★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 394.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」(J-CAST)大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める 
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/394.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 4 月 16 日 15:50:47: igsppGRN/E9PQ
 

原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」
http://www.j-cast.com/2011/04/16093099.html?p=all
2011/4/16 13:17 :J-CAST

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める

「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」
提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。

16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する原子力の専門家たちだけに、発言には重みがある。

特に気になるのは、「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ、大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない」と述べた点で、有効な解決策を見いだすのが難しいことを自ら認めているとも受け取れる発言だ。

2011年4月1日、会見した田中俊一氏は「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。

田中氏は提言をまとめた理由について「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。学会で地位も名誉もある学者たちが、自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。

原子力安全委員会では、歴代OB、現役首脳も自己批判

提言は、最後に事態打開策について「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」と指摘する。

提言に加わっていない原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され、「国民にたいへん申し訳ない。私にとって痛恨の極みだ。この事故を反省し、よく考えていかないといけない」などと反省の弁を述べている。

原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月16日 16:08:48: ddycvP08Zr
>「…二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」

斑目さん、原発を廃炉にせず運転しながら…大地震・大津波への対策をするわけでもなく、一体どうやって、何が起こらないよう指導するの?


02. 2011年4月16日 16:16:12: 37ORD625wA

責任を感じて懺悔するのならば、「脱・原発」に転向したと理解しても良いのか?

むしろそう宣言しないのならこのようなことを言ったところで意味はなかろう。

それが国民に対する責任の最低限の取り方だ。

「脱・原発」のための懺悔の「巡礼」をしたまえ。


03. 2011年4月16日 16:18:05: 9GpkcLFMzQ
>大量の放射能を閉じ込めること。これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない

これはどういう意味ですか? 投了ですか? 敗北宣言ですか?
日本滅亡宣言、人類滅亡宣言?


04. 2011年4月16日 16:21:37: kZvVc7kgOk
ごめんで済めば警察は要らない。

05. 2011年4月16日 16:23:18: uiIaubPGqV

4月4日の声明だが、新聞に載っていた?
なぜいまごろ?


06. 2011年4月16日 16:24:23: sWFJg5azDU
>>03

おそらく、楽観はできないよと...
だから謝ってるんだろう。

「お仕置き」はあとにして、現場支援しないと大変なことに!


07. 2011年4月16日 16:30:27: 37ORD625wA

福島は人が足りているのか?

現場責任者も、作業者も、交代したり、追加で投入したりしないと、パニックになって思わぬ失敗、事故に繋がりかねないと危惧している。


08. 2011年4月16日 16:34:56: dEqdQrxnL2
基本的に私財を放棄しない限り信用できないね。

09. 2011年4月16日 16:39:09: ibwFfuuFfU
今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい
---------------------------------------------------

だったら全原発を即時停止・廃止しろ、バカ野郎。今すぐだ。

基本的に私財を放棄しない限り信用できないね
----------------------------------------

全くだ。謝罪は「ただ」だからねえ。おそらく事前に弁護士に相談して、「この文言であれば、万一謝罪で責任を認めたという言い分で訴訟を起こされても大丈夫です」という確約を得たのだろうね。



10. 2011年4月16日 16:50:13: OIxNYWfJog
斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった
---------


この人の発言が一番信用できない・
散々、テレビに出て安全だと言っておきながら、反省の一言で

原発続行宣言とは、、、、、

もしこれから福島県や近県で、小児癌などが多発したらどうするんだ!!
レベル7と分かっていて、せめて子供、妊婦だけでも避難させなかった政治家も同罪!!


11. 2011年4月16日 16:52:15: jGKzU7J4XE
「形式的に謝って格好つけるだけだし、万が一裁判になったってへいちゃら」くらいの
気持ちだろう。どうせ指導っていったって安全基準の見直し(笑)程度だろ。期待度ゼロ。
な に を い ま さ ら、だな。

12. 2011年4月16日 17:22:07: qRWOGiEbHs
こんな事は、一度たりとも起こしてはならない事だ。
そんな当たり前のことも分からず、いまさら陳謝もないものだ。
頭悪すぎるだろう。

13. 2011年4月16日 17:29:55: oz33FCcPgo
こいつら全員福島第一に送って、瓦礫の撤去でもさせろ。
被曝線量上限なし。ダダ漏れがなくなるまで帰ってくるな。
死ぬまでやれ。

14. 2011年4月16日 17:36:37: ETrUM9NhIg
真実を情報公開せず政府側にたっていた役人学者が今更なにいってるのか!過去の原発事故をみればわかっていたはずだ!確信犯だ!国民の生命を考えるなら、もっと早く批判できたはずだ!

15. 2011年4月16日 17:40:32: ehOAAF8g3J
国に広島・長崎の被爆経験や平和憲法はあっても、国民に放射能物質・汚染に関する知識は皆無。原発自体は平和利用とはいえ、知識が国民に浸透しないということはコンセンサスが事実上得られていないままだった、と解されても反論はできないのではないだろうか?それ故に放射能災害に対して有効な手を打てないとすれば問題は大きい。そこをどうするか、から出発すべきだ。

16. 2011年4月16日 17:51:55: jXHHUbsTRo
>田中俊一氏は原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は>予測していなかった。結果的こうなった。国民に謝らなくてはならない。

 チェルノブイリ、スリーマイル、東海村バケツリレーとこれまで検証できる事実はたくさんあったが、
 吉井衆議院議員(共産党)が津波でのバックアップ電源不備など国民の代表による国会レベルでの議論も
 
 ありましたね、地震津波の安全は万全だったんじゃないのかね。3/11以降TVなどに登場して福島原発 は安心だ、放射能は屁のようなものだ、低線量の放射能は体に良いまでいってました。

 科学者として何が足らなかったのか?、今までジャブジャブと湯水のごとく使ってきた研究費は再生可能 エネルギーに使えたよね。反原発志向のある若手の研究者はず〜とせせら笑われて冷や飯だったん

 だろう。年間の原子力関連費用は税金から毎年4500億円をぶっとってたね、
 謝って、どれだけ国民が許すのかね〜。原子力推進学者は犯罪に加担したんでしょう。

 犯罪者は裁かれるのが世の習いだ。


17. 2011年4月16日 17:54:03: ANkbJNQkO6
東日本の巨大地震と津波で福島原発は大惨事となった。故障を隠蔽したとかデ―タ―を改ざんしたとか、次々と建設される原発を知って何時かは取れ返しのつかない事故が起るのではと、危惧していたが事実となった。
 戦後を思い出します広島の原爆で傷ついた人が、京大病院に診察に行く為にカンカン照りの日に市電に乗り合わせた。冷房設備はなく窓を全開にして走っていた。被爆者のケロイドから発する異臭が社内に漂っていたが、誰も声を出さずに堪えていた。余りの悲惨な光景に眼をそらしたくなる思ひでした。放射能と言えば『安らかに眠ってください、過ちは繰り返しませぬ』の碑文は忘れる事はありません。
 原発推進派は反対意見を口封じまでして実行してきた結果が此の惨事です、先の大戦と手口は少しも変わりません、某国の道を突き進んでいるとしか思えません、一人ひとりが真剣に考える時です。

18. 2011年4月16日 18:29:07: GOqipyToes
中曽根・ナベツネ・石原・米倉にも頭下げさせろ。

19. 2011年4月16日 18:35:35: iIHNJOjXaE
大量の放射能を閉じ込めることは困難だと認めたのであれば、現在稼動中の原発についても、その安全が確保できないのであれば、原発を全て廃棄するという提言でなければ意味がない。 原発のお蔭で地位・名誉・報酬を得てきたことを考えれば、原発の廃棄を主張しなければ責任を果たしたとは言いがたい。 処罰せよと言うのではないが、それだけの責任は人間として果たさねばなるまい。 N.T

20. 2011年4月16日 18:36:22: tTrD7tBRQs
名著『原発事故はなぜくりかえすのか』高木仁三郎著P36
中曽根「札束で学者のほっぺを引っぱたけばいいんだ」
「三井、三菱、住友という旧財閥の跳梁」
平成軍需利権と同じ面子と同じ構図である

http://esashib.web.infoseek.co.jp/tohokuzisin05.htm

原発推進学者はいま批判に晒されている。
懺悔までしている。

だが、同工異曲の軍需経済推進の恥知らずなゴミの群れは今なおだれも批判されていない。
原発推進と軍事利権は同じものだ。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/zisinmokuzi.htm


21. 2011年4月16日 18:44:04: xDSRSBQsrs
現場の人間が逃げ出しているということだと思う。
それで原発推進の亡者どもも観念したと。
でも逃げた人を責めるわけにはいかないでしょ。
こんな亡者の命令で命を捨てる人間なんているわけがない。
これからは放射線とともに生きるところまで生きるしかない。

でも小沢総理が誕生したら人も動く。


22. 2011年4月16日 18:56:11: oWbillhalg
「どんな場合でも安全な技術というものなど絶対無い。大地震銀座の日本に原発など作れば、必ず取り返し付かない大事故が起きる」と何十年も前から多くの国民が予測していたのに、「予測していなかった」とは、、田中お前ら原子力利権屋だけだ! バカヤロウ目

お前らが今やるべきは、お前らが原発建設の旗振りをしてきた結果この大惨事を招いた重大責任連中として事故現場へ駆けつけ、命がけで作業している作業員諸兄の先頭に立ち最後まで事故処理にあたることだ!お前らの任務は作業員諸兄が近づけず今なお不明な様々障害の原因や破損箇所の特定とその効果的処置対策だ。

心配するな。捨て身で原子炉調査が出来るようにお前らだけには特別にICRPの被曝線量最上限値である500ミリシーベルト/hまで、状況によっては1000ミリシーベルト/hまで許容してやる。だから思い切り被曝しながら安心して作業にあたれ!

そしてお前らが今言うべき言葉は、ただ謝り「二度とこういうことが起こらないよう指導して行きたい」とか「反省し考えて行かなければならい」などという戯言ではない。

「原発推進は間違っていた。二度とこんな事態ならないよう、ひと度大事故が起きると国土消滅や地球的被害が不可避な宿命を持つ原発建設は止めかつ稼働原発も廃炉に向け、様々な自然エネルギーシステムを組み合わせた、災害に強い分散型の電力システムへの転換を強力に進めなければならない。我々原発推進勢力による原発推進の真の目的は核を持ちたいがためであった。その目的を隠すため平和利用と銘打って原発推進をしてきたが、原発政策廃止の提言とともにそれも放棄する」

という言葉だ!



23. 2011年4月16日 19:01:59: ykWbUqQrQE
>22

激しく同意!!!!


24. 2011年4月16日 19:54:09: uckBIk8np6
>22
はげどー me too

25. 2011年4月16日 20:07:55: RmkVse3Q92
原発推進者・学者らは放射性廃棄物の完全処理の方法を研究・提案・実行して欲しい。

26. 2011年4月16日 21:07:51: DhMjC6G9OE
原発推進者・学者らは、原発関連で今までに受け取った給与等の収入の大部分を原発事故被災者に義援金(いや補償金)として差し出すべきではないか。自分らの責任で生じた被害である。原発事故被災者は彼らにも東電と同等に損害賠償を求めて良い。
 孫正義らは今回の大震災に何ら責任が無いと思われるが、それでも莫大な私財を義援金としてさし出している。原発の安全を確保するという仕事をして給与を得ていた方々は、結果として自分らの仕事(安全性の宣伝)が原発事故を招いたのであるから、少なくても全給与返還程度の責任はとるべきだろう。職務怠慢で解雇は当然だか。

27. 2011年4月16日 21:25:57: pHRwMJx5LR
 私利私欲のために国民の命など眼中になかったくせに・・・小出先生たちのような立派な方々を迫害し、名誉欲 我欲のために原発推進をしてきたこいつらを、到底許すことはできない。
 
 原発労働者の被爆を知っていながら、周辺住民の被爆を知っていながら、それでも原発推進してきたやつらを、どんなことがあっても許すことはできない。

 
 


28. 原発避難者 2011年4月16日 21:56:21: npG1axiv9s0AQ : KxZAMrVW0w
こんなことを言うってことは、そろそろ終わりってか?

暫定基準だって後だしじゃんけん。

よく言うよ。

子供対には十分ヨウ素131を吸収させました。

あんた達はプルトニウムでも飲んだら。

俺達避難者は、絶対許さない。


29. 2011年4月16日 22:10:42: dgpmMZmKrY
 高校の化学の教師だった伯父は、定年後長く女川原発反対運動の中心にいた。なぜ、反対なのかと問うた時「安全に対する説明が余りにも不十分なんだよねー」とさびしげに答えた。伯父の疑問に対する答えが、女川ではなく福島にでた。

30. 2011年4月17日 03:12:39: tEuMUcieh
16人連れションの紙切れ1枚で、これまでのデタラメと私利私欲を、
清算しょうとはふてぶてしいにもほどがある。
歴史に残るよう跡地に石碑を建ててやる。
その石碑には「二度と過ちは犯しません」と記し、原発推進者の名前を刻む。


31. 2011年4月17日 04:17:49: bSF63Ap7tY
日本の原子力発電所では、「自己制御性」を有しており、
様々な制御システムや原子炉格納容器の設置など、
安全設計上、万全の対策が取られており、
また、運転員は十分な教育訓練を受けるとともに、
厳重な運転管理体制のもと発電所の運転をおこなっています。
チェルノブイリと同じような事故が起きることは、
日本では考えられません。


http://www1.kyuden.co.jp/notice_sendai3_faq_safety.html#16


32. 2011年4月17日 04:54:51: MLA0mPheMY
被害が広がったからではなく、これまでのように国民が騙されなくなっている事に気付き始めて怖くなったんだろう。勝間も最初は強気だったが、最近はしおらしくなって鼻の穴もすぼみ始めている。こういう連中は、局勢を判断して有利な方に付くという小狡さだけは人一倍有るようだ。はてさて、思惑通りうまく逃げ切れるかな?

33. 2011年4月17日 06:38:41: Wg2qeU6BXU
原発推進の怪しげな法人の資金を取り崩すことをやらなければ反省の言葉など信用に値しない。原発を今後作らないなら隠し資金も洗脳宣伝費用も要らない。

ここを突破口にして天下り利権連合にメスをいれたいものだ。


34. 2011年4月17日 06:48:57: SKWQ96qe5U
>「二度とこのようなことが起こらないよう」

二度とだと?こんなの一回でもゴメンだ!
二度目を想定してるってことは、金銭的にオイシイ原発推進をやめる気なんか心底ないんだろう。

身の危険を感じるので先に寝返っておこう、といのが見え見え。こんな浅はかなパフォーマンスで騙されると思ってるのか。調子良すぎ。

本当に原発推進派やめる気があるなら、現場で事態収拾させてから陳謝しろ。


35. 2011年4月17日 06:53:45: 7CFFluHtYs
全く、研究者の風上にも置けないやつら

研究者としての業績と、お前ら自身の地位は木っ端みじんだな。

現在の腐った原子力安全委員会メンバーはこいつら、

班目 春樹 (専門:流体・熱工学) 1972.3. 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1990.11. 東京大学工学部教授
1995.4. 東京大学大学院工学系研究科教授
2010.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

久木田 豊 (専門:原子力熱工学) 1975.3. 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
1990.4. 日本原子力研究所東海研究所安全性試験研究センター
原子炉安全工学部熱水力安全研究室長
1996.10. 名古屋大学大学院工学研究科教授
2009.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

久住 静代 (専門:放射線影響学) 1972.3. 広島大学医学部医学科卒業
1988.5. 日米共同研究機関・放射線影響研究所臨床研究部副部長
1989.4. 広島大学原爆放射能医学研究所非常勤講師
1996.4. (財)放射線影響協会放射線疫学調査センター審議役
2004.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

小山田 修 (専門:原子炉構造工学) 1970.3. 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
2002.4. (株)日立製作所技師長
2005.10. (独)日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門長
2007.10. (独)日本原子力研究開発機構原子力科学研究所所長
2009.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

代谷 誠治 (専門:原子炉物理・原子炉工学) 1974.3. 京都大学大学院工学研究科博士課程単位取得退学
1996.4. 京都大学原子炉実験所教授
京都大学大学院エネルギー科学研究科教授(兼任)
2003.4. 京都大学原子炉実験所長
2010.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

あと、田中俊一以外のこれまで金まみれの地に落ちた 学者もどきの老害15人はどこのどいつなんでしょう。

現地で仕事をするしか、生きる道はないのにね。
心にもないボケた事をほざく暇があったら、現地に行け!
そこで、何が起こってるか正確にデータを集めて検証し、おまえらが賞賛してきた
利権と汚い金の塊の原発の暴走を鎮めろよ。命尽きるまでな。


金に眼がくらんで学問、研究をおろそかにしてきた、お前らの退廃した頭では死んでも無理だろうけどな。


ならば、京大原子炉研のきらめく研究者の方々、

今中哲二先生

小出裕章先生

小林圭二先生

川野真治先生

海老沢徹先生

故瀬尾健先生

この熊取6人組の先生方に陳謝し、教えを請え。
研究者の心がほんの少しでも残ってるのなら、英知を集結させなければならない、大変な事態なんだろう!


36. 2011年4月17日 08:35:41: 2o1wojehlY
13(oz33FCcPgo)様
「こいつら全員福島第一に送って、瓦礫の撤去でもさせろ。
 被曝線量上限なし。ダダ漏れがなくなるまで帰ってくるな。
 死ぬまでやれ。」
原発推進学者たちはきっとそのつもりで無給でおやりになるでしょう!
東電幹部共々私財の拠出もされることだと信じます!



37. 2011年4月17日 09:42:37: JcRt9NsB2o
俺も今から48年前にカルフォルニアとネバダの州境で車で通行中「アレ」を浴びたんだよ、いまだに苦しんでいるよ。

38. 2011年4月17日 09:49:41: J0o6rialnc
>13. 2011年4月16日 17:29:55: oz33FCcPgo さん
>こいつら全員福島第一に送って、瓦礫の撤去でもさせろ。
>被曝線量上限なし。ダダ漏れがなくなるまで帰ってくるな。
>死ぬまでやれ。

そうだよ!

原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」と弁明だと!!!!
なにが指導だよ、ふざけるんじゃないよ!
指導じゃないよ、「日本中の原発は今すぐ全炉、廃炉にします、世界の原発にも反対の声を上げていきます、原発は地球を滅ぼします、推進してきた私達が間違っていました。」というべきが懺悔の方法だろうだろうが!
東電の清水社長も福島第一原発に、足りなくなった電気を補うには7号機8号機の建設が必要だと言ったとか、狂ってないか?
これだけ多くの何の罪も無い平和に暮らしていた人間を殺し、日本を永久に貶めて、それでも心は痛んでいないという事なのか!



39. 2011年4月17日 12:49:38: ri5ZiRP4FU
10年20年住めないという発言に対して心ない発言と怒っている人達がいますが
チェルノブイリ事故を見てもわかるように真実なのです。原発は未だ放射能汚染を
止めることができません。無知はいけません。いまさらですが原発がどんなものか知ってください。放射能廃棄物の処理の方法もないのです。クリーンでもなければ低コストでもありません。(廃炉にかかる処理等々が計上されてない。建設費以上にかかるとか。)                             地震津波の被害は頑張ればなんとかなります。 

40. 2011年4月17日 12:51:22: qs0IXKnPYk
汚染のおそれのあるところに12年前に家を建てました。
主人と力をあわせて贅沢もせずローンを返済しつづけてきました。
何十円安いと知れば多少遠くてもスーパーに行って、生活費を節約しました。
それが今はこの有様です。
どのようにしていただけるのでしょうか。   (関東 主婦)

41. 2011年4月17日 13:25:50: DCHDReL3A2
御用学者の連中は、謝っても、永久に安泰だよ。
国の政策に貢献した人たちだから、たっぷり退職金と礼金もらって
そのうち勲章でももらうでしょうね

一方で、反原発学者は、どれほど正しかったことが、国民が今わかっても
永久に日本政府からの虐めは続くでしょう
京大学長は彼らを教授にはしないで、さっさとやめろと思っているでしょう

それが、日本人社会のクオリティーです。
そういう腐った人たちが日本のエリートです。


42. 2011年4月17日 15:21:19: g2Wk8VEvto

今更謝って済むと思ってるのか。ふざけるな。
何が国民に深く陳謝するだ。本当に責任を感じていたら職を辞すくらいすると思うがな。「地位も名誉もある学者達」は結構だが、その地位も名誉も手放す気はさらさら無いらしい。
私財を投じろ、現場に行け(ほんとは行って欲しいが命は誰でも惜しいだろう)とまでは言わんが、せめて責任を取って辞職くらいしろよ。

それとこれはまあどうでもいい事だが>>32 勝間和代が嫌いなのは分かるが(自分は別に嫌いではない)女性に対して鼻の穴がどうたらとか言うなよ。
菅に対しての批判もそうなんだが、(空き缶とかな)個人的な好き嫌いで無意味な貶しをやるのはやめてくれと思う。お上品にやる必要も無いが、そういうのを見るとここぞとばかりに普段の鬱積をぶつけているとしか思えん。
阿修羅はそういうのが結構多いけどな。


43. 2011年4月17日 16:12:47: DCHDReL3A2
>せめて責任を取って辞職くらいしろよ。


無責任国家日本では、そういうことは必用なし。
みなご存じだと思います。



44. 2011年4月17日 16:19:35: FsmwW6uY3E
05. 2011年4月16日 16:23:18: uiIaubPGqV
4月4日の声明だが、新聞に載っていた?
なぜいまごろ?

これも追求すべき重大な問題です。


45. 2011年4月17日 16:20:05: naw9M09aNM
これらの者たちには江戸時代にあった「闕所」の罰がもっともふさわしい!
一族郎党の財産をすべて没収の上ところ払いである!
深く反省しったって後の祭りだ!

46. 2011年4月17日 16:35:10: vo7cyeJOic
これ、聞いちゃいけないのかもしれませんが、上に出ている先生たちは、「勲何等」とかの表彰ってもうもらっているんじゃないですかね。どなたか知りませんか?

47. 2011年4月17日 16:40:58: HalrJpixX2
原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。斑目春樹委員長は、??

未だ生きていたの斑目? 馬鹿管に原発は安全、大丈夫とごまかした。
3月12日に安全宣言した本当の馬鹿 管直人、数時間後 原発の爆発が起きた。

原子力安全委員会では、斑目春樹委員長の絞首刑を決めるべき。


48. 2011年4月17日 16:52:20: MoJp1THWBI
「ごめんね」
という気持ちは、みんな持っていると思う。

だから、気持ちだけで言ってはいないから、「責任はとらないよ」

でも、今後原発から大量の放射能が噴出して、多くの人が死んでも
ボクたち、謝っているから、「罪にはならないよ」

と言う発言と解釈しました。

さあ、皆さん
誰が責任をとらされて
誰が罪をかぶるのでしょうか??


49. 2011年4月17日 17:05:11: DCHDReL3A2
>>48
これらエリート層においては、本当の意味で責任とる人間、とらされる人間は、誰もいないでしょう

もしいるとすれば、下っ端の誰かであろうね。

日本社会でのこれまでのことを考えると、まちがいないと思うよ。

エリート社長が必死で謝罪して辞職していたのは、山一証券くらいしか記憶にない

それ以外は全て口先だけの謝罪。

体制側のエリートは、大失敗しても責任とる必要ないのが日本

それは戦後一貫している


50. 2011年4月17日 17:24:34: rOLdAxtTeo
旧皇族が主導して集めた戦時強奪資金(「M資金」)が、国策の基となり使われてきた。その一環として、原発政策が官僚や学会、マスコミ等にも流れているのです。政治分野はいわんやその。自民・社会他。原発政策をぶち上げた中曽根氏にも、その資金が流れたことは、阿修羅に紹介があります。政党助成金もそれが元手なんですね。原発惨事の元凶は、「国」そのものなのです。国とは何か?どこの・誰のことを指すのか、名指しすることが必要ですね。

51. 2011年4月17日 17:55:07: sQYEwt7ZHI
学者を前に出して今まで利権の甘い汁を吸っていた連中は裏にこもったままだ。
一番頭にくるのはどいつもこいつも地震津波では大変な犠牲者が出たが原発事故では死亡はゼロだと言っているやつだよ!
そんなに安全なら原発のとなりで暮らせばいいだろ!
今現在を引き合いに出して将来を無視するその姿勢がこの国を滅ぼす。

52. 2011年4月17日 19:00:42: GPWsFqZ7iU
原発が空爆をうけたような、福島原発事故(人災」を引き起こした東大出のウスノロ原子力産。官。学。の悪党たちは「制御不能」で出口なしの放射能地獄を招き、放射能で国民の生活。安全。健康。に被害を与えている元凶だ。あんなゴキブリ脳の奴らに日本人の運命を握られていたかと思うと日本の政治システムの致命的欠陥を思う。大体何年も前から廣瀬隆さんや吉井英勝さんや小出裕章さんらが(福島原発は超危険だから運転止めて廃炉にせよ」と勧告していた。真剣に検討もせず無視した。東電から甘い汁を吸い続けて、官。学。の御用学者、専門家は呆けていたのだ。「1000年に一度の天災だから予測できなかつた」だと言い逃れた。バカをいうな。一万年に一度の天災でも、ドンと来いという対策「デフエンスと万一の場合の万全の対策」を考えておくのが、真の学者であり専門家だ。しかし日本では幇間のような学者、専門家が原子力を推進してきた。反対派(正論を吐く」は冷遇され弾圧迫害されてきた。これは「国民の生活が第一」(官僚主導でなく政治主導」「日本の真の民主化」などと正論を吐く小澤さんを追い落としたシステムと同じパターンだ。ウオルフレンさんの近著(誰が小澤一郎を殺すのか?」角川書店刊。を一読されれば良くわかります。日本はアメリカの手前、民主主義国のような顔をしていますが実態はフアシズムとナチズムのエキスのようなシステムの国です。小澤さんを謂れの無いデツチ上げの(疑惑」で追い落とした勢力のシステムが必然的に招いた人災が今回の大惨劇です。

53. 2011年4月17日 19:37:12: EfscEI3NIV
まず、本気で反省をしているなら、いますぐに浜岡やら敦賀やらいろいろあるすべての原発を止めるための動きを始めなければウソだ。
さらに、いままで原発利権にたかっておこぼれにあずかってきた金を、原発のせいで生活が成り立たなく人々のために捧げるという宣言をすべきだ。
口ではなんとでも言えるが、本当の本心からの言葉なら行動が伴うはずだ。
少なくとも「こういうことをするなら本気で反省しているんだろう」と
普通の感覚で思えることを、このお偉いさんたちはするのか?
心からの反省を行動で示すようなことを始めたのか?
それがないなら、単なる口先だけの無責任発言だ。
謝っときゃ免罪符になるだろう程度の感覚だろう。
それともこの人たちは、それでも原発は日本に必要で、これからはもっと慎重にやろうと言ってるのか?
「今すぐ原発は止めるべき」もしくは、少なくとも地震の頻発している現在は
止めるべきぐらいはいうべきじゃないのかね、本気で反省してんなら。

54. 其のヒグラシ 2011年4月17日 19:56:21: Svx94O3iGwOC6 : 5ZS9RKdAos
この国のシステムとして、財界とその代弁者の自民党や公明党、民主党も本をたどれば自民出が多いが、高級官僚、マスコミ(財界はおいしいスポンサーだからね)、この4者と御用学者の5角形が手を組んで政治を仕切ってきた結果だよ。財界は自分たちの都合のいいように政策に口を入れる。かっての経団連会長は「金も出すが口も出す」と言ってはばからなかった。バカな国民を丸め込む為の政事資金源をもらう政党、政事資金を出せない庶民のほうを向いた政治などするわけが無かろう。学閥で結びついた高級官僚。おこぼれを頂く御用学者。反体制学者には研究資金など出ないし、教授にはなかなかなれない。東大の万年助手だった反公害学者の宇井純さんがいい例でしょう。いいスポンサーが無ければおいしい飯が食えない(本多勝一氏の言)マスコミが反体制記事なぞ書くはずが無い。かくして、一般大衆はいいかげんな、もっともらしい記事や番組を見せられてその気になってしまう。だから、原発事故でもその危険性が2006年に 国会で質問されても、記事にもならなかった。国民は、肝心なことは言論統制されているんですよ。この結果が現れただけです。

55. 2011年4月17日 20:10:08: vqnB72jAOc
謝罪した16人の中に関村教授とか赤メガネはいるのか。

56. 2011年4月17日 20:26:10: MgYRl6BGtM
反体制かどうか分からないけど、こんな例えもあったな。

島村教授逮捕に抗議する・menokami(地震学の権威が、植草氏のように、小沢氏秘書のように冤罪逮捕されていたようです)
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/841.html


57. 2011年4月17日 21:19:35: 92DxN3l4F5
真夏のたった100時間前後の電力消費は、原発を作るために、むりやり操作されたものだよね。

水力、火力で、充分足りるのに、真夏の100〜200時間のピーク電力が、水力、火力の稼働容量を越えるように設定した。
火力、水力の稼働率を半分に設定している。

真夏の100〜200時間のピーク電力だけのために、何兆円も使って、原発を作るというのは、利権以外の何物でもない。
原発3000万KWなんて簡単に他の発電方法でまかなえる。

利権と言えば、水力発電ダムも、立派な利権だね。
こんかいの電力不足事件には、まったく役に立たなかったね。
ダムで、洪水対策にはならないし、
ダム作っても、津波にはまったく役に立たない。

ダムが砂をせき止めたために、津波の被害を大きくしたのではないのか?
海底に砂があれば、大陸棚が広がって、つなみをせき止めたのではないのか。
海に砂が流れ込んでいれば、津波の勢いを止める事ができたのではないのか。
ダムが津波の原因だ。利権人災だね。

水力利権、原発利権の次は、復興利権か?
政治家、官僚、儲かってしょうがないな。


58. 2011年4月17日 22:04:41: NYYgqGyqIc
国民を だまし続けて 40年  (=自民)
推進派 肝心なときに 逃げている  (=自民)
作るだけ 作って事故は 他人任せ  (=自民)

59. 2011年4月17日 22:26:24: sCar04LiKs
 甘い汁は、少人数で山分けするから、おいしいんで・・・。
どの国でも大なり小なり、そうでしょうが、賢い(悪賢い)
連中たちだけで、利権を吸っている。
 日本には、そういうシステムが(例:特別会計)深い根っこ
(地面の下)で蟻の巣状に巣食っている、そういう真相じゃな
いですか。

 どこかの国の1回限りのワイロとか、チップなんてカワイイ
もの。
 日本では長年、ものの見事に深く静かにシステム化している
ので、ふつうには表面に出ず、一般大衆は、知りえず、知らさ
れてない、昔のヨーロッパで言えば、貴族みたいな特権階級が
今の日本(の水面下)にはあるのでしょう。


60. 2011年4月17日 22:39:50: J4MZWdho0E

 原発事故の一定の終息が覚束なければ
 日本の復興どころか、将来日本の存続自体も危ぶまれるのでは?

 強硬な原発推進派や原発推進派学者の方々は、
 まさかこのようなことになるとは誰も思わなかった等と言っても、

 これから当分の間、日本国民からの火達磨攻撃を
 受ける以外ほかにありませんね。


61. 2011年4月17日 22:48:35: WwY2DZx8bI
政権運営が不慣れな民主党に批判が集中しているようですが、元はといえば、これら「原発安全神話」を不動にした原子力の権威者らと、それを上手く利用して原子力利権の甘い汁を吸い続けてきた自民党政権=経済界こそ責められるべきです。

被災者には酷な言い方であるのは重々承知の上、原発は安全というちょっと調べれば分かる神話を信じた責任はないのか。とりわけ自治体の首長さんたちは、甘い汁に眼がくらんでろくに検証もしないで誘致に同意したり、率先して誘致したり、そういう自民党的首長らが、ここに至って政権批判をするのはムシが良すぎるのではないですか? 東電ではなく国に補償を請求するなら、まず自ら原発を容認、誘致したことを住民に謝罪した上でしょう。 

村八分や「アカ」呼ばわされてでも反対していた人たちがいたのですから、騙された責任はないとは言えないと思いますが。

かの学者たちも本当に謝罪するのなら、原子力で手にした巨万の富と名誉を放棄した上でしょう。私なら自ら現場に行って身体を張って原発の暴発を食い止める努力をしますが。


62. 2011年4月17日 23:02:01: ihLyS1xi0U
その場しのぎのごまかしにしか聞こえない。
彼らの言葉が本当なら既に現場で陣頭指揮にあたっているはず。
彼らの頭には「いかに責任から逃れるか」それしかないだろう。

63. 2011年4月17日 23:04:35: NRvAM7Ti0k
反省しているなら国にたかって生きるのはやめてもらいたいよ。
年金、退職金はもちろん辞退してね!

64. 2011年4月17日 23:06:10: DCHDReL3A2
>>61

>かの学者たちも本当に謝罪するのなら、

残念なことに、そのような学者は1人もいないでしょう。
この際、彼らの社会的地位を抹消するくらいのことをしないと、今後も御用学者は安泰です。
これからも、ありとあらゆる分野、業界で御用学者が巨額の研究費をもらって、出世して、国民洗脳の役を背負って活躍し続けるでしょう

彼らの名誉を抹消するくらいのことが日本人には出来ないでしょうね。

なぜなら、我々もずっと原発を容認してきたグルだからね。

バカでアホで優しい日本人は彼らを許す。誰も責任をとりたくない。
よって、永久に彼らは安泰。


65. 困ったもんですね 2011年4月17日 23:40:44: C4/GoxAL/3bC2 : 1RzC3bJwx2
責任はとる必要なし?

 第二章 原子力損害賠償責任
(無過失責任、責任の集中等)
第三条  原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない。

狡猾だわな。


66. 2011年4月18日 00:00:41: vqnB72jAOc
利権のあるところに特別会計。 特別会計があるところには利権あり。
エネルギー特別会計。 電源特別会計。 経産省の天下り官僚は、たっぷり美味しい報酬を生涯受け取っています。

67. 2011年4月18日 00:19:49: Dx20MTryVc
斑目春樹委員長は「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」

反省は勝手にやってくれ。
指導は断る。

68. 2011年4月18日 00:21:34: GDexdhS51U
反省だけなら猿でもできる。

69. 2011年4月18日 00:23:37: TfsprtsZTE
まぁ仕方ないよね。推進派にとって、この原発は建設された当初から正に爆弾みたいなものだった。

最初に地震大国である日本の立地を考えもせず、技術不足とはいえ地震や津波を想定してないアメリカ式の発電所の設計で建設。しかもだだっ広い海岸沿いに立てる。

管理体制は完璧とはいい難く、外部委託もしてる有様。テロや機密性なんかあったもんじゃない。建物自体の老朽化もほぼ放置

仕舞いには官僚の有望な天下り先として目を付けられて、変な施設がドンドン建設。
でも、建物自体は受け入れ先が必要なのに、それを考えてなかったから受け入れ先に困る事態に。

んで、地震と津波が直撃。案の定、致命的なダメージを受けることになったが、最初の段階である程度の処置を講じていれば防げた事態も、無知な国民とマスゴミによって引き起こされた政権交代で出来た無知で無能な政府が指揮&東電の隠蔽体質が事態を悪化させる。

最後は、ここにきてレベル7(ロシアはやり過ぎと言ってるが、まぁあの国は人命の価値が・・・)とようやく重い腰を上げてエクストリーム謝罪となったが、責任の所在はなぜか税金という形で国民に。これで反原発ムードがヒートアップ。

こりゃ、原発じゃなくても火力だって水力だって大惨事になるし反対運動だって盛り上がるに決まってるよ。
原発推進派も一部は利権屋だろうけど、多くは日本のエネルギー産業を考えてるだろうに、不幸なもんだね。


しかし、原発がなくなるのはイイとして、では次はどんな発電方法を模索するべきだろうか。
阿修羅が言ってる電磁なんとかの発電は、実践できない段階で門前払いだが、太陽光も風力も波力も発電量が足り無すぎるし不安定。火力は発電量はいいが大気汚染と資源浪費が心配される。
せめてメタンハイドレードが実用化されればな。


70. 2011年4月18日 00:59:32: ijFMa0tAk2
刑事責任を追及される恐れが出てきたので、焦り始めたな、こいつら。
重過失致死罪はのがれられないよ、どうあがいたって。
様々な警告を無視して危険極まりない、自分達で制御できない怪物を造ってきたんだから。
もう、お、し、ま、い。あんた達。
泣いたって、あやまったってダメさ。
何の建設的提言もないただ見苦しいだけの「声明」なんぞ、恥の上塗りだよ、ど腐れ学者ども。
収監までの日を震えて過ごせ。

71. 2011年4月18日 01:40:41: kPSXyBmKAQ
原子炉を循環冷却ってどうやるの?
穴、ひび割れだらけの、圧力容器、格納容器を修理するって?
どうやって?、誰が?

1号機の圧力容器なんて、100Sv/h越えてるんだよね。
漏れてるよね。

タービン建屋にやっと入れるだけの状況だよ。
原子炉建屋なんて入れるわけがないよね。
ものすごい甘いよね。

前も、制御室に電力通ったから、もう大丈夫だ。冷却できるって言ってたよね。
完全に机上の空論だね。

原発作業者にもっとしっかり、土下座して頼まないとみんな逃げ出すぞ。
一生懸命やってくれるようにもっとしっかり対応しないと日本はつぶれるんだぞ。

だけど、原子炉建屋に入る人はいないだろうな。
そうすると、玉突き排水状態で、123号機一括循環するのか?
大きなタンク、ピット作って、タービン建屋にも漏れるのを、復水器に戻して、タンクに溜めて、フィルター、熱交換機を通して、循環すればいいのか?


72. 2011年4月18日 01:43:43: M6dvGBXMzo
61に賛同

反原発派の学者・藤田祐幸さんなんかは推進派に「国賊・非国民」ていわれたらしいです。


73. 2011年4月18日 03:45:15: jurlUrcIYo
御用学者様達:16名のメンバー記載されています。貼ります。

貼り付け↓

++++++++++++++++++++++++

福島原発事故についての緊急建言
(★4月12日、安斎さんのコメントを追加し、ジャパン・タイムズ、『週刊金曜日』の落合恵子さんのコラムで紹介されたときのことも追加し、再掲載しています。こちらをご覧ください。)

立命館大学平和ミュージアム名誉館長、国際関係学部名誉教授の安斎育郎さんから送られてきた識者による「建言」を掲載します。安斎さんは、東大の放射線防護学の研究者・教員であった1960年代後半から日本の原発政策に反対し、さまざまなアカデミック・ハラスメントを受けました。安斎さん自身はこの「建言」の提言者には入っていません。東大工学部原子工学科の同期生から送られたきたとのことです。私の手元には3月31日(カナダ時間、日本では4月1日)に届いています。

安斎さん曰く:
赤字部分は、私にも不気味です。原発を推進してきた名だたる人々も先の見定めがつかない事故の現状は、とても危うい。事態の悪化を招かないために、日本政府に声を集中して下さい。「専門家」任せは危ないです。「専門家」に任せた結果が現状です。「隠すな、ウソつくな、意図的に過小評価するな」、「最悪に備えて、最善を尽くせ」。

ここにこれを掲載するのは、原発を推進してきた人たちを応援するためではなく、この人たちさえ、ここまでの危機感を持っているということを知らせるためです。

************************************************************************


福島原発事故についての緊急建言

はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします。

私達は、事故の発生当初から速やかな事故の終息を願いつつ、事故の推移を固唾を呑んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、今日に至るも事故を終息させる見通しが得られていない状況である。既に、各原子炉や使用済燃料プールの燃料の多くは、破損あるいは溶融し、燃料内の膨大な放射性物質は、圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている。

特に懸念されることは、溶融炉心が時間とともに、圧力容器を溶かし、格納容器に移り、さらに格納容器の放射能の閉じ込め機能を破壊することや、圧力容器内で生成された大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである。

こうした深刻な事態を回避するためには、一刻も早く電源と冷却システムを回復させ、原子炉や使用済燃料プールを継続して冷却する機能を回復させることが唯一の方法である。現場は、このために必死の努力を継続しているものと承知しているが、極めて高い放射線量による過酷な環境が障害になって、復旧作業が遅れ、現場作業者の被ばく線量の増加をもたらしている。

こうした中で、度重なる水素爆発、使用済燃料プールの水位低下、相次ぐ火災、作業者の被ばく事故、極めて高い放射能レベルのもつ冷却水の大量の漏洩、放射能分析データの誤りなど、次々と様々な障害が起り、本格的な冷却システムの回復の見通しが立たない状況にある。

一方、環境に広く放出された放射能は、現時点で一般住民の健康に影響が及ぶレベルではないとは云え、既に国民生活や社会活動に大きな不安と影響を与えている。さらに、事故の終息については全く見通しがないとはいえ、住民避難に対する対策は極めて重要な課題であり、復帰も含めた放射線・放射能対策の検討も急ぐ必要がある。

福島原発事故は極めて深刻な状況にある。更なる大量の放射能放出があれば避難地域にとどまらず、さらに広範な地域での生活が困難になることも予測され、一東京電力だけの事故でなく、既に国家的な事件というべき事態に直面している。

当面なすべきことは、原子炉及び使用済核燃料プール内の燃料の冷却状況を安定させ、内部に蓄積されている大量の放射能を閉じ込めることであり、また、サイト内に漏出した放射能塵や高レベルの放射能水が環境に放散することを極力抑えることである。これを達成することは極めて困難な仕事であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない。

さらに、原子炉内の核燃料、放射能の後始末は、極めて困難で、かつ極めて長期の取組みとなることから、当面の危機を乗り越えた後は、継続的な放射能の漏洩を防ぐための密閉管理が必要となる。ただし、この場合でも、原子炉内からは放射線分解によって水素ガスが出続けるので、万が一にも水素爆発を起こさない手立てが必要である。 

事態をこれ以上悪化させずに、当面の難局を乗り切り、長期的に危機を増大させないためには、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、関係省庁に加えて、日本原子力研究開発機構、放射線医学総合研究所、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取組みが必須である。

私達は、国を挙げた福島原発事故に対処する強力な体制を緊急に構築することを強く政府に求めるものである。


平成23年3月30日

青木 芳朗   元原子力安全委員
石野 栞     東京大学名誉教授
木村 逸郎   京都大学名誉教授
齋藤 伸三   元原子力委員長代理、元日本原子力学会会長
佐藤 一男  元原子力安全委員長
柴田 徳思   学術会議連携会員、基礎医学委員会 総合工学委員会合同放射線の利用に伴う課題検討分科会委員長
住田 健二   元原子力安全委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
関本 博    東京工業大学名誉教授
田中 俊一   前原子力委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
長瀧 重信   元放射線影響研究所理事長
永宮 正治   学術会議会員、日本物理学会会長
成合 英樹   元日本原子力学会会長、前原子力安全基盤機構理事長
広瀬 崇子   前原子力委員、学術会議会員
松浦祥次郎   元原子力安全委員長
松原 純子   元原子力安全委員会委員長代理
諸葛 宗男   東京大学公共政策大学院特任教授

*************************************************************************
このページには信じられないほどのアクセス数があった。どうやらインターネット上ではここにしかないらしい。「提言」というのだから幅広く政府、東電、関係省庁、メディア等に送ったのかと思っていたが、それもわからない。

読売新聞の4月2日の報道を参考までにつけておく。

原発事故、国内の経験総動員を…専門家らが提言
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110401-OYT1T00801.htm?from=tw 

福島第一原子力発電所の事故を受け、日本の原子力研究を担ってきた専門家が1日、「状況はかなり深刻で、広範な放射能汚染の可能性を排除できない。国内の知識・経験を総動員する必要がある」として、原子力災害対策特別措置法に基づいて、国と自治体、産業界、研究機関が一体となって緊急事態に対処することを求める提言を発表した。

 田中俊一・元日本原子力学会長をはじめ、松浦祥次郎・元原子力安全委員長、石野栞(しおり)・東京大名誉教授ら16人。

 同原発1〜3号機について田中氏らは「燃料の一部が溶けて、原子炉圧力容器下部にたまっている。現在の応急的な冷却では、圧力容器の壁を熱で溶かし、突き破ってしまう」と警告。また、3基の原子炉内に残る燃料は、チェルノブイリ原発事故をはるかに上回る放射能があり、それをすべて封じ込める必要があると指摘した。

 一方、松浦氏は「原子力工学を最初に専攻した世代として、利益が大きいと思って、原子力利用を推進してきた。(今回のような事故について)考えを突き詰め、問題解決の方法を考えなかった」と陳謝した。

(2011年4月2日01時42分 読売新聞)

(その後新聞赤旗、ジャパンタイムズでも取りあげられていたことがわかり、『週刊金曜日』でも落合恵子さんが取りあげました。

+++++++++++++++++++++++++++
貼り付け終わり


74. かまたのふじさん 2011年4月18日 04:49:23: Yy.zMTWw4edms : yZfqeiiJ0g
事故が起こる前の具体的な危機管理感覚を
管理者の皆さんに反省文として書いて頂きたい。

危機管理をする上で「安全」と言うための砦が個人にも組織にも有った筈で、
それが本当に崩壊しないかと言う疑問は管理者の頭の中に存在します。

個人又は組織が、やはり何処から如何見ても「安全」だと再確認する過程において、
どの様な疑問が有ったか、あるいは、軽重問わず、どの様な落ち度が有ったかを
多くの人に知らせて下さい。

少なくとも、今後に活かされる筈です。


75. 2011年4月18日 05:15:26: 7CFFluHtYs
<73 jurlUrcIYo様

さすがの情報力。
御発信ありがとうございます。
忘れてはならないこいつらの名前。
子子孫孫まで残るであろう、学問を忘れた、汚れた金の亡者たち。
余生は無残だな。
研究者はpureじゃなくちゃいけないのよ。小出先生みたいにね。
今一度掲載させて頂きます。

青木 芳朗   元原子力安全委員
石野 栞     東京大学名誉教授
木村 逸郎   京都大学名誉教授
齋藤 伸三   元原子力委員長代理、元日本原子力学会会長
佐藤 一男  元原子力安全委員長
柴田 徳思   学術会議連携会員、基礎医学委員会 総合工学委員会合同放射線の利用に伴う課題検討分科会委員長
住田 健二   元原子力安全委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
関本 博    東京工業大学名誉教授
田中 俊一   前原子力委員会委員長代理、元日本原子力学会会長
長瀧 重信   元放射線影響研究所理事長
永宮 正治   学術会議会員、日本物理学会会長
成合 英樹   元日本原子力学会会長、前原子力安全基盤機構理事長
広瀬 崇子   前原子力委員、学術会議会員
松浦祥次郎   元原子力安全委員長
松原 純子   元原子力安全委員会委員長代理
諸葛 宗男   東京大学公共政策大学院特任教授

ボケが。何をほざいても今更遅いわ。


76. 2011年4月18日 05:43:07: hErVTsN6xQ
原発反対派の知事や文化人などに対して様々な工作をして冤罪を仕組んだ張本人、特に電事連や原発で食ってる業界団体の首謀者を挙げて決定権のある地位から直ちに追放すべきだろ。

原発の安全性に疑問を呈する発言をしたジャーナリストを出演させた番組に対して未だに圧力を掛けて降板させたりしているんだから、そいつらをなんとかしないとダメだろ。

そいつらが様々な工作をした結果が今日の事態を招いたのだから少なくとも影響力を行使できる地位から追放するのは絶対的に必要なことでしょう。

菅や枝野の個人攻撃してもこういった事態を招いた張本人を野放しにしていたら何にもなりませんね。

原発の安全性の軽視は長年の自民党政権の結果なんだから菅1人を血祭りに上げたって何にもなりません。

諸悪の根源がどこにあったのかを検証すべきでしょう。


77. 2011年4月18日 08:00:43: A9h5RsoL9w
海洋国家はどうなる。茨城のコウナゴからはやばやと放射線物質検出。植物連鎖で生物濃縮、そうならそんなに遠くない時期に、広範囲に基準値を超える数値が続出するのか。魚類は食えなくなるのだろうか。水俣病は水銀だったが。
このあたりの警告や注意する情報が少ないようだが。

78. 2011年4月18日 08:08:26: 8ITRIygpvk
福島県に関しては、県の防災対策が不十分であることももっと強調されてもいいと思います。被害者面していますが、県は自分が当事者であることを忘れないようにしてもらいたいです。例えば、福島県の原子力防災対策のしおりなどをみても、他の県と比べても非常に貧相なものです。20km圏内は避難といった時も、どの町がそれにあたいするかを調べるのに時間がかかったように、日ごろの対策不足、危機管理能力の不足が今回の混乱を助長しています。県は地方自治を重んずるならもっと様々な情報を自ら発信していくべきです。

79. 2011年4月18日 08:21:13: fKIwYYZTY6
道義的、社会的責任の追及はもちろん必要ですが、そんなものこいつら金にまみれた、人の心を失った学者どもには、カエルのつらにションベンでしょう。
やはり、きっちりと過失罪という法的責任を追及しなければなりません。
連中にとってはこれが一番恐いはず。
二度とふたたび同じことを繰り返させないためにも、刑事罰を科さなければならない。

80. 2011年4月18日 08:27:12: 7CFFluHtYs
<78様

現福島県知事 佐藤 雄平(さとう ゆうへい)

■履歴
昭和22年12月 福島県南会津郡下郷町生まれ
昭和41年 3月 福島県立田島高等学校卒業
昭和45年 3月 神奈川大学経済学部卒業

こいつですね。諸悪の根源の一人。

佐藤栄佐久元福島県知事を失った痛手はとてつもなく大きいですね。

自らの事と受け止め、福島再起のため立ち上がる人間を一人でも多く引きこみたいと考えています。


81. 2011年4月18日 08:43:35: QDOXlxmHrs
日本人は大学教授(特に東大系)の御説を信頼しすぎる。話半分できいて丁度いい。

82. 2011年4月18日 09:24:26: S7KiSx7JY6
トンデモ学者の稲(早大第2文学部卒、東大大学院で学歴偽装。東電の飼い犬)は、どうするんだ。

83. 2011年4月18日 09:46:48: DCHDReL3A2
日本人は小さい頃から偏差値信仰で洗脳されているので、偏差値の高い大学で認められた学者のいうことはすごいに違いない、とすぐに条件反射するようになっている。

よって、稲というインチキ学者が、最初、東大卒らしいと聞いて「低放射能は身体にいいかも。一理あるに違いない」と崇め、バカ田大学文系2部卒と聞いて「こりゃあ田原総一郎と同じ買収されたインチキ野郎なのは確実」と条件反射的に反応する。

また、神奈川大卒の政治家がいれば、「完全なるインチキ人間」と条件反射的に判断する。

自分の利害と一致しない限り、そう普通に反応する。

このパブロフの犬的な日本人の権威への弱さを政治家が利用している。

その典型が東大、東工大の御用教授を買収して国民洗脳。



84. 2011年4月18日 10:16:20: vaXzKV5mdY
 確かに責任を追及するのは必要だが、今はともかく日本を守るため、原発を止める方法を全力で考えるべきだ。
 デモだけじゃだめだ、何か強制力のある何かが必要だ。

 く〜、思いつかない何も思いつかない。


85. 2011年4月18日 10:41:15: 32uBL7Tl9Y
日本国民の知性・教養・正義・能力が「福島原発レベル7」でどこかのチンケな独裁国かいつまでもダメな発展途上国程度だったことが証明されたということ。

一部学者が反省文を連名で公表して済む問題ではない
こんな危険なひとつ間違えたら日本だけでなく地球の半分を破壊してします原発を
こんな地震列島に54箇所も作ってしまった。
原発推進派御用学者は「教授」「名誉教授」全ての肩書きを剥奪、反原発学者にその席をすみやかに譲りなさい。

原発を作らせた歴代自民党政権と創価公明はまだ謝罪すらせず偉そうに恥知らずに民主の対応を責めている。お前らが一番の加害者だろうが石原幹事長。特に推進派にいた議員は全氏名公表、即刻議員辞職勧告。

次が、この時期にまだ超原発推進ボケ石原を選んだ自民創価支持者を中心としたクズ国民2番目の加害者だろうが。長年の自民公明支持者は謝罪と反省を表明しろ。
この国をこんなくだらない国にした政治家を支持してきたクズ国民が本当の加害者だ。

電力会社だけでなく原発で儲けてた経団連企業、特に三菱、住友、三井財閥系企業は全ての含み資産を供出して謝罪しろ。

原発推進に協力して電力会社に天下りした元官僚は氏名住所を公表、全財産を没収して福島原発処理で働かせろ。反原発訴訟を原発推進に協力した無知無能な司法官僚、裁判官即刻辞職して謝罪しなさい。

初動で間違いばかりで危機を大きくし国民の生命財産を失わせてるのに反省しない無能力菅一派は即刻退陣、除名し刑事告発し海外逃亡させないため旅券没収。


86. 2011年4月18日 11:05:36: GRXF7YmM3E
本当に懺悔するなら、まず、電力会社からもらった金を返すべきでしょう。数百億円?もっと?
そして、電力会社は、この金を被害者支援に使いなさい。


87. ナマズ 2011年4月18日 11:20:21: EVkl4SZHaNFSI : yQZTruhTqY
今回の事故で、原発にも弱点が有る事が解った。
よって、今後は弱点を克服して、原発を建設していきます。
後悔している学者もだいたいこんなところです。

88. 2011年4月18日 11:21:06: Labah0lme2
日本が原子力発電を推進した理由は、原爆の材料であるプルトニュウムを米国に供給する為だったようだ。
http://ameblo.jp/fukeiki01/

結局彼らは金の為、国民に不幸をまき散らした売国奴。

その為に浜岡原発の事故に怯え生活している。怒りに震えます。
今日、浜岡原発の海水の取水口付近で漁船が爆発し、原発の冷却機能が失われたと言う夢を見ました。調べてみると、冷却用プールと取水口が土管でつながっているだけです。浜岡の冷却機能の安全性レベルは非常に低く驚きました。
正夢にならない事を祈ります。

中部電力は、堤防のかさ上げの対策を言っていますが、冷却用プールが海とつながっているのですよ、堤防は全く意味ないでしょ。こんなバカな話で国民を愚弄するな!



89. 2011年4月18日 11:22:16: CHMUgcSAlg
>72さん

藤田祐孝でググると、トップが
〔藤田祐幸の「日本の原子力発電って大丈夫なのか」に見る悪質なデマ〕
の記事でした。2007年4月の記事です。呆れますね。

日本のメディアの状況を象徴していますね。
問題は、そういう問題を提起するまじめな学者やジャーナリストを異端扱いして、誹謗、中傷、揶揄しかしてこなかった大手のメディアです。

61さんが、「騙された責任はないのか」と提起していますが、騙されるよう誘導してきたジャーナリズムの作為、不作為の責任も問題だと思います。

勿論、最も保守的な過疎の田舎町でさえ大変変辛い思いをして反対していた住民がいたのですから、賛成に回った住民も今こそ反省すべきだとは思います。

しかし、今やられている地方選の状況を観ると絶望的ですね。どこも原発誘致に積極的もしくは容認の首長ばかりで人々は他人事のようです。


90. 2011年4月18日 11:46:45: 0GlUAyLWBg
放射能で地球を汚染したことに対し、一生懸命に生きて我らに生活の基盤を残してくれた先人達と、現在生活している全世界の人達と、次に生まれてくる人達に対し、現在の日本人一人一人が罪の意識を持って謙虚に原発問題に対処するべきだと思います。

91. 2011年4月18日 12:09:02: LrZ4xFumMI
懺悔の気持ちがあるのなら、私財を投じるという行動で示してください

92. 2011年4月18日 12:32:21: 5DGgcJgzXV
日本の電力は30%近くが原子力です。だからそれに変わるエネルギー源はすぐには考えられない。脱原発は現実的ではない。どうする?最近よく聞く話です。アナウンサー、コメンテーター、学者、ワイドショウの司会者など。本当だろうか?日本に発電エネルギーは本当に無いのだろうか?
そこかしこに沢山あります。
では何故使われないのか?長く発電は電力会社の独占でした。最近少し緩和されましたが自治体が風力発電をするとか太陽光発電など極一部です。極端な話ですが、農家が水車を廻して発電しても電力会社は買ってくれません。電力会社の不利益になるような事は出来ない仕組みになっているのが現実です。
ゴミの焼却施設は全国津々浦々にありますがお湯を沸かして温水プールに供給するのがせいぜいです。
家の近所の製材所では材木の切れ端やおが屑を釜に入れ木炭ガスでエンジンを廻し製材所で使う電力をまかなっておられます。その発電量は自社消費以外にご近所10軒分くらいの電力は発電できるそうです。
太陽光発電と木炭ガス発電、環境に不可をかけずに出来る発電はいくらでもあります。小さな中山間地の集落に必要な電力は地元の谷川で十分作り出せるところが日本には沢山あります。
利権や法律でがんじがらめで何も出来ないようになっています。
日本は全てがそうです。
世界一のロボット技術を自負していましたが実際は米軍のロボットに頼んで原発の内部を調べる。米空軍のラジコン機が放射能を測定する、これが現実です。
民間のいたる所にあらゆる技術がありますが何処も採用しない。だからいざという時に何もできない。
阪神大震災の後、簡易の浄水キットや、電池の要らない懐中電灯など沢山の便利グッズが発明されましたが、それらを採用して備蓄している自治体はあったのでしょうか?

93. 2011年4月18日 12:53:16: sywIRmGEXY
キチガイ検察が原発自爆テロに関与していた
mox燃料推進に反対していた前福島県知事佐藤栄佐久氏を犯罪でっち上げ逮捕起訴
厚生労働省村木厚子氏と同じ手法
東電原発3兄弟 なぜ福島第一だけ爆発したのか
http://www.youtube.com/watch?v=M23LpgDL8Ho
数十億〜数百億の防水工事費けちったことが原因
その結果数兆円の損害賠償と会社存亡の危機
更に日本国滅亡の危機に陥れた
東京地検特捜部は破防法適用し東京電力を強制捜査しろ
犯罪でっち上げて前福島県知事佐藤栄佐久氏を逮捕起訴したことに対する神罰が下ったのだ
愚か者ども

94. 2011年4月18日 14:17:21: FihioVEUo6
河野太郎のブログ面白いわ。
電力会社の差し金で、大手メディアには登場できないけど。

○事故前
「魂を売った議員?」http://www.taro.org/2010/02/post-711.php

「IRENAの悲劇」http://www.taro.org/2010/08/post-798.php

○事故後
「原子力をめぐる不透明さ」http://www.taro.org/2011/03/post-963.php

「原子力政策の分かれ道」http://www.taro.org/2011/03/post-964.php

「もんじゅは今、どうなっているか」http://www.taro.org/2011/03/post-966.php

「再生可能エネルギー100%を目指す」http://www.taro.org/2011/03/post-970.php

「大臣が電力料金値上げを口走る前に」http://www.taro.org/2011/04/post-972.php

「これが需給調整契約だ」 http://www.taro.org/2011/04/post-975.php

「東電の国有化」http://www.taro.org/2011/04/post-979.php

「佐藤栄佐久元福島県知事参戦!」http://www.taro.org/2011/04/post-981.php


95. 2011年4月18日 15:08:11: nzvauqwvFC
16人組ってのは、「あんまり物理学の才能が無い」ので「あんなこと」をしたのでは?単に「世界の檜舞台(全くのピノキオ舞台だ)に出たかった」だけ。ピノキオの指導の下、呪いの雄たけびを上げながら「チャレンジ!原子力ワールド」へ!

96. 2011年4月18日 15:20:15: nBtUjhCB8Y

連中は、途方もないリスクに目をつぶって、賭けをしたわけです。

無知な国民はその無謀な賭けに巻き込まれていたんです。

そして、連中は見事!その賭けに負けたんです。

賭けに負けたなら、私財没収、すってんてんになってから、言い訳をしてもらいましょう。


97. 2011年4月18日 16:18:35: gf7OQcxcqA
武田氏のブログの後だし馬鹿検証は
面白いが体制側に利益を観たか
捕獲済みの馬鹿浮揚
私の検証は3月14日に終了
ここ迄の経緯は事実と真実との
彷徨う苛立ちと民度の乖離
交差する秩序

98. 2011年4月18日 16:37:51: kEvGry5JOw
>>96

そうです、全資産没収の上、現場で強制作業1カ月。
いやなら、禁固10年。
このぐらいしないと、連中、腹の中で舌出してますよ。
そういうニンゲンの集まりです。
だからこんなことを平気でやれたんです。


99. 2011年4月18日 19:25:43: 3Y1Mhhpy5g
>>98氏、四親等(その七光りの及んだ範囲)終身”学習”で!連中「中央」が好きなので、正義学習”センター”てのが?なあに、刑期は短いもんさ!自分の身内が、「殺した他人のように死んで行く」のを見て、学習するのさ!こんどは、カドミウムの小型テトラポットにセラミックコーティングしたものを一号機の内部に充顛して、落下する燃料集合体の「溶岩」を受け止め、反応を抑える。冷却は窒素ガスかアルゴンで再循環冷却し外部への放出を低減する。5号炉か6号炉の発電機をポンプにしたもので1〜4号炉の冷却にあてる。

100. 2011年4月18日 19:46:06: gf7OQcxcqA
ブログの改竄は簡単ですが
ネットの危弱性はNHKの
ベートーベン交饗7番2楽は観念の動悸
コヒーレントな波長でしたっけ

101. 2011年4月18日 19:52:38: oWbillhalg
今回口先懺悔で逃げようとしている原子力安全委員会の犯罪利権学者及び東電、保安院どもを、国家毀損罪ないしは国家破壊罪を制定して全員絞首刑にしろ!!

102. 2011年4月18日 22:01:06: p0QOSljdPs
>>94
TVタックルに河野太郎出てたなあ。
電力会社によるTV電波の統制は多少は緩んだのかな?

でも一番面白かったのは「後ろから鉄砲で人を撃つような
真似をする小沢は瓦礫と一緒撤去されるべき」(大意)と
発言した箇所であることは内緒だ。


103. 2011年4月18日 22:28:03: gFyHqNyn2g
とりあえず全員福島原発で労働していただきましょう。

104. 2011年4月18日 22:44:11: QnMuNgA5bw
>>100氏、シールド条件は、パワー・周波数トランスミッション率と周波数チャープ率の一致、もしくは超越が、「我々」の求めるべき「臨界条件」ではないでしょうか?

105. 2011年4月18日 23:56:09: QnMuNgA5bw
昔、ケ小平が来日して、祇園の芸者と遊んだ・・・これは、置いといて、日本の核廃棄物全量たった3億円で処理すると持ちかけたらしい。自民党の親中派は知っている。この後、ロプノールの核実験に繋がったと見る。核実験こそが保有国の放射性廃棄物処理の方法なのだつまり、核爆発で反応させきってしまうらしい。ここから、色々考えて見て欲しい。ニューヨークの冬の下水マンホールからの湯気!!絶
対やっとったな!!まだ、続いているのならまだ何機かあるはず!河の傍、冷却塔はビル自身、条件はそろっている。さていったい何機の原子炉がマンハッタンに存在するのか?クリントン一味の資金源、カーターが北朝鮮から持ち帰るのは「核燃料」!!多分、KEDOの西側タイプ!!さて、阿鼻驚嘆探査船「ちきゅう」に乗っていて、ヘリコプターで帰って来た「子供」、スイッチ押したか?ヘリウムレーザーで原子核の4Bのスピン量を加速させ、α崩壊を強制できればいいが。東京上空の3月10日のγ線量の増大、あ〜何やろなぁ〜?電子殻マグニチュードのファンデルワールス力の液化・気化臨界、、核子マグニチュードのドブロイ力?のボーズ凝縮・熱カオス、惑星マグニチュードの引力・アースB、恒星マグニチュードの引力・発光(アーノード)、マグニチュードと臨界絶対温度の相関関係を調べるべきだ。16人組の四月四日問題、日付の改竄ぐらい「特許から株式決済のGPS時間」まで何でもやるだろう。板の連続打ち止めの記録なるか?

106. 2011年4月19日 01:30:16: qDze41jb5Q
「国民に深く陳謝する」というのは、正直だ。
政治家はどうなのか。後ろめたさは感じていないのか。
国民の批判が自分に向かないように「安全対策」していないか。

3月11日の東日本大震災のあと、
3月31日 衆院、続いて参院でNHK経営委員会委員への数土文夫JFEホールディングス相談役の起用が決まった。
4月12日 NHK経営委員会は経営委員長に数土文夫氏を選出

これは中曽根康弘氏のさしがねと私は思う。
先の日中韓賢人会議で中曽根氏は数土氏と同席している。お互い懇意になったであろう。
その時中曽根氏は数土氏の実弟が原子力安全センター理事長の数土幸夫氏であることも知ったであろう。
中曽根氏ならどう考えるか。「数土氏には原発の情報も入り、端から原発反対派ではないであろう。それに数土氏が中曽根と知り合いであることがNHK内部に知れてくれば、少なくとも上層部は中曽根批判がやりにくいであろう」
こう考えたのではないか?

意図が分からないように極く自然に見せるのが政治家というものだと思う。


107. 2011年4月19日 04:07:19: YnIVqi6406
       
         ( けいおう ぎじゅく だいがく )

 スイジョウキバクハツ ナンカ ヨリ オソレナケレバ ナラナイ キズナ

 ソウカナ    マサニ ソウテイガイ ハ ソウテイ ナド デキルハズガナイ

 ユエン ナノサ  スベテ ハ ヘリュウム カラ  

 サル ニ サキノ シナリオ ナンゾ リカイ フノウ 

 オロカサ ニ キズク ベキ ダロウ  サイセイ デキル ウチニ。 


108. 2011年4月19日 05:35:12: hErVTsN6xQ
科学者の風上にも置けない奴らが原子力安全委員会で安全性を軽視してきたわけですね。

少なくともそういった連中は全員辞職すべきでしょ。

さっき佐藤元福島県知事の記者会見をビデオニュースドットコムで観ました。

http://www.videonews.com/press-club/0804/001839.php

これによると一番悪い奴は原発推進してきた経産省の幹部だそうです。安全保安院で毎日会見している人はナンバー2で、その上のナンバー1の人が何で会見をしないのかと仰ってました。

佐藤元福島県知事は原発に厳しい姿勢を示してきたために東電なのか経産省なのかあるいは原発で食ってる関係者なのかわかりませんが恐らくそういった筋からの謀略に巻き込まれたんでしょう。典型的な冤罪事件です。

つまり、佐藤元知事の不可解な冤罪事件が何故起こったのかを詳しく調べれば原発村の連中の悪行の数々がボコボコ出てくるんじゃないかって勝手に想像しちゃいます。

インターネット規制法案も民主党があまりにバカなためにどさくさに紛れて通そうとされてますが、これが通ったら令状なしで警察や検察がネットを規制できてしまうそうで、ネットでの自由な発言もできなくなるばかりか冤罪をたくさん生む危険性をはらんでいて大変危惧してます。

原口さんは信頼できるけど現執行部に近い他の民主党議員は世間知らずというかあまりにバカすぎて安易に警察や検察の意向に乗っちゃう傾向があるんで注意してないと危ないです。

まぁ、とにもかくにもバカを指導的地位につけちゃダメだよ、ホントに。


109. 2011年4月19日 07:21:18: svP4hQWkUI
<108 hErVTsN6xQ

ホント、小泉以降、馬鹿続きで情けなくなります。

最も悲願の政権交代で、我々が選んだのは菅を始め今の執行部の馬鹿で無能なやつらじゃなかった。
もっと頭のいい政治が行われるはずだった。のが、悔しくて仕方ありません。
どうも、国民が誰を選んでも、同じ方向に導こうとする邪悪が働くらしい。

多くの人達に気づいてもらいましょう。

御指摘の佐藤元福島県知事の記者会見
http://www.videonews.com/press-club/0804/001839.php

一人一人の潜在意識の中に、正義や洞察力や素直な感情の発露を蘇らせてもらいましょう。

多くの勇気ある、才能ある、きらめく頭脳の持ち主達が、やっぱり、間違いなく、100%濡れ衣、身に覚えのないえん罪で、腐った利権屋や、マスコミやそいつらを操縦している害虫によって陥れられてきたんだと、いろんな方々が真理に目覚めつつあります。


110. 2011年4月19日 09:51:34: p9B89YgNYw
原子力安全委員会の見解は
「やらなければならない責任から逃れるつもりはない」
だと思う

111. 2011年4月19日 10:02:49: TpgAoNc10o
76さん
私は、1に平も役員も含め東電社員とその一等親家族
   2にマスメディア
こいつらが裏の実質の権力者
政治(立法府)はお飾り民主主義が、日本の現実

腐った国家、国民には腐ったマスメディアが良く似合う(例日本、北朝鮮)


112. 2011年4月19日 10:39:33: gf7OQcxcqA
104,105の妄想専門用語は
だだの羅列でしょうか、用語の意味が
解らないが使っていますね
NECの通信会社に妄想家が巣篭もり
他の妄想家も組織化、デマが商売でしょう

113. 2011年4月19日 14:16:18: ce6HaJ1eUA
科学用語何ぞ、「白人が自分を神として”自分の名前を付けたもの”だ」と思うのだが?つまり、白人の妄想用語の自家中毒!あんたのその脆弱な精神が「日陰の人生」を受け入れざるをえんようにしとると考える。まあ、あんたの脳みその中身は100年前の長岡半太郎のレベルにも至ってなかろう。誰も、作っとらんから脱原子核ブドウパンのモデルをHeの結合エネルギーからてめえで作ったまでよっ!電子を持たないプラズマが何で「吸収帯(太陽のNa、実はレンズの・・・)」を見せるのか?恒星はいろんな色で光っておりますなあ。それとも、太陽はプラズマで光っとらん「証拠」でもお持ちですかな?電子を持っていたらイオンだろ?ニコチンはレンズにねっ。一酸化炭素は煙にねっ。では、なんでHeはボゾンでDは何でフェルミオンか?どっちも偶数バリオン数だよな?まあ、ここでは、自分に心地よいコメント見て喜びましょうや!たとえば私にとってのNo107氏のように。

114. 2011年4月19日 20:25:22: 65A5ENIHV6
動画】レベル7を福島第一原発の・・・隠していた政府と東電
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14193146
2011年04月18日 07:59 投稿
(田中 俊一 前原子力委員会委員長代理、元日本原子力学会会長の コメントあり)

115. 2011年4月19日 22:48:10: 65A5ENIHV6
週刊現代オンラインより引用 4.11
    ↓

--------------------------------------------------------------------

【原発推進派が「極めて深刻」】と

--------------------------------------------------------------------

 それでも、いまだ「安全」を繰り返す政府や原子力安全委員会に対し、原発を推進していた人々からも怒りの声が上がっている。

〈はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします〉

 そんな書き出しで始まる一通の緊急建言書がある。4月1日に発表されたこの建言書の起草者は16人。松浦祥次郎、佐藤一男両氏の元原子力安全委員長を筆頭に、いずれもこれまで原発推進の立場で研究・開発に関わってきた研究者たちだ。彼らの危惧がストレートに伝わってくるので、少し長くなるが、建言書を抜粋する。

〈私達は、事故の発生当初から速やかな事故の終息ママを願いつつ、事故の推移を固唾を呑んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、今日に至るも事故を終息させる見通しが得られていない状況である。(略)

 特に懸念されることは、溶融炉心が時間とともに、圧力容器を溶かし、格納容器に移り、さらに格納容器の放射能の閉じ込め機能を破壊することや、圧力容器内で生成された大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである。(略)

 福島原発事故は極めて深刻な状況にある。更なる大量の放射能放出があれば避難地域にとどまらず、さらに広範な地域での生活が困難になることも予測され、一東京電力だけの事故でなく、既に国家的な事件というべき事態に直面している〉

 建言書は、この後、日本が持つ専門的知識や経験を結集して、国を挙げて対応する態勢を作るよう政府に求めている。

 建言書の起草者の一人、元原子力安全委員会委員長代理の住田健二・大阪大学名誉教授が語る。

「我々が出した建言書を、政府もメディアもほとんど黙殺しました。なぜ、これまで原発は安全だと言ってきた我々を責めないのか。自分たちは原発は安全で、あったほうがいいと信じてやってきた。しかし、誤りもあれば結果責任もある。科学者の責任として、そこはちゃんと認めないとならない。

 現在の現場の状況を見ていると、ともかく初めて出くわした事態を前に、決死隊が出てきて、まるで特攻のようです。私にもどうすればいいかわからない。ただ、正確なデータが示されれば、私のような年寄り(住田氏は80歳)でも何か役に立てるかも知れない。そう思うと黙ってはいられなかったのです」

【動揺するからと数値を隠す】

---------------------------------------------------------------------------

 しかも、これまで垂れ流してきた汚染水に加え、4月4日からは建屋内などに溜まっていた基準値の1万〜1億倍という汚染水を移すスペースを作るために、1万1500tに及ぶ低濃度汚染水(基準値の100倍程度)を海に流した。これには韓国やロシアから非難の声が上がっており、海洋汚染防止のため、不法投棄などについて定めたロンドン条約違反という指摘もある。

 1993年、ロシアが過去30年にわたって日本海に放射性廃棄物を投棄していたことが発覚した。もちろん、ロンドン条約違反である。これに対し、日本側は強硬に抗議を繰り返したが、いまや立場は完全に逆転してしまった。炉心を冷やすために注水作業を続けるしかない以上、汚染水を再び海に流す事態も十分に考えられる。

「原子力安全・保安院は一貫して『海は広く、放射性物質が拡散するから問題ない』と言っていますが、投棄した汚染水にしても、正確な汚染濃度や、どんな放射性物質が含まれているかを公表していません。それで安全だと言われても判断のしようがない」(日本大学専任講師・野口邦和氏)

 放射性物質には、よく知られるようになったヨウ素やセシウムの他にも様々な種類(核種)がある。核種によって、体内に取り込んだ場合、どこに溜まりやすいかも異なる。たとえば、ストロンチウム90は骨に、セシウムは筋肉に溜まりやすい。より大きな魚に汚染が拡大したとき、骨を食べなければよいのか、それとも身を食べるのもダメなのかを判断するには、どんな核種が漏れたかも重要になる。

 また、水については海や川が汚れ、魚などが汚染されるのとは別に、直接的に人間が摂取する影響も考えなければならない。東京都では3月23日に暫定基準値を超える放射性物質が検出されたとして、乳児への摂取制限を決めたが、翌日には解除。それ以降は基準値を下回ったとし、最近の測定結果には「不検出」の文字が続く。

 【しかし、そこにはカラクリがあった。都庁関係者が言う。】

「都は東京都立産業技術研究センターに都内3ヵ所の浄水場の水質調査を依頼しています。その際、水については1kgあたり20ベクレル以下の場合には、放射性物質が検出されても『不検出』として報告するよう指示が出されました。理由は都民に動揺を与えないため、というものです」

 本誌が東京都立産業技術研究センターに確認したところ、検出する機械が1台しかなく、長時間の検査ができないので微量の場合は誤差も考えて「不検出」としていると回答。なお、空気の汚染についても都は、1m3あたり0.1ベクレル以下は「ND(ノーデータ=不検出)」として公表していない。

 この空気の汚染について、原子力安全委員会が、福島県浪江町で放射線量積算値が高くても、線量そのものが減少傾向にあるから大丈夫だと言っているのは前述した通りだ。だが、放射性物質は一度漏れ出したら、空気中を漂い、長期にわたって拡散していく。福島、茨城、栃木、群馬、千葉(一部)の各県でほうれん草などの出荷制限が行われているのも、こうした野菜が空気中の放射性物質を取り込んでしまったからに他ならない。

「野菜が放射性物質を取り込む経路は大きく二つあります。ひとつはガス状の放射性物質を葉の気孔から内部に取り込むケース。もう一つは粒子状のものが直接、葉に付着するケースです。後者の場合は、よく洗えばある程度、放射性物質を取り除くことができます。しかし、気孔から内部に入ったものについては、洗っても簡単には取り除けません」(環境総合研究所・青山貞一所長)


Top > 特集記事 > 社会 > 2011.4.18

 福島第一原発が津波の被害で大きなダメージを負ったのをテレビで見ていて、私はつい「こんなのは想定外だ」と漏らしてしまった。それを聞いていた妻から言われました。

---------------------------------------------------------------------------
【このまま逃げていいのか】
---------------------------------------------------------------------------

「『想定外』なんていう言葉は、『そんなことも考えていなかった自分がバカでした』と言ってるだけじゃないの」

 その言葉を聞いて、確かにその通りかもしれないと痛感したんです。原発の状況がどんどん悪化していくのに、これまで原発を推進してきた者として、このまま黙っていていいのか。なんとかしなければ取り返しの付かないことになる。そういう焦りから、同じように原発推進の立場で関わってきた先生方と話し合い、あのような「建言書」を出すことにしたのです。「建言書」では、まず多くの方々にご迷惑をおかけしたことをお詫びするのが、科学者としての責任だろうという思いでした。

 住田健二氏(80歳)。原発の安全性について議論する原子力安全委員会委員を'93年から'00年まで務め、'98年からの2年間は委員長代理。その後、日本原子力学会会長も歴任した原発ムラの重鎮とも言える人物である。住田氏が言う「建言書」とは、16名の科学者や医師たちが、福島第一原発にはいまだ水素爆発や火災の可能性があることを指摘し、危機回避のためにオールジャパンで事故対応に当たる体制を作るよう、政府や原子力安全委員会に求めた文書のことだ。文書の冒頭はこんなお詫びの文言で始まる。

〈はじめに、原子力の平和利用を先頭だって進めて来た者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝いたします〉

 本誌は今回、この「建言書」に名を連ねた推進派の重鎮たちに話を聞いた。住田氏の話を続けよう。

「建言書」をまとめるにあたって、田中俊一先生(73歳、前原子力委員会委員長代理で、元日本原子力学会会長)や松浦祥次郎先生(75歳、元原子力安全委員長)らと、文書の中身についても議論しました。自分たちが安全だと信じていた原発が、結果的にあのような事故を起こした以上、その結果責任は当然ある。まずはお詫びが先だろうと。その責任を認めないと、日本の原発研究者の力を結集させようと訴えたところで、世間の皆さんに聞いていただけるはずがありません。

 それから2〜3日で、我々の考えに賛同していただけそうな方に、名前を連ねていただけないかと連絡を取り、集まったのが我々を含む今回の16名でした。本当はもっとたくさん集めたかったのですが、原発の状況を見ていると、とにかく急いで「建言書」を出す必要があった。賛同して名前を連ねていただいた先生方からは、最初にお詫びすることに対して異論はありませんでした。

 ただ、私はそれ以前に新聞の取材に対して、国民の皆様にお詫びの言葉を述べている(朝日新聞3月16日付朝刊)のですが、それを読んだ学界関係者の反応は様々でした。ほぼ3割の人からは「なんで自分たちが謝る必要があるのか、ミスをしたのは原子力安全・保安院や東京電力だろう」などと言われました。「建言書」への賛同を求めたときも、「私はそこに名前を連ねるような大物ではありませんから」というような理由を付けて逃げた人もいます。やはり、原子力に関わっている人間にとって、自分たちの非を認めて原発の危険性を指摘するというのは、学界から干されるかもしれないという恐怖心を伴う行為なんです。そういう理由もあって、賛同者は私のような年寄りばかりになってしまった。


---------------------------------------------------------------------------
【甘かった 】
---------------------------------------------------------------------------

 だが、覚悟の「建言書」はメディアにも政府にも無視された格好だ。4月1日に開いた会見には、多くの記者が集まったが、取り上げたのはごく一部のメディアだけ。政府にいたっては、「建言書」の受け取りすらも拒否したという。

 今回、事故の大きさがレベル7に相当すると認定されていますが、日本中のあらゆる原子力専門家の知恵を結集しないと、この事故は乗り切れない。原子力安全委員会が中心になってそういう体制を作れば、私たちのような年寄りも協力を惜しまない。それが「建言書」で訴えたかったことなのです。

「建言書」を出したメンバーのひとり、齋藤伸三元日本原子力学会会長(70歳)も言う。

 私は'99年の東海村臨界事故を受けて、オフサイトセンター(緊急事態応急対策拠点施設)の設立に関わりましたが、残念ながらそれがまったく機能しなかった。いろんな意見を聞いて作ったのですが、魂が入っていなかったということなのでしょう。最初に原発の冷却システムが壊れたと聞いたとき、これは大変な事態になると思い、東電など関係者に連絡しようかと迷いました。しかし、すでに現役を退いた身だからと止めたのです。ただ、今でも声が掛かれば、すぐに現地に駆けつけたい気持ちです。

【次に水素爆発があればアウト】
---------------------------------------------------------------------------
 次に語るのは、住田氏の話にも登場した田中俊一氏。3月15日に皇居に呼ばれ、天皇・皇后に対して、事故状況の説明を行った人物でもある。その田中氏は具体的に現在の福島第一原発の危機的状況について語った。

 私は皇居で天皇・皇后両陛下にご説明した際、「この事故はスリーマイル島原発事故よりも悪い状況です」と申し上げました。おそらく、それが3月16日に天皇陛下が出された「関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています」という「おことば」につながっているのだと思います。しかし、実際は陛下のおことばと逆になっていることが大変申し訳ないことだと思っています。

 3月12日に1号機で水素爆発が起き、14日に3号機、15日に4号機でも爆発と火災が起きましたが、いまも水素爆発が起きる危険は消えていません。しかし、官邸や保安院なども危機感が薄い。だいたい、炉心溶融が起きていることはとっくの前からわかっているのに、その事実を東電が公表したのは4月8日になってからです。圧力容器内の燃料が溶融したから格納容器に放射性物質が漏れ、さらにその一部が外部に漏れた。いまはまだ全体の100分の1くらいしか漏れていないと思いますが、次に水素爆発があれば残りの放射性物質が一気に漏れ出す危険性もあります。それを考えると居ても立ってもいられないほどの焦りを感じます。

【田中氏も住田氏同様、政府と東電中心で、広く意見を集めない対応のまずさを指摘する。】

 事故処理は一義的には東電がやるべきですが、その能力がないのは明らかです。なぜなら、原子炉を作るのは東芝や日立のプラントメーカー、メンテナンスもメーカーやその下請けがやる。東電がやっていることは原子炉の運転だけで、炉が壊れたときにどうするかという知識は不十分です。たとえて言えば、自動車の運転はできるけれど、そのメカニズムを理解していないのと同じです。それなのに全部、自分たちでコントロールしようとしているように見えます。

 ある民主党議員は「統合対策本部に行っても東電側から専門用語をまくし立てられ、煙に巻かれてしまう状態だ」と語っています。それも当然でしょう。東電が専門的なことを言っても、その間違いを正すことができるような体制を官邸は用意していないのですから。そういう体制ができていれば、炉内の水が減った時点で、すぐに水素が発生し、爆発する危険性に気付いたはずです。スリーマイル島原発事故を勉強していればわかることなんです。それなのに海水を入れるかどうかで10時間程度も悩んだ挙げ句、爆発させてしまった。しかも1回だけでなく次々と爆発させた。

 現在、1号機を手始めに、水素爆発を避けるために窒素ガス注入が行われている。これはアメリカ原子力規制委員会(NRC)の意見を参考にしたとされる。また、日本政府はフランスの原発メーカー「アレバ」からの技術支援も受けている。にもかかわらず、田中氏らへの協力要請はない。田中氏は今後の見通しを次のように語る。

 今は注水をして、冷却を続けるしか手立てがありません。当然、水素が出てくるので、爆発させないように気を配ることが重要です。そのうえで冷却水の循環システムを回復させるというのが東電などの方針ですが、既存の循環システムが地震と津波で壊れて使えないであろうことは、早い段階からわかっていたんじゃないでしょうか。新たに原子炉の外側に熱を下げるためのシステムを構築する必要があるから、それだけで何ヵ月もかかる。

 技術的な面を言えば、新たな外部熱除去システムを作っても、ポンプなどを炉内にある配管につなぐのが極めて難しい。当然、人海戦術になるので、原子炉の周囲にある瓦礫も除去しなければなりません。瓦礫には放射性物質が付いていて、これらが放射線を発する源になっていますから。要するに安定的に冷却しなければならないけれど、その前にやらなければならないことが山積しています。

 また、いま注水している冷却水は垂れ流し状態です。原子炉内部を通った高濃度汚染水をどう処理するかが問題になっていますが、この問題はまだまだ続く。高濃度汚染水を移す場所を確保するために、1万t余の低濃度汚染水を海に放出し、国際的な非難を浴びたばかり。しかし、毎日500〜600tの高濃度汚染水が出るので、それが半年も続けば10万tになる。1万t分のスペースを確保しても、1ヵ月もしないうちに、そこが満杯になってしまうわけです。今のうちからその対策も考えなければなりません。いろんなことを想像すると、不安ばかりが募るのです。

 田中氏は、原発が撒き散らす放射性物質による人体への影響についても語った。

 マスコミの報道を見ていても「ただちには人体に影響のないレベル」などと言っていますが、国際的な放射線防護の考え方からすると極めて異様です。放射線は長期的な影響を考慮して、公衆に対する基準が決められています。現に30km圏外でも避難しなくてはならないようになっているじゃないですか。原発を進めてきた者の責任として、どの地域がどの程度汚染されているのか、細かい汚染マップを作り、将来、地元に戻りたいという方々に情報開示できるようにしなければならない。文科省が線量調査をしていますが、これは計測地点が少なすぎて、住民の居住や耕作の是非を判断するのには不十分です。そのため今後、できるだけ早く30km圏内に入って、詳しい線量調査を進めなければならないと考えているところです。


-------------------------------------------------------------------------
【被曝してもいい 】
---------------------------------------------------------------------------

 30km圏内の線量調査をすることに関して、16人のメンバーのひとりで、放射線管理の専門家である柴田徳思とくし氏(69歳、東大名誉教授)に聞いた。

 福島第一原発から半径30km以内の範囲のうち、ほぼ半分にあたる海の部分を除いた地域で放射線量を測定しようと動き出したところです。仮に300m2に1地点の割合で測定すれば、約1万5000ヵ所になる計算です。これくらいなら1000人もいれば測定できるでしょう。この測定には若い者を行かせるわけにはいかない。自分たちのような年寄りや教授連中が行く。被曝して発がんリスクが上がっても、実際にがんになるのは20年先とかで、その時は我々はもうこの世にいないはずですから関係ない。それに我々のような研究者は放射線業務従事者といって、年間の被曝限度量も50ミリシーベルトが上限になっている。一般の人は1ミリシーベルトだから、それよりは長時間の作業ができます。

 そうやって細かく調査しておけば、自分の家の周囲がどのくらい汚染されているのかわかる。自宅の1km先の地点の数値を言われても、住民の方が自宅に戻るかどうかの判断には役に立ちません。そのためにweb上で、計測に参加してくれる研究者を募ろうと思っています。地図も載せて、調査が終わった地点は色を付けておくなどすれば、同じ所を計測することもないし、効率的でしょう。

 また、継続的な健康調査も必要です。今回のように放射性物質が長期にわたって放出され続けた場合の人体への影響というのは、国際的にもデータがない。後々のためにも、この事故の影響をしっかりと調べて、残しておかなければなりません。

大先輩にあたるこの科学者たちの懺悔や警告を、
【現職の原子力安全委員会委員長である班目まだらめ春樹氏】はどう受け止めるのか。本誌は福島第一原発事故がレベル7に当たるという発表があった4月12日、都内の自宅に帰宅した【班目氏】に聞いた。

――【OBらの「建言書」をどう見ているのか。】

「皆さん、お気持ちとしてそういうものがあることはわかります。ただ(委員としての任期を)終えられたわけで、それは仕方ないことです。だから、私はそれについて何かを申し上げることはありません」

 黙っていれば、功成り名を遂げた原発ムラの住人として余生を過ごすことができたはずの科学者たちが、あえてお詫びして、一刻も早い事態収拾を願って声を上げた。その警告を無視し、被害がさらに拡大したとき、原発ムラどころか日本が大ダメージを負う。

 【住田氏が最後に言う。】

 原発推進の流れを支えてきた者として、いまの状況に心を痛めないほど、無神経ではいられない。我々には将来のポストも関係ない。ただ、この悲劇的な事態に、自分たちが研究してきたことが、少しでも役立てばいい。我々のような年寄りたちでも、それぞれの持ち場でまだやれることがあるはずです。

引用終わり


116. 2011年4月20日 01:09:59: QlRBX2PWB6
妄想畜だ。いやぁ、悪かったねぇ。でもな?俺の開発要請した原子炉解体ロボット何処行った?人間の無線操縦装置まで出てくるとは!皇居で天皇・皇后両陛下にご説明した際、「この事故はスリーマイル島原発事故よりも悪い状況です」アントン・アントニンヌスなら「父上!日本開闢以来の状況でさぁ!」しかし、あの状況でよく「原子炉の傍の二人の死体」が発見出来たものだ。さっ!この板もこれで打ち止めさ。
今日の未明、日航ジャンボ機事件のページ読んどる間中ソニックブーム続いとったがな!田舎のオッサン相手に暇やのうっ。惑星の表面が「軽石」に成る規模の「核兵器」が使用されたのは何処の恒星系内の惑星だろう。

117. 2011年4月20日 19:20:24: M2FJvC7JA6
やったぜ、板打ち止め更新!No.31氏のところは、”日本の原子力発電所では、「自己制御性」を有しており”を”日本の原子力発電所の管理者は、「自己制御性」を有しており”と書き換えて!こうしといて、保安院と真正東電社員を思い浮かべる。No.112氏の所の”道場のこけら落し”に”首”・・・。上座の方に譲ります。

118. ミッチー 2011年4月23日 15:33:56: WblIWO/HiuO06 : Cc23Z0mUsk
国論を二分していた原発問題も今回の手痛い事故で、勝負あったと言うところだろう。しかし、この間、国民も余り関心を寄せていなかった結果と思うが原発推進派の政府および産業界とそれに連なる学者達によって世界第3の原発保有国になってしまった。
国民が知らなかったとと言うにしては時間が経ちすぎてしまった。
「我々国民は原発の知識がない」と言い訳するにしては世界の他の国と比較して高学歴社会なのではないか。
要するに国民が「政治や産業と自分の生活」との関連について無知に等しかったのではないか。

ここではだいぶ政府および学者や東電の悪口を見かけるが、この際これらの根源を徹底的に追求してみたらどうだらうか。
そのためにNHKがあり、民放の「朝までなんとか・・・・」などくだらない番組もある。

私は今回の原発の許認可権をもっている官庁の福島原発の認可を与えた官僚の意見を直接聞いてみたい。理由は権限を行使したのだから、相等の責任もあるのが普通の考えであるからである。
そして今回のような事故が起きたらどのように終息させるべきかを、設計をした会社および設計者の考えも直接聞いてみたい。

どうだろう。どこかのテレビ局、この提案を考えてくれないか。
それとも日本にはジャーナリズムなどは無いということか?

私たち個人は究極的なテレビ局のスポンサーであることを忘れないで欲しい。


119. 2011年4月26日 18:09:55: SRKwX7I4ds
原発近くの福島県人として憤りを抑えられず、上京した折 内幸町の東電本社に出向いたら社屋をぐるりと装甲車が取り囲み、二町先まで警視庁の警官が配備されていた。国が東電を守っている。これでは何か言おうものなら 逮捕されてしまうような状況だった。
 
 国家権力の恐ろしさと「日本は強い国です。」というのは「日本は強い大企業の国です。」ということなのかと思い知らされた。東電も今は謝罪しているが、福島県人に今後 健康被害があらわれたら「因果関係が認められない」と多くの公害訴訟がそうであったように 長く裁判で争い、救済されるのはいまの若い人たちが老人になってほんの僅かの生き残りの人々になるのか。 
 
 自民・民主で震災連立をするのかと思えば中曽根康弘が亡霊のように現れ、ストップ。菅降しの論調は多いが、地震直後 石原慎太郎が言い放った「自業自得、我執を洗い流せ、東北人は可哀そうだと思っているよ。」という発言はマスコミでは絶対叩かない。何十年もたって震災を体験した人が回顧して言うならわかるが、
 
 バックが大きい者は叩かないのが日本のマスコミ・ジャーナリズムか。
 東北人は 福島県人は怒っているのにそうした抗議の声は取り上げず、穏やかな話ばかり放映しているように思う。完全に操作され、福島県だけの困った問題になってしまって、どんどん他地域の復興から取り残されている。電気を今も送り続けられている首都圏自体がもう震災・原発のニュースにあきてしまっているかのようだ。その初めからの温度差にも憤る。原発を東京湾か湘南に建てるか、福島に会長以下幹部の家族を強制的に移住させていればもっともっと安全稼働を真剣に考えただろう。東京電力とは東京に安全な電力なのか。
 
 菅総理にくってかかった夫婦の映像が放映された途端、これはまずいと、先日県庁に名刺だけ置いて帰りそうになった 一ヶ月雲隠れ社長らが、ようやく避難所お詫び訪問をしだした。その時も厳しい怒りの声もあがっただろうに、お互いお辞儀しあう映像しか映されないのは疑問だ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧