★阿修羅♪ > 経世済民74 > 202.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
キンドルバーガー第3回:自由貿易の利益は普遍ではなく「その国にとってプラスかどうかは状況に依存する」
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/202.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 11 月 18 日 00:45:34: Mo7ApAlflbQ6s
 


「「今こそ知ったかぶりを改めよ」:非現実的モデルによる量的予測におぼれる経済学者に対する戒め」
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/148.html

「第2回危機・先人に学ぶ:キンドルバーガー(2)鋭い理論的洞察」
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/184.html


 民主主義や自由主義も同じだが、「自由貿易」が普遍的な利益ではなく、その国の置かれた状況によるというのは当然の理屈だが、第一次世界大戦後に世界最強の産業国家&債権国家になり、第二次世界大戦後は、世界の過半に達する生産力と貨幣的富を手に入れた米国で、経済学者がそのような論を立てるのはある種勇気がいることだっただろう。

 日本の主流派経済学者は、

○ 承知のうえで、保身から「自由貿易」の普遍的な利益を説く。
○ 信じてしまって、請け売りで「自由貿易」の利益を説く。

のいずれかなのだろうが、どっちが多いのだろう?
==============================================================================
やさしい経済学

危機・先人に学ぶ:キンドルバーガー

(3)謙虚な研究姿勢

慶応義塾大学教授  竹森 俊平


 現実の出来事の慎重な観察から結論を出すキンドルバーガーの学者としての態度が生まれたのは、彼の自伝を読むと第2次世界大戦中だったように思われる。

 米コロンビア大学で博士号を取得後、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で教職に就く前に、ニューヨーク連銀、財務省、陸軍、国務省などで豊かな実務の経歴をキンドルバーガーは積んだ。彼の自伝の序文を書いたガルブレイスは、その経歴中で、「大戦中で最も知的で権威のあった指揮官、オマー・ブラッドレー中将へ軍事情報を上げる上で彼が中心的な役割を果たした」ことを特筆している。
中将と彼との間の信頼の深さが垣間見える逸話が自伝にある。ある時ブラッドレーの率いる第12軍司令部をアイゼンハワーが訪れ、2人の将軍を前に参謀将校が意見を述べた。「そのあとにブラッドレーが議論を要約した。何を言ったか覚えていないが見事だった。次にアイゼンハワーが発言した。平凡で、会話をつなぐためだけなのが明らかだった。アイゼンハワーは外交官だが、ブラッドレーは兵士だと私には分かった」

「政治家」は嫌いなのだろう。国家の運命を左右する軍事判断には、予断を捨てて情報を確認する丹念さが必要だ。その役割を真剣に果たした態度は学者になってからも貫かれた。

 キンドルバーガーが就任した1950年代当時のMITは、サミュエルソン、ソロー、モディリアーニなど逸材が加わり、数理経済学を確立していく過程だった。数式を使わない経済学者である彼が優れた同僚から尊敬されたのは、一兵卒のように真実に立ち向かう姿勢のためだろう。

 例えば彼は、一時期もっとも標準的だった国際経済学の教科書の著者として知られるが、「自由貿易は利益となる」という教科書の命題を押し通さず、「自由貿易がその国にとってプラスかは状況に依存する」と主張する。その根拠として彼が挙げたのが、19世紀末に域外から安価な穀物が輸入された際、欧州5カ国が異なった反応をした事実だ。一番ポジティブな反応をしたデンマークは農業を改革し域外への輸出国に転換したのに、一番ネガティブな反応をしたイタリアでは農業が荒廃し、南部からの移民が大量発生していた。

[日経新聞11月16日朝刊P.27]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月18日 03:33:48: OIxNYWfJog
「自由貿易」普遍的な利益になるよ。ロボット国ならね。

制度を均一化せして、文化、社会を変えてもロボットなら関係ない。

食料自給率や農村の持つ文化などまったく問題にならない。

国際分業化による富がどこに分配されようと問題にならない。
偏って分配された富をすべて消費するようにプログラムすれば、消費不足に成らない。

こんな簡単なこと、頭をひねって経済学者は考えているのかな。
小学生クラスの頭脳しかないね。
だから経済学は現実の経済にほとんど役に立つことは無かった。


02. 2011年11月18日 04:06:34: j8DlsR41DQ
経済学といってもユダヤの泥棒する側がつくった屁理屈だから日本人には毒でしかない。

米国は日本で税金を払って無いそうだから経済以前の問題を考慮するべき。

泥棒や犯罪者や恣意的に社会を裏から気まぐれに動かす世界政府イルミーの馬鹿が多くを占める現実社会では理屈のつけようがない。


下は馬鹿どもの白昼強盗の話です。


   http://satehate.exblog.jp/17095110/


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧