが動かす戦後の憲法のArticle9禁止で「核兵器は明白に禁止されていない」という有名な声明を発声しました。 2年前に彼の孫息子、当時の首相安倍晋三によって彼の言葉を繰り返して言われました。 進行中の北朝鮮「危機」は政治的エリート集団のこの第三世代子孫が核武装している日本の考えを広める口実として機能しました。 多くの日本人のジャーナリストと諜報活動の専門家は、秘密のプログラムが弾頭蓄えの迅速構築のために十分進んで、そんなに地下では、臨界未満のレベルにおけるテストが小さいプルトニウムペレットで行われたと仮定します。
代替エネルギーを故意に妨害します。
核ロビーの皮肉的な態度は遠くに未来まで広がっています、出生で日本の諸島の代替のエネルギー沖へ吹く風パワーの唯一の実行可能な源を絞め殺して。 何10年間もの研究にもかかわらず、日本には、中国の風力エネルギー生産、匹敵するサイズの経済(さしあたり、とにかく)の5パーセントしかありません。 三菱重工業(ウェスチングハウスの原子力パートナー)は風力タービンを製造していますが、輸出にはだけ、売り出してください。
シベリアの高圧帯は北日本の上の強くて安定した風の流動を確実にしますが、その領域の公益事業会社はこの自然エネルギーリソースを利用していません。 理由は、東京に拠点を置いていて、最も大きいエネルギー市場を支配して、TEPCOが将軍として9つの地方の電力会社と国家の格子の上にたくさん務めるということです。 豊かな財源は出版社の高い官僚に影響を及ぼします、そして、政治家は東京都知事の石原慎太郎が好きですが、核開発の意図は側に防衛関係の請負業者と司令官を保ちます。 しかし、TEPCOはかなりの勝者ではありません。 このメガ企業の代表社員は岸の発明、経産省です。
残念ながら、沖へ吹く風のための国家の実験場は東南により遠くに吹きさらしの北海道か新潟に位置していません、千葉県で。 風のエネルギーの運命について決めるこれらのテストからの調査結果は2015年まで発表されないでしょう。 その遅い移動式である試案のスポンサーはTEPCOです。
抑止の死
その間、国際原子力機関(IAEA)は、2009年に、核爆弾を求める日本の高められた運動に関する音を消された警告を発行して、即座に何もしませんでした。 ホワイトハウスは同盟国による核拡散のあからさまなダブルスタンダードのアメリカの空かリスクへの暴露で放射線ストリーミングを看過しなければなりません。 そのうえ、日本の爆弾へのワシントンの落ち着いた賛成は全く真珠湾か広島のどちらかの記念に受け入れられるというわけではありません。
そういうものとして、核抑止力能力は、日本語の大部分がArticle9への憲法修正を支持して投票したありそうもない出来事で好ましくなくなくて、また不法でないでしょう。 合法化された所有物は福島の緊急時対応を急がせたかもしれない種類の安全検査、厳重な管理、および透明性を必要とするでしょう。 対照的に、ひそかな兵器開発は問題に充満しています。非常時に、この瞬間起こるもののように、それが無数のhibakushaの、または、核の犠牲者を意味しても、秘密主義はすべての費用で励行されなければなりません。
大国状態への地方の抑止システムとリターンを可能にすることの代わりに、Manchurian取引は現在世界中の放射を吐く時限爆弾を植えました。 国家安全考え方の中に人類へのこの核脅威の心のニヒリズムが福島1の中にあるのではなく、あります。 自滅の幽霊は単に日米安全保障条約(致命的に炉心溶解に対する原子力作業従事者の戦いを遅らせた秘密主義の根本的原因)の廃棄で終わることができます。
第4メディアがある全体のEditorである余市Shimatsuは香港を拠点とする環境作家です。 彼はジャパンタイムズWeeklyの元エディタです。 この記事はアメリカのメディアが最初にNewに現れたということです。

余市ShimatsuはGlobal Researchの頻繁な貢献者です。 余市Shimatsuによるグローバルな研究記事


02. 2011年4月12日 14:07:33: lqOPOFnyLE
これは、空耳の欄への投稿が適切です。

03. 2011年4月12日 14:08:33: PWVCNAYSYM
 陰謀論者にとっては、日本が秘密に核兵器の開発を行っていることは驚くべきものでない。自衛隊か秘密の政府機関が開発を担当し、東電が施設と人を提供してのでないだろうか。兵器級のプルトニウムの製造がもっともありそうである。本来は高速増殖炉でプルトニウムは製造できるが、3号機で製造し、4号機の燃料プールに保存しておく計画だったのであろう。使用済み核燃料はフランスに頼んでプルトニウムを抽出できる。MOX自体は不要になったプルトニウム原爆をリサイクルして使うためであり、核大国のおしつけであったようだ。
 今回、福島原発を廃炉にし、世界の使用済み燃料の捨て場にしようという陰謀がめぐらされるようになったようだ。
 イランでは兵器級のウラン精製技術の開発を行っているようだが、日本で開発するとなるとレーザーを応用したウラン精製技術の開発をしてたのでなかろうか。この記事が信頼おけるものとすると、4号機か6号機が沸騰型原発などでなく、ウラン精製のプラントだったのかもしれない。
 以上はいずれもわたしのプアな論であるので、参考にしてもらえればありがたい。

04. 2011年4月12日 14:33:21: R18p7839dM
このサイトは信用できるの?なんだか怪しいんだけど・・・

05. holycco 2011年4月12日 15:54:11: VcIQy7GDfCEs6 : S4mBZYWrzA
そうではないかと思っていました。
原爆、または核兵器を作っていて、この災害でそれが発覚してはまずいと必死なんだろうか・・・・?と。


06. 2011年4月12日 16:11:39: ToPERox7Js
グローバルリサーチは知見の宝庫。試しに何本か読んでみると、世界が変わって見えるよ。

07. 2011年4月12日 19:00:33: R18p7839dM
読んでみろと言われても、英語が読めません。誰か訳してくれますか?

08. 2011年4月12日 23:21:55: FFuNfLHeO2
07さんへ
01コメントはWeb翻訳です。

09. 2011年4月13日 10:25:05: zf5H3aPheo
隠して持つ核兵器などなんの抑止力にもなりませんがなんのメリットがあるのでしょうか?

10. 2011年4月13日 17:06:04: 3IjTqkV7Vc
「テレビタクル」で与党のある議員が・・格納容器のなかを知ることが禁じられていて、東電社員すら近づけない[軍事機密がある・・]と発言してた。
原発暴走で真っ先に、横須賀から福島沖に米空母が張り付いたのも合点がいく。

11. 2011年4月18日 19:12:09: XHsRc57CHk
そう言えば、テントで覆うとか、カバーをかけるとか、言ってましたね、
水素爆発しそうなのに、テントなんて...って思ったけど、そう言う訳だったのか...

昔から、日本の技術力は進んでいて、核弾頭は一週間で作れるという都市伝説がありましたが、普通に作っていたんですね、

海外からの協力を次から次へと断ったり、いくらなんでも、対応の遅さが半端でないと不思議に思っていましたが、その訳がわかりました。


12. 2011年8月18日 00:31:23: ZEZF9MXti2
フランスから濃縮率98パーセントのプルトニュームが返還されとんのに
何で原発で原爆を作る必要が有るんだか?
軽水炉で生まれるプルトニュームなんざ効率が悪すぎて意味無しやで
実際には高濃縮プルトニュームが有るから1週間でも作れるのは事実。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧