★阿修羅♪ > 経世済民74 > 194.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
テクノロジは雇用を破壊しているのか?(TechCrunch Japan):近代経済の根源的問題を問う
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/194.html
投稿者 エテ公 日時 2011 年 11 月 16 日 20:11:19: .XQ.mNI0RTQBI
 


インターネットが人の生活にもたらす利便はとても大きいが、それと同時に、大きな断絶もある。経済は成長していても、雇用を作り出していない。この断絶は、今後のより完全な景気回復によって消滅する一時的な現象ではない。それは、経済のもっと長期的な構造変化の一環なのだ。

昨日(米国時間11/14)行われたTechonomyカンファレンスでぼくは、二人のエコノミスト、MITのSloanビジネススクールのErik Brynjolfssonと、George Mason大学のTyler Cowenのディベート(下にビデオを埋め込み)の司会をした。議論のテーマは、テクノロジは経済のエンジンか、それとも雇用の破壊者か、だ。

多くの人たちが、当然のように、テクノロジは経済の最優等生だ、イノベーションとともに雇用も作り出している、と信じている。でもそれぞれの産業分野について、テクノロジの影響を広い視野で見ると、それほどでもない。テクノロジは企業の経営や操業を効率化するが、それとともに、単純作業をする労働者を排除することが多い。そうやって失われた人間の仕事を、より高度な技能を要する職種によって埋め合わせることは、どの企業もやっていない。

そこで、この10年で合衆国に起きているのは、経済成長に、本来なら伴うはずの雇用の成長が伴わないことだ。これまでは、生産性の向上と雇用の増加は二人三脚だったが、今やそうではない。2000年から2009年までの生産性の向上は年平均2.5%、1960年代以降で最高だ。しかし、この同じ10年に雇用の総数は1.1%減少した。

合衆国の失業率(政府発表)は9.1%で、1390万人に仕事がない。賃金のメジアンは1970年代からまったく変わらず、そのことが、CowenがThe Great Stagnationを書く動機になった〔?邦訳〕。一方、1%の最富裕層とそのほかの人たちとの収入格差は広がり続けている。そのことは、99%に属する人たちにとって、.#OccupyWallStreet(ウォール街を占領せよ)運動が示すように、あまり気分が良くない。

今の合衆国の労働者は、100年前の馬たちと同じ立場か。当時は馬が、別のテクノロジに置き換えられた。それは、エンジンだ(最初は蒸気機関、その後内燃機関)。労働者ならぬ労働馬は、ピーク時の1901年にはイギリスだけでも325万頭いた。そして、機械やトラクターや自動車やトラックの普及とともに、彼らの仕事はなくなった。

今日では、工場労働者はロボットに置き換えられ、ソフトウェアがもっと広い職域で、人間がやっていた仕事を自動化している。コストが下がり、利益は増えるので、企業はお得だが、しかし人間はどうだろう? その昔、?ラッダイトたちは機械が人間を追い出すと恐れたが、今、史上初めて、それが本当になりつつあるようだ。

ちょっと待って、とBrynjollffsonは言う。彼がAndrew McAfeeと共著したRace Against the Machine(機械との競争)で言っているのは、機械は人間の敵(people versus machines)と見るのではなくて、人間が機械と共存する(people with machines)と見るべきだ、という主張だ。テクノロジは道具にすぎない、人間はそれを使って生産性を上げるのだ、と。

しかし、インターネット、モバイル、クラウドコンピューティングといった新しい道具を使いこなせる人はそう多くない。全体としての労働人口は、適正なスキル構成を有していない。テク企業は十分な数のエンジニアを確保できず、一方で経済は慢性的な失業に苦しんでいる。

データで見るかぎり、経済の現状も未来も暗い。でも、ぼくは楽観主義者だ。新しい仕事を作り出し、雇用状況を良くしていくために、テクノロジがその先導役を担えるだろう。新しい会社を作る費用は、いまだかつてなかったほどに低い。また、組織作りの基本機構として、会社ではなくインターネットを使う新しい動きも、今後ますます一般化するだろう。

しかし、それによって経済全体における雇用の回復と成長が再来するのだろうか。この疑問に答えられる人は、まだ誰もいないのではないかな。

http://jp.techcrunch.com/archives/20111115technology-destroying-jobs/

=======================


ナウでヤングな経済学者ならこう言うんでしょうね。

「馬はエンジンにとって変わられたが、いまでは競走馬として大金を稼いでいるじゃないか。文句ばっか言ってないで、サラブレッドになる努力をしなさい。ほら、ゲートはもう開いているよ」と。

この記事に書かれているのは、要するに“生産性上昇”の話である
生産性上昇とは、わかりやすく事業のための投下金額を減らす(コストダウン)と考えればいい。販売量・販売価格が同じなら、生産コストを下げたぶんだけ儲けとなる。

しかし勤労者=消費者なのだから、コストダウンはそのまま需要減少だ。
(わかりやすくするため、IT導入などで投じられる設備投資費は捨象しています。あしからず)

それはデフレをもたらし、経済全体を縮小させていく。企業個々にとって生産性上昇は競争に打ち勝つため合理的選択だとしても、国民経済というマクロの視点から見れば必ずしもそうではないとわかるはずだ。

このパラドックスを解消するために、世界各国では赤字財政支出による需要補てん(ケインズ主義)を行ってきたが、それも世界経済を見渡せば持続的なものではないとわかる。

日本も終戦直後にデフォルトしているが、この60年で火の車となった。2010年度の一般会計を見ると、税収が40兆円にもかかわらず国債費が21兆円、うち利息の支払いだけで10兆円という惨状だ。

元本はともかく、利息だけでも実のある財政支出(除染や被災者への補償など)にまわせれば、ずいぶん経済状況も違ってくるはずだ。10兆円は名目GDP(約470兆円)の2%ほどもあるのだから。

日本はギリシャと違って自国の金融機関から自国通貨で借りているのだからデフォルトなんぞしなくていいが、たとえ借金をチャラにしても上に書いた「パラドックス」を解決しないかぎり同じことを繰り返すだけだろう。

「賽の河原の石積み」じゃないか!!


みなさんに問いたい。

“労働馬”から一握りのサラブレッドを目指して生きます?
“労働馬”でも気楽に暮らしていけるような経済システムに変えます?  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月16日 20:48:50: OIxNYWfJog
テクノロジーが何で雇用を破壊するの???

労働力の需給調整をすればよいことじゃん。

ほら大企業だって一杯しているでしょ、需給調整。調整がつかないと不況カルテル。

米だって政府が音頭を取って減反しているでしょ。

労働力の需給調整は簡単。週20時間とか30時間労働に制限すれば良いこと。
そうすれば失業なんて問題は無くなる。

でも国際競争力をつけるため、労働者に過当競争を強いて犠牲にしている。
ただしこの問題を解決するには、企業の国際競争力を落とさない別の方法が必要。


02. 最大多数の最大幸福 2011年11月16日 22:04:32: d1qFhv8SE.fbw : HJg8iCuVKM
「産業主義近代」の終焉:戦後日本が豊かになったのはただ単に「より多く働くようになった」から!?
http://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/490.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 7 月 01 日 04:11:44:Mo7ApAlflbQ6s

 生産性の上昇分が、1%の富裕層にほとんど吸い取られているのが根源ですよねぇ〜。

 「強欲は罪」という常識と法律の確立を求める。


03. エテ公 2011年11月16日 22:51:32: .XQ.mNI0RTQBI : xaz3Iaw886

最大多数の最大幸福さん、こんばんはです〜。

あっしらさんの投稿は、私も以前に読みました。

「生産性の上昇」とは一人当たり生産量の増加ということですから、これだけモノやサービスで溢れ返っているなか、もっと増やせというのはおかしな話ですよね。

個別企業は競争にさらされているので仕方ありませんが、それで得をするのは企業に借り入れ(による供給力強化)までさせて生き残りを図らせる銀行家だけです。しかも企業の債務履行が問題化すれば、国家(税金)にツケを払わせる無敵ぶりです(笑)

ここまで発達した日本経済ですから、これまで三人で行っていた仕事が一人で行えるようになったら、以前と同じ賃金を三人に支払って、労働時間を削減すればいいんです。

そうするためにも近代的な経済価値観(=利潤獲得だけを目的とした経済活動)を変えていかなくてはなりません。

世界で最も“豊か”な国となった日本だからこそ、この問題を世界で最も激しく問うて答えを出さなくてはならないと思っています。


04. 2011年11月16日 23:38:48: 2ka7bLvMtA
テクノロジーは雇用を破壊してはいけない。それにつきる。
その禁則事項が破られているのが現体制。
資本主義体制下での雇用破壊は体制崩壊方向に社会的ベクトルは向かう。
現在はまさにその真っ只中。
日本の指導層はいまだにグローバルとか経済成長とかいっているが、見当違いの時代遅れ。体制崩壊を早める結果になることを分かっててやっているのかもしれないが。
とにかく、ここまで世界経済にどっぷりと漬かってしまった日本にはワークシェアリングは絶対無理。緩やかな体制崩壊が必要。いかにして資本を解体するかが問題。デフォルトするか、その前にリフレしてしまうかどちらかしかない。

05. 2011年11月17日 00:46:37: j8DlsR41DQ
これからは産業社会はこわされるんじゃないか。

いまの状況をみてきたら破綻だろ。公債をあらゆる理由でわざとふやしてる。ヤラセだろうが。近いうちに財政破綻する。むかしからのアジェンダだ。年金と生活保護と福祉は全部廃止されるのは自明だよ。

人口削減が米では始まってる。日本でも貧乏人は餓死さされるようになる。日本政府の上は気持ちが人間ではないか、日本人ではないんだよ。福島の被曝さす政策でつくずくわかった。陰謀論は始まってると思うぞ。福島も止めることができたのに正負はとめなかったと何所かに書いてたよ。

または放射能で死ぬかだろうな。鳩山や小泉は6000万にするといってたけど1000万にされるのじゃないか。東日本が放棄で貿易が止まればそうなる。西日本の農業だけでいくら残る。百姓と金持ちと自給自足できるならのこるよね。貧乏にbbは食料を買えないぞ。

で近代テクノロジーは消え去る。雇用云々以前に、経済は人為的だろ。経済学は全部嘘だろ。


06. 2011年11月17日 00:52:34: P37tBmePYc
なんで完全雇用にこだわるわけ?
こんな議論は1930年代にとっくに終わってますけど。
by C.H.ダグラス

07. 2011年11月17日 09:31:11: C2wwpTOQvY
製造業のオフショアについては全く言及していないね。学者馬鹿の典型。

08. 2011年11月18日 18:05:34: Fw4HKyYpnU

エネルギーや効率の良い機械をじゃんじゃん使って生産も輸送もできる現代に、8時間も労働させるな。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧