★阿修羅♪ > 経世済民74 > 477.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「倒産→夜逃げラッシュ」「不動産価格の一斉下落」で中国経済崩壊はもはや“秒読み状態”だ   石平 (SAPIO) 
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/477.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 12 月 19 日 09:33:03: igsppGRN/E9PQ
 

「倒産→夜逃げラッシュ」「不動産価格の一斉下落」で中国経済崩壊はもはや“秒読み状態”だ
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20111212-01/1.htm
SAPIO 2011年12月7日号掲載  2011年12月12日(月)配信


文=石平(拓殖大学客員教授)

「ドミノ倒し」は、大陸を横断する。ギリシャからイタリアへ伝播した財政危機が世界へと波及することが懸念されているが、その先にある最大のドミノは中国である。巨大な矛盾を抱えながら成長してきた中国経済の崩壊カウントダウンが、収束の目途が立たないユーロ危機によって加速する。


 欧州危機が中国経済に与える影響は甚大である。

 中国の外貨準備高は9月末時点で3兆2017億ドル(約250兆円)という世界一の規模になっているが、近年ユーロ建ての資産を増やしてきていた。ギリシャ国債やポルトガル国債、スペイン国債など、危機に直面するEU各国の国債を数十億ユーロ単位で大量に保有している。損失を被ることは避けられない。

 また、最も深刻なのは中国経済を牽引してきた「馬車」である対外輸出が受けるダメージだ。過去三十数年間、中国経済の平均成長率は10%前後だったのに対し、2001年のWTO(世界貿易機関)加入以後、対外輸出は年平均25%以上の伸びを記録している。文字通り成長を引っ張ってきた。

 中でも一番の“お得意様”がEUなのだ。

 2010年の数字で見れば、中国からEUへの輸出額は約3112億ドル(約24兆円)で、アメリカ(約2833億ドル)を上回る最大の貿易相手となっている。欧州各国の首脳が、中国に国債の追加購入などの支援を求めるのは、「最大の貿易相手なのだから協力をしてほしい」という姿勢の表われである。

 とはいえ、中国がさらに手厚い支援に動けるとは思えない。これまで中国政府は大量の米国債を購入してきたが、長引くアメリカの不況によって国債価格は下落。そのことに、中国国内では批判が相次いでいる。「我々が汗水流して稼いだ外貨が、アメリカのために使われ、失われるのはおかしい!」というわけだ。

 中国の中産階級以下の家計は逼迫し、爆発寸前となるほど、不満が鬱積している。そのため、“お得意様”であるEUの危機であっても、大規模な援助は困難となるのだ。結果、中国は欧州への輸出が大幅に縮小してしまいかねないというジレンマに陥っている。

 では、なぜ中国の一般市民の家計は苦境に喘いでいるのか。その理由と背景にある矛盾が、懸念されるバブル崩壊のもう一つの重要な要因である。


■インフレ 食品価格高騰で“野菜の奴隷”が続出

 最大の問題は、急激なインフレである。

 ここ数か月間、中国の消費者物価指数(CPI)は高どまりしている。中国国家統計局が10月14日に発表したデータによると、9月の消費者物価指数は、前年同月比で6・1%増。地域別に見ると、都市部が5・9%増、農村部が6・6%増となっている。また、商品別に見てみると、食品価格が13・4%上昇。中でも中国人の食卓になくてはならない食材である豚肉の価格は、43・5%という大幅上昇を記録している。

 約2億〜3億人とされる貧困層はもちろんのこと、中産階級にとっても生活必需品の物価高騰は深刻な問題である。

 昨年来、中国で注目されている新造語に「菜奴」というものがある。少しでも安い野菜を求めて奔走する、「野菜の奴隷たち」である。

 中国メディアで取り上げられる菜奴たちの生活は涙ぐましいものだ。

 例えば重慶市では主婦が毎日、自転車で市内の野菜市場を巡っている。重慶は山城(山の街)と呼ばれるほど山がちな土地だが、最も安い値をつけている市場を探すため数十kmも走り回る女性もいるという。インターネットの掲示板などが利用され、主婦同士が情報を交換。どこに、どの時間帯に行けば、最も安い野菜があるかを必死で調べているのだ。さらに最近では、「あの市場が安い」という情報が出回った途端、消費者が殺到し、野菜が品切れになったり市場が値上げしたりするのだと彼女らは嘆いている。

 貧困層はさらに悲惨だ。

 彼らは野菜を買わずに、自分で栽培している。近くに空き地を見つけてはネギやニンニクを植え、それを収穫して食べる。もちろん、中国で土地の私有はできない。要は自分の土地ではないところで、誰の許可も得ずに無断で栽培しているわけだが、背に腹は代えられない。

 インフレがここまで深刻化している最大の原因は、中国政府が長年にわたって続けてきた「貨幣の過剰供給」にある。

 中国政府の統計によると、中国のGDPの規模は2009年までの過去31年間でおよそ92倍に成長した。しかし、その一方で、マネーサプライ(通貨供給量)は同じ31年間で705倍の60兆6000億元にまで膨らんでいる。2010年11月2日に中国人民銀行が発表した統計によると、同年9月末時点のマネーサプライは69兆6400億元(約837兆円)。同じ年の1〜9月の名目GDPは26兆8660億元(約323兆円)。マネーサプライ対GDP比は約260%と異常に拡大した。ちなみに一般的に先進国で同じ比率を見た場合、およそ50〜70%の間を推移するものとされている。

 つまり、中国政府は30年以上にわたり、中央銀行に紙幣を大量に刷らせ、市場にジャブジャブと供給してきた。巨額の資金は固定資産投資、要は道路や橋、工場や住宅の建設に充てられる。それによって政府は経済の急速な発展を推し進めることができた。固定資産投資が先に述べた対外輸出と並ぶもう一台の「馬車」となってきたのだ。

 だが、所詮それは歪んだ成長にすぎない。実体経済において裏付けのない「空虚なカネ」が余る状況が生まれ、結果として、国民が悪性インフレに苦しむことになってしまった。

 中国政府が何よりも恐れているのは、「貧困層の爆発」である。

 上海交通大学の研究チームの調査結果によると、2010年の1年間に、中国全土では5日間に1回の頻度で大きな暴動・騒動が起きていた。こうした動きが広がることを政府は脅威に感じているのである。


■倒産ラッシュ 社員旅行のスキに社長が夜逃げした!

 インフレの加速を食い止めるため、中国政府は金融の引き締めに必死だ。これまでとは逆に、国内に出回るカネを減らすわけである。

 しかし、インフレ収束の気配はなく、むしろ金融引き締めの“副作用”が生じている。

 金融引き締めにより銀行からの融資が極端に減り、中小企業は事業を続けるために必要な運転資金を借りられなくなってしまったのだ。結果、今年の春先から夏にかけて多くの中小企業が経営難に陥っている。

 そして資金繰りに苦しむ一部の中小企業の経営者は、「闇金」に手を出すようになった。

 中国では、サラ金など高い金利で貸し付ける貸金業者は、「黒社会(マフィア社会)」ともつながりがある。倒産しそうな中小企業を相手に、年60〜80%の利息で金を貸し、厳しく取り立てるのは「黒社会」の連中だ。返済に窮した経営者に残された道は「夜逃げ」しかない。

 今年9月、浙江省東南沿海に位置する温州市で起きた事件は象徴的だ。真空バルブなどを製造する企業「奥米流体」では、約300人いる従業員たちに、社長から1泊2日の慰安旅行がプレゼントされた。社員たちは喜んで出発したが、後から合流すると言っていた社長は一向に姿を見せない。旅行を楽しんで帰ってくると、すでに会社はもぬけの殻だった。

 その日以来、社長は姿を消し、従業員の給与は未払いのまま。工場の中の精密機械やオフィスのパソコンなど、価値のありそうなものは全て売りさばかれ、借金を踏み倒した社長の逃亡資金に変わったとみられている。

 他にも7月には、「浙江省で6万6000社の中小企業が倒産の危機にさらされ、生死の境をさまよっている」と地元紙が報じ、広州・香港・マカオを結ぶ三角形の工業地帯である珠江デルタにおいては、全企業の30%が生産停止に追い込まれたという。

 さらなる企業の連鎖倒産は、今年の年末に集中して起こると思われる。債務の返済期限が年末に集中しているためだ。


■不動産バブル 北京だけで売れ残りが12兆円!

 企業倒産ラッシュとともに、不動産バブルの崩壊もすでに始まっている。

 そもそも中国で不動産バブルが生じた主要な原因は何か。それは、前述した通貨の大量供給によって流動過剰が生じ、余ったカネが不動産に流れてきた点にある。

 2009年、中国政府はリーマン・ショック対策として大規模な金融緩和政策を実施した。そのことにより、GDP(国内総生産)の2割以上に相当する9兆6000万元もの新規融資が行なわれた。カネの洪水はどこかに出口を探し、それが不動産投資だったとされる。投機的な不動産購入が増加し、結果として2009年と2010年の2年間で不動産価格は約2倍に跳ね上がった。

 まず、価格暴騰は住宅ローン返済の重圧に押しつぶされる人々を生んだ。

 実例を挙げよう。上海で新聞社に勤務する編集者のケースである。この男性は上海市内に300万元(約3600万円)の物件を30年ローンで購入した。毎月のローンの返済金額は1・5万元。しかし、男性の収入は月に2万元程度。月収のなんと7割以上をローン返済に充てているのだ。光熱費や水道費・食費を払えば、給料は残らない。

 こういった人々は不動産の奴隷すなわち「房奴」と呼ばれる。

 09年の夏には『蝸居(カタツムリの家=手狭な家の意)』というタイトルのTVドラマが中国で大ヒットした。上海に住むサラリーマン夫婦が双方の両親から借金してマイホームを手に入れるが、毎月6000元(約7万2000円)のローン返済に苦しみ、高利貸から借金をするなどして家庭生活が破綻していくという物語だ。多くの家庭が似たような体験をしているからこそヒットしたと言われている。

 そうした問題がある一方で、今年になって中国の不動産市場はバブルから冷え込みに転じている。

 中国政府が金融引き締め策を実施し、また昨年の秋ごろから不動産投機を制限する政策を実施したためだ。例えば、2軒目の家を買う人にはローンを認めないなど、住宅ローンや開発ローンの貸し出しを厳しくする制限を盛り込んだ。これにより住宅市場では資金の調達が難しくなった。北京では今年6月時点で売れ残りの不動産在庫面積は3300万m2以上。時価では約1兆元(約12兆円)という額になる。ちなみに北京ではこれまで「金九銀十」といわれ、9月と10月は1年間で最も不動産が売れる時期だった。しかし今年は9月の販売も低迷に終わり、10月からは一部の不動産業者が価格を大幅に値下げして売り出している。例えば10月24日、北京市の朝陽区に位置する住宅地では、分譲物件が2割下げて売られた。

 こうした動きは北京だけではない。各地で不動産価格の「一斉下落」が始まっている。

 珠江デルタに位置する深セン市や広州市などの大都市も例外ではない。深センでは10月3日から9日までの1週間で、新築の分譲住宅の平均価格が、前週と比べて3割も下落した。

 さらに10月、ある不動産会社が上海の嘉定区の物件を、300万元から200万元に値下げして販売した。そうすると値下げ以前に物件を購入した住民から抗議が殺到。「高値掴み」をさせられた消費者が価格を維持するよう求める事件も多発しているのだ。

 中国銀行業監督管理委員会の主席である劉明康氏は、今年8月19日に興味深い見解を示している。

「不動産価格が40%下がったとしても、銀行は持ち堪えられるだろう」

 この発言はどういう意味か。銀行の業務を監査する責任者は、「不動産価格が40%暴落する」という事態を想定しているのである。既にその事態と向き合う覚悟を決めていると言ってもいいだろう。

 不動産マーケットの専門家の分析はより悲観的だ。

 大手不動産開発会社「SOHO中国」の会長を務める藩石屹氏は9月30日、「中国の不動産市場の崩壊は目前に迫っている」とまで断言した。

 では、中国政府が不動産バブルの崩壊を食い止められるかといえば、おそらくできないだろう。なぜなら、不動産価格を維持するためには、量的緩和をするしかない。つまり不動産市場にカネが流れるように、市場に資金を供給するということだ。だが、それをやれば、庶民が苦しむインフレを抑えることはできない。

 中国経済は解決手段のないジレンマの中で、崩壊への道を歩み始めている。


【PROFILE】1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部を卒業後、四川大学講師を経て88年に来日。2007年に日本国籍に帰化、08年より拓殖大学客員教授。中国問題について精力的に講演、執筆活動を続け、新著に『【中国版】サブプライム・ローンの恐怖』(幻冬舎新書)。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年12月19日 15:03:17 : cPIJgl1gMc
阿修羅でも未だに素晴らしいシナというシナ幻想を洗脳しようという馬鹿がいるね。シナは闇黒大陸に戻るだけだろ。匪賊の土地。

製品を売る市場がないと駄目だろ。欧米や日本の市場がないとだめだ。昔にもどるよ。

昔日本人がシナ人は人間のカスだといった理由の一つにシナ人は人間を売買するというのがあった。自分の子を売るのもあるが殆んどは盗んだ子供を売る社会だ。今も同じで変わってない。何億もの戸籍のない奴隷同然の買われてきた労働者がいる。農家でも小さな工場でも家族だと偽って数人の奴隷民を飼育してるのはシナ人は昔とかわってない。テレビでは写さないし、マスコミは隠してる。ああシナ人よ。道徳はてる阿鼻叫喚の土地。このような地獄が地上にあろうか。

その奴隷民が逃走して流民となって集団で破戒しだすというのが過去何度も近代まで繰り返されてきたシナ社会である。これから混乱社会になる。

日本にもドンドン流民ではいってくるが彼らは強い。もとは奴隷だから何でもある。現地人を絶滅させるのは当然だ。

そうそう人肉市人肉市。太平天国の乱では四川は全部食われたらしいが。


02. 2011年12月19日 21:48:28 : cqRnZH2CUM

最近の韓国の大統領でも明らかだが、政治的に不安的な国は、民度の低い大衆の不満を逸らし団結するために仮想敵を必要とする

取り敢えずは、中国やロシアからの日本の領海や領土侵犯、日本企業をターゲットとした権益の収奪がさらに増加することを覚悟しておいた方がいいな



03. 2011年12月19日 23:49:27 : FijhpXM9AU
「地溝油」ってホントの話なんだろ。おぞましすぎて中国製品はどうしてもやむを得ない場合だけ買うようにしている(それでも中国製品だらけだけど)。口に入れるものは絶対だめ。

いずれにしろ年収100倍マンションバブルが核爆発した時の衝撃波をうまく回避することための戦略を策定しておくことだ。


04. 2011年12月20日 01:21:01 : kBoL7FvUy6
中国人のモラルが現在において日本人より劣るのは確か
しかし、石平君はやっぱり産経だね
ここに書いてあるようなことはシナの一面でしかない

サンヨーがハイアールに白物家電事業を丸ごと売却している(100億)
つまり、中国企業のハイアールがサンヨー・レヴェルの物作りを楽勝でできるってこと
既に中国の大企業の製造技術は侮れないところまで来ている

記事に書かれているような醜聞をまき散らす企業は零細、零細企業にスポットを当ててその粗悪ぶりを嗤い、また、溜飲をさげるのはくだらんし、物事の一面しか見ていないからそうなる(むしろ意図的)

IBMのパソコン事業が今はレノヴォ、品質ほぼそのまま
日本の製造業の製造拠点は中国、大企業のほとんど

ソフト事業、オンラインゲーム分野で中国系制作会社が爆上げ
人件費の安さを強みに、日本でもシェアを伸ばしている
カプコン、スクウエア・エニックスやコーエー、任天堂は既に追われる立場

ハード(製造業)でもソフトでも、老人が信じられないくらい、今はあらゆる面で中国が追い上げてきている
スキルを持った日本人をどんどん採用もしている、つまり、現在進行形で日本の技術を吸収してもいる
そして、あの国が沈んで一番被害を受けるのは日米欧の順では?

GDPは二度と再逆転しないと覚悟した方がよろしい
台湾は中国特需で経済成長している、二桁もありえるレヴェル
日本にとって台湾の成長を研究して損することはない

この日本は、今は高度経済成長の残滓でもっている
終身雇用制度や年功序列によってもたらされた残滓だ
それを、白い豚どもが涎を垂らしてみている
死にかけた豚(猿かも)をどう料理しようか考えながらだ

英国しかり、米国しかり、製造業から金融にシフトした国は没落する運命だ
しかし、この日本が、他に何かのイノヴェーションを開拓できると考えているのか?
この石平の記事に、読者をミスリードさせる以外に何かの価値があるのか?
無知な老人を騙して、そんなに嬉しいのかって話だ


05. 2011年12月20日 03:28:22 : cqRnZH2CUM
>>04
中国は、まだ暫く成長モードであり、本格的な衰退に入るのは、暫く先なのはその通りだろう。
ただし、仮に中国が体制崩壊する時、最大のダメージを受けるのは経済依存関係が強く地政学的リスクも受ける日本やアジアの周辺国になる


>製造業から金融にシフトした国は没落する

国家の発展段階から言えば、付加価値の低い製造業から、高度サービス業へとシフトするしか生活水準を高くする方法はない

実際に、全ての先進国は勿論、十分発展した新興国でも、そうなっている

金融業はそうした高度サービス業の一分野に過ぎず、金融危機が生じれば不況業種になるというだけだ

日本が製造業に依存し過ぎ、既得権者のための規制のせいで、国内サービス業の高度化に失敗したために欧米バブル崩壊で大ダメージを受けたのと同じことであり

特定産業(地域・・)に依存し過ぎないことが予測不可能なショックに対して重要なのは、常に同じだ


06. 2011年12月20日 09:58:24 : eURNuCIkMU
欧米を食い荒らしている、ハゲタカファンドは、中国にターゲットを切り替え、初期は儲けるだろうが、この国は荒業、裏技がある。いざとなれば、アメリカ国債をたたき売るだろう。どこかの、自国の国債より、外国の国債を買続ける、殖民地国と違って。                                                                                                                                                                                       

07. 2011年12月20日 11:32:24 : 99GV08UN7o
シナ人の民度ではどれだけ経済発展しても滅亡の期待度が大きいので
どのような脅威も感じない

それは民度の低い韓国経済が崩壊したことで 実証積み
いまの日本経済の劣化は 官僚売国奴による猿の惑星化計画によるもの

しかしながら民度というものは政治や官僚がどうのこうのできない 
日本人の文化そのものなので 中華やシナが暗躍しようとも 日本経済は安泰

放射能汚染食品を平気で福島から出荷するのは 在日 日本人ならやらない
日本から 在日を全て追い出すことが 日本経済が復興する最低条件

べつに株がどうなろうが 為替がどうなろうが 実は在日を追い出すだけで
日本経済は復興する ついでに生活レベルを明治まで戻せ それで完璧
原発どころか 火力も不要 ぶっちゃけ車すら 不要

パチンコ禁止 在日への生活保護中止 在日の参政権拒否 ついでに外国人
労働者の強制退去 帰化人 全て追い出せば 黄金の日本国が蘇る


08. 2011年12月20日 20:39:24 : tQu7kt9OMY

 愛は これを称して 中国が 天井に頭をぶつける と表現している

 日本も30年前に 天井に頭をぶっつけて 結果的には長い 停滞期を過ごすことになった

 世界経済という 「天井」があって 日本は 年速 8%で 天井にぶつかった

 中国は 年速 10%以上で 天井に頭を ぶつけるはずだ

 ===

 日本も 天井に頭をぶつけた 結果が 貧乏人が 痛い目をすることになるわけで

 中国は 日本よりも 高速で 天井に頭をぶつけるわけだから ものすごく

 痛い思いをするのだろう と 予測するわけだ
 


09. 2011年12月20日 21:25:29 : tQu7kt9OMY

 >07 

 あ〜〜 ここにも 気の毒な人が いるようだ 金に縁がないのだろう

 ===

 あんたの言ってることは もっともだ だだし あんたの期待にたがう結果だろう

 ===

 日本に存在する  1500兆円の 個人資産や 200兆円の 企業の内部留保

 これらは 全て 不平等から 作られた金であり 確かに 君たちが 手に汗して

 作り出した金ではあるだろうが 君たちのところには無いはずだ

 それが 不平等ということだ 

 ===

 愛は ここ20年間 車に 毎年500万位 かけていて そういう意味では

 貯金などしていない 今乗ってる車の 総額は4000万位になるが〜〜〜

 売れるわけでもないので 価値があるわけではない

 ===

 愛にとっては 借金など 勲章みたいなものだ TPPで 不平等に作られた

 郵便貯金の 270兆円が アメリカ様に 没収されても 

 愛の腹は 痛くも かゆくもない 

 むしろ 早く持って行ってほしいくらいなものだ

 ===

 三菱東京UFJは 東電の債権放棄に 応じるみたいだ 何しろ 1兆円もの

 利益を 不当に国民から 絞り取って 説明のしようがないらしい

 わずか2000億円くらい 東電に くれてやっても どうという{ことはない

 ===

 しかしだ 三井住友や 水子銀行などは 対して儲かってないのに 3000億円の

 債権放棄をさせられれば ものすごく 痛いことになる 

 その結果が 

 銀三菱東京UfJみずほ行 になると〜〜〜  ますます お金は 

 不当に 三菱東京UfJみずほ・・・に集まることになるだろう

 ===

 話は 変わるが 最近 一般社団法人が 超簡単に作れるらしいことが分かった

 そんでもって 愛も 一個作ろうと思ってる

 一般社団法人 日本○○協会  な〜〜んて〜〜のを 計画してるんだ

 どうだい もっと 不平等が 拡大するような気がしないかい??
  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧