★阿修羅♪ > 経世済民74 > 642.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
生き生き箕面通信1131 ・それで核開発は止まるのですか――また対米隷従のイラン原油輸入削減 
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/642.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 1 月 13 日 08:53:14: igsppGRN/E9PQ
 

生き生き箕面通信1131 ・それで核開発は止まるのですか――また対米隷従のイラン原油輸入削減
http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/40d5abb93cad8c6e329412ac0fe18f76
2012-01-13 06:37:34  生き生き箕面通信


 おはようございます。
 生き生き箕面通信1131(120113)をお届けします。

・それで核開発は止まるのですか――また対米隷従のイラン原油輸入削減

 アメリカのガイトナー財務長官が来日し、「イランからの原油輸入を削減しろ」と圧力をかけました。安住財務相は「はいはい、そうします」と約束。その後、ガイトナー氏と会った野田首相も同調しました。一昨年秋には、やはりアメリカからの圧力に屈して、「日の丸油田」の象徴になるはずだったイランでのアザデガン油田開発の権利を放棄させられました。

 ガイトナー氏は日本を訪れる直前に中国を訪問し、同じ要請をしました。しかし、中国はあっさり拒否。ロシアも断ることは明確ですから、ガイトナー氏はロシアを訪問することもしません。

 つまり、アメリカのイラン封じ込めは尻抜けです。

 それよりも、イランからの原油輸入が止まれば、原油価格は一気に高騰します。そうすると、イランは輸出量が減っても、手取りの収入は変わらないか、むしろ増えるかもしれないというのが実態です。

 日本はイランばかりでなく、サウジアラビアなど中東各国からの原油輸入に頼っています。それらはほとんどがホルムズ海峡を通って日本に運ばれてきました。その海峡を、イランは封鎖することも辞さないと示唆しています。この海峡封鎖は、世界の一大事。アメリカは急きょ、空母2隻を派遣していざという時に備える態勢をとりました。キューバ封鎖を連想させるチキンレースの様相です。

 日本はイランと良好な関係を築くために長年にわたって営々と努力を重ね、イラン国民の間にも「日本は平和国家」というイメージが定着しつつありました。それが、アメリカの圧力でおじゃんになる。21世紀のこの現代に、世界の目の前で「対米従属」の情けない実態をお見せしなければならない現実。耐えられません。

 イランは北風を吹きつけられれば吹き付けられるほど、核開発にますます固執するのは目に見えています。これまでがそうでした。原油輸入を削減しても、イランの核開発はストップ出来ない可能性の方が高いのです。イランが主張する「平和利用目的かどうか」を、国際機関を通じてもっと粘り強く検証する手続きも省かれています。原油輸入削減は、前のめりに過ぎる。おそらくアメリカの大統領選挙が影響し、オバマ氏は「強い大統領」を演出したいシナリオがあるのでしょう。その露払いとして日本や欧州がまきこまれるのです。欧州各国も、金融危機を抱え、いまはアメリカに頭を抑えられています。原油が高騰すれば、ただでさえデフレに苦しむ日本は、さらに景気後退に直面せざるを得ません。影響は、国民生活全体に及びます。

 こうした状況に対して、今朝の新聞各紙の論調はどうか。読売新聞の社説は「日本が米欧に同調するのは、やむを得ない」と、まず対米追随を良とし、あとは「原油の安定調達へ万全を尽くせ」と言うだけ。つまり、「アメリカさまのおっしゃることはごもっとも。日本はなんとかよそで原油を手当できるようにがんばりますわ」と、アメリカ隷従に慣れ切っています。

 朝日の社説も、「制裁同調もやむなし」と、対米追随路線。ただ、「制裁の強化がイランの譲歩を促す保証はない。国際的な孤立が、かえって核保有への決意を支える事態もありうる」と指摘。「地域の緊張を緩和し、不測の事態を避けるためにも、圧力一辺倒ではなく、やはり対話の努力が欠かせない」としているのはうなずけます。「日本は、米国がイランと国交を断絶した後も、友好関係を維持してきた。独自のパイプを生かして、少しでも事態の改善をさぐりたい」と結んだのは、まあましといえましょうか。

 本来なら、日本はこの地域の平和構築に積極的な役割を果たせる世界でもまれなポジションを有しているのです。そうした役割を果たそうとしてこなかったとがめが、逆に日本を窮地に陥れています。外務省の主流派が、アメリカ追随のアメリカン・スクールで占められている結果が、貴重な機会をむざむざと逃しています。それを大手メディアが、ほとんど批判なく受け入れています。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月13日 11:37:50 : Pj82T22SRI

>対米隷従

これもワンパターンだなw

米国だけでなく、欧州など先進国の強硬な反原子力、民主化重視wグループとの協調路線を止めるメリットとデメリットの判断の問題だ

実際、彼らを説得できる可能性はほとんどない


核拡散阻止へ譲歩狙う米国 “綱渡り”の戦略も
2012.1.12 21:04 [核・ミサイル事情]

 【ワシントン=犬塚陽介】オバマ米政権は「イランの核」がテロ組織への拡散や中東諸国の核開発競争を招きかねないことを懸念し、経済制裁でイラン側の譲歩を引き出す方針を崩さない。ただ、行き過ぎた制裁が原油価格の高騰を招き、米経済に冷や水となることへの警戒感も強く、“綱渡り”のイラン戦略を余儀なくされている。

 オバマ政権は当初、原油高騰を招けば、イランを利するとして経済制裁に慎重だった。だが、11月の選挙を見据えた議会は制裁に積極的で、早期成立が不可欠だった国防権限法案にイラン制裁案を盛り込む“離れ業”を繰り出し、大統領の拒否権発動を断念させて法案を成立させた経緯がある。

 外交筋によると、オバマ政権は中国や他の発展途上国が制裁への同調を拒否するとの見方から、まずは同盟国にイラン原油の輸入削減を求める方針に傾いた。

 中でも日本と韓国、欧州連合(EU)はイランの原油輸出の約5割を占めており、「段階的な削減が実現できれば、原油の高騰を招くことなく、イランに打撃を与えられる」(元政権高官)との計算がある。取引状況に応じて2〜6カ月の猶予期間を設け、著しく輸入が減った場合や安全保障の観点で必要と認められれば、大統領に制裁回避の権限があるのもこのためだ。

 一方、米海軍はアラビア海に空母2隻を展開。イランがちらつかせるホルムズ海峡封鎖は「超えてはならない一線」(パネッタ国防長官)と警告し、不測の事態に備えている。
関連トピックス

米国

関連ニュース

「日本が米国のご機嫌取り」 イラン原油輸入削減めぐり北京放送が報道
イラン大統領、訪問先のキューバで協調を確認
イラン科学者また爆殺…背後にイスラエル諜報機関モサド?
米、イラン科学者殺害への関与「断固否定」
中国、制裁への協力を拒否 イラン産原油禁輸 

[PR]


02. 2012年1月14日 01:44:24 : uBx0ZtljjI
安住淳、お前はクソ小泉と同じ=犯罪者である。お前は、歴史上永遠に、末代まで人間として、世界中の人から咎められ続ける。そしてこれを許す野田総理も全く同様に、末代まで重罪を負う。この罪は非常に重い。安住そして、それを許す野田は、世界人口である70億回以上、死刑となってもまだ足りない罪を負う。

正に「鬼畜米欧資本家」である。この獣らの言う、全く論拠のナイ「核拡散防止」とやら。中国、北朝鮮、インドなどは全く問わないというデタラメぶりに、世界中のまともな人間は、余りのバカバカしさに爆笑し続け、腹の痛さに苦しみ続ける。

何度でも言う。欧米白人資本家は、真性のキチガイである。それは彼ら自身も認めている事実である。

そしてその獣らがそこに見出したものが「ユダヤ教=利己狂信」=「キチガイ悪魔の正当化教」であることは、周知の事実。

我々はこれを止めることは出来るか?彼ら(白人資本)は”出来ナイ”と言う。だから我々キチガイ白人が世界を支配するのだ、それでいいのだと。

だが、これは嘘である。つまり彼らの支配を終わらせる術は有るのである。

今、もはや「ハイエクVSケインズ」などもう古い役立たずの過去の概念となった。

もう次代への、具体的政策、手順、が構築されつつある。

それは、米欧日の”キー獣”が死亡した後、自動的に発動されることになっている。(※それは、民主的な過程を経て、実現化する)


03. 2012年1月14日 10:11:48 : JG6TtHwDBM
イランの「核開発」は医療用の放射性物質を禁輸され、仕方なく再開した、
という説があるぞ。

もしこれが本当なら、禁輸した欧米各国の方が人道的に糾弾される。


04. 2012年1月15日 20:53:04 : 6kuobrWeYc
IAEAの天野は米国の犬だぞ。

Wikikeaksにばらされた。重要な問題で米国の意思に従うと。
そんな連中の出した報告書。目新しい証拠は何もなく、
推測に推測を重ねているのが実態。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧