★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 553.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発事故/“警告に耳傾けなかった”/参院委 大門議員、東電の責任ただす(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/553.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 4 月 19 日 13:03:27: KbIx4LOvH6Ccw
 

===========================================

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-19/2011041901_01_1.html

2011年4月19日(火)「しんぶん赤旗」
原発事故/“警告に耳傾けなかった”/参院委 大門議員、東電の責任ただす


 日本共産党の大門実紀史議員は18日の参院予算委員会で、初めて国会に招致された東京電力の清水正孝社長と菅直人首相に対し、原発事故を二度とくり返させないために、責任をただしました。

 大門氏は、清水社長が「津波対策はしかるべき基準(土木学会の手法)に沿ってやってきた」(13日の会見)と発言していることを批判。「日本共産党や市民団体が危険性を指摘してきたのに耳を傾けなかった。事故を起こした責任を認めるべきだ」とただしました。

 清水社長は「14、15メートルの津波は想定できなかった。原因がどこにあるのかは徹底した分析をしたい」などと人ごとのような発言をしました。

 大門氏は、安全対策を怠った責任を認めないと同じ事故をくり返すと批判。菅直人首相は、「予想の甘さが原因になったことは免れない。政府もチェックできなかったことをおわびしたい」と述べました。

 事故後の対応についても、大門氏は、昨年10月の原子力安全基盤機構の報告では、全電源喪失の16・5時間後に原子炉格納容器が破損し、放射性物質が流出すると予測していることを指摘。ところが、東電が政府に命じられ、海水の注入を始めたのは約30時間後だったと批判しました。

 「最善の努力をした」と述べた清水氏に対し、大門氏は「海水を入れれば廃炉になると恐れたのではないか。(大地震・津波被害に対して備えもせず、事故対応で海水もいれない)二重の人災だ」と批判しました。

----------------------------------

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-19/2011041902_03_1.html

2011年4月19日(火)「しんぶん赤旗」
警告無視した結果の“人災”/東電社長、目に余る居直り答弁


 「14〜15メートルの津波という今回の津波の大きさは、想定できなかった」。東電の清水正孝社長は18日の参院予算委員会で、日本共産党の大門実紀史議員の追及に対し、福島第1原発を襲った津波は“想定外”だったとして責任を認めない姿勢を示しました。

 清水氏は、1960年のチリ地震の津波の規模や「土木学会」の基準に従ってきたと述べました。チリ地震の津波は、日本でこそ6メートルにすぎませんでしたが、チリ沿岸部では18メートルに達しました。

 日本共産党の吉井英勝衆院議員は、2006年の衆院予算委員会で、このチリ津波や、38メートルの津波が襲った明治三陸地震(1896年)に触れながら、波の高さ10メートルを超える大津波への対策を提起。大地震や津波による全電源喪失にともなう炉心溶融を警告し、「どんな場合にもチェルノブイリ(原発事故)に近いことを想定して対策をきちんととらなければいけない」と要求しました。

 市民団体「原発問題住民運動全国連絡センター」や党福島県委員会も津波によって「冷却材喪失による過酷事故に至る危険がある」(同委の申し入れ文書)と繰り返し津波対策強化を求めてきました。

 今回の事故は、これらの警告に耳を傾けず、対策を怠った“人災”であることは明らかです。

 にもかかわらず、自らの責任回避に終始した清水氏の態度は、目に余る居直りといわなければなりません。

 「自己批判、謝罪がないと同じことを繰り返すことになる」。福島県をはじめ日本や世界に深刻な被害をもたらしている重大事故の責任者として、大門氏の指摘を重く受け止めるべきです。(林信誠)

===========================================

【関連記事】

問答形式の質疑内容はこちら ⇒

2011年4月19日(火)「しんぶん赤旗」
福島第1原発事故/備え怠り対策も遅れる/東電・政府の責任重大/大門参院議員が追及

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月19日 13:34:37: oU4Ypz1o0k
共産党の、国会などで事前警告の仕事は立派。

あるとないとでは、少なくとも東電・政府への責任追及、法廷闘争において全然違う。

あと、小沢問題でも、真実を見極めた行動をしてくれれば、

私も気持ちよく、共産党を応援できるんだが…


02. 2011年4月19日 18:23:27: lZeepDhSVI
小泉構造改革の狂気が荒れ狂っていた頃、大門議員の著作『属国ニッポン経済版』『属国ニッポン経済版2 新自由主義の犯罪』は、大変勉強になった。吉井議員に続き、東電や政府、旧自民党政権の責任を存分に追及してほしい。

03. 2011年4月19日 18:39:57: Get9aY0xRA
東電社長の相変わらずの想定外居直り発言がなぜ繰り返されるのか。
「目に余るもの」としてそこで終わらせず、もう一歩も二歩も突っ込んだ記事にしないと。そこには官僚、業界、学会の癒着馴れ合い無責任構造がある。
これは例えばそう、「薬害エイズ事件」と全く同じ構図と言える。

04. 2011年4月19日 19:04:48: pHRwMJx5LR
 これだけの惨事を引き起こしておいて、なんら謝りもしない。あいつは人間ではない。責任逃れの詭弁を弄して、国民を愚弄している。国民を人間と思ってないのがよく分かる。本当に腐っている。

05. 2011年4月19日 21:41:23: EnFXcTIUl2
唯一政党として機能してるのが共産党だけという日本の現実

06. 2011年4月20日 08:33:59: ZLaeSCkWAs
津波は原因の一部であって、原子炉が震度6で壊れたことではないのか?
格納容器や配管が壊れたのが主原因、震度5程度が設計強度である。
さらに設計構想の不備や製造時の不具合、設計寿命等々
GEや日立の設計者が再三警告しているじゃないか

07. 2011年4月20日 13:49:02: FpVPO6YryM
支持者ではないけど 原発の事に関して 頑張ってくれていますね。

08. 2013年8月09日 15:37:48 : nwKm5NKKIY
「独立行政法人・産業技術総合研究所」の岡村行信活断層・地震研究センターからの忠告無視は触れられたんだろうか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧