★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 348.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島原発事故現場で働く人たち! (「日本人」の研究!)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/348.html
投稿者 七転八起 日時 2011 年 4 月 15 日 17:33:14: FjY83HydhgNT2
 

http://cpt-hide-cook.seesaa.net/archives/20110414-1.html


  歴史学者の秦郁彦さんが
今回の原発事故に対して
1939年のノモンハン事件に例えて、
 大変、的を得た表現をなさっている。
 
秦氏によると
 1939年に、満州国・モンゴル国境のノモンハンで、
日本の関東軍と旧ソ連軍が戦った。

双方とも2万余の死傷者を出した後、
停戦になったがソ連軍指揮官の
ジューコフ将軍は敵の日本軍について、

「下士官兵は優秀、下級将校は普通、上級幹部は愚劣」
と評した。

 この“3段階評価”は、戦後の日本社会にも
あてはまりそうだと考えていたが、
今回の東日本大震災、なかでも福島第1原発事故への
対処過程を眺めていて、さらにその思いを強くした。
 ノモンハン事件は、山中峯太郎著の標題を借りると、

「鉄と肉」との戦いだった。

第一線の兵士たちはソ連軍戦車に対し、
ガソリンをつめた火炎ビンの肉薄攻撃で対抗した。

昼は40度、夜は氷点下の大草原にスコップで
掘った壕に潜み、食料も水も弾薬の補給も
途切れがちの過酷な環境で全滅するまで戦い抜く。

 新聞やテレビなどの報道によると、
福島第1原発の作業員の生活環境は、
ノモンハンと甲乙つけがたい悪条件らしい。

防護服での作業を終えて
、夜は鉛入りのシートを廊下や
トイレの前に敷き、1枚だけの毛布にくるまり
数百人が雑魚寝しているという。

 入浴もできず、1日2回の食事は非常食だけという、
栄養失調すれすれのカロリーしかとっていないとなれば、
避難所暮らしより辛いのかもしれない。

それでも苦情ひとつ言わず、逃げ出しもせず、
黙々と目に見えぬ放射能と戦いつづけている。
彼らを放置している上級幹部の愚劣さ加減を
見抜いたフランス紙ルモンドは、
「下らない政府の下でよく国民はがんばっている」
と皮肉った。

日本人の忍耐を称賛する海外メディアが目につくが、
司令塔の政府と東京電力は
「複雑で硬直的な官僚的運営で何も決定できない」と、
ロシア紙イズベスチアに指摘されるまでもなく、
国民の多くがそれに気づいている。

 それでも、巨大地震と大津波の被災地は
自治体と地縁共同体の連携プレーで
少しずつ立ち直りだしているが、
原発事故の方はさっぱり先が見えてこない。

 ノモンハンでの敗戦を招いたのは、
大本営と関東軍のエリート参謀たちが根拠もなしに、
「ソ連軍は弱い」と見くびり、
打つ手がことごとく後手に
回ってしまったせいである。

今回は、大本営たる経産省(原子力安全・保安院)、
関東軍に当たる東電が同じ轍(てつ)を踏んだ。

何より装備が貧弱だった。遠隔操作のカメラ、
無人偵察機、放水車、重機、作業用ロボットもなしに、
炉心の部分溶融という“強敵”に立ち向かったのである。
 連日のようにテレビに登場している
政権スポークスマンの枝野幸男官房長官も、
白いジャンパー姿の西山英彦審議官も、
能弁ではあるものの、原子力業務に経験のない素人で、
頼りにならないと見すかされてか、
今や、本気で聞き入る人はいないようだ。 

秦氏の福島原発事故に対する所見は、
このようなモノであった。

事故現場で働く東電の社員の方々、
さらに東電の協力か会社の方々、
彼らには本当に頭が下がる。
心から、御礼を言いたい。

現場で働く東電社員の人が言うには、
「協力会社の方もだれも
現場から立ち去ろうとしない。
胸が熱くなる思いだ」
と、、、。

何年経っても、いつの時代でも
こういう日本人っているということに
感動した。

「豊かになりすぎて、
心が貧しくなってしまった」
と、感じていたが
いざというときの日本人の思想的な
DNAの中には、このような
感覚があるのかもしれない。

事故現場で働く人たちも
「逃げるわけにはいかん。
誰かがやらないかん」
というような感覚なのかもしれない。

浪速節だとか、情緒的だとか、
批判する人もいるかもしれない。

しかし、このような感覚を国民一人一人が
持たないまま、本当に日本の復興は
できるのであろうか。

「我欲」が暴れまわり、
明らかに暴走してしまった社会から
大転換ができるのだろうか。

一人一人が、少しだけでも
自分のことより社会のことを
考えて行動するようにならないと、
これからの社会はけっしてもたない。

「無関心」はやめ、社会に対して

積極的に参加していかないと、
今まで通り、既得権益を保持した勢力に
やりたい放題やらレ手しまう。
自立的精神というのは、
「公」の心を持つこと。
そして、その「公」の心が
助け合いの共生社会につながる。
身のまわりから、自分でやれることを
やっていこう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月15日 19:50:36: rWmc8odQao
福島みずほ氏
「保安院の説明。福島原発で働いている人の食事は3月は2食。クラッカー、カロリーメイト、缶詰、カップラーメン、お菓子など。 4月は、3食。パックの丼もの、カレー、ビーフシチュー、中華丼、パン、野菜ジュー ス、ソーセージになったと。」
https://twitter.com/#!/mizuhofukushima/status/58842445340884992

すこーしマシになったでしょうか。でも大変そうですね…


02. 2011年4月15日 20:18:27: zbqqfsQag6
何年経っても、いつの時代でも
こういう日本人っているということに
感動した。

「豊かになりすぎて、
心が貧しくなってしまった」
と、感じていたが
いざというときの日本人の思想的な
DNAの中には、このような
感覚があるのかもしれない。


甘いんだよ。
こんな腐りきった日本にだれが愛情や恩義を感じてやっているものか。
原発労働者は、生きるために、仕方なくやっているだけ。
てめえの浪花節にあてはめて語るな。
現実はもっと過酷で愚劣だよ。とくに政府東電社員官僚なんか毛ほどの
愛国心も下請け労働者への思いやりもない。
まして下請けの親方連中も金儲けと飯場の労働者を縛り付けて働かせることしか考えていない。
ひょっとすると暴力団がらみで脅かされている労働者もいる可能性もある。
かれらのおおくは山谷や釜ケ崎の日雇い労働者だ。
あまり奇麗事をいうものではないよ、書斎批評家よ。


03. 2011年4月15日 20:38:10: C2cuQyhNuA
>上級幹部は愚劣

それを分かっていながら、現場で作業している方の忍耐強さには頭が下がる思いですが、
上の奴等はそれをいいことに安全なところから勝手な指示ばかりしている。
おまけに被爆上限まで2倍以上に引き上げ好き放題だ。
ここまでバカにされては黙っていてはいけない。
ストでもボイコットでもやっても許されると思う。

>一人一人が、少しだけでも自分のことより社会のことを考えて行動するようにならないと、これからの社会はけっしてもたない。

ついでに会社ももたない、ということを幹部連中に思い知らせてやろう。


04. 2011年4月15日 23:35:01: bWFvuWp34c
原発労働者は、如何なる事情に因る労働者であっても、最高の環境を整える事が大事だ。

将来誇りに思える環境を整える事だ。 国難に従事する人の士気は上がらない。

東電は、原発を人足捨て場と思っていないか ?

高額の派遣もいるそうだが、ピンハネの実態と派遣会社も報道して下さい。

食事だけは、アホ缶や保安院の馬鹿共より良いもの喰わせたいネ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧