★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 541.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政府・原子力安全委員会が作成していた「1年後の放射能汚染MAP」(女性自身)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/541.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 4 月 19 日 08:05:50: igsppGRN/E9PQ
 

政府・原子力安全委員会が作成していた「1年後の放射能汚染MAP」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110419-00000301-jisin-soci
女性自身 4月19日(火)0時59分配信

「(福島第一原発の周辺には)当分住めないだろう。10年住めないのか、20年住めないのか、ということになってくる」。4月13日、菅直人首相がそう漏らしたと報じられた。

後日、首相は自らの発言ではないと否定した。だが、その直前の10日、内閣府に付随する審議会の原子力安全委員会が「事故発生から1年間で放射線がどのくらいの総量で、どの地域に拡散するか」を予測した資料が配られていたのだ。

政府は現在、子どもの被曝量について「年間10ミリシーベルト以内に抑えるのが望ましい」と従来の目安値を引き上げた。それでも、1年後の予測だと、福島第一原発から50キロ以上も離れた伊達市や福島市もその数値を越えていたのだ。

10ミリシーベルトを越える被曝量に晒される可能性のある福島県内の住民の数は、何と最大で55万人に達する可能性も。菅首相の“20年住めない”発言はこうした予測数値を念頭に置いた上での言葉だったのだ――。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月19日 08:36:27: R6F6LTbSaQ
隠蔽しないで真相を国民の前に明らかにすべきだ。
国民を見殺しにする政府に、1年後に何が起きているか?

02. 2011年4月19日 09:37:47: kl1qU67Gun
5〜6年後もがき苦しんで死んで行く国民〜国は国民の生命を守る??
今枝野が安全とウソ騙ししている事実を国民は忘れない。
どの道死ぬなら復讐〜関係者惨殺の地獄が起こらぬ様祈るだけだ。

03. 2011年4月19日 11:12:36: FKVMEhzyKM
http://www.youtube.com/watch?v=ZpbWmejc63Y&feature=related

内橋克人氏のインタビュー(約10分)
原発安全神話はいかに作られてきたか。必聴。


04. 2011年4月19日 11:23:01: wikjcPGxLM
ヨウ素は半減期8日のため、関東地方全域ですが、半減期30年のセシウムは、日本全域に広がっています。原発30km圏外は、気流拡散のため、福島県より他県が高濃度汚染地域になることは、普通にあるでしょう。

全国向けの報道は「福島県だけ危険」と印象づけ、福島県向けの報道は、県知事・NHK・御用学者が連携して「100%被曝しません」と嘘を垂れ流しています。

正確な汚染調査と除染作業、移住計画を立てるべきですが、「学校は10mSvまで安全」(日本の法律は年間被曝限度量1mSvと決めています)と発表しおり、汚染地域は隠蔽し続けるでしょうね。

晩発性放射線障害は、疫学的因果関係が立証されていないため、日本人全員が実験材料にされて、誰も責任は取りません。


05. 2011年4月19日 11:53:08: 6Ym6xUY42E
いまさらここまできて安全なものはなにもないよ。w
国民はしっかりと現実をみとめるべきだ。
それを知りたくないから政府の出鱈目を信じたいのはわかるが、
それじゃ子どもと同じ。
あきれ果てた国民、国家だ。
よって、もう、こんな国がどうなろうと知ったことではない。

06. 2011年4月19日 22:22:11: tEuMUcieh
関西在住だが、(行政の測定値ではない)実際の汚染の計測値は
東京とあまり違いませんよ。時には、東京よりひどい時もある。
関西・中部・北陸・関東(東京)・東北(仙台)は大差ありません。

各地の計測値から察するに、汚染は一旦、かなり上空の大気に巻き
上げられ、日本全体、ときには韓国の近くの距離まで広範囲の
シャワーイメージで撒き散らされている感じです。
すでに、日本の半分は汚染されているようです。


07. 2011年4月19日 23:09:53: 2WFDn3HrpQ
欠陥品 知ってて建設 自民党

産官学 既得権益 自民党


尻ぬぐい政権。


08. 2011年4月20日 03:31:24: svP4hQWkUI
赤かぶ様
貴重な御報告ありがとうございます。

でも、御紹介の

政府・原子力安全委員会が作成していた「1年後の放射能汚染MAP」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110419-00000301-jisin-soci

見ようと思ったのですが、
「指定されたページを表示できませんでした。記事がありません。すでに削除された可能性があります。」

と出てきてしまいました。
悔しいです!すごい大事な情報だと思います。

<03 FKVMEhzyKM 様
内橋克人さん、すばらしいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=ZpbWmejc63Y&feature=related

今の原発の惨状の原因が明確に理解できます。
原発推進腐れ学者もどきと、通産省(今の経済産業省)の馬鹿官僚と、金のためなら何でもするテレビ芸者たち、その一人一人を名前をあげて糾弾したくなりました。

それにしても、内橋さん、広瀬先生、小出先生、原子力情報資料室の後藤さん、田中さん、ジャーナリストの岩上さん、上杉さん、気持ちのいい、まっすぐな研ぎ澄まされた方々が、暗闇に上る太陽のように、やんわりと清々しく輝き始めましたね。いいぞ。いいぞ。


09. 2011年4月20日 03:52:07: HalrJpixX2
東海の小島の磯の白砂に 我泣き濡れて 蟹と戯る

国破残直人伸子

馬鹿管似非一生

青年管安保攻撃

政治家与党攻撃

恩人小沢攻撃激

偶々首相闇選挙

国地震津波原発

今首相無能独人

管涙滂沱国地獄

管直人不知臨界

日本愚民傍観管

起て 日本のおのこ達

打倒 管内閣 !


10. 2011年4月20日 07:30:03: 0GJJznkobY
>>08
http://jisin.jp/news/2489/2460/
ここにあります。


ついでにこれも
http://jisin.jp/news/2488/2435/


11. 2011年4月20日 10:19:55: DX5Ntj9RFs
更にげっそりすることですが、この放射能汚染マップって空気中に含まれているものしか考慮していないですよね?水や食物を通じて摂取する量を考えたら、その何倍、下手すると10倍以上の被曝を考慮しなければならなくなるような気がしますが、どうでしょうかね。

12. 2011年4月20日 15:46:21: cSzRBQUUZo
菅の様なものは、修羅場に至った時
『ほら ご覧 俺があの時言っただろ。10年、20年住めなくなるって』
と、自慢するのでしょうね。

13. 2011年4月20日 17:21:33: 9lLEdfe5g6
ご存知ですか?

【原発】事故原発は“欠陥品”? 設計担当米ゼネラル・エレクトリック(GE)元社員ら35年ぶり仰天告白 〔3/18〕 http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/wildplus/1300456196/


14. 2011年4月23日 08:15:31: i37fD8kRRc
>>08さん。
ここにあるものではないかと思いますが…

【図解・社会】東日本大震災・放射線量(推定値)の分布図(2011年4月11日)
  ⇒http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_soc_jishin-higashinihon20110411j-07-w430&rel=y&g=tha


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧