★阿修羅♪ > 経世済民74 > 643.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
資本主義の危機と経済思想の新潮流・・ハイエク=ロンポールが語られる金融資本主義の暗渠
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/643.html
投稿者 尚林寺 日時 2012 年 1 月 13 日 09:46:26: JaTjL5JPya4go
 

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34281?page=3

「古きものが消え去り、新しきものが生まれ得ぬ。そのような空白期間には、様々な病的な症状が現れる」――。これはイタリアの共産主義者アントニオ・グラムシの『獄中ノート』からの抜粋で、筆者が大学生だった1980年代にマルクス主義者の学生たちが好んだ言葉の1つだ。

当時の筆者は、これを尊大なナンセンスだと感じていた。だがイデオロギーが混乱している今の時代には、グラムシの考察は確かに心に響く。

市場は前進し続けるという、かつての確信は崩れつつある。しかし、グラムシが有名にした概念を用いるなら、思想の潮流において「ヘゲモニー(覇権)」を確立した新理論もない。しかし一部の思潮は、ここへ来て勢力を拡大しつつある。


*****台頭する4つの大きな潮流
筆者が特定可能な中で最も顕著な新しい潮流は、非常に大雑把に言うと、右派のポピュリスト、社会民主主義のケインズ派、リバタリアン的ハイエク派、反資本主義・社会主義者の4つに分けられる。

こうした新しい潮流はいずれも、1978〜2008年に支配的だった思潮への反発だ。当時の思潮には中国の共産主義者、ニューヨークの資本主義者、欧州の穏健左派という名目上の違いはあったにせよ、目を引いたのはこの3者の議論の対立ではなく、むしろ一致点だった。

自由貿易やグローバル化の推進については、世界中の政治指導者が同じ見解を語っていた。格差の拡大は、成長を早めるために払う価値のある代償として受け入れられていた。ケ小平は「豊かになることは素晴らしいことだ」と宣言し、この基調を定めた。ロナルド・レーガンやマーガレット・サッチャーでさえも、これほど的確な表現はできなかったはずだ。

ところが、危機後の欧州では、オランダの自由党からフランスの国民戦線、イタリアの北部同盟に至るまで、右派のポピュリズムが台頭している。

これらのポピュリストは、グローバル化や欧州連合(EU)、移民に反対の立場を取っている。共通するのは、こうした存在はそれぞれの国の国益に反するとの認識がある。さらにイスラムへの敵意は、欧州の右派ポピュリストと、米国のティーパーティー運動の一部とを結び付けている。

これらのポピュリストとリバタリアン的ハイエク派には重なる部分がある。ただし、両者がこだわる対象は別だ。

米国では、共和党の異端児、ロン・ポール氏がリバタリアニズムを旗印に掲げている。ポール氏はフリードリヒ・ハイエク本人と会食したこと、ハイエクと同じくオーストリア学派の経済学者、ルートヴィヒ・フォン・ミーゼスによる示唆に富む社会主義批判を目撃した自らの体験を好んで引き合いに出す。

これを考えれば、1月3日のアイオワ州の党員集会の後、ポール氏が述べた「我々全員がオーストリア人の仲間入りをしたと宣言できる日を心待ちにしている」という不可解な発言にも、納得がいくというものだ。

リバタリアンは現在の危機について、原因は資本主義の行き過ぎではなく、過剰な国の介入にあるとする点で、他と意見を異にする。オーストリア学派から見れば、資本主義の危機に対するケインズ派の「治療法」は、病気そのものよりたちが悪いということになる。

ポール氏は、米国があまりに力を持ち過ぎた国家によって苦境に陥れられたという、同国の右派の間で広がる強固な確信を、最も純粋な形で提唱する人物だ。

政府を18世紀の水準まで小さくすべきだという要請は、欧州では一般的でない。しかし、中央銀行の行動が通貨を下落させかねないというポール氏流の疑念はドイツでも根強い。ドイツでは、ハイエク主義の右派が、欧州中央銀行(ECB)のオペや破綻国家の救済に恐れをなしている。

こうした経済思想の潮流は西側諸国に限ったものではない。英エコノミスト誌のサイモン・コックス氏は最近の記事で、景気浮揚における国家の役割を巡る中国の政策論議も、ハイエク派対ケインズ派の様相を呈していると指摘した。


*****ハイエク派対ケインズ派社会民主主義者
西側諸国では、ハイエク派の最強の敵はケインズ派の社会民主主義者だ。こちらは景気刺激のカギは赤字国債の発行による歳出と考えており、これは多くの場合、より能動的で拡大志向の政府を求める動きと同時に実施される。

歳出を増やす余裕がない欧州では、社会民主主義者は巨額の金融取引に対する規制の大幅強化、産業政策の復活、そして格差対策の強化などを主張している。

バラク・オバマ米大統領に「社会主義者」のレッテルを貼ろうとするのは馬鹿げているが、同大統領を社会民主主義者と呼ぶのは間違っていない。

オバマ大統領は資本主義を否定しないものの、国民皆保険制度や再分配的な税制の実施を掲げるより能動的な政府を通じて、資本主義の過酷さを和らげようとしているのは間違いない。中国からチリ、インドからエジプトに至るまで、格差が世界的な懸念になっていることは、これもまたグローバル化したトレンドであることを示している。


*****ソ連崩壊で共産主義が負った痛手
極左が今回の経済危機に乗じられなかったことは、ソビエト連邦崩壊による共産主義の信用失墜がいかに大きなものだったかを示している。だが、欧州での大量失業は、反資本主義運動が復活する条件を整えるかもしれない。

現在、ギリシャに2つある極左政党は約18%の支持率を得ている。「ウォール街を占拠せよ」というスローガンの下に集まった多種多様なグループの中には、純粋な社会主義者も含まれている。そして、中国では力強い新たな左翼運動が起き、毛沢東主義にリップサービスしている。

これらの新たな思潮のうち、どれが新時代を方向付けるかは今後の出来事にかかっている。ほとんどの人は自らの置かれた環境とニュースに翻弄されていくはずだ。
通常の状況であれば、筆者が支持するのは社会民主主義への流れということになるだろう。ティーパーティーは筆者の性に合わない。
だが、筆者はこの週末、欧州の銀行や各国の救済のためにつぎ込まれる可能性がある金額として、これまで以上に途方も無い推定額が挙げられている新聞記事を読んで過ごした。さらに新聞のページをめくると、EU内における保護主義と規制強化を求める内容が目に入った。

その後、少しは気晴らしでもしようと、映画を見に行った。サッチャー氏を題材にした新作「The Iron Lady(邦題:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙)」だ。このような週末の体験を経て、筆者の今の気分は不思議にオーストリア学派に傾いている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 佐助 2012年1月13日 16:36:55 : YZ1JBFFO77mpI : gHqpcm4bVU
第二次世界信用収縮恐慌の一番の要因はドル一極の崩壊が近づいたことによる,ユーロ・円三極への移行が根因です。2008年にスタートしたドル崩壊の妖怪が第二次世界信用金融恐慌の二幕三幕フアンドの崩壊でその姿がまもなく見えてきます。日本の巨大地震の影響ではありません,世界で膨張してしまった巨大なドルは行き場がなくなってしまったのである。ドルの信用失墜も大きく崩壊は避けられない。日本にカネ寄こせと迫り狂う米国も,国家を建て直すことは最早不可能といえる。

需要が供給の倍以上になると、どんな商品でもバブルが発生する。そして、需要が供給の半分以下になると弾ける。バブルが弾けドル覇権の衰退なので,資本主義が崩壊するのではない。ただ自然エネルギーから産業革命が進み自給自足・共存共栄システムが早まることになろう。

日本は消費者の所得は増やさないまま、生産工場を海外に移転して国内市場が縮小してしまいました、なので消費者物価のインフレは発生することがないと言える。しかも内需の崩壊は止まらない。円高で益々落ち込むことになる。米国はリーマンショックでキンとドルのリンクを宣言しようとしたが安定したのでやめたことがある。米国は金本位制採用に踏み切らないとドルの崩壊はとまらないでしょう。

米国の世界覇権の衰退は日本の国是を根幹から揺るがす。米国の不況の深化は、暴動や反政府活動など、米国内政治の混乱に結びつきそうだが、その状態が長引くほど、日本は米国に頼れなくなる。在日米軍の空洞化も強まる。対米従属ではなく米中等距離の外交戦略を掲げる地方分権酋長政党が日本に登場し、政権をとるとアメリカは救われることになる。

キンは高騰すると生産量を低下させる唯一のレアメタル(希少生産金属)であることを指導者たちは忘れている。キンは、膨張した基軸通貨を収縮させ、安定させます。世界経済は、もう一度キンによって、膨張した基軸通貨を収縮させ、安定させざるをえなくなる。特に日本経済は需要(市場)が供給(生産能力)を下回っているので生産量を低下させるキンとのリンクすると膨張した基軸通貨を収縮させ、安定させられるし通貨の仲間入りも可能になる。しかし安定させなければ国内はドロ沼に落ち込むだろう。

デノミ(基準通貨アメロへの切り替えや,印刷済みの新ドル)や自作自演や量的緩和策や戦争を仕掛けても消費市場が縮小しているのでチャラにしても粉飾の価格吊り上げが限界に来てすべて暴落する。つまりドル、株価、債券(国債)の3つともが目出度く暴落するということ。アメリカ経済は膨張した基軸通貨を収縮させ、安定させざるをえなくなっています。

米国債は世界の債券市場のベンチマークとなっているため、そうなれば全世界の国債のみならず、株式や他のリスク資産全体に売りが広がるのは無当たり前,複数基軸通貨(多極化)の時代になるまでのドタバタ喜劇である。

円が200円になっても景気は回復しない,政府が法人税減税やバラマキしても需要より供給(生産能力)が上回っているためと後進国のインフレ投機バブルに注ぎ込まれてしまう為にバブルは破裂がどんどん加速しているからである。また長期大不況の原因を為替変動に全責任を転嫁させることが大きい。特に大マスコミの捏造煽り大合唱と捏造世論操作が痛い。

しかし「ドルと米市場が崩壊」日本にとって敗戦以来の大転換となりうる。日本にチャンスが訪れる。ドルが崩壊して決済通貨・備蓄通貨として使いものにならなくなり、米国の不況が悪化して米国が消費大国でなくなったら、日本経済にとってのドルや米国の価値は大幅に下がる。ドルと米市場が崩壊したら、その後の日本は、ドルではなく円を使って貿易決済した方が良い状態になる。日本製品を輸出する最重要市場は、米国ではなく中国になる。日本人が最重視すべき為替相場は、円ドルではなく円人民元になる。日本は、円を含む多極型の通貨体制を認めざるを得なくなり、中国にも人民元を切り上げて多極型通貨体制に入るよう求める必要が出てくる。


02. 2012年1月13日 16:37:20 : rnllMyHXeU
経済学よりお経の方が学問的だ
近代経済学なんて糞のやくにもならん

03. 2012年1月13日 16:53:01 : rnllMyHXeU
市場は強欲な人間や組織を生む
もはや公共事業でばら撒いても何の効果も無い
何故なら少数の大手ゼネコンが談合で落札する
しかし、下請けに仕事をさせる時数多い下請けにアホみたいな価格で仕事を持ち掛ける
嫌ならいくらでも他に回すぜだ
仕方なく下請けは嫌々受ける
大手ゼネコンは儲かるが、奴らは溜め込む
即ち、国の金をネコババと同じ
これが市場原理の成れの果てだ
大金持ちが金を溜め込み、世の中に金は回らないのだ
ロンポールにいいたいことは、お前馬鹿だろだ

04. 2012年1月13日 18:06:53 : txKoq6KBVw
【超速報】イタリアで預金引き出し制限発令か!1週間で1000ユーロ以上引出不可能!取り付け騒ぎ・預金封鎖開始へ!!!!


http://www.news-us.jp/article/245254889.html


05. 2012年1月14日 02:14:20 : cPIJgl1gMc
近経もマル系も屁理屈で騙すインチキ。ロンポールも中のひと。

世界経済は恣意的に運営されてる個人商店のインチキ博打。胴元が割れてるのだから、もう分厚い本を捏造しても駄目よね。

ウオールストリートのデモはイルミナテイカードにありましたから予定どうりの昔からのアジェンダ。世界経済の破壊と新しい騙しと強奪の社会に組み替えるためのヤラセの危機。

イタリアの引き出し制限は世界に飛び火しますよ。今の金は使えなくなるよ。政府債務を戦後のように全部踏み倒すよ。3月の東京地震と汚染の拡大と東日本放棄と全部セットで始める用意してると思うよ。世界同時に政府と金をを廃止するべく動いてると思うよ。生き残れないよね。

ハイパーインフレとデノミと新通貨のイルミナテイカードも確かありましたよ。順次演目を公開してくれてるんだからありがたいよね。次は宇宙経済学とかニューエイジ経済社会とか作って馬鹿を騙すんだろうね。


06. 2012年1月14日 10:32:23 : bA1PFVByqo
投稿者さんは、支配体系をまったく無視(知らない?)。わざわざピラニアに食いつかれやすい記事の投稿を。理解に苦しむ。ここで、ロン・ポールの値打ちを下げたいの?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧