★阿修羅♪ > 原発・フッ素9 > 853.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
想定外なのか! 金子勝 『暴かれた無責任体質』 この国は壊れかけていると感ずるのは私だけであろうか!
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/853.html
投稿者 axioms123 日時 2011 年 4 月 25 日 23:44:13: 3a46Dk1gZE7Pc
 

2011年4月25日夕刊から 金子勝

※『この国は壊れかけていると感ずるのは私だけであろうか!』・・・あなただけではない!

・・・以下、全文です。・・・                          

想定外なのか 『暴かれた無責任体質』

 福島第1原発事故は、大量の放射性物質とともに、日本社会を支配する無責任体質を一気に噴出させた。事故に関する情報開示のあり方がそれを象徴している。悪い情報が隠され、小出しに情報が出される。そうしているうちに、どんどん状況が悪化してしまう。

 検証しなければいけないことがたくさんある。津波による電源喪失が原因だとされているが、田中三彦「福島第一原発事故はけっして"想定外"ではない」 (「世界」5月号)によれば、原子力災害対策本部の「三・ニ七事故報告書」には「もっとも重要な地震発生当日(三月十一日)のデータが開示されていない」という。田中は、津波が来る前に、配管が地震で破損し冷却材が噴出する「冷却材喪矢事故」が起きていて、原発中枢構造の「耐震安全性の問題」があったのではないかと推測する。

 それだけではない。1号機への海水注入は、原子炉圧力が異常値を示してからかなりの持間が経ってからだった。なぜ遅れたのか。また原子力安全委員会は、「風評被害」を埋由にSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワータシステム)のシミュレーションを10日以上も公表しなかった。被害が予想された福島県飯舘村や南相馬市が、後に計画避難区域に指定されたが、水素爆発後の3月15〜20日のデータも多くの地点で公表されていない。さらに、4月12日になって原子力安全・保安院が急に、事故の評価をレベル5からチェルノブイリ並みのレベル7にいきなり2段階引き上げた。だが、その経緯は明らかでない。

 この間、東京電力も原子力安全・保安院も原子力学会も、この原発事故が「想定外」の大地震と津波のせいだとしてきた。

 柳田邦男「想定外か?-問ねれる日本人の想像力」(「文芸春秋」5月号)は、いくつかの事例をあげて、それを批判する。まず「2009年6月、電力会社が実施した耐震性再評価の中間報告を検討する経済産業省の審議会」で、岡村行信委員(産業技術総合研究所活断層・地震研究センター長)が「869年の宮城県沖を震源とする「貞観地震口」を挙げるとともに、 「1500年頃にも、東北から関東を巨大津波が襲った痕跡があることを報告し、東電が原発の安全対策で、それらの大津波の危険度について全く触れていないのは納得できないと厳しく指摘した」。だが、報告書案では「「想定内」と書かれ、福島原発の耐震構造は今のままで問題なしとされた」。実際、「「貞観地震」の規模はM8.4と推定されている」が、「東京電力が原発沖で想定していた地震の規模はM7.9だった」。

 つぎに「2006年衆議院内閣委員会で、吉井英勝委員(共産)が、原発で非常用電源が矢ねれた時にどういう事態になるかを質問したのに対し、当時の原子力安全委員長の鈴木篤之氏は『・・・他のプラントと融通するなど、多角的な対応を事業者に求めている』と答えて、安全性が確保されている事を強調した」と書く。

 塩谷菖雄「末曾有の震災が暴いた末曾有の『原発無責任体制』」(Forsight電子版3月15日付)は、前記の事例以外にも、「より高い津波に見舞ねれた東北電力の女川原発は、3基の炉がすべてすんなり停止し、ずっと安定した冷却状態にある」事例をあげる。実際、女川原発は海面から約15メートルもの高さに建設されている。そして、2007年の中越沖地震による東電の柏崎刈羽原発事故が起きる前年に「原発の耐震指針は25年ぶりに改定されていた。(中略)しかし、東電は中越沖地震を起こした敷地の眼前にある断層を精査せず、実質的にバックチェックを怠っていた。原子力安全委員会
や原子力安全・保安院が、これを厳しくとがめたという話は聞かない」という。

 「安全神話を吹聴した代償」(「週刊ダイヤモンド」4月16日号)は、こうした馴れ合いの背後に政官財の癒着構造があると指摘する。まず、天下りで「電力会社幹部には当然のように経済産業省出身者がいる」。次に、「政権交代前の2006〜08年に、自民党の政治資金団体「国民政冶協会」に献金していた(電力会社の)役員の一覧」を示す。そして、「経産省は保安院を通じて規制をかける一方で、同じ庁舎内の資源工ネルギー庁で振興策を打ち出した」。つまり、原発を推進する側もチェックする側も「仲間内」なのである。

 メディアも例外ではない。内橋克人「巨大複合災害に思う  「原発安全神話」はいかにしてつくられたか?」(「世界」5月号)は、「電気事業連合会、略して電事連の行ってきた「報道統制」を思ねせるおびただしい資料がある」として、「週刊朝日」の「知ってますか? 試運転中六ケ所村再処理工場の切なさ」(06年6月30日号)に加えられた圧力を例示する。そして、「あらゆるメディアへの巨大スボンサーとして君臨するものの発する『抗議』の『ブラフ(脅し)効果』は計り知れないものがある」と述べ、かくして「『原発安全神話』が日本列島を被いつくすところとなった」という。

 現在、ドイツ、イタリアなど次々と原発建設計画は凍結されつつあるが、日本は事故調査委員会さえできていない。この国は壊れかけていると感ずるのは私だけであろうか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月25日 23:52:01: evSC25VapI
こんな記事もあったぞ!

日本政府の原発対応 ソ連政府よりも閉鎖的

クルチャートフ研究所のエヴゲニー・ヴィリホフ・アカデミー会員は、雑誌「イトーギ」とのインタビューに応じ、日本政府の福島原発事故への対応は、ソ連政府のチェルノブイリ事故への対応よりもより閉鎖的である、との考えを示した。

 ヴィリホフ氏は、東京電力が民間企業であることから、おそらく日本政府も正確な情報をつかめていないだろう、と考えている。

 また世界でも有数の専門家であるウラジーミル・アスモロフ・クルチャートフ研究所所長が日本に派遣された際も、事故対応の責任者と直接話すことはできなかっ
た。

↑ 日本がソ連より怖い国であることを、知ったぞ。


02. 地には平和を 2011年4月26日 00:31:34: inzCOfyMQ6IpM : U6QmkCEPXk
無責任なヤツらが権力を握っているって事だ。つまり、日本国民が無責任がヤツらを延命させてきたって事であり、その事は世界から非難されても仕方が無い事だ。革命を起こせない日本国民が世界に迷惑を掛けたのである。もちろん、その責任の一端は私にもある。

03. 2011年4月26日 00:48:07: Ey9ocC9aAg
このままでは、更なる大惨事が、必ず起こる。

福井の高速増殖炉「もんじゅ」の爆発、浜岡原発の震災暴走が、起こるであろう、その瀬戸際にある。
六ヶ所村再処理工場も、大いに不安がある。

原発推進派の暴走により、国が滅ぶ、
すべてが安逸すぎる。


04. 2011年4月26日 00:58:26: rWmc8odQao
落合洋司氏
「原発から5キロ圏に防護服を着て臨み訓示する警察庁長官、高血圧とめまいと称して行方をくらまし国民から批判の集中砲火を浴びる電力会社社長。特に、これからリーダーを目指す人には、どういうリーダーになるべきか考える上で参考になるだろう。」
https://twitter.com/#!/yjochi/status/62488760306237440

おじいちゃんには何も期待しておりませんが、せめて「若者の手本」になってください。そういう意味で東電社長は…引退してください。


05. 2011年4月26日 01:14:21: z5uQPVPWWg
原発に反対してきた人たちにとっては、「想定内」。

『安全神話』を吹聴してきた輩が「想定外」を繰り返すのは、責任逃れに過ぎない。この責任逃れを容認する世論作りに加担するマスメディア、この期に及んでいつものお人好しで騙される国民が多いとしたら、「日本国民が世界に迷惑をかけた」と認めなければならないだろう。

>日本国民が無責任なヤツらを延命させてきた
  ↓
無責任なヤツらが日本国民をだまして延命してきた。

日本国民は騙されてきた愚かさに対しては責任があるが、特権階級に対して
いかなる対峙が可能なのか、問いたい。
子どもを、官僚という特権階級へ送り込むことを至上目的に育ててきた親たちに責任があるというなら、理解できる。


06. 2011年4月26日 02:15:43: YnIVqi6406

( ホウドウ トウセイ ト オドシ )

 マスコミ ヲ ツカイ オモイノママ ニ ツクリ アゲル 

 キタ ト ヨバレル タイセイ ガ オコナウ ミツゴノタマシイ ヨリツヅク

 センノウ ハ ソトノ セカイ デ ジッタイケン ニ ヨッテ トカレルコトニナル

 ソレ ヲ カエサセル コト ハ ジツニ ヨウイ ナ コト デハナイ ノダ。!

   ( イマ ソノ タダナカ ニ イルコト ニ キズカナケレバ ナラナイ )

     


07. 2011年4月26日 04:38:45: E4bT3Bpr2w
この国の無責任体質なんて今に始まった話じゃない、太平洋戦争の頃からずっとだろ。


08. 2011年4月26日 06:43:03: c2cw24JQGg
さっさと韓国政府に、我が国を併合してもらうよう進言しようではないか!!

09. 2011年4月26日 08:18:47: 9JIrw9cLPU
必読 「地震予知」はウソだらけ 講談社文庫 島村英紀←冤罪者 詳しくはネットで
p231.237 原子力発電所を造るときの設計基準は・・設計指針は 1978年に作られたものだ。
その後1981年と2006年に一部改定されたが、ほとんどの部分は現在まで変わっていない。
・・・想定しているのはマグニチュード6.5の地震である。
 2008年11月14日発行
 
この本を読んで唖然としたり納得したり・・・

又 国、官僚 裁判所と検察との密接な司法制度がここでも「生かされている」

幼い子供達をどうするんだ!!!

この国をどうするんだ!!!

議員も官僚も志はナインか!?

失業中の年老いた爺さんだがホントに怒ってる!!


10. 2011年4月26日 08:31:02: ncpvonP9kg
今や、非武装中立でも、日本は安全。
原発事故のお陰で、侵略の意図を挫く。
北朝鮮の原爆も怖くない。更なる原発破壊で、北朝鮮も危なくなる。
今は統治のために日常を演出している時。しかし、演出は現実の前に崩れ去る。
3.11以降は、日本だけでなく、地球規模で未知の世界に突入した。

11. 2011年4月26日 11:07:40: 9ct5tYVK4I

最後の一文・・・

日本が完全に壊れる前に、なんとかしたい!!!!!!!


12. 2011年4月26日 13:55:45: mDbIma4hlw
これだけの大事件、刑事被告人が出るのでしょうね。
それが責任を取らせることでしょう。

13. 2011年4月26日 16:04:48: PtNIBjqrhU
否、もうすでに壊れているのに、
まだ、壊れていないと思い込んでいるにすぎない。
 チェルノブイリ事故でソ連
 福島原発事故で最後の官僚国家、日本が崩壊したのです。
これから先もいままでどおりのゲームをしようと、いろんな
事を、政治家を使い、ゴマカシのゲームが展開されるでしょう。
 でも、これからが、私たちの本当に向き合わなければならない、
問題が出てくるのだと思います。

14. 2011年4月26日 18:05:24: ey4ACnEcuk
下記のブログからの引用です。

http://okaiken.blog.ocn.ne.jp/060607/2011/04/post_3bf2.html

東電、官邸、安全委員会、評論家、学者の全てが、最小評価を繰り返している。
昨日の北海道新聞の、金子勝氏の「暴かれた無責任体質」は、見事にこの辺りことを整理している。
引用文献は割愛するが、それらのことを列挙して見る。

1.福島原発は津波以前に「冷却材喪失事故」が起きていた疑いがある。

2.地震当初のデーターが出ていない。津波でやられたが、地震には耐えたという彼らの論理が、ここから引き出された。

3.海水注入は異常値が示されたかなり時間が経ってからやられている。これに関しては、全く思考停止の、自衛隊ヘリの空中散布の失敗、機動隊の放水車消防車ともに失敗。何の予備演習もなく知識も持っていなかった。

4.何の根拠も示されず、原子力安全委員会が突如レベル5から7に上げた。マグニチュードも何度かあって9に格上げされた。そして東電も原子力安全委員会も原子力学会も、「想定外」の大地震による津波のためとした。

5.「想定外」の地震はこの1000年少々の間に、3度はあったようである。想定外にしなければ、原発は作れなかったことがうかがえる。恣意的で作為性のある、見込みがうかがえる。

6.電力会社幹部には当然のように経産省出身者がいる。経産省は保安院を通じて規制をかける一方で、同じ庁舎内の資源エネルギー庁舎内で振興策を打ち出す。つまり同じ仲間が、振興しチェックするのである。

7.原発安全神話を作り出した、メディアも同じである。報道統制の事実には夥しいほどの資料がある。電力会社は巨大なスポンサーとして、多くの芸能人やスポーツ関係者を抱き込み、安全を吹き込ませている。

8.そして、海外メディアが放射能飛散の予測データーを出しているが、ほとぼりが醒めた今ごろになって、数千枚の予測図の内の2枚をようやく開示した。

※※※ こうした官僚体質は、水俣病についてもあるいはその後の多くの、政府に責任がかかるような事件の全てについて、同じことが言える。出来れば最小限の、資料開示で終わらせたいのである。


15. 2011年4月26日 20:20:22: G5lAvBgcn2
>04
引退させちゃだめだよ。
彼らにはこれから最後の決死隊として処理にかかってもらわなくちゃいけないからね。
嫌とは云わせねぇよ!
覚悟しときな!東電幹部連中よ!

16. 2011年4月26日 20:41:36: H9h3Z3HdNE

チェルノブイリとの比較(差異)でいうと、

当時のソ連は、ちょうどグラスノスチの流れにあり、トップはゴルバチョフだった。
一方、いまの日本はというと・・・
検察ファッショにマスゴミの情報統制という閉鎖状況に、トップは空き管。

ものごとには必然的な流れ(タイミング)がある。

爆発があったものの短期間で(奇跡的に)封じ込めたチェルノブイリは、そうなるべく「状況」と「人事」があった。
翻って日本はというと、(想像したくはないが)最悪の結末を迎えるべき「状況」と「人事」が、あまりに揃い過ぎている。


17. 2011年4月26日 21:33:35: GxwB8S5KpM
この国は壊れかけているのではなくて、とっくの昔にぶっ壊れているのが白日のもとに晒されようとしているだけ。

実は尖閣事件のとき、中国側からは「日本は三権分立の国ではないだろう」と言われてしまい、日本が民主主義国家でないことが見透かされていた。

小泉が尖閣の不法入国者7人を政治的判断で不問にしたからね。
三権分立の民主主義国家はそんなことをしない。


18. 2011年4月26日 22:45:31: GxwB8S5KpM
東電の広告は、不当表示防止法に抵触しないのか。

19. 2011年4月26日 23:11:04: oLYPlmPKz6
 私の疑問

 3/12 早朝、ベント作業の指示を政府が東電に出した。
 これは放射性物質の放出を意味している。
 
 その最中に菅直人総理大臣がヘリコプター視察した。
 
 放射性物質が放出されているだろう所へのフライトを
 総理大臣本人が希望したのだろうか?

 側近の人達は見殺しにするつもりだったのか?

 それとも単に最悪の事態を想定していなかったのか?


20. 2011年4月26日 23:28:55: GxwB8S5KpM
1号機 震災の夜に燃料露出直前---(NHK)--この報道には特ダネが隠されてるぜ!!!
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/759.html
投稿者 梵天 日時 2011 年 4 月 08 日 09:39:21: 5Wg35UoGiwUNk

[はじめにひとこと]

 原子力資料情報室のビデオで技術者の田中三彦、後藤政志の両氏が指摘していた内容を裏づける報道が出ました。

 これは現在稼動している同型の原子炉について至急に停止、改修を必要とすることを暗に示す内容です。

 原子力資料情報室の解説では、福島第一原発の原子炉の1号機が、実は津波で冷却系が故障し、事故になったのではなく、地震による振動で冷却系が破損し、冷却水消失事故となった可能性を指摘していましたが、そのことを裏付ける内容です。

 つまり、同型の老巧化した原子炉では地震に見舞われた場合、同じように冷却水消失という深刻な大事故が起きる可能性が高いこと示す内容で、原発の運転停止を求める訴訟などで技術者が指摘してきた問題点が現実になったことを示す内容です。

 ここまで東電がひどいとは・・・・・・・・・・・・・


21. 2011年4月26日 23:31:03: GxwB8S5KpM
地震の揺れで壊れたとバレるとまずい東電


原発損傷“地震の揺れでない” NHKニュース
68
tweets
つぶやく

原発損傷“地震の揺れでない” 4月20日 23時8分 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、初めて現地を視察した国の原子力安全委員の一人が作業員などからの聞き取りの結果、福島第一原発は「地震の揺れによって根本的な損傷を受けたわけではない」という見方を示しました。 福島第一原発を視察したのは、国の原子力安全委員会の小山田修委員で、20日夜、福島市で記者会見し、東京電力の福島第一原発の所長や現場の作業員などから聞き取った地震直後の様子や原発内の作業環境などについて話しまし 6日前
Check
URL: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110420/t10015449741000.html
『NHKオンライン』の他のエントリー
ブログ: 『www3.nhk.or.jp』のエントリーをブログに貼り付ける
http://tweetbuzz.jp/tb/40019205
カテゴリー: 教育
キーワード: 東京電力 原発損傷 福島第一原発 地震
このサイトへのつぶやき

この話題についてつぶやく

原発損傷“地震の揺れでない” - NHK 2011-04-20 23:38:05
googlenews_pop 6日前

安全委員会小山田氏「事故は津波、地震の揺れではない」:地震の揺れによって配管の損傷が起きたとなると、問題が運転中の他の原子炉にも波及してしまう。こう疑われても当然だろう。小山田氏が自説を主張したければ11日のデータを出せばよいのだ。
ogawabfp 6日前

安全委員会小山田氏が「現場の話を聞くと事故は津波が原因、地震の揺れではない」:この件は元原子炉設計技師・田中三彦さんらから、地震の揺れによって配管の損傷が起きたのではないかとの見方がされている事を意識してのものと思われる。


22. 2011年4月26日 23:36:34: GxwB8S5KpM
> 検証しなければいけないことがたくさんある。津波による電源喪失が原因だとされているが、田中三彦「福島第一原発事故はけっして"想定外"ではない」 (「世界」5月号)によれば、原子力災害対策本部の「三・ニ七事故報告書」には「もっとも重要な地震発生当日(三月十一日)のデータが開示されていない」という。田中は、津波が来る前に、配管が地震で破損し冷却材が噴出する「冷却材喪矢事故」が起きていて、原発中枢構造の「耐震安全性の問題」があったのではないかと推測する。


当スレのこの部分が重要です。


23. 2011年4月26日 23:39:15: GxwB8S5KpM
全て津波のせいにしようとしている東電。

> 今回の福島第一原発事故に関しては たまたま大津波と云う 破壊的なことが起こっているので
> 原因の全てを津波が原因としているのではないか


http://blog.goo.ne.jp/namiki_f/e/92da804e031f8144920af328743e0a5f

福島第一原発でなぜ「ガル」が問題にならないのか 2011-04-20 02:44:37 | 原発 07年に中越沖地震が起こり柏崎狩羽原発が被災した 震災当時原発にはなんの影響も無いと
当時の東電社長は言っていた。しかし 実際はすべての原発を停止さざるを得ないほどのダメージで
あった 当時も東電は真実を発表していない
そこで問題になっていたのは想定をはるかに超えたガルの数値であった
WIKIPEDIAに依ると
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%8F%E5%B4%8E%E5%88%88%E7%BE%BD%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80#.E6.96.B0.E6.BD.9F.E7.9C.8C.E4.B8.AD.E8.B6.8A.E6.B2.96.E5.9C.B0.E9.9C.87.E3.81.A7.E3.81.AE.E7.8F.BE.E5.A0.B4.E3.81.AE.E5.AF.BE.E5.BF.9C.E7.8A.B6.E6.B3.81

設計時の予想を超えた加速度
東京電力から発電所本館に設置されている地震計の記録が発表されており
それによると観測された記録は、耐震設計時の基準加速度を上回っている。

その後、3号機タービン建屋1階で2058ガル(想定834gal)、地下3階で581ガル(想定239gal)、3号機原子炉建屋基礎で384ガル(想定193gal)を観測したとの発表もなされた。

と云う記載があるが今回の場合は、全く発表されてない
柏崎狩羽は福島第一より十数年新しい原発であり 不十分とは言え
炉心の耐震性に関しては日本仕様に改良されているのではないか
野次馬の想像ではあるが 福島第一は地震がほとんどないアメリカのGEの図面のまま
作られたのではないか
パックインジャーナルに出演されていた後藤さんと云う設計にたづさわった人に依ると、炉心の耐震性は震度5に耐える程度
であるという
今回の福島第一原発事故に関しては たまたま大津波と云う 破壊的なことが起こっているので
原因の全てを津波が原因としているのではないか
津波のみが原因であれば 周辺機器を津波に対応できるようにすればよいが
原子炉本体に震度5程度の耐震性しか無いのであれば国民を守るためには
今動いている福島第一と同じレベルの原発二十数機は全て停止しなければならない
そのための大津波原因説が大々的に報じられているような気がしてならない

少くてもいつ起こるかわからない東海地震の想定震源域の真上にある浜岡だけは
止めて置くべきではないか福島第一で見られるごとく 止めてあっても原発は危険な事は
十分に学習しましたので・・・・ 
与野党を問わず 政治家は決断すべきです


24. 2011年4月26日 23:41:53: GxwB8S5KpM
福島第一原発が揺れた地震動は448ガル。想定していた地震動は600ガル(およその目安だが震度にすると6弱程度)。阪神淡路が818ガル。中越地震1722ガル。中越沖地震が2058ガル。今回の大地震の最大地点2933ガル。やはり原発は「壊れるように」作られている。

http://twitter.com/#!/sensouhantai/status/58516278205362176


25. 2011年4月26日 23:46:33: EUYs48qpeg
都合の悪いことは想定しないようにして作りつづけた原発利権集団。

意識的に想定しなかったけれど、形式的には「想定外」といってごまかしているが

明らかに未必の故意による犯罪的行為である。

うやむやにもみ消しを図るつもりだろうが 国民的立場から 早急に事故調査委員会を立ち上げるべし。


26. 2011年4月26日 23:48:23: GxwB8S5KpM
24の引用を訂正します。

http://unkar.org/r/newsplus/1300554180

【原発問題】福島第1原発の揺れ、想定を上回る507ガルだったと発表 東京電力 [03/20 01:18] 1 :残業主夫φ ★:2011/03/20(日) 02:03:00.76 ID:???0 ★福島第1原発の揺れ、想定上回る

 東京電力は19日、福島第1原子力発電所の3号機で観測した東日本大震災の揺れの強さが
最大507ガル(ガルは加速度の単位)だったと発表した。原発建設で想定していた最大の地震の
揺れの441〜449ガルを上回った。

 原発は国の耐震指針に基づいて基準を定めており、2007年の新潟県中越沖地震後に基準を
上方修正した。今回は揺れだけでなく津波でも大きな被害を受けており、今後、耐震指針の
あり方が問われそうだ。


27. 2011年4月26日 23:53:19: GxwB8S5KpM
日本に原発を作るなら、4022ガルに耐えられる設計にすべき。


http://unkar.org/r/news/1213546609

【地震ヤバイ】岩手・宮城内陸地震で、国内観測史上最強の4022ガル(4G以上)を記録 1 : モーネ・ミッテラン内閣総理大臣(東京都)[sage]:2008/06/16(月) 01:16:49.82 ID:Xf3/gqq00 ?PLT(12126) ポイント特典
 防災科学技術研究所は15日、岩手・宮城内陸地震が起きた時、震源から最も近い岩手県一関市内の観測地点で、
揺れの瞬間的な強さの指標である最大加速度が4022ガル(ガルは加速度の単位)を記録していたことを明らかにした。

 国内の地震で、4000ガルを超える加速度が記録されたのは初めて。これまでの記録は2004年10月の新潟県中越地震で
観測された2515・4ガルだった。

 加速度は、上下、水平方向への地盤の動きを基に計算されるが、同研究所によると、水平方向の動きよりも上下の動きが激しかった。

 今回の地震は、断層が上下にずれる逆断層型で、観測点が震源の直上付近にあったことから、断層の上下方向の
動きで激しい縦揺れに見舞われた結果、極めて大きな加速度が記録された可能性があるという。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080615-OYT1T00504.htm

参考
4022ガル=40.22メートル毎秒毎秒(1秒で時速144キロまで加速するときの加速度)


28. 2011年4月26日 23:57:24: GxwB8S5KpM
しかも岩手・宮城内陸地震なんか、福島の隣県の地震じゃないですか。

想定がおかしすぎる。
想定外で責任逃れしようとする東電は卑劣な卑怯者集団。


29. 2011年4月27日 00:20:53: MoJp1THWBI
あらゆる事故は「想定外」のために起こる。
あたりまえだ。

想定どおり事故になるなら、それは「やらせ」「できレース」「八百長」

つまり、「想定外の事故」というフレーズはありえない。
これに気がついてほしい!

想定外なら、想定できなかった責任が存在し、責任者を追求することができる。
なぜ、想定しなかったのか?
 →業務上責任
なぜ、想定できなかったのか?
 →能力上責任

給料をもらった以上は、この責任から逃れられない。
だれかさんみたいに、返納したからおしまい、ではない。

さあ、責任者をいぶしだそうではないか。


30. 2011年4月27日 00:42:28: 4DGfqCRigg
>「あらゆるメディアへの巨大スボンサーとして君臨するものの発する『抗議』の『ブラフ(脅し)効果』は計り知れないものがある」

半官製民間企業の広告宣伝費は、制限を設けるべきだ!

関係者の政治献金は当然禁止だ!

原発の危険性を軽視した東電およびチェックするべき監督官庁の怠慢や癒着は、調査委員会を設けて、徹底的に責任を取らせるべきだ!

絶対にうやむやにしてはならない!


31. 2011年4月27日 01:50:22: tEuMUcieh
無責任のお仲間にいれないと、かわいそうなのは裁判所だ。
日本の原発すべてで、建設反対の訴訟があったが、すべて
訴訟結果において原告を負けにした。

裁判官が御用学者と知りつつ、かれらの主張する安全を認めたから
原発が乱立したことを忘れてはいけない。

人命を尊重すべき最後の砦が、実は権力側の味方だったのだ。


32. 2011年4月27日 04:03:03: hErVTsN6xQ
結局、裁判官が一番悪いんじゃんw

究極の無責任体質が裁判官だってことかw


33. 2011年4月27日 06:57:31: MjOdeeMzQY
空爆をうけた後の状況のような惨状で放射能地獄を招き『制御不能で出口なし」だとは。あとは幸運と神だのみしかないと言うのは国民と全人類への犯罪だ。収束後に福島原発放射能地獄を招いた東電会長。社長、安全保安院長、安全委員会の前。現。委員長らを数珠つなぎにして、逮捕して、最高刑を課すべきだ。小澤さんへの疑惑をデツチあげて政治とカネの問題であれだけ騒いだ検察とメデイアが口をぬぐつているのは、おかしい。

34. 2011年4月27日 07:16:42: 9JIrw9cLPU
ガル

追加
「地震予知」はウソだらけ 島村英紀 より

p244 じつは浜岡原子力発電所では、この重要な機器であるはずの緊急用炉心冷却装置(ECCS)
は450ガルまでしか耐えない設計になっている。

みなさん!!なんだこれ↑!! 人 人間であればすぐ何とかすべし

出来たもの 起こったことは 今になって戻れない

今後どうするかはすぐやるべし!!!

降り注ぐ放射能下の幼い子供達を守るべし!!!

官僚か 東電か ガン総理か 決めた奴の子供はどこにいる!!!?

ガン!!韓国の子供を福島の31キロ地点でいいから育てろ!!!


35. 2011年4月27日 08:41:24: GxhhRSEBuY
エリート教育と言う名を借りたアマちゃん体質が染み付いている。責任を取るけじめさえない甘さ。

36. 2011年4月27日 09:10:23: IV8vpzxuiI
現在破壊された原発で1000人近い若者が高い放射能を浴びながら懸命に働いている。NHKのラジオを聞いていたら、二日の休みで五日の作業。作業着を着たまま就寝。インスタントラーメンしか食べていないとか。
曾野綾子氏が提案したように先の短い年寄りに働いてもらってはどうだろう。
これ以上将来有る若者に危険を課すのはやめようや!
東海村の原発、チェルノブイリのその後をネットで見ていたけど恐ろしい。
例えば高額な退職金をもらった原発に経験の有る東電の退職者とかに指導してもらい60歳過ぎの年寄りを募集して原発の中で仕事してもらうのはどうだろう?
若者に言いたい!generationの差別は止めてもらえるかな。ボランテイアでも50歳ぐらいまで。日本は年寄りが多い。年寄りを使ってくれ!

37. 2011年4月27日 09:24:10: QDOXlxmHrs
07さんの云うように、この国の無責任体質は年季がはいつている。私が過去一番むかついたのは、敗戦後、新聞一面に大きく書かれた1億総懺悔という文言だ。マスコミは軍部に追従して散々国民を煽つたくせに、負けたら口を拭つて国民全員の責任にすりかえてしれつとしていた。
ウス汚いぞマスゴミ。
今、頑張ろう日本なぞスローガンがテレビに度々出るが、あれをみると、震災の復興がうまくゆかなければ、国民のせいだと今から予防せんを張つているようで胸糞
が悪い。

38. 2011年4月27日 09:45:16: S92nld6lDw
 金子さん、あなただけじゃありません。私たちもはらわたが煮えくり返っています。利権確保や保身に汲々としているやつらの悪行を暴き、責任を徹底的に追及してください。

39. 2011年4月27日 09:53:42: nBtUjhCB8Y

東電清水社長が、参議院予算委員会における参考人答弁で、いわゆる「ベントの遅れ」について、例の菅総理のヘリ上空視察との関連性を否定しているのですが。

その発言の中で、氏は、現場では、菅総理の視察時には、高い線量の放射線漏れが計測されていたので・・・云々と言ってます。

実際、3月11日深夜に現場では高レベルの放射線漏れが確認され、政府に報告されていました。

炉のベント開始以前に高レベルで放射線漏れはあったのです。

つまり、津波による電源喪失での冷却麻痺そして炉内温度圧力上昇以前に、地震後早期に施設に何らかの直接的損傷があり、放射性物質が漏れていたことも想定できます。

では、なぜ「想定外」の津波を喧伝しているのでしょうか。


以下のような邪推などしたくはないのですが。

結論:意図的にベントを遅らせ、建屋の水素爆発で地震損壊箇所の証拠隠滅を図った?
理由:原因を「想定外」の津波に限定しなければならなかった。
   地震での損壊を認めると、
    1.全原発の即時運転停止の問題となる。
    2.東電の賠償責任に限度が無くなる。
そして:遅らせるために、菅総理大臣の視察を演出した。

です。

菅総理は斑目委員長に連れられて、知ってか知らずにか、放射性物質の漏れている福島第一に行ったことになります。

参考:清水社長の答弁
       
      参議院ホームページ> 参議院審議中継>インターネット審議中継>
       2011年4月18日 予算委員会

       後半(休憩後)2:24:35 あたりから



40. 2011年4月27日 09:54:05: n8usGiH2gg
この国の無責任体質を産み出した根源は、最高裁判所の判事たちだと思う。
社会の健全なる営みを最後で支えるはずの裁判官たちが、己の全人格をかけて正義を実現しようとせず、特権意識に溺れたまま、属する特権社会を維持することのみの視点から、歪んだ善悪の判断を最終的に社会に押し付けてきた。
官僚たちの怠慢・隠ぺい・欺瞞・暴走を許してきたのは、それを止めようとしない最高裁判所の判事たちだと考えている。

41. 健奘 2011年4月27日 10:18:40: xbDm84QDmOFmc : G0mHLBURW6
40 さん
もっと恐ろしいというか、どうしようもないのは、彼らが、

> 特権意識に溺れたまま、属する特権社会を維持することのみの視点から

ではなく、国民のための視点をもっていると信じて、行動しているからです。そして、特権を正義のために行使していると、自然に思っていることです。


42. 2011年4月27日 10:26:43: c3MGH08xSU
この投稿なども、福島第一原発が稼動していた?とする前提からはじまる。
 だとすれば、2月には運転停止していたにも拘らず,何故稼動させたのか?津波にあわせて。(笑)
 又、故意か?過失か?誤作動?させておいて、郡山での飲食街で飲み明かした東伝社員が何故に福島原発所内で事故死?なのか?そんな巷の噂、何かが匂ってくる。(笑)
 確かな情報での稼動していたとする情報ならいざ知らず。
 原発管理イス〇エルの会社・原発放射能数値管理テクノユダ〇系会社・東電筆頭株主〇ダヤ人・原子力保安院CIAの管轄・真相はダメリカC〇Aが握って、然も、官邸に放射能専門家常駐。情報は全て密室で協議さるあちら側のもの。
 原子力専門家を装い日本の政府を人工地震で恫喝金し?勝つ上げ。
 然も地震津波水爆テロで発生した放射能隠蔽の為、停止していた原発を稼動との喧伝?
 又、燃料棒を冷却水器つきの運搬車で、既に七日村に搬送?との情報もある。(笑)既に、練られた謀略だよ。(笑)
 さらに、福島原発3号機建物の3連発の爆音は何を物語るのか?水蒸気爆発は、「バン・バン・バン」と3回爆発するのか?日本のマスゴミは音声を消去して報道だ。疑惑つきのこの原発報道、大根役者の迷演技に拍手を。(笑)
 何れにしろ、空き官を引き摺り下ろし、確かな原発情報を首相が責任管理し、日本国民に、正しい情報を開示し、対策を講じていかなければならない。

43. 2011年4月27日 11:13:37: EA2ImDqezM
日本は、西欧の文化や思想や道徳を、考えることなくいとも容易く受け入れる人種だ。民主主義という大儀名文で。

日本の民主主義は表面だけ。中身は、国家権力に立ち向かう反体制・反国策派の人たちを冤罪で起訴・逮捕できる官僚国家であり(小沢一郎議員や佐藤栄佐久前福島県知事がその典型的例)、既得権益者たちが金の力でマスコミをコントロールし、マスゴミを通して、国民をマインドコントロールする第三国家だ。

日本は世界唯一の被爆国に関わらず、レベル7の福島原発事故で放射能が大量に撒き散らされたにも関わらず、マスゴミの洗脳報道が、国民の6割がを発維持・推進に賛同させている。ドイツやイタリアの国民の方が福島原発事故に対して大きな怒りを爆発しているのに。

日本人は独立心がないから、個人で目立つことはしないしできない。ドングリの背比べのように、数の一つであることを望む国民である。今回の大震災に対して、被災者たちへの善意は示しても、原発反対とはいわない。自分に直接害がない限り立ち上がらない利己主義者たちの集まりが大多数の日本人なのだ。

私が、ニューヨークでの反イラク侵略デモや東京の小沢氏支援デモに参加したとき、「私にも貴女にも不利になるからそれを口に出さないで欲しい」と姉妹に言われた言葉は、権力者や他人の目を気にする典型的日本人の性格を表している。


44. 2011年4月27日 11:16:54: EA2ImDqezM
>>43です 訂正。

国民の6割がを発維持・推進→国民の6割を原発維持・推進に賛同させている。


45. 2011年4月27日 12:00:44: DCHDReL3A2
>>44
あなたに全く同感です。
ただ、マスゴミの発表するその6割というのは、間違いなく完全に捏造データです。
絶対に、調査などしていません。調査をすれば反対派が6割から7割になると推測します。
あなたがいうように日本人は、多数派になびくことを計算で、半数以上が推進派としてウソをいってるのです

赤信号みんなで渡ればこわくない
寄らば大樹の陰
出る杭は打たれる

ってことですね。
これはもう江戸時代あたりに完成した日本人のDNAでしょうから、どうしようもない。


46. 2011年4月27日 12:27:13: jCYrYAb5Hg
諸外国が原発の運転を停止したり、建設計画を凍結したりしているのに、当事者である世界一の地震国である日本は、更なる地震の危険が迫っているにもかかわらず、危険地域の原発の運転を停止しないばかりか、いまだ原発を推進するかのようである。政府、官僚、御用学者、電力会社、マスコミは、まさに集団発狂状態であるのだろう。さもなくば骨の髄まで欲にかられ、金の亡者となりはてているかだ。しかし、日本民族が、もしくは地球人類が絶滅してしまえば、金など何千兆円あったところで、まったく無意味であるということの判断ができないという点で、日本は完全に壊れているといっていいだろう。

47. 2011年4月27日 12:54:56: DCHDReL3A2
>>46
いまだに原発推進をしているのは

日本のエリート・エスタブリッシュメントが

金の亡者+日本社会の集団行動の掟+アメリカやフランスの命令に従っている

の3つでしょう。

やつらは秘密銀行に100億円でも手に入れておいて、原発が爆発すれば、国外に逃亡するのでしょう

100億あれば日本でなくても生きていけます


48. taked4700 2011年4月27日 13:00:24: 9XFNe/BiX575U : Dqc5CGFSuB
>>46

その通り。座布団500枚!


49. 2011年4月27日 13:15:56: rIV9vR6jYg
多分、今後日本は世界の放射性廃棄物を捨てる放射能ゴミ集積場にされるだろう。
そして放射能犯罪者である日本民族は全ての産業や資産を失い、その危険なゴミの山を見守る労務者として生存を許されるのだ。
大量の放射線の中で。
それもまたこの愚かな民族の業とでも言うべき所か。

もちろんそれまでの官僚やら自民党やら財界やらの一部は、日本から逃亡して安楽に暮らす。こんな所だろう。


50. 2011年4月27日 13:21:19: yDX1MepzLo
人から金借りて返さない様な奴らの性質ではなかろうか・・・!恩を仇で返す政府官僚の体質は昔も今も変わらない学習能力の欠如!情けない隠蔽報道のマスメディアも情けない業界だ!この国を変えるには真実の報道と霞が関の解体が望ましい!自民党も責任を取り菅癌内閣崩壊を望む!石井こうき議員が暗殺されなければ、この国はもう少しマシな国に成っていただろう!

51. 2011年4月27日 13:30:18: htGRUv9XB6
 御用学者が「想定外だった」ってそれは想定してない学者が馬鹿だったということだよな。
 想定内だった学者はいっぱいいたし、共産党議員だったわかっていたことだ。更に武田邦彦氏は安全委員会の会議で「すべての原発は震度7以上」で作るべきだと言っていたのに黙殺した。
 驚いたことに原発村内部にいた武田氏はそのことを2年前の著書に書いている。

 原発村内部の良識派まで黙殺した自民党原発村利権主義者どもは全員福島原発で働くべきだ。


52. 2011年4月27日 14:45:23: owZvBVL61M
明治三陸地震でも30m越えの津波が発生して2万2千人ほどの死者が出てる。
たった百年ほど前に30m越えの津波が来てたのに(場所は違うでしょうが)なぜ想定外と言うのか?
そもそも福島第一は地震の揺れで破壊されてた訳で、津波による被害は別に論じなければならない。
クソミソを一緒にごちゃまぜて責任転嫁(津波&想定外って言葉に)してるだけ。
地震当初からM9とか津波の高さが想定外って本当に想像力の欠如を隠蔽するためにいろいろ考えた訳で…今だに記者発表は言い訳ばかり→放射線量が多くて作業ができない。

53. 2011年4月27日 14:48:25: 6ChaBux5NY
大東亜戦争        大本営 一億玉砕 
民主幕府官僚東電自爆テロ 幕府  一億被曝

軍人も文民統制も目くそ鼻くそとわかったなw


54. 2011年4月27日 15:32:47: b3FkWeGYlY
韓国好きおおいなw
ちなみに韓国の原子炉は地震があっても止まらないよ。
炉心停止装置ないから。

55. 2011年4月27日 15:39:36: FzUz4ekyO2
敗戦後、法律上の最高権力者(当時は人間ではなかったけど)が何の責任も
取らなかった国だからね。「実は人間でした」と宣言しただけ。

GHQも名より実を取った。泥沼の内戦状態は避けられたけど、「責任を取る」
という意識が社会階層が上になるほど希薄になってしまったよ。なにしろ
一番身分の高い人が取らなかったんだからね。

ここは右よりの人も多いようだから反論は認めるけど、「君主制」というのは
使い方を間違えると国を腐らせるようだ。


56. KAN 2011年4月27日 15:45:33: XShOmEZ2UWIRk : ZmLjAQvAsM
彼らは狙ってやってるんだろうね。
今、この現状を変えるためには、人に期待するばかりではだめだと思う。
原子力非常事態宣言は、日本国民に向けられた日本政府の宣戦布告なのだから。
実際、日本は今確実に滅亡に向かっており、それを理解していないのは日本人だけなのだから。
国民がつながり、ここにあるような信頼できる情報(もちろん政府発表のものではない)を共有し、事実を知って未来を選択する、こんなステップで未来を変えれると思う。


「彼ら」の方法と目的が書いてあるよ。知ってれば、まだ出来ることがあることが分かります。
静かなる戦争のための沈黙の兵器
http://www.asyura2.com/data002.htm


57. 2011年4月27日 19:33:17: GRXF7YmM3E
原子力安全委員会 斑目委員長。
「携帯メールを送ったが、まったく(携帯は)役に立たなかった。電話で連絡を取れた委員も交通渋滞で来れなかった。」
3月11日地震の当日、原子力安全委員が集まらなかった理由。


一方、ソフトバンク社長・孫正義氏。
「今回は、我々は責任ある立場でインフラを提供しているわけです。電話がつながっていれば、何人かまだ救われた方がいるんじゃないか、自分の力のなさのせいで何人か犠牲者が増えてしまったんじゃないかという自責の念ですね。それこそ腹をかっさばきたいくらいの責任感、自己嫌悪がある。」(週刊ポスト2011年5月6日・13日号)


この違い。



58. 2011年4月27日 19:54:41: F2tL5GYEZ6
http://www5.pf-x.net/~sapshima/taihorenkougeki.htm
原子力村を批判する人は皆逮捕されるのですね。

59. 2011年4月27日 19:55:06: NO0tfSf1e2
08  どこからその発想が来るのか?理解しかねるね。
ユーだけが 併合されればいいだけの話ではないのか?
 アイ電池ちーちーの かけらもないね。町の掃除にでも
いけばいいだけの話だろう。ユーだけが。

60. 2011年4月27日 20:04:42: dbSMz358wo

批判ばかりしていても、福島の放射能は減りません。

「原発への批判」と「風評被害について考えること」は同等に扱われるべきだと考えております。
ですが「阿修羅」では「東電・政府等に対する原発への批判」ばかりで、「風評被害について考えること」はほとんどない、と感じております。
ですので「東電・政府等に対する原発への批判」は「阿修羅以外」で行います。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=247803

農作物などから基準値以上の放射能が検出され、お気落としの農家さんが多いと心配しています。今朝から余震も続いていますので少しでも明るい話題になればと思いUPしました。

微生物や植物を使って土壌などを浄化する手法があります。
バイオレメディエーション。
特に、植物を使うものを「ファイトレメディエーション」といいます。


放射性ヨウ素なら、報道されている通り半減期8日と短いのですが(放射性物質は分解=無害化速度が濃度に比例します。
半分になるまで8日、その半分になるまでさらにもう8日・・と、新たに上から降ってこなければ最初の濃度の10%を切るまでざっくり1か月ほど、という計算になります)

放射性セシウムの半減期が30年以上と長いのが懸念されます。
(半分になるまで30年、もう半分になるまでさらにもう30年、最初の濃度の10%以下になるまで100年以上かかるという計算です)

なので、セシウム&ファイトレメディエーションで検索しましたら土壌中の残存セシウムを吸収するのに、ヒマワリが有効なのだそうです。

植物の持つ驚異のパワーを探れ!
リンク

もうひとつ、こちらの論文は日本の学生さんが書かれたものですが、序文で日本の原発による放射能被害の懸念と、ファイトレメディエーションの有用性に関して触れられています。

イネにおけるセシウム抵抗性品種・系統の特性解析リンク

滋賀県立大・植物遺伝資源研究室リンクのHP記事です。
稲を材料に、セシウムをよりよく吸収する株を探す研究です。

ヒマワリにもいろんな種類があります。もしかしたらどの種類が有効、というのがあるかもしれません。

水田にはヒマワリが植えられないですが、セシウム高吸収性のイネを植えることが出来たら、浄化できるかも知れません。
逆に、セシウムを殆ど吸収しない株ならセシウムに汚染された水田でも問題なく育てられるのかもと思いますが・・どうでしょう。


ファイトレメディエーションにご関心おありの方は
効率的に解りやすくまとめられた記事が見つかりましたので、ご一読下さい。

[総合報告]ファイトレメディエーションによる汚染土壌修復リンク

↑の 4.1無機物汚染土壌のファイトレメディエーションの現状 によれば、「アカザ科の植物やその近縁種が、セシウムに対する吸収特性が高い」と記されてます。

今回は実際に、アカザ科植物のホウレンソウから放射能が検出されましたし最初に報道されていた「洗えば問題ない」はどうなんだろうと思いますが・・

ファイトレメディエーションにより、植物に吸収させた後は植物に吸収・蓄積させる→まとめて焼却処理、が基本のようですが放射性物質をそのように扱って後どうなるかはよく分かりません。

でも、現在収穫されているホウレンソウの処置にも関わることだと思いますので同様の処理が可能なんじゃないかと思います。

ヒマワリ畑が、放射性被害から守ってくれるかもしれない。
同様に海藻を使って、海もきれいにできたらと思います。

ヨウ素は昆布はじめ海藻類に多く含まれますし(→よく吸収する?)
貝類が海中の重金属を体内に蓄積するという話も読んだことがあります。

こういう方法もあるということで、載せてみました。
何らかのご参考になりましたら幸いです。

ファイトレメディエーションについてウィキペディアリンク
より抜粋
-----------------------------------------------------------------
ファイトレメディエーション(phytoremediation)とは、植物が根から水分や養分を吸収する能力を利用して、土壌や地下水中の汚染物質を吸収、分解する技術を言う。

近年、日本では廃棄物の最終処分場の残余年数が少なくなっている。そのため従来(現在もっとも行われている)の物理的処理や化学的処理によって出される、大量の汚染廃液・汚染土壌の処分地確保が将来的に難しくなるのではないかと言われている。 ファイトレメディエーションをはじめとするバイオレメディエーション技術は、このような問題の新しい解決方法として注目を浴びている。

対象となる有害物質はカドミウム、鉛などの重金属や、NOx、SOxなどの大気汚染物質の他、セレン、トリクロロエチレン、窒素化合物、環境ホルモン、またウランをはじめとする放射性物質などであり、非常に多種多様な汚染物質を吸収することができる。

◆メリット・デメリット
従来の機械装置に比べ低コストで低濃度・広範囲の処理が可能ということが利点となる。 欠点としては、運用期間が数カ月〜数年〜数十年と長いこと、また自然環境に左右され管理も煩わしいことが挙げられる。さらに、根系の届かない部分には対処できない。




61. 恵也 2011年4月27日 20:06:16: cdRlA.6W79UEw : VFI17IedtA
>>40 それを止めようとしない最高裁判所の判事たちだと考えている。

最高裁の判事らまでが裏金を使って適当にやってます。
裏金を使う警察と検察、最高裁が暴走しても、それを止める組織がない。
あまりに長かった自民党政権とアメリカCIAの支配で官僚腐敗が蔓延してしまったせい。

最高裁や検察庁トップの正義が小さな官僚仲間の利益に変質してるんだよ。
むかしは国民の利益だったはずなんだが・・・・

ーーーー引用開始ーーーー
県警捜査一課長らを高知地検に刑事告発、受理された。しかし、捜査費流用
疑惑をスクープした高知新聞県警クラブキャップの竹内誠記者はこう危惧する。

「どこまで本気でやるんでしょうね。自ら調査活動費の問題を抱えているのに、本
当に捜査できるんですかね?」

警察の組織的違法行為があった場合、それを摘発できるのは上位の捜査機関で
ある検察しかない。しかし、その検察もまた、同じ十字架を背負っていたとしたら・・・

2002年4月、ザ・スクープは検察庁の現役最高幹部の驚くべき証言を放送した。当時、大阪高検公安部長の要職にあった三井環氏は、鳥越キャスターによるイン
タビュー直前に微罪で逮捕(裁判では証言封じのためのでっち上げだと主張)された
が、事前取材で、こう内部告発していた。

「検察庁全組織、地検、高検、最高検察・・・くまなく裏金が存在する。検察の調
査活動費は、全額裏金に回っている。」
(ザ・スクープ より)


62. 2011年4月27日 20:36:58: 3E6jo9BFJQ
金子って誰か知らんが、日本は壊れかけている?
もうとっくに壊れているだろうが。
傍観するしか脳がない評論家風情の平和ボケ学者あたりか。
想定外のリスク判断力とか勇気を養う以前に、そういうことを
考えることに恐怖で思考停止する難病の国民性とどう折り合い
をつけるか、そのほうが数百倍大事だね。

63. 2011年4月27日 21:19:05: N9J69vV5mo
原発促進の国策の道筋を作ってきた方々は、何も発言していないようですが?
「原発は重大事故を起こさない」
という素晴らしい前提もそういう方々がつくったのでしょうか?

その前提のもとに国策に乗ってきた電力会社。
その前提を広めるために大量資金を学会政界マスコミに投入してきました。
とても真摯な企業努力に勤めてきました。

だから重大事故すべて想定外。
これ本音。
想定外の重大事故に真剣に対応している。
これも本音。
電力会社は悪くない。
これも本音。


64. 2011年4月27日 21:26:15: DprNjXc3KE
>61 >むかしは国民の利益だったはずなんだが・・・・
恵也さん。まだ頭がお花畑だな。

戦後の警察、司法組織は、戦前の特高、特高検事組織を人脈・組織丸ごと温存した結果の継続体なのだよ。
アメリカに罪があるとしたら、冷戦政策のために、これら日本オリジナルを温存利用して改革しなかったことで、大元の犯罪は、勿論日本の国体そのものなのだよ。

若いんだね。君は賢いから歴史を正確に学んで、日本オリジナルは、敗戦後の米国製よりも性質が遥かに悪いのだということを知っておくべきだよ。

ゆとり世代の、日本は元は良かったの認識は、「実は逆」と判ってからが一歩始まりといったところだよ。

真実を自分で学ぶんだ。安易に時流に流されるなよ。>>62
金子は、割と批判派で鳴らしてきたのだが、ここにきてその程度では通用しなくなっているのが露呈してきたってことだ。

ただ、>もうとっくに壊れている としてしまうと、国民を顧客に原稿料を稼ぐ商売は、論者・版元共に成り立たなくなるから、内容は予め定まっているのだよ。

「平和ボケ」ではなく、カネ稼ぎの限界が現れていると知った方が良い。

いつまで、日本人は、カネ稼ぎを究極の、本音の、目的にし続けるのだろうか?

復興!復興!ガンバレニッポン! またゾロ、魑魅魍魎が跋扈し始めたじゃないか。


66. 2011年4月28日 02:41:45: eHIZNgawBo
>>57さん


携帯電話の帯域を確保する…実はそれが「地デジ」化のほとんど唯一の理由です。

これは私の推測ではなく、私自身が1年くらい前(?)に、総務省に直接問い合わせをした際、地デジ担当の職員から聞き出した「事実」です。

それで実際に当時、総務省のHPで公開されていた資料;「電波帯域の割当て一覧」…を見てみたところ、携帯電話の帯域として割当てられた「UHF周波数帯」だけが、異常に混雑しています(いました)。UHFは携帯電話の他にも船舶無線や気象衛星通信など、非常に多くの用途に使用されている電波(周波数)帯域です。
これは私の推測ですが、電離層反射による無線通信と、あと衛星通信には、できるだけUHFを当てるという基本方針があったのかもしれません。
このあたりの事情は、専門家に聞かなければ、私にはわかりません。
ただ、他の周波数帯域はほとんどガラガラで、何にも使用されていない帯域も少なからずあるという当時の状況は、認識はしています。

補足しておきますが、当時の携帯電話の帯域利用が限度ギリギリだったということではありません。当時もまだまだ余裕はあったのです。しかし、将来的な携帯電話の普及拡大・利用者増を見越して、今のうちに、携帯電話の帯域を確保しよう、という目的があった(総務省職員談)ということです。


それで・・・「地デジ」移行を国策にしてまで強行に推進し、巨額の国費を投入してスカイツリーまで建設したわけです。だから携帯電話の帯域は、現在では充分過ぎてあり余っているはずなんです。

だから、現在の日本の国内では、少なくとも「携帯電話の通信障害」が起きることは、たとえ非常時であっても起こりえない万全の体制が整えられていたと思われるのに、なぜ震災直後から携帯電話の通信障害が至るところで発生したのか?

さらに(取材源の明確な)雑誌の記事によると、各被災地の住民たちの間では

「Docomo と au はちゃんと繋がるのに、SoftBank だけが全然繋がらない」

と至るところで話されていたそうです。一部の特定地域の話ではありませんよ。

被災者が嘘を語る理由はないし、雑誌側も信用毀損による損害賠償リスクを承知のうえで、架空の作り話を記事にする理由も考えられません。


肝心の被災地で「SoftBankだけ」が通信障害を起こしていたという、この厳然たる「事実」について、どのように思われますでしょうか?


67. 2011年4月28日 06:48:16: KiTvnxZE3Q

★東京電力は27日、損傷が激しい福島第1原発1号機の原子炉建屋で、毎時1120ミリシーベルトの放射線量を検出したと発表した。

建屋内部としては3号機で観測された同57ミリシーベルトを大きく上回る最も高い線量が検出されたことになる。
""""""""""""""""""""""

・放射性物質拡散予想図 
http://utukusinom.exblog.jp/


68. 2011年4月28日 07:29:09: 4DGfqCRigg
>>66
元々のインフラや規制面でのハンディが全く違う。官製企業の先行するドコモの方が、有利な周波数帯と有利な中継機器の設置場所を占有している。光回線も独占していて(他局は制限付で借りている)、回線帯域が広く多くの通話を処理できる。この独占状況に対して、ソフトバンクは非常に良くやっている。地震後のソフトバンクの対応は、素晴らしいと思う。

69. 2011年4月28日 10:57:42: U2dXaHfpgQ
本当に責任のある官僚に責任を取らせる事でしょう。

その実績が無いと、前に決めた事は何があっても変えない と言う悪い伝統は無くならない。
いくら優秀な人材を集めても責任逃れのためにしか使わないのなら無駄になっているとしか言えない。
研究を続けても管理をしっかりしても、前に決めた事が間違っていても
直す事も換える事も出来ないのでは誰に変えても安全性を確保出来ない。

自民党を叩くのも、東京電力を叩くのもある面では正しいのだろうけど
許認可する役所が 現実より体面を守る事を優先している以上
まずはこれを壊すしか改善のし様が無い


70. 2011年4月28日 11:01:30: U2dXaHfpgQ
平成22年度原子力総合防災訓練

麻生政権の時に行われた

満足できる無いようでは無かったかもしれない
自民党が嫌いで悪い事は全部自民党にしたい人が多いのかもしれないが
何をやって何をやっていなかったのか見るのは大切な事だと思う

ぜひその内容を見てから 色々討論が出来ると良いな


71. 2011年4月28日 12:10:35: 5L6aMIT6d4
68様 ソフトバンクは災害時に使えないということですね。
私もソフトバンクですが、全く通じませんでした。
隣にdokomoの人は通話できてました。

72. 2011年4月28日 12:48:35: EVRcxl81C2
日本政府 現在の民主詐欺党の能無し菅政権は、ヒットラー以下の
体質をもった極左翼詐欺政権であり国民を愚弄し不幸にする。
セクト主義を持ち出し国民のための政治ではなく己のため己が属するセクトの
ための政治。
能無し菅と極悪仙谷のセクト争い。目くそは無くその戦いである。
ここでは、マンガチックにゴルゴ134を登場させないと極悪たちを抹殺しないと
のようである。

73. 2011年4月28日 13:16:27: v6JXoKTnqw
だから、津波が想定外なら同じく想定外といってる津波対策を怠った自治体も2万人越えの命の補償しろよ…爺ちゃん返せ!

74. 2011年4月28日 14:53:55: ih8P5XPA8Y
民主党には期待してた分、本当に裏切られたという感じだ。
民主詐欺党か、ピッタリな表現だ。 情報公開まで詐欺して民主政権持続に
使おうってか。 ここまでひどい政党だとはな、ひどく劣化するとはよ
東電幹部の台詞じゃねえが、想定外だぜ。

75. 2011年4月28日 16:48:52: ePo1Mdscyo
>>71
地震の時、AUも不通だった。
AUは、全国的に固定電話のひかり電話が不通でまいった。
業務に随分影響が出た。

回線が混んでいる時は、NTT関係が優先されて、回線を借りている他社は後回しにされるようだ。

しかしながら、NTT以外の会社が頑張っているおかげで、競争が生まれて、料金が下がり、サービスも充実してきている。自分としてはソフトバンクを応援する。

電力のような完全な独占状況の弊害もとても大きな問題だ!

他国に比べて日本の電気料金が高いのもそのせいでしょう。原発コストは実際は物凄く高くて、その上危険なのでしょう。


76. 2011年4月28日 16:49:34: gvLN8s3QII
★この国の「無責任体質」であるいじょう、「世論調査」「世論誘導」など、マスゴミ総出演で「原発必要論」を吠えまくり・・

そして「ボウネン・某日・某時間」他の原発が大事故を起こし・・・

ヤットコサ「原発見直し論!」とやらを始める腰の重さ!

そう、全てにおいて「Speed零」日本の常識は「世界の非常識・恥さらし!」なのである。

官僚主義・官僚政治・霞が関解体・・・やっぱり「小沢一郎議員」しか居ない!


77. 2011年4月28日 17:38:33: NnbWDloitA
日本人は民主主義を取り違えているのだ。
私は中国在住だが中国の方がはるかにいい。
このまま中国に住み続けるつもりだ。
ばかな日本国民は声さえ上げれないのだ。
まして行動などとんでもないのだ。
数十年後には日本は米国の一つの州か
中国の一つの省になっているのだろう。
日本特別自治区かな?

78. 2011年4月28日 20:06:30: 8sx3YnaDVw

原発はどのように開発された?

軍事と政治の影響

1942年12月2日、シカゴ大学(アメリカ)のテニス・コートの上に、人類最初の原子炉が、イタリア出身の物理学者エンリコ・フェルミの指揮のもとで築造されました。原子核分裂の連鎖反応は、こうして人間の意志による制御下におかれたかに見えましたが、その後の核エネルギーの利用の道程は、軍事と政治の野望が色濃く影を落とす「いばらの道」にほかなりませんでした。原発開発がたどった波乱の足取りを振り返ってみましょう。

人類初の原子炉の臨界実験には、のちにデュポン化学会社の社長となるグリーンウォルトも立ち会っていました。この頃、原爆製造計画の指揮者グローヴス将軍は、デュポンが核物質プルトニウムの生産計画に参加するように求めていました。開発にともなうリスクを懸念していたデュポンでしたが、原子炉の成功を機に、原爆製造のためのプルトニウム生産への全面的関与を決断、核エネルギーの軍事利用の面での政府と企業の挙国一致体制を築いてきました。

大戦終結翌年の1946年、アメリカは原子力委員会を発足させ、その巨大な権限のもとで官民一体の原爆開発を推進しました。モルガン系財閥と親密だった初代原子力委員長のリリエンソールは、プルトニウム生産設備を備えたハンフォード研究所をデュポンからゼネラル・エレクトリック(GE)社に移管しました。国策として強力に推進される原爆産業にたずさわる企業は、巨額の手数料、当該施設で使用する機器類の優先的納品、関連特許類の独占的使用の恩恵に浴したばかりか、原子力利用の中枢に位置することによって、その利用の道を完全に支配することができました。今日、GEと並んで日本の軽水型原発市場を二分しているウェスチング・ハウス社も、原子力潜水艦開発の面で独占的契約をとりつけ、開発投資にともなうリスクを国家財政に負いながら、原子力技術を蓄積していきました。

1940年代の末まで、アメリカは原子力の平和利用に消極的でした。企業にとっては、原子力利用は、国家的庇護を受けて進められている核軍縮産業を寡占している方が、海のものとも山のものとも見通しのつかない「原子力平和利用」に手を出して自前のリスクを負うよりもずっと得策だったのです。

ところが、1953年にイギリスがコールダーホール型原発の建設計画を発表し、翌1954年にソ連が電気出力5,000キロワットのオブニンスク原発を成功させるに及んで、アメリカは原子力政策の転換を迫られました。原子力法を改定したアメリカは、軍事一辺倒の方針を緩和し、一部を平和利用に振り向ける政策転換を行いました。日本にも軍事用だった濃縮ウランを貸与し、国際的な原子力市場分割戦に先鞭をつけました。

こうした状況のもとで、ウェスチング・ハウス社は原子力軍艦搭載用に開発した加圧水型軽水炉を急きょ陸揚げし、電気出力6万キロワットのシッピングポート原発を建設、1957年に臨界を達成しました。一方、GEは、アルゴンヌ国立研究所が設計した沸騰水型軽水炉の完成をめざし、1959年、電気出力20万キロワットのドレスデン1号炉を稼働させました。軍事利用の土壌にまかれた「平和利用」のタネは、アメリカの国際的な原子力戦略の中で、安全性への配慮を二の次にしてあわただしく速成栽培され、双葉を広げました。そして、いまだ未熟なはずの原発は、1963年のオイスタークリーク原発では「火力より安い原子力」という政治価格で売り込まれ、「実証性」と「経済性」を大宣伝していったのです。こうした経過は、安全性軽視の開発の姿を浮き彫りにしています。

「エンリコ・フェルミ」
初めて原子炉をつくった科学者。ウランに中性子をあてて、自然界に存在しない超ウラン元素をつくることを試み、核分裂反応発見のきっかけをつくった。53歳で放射線障害のために死亡。


79. 2011年4月28日 20:07:32: 8sx3YnaDVw

日本の原発開発はアメリカ依存型

背後に従属的な日米関係

原発への不安は、チェルノブイリ原発の事故以降、急速に国民の間に広がっています。1988年10月に行われた生協組合員に対するアンケート調査でも、不安感を持っている人の割合は88.2%に達しています。
 それにもかかわらず原発が次々に建設されのはなぜなのでしょうか。電気はそんなに不足していません。日本の電力生産をちょっと歴史的に振り返ってみましょう。

 第二次大戦中の日本の電力生産は、全国一元的な発送電網をもつ日本発送電株式会社(日発)によって受け持たれていました。終戦後の1951年、国内の反対世論にもかかわらず、アメリカ占領軍はポツダム政令で日発体制を解体させ、九つの電力会社に地域分割しました。表向きは「過度経済力集中排除法」による「経済民主化」措置の一環のごとくでしたが、実際には、日本の電力生産という基幹産業部門をアメリカに従属させる戦略的意図が潜んでいたようです。

 地域分割されたことにより、東京電力や関西電力など、戦後の復興期に大電力を必要とする人口緻密な工業地帯をかかえた電力会社は、水力資源の豊富な中部地域から撤退せざるをえませんでした。その結果、これらの電力会社は、電力多消費地に隣接して火力発電所を建設する方向に転身せざるをえなくなり、「水主火従」から「火主水従」へと移行する方向に進みました。

 とりわけ、新鋭火力発電所の建設は、石油の輸入やタービン発電機等の技術導入を通じて、アメリカへの依存体制を作り上げていきました。アメリカは、国際石油資本を通じて日本の火力発電所の燃料供給に優位を占め、強い戦略的位置を獲得しました。また、世界銀行からの借款や米国企業借款によってゼネラル・エレクトリック(GE)やウェスチングハウス社から火力発電設備を導入させ、技術の面でも対米依存的な体質をつくりましたが、この過程で「GE-東芝・日立」「ウェスチングハウス-三菱」という系列関係が成立し、やがてそれは、「BWR(沸騰水型原子炉):GE-日立・東芝グループ」、「PWR(加圧水型原子炉):ウェスチングハウス社-三菱グループ」という原発導入系列にもつらなっていきました。

 最初の原発はイギリスから導入されたコールダーホール型原発(日本原子力発電株式会社の東海発電所)でしたが、以後、日本の原発はGEとウェスチングハウス社が市場を二分するかたちで推進され、アメリカ一辺倒の原発導入路線がとられてきました。1964年、アメリカは、それまで軍事用として国有化してきた濃縮ウランを特殊核物質民有化法によって民有化し、世界の原子力市場に向けて原発通商戦略を積極的に展開、濃縮ウラン需要を拡大し、その長期供給保証を通じて自国の政治的・戦略的立場を強化する政策を強力に推進しました。それは、アメリカが圧倒的優位を占める戦略貿易であり、核兵器生産のためのウラン濃縮の余力を活用して、実質的に核軍備競争のコストを緩和する道でもありました。

 日本の原発が使うアメリカからの濃縮ウラン供給枠は拡大の一途をたどり、2000年に至るまでの供給契約ができているばかりか、アメリカ以外からの濃縮ウランの混焼には上限を設けて制限が課せられています。

 こうしたアメリカ依存型の原発政策は、日米安保体制を基軸とする政治・経済・軍事全般にわたる日本の総合的安全保障政策にかかわるものですが、この路線を選択すれば日本は原発へ原発へと突き進まざるを得ないでしょう。原発政策の根源の部分には、こうした第一級の政治・経済上の問題があることを認識することが、とても大事だと思います。


80. 2011年4月28日 20:25:59: GRXF7YmM3E
66様・68様・71様・75様
57です。
私はdocomoですが使えました。たまたまでしょうか、その理由は分かりません。

66様の
>肝心の被災地で「SoftBankだけ」が通信障害を起こしていたという、この厳然たる「事実」について、どのように思われますでしょうか?

について、孫正義氏は、「携帯の基地局同士は光ケーブルで繋がっているので、被災して停電してしまうと携帯は使えなくなる。」と言うことでした。

携帯は災害時に役に立った話も聞きますが、過信してはいけないということでしょう。

原子力安全委員会・斑目委員長とソフトバンク社長・孫正義氏の発言を対比して記載したのは、斑目氏は、携帯のせい、交通渋滞のせいにしている、さらに委員が集まらなかった理由を4月27日まで説明しなかった、これに対して、孫氏は自責の念を語っているからです。
この違いは、今後の災害対策に対して大きな違いが出ると思います。
おそらく、孫氏は、災害に強い携帯電話網の構築に向かうでしょうし、斑目氏は、また責任の転嫁を考えるのではないか、と思った次第です。



81. 2011年4月28日 20:33:26: GRXF7YmM3E
80の追伸
金子氏は5月1日TBSのサンデーモーニングに出られるそうです。
お茶の間に向かって、「この国は壊れかけている!」と、息巻いて欲しい。

82. 2011年4月28日 22:19:36: 05UhnFBHRM
46様大拍手/・大拍手

83. 2011年4月28日 23:35:43: mSWNgwvFsQ
チェルノブイリ事故の時はゴルバチョフ書記長だったので、曲がりなりにも、ペレストロイカやグラスノスチを進めていた、日本はペレストロイカやグラスノスチをしようとして和製KGB(特捜や公安)や和製プラウダ(朝日や読売)の妨害で頓挫している状態でしょう。
ロシアにバカにされるのも当然です。


84. 2011年4月29日 02:16:26: gOR3mFCrCo
>>78
>>79
非常に勉強になりました。
ありがとうございます。
78, 79 のようになっているのは、アメリカ政府(を制御する者たち)の意向なのでしょう。
アメリカ政府を制御する者たちについては、副島隆彦氏の著作に詳しくかかれています。

85. 2011年4月29日 06:27:43: rVLuWOWBbE
無責任?

サンデーモーニングでさんざん竹中の経済政策にケチを言って、他局で同席したら
2〜3問質問しただけで、クチ尖らせ不満顔で竹中説にウンウンうなづくだけの先生


86. 2011年5月03日 08:45:24: 06BLeac3rY
3E6jo9BFJQ よ
もっと勉強しろ!

87. 2011年5月08日 19:28:58: jDM2oEpaJA
一応言っておくが、NTT>au>ソフトバンクとなるのは設備にかけているお金の差。ソフトバンクは重要な回線も一つのルートでしか結んでいないが、NTTやauは複数のルートの回線網を作り、災害に対処している。もちろんトラフィックが多くなると制御できる機能を作っているがソフトバンクは…。ソフトバンクは有事に耐えれるものではなく、通常時の使用で儲かるものを作っている点を忘れないで欲しい。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧