★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 660.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「官邸の指示で出さなかった」 警戒区域4カ所で毎時100マイクロシーベルト超(産経)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/660.html
投稿者 otoppi 日時 2011 年 4 月 21 日 17:15:22: cUHXG0u8x2am6
 

「官邸の指示で出さなかった」 警戒区域4カ所で毎時100マイクロシーベルト超
2011.4.21 16:39 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110421/dst11042116400028-n1.htm

 文部科学省は21日、福島第1原発から1〜21キロ離れた150地点で先月末以降に測定した1時間当たりの放射線量を初めて公表した。20キロ圏内の住民の立ち入りを禁じる「警戒区域」のほぼ範囲内。毎時100マイクロシーベルトを超えたのは、原発から2〜3キロ地点の福島県大熊町の4カ所だった。公表が大幅に遅れた理由について、文科省は「官邸の指示で出さなかった」とした。

 最も高かったのは原発の西北西約2キロの大熊町夫沢で4月2日に観測した毎時124マイクロシーベルト。経済産業省原子力安全・保安院は、20キロ圏内の住民の一時帰宅について、毎時200マイクロシーベルトを目安としたが、今回の測定結果でこれを超えた場所はなかった。

 測定は、3月30日〜4月2日と4月18〜19日の2回に分け、文科省と東京電力などが実施。文科省は、20キロ圏内の測定は保安院や東電が担当すると説明していた。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月21日 17:53:31: GCLkjdiXmU
まだまだ隠している事がいっぱいありそうだな。
最悪なのは、まだ福島原発凶悪犯罪は解決していないことだ。
この先は神のみぞ知る

02. 2011年4月21日 19:47:55: 1laTubqZew
http://atmc.jp/ によると福島県双葉郡の放射能濃度の過去平常値が

0.037〜0.071μSv/h

であるので、福島県大熊町の過去平常値もこれと同程度と仮定すると、
100μSv/h の放射能濃度が過去平常値に戻るまでに、単純計算で

ヨウ素131のみの場合 91〜99日
セシウム137のみの場合 315〜342年
ストロンチウム90のみの場合 305〜331年

を要することになるが、除染やファイトリメディエーションの効果はどれくらいであろうか。


03. 2011年4月21日 23:18:54: FKVMEhzyKM
後から判明することが恐ろしい
モニタリングポストの地上からの高さもこんなにまちまち

(転載開始)
2011/04/21(木) 22:31:10.89 ID:gKfVEk4t0
569 :名無しさん@お腹いっぱい。(catv?) :sage :2011/04/19(火) 18:23:54.03 (p)ID:5aU6NFgt0(6)
ガイガーもってないもんで、何かのお役に立てればと
各県のモニタリングポストの地上からの高さを電話で聞いてみました
なんぞのご参考に。。。

※各県のご担当課の方々どうもありがとうございます
 もしかすると県民に有益な情報だと思いますので。。。


県     区・市町村     MP地上からの高さ
=================================
茨城県 北茨城・高萩・大子 約1.3m(可搬型)
     その他         約2.7m 
栃木県 宇都宮           20m
     その他         ビル屋上
群馬県 前橋            20m
埼玉県 さいたま          18m
千葉県 市原          約6〜7m
東京都 新宿             18m
神奈川 横浜             23m
==================================

全国のモニタリングポストの結果だが
人体の身長である1メートルから2メートルで計測してないから信用できない
公表されているデーターが役に立たない件

(転載終わり)


04. 2011年4月22日 12:31:58: SKWQ96qe5U
地上20mの空気なんて吸えるかっ!地上1mで測れ!

05. 2011年6月03日 14:19:56: N1oCgelmCc
元々、国内から放射能物質が拡散する事を目的としていません。
外国から飛来する物を検知する為です。
従って、前者のためには拡散が収まった、時に地表近く放射能水準をきめ細かく図るべきです。
これは大変ですね。
但し現在82歳の私共は、1960年頃に、体内自然放射能物質の内にセシウム137+134が550Bq、あったと言います。1990年代には20Bqに減っているそうです。
将に≪知らぬが仏≫でした。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧