★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 700.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅は福島の小中学生を殺すのか 75.9%の学校が被曝量オーバーなのに放置のア然 (日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/700.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 4 月 22 日 09:18:03: igsppGRN/E9PQ
 

菅は福島の小中学生を殺すのか 75.9%の学校が被曝量オーバーなのに放置のア然
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-2886.html
(日刊ゲンダイ2011/4/21) :「日々担々」資料ブログ

直ちに集団疎開のレベル

福島県が小中学校など教育現場を対象に実施した放射線量調査で「驚(きょう)愕(がく)」の結果が出た。7割余りで、平常時なら立ち入りを制限される放射線量が観測されたのだ。国は勝手に基準を変更して「大丈夫」とか言っているが、地元住民は不安を通り越してカンカンだ。

放射線の許容量は法令(労働安全衛生法に基づく電離放射線障害防止規則など)で定められている。不必要な被(ひ)曝(ばく)を防ぐために立ち入りを制限された区域を「管理区域」といい、毎時0・6〜2・2マイクロシーベルトが基準だ。この区域内では、放射線を扱う専門従事者一人一人が被曝量を管理するための「個別被曝管理」を義務付けられている。

さて、福島県は5〜7日に県内1637の小中学校や幼稚園で大気中の放射線量のモニタリング調査を実施した。そうしたら、1242施設で、「管理区域」に相当する放射線が観測されたのである。実に全体の75・9%だ。福島市在住で、「原発震災復興・福島会議」の世話人、中手聖一氏はこう言う。

「『管理区域』は本来、一般公衆の被曝防止の基準であって、放射線の感受性が高い子どもたちの場合はより厳しい基準で保護する必要があります。国際放射線防護委員会(ICRP)も、18歳までの生徒に対する放射線防護の考え方として『一般公衆の10分の1以下にすべき』と勧告している。少なくとも毎時0・6マイクロシーベルト以上になった学校は授業を中止し、仮に再開が難しい場合は学童疎開などを進めるべきです」

◆勝手に基準値を変えるデタラメ

中手氏らはすでに、授業中止などを求める「進言書」を県内市町村長に郵送。近く県にも申し入れる方針だが、驚くのは国の対応だ。

文科省はICRPの基準(年間20ミリシーベルト)を目安に、小中学校の屋外活動制限の基準値を毎時3・8マイクロシーベルトに設定。原子力安全委員会もこれを追認し、だから福島の子どもたちも「大丈夫」と言うのである。
「今まで何ら基準が示されず、やっと出てきたと思ったら毎時3・8マイクロシーベルトです。しかも、この数値を超えたら直ちに除染作業するのかと尋ねると『待ってくれ』と言う。とんでもない話です」(中手氏)

ちなみに東京では毎時0・1マイクロシーベルト以下だ。それでも雨が降るとイヤな気がする。

国は復興会議だ、震災復興税だ、と騒ぐ前に真っ先にやることがあるはずだ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月22日 09:48:26: CgPxaWt6OI
勘違いするな。「管理区域」は〈一般公衆の…>では決してない。万事やむを得ず、【専門の放射線業務従事者】のみが、厳重に注意しながら最少限度の時間だけ作業を許される区域である。しかも、5年間の平均が20ミリシーベルトを超えないこと(但し、いかなる年でも50ミリシーベルトを超えてはならぬ)。その被爆作業のメリットがある場合に限ってだ。
 一般公衆の被爆限度は年間1ミリシーベルトを超えてはならぬ。
しかも、学童は、一般公衆よりはるかに小さい限度しか許されないのが世界的な常識だ。

02. 2011年4月22日 10:06:46: GOqipyToes
放射線管理区域とは本来、飲食や就寝も禁じられた、つまり生活してはならない場所なんですよね。

03. 2011年4月22日 10:14:45: oFrTuDDj8U
安全だと言い張る総理以下内閣の家族と御用学者の家族を強制的に管理区域に移住させる。子供がいたらその学校にも行かせる。
そうすることで、こいつらはようやく真剣に考えていくと思うんだよ

04. 2011年4月22日 10:16:59: 6XYLmhf7So
 電離放射線障害防止規則→http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000041.html

 01さんの言われる通りで、この規則は、事業者が雇用している労働者について、遵守すべきことについて述べているもののようです。


05. 2011年4月22日 10:18:17: 3xqOCgZ8dM
03さんの仰る通りだ。

国会を現地でやれとまでは言わないが、何とか本部等は現地でやれ。


06. 2011年4月22日 10:26:05: ETU4MaSquE
日本人を減らそうと想ってるかもしれないね缶さんは。倒政を進めるべきでは。

07. palm4 2011年4月22日 10:40:30: KcItt1z4.lXWs : 4cdbbeRrbA

この件に関する調査や議論は、学校を休校にした上で行うべきことです。少なくとも、子供たちに通常通りの活動と福島産の給食を食べさせながら結論を待つべきではありません。国の最優先事項は、国民の保全よりも、国家の保全にあることは明白なので、さっさと親の判断で学校を休ませ、自宅学習や転校なり避難なりを検討すべきです。国や自治体の指導や手続きをふまなければ何もできないのでは、今後、この国で生き残ることはできません。「自分の安全は自分で守る」が今後のこの国での生き方です。国は、今後の汚染が進行した場合に備えて、すべての基準値を最大限に緩和することで、極力、通常通りの生活を持続させ、国家としての枠組みを維持する方針です。そのための犠牲は、国家の枠組みが維持できなくなった場合の犠牲に比べて低いものであると判断していると思われます。現在のほとんどすべての基準値が最大限に緩和されていることは、今後さらなる汚染が進行するという国の確固たる予測があることが明白です。その予測から逆算して、今回のような異常な基準を強引に設定しようとしているので、その将来の予測がかなり深刻であることが推測できます。そして近い将来に、同様の問題が福島県だけではなく、近隣の県や首都圏においても起こることに備えていると考えられます。国は現実を見て対応しているだけです、むしろ、現実を見ていないのは国民なのです。子供のいる親は、自分で調べて、自分で判断すべきです。国を非難するのは時間の無駄であり、強制的に学校に行かされている子供たちが犠牲になってはなりません。


08. 2011年4月22日 10:46:15: rWmc8odQao
主婦の声(経由:池田香代子氏)
「学校に送り出した後に、罪悪感で涙するお母さんもいる。…私たちただの主婦が分かるように説明してください。東大や京大や慶応や早稲田を卒業した人たちが地域に住んでるんじゃないんです。私たちは中学や高校しか出ていない。でも、子どもを守りたいという母親の気持ちはどこに行っても、日本中、世界中いっしょです。それを、あなたたちのような安全なところでのうのうと毎日を生活している人たちに数字だけで決められたくない。半径10キロ以内のところに対策本部を持ってきなさい。…あなたたちの給料、あなたたちの家族を全部、福島県民のために使いなさい。福島県民を全員、東電の社員にしなさい。給料を払いなさい。そして安全を保障してください。」
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51777145.html

保障できなきゃ電力事業者として、人として失格ですな。何が何でも、石にかじりついてもやってください。


09. 2011年4月22日 10:53:19: sWFJg5azDU
福島のお父さんお母さんが怒るのは当然だ。

基準値オーバーがたくさん出来ちゃった。→ 基準値緩和しちゃえ!

一事が万事これ。国民を守らない国家に意味はない。


10. 2011年4月22日 10:58:09: 18Cf10Neqs
この国は中央政界から地方自治にいたるまで「馬鹿野郎、子供が被爆で死ぬぞ。さっさと疎開させろ!」といえるまともな大人がいない、利権ボケしたガキ社会になりさがってるわけだ。馬鹿すぎる。

11. 2011年4月22日 11:01:23: OeHGISpk1o
 08の主婦の意見は、本質を突いていますね。
 菅政権がやっていることは、政権や東電を守るために子供を死に追いやる犯罪です。

12. 2011年4月22日 11:32:41: OIxNYWfJog
政府と官僚の事なかれ主義の表れですね。
いずれ旧ソ連と同じように、3年後、5年後に避難することになる。
これでは遅すぎる!!
頑張らなければ!!

13. 2011年4月22日 11:36:18: A68B4ybrHA
さらに内部被曝は完全に無視! 飲食は勿論、呼吸もしない生活が前提。

もう滅茶苦茶というより、完全にキチガイ沙汰だ!!

胎児・乳児・幼児・学童を見殺しにしてまで首相の椅子にしがみつく、キチガイ菅! もはや首相ではない、殺人鬼だ!!


14. 2011年4月22日 12:06:05: WZzUWzAboA
マスコミはいっさい伝えない。w
なんていう国だ!w

15. 2011年4月22日 12:13:03: oz33FCcPgo
毎度、毎度のことですね。
水俣病、アスベスト、薬害エイズ、、、、、、
国や大企業の「大丈夫だ、大丈夫だ」を信じた人がどうなったか。

毎日毎日ものすごい量の放射性物質が放出されています。
一刻も早く子供や若い人を遠くへ逃がすことです。


16. 2011年4月22日 12:23:47: sWFJg5azDU
田中好子さんの追悼特集、それもいいだろう、私も好きな女優さんだった。
しかし、これを全然伝えないってどういう!!??

17. 2011年4月22日 12:27:26: FpVPO6YryM
皆さんのコメント 全てに頷いて読ませて頂きました。
どうか一刻も早く 福島の子供達に避難を!

18. 2011年4月22日 15:21:00: ILHmzlZBgE
フグスマの小学生ねぇ。
助けてもらいたくば、栃木以西の日能研に所属する小学生にならねぇとね。

19. 2011年4月22日 17:37:56: bVdRy4dCmQ
ガソリン高騰は環境に良い! この国のために消費税は上げるしかない! 
復興には増税しかない! 節電のために電気料金を上げればいい!
放射線数値が限界超えたら許容数値を上げればいい!

昨日もフクシマ第一原発で働く作業員の万が一のために造血幹細胞採取を考えて・・・という医師の提案も東電などは「必要ない」といっていた。ゴールデンタイムは出演者だけが楽しいバラエティ番組の数々。

全てがご都合主義のこの国です。各々の思惑だけで動くこの国はこれからどうなってしまうのか。


20. 2011年4月22日 18:22:07: SE6UxeS89Q
>08
ビデオを見ました。本当に心底驚きました。。。今、私は、怒りで胸がワナワナと震えて書いています。原子力委員会なるものも、文部科学省も、子供/人間のことを「全く」考えていないことがはっきり分かりました。人間としての血が流れていない人種がいとも簡単に重要事項を決定していることにあきれます。是非とも、皆様にこのビデオを見ていただきたいと思います。

21. 2011年4月22日 18:28:34: Ey9ocC9aAg
放射能汚染地の少ない地域に、高校生は下宿なりすればいいと思います、
小児は、保護者同伴で、移住、親は単身赴任でもいいかと、50キロぐらいの距離は通勤可能ですが、経費は国、東電なりが負担すればよろしい、

必ず失敗し、爆発する、高速増殖炉もんじゅに、無理な夢追い、?兆円も使う、
金がないとは言わせない、

しかし姉川で、放射線量が高い、宮城釜石、気仙沼、陸前高田あたりの放射能汚染データがはっきりしない、風向からすれば汚染が・・、どの程度であろうか・・。


22. 2011年4月22日 19:22:10: SE6UxeS89Q
>20
補足。必見ビデオのリンクです。
http://www.ustream.tv/recorded/14169488
http://www.ustream.tv/recorded/14170225


23. 2011年4月22日 19:35:16: rWCZT9HzEA
ひどすぎる! ひどすぎる!! ひどすぎる!!!

何ですばやく対応しないのか!  

子供達、人々の健康、命を考えれば他の何をおいても対処しなければならないのに

この無策、否悪魔の所業ではないか!!


基準値をどんどん吊り上げて辻褄あわせして、良心がとがめないのでしょうか?

生鮮品の検査にしても、本来ならば政府が国民の安全を考えて、厳格に対応すべき

ものを、値をごまかしてなんとか保障を逃れる意図が見えみえで全く信用がおけま

せん

一事が万事 良心のかけら無き政府を皆で糾弾! 打倒せねば!!


24. 2011年4月22日 22:16:21: Get9aY0xRA
>>16
田中好子さんの女優としての出世作があの「黒い雨」(井伏鱒二原作)だったこと
そして、彼女の死因が乳がんだったこと(もちろん原発とは関係ないが。多分)
は何か象徴的な気がしました。
ワイドショーで「黒い雨」の映像をきちんと流していた局もありました。番組製作者の会社及びスポンサーへの無言の抵抗を感じます。出来れば無言では無く有言実行の大々的な抵抗・反乱を挑んで欲しいです。
NHKはチェルノブイリの20年後を追った秀逸なドキュメンタリー番組を、まさにこのタイミングで再放送すればいい。

25. 2011年4月22日 23:04:34: PZ8xrWZkBs
スーちゃんの「黒い雨」が追悼番組で放映されたら、どんなバカでも放射能の恐ろしさがわかると思うのですが・・・。
東電がスポンサーのACジャパンでは、放映は無理でしょうね。

26. 2011年4月22日 23:18:29: EW4UhcO8Qc
実際、ここに福島県民っている?
そもそも福島県の小中学校の75%が規定値オーバーって根本が不可解

国が発表している放射線量はtvでも確認出来るけど
各自治体や町、企業別にだって計測しているよ

実際に会社で自分のディスクの前にも線量計がある
屋内では0.02だったり屋外も大して変りない
こちらは原発より70キロ圏内だけど普通じゃないだろうか

実際に原発事故直後に町から屋内退避の知らせがあった
それぐらい管理されていて情報の公開や水や土壌にだって
気を使っている。
私もこのような情報と自分の持っている
最大限の情報・知識を整理しながらいろいろな記事を見ています。

何も知らない人間たちが情報に踊らされ
一つ事しか見れないから情報が偏り
差別が起きるのだろうと思う。
福島から千葉に転校した小学生が虐められる
つくばに避難した福島県民がスクリーニング調査票を掲示しなければ
受け入れてもらえない、福島ナンバーの車が他県に行った際に
邪魔だと追い返されたのも納得できる。

私も高卒ですがこれだけのネット世界、調べられない知識もないでしょう
簡単な翻訳なら出来るしある程度はわかるし

少なくともこの記事を書いた人よりしっかりとした文の構成はできないが、
この人より確実な情報、知識はある
そして福島県民はここにコメントされている人よりも冷静です。

まずは一つの情報に偏らず、しっかりとした情報、知識を整理し
コメント願いたい、無知な人たちを煽るマスコミと同じです。

煽られてた人の一方的な情報、知識が75%以上などと
不可解な数字を作り上げる。


27. 2011年4月22日 23:36:24: pEgCpfCxXY
>>26
冷静であるといってもですね、やってることは
子どもをそのまま普段通りにしているでしょう。
福島は問題なしであるから、と。
つまり、冷静に子どもを見殺しにしているのですね。
致命的な原発事故、誰が見ても腰を抜かすほどの事故が起きたんですよ。
そして大量の放射性物質が漏出・飛散しましたし、し続けています。
風向き一つで、福島県内いえ首都圏いたるところが第二第三の飯舘村レベルの
汚染度になりえる、いいえ、それ以上のレベルになりえます。
いまだに飛散したプルトニウムおよびウラニウムの検出データすら
未公表です。計測したかどうかすら未公表です。
これで恐ろしくない、冷静であると言うほどの、無知もないのです。
少なくともこれが海外の研究者のいってきた警告内容です。
あなたはこれでびくともしないでしょうけれども、
肝に銘じておいてください、あなたが無知なんです、
無知であることを無自覚であるほどの無知なんです。
原発事故への無関心さしかあなたの投稿からは見受けられません。
あなたは数字しか見ず、つまり、木を見て森を見ていないも同然です。

28. 2011年4月23日 00:20:42: EW4UhcO8Qc
27さん

福島全体が安全と言っているわけではないです。

私も避難できるよう準備してますし
今の時期は偏西風や福島も有数な山脈があり、
そこから吹き流しで降りてくる「おろし」という風があります。
太平洋側に向かって吹く風ということもありますし
地形によってある程度危険な地域は
地元住民ならとっくに調べ知っていますよ
研究者やあなたは独特な地形や地元住民の何を知っているのでしょうか

今の放射線量であれば年間規定値まで何日で達するか
屋外で8時間・3時間活動した場合シュミレーションしたりしてますし
すでにもう住めない地域もあるでしょう。わかってます。

実際に私も怖いし、小さな家族もいます。
今まで先祖代々築き上げた土地、家、年寄り、仕事
簡単に捨てられますか
隣・近所関係ない人たちこそが無関心に逃げろとか見殺しとか言うのだろうと思います。背負っているものが違うから
私は無知かも知れない、森を見ていないのかも知れない
でも現実を見ている。


29. 2011年4月23日 00:38:14: oTKUSZBFKA
26のいる地域ではそうなんだろう。でも放射能は「距離」ではなくて風向きなんだよ。チェルノブイリでも何百kmも離れた場所に非常に高濃度の汚染が見つかったりしている。「ホットスポット」というらしいね。だから70km圏内で比較的安全な所もあれば、200km離れた所で非常に危険な場所もある。よく言われるが同心円状に広がる訳ではない。
それに国や各自治体が本当に正しい数値を出しているかも疑問だ。故意に低い数値を発表している可能性もある。なんといっても勝手に規制値を何十倍も上げ、その事をテレビや新聞では一切公表しないという事をやっているんだから。
(今はネットがあって良かったと思うよ。もしなければきっとそんな事も知らなかったろう)

阿修羅の記事にあった数字だが、一日100兆ベクレルの漏出というのを考えたらどう考えたって無事で済まないのが分からないか?
線量計で計っているとあったが、土壌は計ったか?放射性物質は「降り積もる」から大気中よりはるかに高いらしい。
それに、多分その線量計ではプルトニウムなどは計れないと思う。


30. 2011年4月23日 00:39:28: pEgCpfCxXY
いや、あなたは現実を見てない。
ガンマ線の線量はみているでしょうけど、
第一から放出されたはずのプルトニウムの量、ウラニウムの量が
総量どれくらいになるかしらないでしょうし、
福島県内各地における降下量測定値も知らないでしょう。
それでは現実を見ているとはいえない。
こう警告したわけですが、それは無視ですよね。ガンマ線量だけみて、
森をみてないわけですよ。無知であり、原発事故に対し、
チェルノブイリ事故の歴史的事実に対し、傲慢ですらある、かもしれませんよ。
もっともあなたがいくら傲慢で無知であろうとあなたがよければ
わたしにはとやかく言うくらいが関の山。

31. 2011年4月23日 00:52:26: EW4UhcO8Qc
28です。

私サーフィンしてます。
しばらくというか、もう海に入れないかもしれない
毎週家族で海へ行ってました

原発事故後、行ってないですが今週末家族で
いわきにでも行ってこようと思います。
何か手伝えることがあれば手伝いをしに
飛び込みでボランティア風なことをしてくる予定です。

もちろん子供たちも一緒に。

それに伴い、いわきの知り合いに情報を聞いたり
自分で調べたりして、判断途中ですが

やばいから、生まれ育った故郷・大切な人を置いて避難してくれてありがとう
と私の子供が大人になったとき言ってくれるでしょうか
逆に私のせいで病気になったと責められるでしょうか
そのようなことを言う大人になって欲しくないです。

私の勝手な押し付けかもしれないですが
もっと違うことを感じられる大人になって欲しい
うまく伝えられないですが
そのようなことを伝えられる、教えられるような
機会だと思い、今回いわきに行こうと思います。


32. 2011年4月23日 00:53:33: oTKUSZBFKA
投稿したら28の記事がアップされていた。

確かに地形は地元の人がよく知っているだろうと思う。でもこれもよく出て来るが内部被曝の問題もある。今の放射線量だと・・と言っても、外部被曝だけが問題じゃない。どうしたって呼吸と飲み食いはしなきゃならないのだから。

いや、逃げる事の難しさは分かる。自分は関東に住んでいるが、はっきり言って安全だとは全然思わない。でも色んな物を置いて逃げるというのはほんとに出来ない。でも、今福島で言われている数値になったら、腹を決めると思う。特に子供は逃がすと思う。これはもう、しょうがない。死ぬか病気になると「明らかに」分かっているレベルになって、子供をその環境に置いておこうとはどう考えても思えない。


33. 2011年4月23日 01:09:56: oTKUSZBFKA
いわき市なんか行くな!さっきちょっと検索したらいわき市は北端が原発から20〜30km圏内にあるとあった。何でそんな所にしかも「子供を連れて」行くんだよ!ボランティアとか言ってる場合か!行くなら自分だけで行って子供は巻き込むな!放射能について何も判断出来ない子供を連れてくってどういう料簡なんだよ!!
あんたの書いてる事はさっぱりわからん。もし今そんな所に行ったら本当に「私(親)のせいで病気になった」と責められるぞ!しかもそれは事実だ!!アホかやめろ!!成長期の子供は大人より何倍とも何百倍ともいわれる程放射線感受性が強いんだぞ!!あんたが病気にならなくても子供はなる!!
もっと違う事を感じられる大人って何だよ!!行くなバカ!!

34. 2011年4月23日 01:21:44: o3TmbkS1i2
>28
今まで先祖代々築き上げた土地、家、年寄り、仕事
簡単に捨てられますか

命とどっちが大切なんでしょうか?
子供の安全とどっちが大切なんでしょうか?

福島県に住んでる方全員とは言いませんが
他県に住んでる方と比較して原発に対しての考え方に
かなりの温度差を感じます。

実際に数値は大変な事になっています。
数値しか見るしかない私たちが今回のこの数値に対して
なぜ冷静でいられるのでしょうか?

子供には決定権が無いので大人が正しい方向に誘導しなければいけません。
責任重大ですよ。


35. 2011年4月23日 01:54:45: o3TmbkS1i2
28さん

今まで先祖代々築き上げた土地、家、年寄り、仕事
簡単に捨てられますか

一番捨てちゃだめなのが命(健康)じゃないの?
自分の母校(郡山)も被曝量オーバー。
とりあえず福島(会津地方は除く)からは早く離れたほうがいいと思う。
特に子供は出来るだけ安全な場所へ。
親の責任です。


36. 2011年4月23日 01:55:28: oz33FCcPgo
>やばいから、生まれ育った故郷・大切な人を置いて避難してくれてありがとう
>と私の子供が大人になったとき言ってくれるでしょうか

もちろんです。

それとも、甲状腺ガンになってチェルノブイリ・ネックレスが出来たけれど、
故郷にいられて幸せですと言うでしょうか?

もう子供を産まない熟年世代はどうでもいいのです。
お年寄りが住みなれた故郷を捨てられないというのもわかります。

でも子供は違います。

同じ線量を浴びても影響度がはるかに深刻なのです。
被曝していろいろな障害に一生苦しむかも知れません。
今は何ともなくても10年20年してから発病することもあるのです。

どんな犠牲を払っても子供を守るのが親だと思います。
子供は自分ではどうすることもできません。

とにかく子供を避難、疎開させるべきです。

第2次大戦末期、都市部では空爆がひどくなって
政府は子供を疎開させました。
今とは比べものにならないほど困窮、混乱していた当時でも
何とか子供を守ろうとしたのです。

それにくらべて今の政府は何ですか!

私はもう日本はダメなんじゃないかと思い始めています。
原発事故云々より、この国に子供を守ろうとする姿勢が全くないからです。

子供を大切にしない国に将来はありえません。


37. 2011年4月23日 03:01:45: sWFJg5azDU
>お年寄りが住みなれた故郷を捨てられないというのもわかります。

>でも子供は違います。

飯館村でも年配の村幹部と若い人たちの間で意見の相違があったらしいのをツィッターで見た。

年配者が残りたいのは無理もないが、それに引かされて子供や若者の未来を損なうわけにはいかない。家族を引き裂くようなことは悲しいが「子供だけでも疎開」はありだと思う。


38. ダイアン 2011年4月23日 04:13:35: fgfipswMu2Fnk : l9uHmzOZiA
36の方の続きの意見になりますが、かなり昔から、10年以上前から、日本国の動物愛護精神が“変?”と言う現実にぶつかり続けてきています。年間30万頭〜のガス室殺処分の改善対策への完璧無視。弱者=子供・動物・老人を大切にしない国に幸せな将来なんて有りません。かつて、ガンジーは言ったそうです『動物愛護精神が病んでいる国に明るい未来などはない!』ーーーそして、あのマザーテレサも成田空港に降り立った直後に、“日本の空気は,病んだ香りがする。小さい命、動物たちを愛護しなさい』と言っているそうです。正しく其のとうりだと思います。天災ではないのです。人災なのです。津波の映像もこの世のものとは思えない
CGではないかと確認したくなるほどの衝撃でしたが、原発地区の置き去り動物たちの現場も悪夢であって欲しいと思いたくなるはどの惨状です。家畜動物たちの哀れな餓死、家庭動物たちの餓死、閉じ込められた部屋での共食い争い=早期対処が、普通になされていれば、防げていた事ばかり。犬に携わる仕事をしているので、特にイキドウリの中、毎夜、救出対策を進めています。

39. 2011年4月23日 05:02:44: oz33FCcPgo
年間被曝量を20ミリシーベルトに引き上げたことについて、
文科省、原子力安全委員会はその根拠について何一つ話せませんでした。
これで「原子力安全委員会」の看板を掲げているのですからお笑いです。
あんたら税金で食わしてもらって毎日何やってんの?

この国の政治家、役人の無知、不勉強にはあきれて言葉もありません。
原子力も放射能も被曝も何も知らない。あきれるほど何も知らない。
広島・長崎、チェルノブイリでどれだけの人が苦しんでいるかも知らない。
だから東電、御用学者の言いなりです。

反・脱原発運動を何十年もやってきた一般市民のほうがずっと詳しいし、
真実を知っている。

戦争で空襲が始まれば危ないから子供は疎開させるでしょう。
役人にも良心があるでしょうからね。

でも放射能は見えないのでピンと来ない。
いったい国民が何を必死で訴えているのか理解できないんですよ。

おそらく数年たって重大な健康被害が出始めれば、
ああそうだったのかとわかるでしょうが、そのときはすでにもう手遅れ。

とにかく国の言うことを妄信せず、自分で情報を集め、
よく考えて判断することが大切です。


40. 2011年4月23日 07:04:31: HalrJpixX2
無責任管は国民を殺しても 感じない 勘が働かない 勘弁してくれ

国民は 死にたくない、 止めろ管内閣 !


41. 2011年4月23日 07:30:19: aos0LyvpcI
一刻も早く、福島の子ども達だけでも安全な地へ疎開させて下さい。

お願いします! 菅内閣!


42. 2011年4月23日 08:42:11: 2o1wojehlY
国民の命を守るべき菅政権が一番に何を守ったか!
東電の原発が使えるようにと画策したのですよ
細野が発言しました「(事故後すぐの時期に)最悪の事態まで行った」とね。
がその時に枝野はなんと言ってましたか?
「大丈夫大丈夫!すぐに体に影響ない(いずれは有りますが)」

その時にはすでにレベル7であった!のに変更は一カ月後!
放射能数値もすでに30キロ内では風向きによっては
住める状態では無かったはず!
がそんなことは住民には知らせなかったではないですか
今になって20キロ内罰則付き進入禁止!っておかしくないですか?
一カ月の間にどれだけ溜まっているか!

今も隠し続けている数値が菅政権にはあるハズ!
きっとマスコミが発表しない数値!
今も出続けている放射能!風に乗って流れているし、
高濃度の水も海に流れているでしょう、完全に塞げるはずがない!
今は一切原発が沈静化していない!ってことを忘れてはいけない!

菅政権は原発隠ぺいするために必死で政権にしがみついている!

そのために
どさくさまぎれの「コンピューター監視法案」
4月1日に法案提出の付託をこっそりやっていた。
5月休み明けには成立を狙っているようです!
真実が出ないように言論統制に向いている!


43. 2011年4月23日 08:59:10: pdiJ2zZgxg
>>07 さん

「国は現実を見て対応しているだけです、むしろ、現実を見ていないのは国民なのです。」とは、私は思いません。

国は、マスコミを大動員して「無知な国民」を一人でも多くだまして、自分たちの責任を逃れることに終始しています。

特に問題意識を持たない人たちは、簡単に騙されるでしょう。国民が現実を見ていないのではなく、国が国民に現実を見せないようにしているのでしょう。民主党政権現執行部の情報隠蔽は極限状況にあり、外国からは、日本国民が羊のようであると揶揄されているほどであるが、そこには、日本のマスコミが極めて重要な役割を果たしている。こうした腐敗構造は、必ず国を衰退させる。子供の疎開を速やかに行った上で、腐敗した国家機構に対しても、その怒りの声を上げるべきである。


44. 2011年4月23日 09:39:36: dc1WE2UicV
今は福島県(50キロ圏内)の人々に何も被曝症状は出ていないかもしれない。しかし、原発事故の状況(京大:小出裕章助)をみれば、必ず、大変なことになると予想できます。確かに、先祖から守られてきた故郷を離れ、すべてを失うことは、それを迫られた人でなければ分からない心情と拝察します。
しかし、将来、あなたの子孫に奇形児が生まれとき、きっと、その時も被曝の因果関係を証明することは難しく、個人の責任となります。それが、過去の難病訴訟でも例がありますよ。

 そうなったとき、誰が真っ先に嘆くのでしょか。あなたです。安全、現実を見ているというあなたが、どんなに苦しい思いをしなければならないか。

国はあなた方を守りはしません。最小限でしか守ってはくれないのです。それが、今の現実からも分かるでしょう。
 西日本へ転出したらどうですか?
今、東日本と西日本は別世界のように、西日本は平穏です。西日本には、住むところ、空家や賃貸住宅など沢山あります。渡る世間は鬼はおりませんよ。
広島県安芸高田市は、学校ごと、ひっくるめて受け入れ態勢を整えています。子どもは、地域でホームステイで受け入れします。大丈夫です。

 生きていくこれからは、長い年月です。
きっと、転出してよかったと思える日はやってきます。
どうか、被曝して苦しみの連続の中で生きる未来と、物は無くしても笑顔で生きることができる未来のどちらがいいのか、真剣に、早く決断してほしい!


45. 2011年4月23日 09:49:47: Y3zbOZUhPQ
政府発表の積算放射線量は、3月23日からの積算である。
つまり爆発後一番放射線や放射性物質が飛び散っている
3月13−22日の分が入っていない。
この事実を福島県の人たちに知らせるべき。

46. 2011年4月23日 10:00:16: GIvSzWlmIT
菅は、ついに、ヒットラーを凌ぐ「大量虐殺者」になろうとしている。

菅が首相でいる間は、死者がふえる!!

国民は、わからんのか???


47. 2011年4月23日 10:48:10: OW8CXsNvVQ
今の政府に道義的・社会的責任を訴えても、屁のカッパ。
「殺人未遂罪」で刑事告訴するしかない。
法律専門家の皆さま、手続きよろしくお願いします。

48. 2011年4月23日 10:50:26: izP47dhXzo
私は被災地ではない安全な地域に住んでいるのでEW4UhcO8Qcさんのことをとやかく言える立場にはありません。
しかし、私達が怒っているのは子供たちが浴びてもよい年間放射線量が20mSvというとんでもない基準に基づいて学校での屋外活動時間が決められたということです。
年間放射線量が20mSvというのは放射線管理区域の指定区域です。
普通の国民は年間1mSv以上の放射線を浴びさせてはいけないと法律で決まっています。
放射線管理区域に従事する者は被曝量をフィルムバッジ等によりチェックし定期的に健康診断を受けなけれなならない区域です。
そのような環境下で子供たちが生活してもよいと文科省や原子力安全委員会が決定し政府が認めたという事実に驚愕し怒っているのです。
阪神・淡路大震災の時の村山政権はその能力不足ゆえに自衛隊の初動が遅れ多くの助けられたかもしれない命が奪われました。しかし、村山首相はそのことに悩み責任を感じられたと聞き及んでいます。少なくとも、その後の対応は国民の命を守ろうとしたように思います。
しかるに今回の大震災後の菅政権は全てにおいて自己保身に走り、対応は後手後手となり国民の命を守ろうという姿勢が全くみられません!
今回の子供たちへのこの決定に菅政権の本質が表れていると思います。
08さん22さんの貼ってくださったリンクのビデオを見ました。
唖然としました。はらわたが煮えくり返りました。
住民の切実な訴えに対して答えるのはまだ大学を卒業したてのような官僚達。
放射線管理区域すら知らない文科省の役人。
今回の基準値は原子力安全委員会で会議も行われずに文科省に助言を出したという事実。そして原子力安全委員会は助言はしたけれど決定は文科省だと責任逃れ!
文科省は原子力安全委員会の助言に従っただけと開き直る始末!
まさにこの国の縮図であり責任逃れの官僚達。
しかし、首相が「子供たちを被曝させるな!」と責任を持って官僚達に指示すれば全く違った基準になっていたでしょう。
悲しいけれど今の政権では国民は政府に期待してはならないのが現実です。

49. 2011年4月23日 11:05:01: Ondc7EZaiI
福島の人へ、
私は福島から220キロ離れた所に住んでいます。関東では一番風下であり、クールスポットです。
福島の危険と自分の危険の度合いは比較にならないとたかをくくっていました。
しかし、この事態で何もしないのは心苦しいので、あてにならない国内のマスコミでなく海外の新聞社に、被曝特に内部被曝を警告する記事を書いてくれと書き送りました。
すべてやつらは無視しました。やつらはカエルがゆだってから、売れる記事を書きたいだけです。
海外NGO団体に送った、バックアップを依頼したE-mailのなかには、故意か事故か国内の通信会社にブロックされ相手方にとどかないものもありました。
NGO団体から来た返事の中には、あなたはプルトニウムとウランをすでに吸い込んでいる、子供をできればあなたも即刻退避しろと書かれていました。
汚染食品を食べろと書いたものはありませんでした。
缶詰を食べてでもしのげとありました。ここは220キロ福島から離れていることと、安全宣言された県産農産物の放射性セシウム含有量を、彼らには伝えたうえでの助言でした。
その情報を自分だけにとどめていたのでは、ひそかに家族を逃がした地元原研職員と同じだと思い、阿修羅に投稿しました。
海外の助言者は、私たち普通の日本庶民より日本のデーターを知った上で、海外のモニタリング装置のデーターも加えて助言してきました。
彼らが参照しろといったサイトを開いて、私は自分の無知に愕然としました。
逃げるかとどまるか、地場産品を使った学校給食をどうするか、福島の問題は程度の差はあれ私の問題になりました。
妻は、家族が離れ離れになり、これから予想される地震と他の原発事故で無残にすごすよりは、ここで最善を尽くして可能性にかけ、家族で過ごそうと言っています。
高校1年生の息子には、お前の人生は私よりは多分短い、後半は癌との闘いだろう、元気なうちに自分の可能性を追求しておけと告げました。
自分の運命を想像もできない下の10歳と5歳の子共のことがかわいそうで、これを書いていて涙が出ています。
私はもっと無知なら幸せだった。英語などできなければよかった。核物理のエネルギー計算もできなければよかった。

子供を遠くに逃がせる人は、逃がしてください。
このままでは、ずるいやつらの子孫ばかりはびこる。
悪魔に心を売り渡したやつらや、本物の間抜けの言うことなぞ信じるな。
私はまだ良心の呵責に苦しんでいます。ここまで知ってしまったら、妻を説得して逃げるのがお前のすべきことだという声が、消え去らない。


50. 2011年4月23日 11:10:01: zFtOTz25Do
原発依存の社会を否定する。
それを許した利権による責任者不在の犯罪を止めなければ世界は滅ぶ。

原爆・チェルノブイリ。東海の臨界事故。
多くの教訓はあったにも関わらず、最悪の原発中毒社会を築いてしまった。

レイモンド・ブリッグズ著の「風が吹くとき」の状況が現実になっている。
ただ、この物語で死ぬのは老夫婦だが、リアルで犠牲になるのは子どもと
これから生まれる命全部。
フィクションよりも悲惨だ。


51. 2011年4月23日 15:13:03: 8Nec9ZcaD6
日本の酪農おわた
原発避難牛、農水省受け入れ要請 「北海道が有力候補」
http://bit.ly/gKKBTD

52. 2011年4月23日 15:39:45: S92nld6lDw
 08さんに感謝。この「主婦の声」を世界中の多くの人に広く伝え、早く対処しなけれ私たちはずっと後悔することになります。

53. 2011年4月23日 16:58:30: 2cV5GYU6gY
36の方に激しく賛同します。7の方の沈着な文章にも敬意を表します。自分が書くより数段 大切なことを確認できます。

54. 2011年4月23日 18:26:48: 05UhnFBHRM
何年か経ち東北の方ががんになっても政府は因果関係は薄いと言うだろう。だから繰り返し安全ですって言う。証明するのは難しい。

55. 2011年4月23日 18:39:02: G5WaNp5SMk
福島市の住民です。池田さんのブログにコメントしておきました。怒っています。

「前のコメンテーターさんに全く同意です。福島市民ですが、今、ここでは「100mSV/年までの被ばくは全く健康にリスクはない、妊婦・胎児にも影響ないことをICRPが勧告している、10μSV/時までなら子供を外で遊ばせて問題ない、洗濯干しも布団干しも室内換気も問題ない」などとした行政主体の安心キャンペーンがテレビ・ラジオ・広報紙・講演会などで行われています。20mSV/年が計画退避地域の基準値とされ、また子供達の安全基準値として適切なのかと問題にされているときに100mSV/年とか10μSV/時とか、あまりに現実離れの内容なので、福島市の広報課にクレームを行ったところ、県からの要請もあって行っている。20と100の違い等は防災上の基準値と健康リスクからみた医学的基準値との違いで、長崎大学の山下俊一教授の監修をいただいているとの呆れた回答でした。この山下氏は御用学者で原子力損害賠償紛争審査会の委員でもある。国と県は、これ以上対象区域を広げると福島、郡山などの100万人の新たな避難民が生まれると恐れ、基準は甘く取りたいという思惑がプンプン・・・まだ原発汚染は続いているのに無責任の極みと怒!」


56. 2011年4月23日 18:40:43: 8g6UzEMdgE
これが日本の実態なの・・・
本当のホントに、こんな感じなの?
夢なら覚めて欲しい
信じられない、許されない、これほど人生の内で激怒したのは、初めて・・・
どうすれば良いのだろう?
誰か教えて欲しい

57. 2011年4月23日 18:58:44: 0H22KMWFhg
>>49
私も福島第一原発から220kmくらいのところに住んでいます。
残念ながら、距離の割には放射線量が高い場所です。

体調は良くないですね。
鼻血が出そうになったり、身体中の関節が痛くなったり、皮膚が異常に弱くなったり、
震災前までに経験したことがなかった症状がいろいろ出ています。
それらが、全て放射性物質のせいかどうか分かりませんが、
もともと、各種化学物質に拒絶反応を示しやすい体質なので、そのせいかも。


>>55
山下俊一氏は、明らかに信用してはいけない学者なんですけどね・・・。
この方は、悪質極まりない詐欺師として、国民に認識されることになりましたね。
政府が、基準値を、健康に害のあるレベルまでゆるめてしまうから、国民が疑心暗鬼になって、俗に言う風評被害や、無駄な差別が起こるんです。

ここからは、あくまでも推測ですが、
いずれ、福島原発が第二の爆発を起こして、東京か仙台あたりが今の福島くらいに汚染される可能性があるということなんでしょうか?
全東京都民を、全員安全圏に避難させたら日本経済が破たんしそうですし、仙台市民全員の避難も実際無理でしょう。
最悪の事態が起こっても、仙台や東京を避難対象外にできるよう、今のうちに基準を緩めてるのかとも受け取れます。


58. 2011年4月23日 18:58:54: NsN2gvGLSg
原発が空爆受けたような状態で「制御不能で出口なし」の福島原発の放射能地獄から子供たちを守るために集団疎開も考慮すべきです。原発推進派や賛成派は何かの思惑で、しかも放射能の危険は承知の上で誘致に賛成したのでしょうが、罪の無い子供たちを犠牲にしてはダメです。

59. 2011年4月23日 19:22:57: c3MGH08xSU
赤カブさん!何処から出た数値?雅か、テクノじゃないだろうね?(笑)何れにせよ、放射能数値報道の独占、湯田や機関を排除し、第三者の機関を導入しなければ、事は収まらないよ!でたらめな、情報に、国民が右往左往するばかり。まずは、頓珍官を引き摺り下ろさなければ、始まらない。

60. KAN 2011年4月23日 19:34:59: XShOmEZ2UWIRk : KcpcYqPjdk
とにかく危機意識を持っている方から逃げてください。もう自分の身と子供を守るのは自分しかありません。我が家は4ヶ月の子がいますが、2週間ぐらい前から時々鼻血が出るようになりました。原発からは400kmですが、避難に向けて身辺整理を始めています。誰かが対応してくれるまで待っていては手遅れになります。政府のこれまでの対応を見れば明らかでしょう。政府があらゆる手を使って安全デマを垂れ流し事実を隠し通す中、怖いのはみんな同じなので、誰かが動けば続く人がいるはずです。

61. 2011年4月23日 19:48:00: Et1vhJ5rpg
震災後、もちろん原発人災後である。文部科学省から文部科学大臣の名でもって、分厚い封書が、知人(子どものいる家庭)に届いたそうだ。

残念ながら、その埼玉県の知人は、腹がたって、破いてすてたとか言っていたから、何が書いてあったのか、正確には分からないが、その知人とのはなしから想像するに、「こんな災害のあとだが、がんばって、災害(放射能)にめげずに勉強して、社会に貢献できる人材に育ってください」とでも書いてあったのだろう。

子どもたちの命を守るのが国の役目なのに、国は子どもたちから守られたいのか?
どうなってるの日本は? これって、来た道だよね。


62. 2011年4月23日 19:54:00: fCZ83cf8p2
上野動物園にパンダを見に行く女の子が、これから動物園いくの、とマスクして
いたがうれしそうにTVで話していた。いわき市の避難所のようだった。
見ていて涙が湧いてきた。どうか、この子たちが健やかに育ってくれるようにと
祈らずにいられなかった。一日も早く福島第一が終息の見通しのたつようにと、
心から思わずにいられなかった。子供たちのあどけない様子を見ていて、今日だけは、批判や怒りのトーンは敢えておさえておきたい。そう思った。

63. 2011年4月23日 20:06:30: OyjYKSb0hQ
一部の子供たちが、山梨県に集団疎開したと原口さんが話していました。もっと、多くの地域で、同じ動きをするよう、訴えよう。

わたいは滋賀県高島市民、市役所に申し込みました。


64. 2011年4月23日 20:23:33: BWUpsatGjU
私は今日、福島産の日本酒を買ってきた。おいしそうだ。
後で飲もうと思う。
コンビニに行ったら必ず募金箱に募金してる。

県外人にできることはこれしかないのか・・


65. 2011年4月23日 20:28:25: iwM8fLzO3z
チェルノブイリネックレス

きっこちゃんのブログにありました。当時幼児だった子供達が、被爆し、10〜20年後甲状腺癌を発症したもので、甲状腺除去手術痕が三日月形をしているので「チェルノブイリネックレス」といわれているのだそうです。

人体に影響を与える量は、
従来:1ミリシーベルト/年間

暫定値:20ミリシーベルト/年間

なんと、20倍です。しかも、大人も、子供も同じだというから驚きです。
何の根拠があって20倍したのでしょうか。

子供は、1ミリシーベルト/年間(0.11マイクロシーベルト/時間)が安全です。そうやって今まで守ってきたではないですか。

文部科学省、原子力委員会はチェルノブイリの教訓に学ばないのでしょうか。貴方達の仕打ちが、10年後あるいは20年後に「チェルノブイリネックレス」ならぬ、「フクシマネックレス」の若者を作るのです。

子供を大切にしない国に将来はありません。そして「フクシマネックレス」を持った若者達はきっと貴方達を許さないでしょう。

子供達を守るために、暫定基準値の引き上げ等何の役にも立ちません。あの太平洋戦争のさなか、子供達を守るために疎開が行われました。当時の政府でさえ子供達の重要性を認識していました。

福島原発では、核反応は停止したことになっています。でも、東電から発表された資料を見てください。

福島第一原子力発電所4号機使用済みプール水の分析結果、23年4月14日発表
採取日:23年4月12日、分析日:23年4月13日
セシウム134:88Bq/cm^3
セシウム137:93Bq/cm^3

ヨウ素131:220Bq/cm^3

ヨウ素131は半減期8日です。このように大量に検出されているのは核反応以外に説明できるでしょうか。甲状腺癌のもとはまだ生まれ続けていると考えるしかありません。

即刻、福島から子供達を疎開させるべきです。


66. 2011年4月23日 20:29:52: fCZ83cf8p2
>>62続き  松山はみなさんには遠いと思われるでしょうが、県や市それにNP○
も皆さんをお迎えする体制をとっています。もし、疎開をお考えなら問い合わせて
みてください。日露戦争では敵方ロシアの捕虜でさえ暖かく迎え、ここを希望する
ロシア兵があとをたたなかったということです。ましてや福島のみなさんは首都圏
の身代わりとなって犠牲を受けられた訳であり本当にお気の毒と思います。
松山で大学生活を送られた方が奥さん、お子さんと一緒に来られています。先日、
TVでお子さんの入学式の様子が流されました。 日本一のブナ林を育ててこられ
た福島の方々の郷土と自然に対する熱い思いが、必ずや再び報われることを、確信
しております。

67. 2011年4月23日 20:48:15: OMWy2px9Do

何か勘違いをしている人がいる。
子供は親の所有物ではない。
子供は、「一個の人格」であり、親ができることはその可能性をできるだけ制限しないように配慮することだけなのだ。
親の思想・信条で子供を引きずり回すことは許されない。
何を勘違いして「子供連れでいわき市にボランティアにいく」だ。
あなた何かっこつけてるんだ。
子供を守ろうとして無様にうろたえればいいじゃないか。かっこつけている場合じゃないんだ。国がこの有様だ。子供を守るのは親だけだ。親しかいないんだ。
はっきり言うがあなたがこれからやろうとしていることは、真性のドメスティック・バイオレンスそのものだ。

自分たちだけが守られたことについて、この先、子供が負い目を感じたならば
「この先、お前の愛する者を、『私があなた方にしたように』同じように守れ」といえばいいだけじゃないか。

>今まで先祖代々築き上げた土地、家、年寄り、仕事

これらは、みな、あなたの子供たちの「未来」のためにあったのではないのか。亡くなった祖霊の誰一人として自分たちを祀るために子供を犠牲にしろとは決して言わないはずだ。


68. 2011年4月23日 21:09:53: vcfY1likF2
トラックの運ちゃんが人を引いちゃったときに、
障害者として一生保障するより、一思いに死んでもらうために轢き殺し直すってのを
思い出しました。それが同時に大量に起こってる、もしくは被爆の臨床データを取る為のモルモットなのかも、と思えます。
それとも
被爆を封殺し沢山の国民を闇に葬り、原子力被爆に打ち勝った国として宣伝し、
技術に嘘のハクを付け、原発を世界に売り込むつもりなんでしょうか。
哀しいかな日本は世界の癌なのかもしれません。

69. 2011年4月23日 21:44:46: 5nHa49hRHc
バケモノが バケモノ作る 遺伝子異常


人の手に余るものをよくも作ってくれたな、自民政権。
第一義的には生産者とその仲間に責任がある。

そのうち下水から双頭の超巨大な捨てワニとか出てくるよ。


70. ももん爺 2011年4月23日 22:04:09: QnfuyB5RKZq9U : OyjYKSb0hQ
この子達は、地震、つなみ、原発、の上に菅という無情な心無い政権による四重苦に慄いている。

声もなく、助けてーーーーーーーーーーーー!、と。

寂しげに、笑うのみ。

そして、聞く。「みなさん、頑張って」????  ?  ?


71. ももん爺 2011年4月23日 22:15:22: QnfuyB5RKZq9U : OyjYKSb0hQ
>48さんへ
年間20ミリシーベルトに決めたのは、すでに被爆して以降45日でこの高い年間許容量を越える小学校が多数出てきたからなんです。

その現実に合わせるしかないので、年間許容量を上げたのです。

つまり、考えられない無責任さは、官僚の考え方、というより飽くまで法的な責任を回避するための基準値の改悪なんです。


72. 2011年4月23日 22:22:53: rhwAFVJ5rI
 国会が3ヶ月以内に、管内閣をつぶさない限り国民は救われない。
その時は、国民は立ち上がり全国的な安保闘争以上の盛り上がりでデモを行い
管内閣を叩き潰さなければならない。そのくらいの覚悟がないと国民は家畜の
用に最後は殺されてしまいます。

73. 2011年4月23日 22:23:33: EUYs48qpeg
もう 菅直人という人間に何を言っても無駄だということが分かった。

官僚、政治家、東電、マスごみ、コメンテイター、ゴロ学者たち。

これらの利得権益にまみれた連中は 福島の子供たちを見殺しにしてまでも 自分たちのあぶく銭が欲しいのだ。

この連中たちに淡い期待を抱くことは 一秒一分を争う 今の状況においては 時間のムダと言うしかない。

子供たちのご父兄は もう お上に頼るのではなく、自己判断で 即刻 子供たちを登校させないことに踏み切るべきです。

そして きっちりとした対応を求めて 政府・自治体に対して 戦うことです。

日本中の 子供を持つ親は 全力でお手伝いするでしょう。


74. 2011年4月23日 22:40:25: oUhTJPfT1M
免学措置という手があります。この手続きをしておけば無断欠席にはなりません。
市役所等の教育課に出向いて、子どもと保護者の名前を記入・捺印し、簡単な理由を記述すればお終いです。
原発事故による健康被害から逃れるため海外に脱出するという理由であれば、すんなり通るはずです。
実際に、この手で娘の小学校入学を合法的に遅らせている人がいます。
ビザなどの細かい書類の提示も求められません。

勉強は遅れても大したことはありません。何とでもなります。
しかし、放射能被曝は手遅れになると取り返しが付きません。
待ったなしの人生の危機です。

子どもの健康と生命が無事に保全されるか、逆に失われるかは、まさに親の腹一つで決まってしまいます。
親として、わが子の身を案じて下した結論を他人がどうこう言えるものではありません。
わが子を思う気持ちから為されたことは、まさに善悪の彼岸にあることです。
勇気と信念を持って、子どもを避難させるべきだと思います。

蓄積されていく被曝という、一刻を争う危機的状況にあって、ムッツリ黙りこむ政府や東電、そして学校が、晩性の放射能疾患に見舞われた子のために、何かしてくれることを本気で期待できますか。
そもそも健康が損なわれてしまったなら、どうしようもありません。

桐生市で自殺してしまった小6女児への対応を見ても明らかなことです。
学校のための小6女児ではあっても、小6女児のための学校ではありませんでした。
親の側にこそ、子どものための親である覚悟が求められるように思えて仕方ありません…


75. 2011年4月23日 22:58:25: BVvwbZx6X2

戦時中でも学童疎開してますよね。
日本人じゃない振りするぐらいしかできないな。

76. ハーフポテト 2011年4月23日 23:33:38: fgXSVa44JsWuE : MY4N29rjVQ
福島の小・中・高校生がおられるお母様、また母乳をあげているお母様YOUTUBUで小出裕章 放射能をかみしめて 3を聞いてください。そしてYOUTUBU 小出裕章たねまきジャーナル で毎日、真実の話をきいて勉強してください。
そして、子どもたちを守るためにたちあがってください。福島・他府県の生活協同組合(コープ)に連絡して放射能汚染の母乳の検査を1日も早くお願いします。毎日、内部被ばくは、蓄積していきます。心配でなりません。政府は助けてくれません。子供は親しかたすけられないと思います。

77. 2011年4月23日 23:40:09: 0Z9KkVJiaY
役人は公僕であるにもかかわらず国民の生命と財産なんて
なんとも思っちゃいない。
厚生労働省にしても薬害に対して言い訳と身内を守ることだけだし
文部科学省の役人にしても一緒。人の子供なんてどうでもいいって感じの
対応しかしない。
涙ながらに母親が借金してでも子供を安全な学校に転校させると
自分の子は自分で守るしかない国は信用できないみたいな事を
語っていた。まさにその通りの対応しかお役人はしてないと
思った。

78. 2011年4月24日 00:04:41: 6Gc1yN9ZWA
この次の討論は、公開討論とし、海外メディアの取材も要請ありたい。
(国内メディアは封殺するだろうから)
御用学者は、海外で報道されることを前提として、20ミリシーベルトの
正当性を主張したらよろしい。

 ネット上でも公開して欲しい。

この国のメディアは機能していない。このHPをご覧の一人一人が
隣人に語ろう。


79. 2011年4月24日 00:44:57: UbcmHH6nLA
無差別大量暗殺群の日本体制です〜、積極的に、急ぎ、一時避難すべきです〜

80. 2011年4月24日 01:18:55: KXfzG5795W
公立学校へ行っているような貧乏人は大人も子供も
働くだけ働いて死ねって事でしょう。
政治家や官僚や東電社員のおぼっちゃまおじょうちゃまは
私立の安全な学校に行きますからねって事でしょうね。

安全基準を上げた文部科学省のお役人のお子様たちは
積極的に現地の学校に転校するべきだと思うがな。
そうでないと大義名分が立ちますまいって・・
それとも大義名分もどうでもよくなっちまったんですか?
この国を治める人たちは。


81. 2011年4月24日 01:21:30: QG1B0P7uas
訴訟を起こされても、結審まで何十年も掛かるから、今の政府には関係ないって思ってるんでしょうね。
最悪な国だ。

82. 2011年4月24日 01:43:00: i37fD8kRRc
>国は復興会議だ、震災復興税だ、と騒ぐ前に真っ先にやることがあるはずだ。

子どもの命や将来は、日本の未来に直結することだろう。
子ども手当てを廃止し、被曝継続中の子ども等を放置する癌政権と官僚ども。
復興会議という新しい利権の創出と、震災復興税というヤラズブッタクリにご執心だ。
果てはOECDに手を回して、昨年のIMF内政干渉提言の二番煎じまで準備するという念の入れよう。

  消費税は20%相当へ、増税は「できる限り早く」=OECD対日報告
    ⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110421-00000442-reu-bus_all

OECDに、増税は20%で、「できる限り早く」と、財政再建=国政破綻の必要性を強く訴えさせたようである。
癌総理と目の霞ヶ関の企画している復興会議とは財政復興会議のことだったのである。
福島の被曝児童のためにも、こんな売国官僚と亡国政治屋どもはなんとしてでも排除しなければならない。


83. 2011年4月24日 02:04:45: TfrMKpQNDY
すでに言及されている方もいますが、重要なことなので念のためにもう一度、文科省の判断基準には「爆発直後の大量被曝」分が含まれていません!その時の行動によって個人差が大きいハズですから、たしかに数値化・可視化することは困難なのでしょうけど、推計して積分・足し算することくらいはできそうなモノを、意図的に無視しているとしか思えません。たぶんおそらくは、あの爆発後の2〜3日間分だけでも、その後の1ヶ月分くらいには相当するモノなのではないでしょうか?専門家の方のご意見・ご判断をお待ちしております。また、もう1点重要なことは、人間の体内には自己修復機能が備わっているということです。なので、もしも仮に震災以来ズーッと原発北西部の高濃度地域に滞在し続けているような場合には、あれこれと悩む前に、とりあえずいったん退避するのが得策だと思います。もちろん、行政がそういう判断をしてくれるのが一番なんですが、もう待ってられないという気分です。遅くとも3/23にスピーディが公表された段階で、子供たちだけでもいったん退避・集団疎開させるという決断をして欲しかったと思います。

84. 2011年4月24日 02:13:46: ylHlRwvSqU
いつの時代も、どこの国でも、国家権力はいざいという時に、国民の安全、生命を守ることより、自己保全優先し、責任回避を謀ろうとするように思います。

 もともと国家権力の本質はそんなものなのでしょうから、油断せず国民一人一人が厳しく監視していないと 民主主義であろうとなかろうと独走してしまう

 河野太郎さんではないけど、とりあえず政治家として原発推進してきた人たちは、責任とってほしい。明日は選挙だし。


85. まゆまま 2011年4月24日 02:21:44: OqIjl4bYFxq0Y : FLDQu3OeBg
私は岡山県に住む主婦です。福島の子供たちを見殺しにしても平気な人間だらけの日本のトップに愕然としています。ここまで酷いとは。原発事故が起きた事にまず驚きましたが嘘ばっかりの政府の発表、情報操作が行なわれているのを見てこれが日本か?これまで日本は安全で良い国と思い過してきた自分に腹が立ちます。原発に関心もなく平和ボケしていました。海外の気象庁が発表した福島原発からまき散らされる放射線のモニタリングを見て怒りがこみ上げてきました。福島全域に留まらず関東、静岡あたりまで飛んできてる日もありました。それを見たときに昨年就職して東京勤務になった息子の事が心配になりました。福島で子育てされてる親御さんどんなにか心を痛めておられる事でしょう。政府を信頼し待っていたら子供たちが取り返しのつかない事になります。出来るだけ福島から離れた所へ逃げて欲しいです。親せき、知り合いのお宅へ一時避難してそこの県や市に相談出来ないでしょうか?

86. 2011年4月24日 03:05:27: DCHDReL3A2
きっと、20年後には、

・大勢の奇形児が生まれ
・乳ガンで死亡する女性が大勢できるんでしょうね

それを放置して今日も私利私欲でいる日本国民に天罰がくだるかも
ただちに、1000万人デモでもして、被災者を全員関西に移住させるべき
祈れば済む問題ではない。


87. 2011年4月24日 03:17:05: ezqPTG9DzU
歴代自民党と東電首脳が推し進めてきた原発政策の後始末を負わされている菅は本心はイヤイヤなんだろう
私は高校生の時に反原発の活動家に浜岡原発を案内してもらった。
彼は東大出の専門家であったが今回の事故を当時から予想していた。
だから原発の近くに住むなんて自殺行為だと思ってきた。
無知ほど恐ろしいことはない。

88. 2011年4月24日 03:25:37: i37fD8kRRc
拡散しましょう。
行動を起こしましょう。
今われわれに出来ることだと思います。
 ⇒http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/20-4449.html

_________________以下転載___________________

2011/04/23
【福島原発震災(58)】緊急声明と要請】子供20ミリシーベルト撤回を要求するオンライン署名

【緊急声明と要請】拡散希望
子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する

オンライン署名はこちらから

4月19日、文部科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、年20ミリシーベルトという基準を、福島県教育委員会や関係機関に通知した。この年20ミリシーベルトは、屋外で3.8マイクロシーベルト/時に相当すると政府は示している。

3.8マイクロシーベルト/時は、労働基準法で18歳未満の作業を禁止している「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)の約6倍に相当する線量を子どもに強要する、きわめて非人道的な決定であり、私たちは強くこれに抗議する。

年20ミリシーベルトは、原発労働者が白血病を発症し労働認定を受けている線量に匹敵する。また、ドイツの原発労働者に適用される最大線量に相当する。

さらにこの基準は、大人よりはるかに高い子どもの感受性を考慮にいれておらず、また、内部被曝を考慮していない。

現在、福島県によって県内の小・中学校等において実施された放射線モニタリングによれば、「放射線管理区域」(0.6マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が75%以上存在する。さらに「個別被ばく管理区域」(2.3マイクロシーベルト/時以上)に相当する学校が約20%も存在し、きわめて危険な状況にある。

今回、日本政府が示した数値は、この危険な状況を子どもに強要するとともに子どもの被曝量をおさえようという学校側の自主的な防護措置を妨げることにもなる。

文科省は、20ミリシーベルトは、国際放射線防護委員会(ICRP)勧告Pub.109およびICRP3月21日付声明の「非常事態収束後」の基準、参考レベルの1-20ミリシーベルトに基づくとしているが、その上限を採用することとなる。

21日現在、日本政府からは、本基準の決定プロセスに関しては、何一つ具体的な情報が開示されていない。また、子どもの感受性や内部被曝が考慮されなかった理由も説明されていない。文科省、原子力安全委員会において、どのような協議が行われたのかは不明であり、極めてあいまいな状況にある(注)。

私たちは、日本政府に対して、下記を要求する。

・子どもに対する「年20ミリシーベルト」という基準を撤回すること
・子どもに対する「20ミリシーベルト」という基準で安全とした専門家の氏名を公表すること

(注)4月21日の政府交渉で、原子力安全委員会は正式な会議を開かずに、子どもに年20ミリシーベルトを適用することを「差支えなし」としたことが明らかになった。また、4月22日、5人の原子力安全委員の意見とりまとめについて議事録は無かったと、福島瑞穂議員事務所に回答している。

(参考)
4月21日付ドイツシュピーゲル誌の20ミリシーベルト設定に関する記事(「文部科学省、子どもたちに対してドイツの原発労働者と同様の被爆限度基準を設定」)
より、専門家のコメント
エドムント・レンクフェルダー(オットーハーグ放射線研究所)
「明らかにがん発症の確率が高まる。基準設定により政府は法的には責任を逃れるが、道徳的には全くそうではない。」

呼びかけ団体:グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、福島老朽原発を考える会、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、国際環境NGO FoE Japan

オンライン署名はこちらから
https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dGFmYldDV3RzVXFiV2Z5NDhuQXp4OXc6MA



89. 2011年4月24日 03:38:51: mJhWY2S75g
東海アマ管理人さんのツイッター面白いです。極論にも見えるけど、第三者が自分で判断できるデータを載せてあるので参考になる。
そこで、以下のサイトを見てみました。
検診と放射線
http://www14.ocn.ne.jp/~manabe.s/
●1950〜1965年の大気圏内核爆発でがん死が400万人増え、日本でも、肺がん・白血病が相当増えている。
●核実験で大気に放出された放射性ストロンチウムは大地に取り込まれたあと、食物連鎖を通して人間の体内に入り、骨髄に沈着して白血病を増やす。
●肺がんは、大気のプルトニウム汚染が一つの原因で、これによる被曝はほぼ肺に限られ、肺がんだけを増やす。もう一つの原因である胸部撮影では、肝臓・胃なども同時に被曝している。
●肝臓は大気汚染の影響は受けていないのでプルトニウム汚染は関係なく、胸部検診の影響が鮮やかに現れる。
●放射線被曝による白血病増加のあと10年遅れてがんの増加がある。
●1975年頃からCT検査が始まり、このお蔭で脳腫瘍の診断が正確に行われるようになっているが、大量放射線被曝を伴い、1980年以後20年間に脳腫瘍死は30%増えている。
●日本はガンの発症率が高く、核実験、原発事故以外にも、レントゲンでも白血病、ガンが発症する。

●以下のサイトを見ると、累積11ヶ月で40mSvの人でも、慢性骨髄性白血病で亡くなっている。
原発・核燃料施設労働者の労災申請・認定状況
http://www.geocities.jp/koshc2000/accident/hibakuninnteihyo.html

●東京の新宿や、茨城のひたちなかでも、放射性物質降下量も多いようです。
放射性物質降下量https://spreadsheets.google.com/spreadsheet/pub?hl=en&key=0AjgQ0pwrXV8YdGJORHAzdi1qMlFldUMwRkl4V3VfN0E&hl=en&gid=0 

放射線被曝とガン白血病の関係はわかりにくいのですね。
自分や子供がガンになってしまってから、人を責めても後の祭りですね。
情報は自分で判断するしかない。


90. 2011年4月24日 04:55:56: oz33FCcPgo
悪代官「このまま放っておくと、ガンやら白血病が増えてまずくないか?」

東電屋「代官様、少なくとも数年後でないと健康被害は出ません。
    それに汚染はなくてもガンやら白血病にはなる人はいます。
    事故との因果関係を証明するのはまず無理でしょう」

悪代官「東電屋、お前も悪よのぅ」


91. 2011年4月24日 05:31:20: oz33FCcPgo
日本に原爆を落としたアメリカでも、ネバダの風下住民のように
被曝して苦しんでいる人がたくさんいました。
 http://www.gensuikin.org/58/downwinder.htm

この例からわかるように、

(1) 貧しい人、少数民族など弱者を「大丈夫だ」とだまして平気で犠牲にする。

(2) 政治家や官僚、金持ちには被害が絶対に及ばないよう、細心の注意をする。
  (ラスベガスが風下になるときは実験中止)

(3) 健康被害の訴訟が起きても、国は御用学者をフル活用し、
  絶対に因果関係を認めない。

(4) 補償をしなくてすむように、国は裁判をできるだけ長引かせ、
  被害者がガンや白血病で死ぬのを待つ。

原発も核兵器も弱者を容赦なく犠牲にする点で全く同じです。

福島でも同じことが起きるでしょう。


92. 2011年4月24日 05:50:27: xZ4kKE4sCs
20ミリシーベルトの衝撃

http://takedanet.com/2011/04/60_d799.html


93. 2011年4月24日 06:16:18: UbR9BfpOAf
>>92
武田先生は、原発推進派の中では、珍しくまともな方だと思うんですが、
文章を読むと、全体的に楽観的すぎるというか、被曝による被害を小さく考え過ぎてる印象はあります。
今後の原発の動向についても、ちょっと楽観的すぎるかな・・・と。

ただ、武田先生が書いていることすらできていないのが、今の政府なわけですが。


94. 2011年4月24日 08:07:45: kj1ABJQjsw
こんな滅茶苦茶デタラメやる政府、直ぐに代えねばならない。人間の命、子供らの命を一体何と思っているのか、この国のバカ政治屋、クソ役人、原発下手人、利権ゴキブリ、悪徳売文業者らにこれから生きる子供らまでも殺されようとしている。福島の人々だけでなく国民は全て怒り、抗議と今の政府をやめさせ真っ当な政府を作る行動しよう。

95. 2011年4月24日 08:32:42: UJfLF5tMdA
デモに参加しましょう。

http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/791.html

できればマスクはしましょう。


96. 2011年4月24日 08:41:14: dc1WE2UicV
44です。

悲しすぎます。 福島に限らず、被曝は拡大し続けているのに、政府の頭の中は補償問題が優先しているのでしょう。被災の人がSOSを出しているのに、政府は「がんばってください」と云うが、それは私たちの言う文句であって、政府の発する言葉でしょうか! 政府は「何をどうするからこうしてください」の立場でしょう。避難しろと言っても、避難先も無い・・・被曝レベルをあげれば、補償が増大すると思っているのでしょう。

 福島のお母さん、子どもを県外に疎開させてほしい! 被曝は増量しています。ここに皆さんが投稿している今は、まだ、受け入れる人は大勢います。
でも、もし、これから先、被曝の現象がでたときは、誰も受け入れなくなるのではと心配です。今でさえ、被曝差別が起こっているのですよ。

 子どもが結婚する時「あなたは、東北の人?」という差別が起こる・・・あなた一人が泣けばいい話ではないのです。
日本人の多くが、助けたい、共に生きようと思っています。信じてほしい!

この異常な政府(管=復興の道筋をつければ政治家として本望)・・・国民の意識レベルと大きくかい離していますね。


97. 2011年4月24日 08:45:37: fCZ83cf8p2
>>86 祈るだけでも怒るだけでもダメです。あなたも具体的な提案を
   してあげてください。 ここに至っては被災者の方々自身の行動
   を支援する情報ではないのでしょうか。政府への訴えかけはまた
   別ですが。

98. 2011年4月24日 09:21:45: iSdcMRmD7s
まったく、国民の命をこんなにも軽視する内閣、悪魔と契約を交わしたのか?
何が少子化対策だ、子ども手当だ、こんなに多くの子供たちが放射能の危険にさらされているのに。本当に胸が痛む。

99. 2011年4月24日 09:27:22: 0GJJznkobY
http://hkawahara.blogspot.com/2011/04/50.html

国際放射線防護委員会(ICRP)文書(publication 84)の概説文書を確認したところ、

「妊娠中の10ミリシーベルトの被ばくで、子どもが15歳までに小児がんになるリスクが1.4倍に上昇。1700人に1人が15歳までに小児白血病・がんで死亡する」という記述がある。これは学会の言う「50ミリシーベルト未満なら安心」とは大きく食い違う。


100. 2011年4月24日 09:32:12: oz33FCcPgo
愛川欽也さんの番組でも言っていますが、避難・疎開については
国に対応を求めても遅すぎて話になりません。
 http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/777.html

当面は市町村、あるいは個人レベルで動くしかなさそうです。
受け入れてくれる所と避難を希望する人を引き合わせる活動も
始まっているようです。

私もオファーできる家なりアパートを持っていたらと思うのですが、、、
力になれなくて残念です。


101. 2011年4月24日 10:02:07: dc1WE2UicV
44.96です。
 私も義捐金を真っ先にと赤十字におくりました。
阪神の震災では、連日、物資を送ったのですが、受け入れ体制が整わず、大半がゴミになったということで「もう、送らないで!」とのことになりましたから、こういう場合は「お金」と思ったが、未だに、誰にどうして支給するかが決まらず、被災者に届いていないのですね。こういうことも悲しすぎます。

 県外へ避難させる資金としての使途も考えられるのではないでしょうか。
民主党だけでも国会議員は300人もいるのに、何をやっているのか・・・。
復興対策委員会なるものが設立されたが、それも必要ではあるが、今すべきことは命を助けることです。避難や疎開を促し命を助けてほしい。

西日本は何事も無いように見えるが、将来は、日本中が核被曝になります。財政的な問題は次の問題です。私たちが「被曝」といえば、風評被害という言葉で、それを打ち消してしまおうとする「人殺し達」がいる・・・自分を守るのは、あなただけだよ。都合のいい言葉に振り回されないで、子どもを連れて逃げてください。
 私の住む西日本(東広島市)は、アパートが34000戸も空いています。
仮設住宅対策より、そういう安全な地域に、何故、政府は疎開させない!
復興は真実が見えてからでも遅くはない。
被曝の真実を知らされていない今は、とても危険です。
被曝してもいい大人は、復興対策してください。子どもは避難・疎開させて!


102. 2011年4月24日 10:21:54: c3MGH08xSU
俺は、地震津波水爆隠蔽の為の福島第一原発捏造事件と捉える。何故停止していた福島第一原発3号機などを津波に合わせたかのように稼動させたのか?もしかしたら、稼動してなかったのではないか?燃料棒も抜き取られ、どこかに保管?等と言う情報もある。いずれにしても、原発管理会社が椅子らエル、放射能数値もテクノと言う会社(お仲間)。東電の筆頭株主も湯だや。保安員も経済産業省から独立させ、報道。全てが、ダメリカ、ユ陀屋奥の院の配下の会社、職員だ。そのようないかがわしい方々の報じる数値を、産計をはじめ、マスゴミが喧伝だ。これでは、日本国民はどの情報を信用したらいいのかわからん?まぁ〜、何れにしても、空き官を引き摺り下ろし、国が責任を持って情報を管理し、国民に伝えなければならない。それが急務だよ。悪がきの官、「売国奴として」子々孫々迄、語り継がれる事だろう!大いに馬鹿にしてやろう!(大笑)

103. 2011年4月24日 10:28:50: swkidcUQck
子供を守るのは、親の責任です。
福島県は東京に比べて10倍も汚染されています。
他県の親類宅へ子供を避難させた方がいいです。
裕福な人は関西の全寮制の学校へ転校させましょう。

ただちに病気」にはならないことは断言できますが
50年後は保障できません。


104. 2011年4月24日 10:28:59: GMTgURSOUw

日刊ゲンダイはただ不安を煽っているだけである。

確かに引っ越しできる人は、低線量域に引っ越ししたほうがいいでしょう。
しかし、現実問題全員が引っ越しできるわけではない。

ICRPの基準(年間20ミリシーベルト)の採用は、現時点ではまあ妥当なところでしょう。
日本の10倍の放射線量に住んでいる国は世界にもある。

@http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
人体が放射線にさらされる事を放射線被曝(ほうしゃせんひばく)といい、人体は年間およそ2.4 mSv(世界平均)の自然放射線に常にさらされている。ごく微量の放射線では人体に影響を与えることはないが、大量の放射線は人体に有害である。特に、放射性物質を扱う環境にある人は、自分がどの程度の放射線を受けたのかを、常に厳密に管理しなくてはならない。その際に用いられる尺度の一つがシーベルトである。

放射線を短期間に全身被曝した場合の致死線量は、5%致死線量が2 Sv、50%致死線量 (LD50) が4 Sv、100%致死線量が7 Svと言われている。200 mSv以下の被曝では、急性の臨床的症状は認められないとされるが、長期的な影響については議論があり、また、低線量の被曝についても健康被害が生じたとして訴訟が起きている[1]。

放射線被曝の例 [編集]年間被曝量の例と1回あたりの被曝量の例を示す.

実効線量(mSv) 内訳
0.05 原子力発電所の事業所境界での1年間の線量。
0.1 - 0.3 1回の胸部X線撮影。
0.2 東京とニューヨーク間を航空機で1往復(高度での宇宙線増加)。
1.0 一般公衆が1年間にさらされてよい人工放射線の限度(ICRPの勧告)。#被曝の対策を参照。
放射線業務につく人(放射線業務従事者)(妊娠中の女子に限る)が妊娠を知ったときから出産までにさらされてよい放射線の限度。
1.2 1日1.5箱のタバコを吸う喫煙者と同居する人が、副流煙から受ける年間の線量[2]。
1.5 1年間に自然環境から1人が受ける放射線の日本平均。
2.0 放射線業務従事者(妊娠中の女子に限る)が妊娠を知ったときから出産までにさらされてよい腹部表面の放射線の限度。
2.4 1年間に自然環境から1人が受ける自然放射線の世界平均(宇宙0.4、大地0.5、ラドン1.2、食物0.3の合計)。
4 1回の胃のX線撮影(2011年3月19日以前のバージョンでは「胃のX集団検診 - 0.6mSv/回」という説もある)。
5 放射線業務従事者(妊娠可能な女子に限る)が法定の3か月間にさらされてよい放射線の限度。
6.9 1回のCTスキャン
7 - 20 X線CTによる撮像。
10 日本国原子力安全委員会の指針では一般人の「屋内退避」
ブラジル・ガラパリで1年間に自然環境から1人が受ける自然放射線。
13 - 60 1日1.5箱のタバコを吸う喫煙者の年間の線量(タバコの葉に含まれるラジウム226、鉛210、ポロニウム210等からの放射線)[2][3]。
50 電離放射線障害防止規則による放射線業務従事者(妊娠可能な女子を除く)が1年間にさらされてよい放射線の限度。
日本国原子力安全委員会の指針では一般人の「避難」
自衛隊・消防・警察(妊娠可能な女子を除く)が1年間にさらされてよい放射線の限度。
100 人間の健康に影響が出ると証明されている放射線量の最低値(これ以下の放射線量についての健康被害は長期的なものを含めて、一部に論争はあるが、証明はされていない)。
電離放射線障害防止規則による放射線業務従事者(妊娠可能な女子を除く)が法定の5年間にさらされてよい放射線の限度。
電離放射線障害防止規則による放射線業務従事者(妊娠可能な女子を除く)が1回の緊急作業[4]でさらされてよい放射線の限度。
250 福島第一原子力発電所事故での緊急作業従事者に限って適用されている被曝線量上限。
白血球の減少。(一度にまとめて受けた場合、以下同じ)
500 リンパ球の減少。
国際放射線防護委員会による人命救助を例外とする上限。
1,000 急性放射線障害。悪心(吐き気)、嘔吐など。水晶体混濁。
2,000 出血、脱毛など。5%の人が死亡する。
3,000 - 5,000 50%の人が死亡する(人体局所の被曝については3,000 : 脱毛、4,000 : 永久不妊、5,000 : 白内障、皮膚の紅斑)[5]。
7,000 - 10,000 99%の人が死亡する。ただし、頭部や胴体ではなく手足のみに被曝をした場合は、手足の機能に障害(熱傷等)が出る。
10,001以上

放射線の人体に対する影響は、被曝した体の部分などにより異なる。上記の表ではX線撮影、X線CTおよび注記されているもの以外は全身に対するものである。

X線検査の数値は調査年代(検査装置の性能)や報告(調査対象となった医療機関による使用方法)によってばらつきがあるため、目安である。

放射線の線量限度には、自然放射線被曝と自己の診療に関わる医療被曝は含まれない[6]。

なお、一度に大きな線量を被曝した場合の線量単位にはシーベルトではなくグレイが用いられるが、X線とガンマ線による被曝に関しては数値に違いがない。

Ahttp://smc-japan.org/?p=1355

李玲華(り・りょんふぁ)博士
ドイツ・ダルムシュタット、重イオン研究所、生物物理部(聞き手・再構成:SMC)

被ばく量の計算の仕方:はじめに
 どれくらい被ばくしたかを計算する方法について、何件か問い合わせを受けました。

 計算の仕方は単純なので、以下に例を挙げておきます。

1. モニタリングポストの数値から計算する方法
 自分が、どれだけの放射線を受けたか、各地で計測されている放射線モニタリングの数値から計算、外部被ばくによる放射線量を推定する方法についてです注1。

【注1】

計算するときは、マイクロシーベルトとミリシーベルトの換算を間違えないようにして下さい。

  1 ミリシーベルト(mSv) = 1000 マイクロシーベルト(μSV)

逆に言えば、

  1 マイクロシーベルト(μSv) = 0.001 ミリシーベルト(mSv)

です。ここで計算を間違えると、3けたも違ってしまい、慌てることになります!

1)まずは自分の住む近所で観測された、放射線モニタリングの結果を調べて下さい。

(例えばこのSMCサイトの「全国の公的機関における放射線モニタリング情報リンク」から調べられます)

2)次に、線量率を調べてください。線量率の単位は毎時マイクログレイ、 マイクログレイ/時、microgray per hour, μGy/hour, μGy/h などと表記されます(一部の機関ではマイクロシーベルト/時などで記述しているところもあります)。

いまは1 シーベルト = 1 グレイと考えてもらって差し支えありません。

3)線量率に(被ばくした)時間をかけあわせる事によって合計の線量を求めます。

 例えばこの稿の執筆時までに、東京都で測定された線量率で一番高かったのは、3月15日の0.1 μGy/h(一日の平均値)でした。3月15日の一日に東京で受けた合計線量は:0.1(毎時マイクログレイ)x 24(時間)= 2.4 マイクログレイ = 約2.4マイクロシーベルト(μSv)

と見積もる事が出来ます。(瞬間的な最大値ではなく、平均値から計算するように気をつけてください)

 3月15日以降は線量率が下がり、3月18日から20日にかけて一時間毎の線量率平均値が0.04から0.05 μGy/h の間を上下しました。この場合18-20日の間の一日で浴びた放射線量は(多めに見積もって0.05として):

  0.05 (毎時マイクログレイ) x 24 (時間) = 1.2 マイクログレイ = 約1.2 マイクロシーベルト(μSv)

となります。今回の事故以前の測定では、東京において0.03-0.08 μSv/hの値で線量率が推移している(東京都のサイトより)ので、今回の事故が無くても、東京の人々は同程度の線量を被ばくしています。

このように:3月15日の合計線量 + 3月16日の合計線量 + 3月17日の合計線量 + …

と足し算をしていく事により、ある一定の期間に受けた線量を計算する事が出来ます。

 さて、事故が収束に向かえば、線量率は徐々に環境放射線レベル(普通の状態で浴びている放射線のレベル。東京では0.03-0.08 μSv/hで推移しています)へ下がっていくはずです。

 しかし、仮にこの先一年間の線量率が常に平年の倍以上、0.12 毎時マイクロシーベルト(μSv/h) だったとすると、その一年で被ばくする線量は:0.12 (毎時マイクロシーベルト) x 24 (時間) x 365(日) = 約1051 マイクロシーベルト(μSv)= 1.051 ミリシーベルト(mSv)

小数点一桁で四捨五入して、1.1 ミリシーベルトになります。

ちなみに、通常の東京における環境放射線レベルを、約0.05 毎時マイクロシーベルト(μSv/h)と考えて計算すると、通常の年でも:0.05 (毎時マイクロシーベルト) x 24 (時間) x 365(日) = 438 マイクロシーベルト = 0.438 ミリシーベルトは浴びている計算になります。(ちなみに、東京は日本の中でも環境放射線レベルが「低い」地域です。例えばこちらのKEK提供情報をご覧下さい)

 さて、この「モニタリングポストの数値から計算できる被ばく線量」の他にも、空気中に存在するラドンを吸いこむことによる内部被ばくや、食物注2、一年で約0.8 ミリシーベルト(mSv)の放射線を受けています。

【注2】

放射能汚染されていない食物にもカリウム40などの放射性物質が含まれています。従って、線量計を農作物にあてて測定すれば何かしらの数字が出てくるのは当然の事であり、これのみによって「放射能汚染がある」とするのは間違いです。線量率が顕著に高い場合、セシウム137やヨウ素131などの放射性物質を同定し、それぞれの放射能の強さを測る必要があります。

従って、上の条件で、一年間に受ける被ばく線量は1.1 + 0.8 = 1.9 ミリシーベルトと見積もる事が出来ます。

 環境放射線の量は世界各地で異なり、年間1ミリシーベルト以下から10ミリシーベルト程度まで様々ですが、被ばく量の世界平均は、2.4 ミリシーベルト(mSv)です。(国連科学委員会報告、2000年)

 この数字と比較すれば、上記の計算結果は「どこか違う町へ引っ越した」と言えるレベルであることはおわかりいただけるかと思います。

2.放射性物質を含む飲食物の摂取による内部ひばくの線量を計算する方法
 上記のように、モニタリングされている線量率から外部被ばくによる放射線量を見積もる事が出来ます。外部被ばくは放射線を受けるのが一過性であるのに対し、内部被ばくは放射性物質が体内に取り込まれると放射線の被ばくが継続します。「内部被ばく」と聞くと特殊なことのようですが、先に述べた通り、私たちは普通の生活のなかでも内部被ばくしています。

 内部被ばくによってどれだけの線量を受ける事になるかは、様々な因子について考慮しなければなりませんが、基本的には摂取した放射性物質の量(Bq)に線量計数(Sv/Bq)という数字をかけあわせる事により放射線量を推定、算出する事ができます。

 コメント欄で質問いただきました線量計数(実効線量計数)は「内部被ばくによってどれだけの放射線量を体内で受ける事になるのか」を計算するために用いられる係数です。単位はSv/Bqで、Bq(ベクレル)は一秒あたりに崩壊(=放射線を発生)する原子数の事です。線量計数は、次のような物理学的、化学的、生物学的な因子を考慮に入れて放射性核種ごとに定められています((1) ICRP Publ 68 (1994), (2) ICRP Publ 72 (1995)。

たとえばこちら:http://www.remnet.jp.cache.yimg.jp/lecture/b05_01/4_1.html

やこちらhttp://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09040214/01.gif

で主な核種の線量計数が紹介されています)。

 実行線量係数を定めるにあたって考慮されている因子は次の通りです:

•半減期(物理的半減期)
•放出される放射線の種類
•放射性物質の化学形
•摂取方法(吸入、経口)
•摂取者の年齢
•各臓器への分布や代謝、排泄(生物学的半減期)
•各臓器組織の放射線感受性

 ここで得られた値は預託実効線量といい、成人の場合は放射性物質を摂取時から50年間の、子供の場合は摂取時から70歳まで積算した線量です。従って、この線量は放射性物質を体内に取り込んだ後ですぐに被ばくする線量ではなく、数十年にわたって受ける事になる放射線の合計線量です。しかしながら、半減期の短いヨウ素131などは摂取後数十日でほとんどの線量を受ける事になります。

 内部被ばくの線量を見積もるには、空気中に浮遊している放射性物質の吸引や、飲食などによって摂取するすべての放射性物質について見積もられるべきです。今回、ここでは以下のような簡便化した式を用いて、放射性核種を含むものを飲食した場合どれだけの線量を受ける事になるのかを、ヨウ素131を例として示したいと思います。

 預託実効線量 (μSv) = 実効線量係数 (μSv/Bq) x 放射性核種摂取量 (Bq)

 表1にヨウ素131を経口摂取する場合の実効線量計数を示しました。係数は年齢ごとに異なる値が定められていますが、これは年齢によってヨウ素の(主に甲状腺への)集積、代謝、排出などが違ってくるためです。年齢による実効線量計数の違いは核種によって異なってきますが、例としてセシウム137の計数も合わせて紹介しておきます。また、母親から乳児への授乳によるヨウ素の移行についてですが、母体の摂取したヨウ素の1/4程度が母乳へ分泌されると考えられています注3。

【注3】

参考資料は次の通り:

・日本産科婦人科学会「水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内」 (PDF, 2011/3/24)

・原子力安全委員会「原子力災害時における安定ヨウ素剤予防服用の考え方について」(PDF, 平成14年4月)

※前者の方が一般向けです。

 表1:ヨウ素131とセシウム137を経口摂取した場合の実効線量係数

摂取者の年齢(歳) ヨウ素131
実効線量係数(μSv/Bq) セシウム137
実効線量係数(μSv/Bq)
0-1 0.18 0.021
1-2 0.18 0.012
2-7 0.10 0.0096
7-12 0.052 0.010
12-17 0.034 0.013
17歳以上 0.022 0.013

 飲料水や牛乳などの日本でのヨウ素131の基準値は成人で300 Bq/kg、乳児では100 Bq/kgで、この基準値を超えるものは出来るだけ飲食を控えるように勧められています。この基準値の水道水を成人は一日に2リットル (=kg) 、乳児は一日1リットル飲んだとします。

成人の場合は 0.022 (μSv/Bq) x 300 (Bq/kg) x 2 (kg) = 13.2 μSv

0-2歳の子供の場合は 0.18 (μSv/Bq) x 100 (Bq/kg) x 1 (kg) = 18 μSv

の線量を摂取後に受ける事になります。

 この数値の水を100日間飲み続けたとすると合計線量はそれぞれ1320 μSv = 1.32 mSv、1800 μSv = 1.8 mSv となり一年で浴びる自然放射線の量と同程度になります。

 この基準値は、長期間にわたって放射性物質を含む飲食物を摂取する事になった場合を想定して算出された値です(原子力安全委員会「原子力施設等の防衛対策について」(PDF) 平成15年7月改訂)。したがって、この基準値の水を数ヶ月にわたって飲み続けたとしても、ただちに人体への影響が出る事はありませんし、子供が甲状腺がんになるリスクが顕著に高くなるものでもありません。

 被ばくに関する不安を感じている方々の中には、ストレス性の症状を訴える方が多くいらっしゃる様です。精神的ストレスによる不定愁訴(胸焼けやむかつき等)や身体症状はあり得る症状ですが、現状の環境汚染による放射線の被ばくでは、熱や腫れ痛みその他の身体症状が出る事はありません。

 また、一日で被ばくした線量がたとえ数ミリシーベルトだったとしても悲観する必要はありません。ご周知の通り、同程度の放射線量はCTなどの医療検査で受けるもので、すぐに健康に支障の出る線量ではありません。重要なのは、環境放射線やラドンの吸入、医療行為や今回の事故などによって、一年なり一生の間に合計でどれだけの線量を受けたかという事です。通常の生活を送る人ががんになるリスク約30 %に、被ばくした合計線量に応じて放射線が原因でがんになるリスクが追加して増加すると考えられています。詳しくは先のコメントをご覧ください。

 以上、参考になりましたら幸いです。

参考文献

(1) ICRP, 1994. Dose Coefficients for Intakes of Radionuclides by Workers. ICRP Publication 68. Ann. ICRP 24 (4).

(2) ICRP, 1995. Age-dependent Doses to the Members of the Public from Intake of Radionuclides – Part 5 Compilation of Ingestion and Inhalation Coefficients. ICRP Publication 72. Ann. ICRP 26 (1).


105. 2011年4月24日 10:38:18: GMTgURSOUw

http://ameblo.jp/1-5-9-2/entry-10864423114.html

2011-04-18 12:00:00 世界を見れば、日本の被爆量なんて大したことない。テーマ:ブログ
NEWSポストセブン『新宿での被爆量 日本平均値の約半分、世界平均の三分の一』

ーーーーーーーーーーーーーーー

国民が一番、気がかりなのは健康被害が起きるかどうかだ。

『煽り報道』では、

〈都内にいる人たちは、たとえ水道水を飲んでいなくても、空気中の放射性物質を吸い込んでいますから、内部被曝はすでに起きていると考えるべきでしょう〉

〈たとえ微量であってもそれを食べたり、飲んだりすれば、確実に体内被曝する〉

などと脅す。これらの記述は間違いではないが、何ら重大な事実は述べていない。

これも以前に当サイトで報じたことだが、地球上のあらゆる人類は、自然界にある放射性物質から発せられる放射線に被曝しながら生きている。その被曝量は世界平均で年間2,4ミリシーベルト、日本では平均1,5ミリシーベルトである。東京を含む関東ローム層地帯では土中の放射性物質の量が少ないため、ほとんどの場所がもともと年間1ミリシーベルト以下だ。

世界には、ブラジルやインド、イラン、中国などで年間5〜10ミリシーベルトも被曝する地域があるが、そうした場所に住む人たちを対象にした大規模な疫学調査で、『がん発生率』や『遺伝子異常発生率』『乳児死亡率』『身長・体重の低減』などは一切見つからなかった。これらの結果から、この程度の被曝では人間の健康や遺伝に影響はないものと推定されているのである。

つまり、重要なのは『被曝したか、していないか』ではなく、『どれくらい被曝したか』である。

例えば4月7日現在、東京・新宿の放射線量は0,000087ミリシーベルト/時であり、福島・いわきの2か所の観測点では、この値が0,0006と0,0015である。仮にこの状態が1年間続いたとすると、新宿での被曝量は0.76ミリシーベルト。いわきは5,26と13,15になる。

つまり、新宿の値は自然放射線量に比べても小さい(そもそも、この値には自然放射線も含まれていると考えられる)から問題にならないレベルだ。もちろん放射性物質は空中にも土中にもあるから、『都内にいれば確実に内部被曝している』は嘘ではない。『だから何?』という話である。

いわき市のデータは、自然放射線ならば人が住む地域の世界最高レベルにランクされる数値に匹敵し、それで健康被害は報告されていないとしても、気になるものではある。政府は早急に必要な警告、情報提供をすべきだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーー

マスコミは日本から原発を追放するため、核武装を防ぐため、放射能の恐怖を煽るだけ煽ります。

ですから、マスコミの言うことはあまり真に受けない方が良いでしょう。

(コメント)
原発には反対、即刻廃棄すべき。しかし、風評被害と混同してはいけない。


106. 2011年4月24日 10:47:19: oz33FCcPgo
>>104, 105
御用学者降臨。

不安を煽るだの風評被害だの航空機での被曝量だのX線撮影だの
例によって全く根拠のないゴタクを並べる。

そして原発反対を装う。

正体はバレてんだよ!うせろ!


107. 2011年4月24日 11:10:47: dc1WE2UicV
106同感!

 危険を感じる人は、とっくにそんな情報は見ている。
だから安心しろとでもいうのか?!
>105
マスコミが本当のことを云っているとでもいうの。一緒になって国民を惑わさないでほしい。チェルノブイリでどうなったか、どうなっているか、被曝の症状は今でも出ているよ。頭痛や鼻血を出す子どもが出ているんだ!
50年後の問題ではない。数か月、1年もしたら症状は顕著になる。
ここでの投稿は、いかにして福島の人たち、子どもを救っていくかが話し合われている。慰めなんかじゃないんだ!!


108. palm4 2011年4月24日 11:22:39: KcItt1z4.lXWs : 4cdbbeRrbA

国はあと10年以上放射性物質の放出を止められない見通しであることを知っています。この現実を国民に知らせないようにしつつ、汚染が拡大した場合にあらゆる基準値を緩和しています。ちょっと調べれば、現在の暫定基準値は、3月17日に緩和されたものであることがわかります。3月17日以前は、水道水は10ベクレル/キロでした。これはWHOの数値でもあります。しかし、水は成人300ベクレル/キロ、妊婦・乳幼児100ベクレル/キロまで緩和しました。食品も年間被曝量も原発労働者もすべて緩和しています。つまり、今後汚染が進んだ場合に法律で違法にならないように数値を調整しています。今後、さらに緩和される可能性もあります。国は国家の枠組みを守るだけで、国民を守るつもりはありません。あらゆるメディアを駆使して平静を保ち、小康状態を作り出し、国家としての安定を図っているだけです。たしかに非道なことですが、これは今後何が起きても、国家の枠組みを維持する必要があるからです。それは日本には54基の原発があるからです。福島第一原発が最悪の事態を迎えた場合、福島第一、第二、全ての原発が人間が入れない汚染地帯となり、ドミノ倒しでコントロールを失います。世界中が心配しているのはこのケースです。さらにドミノ倒しは続き、東日本、さらには国家としての枠組みが維持できなくなった場合、他の原発の維持管理が継続できるのかが、世界中の最大の関心事となります。福島がコントロールを失うことだけでも世界中に多大な被害を及ぼしますが、日本全土の原発がコントロールを失った場合は人類の滅亡を意味します。日本政府の最優先事項はそこにあります。日本人の国民性からして、どのような深刻な状況になっても、国家の枠組みを失うことは考えにくいですが、日本政府は国外に向けて、常に国家体制が安定していることをアピールする必要があるのです。福島で子供の安全を考慮した数値を設定してしまうと、今後10年以上汚染が拡散した場合、首都圏を含めた広範囲の学校で活動を維持できなくなる社会的混乱を招くことになります。多少犠牲が出ても、社会的混乱を招かないというのが国の基本方針です。国には国の事情があります。そのすべてを理解できるわけではありませんが、基本的な方向性は理解できます。国民として、無駄な混乱を起こさないことには最大限協力すべきだと思いますが、生き残るために、自分自身で行動を起こす必要はあると思います。それには一人一人の真の知性と国民としての民度が問われます。国を再建するためには、汚染されていない地域と将来を担う子供たちを守ることです。そして、世界を守るために、他の原発をすべて停止させて安全に廃炉にすることです。これは我々日本人に果たされた義務です。これまで無関心で54基も原発を乱立させて来た国の国民として責任を取る必要があります。以上の部分がご理解できたなら、福島の親御さんがやるべきことは明白です。まず子供たちを休学させて、今後のことを検討することです。また、学校の教師や校長先生は、公務員である前に教育者として知性を働かせて、子供たちを守る決断と行動を取って欲しいと思います。混乱を引き起こす必要はありません。淡々と自分で事実を調べ、自分で考え、自分で行動を起こすだけです。そして、他の人とも協力し、助け合いましょう。誰か他の人に判断してもらい、考えてもらい、行動を起こしてもらう時代は終わりました。この国難に国は国のやるべきことがあり、国民を助ける余裕はありません。国民は自ら自分たちを守るべきです。これはこれまでのこの国の歴史を見ても明らかなことです。テレビの垂れ流す、浅はかな薄っぺらいニッポンではなく、本当の日本人の真価は、我々国民一人一人の知性と行動にかかっているのです。日本人本来の自然を愛し、他人を思いやる心を持って、一人一人が静かに行動を起こしましょう。まずは子供たちを救うことです。そして知性と民度の低い日本人向けにたれ流されているテレビを消しましょう。自分でこの問題を調べ、考え、家族や友人とこの問題について語り合い、何をすべきか考えましょう。これまで我々が直視してこなかった広島や長崎、チェルノブイリの犠牲者の教訓を無駄にしてはなりません。


109. 2011年4月24日 11:24:20: sWFJg5azDU
>>105

>マスコミは日本から原発を追放するため、核武装を防ぐため、放射能の恐怖を煽るだけ煽ります。

>ですから、マスコミの言うことはあまり真に受けない方が良いでしょう。

マスコミはちっとも煽ってないと思います。
むしろその逆で、何があっても「問題ない」みたいなことを今も東大の学者先生とかを呼んで来て言わせてますが。
あなたの言う「マスコミ」って何ですか?


110. 2011年4月24日 11:37:21: dc1WE2UicV
>108のおsっやるとおり!

 だけど、読みづらいので、改行とかしてほしかった。
みんな、読んでね。


111. 2011年4月24日 11:39:41: sWFJg5azDU
>>105

なんだ、週刊ポストの記事ですか?
テレビや大新聞ほどじゃないけど、これも「マスコミ」じゃないですか?
小学館は大手ですよ。

「健康被害など、出るわけがない、という煽り」ですか?
それでもちゃんと逃げ道は用意してある。プロですね。(w


112. 2011年4月24日 12:05:27: fCZ83cf8p2
>>104 >>105    ことここにいたっても安全を謳うんなら結果に対しても
       責任をとれるということですね。そうでないなら危険性を
       唱える人に風評被害という資格もない。というより、すでに
       初期症状が広く散見しているじゃないですか。政府や事業者と
       どういう関係かしりませんが、いい加減にして欲しいと思います。

113. 2011年4月24日 12:14:11: vdAxYm0UPs
http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51777145.html
無責任、無関心、無反応な公務員が国を滅ぼす。
文部科学省役人、保安院、安全委員会の官僚ども。
こいつらの表情と対応を見ていると、福島の事故は起こるべくして起きたと
言わざるを得ない。


114. 2011年4月24日 12:26:06: D9b5RmSBWk
抵抗権
国家権力の不法な行使に対し,実力をもって対抗し,それによってみずからの権利,自由を守る権利。抵抗権の思想は古代にまでその淵源をさかのぼることができるが,なかでも注目すべきは,中世ヨーロッパの封建社会において,忠誠契約に基づいて臣民に承認された,領主(君主)に対する抵抗権と,16〜17世紀のいわゆるモナルコマキ(暴君放伐論者)の,多かれ少なかれ宗教的根拠づけをもった抵抗権の主張である。抵抗権が憲法的な問題として前面に出てきたのは近代市民革命の時代であり,ロックの思想やその影響下にあるといわれるアメリカ独立宣言およびフランス人権宣言(1789)などにその端的な表現がみられる。
日本国憲法には明文の規定がないこともあって,抵抗権の根拠づけに関しては学説が分れている。憲法の保障する権利ないしは自由を「国民の不断の努力によって」保持すべきことを定めた12条の規定などからみて,抵抗権が実定法上の権利としても内在していると解する説が有力である。
参照;ブリタニカ小項目事典

115. 2011年4月24日 12:35:52: SG8Oxw7fk6
はい。
管氏は自分の靴が汚れるのはいやだけど、日本人がどうなろうと知ったことじゃありません。

116. 2011年4月24日 13:21:35: AQ1rMJ3tBM
>>108
非常に読みづらいのですが(改行がないので)、
内容は、恐らくその通りでしょうね。

最悪の事態になっても、東京都心の在住・在勤者を皆避難させるわけにはいかないと思うので、
基準値は、東京都を避難地域にしなくて良いように決めているのではないかと思っています。

民間が危機感を持って、自主的に本社を関西に移すなどの対応を取れれば、人的被害を少しは減らせると思うのですが、
日本の、危機管理能力のないサラリーマン経営者は、多分それができないでしょうね。(私の勤務先の経営幹部もそうなんですが・・・。)
外資系には、本社機能の半分くらいを関西に移している企業もあるらしいです。


117. 2011年4月24日 13:49:30: 6bEAEyi3jU

どうやら人間というのものは「恐怖感」に支配されると冷静な判断ができなくなるらしい。
本人だけが「恐怖感」に怯えているだけなら別に文句も言わないが、そういう人は「風評被害」を作り出すことが多い。
そのくせ「政府と東電への強い批判だけをし続けている自分が正しい」、と思い込んでいる。今の自分が正しいと、信じ込んでいる。
まったく困ったものだ。怒りを通り越して、呆れ果てている。

http://www.snsi.jp/
副島隆彦の学問道場  気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板

[486](報告文 13) ついに原発20キロ圏のは立ち入り禁止(警戒区域)となりました。私は、激しく怒っています。住民をいじめるな。 投稿者:副島隆彦 投稿日:2011-04-24 08:42:06


副島隆彦です。

 私は、この2週間、ずっと ひどく不愉快だった。ひとりで 苛立(いらだ)っていました。 脳(のう、あたま)の調子が悪かった。

 ついに、福島第一原発から20キロ圏には、住民( 原発避難民、それを 避難「者」と 上から 手書きの字で書き換えてあった のを 飯舘村の役場で見た) でさえ、もう入れなくする、という。  それを、警戒区域 への指定、で 行うことになった。

 私の 脳は、この2週間、ずっと変調をきたしています。こういうことは、正直に書かなければいけない。 「副島隆彦の 脳が 放射能で やられた」 とか、 「体内被曝で、やっぱりソエジー 死ぬの wwwwww」 と、敵たちから書かれる事はいやだが、やはり書く。

 私は、20キロ圏の内側で、今も餓死して、死んでゆきつつある 動物たちのことを思うと ほんとうにつらい。 豚は、隅っこで 山盛りになって死んでいるという。牛や馬は、厩舎でそのまま、倒れて死んでいる。 

 豚や牛は、家畜(ライブストック、livestock , 人間が食べる食糧となる 生き物) だから、どうせ殺されるのだから、それで いいと 冷静な人間たちは言うだろう。

 それなら、family companion ファミリー・コンパニオン とか、 ファミリー・フレンドである 犬猫 も、餓死して死なせればいいのか。 私は、餓死しつつある 私が、見かけた あの 現地の 犬猫たちのことを思うと、本当に、 自分の脳がおかしくなりそうだ。  

犬、ネコの救援をひとりでやっていた、 川本さん(女医さんです。ここの 重掲に書いています) の 怒りと私のは全く同じです。

矢口海(やぐちうみ)さんという女優をやっている、双葉町(ふたばまち、原発から5キロ)に家がある女性も、「犬猫を、見殺しにしていいのか」と怒っていました。 本当に、腹の底から怒りがこみ上げます。

 福島の現地の人たちは、怒りを通り越しているからぼーっとしている。今の私も彼らと脳がつながっているから、ぼーっとしている。 地震と津波に遭(あ)ったが、日本人 (自分)は、死ななくてよかった。命だけはあった、と思いながら、避難所で、家を流されて命からがら逃げてきて、着の身着のままのの被災者たちが、ずっと、ぼーっとして座っている。

 それと、 「原発が危ない。放射能が恐い」で、サイレンが、ウーウー鳴り響いて、それで、気が動転して、家から逃げてきただけの原発避難者 たち(家・財産 はしっかり残っている) とででは、ぜんぜん違う。この区別が、皆、分かっていない。

 私は弟子たちと、津波でやられた 海岸線の 家々の 瓦礫(がれき)の散乱する光景をたくさん見たので、あそこにも 多くの死者たちの 、まだ、遺体も海水の中にあって、捜索されていない( 3月14日に、「原発の爆発が危ない」の指令で、自衛隊も警察も逃げて、 それ以来、4月3日になるまで、遺体捜索さえ行われなかった ) 。

 私は、3月29日に、浪江町(なみえまち)の先の請戸(うけど)の海岸で、弟子たちのなかでも、サバイバル系の、定職も無いような 7人を連れて行ったので、彼らとなら、この請戸の半壊した家で、一泊できるかな、と 考えたのだが、やめた。サバイバル系の、どんな肉体労働でも出来そうな彼らでも、ひとりとして、「今夜は、ここに泊まりましょう」とは、言わなかった。

 水のそばには、亡霊がいて、水辺にいる人間は 夜、水の中に引き込まれそうになるそうだ。そのように 川本さんが教えてくれた。 津波で死んだ人たちの霊が、海辺の大空に満ちていた。 私は、そのように どうしても 強く思う。

 もう、たったの 1マイクロシーベルト毎時( 1μSv/h ) も 無くなった、20キロ圏でさえ、まだ、「恐い、恐い、また爆発がある可能性がある、危険だ、危険だ」 と 言い続けて、震災、原発の凶事事故から 一ヵ月半も立つのに、 福島の現地に、自分で来もしないで、遠くから、 恐い、コワイを、言っている、 馬鹿たちには、私は、怒りを通り越した。 特に、原子力発電問題の 専門家 (より細かくは、何の専門家なのか、は、その人次第だ) たちには、 吐き気がする。

 私、副島隆彦が、3月19日に、原発のそばから、「もう大丈夫です。安心してください。原発からは、高濃度の放射能は出ていません。(出ているのは、ほんの微量の放射能です、安全です) 日本国民は、地獄の入り口から生還した 」と、書いて報告したのに、まだ、信じてくれない人がたくさんいます。

 人は、最後は、ある人のいうことを、信じる か 信じないか のどちらかだ。 サイエンス(近代学問)であっても、個々の 事実( facts ファクト) の認定 に 置いてさえ、それを信じるか、信じないか、 の 問題になる。

 私は、知識人だから、いろいろのことが分かる。日本政府という 馬鹿たちが、一体、どんなおかしなことをやっていて、そのことで、 福島の現地の人たちが、どれほど苦しんでいるか、を知っている。 そのことも、 もう、たくさん書いた。会員の人たちで、行動力のある人たちが、ここの 重たい掲示板に、投稿して現地報告してくれているとおりだ。

 一番、大きなことは、原発事故が始まった3月12日(1号機の水素爆発) から16日(4号機の 使用済み核燃料のプールへの注水)で、もう、このあとは、現場の作業員たちの必死の応急復帰作業で、 原発の放射能漏れは、危機を脱した、ということだ。 それで、高濃度 (1シーベルト毎時ぐらい。 これを凶悪という ) の放射性物質の 拡散、放出 の事態は回避されたのだ。 

 だから、日本人は、福島県人を 含めて 救われた。この大きな事実を、まだ確認できない日本国民が大半のようだ。それなのに、「どうやら、危険は去りつつあるようだ」と、「危ない、危ない」ばっかり 今も、遠くから言って、福島県人 たちを、自分たちがどれぐらい 痛(いた)めつけているかに自覚が無い。 

 政府と東電への強い批判だけをし続けている 自分が正しいのだ。今の自分が正しいと、信じ込んでいる。 現場と現地を知らないで、よくも ああいう 愚かな言論を書き込み続けることが出来るものだ。 私は、原発事故の責任者(御用学者、官僚ども、東電、 元凶のGE だけではない )彼らにも 激しく 怒っている。

 私の同志の 西村肇(にしむらはじめ) 東大名誉教授が、「福島原発事故の原因の究明」という 論文を書き、4月8日に、記者会見(日本語と、英語の両方。 先生の許可で、ユーストリームにも 載せている) した 内容は、ここの  重掲にも六城(ろくじょう)君が貼り付けました。この 論文を、よくよく、何度でも読んでください。 そうすれば、 今度の原発事故の凶事の 全体像と 経緯と、そして、原因がゆく分かります。

 西村先生は、4月8日に、はっきりと、「 チェルノブイリ原発事故で 放出された放射能物質の総量 の 10万分の1の 放射能物質が、福島原発事故では放出された。100日間の合計でも、千分の1 の量である」 ということを、 厳密な計算式を使って証明しました。

 日本政府(原理力安全委員会、保安院もそれぞれ独自に数値を 4月12日に発表した) は、嘘八百の発表を、西村論文のあとに、慌てて、行った。 その内容は、 「チェルノブイリ事故で放出された放射線量の 10分の1が、福島原発事故で放出された。だから、事故レベルは 7 だ」 というものだった。

 細かく数字(数値I)のことは、ここでは、書かない。私も、西村論文と、下條君の解説文(この 重掲に載った) を何度も、読みながら、 「テラ」ベクレルと、「ギガ」ベクレルなどの、ことを勉強中です。 

 どうやら、日本政府の原発の御用学者たちは、 「福島原発の放射性物質の前放出量は、 チェルノブイリ事故 の10分の1 ということにしよう。そこに向かって、すべての数値を作ってゆこう。だから、 37万テラベクレル ということにしよう。そうれば、事故レベル 7 に 出来る」 ということにしたようだ。

 これには、IAEA(アイ・エイ・イー・エイ、 国際原子力委員会) という 恐ろしい国際 団体の、今は、天野之弥 (あまのこれや)という日本の外務官僚上がりが、トップをやっているのがが、この 見るからに悪魔のような、おそろしい、冷たく笑う、あの顔をした男の 背景が、 私たちの日本を、脅(おど)して、脅(おびや)かして、脅迫(きょうはく)して、こういう 奇怪なことを、やらせている。 日本は、外国の恐ろしい勢力に、今も乗っ取られつつある。 アルル君は、それを、「日本再占領 の計画」と考えている。 私も、この考えに賛成する。

 だから、原子力安全委員会と保安院(経産省の一部)は、チェルノブイリ事故で放出された全放射線量 の 10分の1(ぐらい)を、 福島第一原発事故の 放出された全放射能量 (37万テラベクレル前後とした ) と、とんでもない泥縄(どろなわ)の嘘八百の 計算数値を発表した。それは、西村肇による 「福島原発事故の原因究明論文」が出た4月8日 の、翌日の 9日から始まり、10日には、内部で会議に掛けられ、そして、11日と言う 震災・津波から 1カ月目の日に 決断され、公表がはじまり、そして12日に 発表された。 

 これらのことは、発表された、放射線量の 数値 などと を上げながら、私が、西村論文を、日本国民に分かるように、分かり易く、解説します。私も、まだ、勉強が進まなくて、 よく分からない箇所があります。

 武田邦彦(たけだくにひこ)氏に、出版社の編集者を通して、「対談ではありません。 私から、武田氏に、問いただしたいことがたくさんあります」 と、昨日、申し入れたら、一応、武田氏から、「副島隆彦となら会う」という応諾があったようです。ただし、私は、武田氏の勤務する 名古屋の大学には行かない。 「武田氏に、伝えてください。原発の専門家なのだから、絶対に、福島に現地に来てください。放射能がそんなに恐いなら、
福島第一原発から真西に 55キロの大きな都市である 郡山までは来てください。そこで、お会いしましょう」 と、今朝、メールで、編集者に伝えました。

 私、副島隆彦は、まじめな人なら、誰とでも対等に、平等に話します。 私には、一切の、権威、権力 を持たない。私たちは、一切の特権 を主張したら駄目だ、とずっと思って生きてきました。  私は、アメリカの手先になりさがっている、すべてのテレビ、新聞メディアから、完全に 干されていて、全く相手にされないまま、20年が過ぎました。 私は、じっと耐えながら、このまま 死ぬまで耐えながら、耐えに耐えて、自分の言論と思想研究を続けます。 私には、恐れるものは何もない。

 ただし、大自然のもつ 脅威 と 荒々しさに対しては、畏(おそ)れ 敬い 、膝まざづこうと思う。 たかが、人間ごとき、進化した 「狂ったサル」に過ぎない、傲慢になりつくした生物など、 大自然 (天、てん、 heaven ) は、滅ぼすと決めたときには、滅ぼす。 私は、 サイエンス (15世紀以来のヨーロッパ近代学問 のこと。×科学 というコトバが私は、本当に嫌いだ  ) などという 人間の傲慢さが作り上げた 狂ったサルの馬鹿知恵を、嫌い始めている。 宇宙物理学もアホだった (宇宙とは何か、ちっとも分からない) し、こうして 核(原子力)物理学も人類(人間)の絶滅を起こしかねない 原発、核兵器 と言う凶器 を作った。 医学も 抗生物質中心でおかしくなっている。 

 もう死にたいと思っている老人たち (特に、高齢の老婆た) をなかなか死ねなくさせて、それで、抗生物質の飲みすぎの合併症で殺すしか他になくなっている。 動物だったら、塩化カリウムを必ず薬局で売っているので、マーシーフル・キリング (慈悲深い殺害)で、老衰様態になったら死なせることができる。 副島隆彦は、こういうことを、ずっと、ずっと書いてきたので、嫌う人たちからは、ずっと嫌われている。
だが、私は、この自分の態度をやめない。 

 皆、西村論文が、ここの  重掲 に ありますから、何回でも、しっかり読んでください。 それが、今度の福島原発事故(放射能漏れ)の 原因究明で、唯一、正しくて、優れていて、鋭いのです。

 西村先生は、私に、電話で、「アジア人でも、 理論物理学(セオリテカル・フィジックウス)を完全に習得して、それで 世界水準で理解して、西洋人の学者たちと対等である人間がいることを、彼らに教えるのだ。 私の論文で、東大の自分より下で、自分が教えていた、 斑目(まだらめ、春樹 。現在の原子力安全委員長)や、鈴木(前の安全委員長)や、それから、一番、責任が重大な、小宮山浩(こみやまひろし。東大学長にもなった。現在も、東電の 監査役) たちを、世界基準から、批判して徹底的に彼らの無能を 証明する 」  と言っていました。 

 西村肇・東大名誉教授は、日本の環境工学(かんきょうこうがく)を創った人で、偉い学者なのです。 四日市ぜんそく や水俣病の原因解明もやった学者だ。 東電からお金をもらって、東大内で出世することばかり考えて、長年の自民党政治にくっついて、官僚たちと釣(つ)るんで、顕職(けんしょく)につき、 政府の審議会の委員の椅子を渡り歩いたような人間たちとは、初めの初めから、人間の出来が違う。

 西村肇先生は、今のたまプラーザの古ぼけた公団住宅に住んでいる清貧の学者だ。日本にも (東大にだって)、ほんとうに優れた、かつ人格者の 学者が、生き残っているのです。 私は、今後、学問道場の 自力の講演会( 定例会)に、西村先生を 招いて、講演していただきます。 

 私たち学問道場の会員であるならば、かならず、そのうちでいいですから、順番に、時間と旅費 の余裕を見て、私たちが、福島第一原発から20キロ圏のすぐ外側で、生活インフラの整っている、泊まれる家(現地本部)を、確保し築きますから、友人と連れだって来てください。必ず来てください。  「福島復興活動」に支援金を送ってくださった会員は、ご招待とします。  

 私が、皆さんを、原発の出来るだけそばまで、マイクロバスとかで、一回につき10人とかで、案内して、そして、海辺の復興が進む瓦礫の散乱する様子もお見せします。 

 「自分は 放射能の 体内(内部)被曝 が恐いから、行かない」という人は、来なくていいです。人それぞれの考えですから。 人間とは、救いがたい生き物だ。

私は、いよいよ 動物が好きだ。人間がきらいになった。
動物はウソをつきません。


副島隆彦拝



[削除理由]:その他
この方の引用等はカルト板、昼休み板のみ可能。板違いにより削除
118. 2011年4月24日 14:13:02: 6bEAEyi3jU

チェルノブイリ原発事故と福島原発事故を同列に論じるなどは、自分に正しい知識がない、と公言しているようなものである。

チェルノブイリ原発事故は臨界爆発が起こって、放射線の中の中性子線までもが飛び交った。福島原発事故はあくまでも中性子線以外の放射線(アルファ線、ベータ線、ガンマ線)が漏洩しているのをどう封じ込めるか、という問題である。

福島原発事故では、自衛隊員が22kgの鉛を装備して作業をしていた。鉛で防御できるのは、あくまで中性子線以外の放射線(アルファ線、ベータ線、ガンマ線)までであり、中性子線を防御することはできない。
中性子線を防御するには30cm以上のコンクリートや水などが必要である。
つまり、福島原発事故では、臨界爆発には至っておらず、作業できないほどの中性子線が飛散するまでの状況にはなっていない、ということである。

チェルノブイリ原発事故と福島原発事故は規模・内容とも違うのである。

にもかかわらず、チェルノブイリ原発事故と福島原発事故は、国際原子力事象評価尺度では同じ「レベル7」である。

それは国際原子力事象評価尺度が、「基準1事業所外への影響:放射性物質の重大な外部放出:ヨウ素131等価で数万テラベクレル以上の放射性物質の外部放出」という尺度で捉えているからにすぎない。

また、責任うんぬんを言うなら、問題がない程度のレベルであったという場合の「風評被害」に対しては責任を取れるのか。

偏った見方ばかりするな。


119. palm4 2011年4月24日 14:50:27: KcItt1z4.lXWs : 4cdbbeRrbA

改行が無く、読みづらい点、失礼しました。

原発事故は、わずか1ヶ月で首都圏を含む広範囲を汚染しました。
今後は梅雨の季節に北風が多いこと、台風による施設の破損と
放射性物質の拡散、夏の猛暑による内部温度の上昇など、未知の
領域に突入すると思われ、人類がこれまで遭遇したことのない
原発事故がさらに進行していくと思われます。それとは反比例して
メディアを中心に平静を装い、小康状態が続いている日常生活は
ますます不気味なものとなりつつあります。

国はパニックによる国家的混乱を防ぐという意味においては、
メディアを総動員して、何とか乗り切ったと思います。それには
計画停電という他のパニックを起こして、国民の意識を原発から
逸らすことに成功したのではないでしょうか。これは事前に
よく考えられ、準備されたマニュアル通りだったと思います。
今後はさらにこの計画停電を利用して、国や企業の中枢機能を
移転させて行くと思われます。金融庁はすでに節電を理由に
銀行や証券会社に本社機能の移転なので対応を求めています。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011040700983
また首都移転大反対だった石原都知事は意見を180度転換して
首都機能の分散を急に公言し始めました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110422/lcl11042218490000-n1.htm

それでは大阪が今後の日本の副都心さらには首都として
機能していくのでしょうか?それはないと思います。
チェルノブイリで最大700キロ離れた場所が管理区域となる
レベルで汚染されたことを考えると、距離的に十分ではありません。
また、もんじゅが修理不能状態に陥っている現状では大阪も危険です。
それでは福岡?沖縄?

私は個人的には、これを機に徹底的なデジタル化をはかり、
首都機能そのものをネットワーク上へ移すのが良いと考えます。
国民に端末を配布して、政策方針も、議論もネットで行います。
真の民主主義国家となるわけです。災害にも強く、最悪、国土が
無くなっても、国民がいる限り国(システム)が存続し続けます。
最後に、失職する膨大な数の公務員は、自衛隊予備役として登用し、
国家のため、世界のために、原発事故等の災害の後始末に活躍
してもらいます。雇用主は国民なので、当然の流れです。

この国家の危機を転じて、何かしらのチャンスを作り出すように、
国民が考え、行動することができればと思います。そのためには
将来を担う(遺伝子の傷ついていない)健康な子供たちを一人でも
多く残すことが重要です。我々の残した負の財産を子供たちに
背負わせてはなりません。

とはいえ、妊婦や乳幼児が飲むべき水を我先に買い占める年配者が
大勢いたこともこの国の現実です。経済成長一辺倒の彼らの無知や
民度の低さが核実験を許し、原発を乱立させて現在の災難を招いた
のかもしれません。NHKを崇拝する彼らはこの小康状態で安心して
いるようですが。。。



120. 2011年4月24日 15:21:03: 5hOQZiFAss

西村肇(にしむらはじめ)東大名誉教授が、「福島原発事故の原因の究明」という論文を書き、4月8日に、記者会見した。

西村先生は、4月8日に、はっきりと、「チェルノブイリ原発事故で放出された放射能物質の総量の10万分の1の放射能物質が、福島原発事故では放出された。100日間の合計でも、千分の1の量である」ということを、厳密な計算式を使って証明しました。

 日本政府(原理力安全委員会、保安院もそれぞれ独自に数値を4月12日に発表した)は、嘘八百の発表を、西村論文のあとに、慌てて行った。 その内容は、 「チェルノブイリ事故で放出された放射線量の10分の1が、福島原発事故で放出された。だから、事故レベルは7だ」というものだった。

その理由は、「レベル5で、低濃度放射性物質の海洋投棄をやれば、日本は、太平洋周辺国から袋叩きされる。海洋汚染に対する、膨大な賠償請求を避けるために、役人も東電も、何が何でもレベル7にする必要があった」からである。
つまり嘘の過大評価である。

仏アレバ社の高濃度汚染水を処理できるシステムがもっと早く稼働できれば「低濃度放射性物質の海洋投棄」は、やる必要がなかった措置である。

仏アレバCEO「汚染水処理施設、5月末にも稼働」

 フランスの原子力大手アレバのアンヌ・ロベルジョン最高経営責任者(CEO)は19日都内で記者会見し、東京電力福島第1原子力発電所の高濃度汚染水を処理できるシステムを5月末にも稼働させる考えを明らかにした。同原発の敷地内に設置して毎時50トンの処理能力を持たせる。放射性物質の濃度を1000〜1万分の1に下げ、冷却水として再利用できるようにする。

 東電はシステム稼働は6月になるとの見通しを示していた。ロベルジョンCEOは「非常事態なので、より早めたい」と表明。「5月末に稼働できれば(着手から)最速のケースになる」と早期稼働に意欲を見せた。

 タービン建屋やトレンチ(坑道)にたまった高濃度汚染水の処理を目指す。化学物質を使い、複数の放射性物質を沈殿させる方式を採用する。仏の自社工場では実用化済み。他社と協力し、海水から塩分を取り除く装置なども組み込む。

 福島第1原発の原子炉には1日480トンの冷却水を注入している。容器の損傷などによって放射性物質で汚染された水が漏れ出すため、回収してアレバの装置で除染し、再利用する計画。理想的な条件で24時間動かせば計算上は1日1200トン処理できる。アレバは土壌汚染の除去などでも協力する方針だ。

 福島第1原発の敷地内には少なくとも6万7500トンの汚染水があるとされ、本格的な冷却機能の復旧作業を妨げている。汚染水対策が進まないと東電の「工程表」の実施も難しく、処理システムは今後の作業進展の鍵を握るとされる。



121. ウイグル 2011年4月24日 15:36:27: 3YyTfjP1/Hdrs : CdtqFdAwBY
いわき市に子供を連れていくって、子供を癌にしたいんですか自分に身は自分で守る。
親がばかなら子は、死ぬ。
いわき市に子供を
勝手に連れていって、癌になったらギャーギャーギャー騒ぐのでしょうね。判断は自分で決めるのしかないでしょうね。わたしはすぐに子供を連れて逃げましたが。だって子供を守るのは親ですから

122. 2011年4月24日 15:59:09: oz33FCcPgo
副島隆彦先生もねぇ。理系の問題はからっきし。
原発はど素人だし。

推進派だってこれほど安全だ安全だとは言いませんよ。
あの稲だか麦だかいう御用学者を除いて。

この人は線量計の値がすべてだと思っている。
内部被曝も生体濃縮も知らない。

防護服もマスクもなしに福島第一までいっちゃうんだからね。
何とか蛇に怖じずというけれど本当にすごい。

自分の脳がおかしくなりそうだ、吐き気がする、とか言っていますが、
これは被曝の影響ではないでしょうか?

最近の研究では、放射線は今まで考えられていた以上に
脳に深刻な影響を与えるそうです。

とても心配です。


123. 2011年4月24日 16:06:26: oz33FCcPgo
>>118
>つまり、福島原発事故では、臨界爆発には至っておらず、
>作業できないほどの中性子線が飛散するまでの状況にはなっていない、
>ということである。

ふ〜ん、それならさっさと建屋の中にはいってポンプの修理をしてくれよ。
何でぐずぐずしているわけ?


124. EarlGrey 2011年4月24日 16:50:12: iYfQOjikyu9c2 : OyNCCLelmI
福島の子供たちの集団疎開を実現するためには、具体的に何をしたらいいのでしょう。自分が逃げることを考えるのも大事ですが、できれば罪のない子供たちを救うことにも少しでも力を貸したいです。
知恵のある方教えてください。馬鹿な政府や悪徳企業を動かすには、見るべきものを見ようとしない「普通の人たち」を動かして、日本を変えるには,、どうしたらいいのですか。私たちは全く無力なのですか。

125. 2011年4月24日 17:03:02: Esl7pcNhvc
ひとつお願いがあるんですが、自説を展開するときはコンパクトにしてください。
引用だったらURL貼ってください。
あと、副島先生はかんべんしてくんない?だめ?

126. 2011年4月24日 17:07:21: Esl7pcNhvc
今自分で考えて長文になるのならいいんですが、どこかからもってきたやつをどーんと「ありがたく読め」と貼り付けるというのは失礼じゃないですか!

127. 2011年4月24日 17:58:55: UdplvKbt12
福島第一から100キロ離れている所に住んでいましたが15日3号機が?
水素爆発したときの夕方庭で金属製のいやな臭いが漂っていました
ヤバイと感じそのまま通帳と印鑑それと6匹の犬を車に乗せて西へと向かいました
京都にたどり着き安い宿に泊りながら貸家探し・・・ペット・オーケーの所を探すのは結構大変でした。
着の身着のままで家を出ましたがリサイクルショップや100円ショップで生活できるだけのものは揃いました。
畑や広い家屋敷、未練はあるけど落ち着いていつか帰れるようになれば帰ればいいし、帰れなければまたそのとき考えればいい、
近所の繋がりや故郷を捨てられない・・・なんて言っても
病気になったり死んでしまったら繋がりも故郷も必要なくなってしまうわけだから

128. 2011年4月24日 18:34:51: fCZ83cf8p2
>>118 結果的に問題がないレベルだった時の風評被害より、想定外の健康被害
   を受けることこそ第一に避けるべきではないのですか? 
    時間経過の関与する問題に対しては断定的な判断より予防的行動が優先
    されるのは仕方のないことと思います。例えあなたのいうとおりと仮定
   しても。自分自身の問題として考えればわかることでしょう。

129. 2011年4月24日 18:42:14: FHVyh15Kso
今回の福島原発事故は、チェルノブイリ原発事故と比較されるが、
(当初、官房長官はチェルノブイリを持ち出す報道を、過度に危険を煽っている、と記者会見で述べていたけど)

もはや、過去に学ぶべき事例は、避難命令を出さなかった英国政府対応の悪さから、住民が大量の被曝を被ってしまった
英国の「ウインズケール原子力工場事故」のケースだろう。

福島の状況は、為政者のメンツや責任論回避に拘り、住民に不要の放射線被曝を強いて、将来の発ガンリスクに晒している。
「米ソ冷戦の状況下、世界で初めて起こった、原子力災害の怖さも解らない」中での、
原子力発電施設の事故における「結果的に大間違いだった対応」と、何ら変わらっていない。
唯一、チェルノブイリに代表される過去の事例を持知った現在で変わったのは、
「完全防備」姿の枝野官房長官の姿から分かる、やはり「危険なんだ」という事だ。

枝野長官の姿が「政府の放射線に対する認識」であれば、福島の子供たちも『同様の安全基準』を適応させるべきだろう。
僅か半日もいない官房長官が「完全防備」の防護服で、子供達が全くそのまま、
埼玉の人間が「何も言わない」とすれば、民度が疑われる。


130. 自然エネルギーでしょ 2011年4月24日 19:17:23: 9.mBHMaMIwEGA : 8mCSMpeOu6
原発利権に群がっている、政・官・民・学は鬼だね。

これからの日本を復興する子供たちと若者を見殺しにするなんて・・・

いつ日本中に地震が起きるかだれも予知出来ないのに、人間がコントロール出来な

い原発をすぐに廃炉とは言わないけど・・・

普通止めて点検しないのかな????


安全な廃棄物の処理方法も出来ないのに運転し続ける原子力発電って何??

六ヶ所村やもんじゅとかほっといていいの??


131. 2011年4月24日 19:44:37: wW4IXJ9hGU
子を守れるのは親
国だろうが何だろうが戦うべき
ガンになった子は誰を恨む?

132. 2011年4月24日 20:07:17: 6zyQTuoAIU
この国の権力者、政府、役人、資本家らの卑怯卑劣さは、特に維新以来、伝統的に続いている。それを明白に知る例は、あの太平洋戦争だ。そして、今回の震災と原発への対応だ。子供を教育し守るべき文部省が、こんな殺人レベルへ一方的に変更した政府方針に従うとは!これで、日本の文部省など、不要だということが決定滝に判った。もうこの国の政治や国家行政は全く信頼できぬことが判明したから、我々国民庶民が何としてでも福島の子供らを救いたい。今は子供らの命を優先するために、福島から避難させてあげる方策を急ぎ作りたい。バカな日本の公教育など後回しにせねば、貴重な将来の日本人が根絶やしされてしまう。バカ国家、バカ役人、強欲企業らゆえに我々国民庶民が犠牲になるのは、もういい加減に終わりにせねばならない。

133. 2011年4月24日 22:05:52: UloccNgiSA
福島原発から50qに在住しています。

18歳の息子が、進学で福島を離れる事が出来てほっとしました。
震災後、電力会社勤務の親戚と自衛隊関係者から連絡をもらい、被曝対策生活をしています。引越しまでの間、息子はずっと屋内退避でした。
息子の高校では、被曝の恐ろしさと福島原発の危機について授業で取り上げてくれた先生がいたので、彼に教えられる事もあり、助かりました。

私の一番の心配は、息子の健康だけでした。健康に育ってこられたのに、こんな事で一生苦しませるなんて、絶対に嫌でした。

近くの学校でも、今回の安全レベルを超える学校があります。それでも、子供達は学校に通っています。きっと、私なら主人と相談のうえ県外に転校させていたと思うのです。

福島県でも、危機感のない人は結構いますよ。新聞やテレビのニュースだけの情報では、そうなっても仕方がないのでしょうか?

東京消防庁のハイパーレスキュー隊の会見の表情見ても、尋常ではないのだと感じなければ…。

別の記事に以前投稿させていただいたことがあるのですが、現福島県知事は会津の肛門さまの姉の長男です。震災後、肛門さまはローカル局にも一切出てきません。

前福島県知事の佐藤栄佐久さんは、東京地検特捜部に逮捕されました。郵政問題で逮捕された検事が関わっているようです。
彼は、『知事抹殺』という本も出版していますし、公式HPも開設しています。
興味のある方は、是非訪問して下さい。

最後に、全国の原子力発電所の安全対策を万全にしてください。万全ってないのかも知れませんが、震災は起こったのですから。
原発事故を、二度と起こしてはならないと、心から思います。



134. 2011年4月24日 22:53:28: 4cdbbeRrbA

子供たちの疎開や避難は、一時的な対応に過ぎず、今回のような放射性物質の汚染に対応するには、
やはり家族の移転しか方法はないのではないでしょうか。特に小学生などは、子供だけ移すのにも
限界があります。今回は対象となる地域が広範囲に及び、避難が実質的に困難だと判断されたのかも
しれません。とにかく、対象となる子供たちは学校を休ませ、自宅学習に切り替えて、今後の対応を
検討するしかなさそうです。放射能汚染は一時的な災害ではなく、人間のタイムスケールではほぼ
永久と考える方が現時的です。ほとぼりがさめたら、また戻ってというのは幻想です。それができる
のは、健康被害の影響の少ない高齢者だけです。原発から放射性物質の放出が止められるのにも10年
かかります。廃炉は早くて30年かかります。この現実を一刻も早く受け入れて、各ご家庭で今後の
ことについて話し合うべきではないでしょうか。まずは今後のことを検討する前に子供を休ませる
べきだと思います。そして、子供にも現状を説明して、話し合いに参加させるべきだと思います。
これは福島だけではなく、今後、汚染の拡大に伴い、子供を持つ親が直面することだと思います。
子供を持つ親は、そのときに備えて、ある程度の方針や対策を考えておくべきだと思います。
そのために勉強すべきことは山ほどあります。

135. 2011年4月24日 23:34:43: hj5sogWyEs
マジでこの内閣は国民を殺す気だ・・・
信じらんねえ・・・

136. 2011年4月24日 23:37:21: NO0tfSf1e2
日教組の戦士は、なにしてるのか?
 まさか、仮病で、入院しているのではないか?
はやく、君が代を歌わない位の根性で、生徒を守れよ。

137. 50のおじん 2011年4月25日 00:52:54: bo4eR3JZr3tUg : N7fLwJ34nI
今は、例えて言うならば、さながら昭和17年のミッドウェー海戦に敗れた後のようである。戦いの主導権を失い、意味のない戦いを続け、挙句の果てに敗れ去るのだ。早々に撤退し、負けを認めていれば、多くの国民が無駄死にすることもなかった。時の権力者達が賢明な選択をしていさえすれば、被害は少なく抑えられたであろうに。

原子力村の住人の連呼する安全という言葉が、連戦連勝と報じ続けた大本営発表と重なって聞こえる。直ちに健康に影響はないという台詞は、撤退・退却を転進と強弁したのに似ている。

政府が危機管理の原則に従い、国民の健康・生命を守ることを最優先にしさえすれば、無用な被曝を避けることができ、放射性障害の発生を極力抑えることができるだろう。しかしながら、嘗ての日本がそうであったように、今の日本政府は正常な判断力を欠いている。ただし、その目的はともかく、嘗ての日本には学童疎開を決断し、実行するだけの判断力は残っていた。果たして、現政府には何が残っているのだろうか?


138. 2011年4月25日 01:11:17: oz33FCcPgo
>>137
東京大空襲 -> 東南海大地震、浜岡原発爆発
沖縄陥落  -> 北陸大地震、もんじゅ・美浜爆発
広島・長崎  -> 青森大地震、六ヶ所村爆発

というシナリオですかね。

今回も地獄の底まで行ってしまう予感がします。


139. 2011年4月25日 02:05:40: U0NtTVj2Yg
政府や官僚に子供の健康の管理を期待するのはそれが道理ではあるが、実際無理なのは、戦争体験からも明らかでしょう。
なんで、福島のお母さんたち、抗議の声をあげたり怒ッタ利する前に子供をつれて逃げない?東京の経産省の前に子供と座り込みをやらない?
今動かないのは、政府の通達の前に勝手に動けば保障がでないからという損得計算からでしょうか?それも政治的駆け引きとして、一理あり。
でも子供を巻き添えにしちゃ、まずい。

140. 2011年4月25日 02:20:07: tMmxuImcss

東京の放射性降下物の量でもチェルノで大量に癌がでた地域の放射線量だぞ。
普通に考えて100km以内に住んでたらアホだろ。

避難するかどうかは自己責任で。当たり前の事だ。家・知り合い・親戚・仕事。
これらを捨てて避難させたら国が賠償せんならんだろ?

じゃあ政治家はどう考える?「ただちに健康に影響ございません」だろwww.
10年後に癌で死にそうになって、福島原発が癌の原因だなんて証明できるのか?

生きてる間に裁判終わらんぞ? じゃあ保証ももらえず犬死じゃんww。
親切なアドバイスをするとだな。「早く逃げろ」

って感じで、2ちゃんねるの怖いお兄さんが教えてくれましたがそんなもんかね?自分にはわからんですわ。


141. 2011年4月25日 03:07:01: xjS8qirjRg
岩上安身氏の4月20日のUST配信、議員の「東日本大震災を考える勉強会」ですごい数字が出ていることをスクープしています。
(鳩山元首相の数字トリックを見抜くところ、エライ。菅さんには絶対無理)

4月5日時点の大気中の推定放出率
 ヨウ素131  1日16兆7760億ベクレル
 セシウム137 1日 3兆4320億ベクレル:ヨウ素131換算137兆2700億ベクレル
 合計 1日あたり 153兆7120億ベクレル

これを元に、読売、朝日が記事を書いています。
(勿論、ツイッターをみたとは書かないでしょうが)

官報複合体の怖さが伝ってきます。(SPEEDIでの文科省、経産省の罪は重い)
事故発生時、少しでも早く子供だけでも避難疎開していたら以後の悲劇はいくらかは避けられたはずなのに、もう取り戻せない。

子供の未来=日本の未来と当たり前のことを何故菅政権は考えられないのか?

財務省の言いなりで、税を国民から搾り取ることしか頭にない。
その上、高速料金サービス撤廃で、国の血管を閉めようとする。
まともな政府ならこの非常時、議員や官僚の給料ダウンや東日本の高速無料くらい言うはず。
国民は投票用紙1枚としかみていないのが本当にくやしい。

菅政権延命=日本存亡の危機が現実にならないでほしい。


142. 2011年4月25日 04:05:50: lgkNS1RE8Q
アメリカ軍のシーバーフが早期に活動申入れしたのは、
実践訓練とデータ収集が目的だったらしい。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210423005.html

で、我が国政府は、米国の更なるデータ収集に協力しようとし
てるんじゃなかろうな・・福島での人体実験を通して。

人体実験と考えれば納得いくんだなあ。幅広い年齢層の男女の
「一切の防護なし」での被曝データが取れるわけだしね。
被曝者全員の疫学調査(住居移転しても追跡そうな)の話も出
ているらしいし、これをきっちり遂行できれば完璧なデータを
取れるはず。
そのための基準値上げ+現地に対する情報統制を行っている
と考えれば納得できるような・・
我々日本人は、黄色人種なので、白人からみれば昔から黄色い
サルでありいくら殺してもいいと思われてるようだしね。
実際、昔原爆で2回も実験されちゃったし。
阪神大震災といい、今回の震災といい、白人国家のいうこと
を聞かない左翼政権になるたびにでかい災害起こるな。
これって意図的に作られてるんじゃないだろうな〜
そうだとしたら怖すぎる。だれか、俺の妄想止めてくれ〜


143. 2011年4月25日 06:46:00: oz33FCcPgo
汚染が進んでいる地域の方は、今後の訴訟、補償に備えて、
3月11日以降、いつどこにどのくらいたか、しっかり記録しておくことを
おすすめします。

とくに屋外にいた場合はどんな活動、作業を何時間やったか
書き留めておきましょう。

学校の体育の時間はどこで(体育館か校庭か)どんな運動をしたかです。

それらの記録を証明できるもの、たとえば出退勤表、レシート、等々も
捨てずに保存しておくとよいと思います。


144. 2011年4月25日 07:17:12: KdSLphhw2M
>>108 

すごい説得力。
ありがとうございました。
参考にさせていただきます。


145. 2011年4月25日 08:28:32: i37fD8kRRc
以下参考になります。宜しければご覧下さい。

福島の学童の被ばく限度について: ピースボートの川崎さんとの意見交換
  http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/blog-post_15.html

要するに政治でしか解決できない問題であるのに、政治責任を放棄して言い訳しているばかりの無能な管内閣だということですね。


146. 2011年4月25日 19:34:39: z6oyV2g5vA
私が福島人で母親だったら、なりふり構わず子供連れて逃げます。
政府や県のクソ遅い対応を待ってる時間なんてないです。

子供の生死がかかってるんだもの…。

私の周りでは、マスクをしている人はほとんどいませんが、
私は震災以降ずっとマスクをして、
塵が付かないようなツルツルの上着を着ています。
家族にも同様にさせてます。

周囲からは浮いた存在に見えるかもしれません。
でも良いんです。

「みんながやっている=安全」

じゃないことを知っているから(研究所にいました。一応理系人です)
毒性のある物を摂取したら、身体に害がでる可能性が非常に高くなる。
当たり前のことです。
ほんの数ヶ月〜数年、避難しただけで、その後の数十年が保証されるんです。
自分の本能を信じて、逃げてください。


147. 2011年4月25日 22:04:09: FOd4r92QOo
政府が定めた基準は、日本の法律違反だそうです。
 
http://takedanet.com/2011/04/61_161b.html

危険すぎます。

年20マイクロシーベルトの、基準撤回を要求する
<フクロウの会>のネット署名をお願いいたします。

http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/197.html

締め切り 本日23時!!!


148. 2011年4月26日 03:39:49: DCHDReL3A2
同胞を見殺しにされているのに暴動、反乱が起きてもいいはずなのに


日本人は何もしません。薄情なもんですね。


飼い慣らされた家畜みたいなもんですね。
海外メディアに褒められたくて大人しくする必要などない。


せめて被災していない東京都民は全員が国会議事堂を取り囲むべきです。


149. 2011年4月26日 22:04:41: HNU7fJFq3Y
私はできるだけ速やかにこの基準というものの持つ意味について自分なりの判断を下そうと思う。

そして、

もし、この先、自分の子供が、福島で成長した子供と婚姻することについて、危惧を感じるのであれば、その危惧を抱く者(当然に私を含む)はただちに、福島の子供を可能な限り早く救出すべきであるとする動機があることになる。そして、それにもかかわらず何も行動をしない者は間違いなく同胞の子供を見殺しにしていると内面に告げるべきである。


150. 2011年4月27日 01:48:11: 18Cf10Neqs
>>主婦の声(経由:池田香代子氏)
「学校に送り出した後に、罪悪感で涙するお母さんもいる。…私たちただの主婦が分かるように説明してください。東大や京大や慶応や早稲田を卒業した人たちが地域に住んでるんじゃないんです。私たちは中学や高校しか出ていない。

本当に失礼だけど、とんでもない愚民だと思うよ。放射性物質の危険性なんて中高でも習うし、公立図書館のPCで30分もネット検索すれば田舎といえどもいくらでも情報は手に入る。その気になれば、どういう状況に置かれているか必要な知識も情報も得られるということだ。単に知的怠惰で思考停止してるだけだろ。まして、自分の子供が被爆するという逼迫した状況下、どこまでバカなんだよ。主婦だとか学歴なんぞ関係ない。どうしようもなく知力が低いだけだろ。こんなアホな親で子供がかわいそうだよ。ま、一番悪いのは役人だけどな。


151. 2011年4月27日 07:48:09: YUlfWwic5E
「100キロ圏内の皆さん、そこから動かないでくれ。そのうち体調が悪くなるだろう、症状が出れば受け入れ先は無くなる。義捐金も補償金も皆さんにあげれば、移動脱出をさせることになる。もう、体内被曝した人の未来はない、その圏内に留まっていてほしいのだ、だから大丈夫、大丈夫・・・移動する必要はないのだよ」
 と悪魔が言っている。

 そんなことより、これからの補償問題をいかに縮小させるかが重大問題なのだ。


152. 2011年4月27日 10:57:18: pwDnQ1sTv3
>>136
日教組は日本人の子供が嫌いなんだよ、言わせんな

地方によっては、日教組による日本人いじめが酷いようじゃないか

日教組が支援してるのってどの党だっけな?


153. 2011年4月27日 18:07:07: GdkW1sfPfs
149です。

何かできることはないかと考えた挙句、ひねり出した提案があります。

上記の「国の役人たちの有様」動画URLや、「放射線管理区域」情報を含む、メールをネット上に公開されている福島市内のアドレスに送るのです。

おおきなお世話でしょうか。
そっとしておいて欲しいと思うのでしょうか。
くだらないことでしょうか。
なにかせずにはいられないのですが、やはりちょっと心に掛かることがあります。
これって犯罪?どんなもんでしょうか。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧