★阿修羅♪ > 経世済民74 > 154.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
参院予算委(11日)西田実仁(公明党)質疑で通貨戦略で円安にと政府を非難、だが可能なのか
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/154.html
投稿者 heiwatarou 日時 2011 年 11 月 12 日 23:29:34: Bioiw4SmLoqDQ
 

可能なら通貨戦略の具体策を提示して論議すべきだ。

西田氏は円高に対して「通貨戦略なき通商政策は幕末の不平等条約と同じ」「米国も中国も通貨戦略をやっている日本もやるべきだ」と、TPPの利益より超円高の損失が遥かに大きいとの表示板を提示し、息巻いていた。

野田総理、安住財務大臣、全力を尽くしていると言うだけ、馬鹿さ加減にはあきれた。

※円安になる通貨戦略があるなら、具体的戦略提示し論ずべきだ。
ただ単に通貨戦略と言うだけ、こんな論議は2ちゃんねると同じだ。

▼日本の通貨戦略は限度一杯まで実施済み、これ以上は不可能だ、特に貿易には相手国がある。
日本は世界ダントツの円安誘導金融緩和政策をやっている。海外から非難されないのが不思議なくらいだ。
※日銀は海外から非難されるのを避けるため日本の円安誘導通貨戦略は世界一と言わないだけ(実際は世界一なのに)日銀の金融戦略言動は賢明、さすがと言いたい。

▼日本は1995年の円高で80円を切ったため、円安誘導として預金金利ゼロを続け現在に至っている、こんな国は日本だけ、
一時期は円安になったが、これ以上の金融による円安誘導は不可能だ。

▽預金金利ゼロの意味は貸したいお金が銀行に有り余ってだぶついている証拠、銀行でお金が欲しければ預金金利はゼロでないはず。
お金が銀行でだぶついている状態で日銀が買いオペしても余ったお金は日銀に返却されるだけ、銀行はお金を日銀から公定歩合で借りているので返すだけだ。
お金が欲しいところは借りても返せないとこばかり、これ以上の金融緩和はあり得ない
「各国の金利の推移」
http://kakaku.com/gaikadepo/hikaku.html

▽「円売りドル買い」もほぼ限度一杯で海外から非難されないのが不思議なくらい
1995年の円高のため「円売りドル買い」を続けてきたためこのお金が膨れ上がった
※1993年2月の外貨準備高は69億ドルだったが、2010年3月には1兆0427億ドルと膨れ上がった。現在はさらに増えているはず。
※外貨準備は「円売りドル買い」になるが、輸出超過の日本では外貨が不足する分けないのでほとんど必要ないにもかかわらずにアメリカの16倍と多額。
財務省と日銀が為替介入のため短期国債を発行し円を集め外貨を買っている。

外貨準備高国際比較
日本、1兆0427億ドル、2010年3月
ヨーロッパ(EU諸国とECB合計)、5569億ドル、2008年1月
米国、716億ドル、2008年1月
(ウィキより)

▽財政赤字も世界ダントツ,これも円札の増刷りと同じでこの点からも日本は世界一円札増刷りした国と言える。

以上から金融での円安誘導は不可能
特に貿易には相手国があり、日本が黒字なら何処かの国は赤字で、赤字削減に努力する、無理な円安誘導は賃金引き下げ競争に拍車がかかるだけ(これが現状ですね)

▼ドルが安いのではなく円が実勢に合わず高過ぎ
通貨の価値は購買力で決まる、
米国では物価が安い特に生活必需品の電気食料住居費は日本の1/2以下、この点ではドルの購買力は円の2倍以上だと言える
従ってどう見てもドル安ではなく円が高過ぎ、
▽アメリカの電気料金
U.S.Energy Infomation Administration
Report Released: March 11, 2011
U.S. Total(Cents per kilowatthour)
   2011年、 2010年
Residential   11.09、 10.74
Commercial   9.99、  9.77
Industrial     6.72、   6.54
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月13日 02:58:02: ipNCtQpEyM
超円高や長引くデフレ不況から抜け出す方法は意外に簡単で、
日銀が紙幣を増刷して市中に流通させればよい。
金融市場だけでなく、国民に給付金として直接給付してもよい。

それを邪魔しているのが日銀官僚や財務官僚。

リフレ的なTPPは、まずTPP対策給付金(含むデフレ対策給付金)を配る話から始める方向でいけば、
比較的みな合意が出来そうですね。
QT @maeda:TPP対策補助金(額は後で確定)+デフレ対策一時給付金ということですね。
それでいいんじゃないでしょうか。
後者はTPP関係なく進めればよろしいかと。
posted at 09:16:54
http://twitter.com/#!/kiba_r/status/134786644527153153
「TPPするならカネをくれ!TPPするならカネをくれ!」って叫べばいいんですよ。
posted at 13:00:06
http://twitter.com/#!/kiba_r/status/134842814864437250


02. 2011年11月13日 09:51:15: HEqvCEKaMk
01さん、その通りですね。
こういう方がいると、議論がおかしくなると思います。
>財政赤字も世界ダントツ,これも円札の増刷りと同じでこの点からも日本は世界一円札増刷りした国と言える。
これひどすぎです。増刷りなんかしてません。プラスマイナスゼロです。

03. 2011年11月13日 11:29:49: uKFoqoJusE
赤字国はどうなるの、同じことやりますよ。

04. フシギ空間 2011年11月13日 13:17:06: OmtZW.QhVGmO2 : JiBQTd98tw
>赤字国はどうなるの、同じことやりますよ。
自分の書いたことの嘘については、全く気にしないのですね。

それにしても、uKFoqoJusEことheiwatarou氏は国内企業海外移転で景気回復は
ついに言及しなくなりましたね。

あと、為替レートについて各国内での値段を比較しても全く意味がないのは
これまで言ってきたとおりですが、いい加減理解してくださいね。


05. 佐助 2011年11月13日 15:09:49: YZ1JBFFO77mpI : FHT6T6dWVU
(はじめに)
インフレの根源は通貨の膨張です。
従って世界市場の縮小と破局的なインフレデフレに見舞われた国家は,ドルがキン本位制(通貨発行基準として)の採用まで沈静化しません。この危機を乗り切ろうと日米欧は協調介入して乗り切ろうとするために世界を通貨から一層信用を収縮させることになる。

(国内外市場はさらに縮小する)
国家は自衛のために戦略物資の確保と貿易拡大を優先させる。
企業は加工材料の値上げと備蓄を優先させる。
国民は生活防衛のために,買い溜めと買い控えに走る。

だから国内と国外市場の縮小はさらに避けられない。

(危機認識のズレ)
政治と経済の指導者は,自国の貿易の縮小にも関わらずTPPなど関税引き下げに期待するために,世界恐慌の危機を過小に評価するために,危機認識のズレが避けられない。

(ルールの破壊が進み革新的平和的なカリスマ氏が登場すると国民は熱狂する)
ドルと通貨の膨張からドル覇権の終焉が世界恐慌として進むと信用・流通・文化などの約束ごとの垣根が破壊されていく。そのために弱者に耐乏を押し付け格差が助長する。2020年までは大正デモクラシーと二・二・六事件が共存したように,ルールや文化が破壊されていく時代でもある。政治では二大政党制や多数決,経済では世界的大企業の交代劇,音楽から演劇などのルールが破壊されていく。もちろんドル一極主義から多極化していく。だから小泉マジック氏のように小泉劇場と呼ばれ自民党をぶっ壊すと叫び破壊的カリスマ氏に熱狂したのである。しかしこのマジックは賞味期限がきれた。従って小泉氏と全く逆の革新的平和的なカリスマ氏が登場すると国民はまた熱狂し大活躍することができる。

(紙幣を印刷すれば百倍の赤字を埋めることができる)が「国に盗人・家に鼠」いる
ナゼ、国家は、紙幣や国債の増発を避けるのだろうか,「国に盗人・家に鼠」の知恵ものが多数いるのだろうか。我が国はピンハネ国家,得意技が流用ネコババ.日本は官僚ドロボー国家である。霞が関がしでかしたドロボー詐欺。食いつぶしてしまった年金,税金を食べつくした天下りや官僚,既得権益で恩恵を受けた電通やマスコミは毒まんじゅうを食べ過ぎてしまった。公共投資で道路から何でもかんでも食べつくしました霞が関と永田町。家の中に住む鼠のように食い荒らしてしまった。このように役人は紙幣や国債を食い潰すのである。彼ら組合役人が、国家に責任が及ばないよう切腹させられないようにするのである。このルールを破壊しなければなにも進まない。

紙幣と国債を増発して穴埋めするとハイパーインフレとなり、米騒動的な全国暴動に波及して、国家が転覆すると恐れているためだ。そして、一地方自治体や一官庁なら、一罰百戒効果はあっても、暴動が全国に波及する恐れはない、と思っているのである。インフレ待望は妄想に過ぎない。だから地方勢力の躍進が望まれる。

国家は消費者の所得は増やさないまま、生産工場を海外に移転させた、国内市場が縮小したのである。当然消費者物価のインフレは発生しない。1972年ニクソンが為替は固定制からフロート制に移行しました。紙幣は世界の信用を膨張させニクソンのキン離れの技に酔いしれ,日本は輸出の好調のセイで神風が吹き荒れました,この御蔭で世界恐慌の足音も匂いもしなくなったのである。

(2006年に世界恐慌に入っている)
1929年,世界経済は関税と通貨切下げ競争で、10年間も悪夢にうなされた。1933年に経済指数(生産・販売・雇用・投資・貿易)が三分の一以下に激減したのです。2006年、包括関税引下げ交渉は行き詰まり、二国間の交渉に中心が移った。これは第一次世界信用大恐慌前後と同じ状況に突入したことを意味する。ドルと株の暴落、第二次世界金融大恐慌で古今未曾有のパニックを迎える。

(紙幣が信用膨張の根源)
紙幣そのものが信用膨張の根源であった。ところが、個人や企業も、紙幣を土台にして大量の信用通貨を発行しバブルに貢献してしまったのである。世界で膨張とた巨大なドルのマグマは、地震や火山の爆発のように、出口を求めて徘徊している。そして我々は経済指数三分の一以下という長期不況に突入しなければならなくなった。


06. 2011年11月13日 16:31:04: TJC6g7UL5E
投稿者のレベルは2ちゃんより遥かに下だな。

ま、阿修羅投稿者全般もに言えることだが。


07. 2011年11月14日 01:02:22: uKFoqoJusE
重商主義をご存知ないようですね、
日本経済はアダムスミスが批判した重商主義そのものですよ。
政治家もエコノミストも知らないようなので皆さんが知らないのはやむを得ないか。
理屈で反論できないのもやむを得ないですね。

08. 2011年11月15日 10:32:53: KFTvNTqPUQ
>理屈で反論できないのもやむを得ないですね。
投稿者の理屈になっていない投稿を理屈で反論していても
投稿者は理屈を理解できないので、そういったコメントになりざるを得ないのですね。

哀れな投稿者です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧