★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 280.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島:チェルノブイリと同じくらい悪いのか?(BBC)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/280.html
投稿者 無段活用 日時 2011 年 4 月 14 日 15:05:26: 2iUYbJALJ4TtU
 

http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-13048916

2011年4月12日最終更新11:09GMT

福島:チェルノブイリと同じくらい悪いのか?

リチャード・ブラック
BBCニュース、環境担当


チェルノブイリは普通、「世界最悪の原子力事故」と呼ばれている。それには、十分な理由がある。

作動中の原子炉が火災を起こし、爆発した。放射性の破片は3万フィート(9,150m:投稿者)上空まで舞い上がった。旅客機がいつも飛んでいる高度だ。

その破片の一部は数千キロの彼方で落下した。それが濃縮されて、地元で産出された肉を食べたり牛乳を飲むことが禁止されるだけの強さになった。

日本の福島の事故が、国際原子力事象評価尺度(INES)に基づいて、最大級のレベル7に格上げされ、チェルノブイリと同格とされた。

さらに、発電所を運営する東京電力(TEPCO)の広報担当者は、最終的には、福島の事故はむしろチェルノブイリよりも悪くなるかも知れないと示唆した。

しかし、技術者たちの間では、この見解は優勢でないようだ。これは、日常的に原発を支える技術者たちにも、かつて原発に批判の声をあげてきた人たちにも共通している。

「レベル7という分類は、放射線の漏れが広範囲な環境に及んでいるという意味だ。だから『チェルノブイリと同様だ』と解釈されるだろうが、実際は同じじゃない」と、イギリス・サリー大学の物理学教授、パディ・リーガン氏は語った。

「放出された放射線量はずっと少なく、放出のされ方もかなり異なる。」

「チェルノブイリの火災は、大量の放射性物質を大気中に放出し、放射性物質はかなり遠方まで運ばれた。今回も、何度か放出があったが、それは原子炉からガスをベントしたときのもので、その後、放水によって冷却されている。」

引退したオーストラリアの原子力安全専門家、ドン・ヒグソン氏の言葉は、より核心を突いている。

「私の考えでは、[福島をチェルノブイリと同格に扱うのは]ナンセンスだろう」と、同氏は語った。

同氏の話では、チェルノブイリの爆発から1カ月で、134人の作業員が重度の放射線病で入院し、31人が死亡している。

福島では、入院者もいなければ、死亡者もいなかった。(何人かの作業員が被曝による火傷で病院に運ばれたが、これは重度の放射線病ではない。)


2つの単位

ではなぜ、格上げされたのか?

発電所で事態が悪化したという意味ではない。実際、完璧にコントロールできてはいないが、東北で起きた地震・津波の後の数日間に比べれば、事態は著しい安定を見せている。

これはむしろ、日本の原子力安全・保安院(NISA)が事故のデータを再分析し、総合的に、放射能の放出が、レベル7の範疇に区分されるという意味で決められた。

INES尺度を利用する諸機関のために、国際原子力機関(IAEA)が出版したマニュアルは218ページに及ぶ。

事故の規模を評価する基準の一つは、放出された放射性物質の総量だ。

これは、まず、各種の放射性同位体それぞれの放出量を合算し、次に、個々の同位体について、その性質に関連した変換係数をそれぞれ掛け合わせ、さらに、その結果得られた数値を合計することによって、算定される。

放射能は、ベクレル(Bq)という単位で計測される。この百万の百万倍(つまり、1兆倍:投稿者)がテラベクレル(TBq)だ。

レベル7の格付けの定義は、「数万テラベクレル以上のヨウ素131を大気中に放出したときと同量に相当する量の、放射性物質の放射能が環境に放出される結果をもたらした事象」だ。

NISAは福島の数値を、37万テラベクレルのヨウ素131に相当すると算出している。日本のシステムでの上位機関にあたる、原子力安全委員会は、63万テラベクレルだと語る。

チェルノブイリの520万テラベクレルの排出量と比べれば、規模は段違いに小さいが、双方のいずれをとっても、INES尺度でのレベル7に格付けされる閾値を、明らかに超える事象だ。

しかし、人々への危険については、このことから何も分からない。

ベクレルは、放射能が減衰する度合いを示す尺度だ。1個の原子核が1秒ごとに崩壊するとき、それが1ベクレルと定義される。

これと対照的なのが、シーベルトだ。この1カ月間の報道でよく使われてきた別の単位で、個人が浴びる放射線の医学的な影響に重点を置いた尺度だ。

さらに、大量のベクレルは、大量のシーベルトに自動的に変換されるわけではない。

「スリーマイル島・チェルノブイリ・福島を比較するのは難しい。なぜなら、放射性物質の放出が異なるし、人口分布も異なるからだ」と、イギリスに拠点を置く、独立の原子力技術者、ジョン・ラージ氏は語る。

「ウクライナや白ロシア(現在のベラルーシ)では、もともと人口が希薄だが、日本では、非常に密集した地域に、知的水準の高い一般市民が生活している。」

「国の対応も異なる。チェルノブイリでは、大量の作業員が健康への配慮がないまま投入された。しかし、日本は民主主義の国だ。」

別の分野では、避難地域を設定し、人体と食料への被曝量測定を当初から実施し、ヨード剤を配布した、日本の迅速な決定は賞賛を受けている。さらに、一般市民に発表された勧告や警告の量も、チェルノブイリの後に続いた沈黙とはかなり異なる。もっとも、別の分野では、日本の勧告の一部の質とタイミングについて、批判はあった。


使用済みとはならなかった

それでも、原子力専門家たちは、福島の状況は未だ非常に流動的だと警告している。

原子炉1・2・3号機に大部分の注目が集まっているが、4号機建屋内の使用済み燃料プールについても不安がある。

津波発生後の1週間で、プールが空になっていったことが明らかになった。つまり、燃料棒が発熱を続けていたのだ。

これは、おそらくジルコニウム合金が破損し、水素が発生した可能性があり、そして、東京電力が認めたのだが、核の連鎖反応が始まる危険性があったという意味だ。

「プールには250トンの物質が存在しており、大気中に放出される可能性は非常に高い」と、ラージ博士は語った。

「エネルギーについての事象が発生していたなら、膨大な量の放出物が実際に発生していただろう。」

優先すべきことは、現在続けられているように、燃料プールや原子炉本体に適量の冷却水を供給し続けることだ。余震となる地震や悪天候が、これ以上、作業を妨げることがないよう望みながら。

------------------------------------------

(投稿者から)

イギリスBBCサイトに掲載された記事です。「レベル7」の意味を解説しています。誤訳があるかも知れません。御容赦下さい。

記事によれば、レベル分けは、あくまでも技術的な問題として考えた方がいいでしょう。数字に惑わされず、事態を見守るのが賢明なようです。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月14日 15:59:54: Stp65zxPbI
これは、あくまでイギリス国民向けの情報操作です。
先ずサリー大学の物理学教授、パディ・リーガン氏の事実認識に誤りがあります。
>何度か放出があったが、それは原子炉からガスをベントしたときのもので、・・・
1号機3号機の水素爆発は?

翻訳に誤りがあります。
>・・・その後、放水によって冷却されている。
原文は>then released some cooling water.
全文の>here, there have been a couple of releases に注目すれば、冷却のための放水が(環境中に)漏れ出ていることに言及していると解すことができる。つまりピットにある高濃度汚染水が海洋に垂れ流しになっていたことを示している。
意図的な誤訳でしょうか?

>記事によれば、レベル分けは、あくまでも技術的な問題として考えた方がいいでしょう。数字に惑わされず、事態を見守るのが賢明なようです。
工作員確定です。


02. 無段活用 2011年4月14日 16:32:03: 2iUYbJALJ4TtU : UsExKLOGck
>>01

私の誤訳ですね。

"here, there have been a couple of releases where they've vented [gas from] the reactor, and then released some cooling water."

「福島では、原子炉からのガスをベントした箇所で数度の放出があり、その後、
冷却水の放出があった。」

ここでの「冷却水の放出」は、「低濃度汚染水の海中投棄」と発表されている事
象か、それとも、ご指摘の、「高濃度汚染水の垂れ流し」か、それとも、その両
方か、でしょうか。

ご指摘ありがとうございます。

>工作員確定です。

それは、私の他の投稿やコメントを読めばわかります。


03. 2011年4月14日 18:08:04: VeBRKyiFV6
先日の NHK の夜のニュースの中での現場作業員へのインタヴューは、凄い重要な事を2つ明かしてクレタと思う!!!!!!!!!!!!!!!!

1. 水素爆発で吹き飛んで粉々に為って飛び散って落下した放射性物質 ( コレはモウ、誰が否定しようとアノ14日の3号炉の大爆発で吹き飛ばされた使用済み又は使用前の人類が始めて経験するプルトニウム・ウラン混合 MOX 核燃料の生の残骸に間違いナイ! )が、配管等に付き刺さっていて、ソコから猛烈に高い濃度の放射能を発していると言うコト!!!!!!!!!!!!!!!!

2. NHK のディレクターが作業員に対して、現場の作業の進捗状況を山登りに例えると何号目ぐらいデスカと問うたのに対して、


「 マダ麓から茫然と山を見上げている状態で、山登りの緒にさへ着いてナイ!!!!!!!!!!!!!!!! 」


という絶望的なコメントを残したコト!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

BBC のリチャード・ブラック


醜いネ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

3週間前の事故発生当初、ヤツは非常に的確なリポートを現地福島から伝え、日本政府と東電の隠蔽行為を激しく糾弾して来た筈なのダガ、この所の世界の大手メディアの中には、コノ BBC のリチャード・ブラックの様に向こう側に寝返った奴等がボチボチ出ている!!!!!!!!!!!!!!!!


何故ソウいう動きが始まったかと言うと、福島原発事故を機に現在 地球的規模で巻き起こってる 『 反原発 』 の動きを何トカ食い止めたいと、ロスチャイルドを中心にした " 原子力ロビー " が、必死に為って 「 世界の御用学者や似非専門家、ジャーナリスト 」を札束で丸め込み、福島の事故の大きさを矮小化しようとしている必死な訳でアル!!!!!!!!!!!!!!!!!!

つまり、判り易く喩えるならば、リチャード・ブラックが RichardKoshimizu に為ってシマッタという事ダ!!!!!!!!!!!!!!!!


もう一つソノ最も判り易い例を惹くと、

New York Times は3月25日付けの初稿の段階で、ハッキリと


『 福島原発3号炉格納容器には、上から下に向かって大きな明らかな亀裂が入ってる、ソレは水に浸されている部分に迄伸びてイル!  」


という大変に十時なスクープとも取れる東燃の幹部談話を伝える記事を初稿の段階で載せていたのだが、数時間後には、完全にソノ部分を削除して記事を差し替えてシマッタのでアル!!!!!!!!!!!!!!


チャント証拠が残ってる!!!!!!!!!!!!!!!!!!


http://enenews.com/definite-fukushima-no-3-has-long-vertical-crack-down-side-reactor-vessel-nuclear-exec


つまり、アル筋からの圧力が掛かってコノ日本国民にとっても世界の一般市民にとっても重要なニュースを削除せざるを得なかったというコトだ!!!!!!!!!!!!!!

少し大まかな言い方にナルが、IAEA を含めたアメリカ・フランスを中心とした " 世界政府 " と云うのは、先日のオバマ演説に見られる通り、基本的に今だもって、原発推進の立場を堅持している!!!!!!!!!!!!!!

IAEA が誠実にも、日本政府の意に反して、飯館村は基準値を超える放射能が検出されてイルから日本政府は退避勧告すべきダト、当初あれ程ハッキリと声明を出していたのに、後に為って突然、


「 飯館村の皆さん、そのママ住み続けてイイわよ!!!!!! ドウヤラ、私達の検査値が間違ってたミタイ! 」


ナンテ、世界の権威ある原子力機関としては、赤っ恥を世界に晒すかの様なトンデモナイ前代未聞の呆れた " 前言撤回宣言 " をヤッテのけたのでアル!!!!!!!!!!!!!!!!!!


実際にヤッテ来て福島各地の放射能値を測定した IAEA 職員 - 勿論タッタ一人の職員が測った訳では無く、チームでの作業ダッタ訳で - の名誉の為に言えば絶対にソンナ破廉恥なケアレス・ミスを犯す訳ネーだろ、アホ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ソノ前言撤回宣言が行なわれたのは、チームが日本を離れた後のコトだ、舐めとるんか!!!!!!!!????????


完全に IAEA の意思決定の最上部で作為的な命令を下すべく圧力が何処かカラか、掛かったというコトだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

日本政府に泣きつかれたアメリカ政府からの指示と考えるのが最も自然ダガ、IAEA 自体が今でも原発推進の立場を堅持しているので、カンカラ菅が同じ日本人の天谷事務局長に直接泣きを入れた可能性もアル!

マァ、しかし、何れのケースでアロウとコイツ等は 「 原発推進 」 という立場で同じ穴のムジナなのダカラ何ダッテやるダロウ!!!!!!!!!!!!!!!!!!


故に私達はコレから、海外からのニュースに接する時に非常な注意を要する!!!!!!!!!!!!!!!!!!

原発推進国の大手メディアは、例外ナク
これから、福島原発事故の重大性を矮小化する立場から紙面構成して来る - 正にコノ リチャード・ブラックの記事の様に福島原発事故の影響は大したモノではナイという、金でロスチャイルドに横面を張られたインチキ・イカサマ似非学者共の説ダケを取り上げる様に為る - か、福島原発事故のニュース自体の取り扱いを小さくスル方向に舵を切るダロウし既にソノ傾向が現れ始めてイル!!!!!!!!!!!!!!!!!!

但し、ソレで一般市民が納得スル筈も無く、コレからは

Main Street ( 世界の一般市民 ) VS   Wall Street   ( 世界の原子力ロビーと原子力を推進する " 世界政府 " )


との仁義無き闘いが勃発スルだろうと思われる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



04. 2011年4月15日 13:48:59: zxRwWYtUnA
どこの国にも御用学者は掃いて捨てる程いるってことがよくわかる。知ってはいたが。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧