★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 781.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第1原発 「ババ引くのは作業員」嘆く下請け社員(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/781.html
投稿者 最大多数の最大幸福 日時 2011 年 4 月 23 日 21:01:20: d1qFhv8SE.fbw
 

>4年3カ月の累積70ミリシーベルトで
>多発性骨髄腫を発症したとして労災を認められた。

 それが、今や、3日で50ミリシーベルトとかでも当たり前に。

 感覚がマヒしてきていることが恐ろしい。

**********************

福島第1原発 「ババ引くのは作業員」嘆く下請け社員(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110421-00000003-maip-soci

福島第1原発の復旧作業を担う作業員の被ばく線量を定めた特例措置があいまいに運用され、作業員の放射線管理手帳に記載されていないケースがあることが明らかになった。現場の作業員はあいまいな運用に不安を漏らすとともに「結局、ババを引くのは作業員」と嘆く声も聞かれた。関係者からは「線量管理がいいかげんだと、訴訟になった時に証拠が得られない可能性もあり、問題」との指摘も上がる。【袴田貴行、森禎行、日下部聡】

◇訴訟時、証拠ない恐れ

 「今回食った(受けた)分の放射線量は手帳に載らないから。安心していいから」。3月末に福島第1原発の復旧に従事した2次下請け会社の男性(30)は、作業開始直前、1次下請け会社の社員にそう告げられた。

 男性は3月下旬、所属するポンプ点検会社の社長から「上の会社から3日だけ人を出すよう頼まれた。(現場の状況が)ひどかったら途中で帰ってきていいから、とりあえず3日間だけ行ってくれないか」と言われ、同原発へ。作業内容は不明のまま駆り出されたが、現地に着くと、使用済み核燃料共用プールの電源復旧のためにケーブルをつなぐ専門外の作業を指示された。「とにかく人をかき集めて電源復旧をやっている感じだった」

 現場で経験者から指導を受けながら作業を進めたが、「初めてなので手間取って時間もかかったし、余計な線量を食った」。当時は線量計が足りず、6人のグループに1台だけ渡されたという。

 作業は放水の合間だったため、午前2時までかかったり、朝6時から始めたことも。待機場所の免震重要棟は「すし詰め状態で大人1人が寝っころがるのがやっと。仮眠も取れないのがきつかった。まともにやったら2日で限界」と振り返る。

 結局、3日間で計約12時間働き、線量計の数値は国が特例として引き上げた上限の5分の1、以前の上限の半分に当たる約50ミリシーベルトに達していた。「普段そんなにいくことはまずない」。日当は通常なら1日1万5000円程度だが、今回は事前に決まっていない。ただし「同じような仕事の募集が日当17万円だったらしい」。3日で50万円になる計算だ。

 男性の放射線管理手帳は、この作業時とは別の、震災前に登録していた元請け会社が管理しており、手元にはない。「ずっと自分の手元に帰ってきてないから(今回の線量が)載っているかどうかは分からない」。確認しようにも震災前の元請けは震災後、事務所が機能していない。「自分の手帳を戻すのは困難」と、今後に不安を募らせる。

 3次下請けで原発の補修に当たる建設会社社員の男性(28)は線量管理があいまいになっていることについて「そうでもしないと原発を止められない感覚があるのではないか」と指摘する。その上で「手帳の管理は下請けによって違う。将来の仕事を受注するため(社員の線量を低くしようと)下請け会社が手帳に今回の数値を載せないことも考えられる。会社は仕事をもらえるかもしれないが、結局ババを引くのは作業員だ」と訴えた。

 元原発作業員が東電に損害賠償を求めた訴訟で原告代理人を務めた鈴木篤弁護士の話 原告は4年3カ月の累積70ミリシーベルトで多発性骨髄腫を発症したとして労災を認められた。250ミリシーベルトの上限自体が高すぎる。それを別枠にするなどむちゃくちゃだ。被ばく線量を証明できても裁判所はなかなか発症との因果関係を認めない。きちんと線量管理がされなければ、作業員が損害賠償を請求しようとしても基礎的な事実さえ証明できなくなる恐れがある。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月23日 21:18:03: sWFJg5azDU
こんなことで、これから何千人と必要になると言われる作業員を集められるとは・・・いや、集めていいとさえ思えない。一刻も早く国が介入して管理すべき

02. 2011年4月23日 21:36:08: JgyS3UTymo
本当に人食い人種だらけな

03. 2011年4月24日 08:03:52: 0GJJznkobY
今の気温でも熱中症で倒れる作業員が続出。
現状でも、疲労の極みで限界状態。

これで、夏になったら。

防護服なんて暑くて着ていられるはずがない。

作業員は熱中症で倒れるか被曝するかしかなくなる。

かなりな勢いで人が消耗されていく。
人を入れ替えていくしかないが、
この状況で作業してくれる人が
そんなに沢山いるわけもない。

そして、当然ながら現場を知っている人間は
そうそう替えがきかない。

この夏、恐らく、ミスやトラブルが続出するだろう。
トラブルがあっても、まともに対処などできないだろう。

今のうちに、保冷剤をはりつけた防護服とか、
いろいろ開発、用意しておくべき。


04. 2011年4月24日 09:51:59: evSC25VapI
埼玉の土木作業員の人達に、東電から「一日三万円で福島で働きませんか。」と言う求人が来ているとラジオで聞きました。多分人を集めるのに必死なんだと思います。

05. 2011年4月24日 13:04:19: sWFJg5azDU
悪いけど、知り合いが勧誘されていたら止めるな。少なくとも相手が40代以下なら。現場での待遇は我慢するとしても、今のままでは、将来のことや、万一の危険を考えると、三万円どころか、百万積まれたとしても行かせたくない。

最終的な危険は排除できなだろうが、もう少し安心して働ける方法はあるはずだ。


06. 恵也 2011年4月24日 14:37:58: cdRlA.6W79UEw : GEnLazUX6s
>>01 こんなことで、これから何千人と必要になると言われる作業員を集められるとは・

俺は派遣会社にもいた事があるが、雇われてる労働者なんて弱いものだ。
被曝量が多ければ仕事が出来ないとなれば、誤魔化すのは当たり前。
確実に死ぬとか病気になるというのならともかく、俺だって誤魔化すよ。

しかし道徳を考えれば、被ばく線量の管理は国家管理にしなければならん。
民間企業に任せたり、個人に任せたりしたらザル管理になるのは当たり前だ。
最低限でも、被曝量の管理は国家管理でなければ泣く人が出る。

原発とは金で人間を堕落させる、人食い産業なんだよ。
中曽根康弘や読売新聞社主も金にならなければ、こんなに力は持たなかったろう。


07. 恵也 2011年4月24日 15:47:55: cdRlA.6W79UEw : nZAmshX9Eo
>>04 「一日三万円で福島で働きませんか。」と言う求人が来ているとラジオで聞きました。

人夫出しの会社で、やくざ系の所でしょう。
東電からは30万円くらい出費してるが、やくざや中間で抜かれて3万円になってる。
こんなやくざ系の会社を使ってるから、福島原発の作業員は劣悪な労働環境でも
文句もいわず大人しく仕事してる。

やくざ系の従業員が3万円で、まともな従業員は30万円貰えたら、一緒に働いて
いたら、まともな従業員だって労働環境面で東電にイチャモン付けにくい。
やくざ系従業員も変なところで東電の役に立つものだ。


08. 2011年4月24日 17:58:15: DprNjXc3KE
恵也、貴方は賢く正しいな。最近ファンになったよ。がんばってね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧