★阿修羅♪ > 経世済民74 > 178.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
煽られるスペイン−スペキュレーターの陽動作戦・・投機筋vsECB 欧州西部戦線、異常あり
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/178.html
投稿者 尚林寺 日時 2011 年 11 月 15 日 10:34:57: JaTjL5JPya4go
 

http://ameblo.jp/eiichiro44/entry-11078865259.html

スペキュレーターは諦めない。 ギリシャとイタリアによる「政治的安定アナウンス」によって市場は沈静化かと思いきや、本日はスペインが「煽られている」。

スペイン10年利回りは6.1%をヒット。ユーロも同時に下落している訳だが、ここのところイタリアとフランスの話題が市場を賑わせ、スペインがノーマークになっていた。結果的にそこを突かれた形になる。EA(ユーロ・エリア)のここのところの展開を見ていると、利回りが高騰した後は、ちょっとした政治的混乱が生じ、そこに「メルコジ」が口先介入、新たな緊縮財政法案が議論される展開になっている。

しかしながら何度も言うように、現在の欧州ソブリン市場をリードしているのは各国のファンダメンタルズというよりも、悲観的センチメントである事は明白だ。その2つは繋がっているとは言え、適切なニュアンスとしてはそうなる。 

スペイン政府はこのシナリオを予想していたはずだが、ある意味これはスペイン政府と投機筋の戦いではなく、★「ECBと投機筋の戦い」と形容する方が相応しい。なぜなら、ECBのSMPは8月からイタリアとスペインにフォーカスが当てられていたが、イタリアが7%を超えた時点で、SMPの矛先はそこに集中した訳であって、今回はその逆(スペイン)を突かれた形になるからだ。 ECBの買入規模のみをネットで比較した場合、11月第2週(11日まで)は、第1週(95.2億ユーロ)と比較した場合、半額(44.8億ユーロ)という事になるが、ここでそれは問題では無い。

6%をつついた段階なのでまだ何とも言えないが、何よりECB内部が、買い支えるとか買い支えないとかでガタガタな状況を考えても、投機筋からすると絶好の好機は続く事だろう。

スペイン市場に大きなスペースを作り出す為に、イタリアをつついた、なんて見方だって今ではできる。★「イタリア市場は本命=スペイン市場のダミーだった」という結果論だ。穴だらけの欧州を見ていると、どんな理由付けだって可能な訳で、このような投機筋のサイドチェンジ、「スペキュレーターの陽動戦術」は今後も継続されるはずだ。

CDS市場を確認すれば、スペインソブリン5年物CDSは前回紹介したように430bpsをプッシュしている。

8月4日にも429bp、9月22日には436bpをプッシュ、今まさに抵抗線に挑戦しようとしている事になる。ここを大きく抜けてくるようだと国債市場もユーロも(今までのように)歩調を合わせてくるだろう、そういう意味では目先スペイン市場には警戒感が必要だ。

★そしてスペインであろうがイタリアであろうが、その先にあるのはフランス。フランスは間違いなくターゲットにされている。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧