★阿修羅♪ > 経世済民74 > 226.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ギリシャ、イタリア、スペイン、と次々と国債の危機が発生している。EU帝国化が始まってきた。正に「ドイツの欧州統一」
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/226.html
投稿者 TORA 日時 2011 年 11 月 19 日 14:50:05: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu252.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
ギリシャ、イタリア、スペイン、と次々と国債の危機が発生している。
EU帝国化が始まってきた。正に「ドイツの欧州統一三度目の正直」である。

2011年11月19日 土曜日

◆ゲルマンのヨーロッパ無血統一 1月17日 増田俊男
http://www.chokugen.com/opinion/backnumber/h23/jiji111117_686.html

国家に責任を持つ国会議員の皆様も投資に励む方々も今回の本誌に注目していただきたい。

今、世界最大の問題が欧州財政危機であることは衆目の認めること。そこで先ずEU(ヨーロッパ連合)が生まれた背景を知っておく必要がある。

第一次大戦、第二次大戦を経験しヨーロッパ諸国は疲弊し、かつての世界の政治、経済への影響力が地に落ちた。戦後、世界を主導したのはアメリカであり世界市場はドルを基軸とした体制になった。ドルの支配力を全世界に徹底させるためアメリカは世界にグローバル化を推進しドルが国境を越えて世界の隅々まで浸透する戦略を採った。日本と同様国民の社会的精神と才能に恵まれたドイツは第一次大戦と第二次大戦でヨーロッパの統一を試みたが甚大な犠牲を被っただけで実現出来なかった。

ドイツはヨーロッパ市場がアメリカのドルの支配下になり、さらにグローバル化の大波が押し寄せてくる中で危機感を募らせた。そこで「犠牲無きヨーロッパ統合」、ヨーロッパ連合(EU)の構想が生まれたのである。今日のEUはヨーロッパ統一というドイツの強いManifest Destiny(国家、民族の悲願)の意志が隠されていることを知らねばならない。

「統合=連盟=連合」と「統一」の違いは、連合・統合は加盟国の自由を尊重した「集まり」であり統一は加盟国に対して強制力を持った「帝国」である。

1999年EU発足に伴う2000年からのユーロ域内共通通貨でドイツ以外の諸国は通貨インフレとなり対ドイツ貿易赤字と対外債務が膨張した。

ヨーロッパの通貨インフレ・バブルは当然のこととして崩壊し今やドイツ以外の域内諸国は財政危機に瀕するに至った。

昨日(16日)EUは域内諸国の財政政策に強制力を持つことを決議し、何処の国もEUを頼るためには反対は出来なかった。EU連合のEU帝国化が始まってきた。正に「ドイツの欧州統一三度目の正直」である。

これでEUとは何かが理解できたと思う。

次に欧州財政危機とは何かの認識を持っていただきたい。

EU加盟27カ国の内17カ国が共通通貨であるユーロを自国通貨としている。

EU加盟のための経済条件が財政赤字のGDP比3%以下とされていたことはご存知の通り。ギリシャはもとよりかつてソ連の衛星国がこぞってEU加盟を希望し、オリンパスではないが「不実記載」までして帳簿上の赤字を減らし瞬く間に加盟国が増えた。域内の通貨の信用度が低い後進国や途上国に限り進んでユーロ採用を決めたのである。そしてその結果が今日の財政危機である。

このように欧州財政危機は構造問題であって金融問題ではない。

では何故ドイツは欧州財政危機を救うべく経済成長を目的とした構造改革を進めず、「戦後最大の危機」などと危機を煽るのであろうか。

ローマ帝国崩壊以来一度も、誰も統一出来なかったヨーロッパを統一するにはヨーロッパ諸国を否が応でもEU連合ではなくEU帝国に統合する必要があるからだ。

ドイツがEU統合に邪魔になる国を排除しながらどのようにヨーロッパを統一するか、書けば支障をきたすので「勉強会」でお話しします。


(私のコメント)


ヨーロッパの債務危機は、ギリシャからイタリアやスペインに飛び火していますが、100兆円のECBの基金はあっという間に無くなるだろう。ECBと言う最後の買い手がなくなれば金利が急騰して国債は暴落するだろう。国債の発行残高が膨大だから利払いも7%を超えると危機的な状況になる。

日本やアメリカはゼロ金利だから国債の金利負担も大きくはありませんが、たとえ金利が上がっても日本は円建ての国債だから1万円札を刷りまくれば利払いや償還は出来ます。終戦直後は国債は暴落して金利が急騰しましたが、日本は円を刷りまくってとにかく償還した。その為に狂乱インフレになりましたが、円が急落して1ドル360円になって、戦後の輸出で高度成長が出来た。

だから自国通貨である限りは国債も返せなくなることは理論上ありえない。だから日本はインフレを恐れることなく国債を発行して日銀に買い取らせても、デフレが解消して円が暴落して輸出産業が復活して高度成長が実現するかもしれない。しかしユーロ参加国はそのような事が出来ない。ECBも勝手にユーロを刷りまくることが出来ない。

ECBは基金でイタリア国債を買っていますが、基金が尽きればそれまでだ。フランスあたりはECBが資金提供できる仕組みを提案していますが、そうなるとドイツのような健全な諸国まで狂乱インフレに巻き込まれてしまう。ドイツはワイマール共和国の時に狂乱インフレを経験してドイツ国民は無一文になってしまった経験があるから反対だろう。

終戦直後の日本の円も国債も紙切れ同然になってしまったわけですが、通貨価値を回復するには勤勉に働いて円の信用を回復させなければなりません。日本は世界銀行から金を借りて新幹線などを作りましたが全部返して高度成長で経済大国になった。イタリアやスペインにそれだけの国民の勤勉性や産業を興す能力があるのだろうか? 

結局は通貨の価値を裏付けるのは国民の労働力の質と勤勉性だ。円が高くなる一方なのは日本の技術力と国民の勤勉性が評価されているからであり、財務省は1000兆円の借金で大変だと騒いでいますが、政府日銀は世界の資金供給源となっているのだから国債を発行して資金を世界にばら撒かないとマネーが回らなくなってしまう。

ユーロ圏諸国でそれが出来るのはドイツだけであり、ドイツ人の勤勉性と質の高さでユーロを支えなければなりません。しかしドイツはユーロを離脱してマルクに戻るかもしれません。どちらを選ぶかはドイツ人しだいですが、ドイツ人に覚悟があるのならドイツが中心となったEUに再編成されて平和裏に大陸ヨーロッパは政治的にも経済的にも統一されるかもしれません。

イタリア、スペインの次はフランスだろうと言う噂がありますが、この三つの国が破産すれば天下はドイツに転がり込んでくる。ドイツはその時が来るまで動かないだろう。イタリアやスペインやフランスは借金の返済が済むまでドイツの言いなりになり働いて返さなければならないかもしれない。その為にはドイツ人も決意と寛容さを備えていなければなりませんが、出来るだろうか? ドイツ人に寛容さがあればヨーロッパはとっくに統一できていただろう。


◆The Anglo-Americansは事実上世界を支配するための秘密のマスタープランを持ち、それを300年にわたって忠実に実行してきた。2010年4月17日 株式日記
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/e766f4130aae15f0ed5c515923523249

当時の日本は戦国から徳川の時代ですが、オランダ人たちはアフリカ大陸やユーラシア大陸を回って日本に来るまでのタフな精神力を持っていた。それに対して日本は徳川幕府に統一されると急速に内向きになり鎖国して閉じこもってしまった。現代においても明治から昭和の戦争時代を過ぎて戦乱から回復すると内向きになりつつあるような気がします。

この状況を熊谷氏は「自己陶酔にふける閉鎖社会と成り果てた日本社会の姿は、sea-powerとして活動する小国オランダとは対照的な“国家のかたち”である。」と述べていますが、日本が世界の覇権国となれると書いても、コメント欄には内向きな否定的なコメントで溢れかえるような状況だ。日米安保で軍事までもがアメリカ任せでは優秀な人材も育つはずも無い。

オランダが英国にシーパワーを取られたのはフランスからの軍事的脅威がありイギリスに助けを求めたからだ。自国の防衛を外国に頼るようではやがてはその外国に美味い汁をすすられる様になってしまう。英国もドイツからの脅威にアメリカの助けを借りましたがアメリカに世界の覇権を奪われる結果になった。自国の防衛を外国に頼る事はいかに危険なことであるかは歴史が教えてくれる。

英国やアメリカが長期にわたって覇権を維持できたのは本土の安全が維持できた事が大きな原因だ。大陸国家は絶えず隣国からの脅威に晒されるから安定している時は強大な国家が出来ても内乱などが起きれば急速に弱体化してしまう。日本は島国だから治安も保ちやすく国土の安全も維持しやすい。だから英国やアメリカのような強大な海軍力を持つことが出来る。

ロシアや中国やインドやヨーロッパ大陸国は強大な国が出来ても長期にわたる治安と安全を保つ事は難しい。政治が乱れれば内乱の原因にもなりロシアや中国やインドは絶えずテロ事件が起きている。ソ連のように一度崩壊してしまうと海軍力が元に戻る事は長期の時間がかかり覇権を維持する事は難しい。

中国にしても絶えず内乱の脅威に晒されて経済発展は砂上の楼閣だ。このようにして見れば英国、アメリカが衰退して行けば残るのは日本しかない。欧米の戦略家には英米の一極支配と多極支配体制の二つの見方がありますが、英国は巧みに大陸国家同士を対立させて覇権を維持してきた。このような外交的な戦略のノウハウは英国が持っていたものだ。

バランス・オブ・パワーと言う考え方は英国の発明ではないが、英国の戦略家は歴史に学んでそれを運用してきた。熊谷氏は「英国とオランダの違いは、sea powerとthe balance of powerをキチっと結びつけ、実に巧妙に組み合せその支配力を強化し、統治力を固めていったところにある」と書いていますが、日本はそのような事を考えるエリートがいない。(後略)


(私のコメント)

私は増田俊男氏とは異なり、ドイツ人にヨーロッパ統一の能力はないと見ています。オランダ人並みの開放性があれば別ですがドイツ人はあまりにも差別的であり偏狭な国民性だ。300年にわたりアングロサクソンの天下もアメリカの衰退で終わろうとしている。もはやアメリカは多民族化してアングロサクソンの国でもない。日本人はかつては大東亜建設の意思を持っていたが、アメリカ占領軍によって日本は邪悪な帝国主義国家と洗脳されてしまった。しかし戦前の日本統治が現代のアジアの繁栄の元をを築いたと言えるのではないだろうか。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月19日 18:37:44: j8DlsR41DQ
英米白人は他人の稼いだものを巻上げる海賊だということですね。相手は考える人間だから強奪する手段も少し賢くなって、相手の国の中に売国奴を作り、それを支配階級にして間接支配して巻上げるということですね。

02. 2011年11月19日 18:42:25: LXlZOtf4NY
「ドイツ人にヨーロッパ統一の能力はない」のではなく
興味がないだけだよ。
彼らは、のんびりと自分の生活を維持したいと思う人が多いのだろう。
アメリカをもっとも軽蔑しているのは、ドイツなのだ。
「戦前の日本統治が、現代のアジアの繁栄の元をきずいた」という弁は、
至極賛成する。あのむちゃくちゃの第二次大戦の影響で、世界が、
かわったことは、事実。日本がアジアの侵略戦争をおこなったことにより、
かわったから。(あの戦争が、アジアの解放のためなどという
バカは、まさかこの阿修羅には、いないだろうが)
大英帝国が、ほろびたのは、日本によるという英人の歴史家は
多いし、それは、事実だろう。
いずれは、再び日独のじだいがくるのだろう。

03. 2011年11月19日 19:11:43: u3E6Ef3e1Q
いろいろあったようだが、まだ健在だったんだ、増田俊男さん。

04. 2011年11月19日 21:30:59: rzbiIm2YCY
「通貨の価値を裏付けるのは国民の労働力の質と勤勉性だ。円が高くなる一方なのは日本の技術力と国民の勤勉性が評価されているから」

全く違うと思うけど。1ドル360円だった頃の日本は怠惰だったとでも言うのかな。プラザ合意は日本潰しでしょう。
逆に、人民元安は中国人が無能だからってことになってしまう。実際はそんなことはない。中国全体としては、どんどん豊かになっている。


05. 2011年11月20日 01:10:47: Y0Ns3ScRVQ
 EU帝国化でドイツの欧州制圧?なにか昔の話を思いおこさないか?
 そう、ヒットラーのナチスの欧州制圧を思いおこさせる。しかも、今のドイツのメルケル首相はヒットラーの子孫といううわさもある。ナチスはシオニストであることが最近は知られてきた。
 五摂家筆頭のの近衛文麿がナチス支持であろうことはうなずける。3.11日も五摂家とナチス(実態はシオニスト・ユダヤ)の謀略であろうこともうなずける。
 シオニスト・ユダヤなるものは、日本の反日在日朝鮮人とよくにてないだろうか?
 よそさまの国にすませてもらいながらを、感謝などしない。五摂家などは昔の在日朝鮮人にちがいない。

06. リベンジ 2011年11月20日 19:39:08: Qd30zXTdWrrwo : zNF9NfQdLM
投稿者はもっと欧州全体の歴史の勉強を基礎からやるべき・・
ゲルマン人はゲルマン人統一国家を作りたかっただけで、必ずしも欧州全体の統一を狙ったわけではない。その経営は困難すぎる事はわかっている。資源が豊富なロシアのよう地域を手に入れるような、そのメリットは何も無い・・
投稿者は無理にヨーロッパの統一、支配下の動きの中心をドイツに持っていこうとしているのではないか・・

統一しようという思想は何もゲルマン人固有の考え方でもない。同一、先祖国家を持つフランスの方が統一意識は彼らよりも強いかもしれない。ただ、その経営能力に問題あり。


07. 2011年11月20日 20:32:19: kDYUQGVCNk
05様
>ナチスはシオニスト
やはりそう見るべきでしょうな

>五摂家などは昔の在日朝鮮人にちがいない
朝鮮人かどうかはさておき…日本人の祖先というのは朝鮮半島から渡来した、これは事実。何者がどのように渡来してきたのか。ここがまさに鍵であると思っている。支配者の血は今なお途絶えてはいないはずだからだ。

在日朝鮮人などは小物につき、その背後が重要かと。


08. 2011年11月21日 02:17:19: Glw8kMc9mM
ドイツは今、猛スピードでドイツマルクの輪転機を回しているとアメリカでは噂されています。そういえば、新US 100ドル札の話は皺がどうこう言って今年の2月の発行はなくなりました。世界中が新しい金融システムに向かって動き出しているのでしょう。庶民が知るのは、ずーーーーーーーーーっと後になってから。
福島の原発事故と同じです。腹が立つ!!!!!!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧