★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 694.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
京大原子炉、小出『東電クロル38検出間違い、汚染水、警戒区域指定」4月21日たねまきジャーナル毎日放送ラジオ
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/694.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 4 月 22 日 05:54:16: V/iHBd5bUIubc
 

今回も昨日4月21日のたねまきジャーナルの内容いただきました。
大阪MBS毎日放送ラジオなのに、なぜか巨人沢村投手贔屓のアナウンス、解説ばかり、昨日の脇遊撃手落球の疑惑の判定に続いて、なんやら割り切れません。
またまた、東電がクロル38のデータが間違いであると発表、再臨界の可能性が小さくなった。が、東電の発表自体がどこまでホントで、どこまでがウソッパチなのか、よくわかりません。ひょっとしたら、何日後かには、またまた、以前間違いだったというのはホントでした。っていうのもありかも。

毎回たねまきジャーナルの内容コメントしていただき感謝いたします。

08. 2011年4月21日 22:04:41: 2ikMpq0P56
ジャック・どんどんさん、今日の小出先生のお話が来ましたのでコメント欄に載せます。再臨界は否定されたものの、ぜんぜん安心できないのです。
 毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」、千葉猛さんの案内、毎日新聞の論説委員の近藤伸二さんの解説で放送されました。昨夜はタイガース、巨人軍10人目の選手にやられて…(泣…巨人ファンの方すみません)しまいましたが、今日は沢村にやられました…千葉さん、仙台の青葉区に行き、駅前は震災前に戻り、しかし、海岸部分は大打撃で、コンビニに商品が入ってこない、ものの流通に地域差があるとのことです。

 まず、原発事故ニュース、枝野氏が20km圏内を警戒区域に指定、人口78000人が法律で禁止されます。20km圏内の一時帰宅、代表者一人をバスで行い、放射線検査もするという条件で行うそうで、家族全員が戻れるのではありません。3km圏内以外は1〜2ヶ月でやります。

 文科省は20km圏内の3月の放射線量を初めて公表、20マイクロシーベルトを超えたものはありません。官邸の指示で公表を遅らせました。

 汚染水は1年間の許容量の2万倍!水素爆発で出た量はさらに多い!ということです。4700兆ベクレル…低濃度の汚染水の3万倍が5日間で出た、汚染水はまだ6万トンあり、浄化施設は早くて6月なのです。信じられない数字のラッシュです。

 また、菅総理、福島を訪問したものの、避難民から詰め寄られる始末です。菅総理、避難民から、ここで生活しろと言われました(当たり前だ!)。菅総理は、こういう声を受けないといけないのですが、原発を作ってきた自民党、自治体、学者、さらにはマスコミも責任があるとこの番組では指摘しています。責任ある人は、この避難民の声を聞かないといけないのです。避難している人は、見通しが立たないのがきつい、東電の工程表、不確定要素が多く、この通りは行かない、避難しているひとには、いつになるのかが分からず、大変なのです。

 そして、小出先生のお話、1号機の再臨界のこと、クロル38を根拠にしていたのですが、毎日新聞に、東電はクロル38の検出を間違いと発表し、再臨界の可能性が低くなったということです。ちょっと、ほっしたということです。放射性物質の放出は、しかし、これで少なくなるのではない、今までと同じで、事態は好転していない、困難山積みなのです。手詰まりで、原子炉を冷やすのに水を入れる、入れたら溢れて汚染水がたまり、水を漏らすトレンチに入り海に漏れる、タンクに移すのに20何日もかかり、大変な作業が待っているのです。再臨界なしでも、安心できないのです。

 クロル38のこと、半減期の短い物質の過大評価と東電は言っていますが、ばかげた説明である、ゲルマニウム半導体でガンマー線を計っている、どの核種がどれだけあるか分かり、クロル38のことは分かるのに、生のデータを見たらすぐ分かるのに、今間違いというのか不思議と言うことなのです。専門家には簡単なことなのです。スペクトルを見せてもらったらすぐに分かるのに、20日以上スペクトルを出してない、本当かうそが分からないのです。

 分析・再評価は本当のデータを専門家が検討しないと、本当かどうかは分からない、東電が勝手に解釈して間違いを発表するのを止めて欲しいのです。みんなにデータ開示をして、再臨界で世界中が驚いたのです。東電は正確なデータを出して欲しいのです。

 東電が、2号機から出た放射能が4700テラベクレルと発表した…については、ものすごい量で、しかしこんなものでは済まない、もっと出ている、4700テラベクレルはピットという滝のように流れ出た量だけであり、ピットに割れができて出たもので、コンクリートの構造物は水が漏れてしまう、漏れるのは当たり前、地震で損傷しており、見えたピットだけが出たので、どんどん地下に漏れているのです。

 ピットから漏れただけで4700テラであり、全体量はもっと多いのです。東電の数字より多いのです。今まで、海にこんな放射能が出た事故は過去ない、その他で、イギリスのウィンズケールの再処理工場で、計画的に流した放射能はもっと多い(アイリッシュ海、内海が世界一の汚染になり、アイルランドもウィンズケール停止を訴えているが、ここは日本の再処理で儲けているので止められない)のです。ウィンズケールは、海域で魚の中に70〜80年代に、日本の基準で許されない汚染であったのです。

 一度環境に出た放射能は回収は不可能であり、海に出たら終わりです。汚染を防ぐには、出すのを止めないといけないのです。高濃度のものを閉じ込める、高濃度のものを処理する、のが少しでもましなやり方です。しかし、原子炉冷却のため汚染水で薄めている、本当はやってはいけないが、それをしないとメルトダウンなのです。つまり、冷やすために、汚染は止められないのです。

 止めるには、水をリサイクルして冷やさないといけない、しかし、汚染水をどうにかしないと、作業すら出来ないのです。

 午前零時に、20km警戒区域に指定ですが、これはとても答えにくい、地域に住んでいた人に、すんでいたところに入れないのは大変だが、汚染区域には入って欲しくない、どう図れるかは不明、チェルノブイリでも同じであり、ふるさとを追われた人が40万人あり、強制避難の重みは大変なのです。それゆえ、原発を建てたらいつかこうなるので、建ててはいけなかったのです。

 毎日新聞の朝刊に、作業員の被曝、250ミリシーベルトが手帳に書かれていない、250ミリと書かれたらもう作業できないので、別途管理なのですが、過酷なことである、本来なら1ミリ/年、小出先生でも20ミリ/年、しかし、今回の事故のために100ミリ、これも守れず250ミリになったが、これを適用すると作業が出来ない、今後何年間の作業を考えたら、闇に葬るしかない、放射線作業は大変なのです。現場では、下請け労働者の被曝環境は改善されていないのです。

 今回、再臨界は否定されたものの、まだ困難が続くのです。また、現場の作業員の被曝も懸念されます。明日もお知らせいたします。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月22日 06:14:45: O4Z523l902
ジャック・どんどんさん、いつもありがとうございます。
小出先生・たねまきジャーナルのスタッフの皆さん、ありがとうございます。

02. 2011年4月22日 08:27:33: FFuNfLHeO2
現地対策本部が必要だ。

03. 2011年4月22日 10:52:03: fojgLQBXi6
ご苦労さんです。

臨界隠しに見えるけど、仕方ないか。

双葉断層などというやばいものがそばにある以上、まあ、何が起こっても不思議ではない。


04. 2011年4月22日 11:02:44: fojgLQBXi6
水棺は一部で始まってるような報道があったのに公式データに出ないと思ったら
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20110421_03.html
まだ「格納容器の耐震性や構造を最終チェックしている段階。すでに開始しているという認識はない」とのこと。

現場は反対してるのじゃないかな。小出先生も水棺は否定的だった。


05. 2011年4月22日 11:50:26: cUZCBWVdSI
計測値の扱いにまったく信頼性がないし、データは改竄しまくりという印象しか受けない。
このような肝心なデータこそ保安院やらのお偉いさんが、政府機関として責任を持って発表するのが順当な手順だろうが。

狡猾なカン政権は表には出てこずに、汚染しまくり私企業東電にまかせっきりというのはおかしい限りだ。
どこまでも責任回避なのか?
日本のゲテモノ国策で蒙った人災でありながら、何で最も重要なデータを人任せにしているのか?
これも民主党政権の党利党略なのか?


06. 恵也 2011年4月22日 12:38:01: cdRlA.6W79UEw : vtoQ20SAbk
>> クロル38のことは分かるのに、生のデータを見たらすぐ分かるのに、今間違い
>> というのか不思議と言うことなのです。

俺も不思議でしかたない。
3週間もたって、半減期が37分の塩素38が微量で間違いでしたなんて・・・・

むしろ1号機の廃液を、徹底的に無数に調べて生データ公表するのが大人の対応。
「間違いでした」という発表だけで、お茶を濁されても俺には信用できない。
一時的な再臨界があったはずだ。


07. 2011年4月22日 18:01:21: tRF6e14PRM
「間違いでした」というのが間違いでしたと判断するのが妥当か。

今までも基準を超えたと報道された野菜や水道水に含まれる放射性物質が再検査で基準以下と変えられた。こんなことが何度も続くことは確率的にはあり得ない。


08. 2011年4月22日 21:26:46: InOEdLVvc2
基準値越え、あるいは、検出したことは間違いでした、という下方修正はあっても、基準値以下という結果は実は基準値を越えていました、あるいは、実は検出されていました、という上方修正が皆無なことが、「修正」捏造の傍証になるな。
とにかく生データと測定条件が公開され、原発ムラ外部の専門家によって検証されなければ信用できるという根拠がない。

09. 2011年4月23日 06:03:32: EaQPX8VcfY
ジャック・どんどんさん、昨日のたね蒔きジャーナル、小出先生の話はなしで、以下の内容が来ました。

 毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナル、今日はトラのサヨナラ勝ちで気持ちよく(笑)聞けました。今日は小出先生のお話はなく、水野晶子さん、近藤勝重さんのご案内で、原発・震災ニュースが報じられました。月曜日にまたお話を聞きます。

 木曜日に菅総理が福島へ行き、それに、この番組のリスナーも批判しています。避難所の人がこらえていた感情をぶつけています。パフォーマンスの視察より、復旧・復興を早くすべきであり、近藤さん、菅総理は菅政権の復興まで考えていると批判していました。

 そして、ニュース、福島第1原発の避難で、半径20km以内を警戒区域として住民78000人の立ち入りを禁止しています。菅総理は説得したいと言っています。20km以外でも20ミリシーベルトを超えるところを飯館村など、避難区域(3000世帯10000人)を避難させますが、20ミリシーベルトは原発作業員の上限で、一般人は1ミリなのです。

浪江町の累積は18.9ミリ、その他、34ミリシーベルト(原発北西)もあります。まだらに、汚染されています。同心円ではなく、北西に(水素爆発時の風向きによる)なっています。これ、風向きにより早く避難させよと小出先生も早くから言っていたのに、政府の対応はお粗末です。本来なら、大きく避難区域を設定し、観測してそれを狭めるべきなのに、です。また、避難先も決まっていません。

 福島の「緊急時避難準備区域」が南相馬市などに設定され、何かあったらすぐに逃げろ(子供、妊婦などはすぐに避難、動ける人は残る)保育所、学校も休み、米の作付けも規制されています。すでに、30km圏内は自主避難で、政府の対応は遅れています。

 米の作付け制限は7000戸であり、中小企業融資制度も作られます。無利子、無担保で、最大20年の貸付です。

 原発の汚染水、1時間に10トン回収し、水位は5cm下がったものの、タービン建屋はダメ、4号機の燃料プールには1535本の使用済み+使用中燃料があり、温度も高い、危険もあるのです。中の水の状態もカメラで調べます。

 東電清水社長は避難民に謝罪しています。富岡町、川内村の住民に謝罪したものの、住民は早く帰りたい、子供の人生を返せと、怒号も飛んでいます。清水社長、福島県佐藤知事と会談したものの、批判し、第2原発の再稼動は認めていません。

 雑誌タイムの世界に影響のある100人に、南相馬氏の桜井市長と、南三陸町の菅野医師が選ばれました。

 近藤さん、東電の社長の福島入り、謝罪と言うものの、再稼動はあり得ないと言った、東電はそれに対して「分かりました」というべきなのに言わない、東電では、やっていることは国策に則ってやっているという思いがあり、電力会社は、民営でいいのか、国策なら、逃げどころのないものにして、原子力も儲け本位で出るものであり、だったら、国がもっと関与すべきである、安全委員会の受け入れで、東電はちゃんと謝っていない、システムそのものを変えないといけないとの話もあり、東電の国有化は金の問題であり、エネルギー政策を国がやるべきとの視点ではないのです。近藤さん、民間がやるなら、永遠に原子力はなくならない、保安院が経産省にあるのがおかしい、国のチェック機構を見直さないといけないとのコメントでした。

 この問題は日本のありようを変えることで、福島になぜ6つも原子炉があるのか、というものも問題です。

 補正予算4.1兆円は5月2日に成立予定、仮設住宅に3000億円以上、瓦礫処理、学校の対策にも3000億円以上が要り、子供手当ての上澄み中止、高速1000円廃止(システム見直しで6月になる)で財源を捻出します。東北の高速道路を無料にすることも想定しています。しかし、財源は足りず、第2次補正が統一地方戦後であり、この第2次が本当のゴングになるとのことです。

近藤さん、政界の変化のキーマンは仙谷、小沢の二人であり、仙谷氏、もう菅総理と離れている、復興会議も仙谷氏であり、また、敵の敵は味方であり、小沢氏も仙谷氏につく、また、水素爆発の回避も菅政権の失策で起こった、人災である、そういうことを無視して大連立も出来ない(仙谷氏の知らないうちに菅総理が大連立をしようとして失敗)、仙谷−大島ラインは生きている、民主党内に、菅総理にノーを突きつける勢力が出来て、そこに仙谷氏も加わる模様です。菅総理で行けないという共通項は、仙谷、小沢両氏に共通していると言うのが近藤さんの見解でした。国民も、菅総理に期待していない、被災地に希望の持てる人をトップにして欲しい、こんな国難に支持率20%台の政権はおしまいとの、近藤さんの見解でした。

 宮城県の失業保険申請は昨年の3倍、沿岸部であり、水産産業が壊滅したためです。



10. 2011年4月23日 08:14:40: iJEmQOquBo
やっぱ、正力読売CIA(勲一等旭日大綬章)だからなんでもありなんですかね〜。

11. 2011年4月23日 23:28:44: tEuMUcieh
まずくなったら、計測間違い。
まずいなと思ったら、計測不能。
あれやこれやの手をつかれたら、こちらも何が本当で何が嘘か
判らなくなる。
全部嘘でした、っていうのもある。

12. 恵也 2011年4月24日 08:20:21: cdRlA.6W79UEw : xkN0BeuGdw
>>11 まずくなったら、計測間違い。

ダブルチェックが測定じゃ当たり前だと思うけどね。
東電はお殿様で、下請けに全部任せてると思えるがまともな下請けも集めれなく
なってしまったのかな、あまりにも間違いが多すぎだ。

同じ穴のムジナの下請けばかりしかいないので、こんなに劣化したんだろう。
少なくとも気にいらないかもしれんが反原発派の小出氏みたいな専門家にも
頭を下げてチェックしてもらったら良いのに・・・・


13. 2011年4月24日 15:36:39: 8R0niyEVDA
 昨日のNHKの自治体の首長や専門家、政府委員などがでた討論番組は、既述の件を考慮に入れるとワイドショー的、負担増キャンペーンの趣があったということになる。威勢のいい官僚臭さの漏れがあるものであった。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧