★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 281.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
仏アレバ、米GEトップが来日 目当ては「フクシマ」廃炉ビジネス(J-CAST)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/281.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 4 月 14 日 15:19:22: igsppGRN/E9PQ
 

仏アレバ、米GEトップが来日 目当ては「フクシマ」廃炉ビジネス
http://www.j-cast.com/2011/04/14092836.html?p=all
2011/4/14 12:25 :J-CAST

綱渡りの状態が続く福島第1原発対策を支援する名目で、世界最大の原子力企業、仏アレバと米ゼネラル・エレクトリック(GE)首脳が次々に来日した。アレバは仏政府など政府関連機関が9割の株を持つ事実上の国営会社だけあって、サルコジ仏大統領もわざわざ東京にやってきた。

人道的な支援という目的はもちろんだが、真な狙いは廃炉をはじめとする今後の「フクシマ」の商機にかかわろうとすることに他ならない。世界に広がっていた「原子力ルネサンス」のムードを吹き飛ばした今回の事故への不安を早期に火消ししようとの意味もある。

プルトニウムの取り扱いはフランスの得意分野

動きが早かったのはアレバだった。「フクシマ」の建設には直接かかわっていなかったが、東日本大震災発生から1週間以内に、提携先の三菱重工業を通じて、東京電力や日本政府に具体的な支援策を申し出たとされる。さらには、2011年3月末のアンヌ・ロベルジョンCEO(最高経営責任者)とサルコジ大統領の来日に合わせ、フランスの放射性廃棄物処理の専門家も来日し、プルトニウムを含む放射性物質漏えいの危機管理を支援することになった。特にプルトニウムの取り扱いはフランスの得意分野であり、日本にとっても心強いのは確かだ。

アレバ首脳の訪日について三菱重工の幹部は「目的は廃炉ビジネス」と明確に指摘する。アレバは核燃料から原子炉の製造まで手がける世界最大の原子力総合企業だ。

フランス政府が、欧州での原発受注が一巡した後、日米企業と互角に戦うため2001年、原子炉製造の「フラマトム」と核燃料を製造する「コジェマ」の経営統合を後押しした経緯がある会社。これまでに1979年の米スリーマイル島原発の事故処理を手がけたほか、1986年のチェルノブイリ原発事故では廃炉の作業工程を受注するなど、世界を見渡しても原発事故処理では右に出る企業はないと言っていい。

一方、「フクシマ」は第1、第2ともにGEが開発した「沸騰水型(BWR)」と呼ばれる原発でもある。なかでもGEは「今最も危険な状態」(政府関係者)と言われる第1原発の中の1号機の原子炉製造などを担当した。

GEは日立と廃炉に向けた事業計画を練る?

1号機の危機脱出を助けるだけでも、多忙を極めるジェフリー・イメルト会長兼CEOが4月上旬に来日した理由として十分ではあるが、それだけが目的ではない。GEは2007年に原子力部門を統合した日立製作所とともに、廃炉に向けた事業計画を練る方向にあり、日立の中西宏明社長とともにそのことを東京で確認したと見られる。

さらには東電の勝股恒久会長、海江田万里経済産業相と相次いで会談。11年夏の電力不足に備えて火力発電所用のガスタービンなどを提供する考えを示すとともに、廃炉に向けた事後処理支援を申し出た。こうしたなか、東芝も米原発機器メーカー、バブコック(B&W)とともに「10年で廃炉」などにわかに信じがたい短期処理の提案を東電にしており、今後の行方が注目される。

また、アレバ、GEのトップが来日した背景には、世界中で連日、「フクシマ」の危険な状況が伝えられるなか、原発推進の国益を背負いつつ、数少ない世界の「原発メジャー」として事態を早期に収束させたい、との思惑がある。オバマ米大統領が、リビア情勢など世界に気がかりなことがいくつもある中で、「フクシマ」に最大限のエネルギーを振り向けるのは、原発の旗を振り続けるためだ。電力の8割近くを原子力に依存するフランス政府も、アレバを後押ししつつフクシマの沈静化に注力する構えだ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2011年4月14日 15:26:02: 9XFNe/BiX575U : Dqc5CGFSuB
東芝は事業の集中と廃止を間違えましたね。原発に間違っても深入りするべきではなかった。三菱重工や日立と比べても、東芝は原発に入れあげすぎた。10年で事故処理などできるはずがない。これで、原発メーカーとしての存在価値を示そうとしているのだろうが、却って、馬脚を現すと思う。

10年でなどと言わず、この際、原発はやはり日本では無理だったときちんと宣言して、廃炉ビジネスに転換するべきだ。それも、20年とか30年のタイムスケジュールでやるべきだ。それなら、ある程度、信頼性がある。10年では放射能は充分には低減しないのだから。


02. 2011年4月14日 19:07:02: 4TaaYAmBXK
>>01 氏に一部同意

確かに汚染水処理と、原子炉を定常冷却に持って行くだけでも、1〜2年かかるでしょう。放射線の強い瓦礫を排除しながら作業するわけですから。

また、業界雀の日経などが一頃「事業の選択と集中」をはやしていたが、今回の震災や原発事故に直面すると、事業所立地面や、事業内容面でのリスク分散も必要なことが分かる。


03. 2011年4月23日 21:34:16: Get9aY0xRA
日本産の原子力産業が全部パーになるのはほぼ確定ですからね。あとは技術だけを安値で東芝から買取り、それで世界の原子力市場を一気にぶんどる千載一遇の機会というわけですか。
廃炉ビジネスならば、だらだらと長く続けたほうが金になるしな…

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧