★阿修羅♪ > 経世済民74 > 699.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
デフレ(スパイラル)の原理と消費税のお話
http://www.asyura2.com/11/hasan74/msg/699.html
投稿者 一言主 日時 2012 年 1 月 20 日 14:28:26: AlXu/i8.H/.Es
 

デフレの原理と消費税のお話

消費税を引き上げるとなぜ日本経済は破綻するのか。それは消費税を上げるとデフレスパイラルを引き起こすからです。

現在のデフレ下において消費税を増税することは、著しい経済の縮小を招き、税収減をもたらします。場合によっては一気に日本は破綻するでしょう。

なぜなら消費税の増税は、デフレスパイラル(経済の循環的急下降:経済的恐慌)を起こす原理だからです。
消費税の引き上げは、市場から資金を一気に大幅に減少させます。これがデフレスパイラルを惹起するのです。

問題はこのことを現政権下の民主党指導者や、自民党、官僚、経済の専門家、そしてそれを後押しする新聞などのメディヤが全く理解していないことです。

彼らは消費税を増税して財政が再建されるとか、日本経済にとって少しは増しになると本当に信じているようです。

しかしデフレ下での消費税の増税ほど経済的悲劇を招くものは他にありません。日本経済を潰す愚行です。

デフレ下では消費税の増税は如何なることが有ってもしてはならないものなのです。それが常識になっていないところが現在の日本の苦境を示しています。

よく新聞紙上などで、無駄の削減が先だ、とかこれ以上歳出カットができないところまでやってからだとか言って、消費税の引き上げを賛成をさせようとする論調を見かけるが、消費税を上げればそのような無駄の削減などあっと言う間に吹っ飛んでしまいます。

公務員の給料の5割削減や、議員数の削減など、消費税の増税の前では何の意味もありません。

震災復興も、デフレ解消もすべて夢物語となり、再建不能な日本を次世代に残すことになります。消費税の増税を行えば今以上にはるかに悪くなり次世代どころか現世代が大敗北を喫するでしょう。

ただ民間の経済の収縮と連動しない公務員だけが得することになります。

また消費税の増税を掲げる政治家の方が真っ当であるかのような書き方をしたり言ったりする新聞やメディヤがありますが、彼らは経済のことを全く知らない、単に新聞に躍らされたピエロです。単なる匹夫の勇に過ぎないのです。

このデフレ下で消費税増税を掲げると選挙で負けるのは、当然です。国民の正しい判断です。逆に消費税増税法案などが通れば日本は終わってしまいます。

消費税の増税というのは、資金を市場から奪うという行為です。これを大幅に行うとデフレスパイラルを誘発します。バブルの時や正常な経済の時にこれを行っても、やはりデフレスパイラルは起こっているのです。
しかしその場合、バブルであれば、市場の過熱を抑える政策となり調整的政策となります。実際に日本はバブル時に消費税を3%に引き上げ成功しています。

消費税というものは、時機と利率さえ間違わなければ管理できるものです。日本はバブルを潰すために消費税を15%ぐらいまで引き上げればよかったのですが、当時まだそのような理論がなく、バブルのつぶし方を間違えたのです。

逆にデフレでこれを行うと、橋本政権で行なわれた2%の増税でも一気に破綻の縁まで追いやられるのです。現状の日本はその当時より一層デフレが進んだ苛酷な状況にあります。

この時機の消費税の増税は論外です。消費税の増税は100%デフレスパイラルを惹起します。デフレ下で行えば一気に破綻に追いやるでしょう。

税収も増えません。増えるというデーターが示されていますが、それはまやかしに近いものです。そのことは、1997年の消費税の5%にしたことが物語っています。その時は今より日本全体にまだまだ資金的な余裕がありました。2%上げただけで日本経済は停まってしまったのです。そしてなお下降中です。

社会保障と税の一体改革なるものが、消費税の増税による社会保障の充実を目指すものなら、デフレ下において行うことに、なんら経済学的な根拠はありません。何の効果もなく、見るも無惨な光景が展開されるでしょう。

税と社会保障の一体改革は、デフレ下で行えば経済を破壊するものであり、社会保障の一層の崩壊を意味しそれどころか日本をデフォルトさせるのです。なぜ彼らがこのような馬鹿げた破綻策を積極的に取ろうとするのか全く理解できません。


*それでは、消費税の増税はなぜデフレスパイラルを招き、恐慌を起こすのでしょうか。

1、デフレが生じる原因
それには先ずデフレ市場とはどんなものかを知る必要があります。

デフレは、生産能力が失われる事なく、資金量が著しく減少した市場です。その結果生産量に比べ消費が著しく不足し、製品やサービスが過剰になり、激しい競争から製品やサービスがどんどん低価格化し、製品やサービスの単位辺りの付加価値(利益額)が減少します。それが所得の減少をもたらし、税収減になります。

所得が減少しても国民負担額や、税の負担額、借金額が変わらないため、市場から資金が税金として、又は、借金の返済として市場から奪われます。そして国民の可処分所得が下がり、消費額が減じます。

その結果我々の消費に使える分が前より少なくなり、経済はその消費に合わせた経済規模に縮小することになります。この循環を繰り返す市場がデフレ市場です。

普通の市場がこのようなデフレに陥る原因は、
資金が大量に市場から急激に、減少することです。

デフレになる原因の一つに、金融資産や、株式市場の崩壊が上げられます。
他に、戦争賠償金の巨額の支払いのようなもの、あるいは、ユーロの崩壊による、ヨーロッパ諸国の金融機関の大規模な債務などが考えられます。巨額の債務を大増税により資金を民間から徴収することにより市場から大量に資金がなくなるのです。


日本のバブルを例に取ると、金融資産、株式市場、土地価格の暴落により、多くの資産家が莫大な借金を背負ったため、その借金の返済のため、資金が実体市場から流出し、消費額を大幅に減らしました。市場全体の消費額が市場全体の生産額以下になることによりデフレが始まります。

これは需要と供給の差から生まれるものではなく、需要があっても買えない消費不足の状態なのです。いわゆるお金が無いから買えない状態です。

デフレ市場は生産量より消費が著しく少なくなっており、その差額を貯蓄により補うことができない市場なのです。(全体の借金が貯蓄を上回っているからです。)

デフレ市場の特徴のひとつは、資金が循環的に市場から流出し、市場がどんどん金詰まりになっていくことです。やがてどの産業も、企業も儲からなくなり、最後には市場経済が成り立たなくなり終わります。


消費税の引き上げはこの金詰まり状態からさらにお金を奪うことになるのです。

このようなデフレ市場の特徴を所得線を描くことによって簡単に表すことができます。

デフレ市場の所得線を描くと、45度線より角度の下がった所得線が支配する市場になります。これがデフレ所得線というものです。生産量を横軸にとり、資金量を縦にとりその交わる点が所得です。
(http://www.eonet.ne.jp/~hitokotonusi/syotokusennosuiizu20120119.html)


正常な経済の場合、生産量の増大に応じて資金量も増えるため、所得線は45度で描くことになります。しかも生産量が貯蓄が十分に存在する程度の大きさになります。図ではIの資金量とFの生産量です。

これに対してデフレの所得線は、45度以下の角度の所得線で描かれます。生産量に対して(あるいは生産能力に対して)資金量が著しく少なくなっている場合の所得線です。C、Dの所得線です。

逆に45度以上の所得線が支配する市場がバブルとかインフレといわれるものです。ここでは詳しく述べませんが。Aがバブル所得線です。

バブルの時、消費税を引き上げるとやはり資金が少なくなりますが、所得線Cまで落なければ、経済の引き締めで終わります。しかしC線まで下降すると、デフレに陥ります。循環的な経済縮小過程です。(デフレか否かは、全体の借金が貯蓄を上回るかどうかが目安になります。)

こうなると今までの普通の経済政策では、デフレから抜け出せません。

デフレ所得線が45度以下に下がっているのは、市場の資金量が生産量に比べ著しく少なくなっている結果です。そのため資金量と生産量の比率が変わっているからです。生産量1に対して資金量は1以下であり、物よりお金の値打ちが高い市場です。

簡単に言うと正常な経済よりお金がなくなっているのです。金詰まりです。

デフレ市場やデフレスパイラルの生存競争を説明するのに市場をゴルフトーナメントに置き換えると分かりやすいでしょう。

ゴルフトーナメントの賞金総額が正常な経済の場合が10億、バブル経済が15億、デフレ経済が5億の市場としましょう。

優勝者の賞金が、30%、2位が10%、3位が5%、4位以下が2%、などと決められています。

正常な経済であれば、優勝者は3億もらえ、2位は1億、3位は5千万と言うふうに決ります。
しかしお金が少なくなったトーナメント市場では、例えば5億円の市場では、優勝者は1億5千万、2位は、1億、3位は2千5百万となります。

しかし優勝者の実力は、変わりません。例えばタイガーウッズが勝者なら、バブル市場でも、デフレ市場でも、正常な市場でも実力が変わらないにもかかわらず、優勝賞金額が、バブルでは4億5千、正常では、3億、デフレ市場では、1億5千万になります。

彼の実力が劣化したわけではありません。実力が同じでも、全体の市場の資金が少なくなったため、貨幣的評価が少なくなったのです。

デフレ市場とはこのようなものなのです。同じように働いていても実入りが悪くなってくるのです。競争により少なくなったお金(資金量)を取り合いするからです。

日本はバブルの大崩壊により、バブル市場から一挙にデフレ市場へ突入したのです。それがA線からC線への移動です。
莫大な借金が、貯蓄量を越え、資金が市場から流出し、消費が不足した市場が出現したのです。自分たちが生産したものを全部買うことができない市場です。

デフレスパイラルの原因は、生産量(または生産能力)が変わる事なく、一気に大幅に資金が(実体)市場から減少することです。

この資金の一気の減少が所得線の角度を下降させます。この下降中がデフレスパイラルの期間であり、経済が循環的に縮小する大恐慌を呈するのです。資金の減少と共に、経済が縮小し、資金の低下が止まった地点で、一応の均衡がなされます。

1929年のアメリカの大恐慌、1990年の日本のバブルの崩壊、2007年のサブプライムの崩壊からつながるリーマンショックも同様なものです。

デフレ市場は低価格商品が増え、製造コストが上がり、利益額が下がることが分かります。正常な経済と比べると、ものをたくさん作り、しかも製造コストが高く付き、低利益で販売していることが分かります。

どの企業も製造コストが高く、利益率の低い、脆弱な不安定な企業であることが分かります。倒産しやすい、信用不安な経済基盤になっています。

2、)このようなデフレ所得線が支配する市場において、消費税を取るということは、どういうことでしょうか。

デフレ市場とは、元々金詰まりの市場です。

消費税の税率がアップされると、物を買うごとに、増えた税金が政府に徴収されることになります。無理やり市場から資金が無くなっていくのです。
金詰まり市場からさらにお金が奪われるのです。

それは、ゴルフトーナメントが5億の規模から3億の規模に縮小されることを意味します。これは再び競争のゴングが打ち鳴らされることを意味します。

各企業は一斉に動き始めます。

今まで5億の規模でそれぞれの企業が棲み分けしてきたものが、2億の資金が減少したため、少なくなった3億の規模で生き残るため壮絶な競争が開始されるのです。ものを作り、販売し、サービスを提供して、お金を取り合いするのです。少なくなったお金の取り合いです。

この競争過程で、経済が循環的に縮小するのがデフレスパイラルです。それは所得線の角度が下降し3億の規模に応じた生産量が定まるところで再び不安定ながらも一応の均衡がなされます。

デフレ線Pがその到達点です。

私達、民間企業は、この2億円の資金の消滅により生じた売上の減少を市場全体で受け止めることになります。これが消費税増税により生じることです。

2億円の資金の消滅は、多くの企業淘汰を生み出し、生き残った企業も、前よりも売上が減少し、利益率がさらに悪くなり、借金が増え、人員削減から、失業やが増え、生活保護所帯がさらに増大し、税収が下がります。

消費者はこれに呼応して、生活維持のため、より安いものを捜し求める必要が生じ、市場はますます新興国の低価格商品が跋扈することになり、国内企業はますます淘汰され、失業者が増大し、さらなる社会保障費が必要ななります。

これが消費税増税で引き起こされる光景です。

上記で、デフレスパイラルの原因は実体市場で生産量がそのままで、資金量が一気に大幅に減少するからであると言いました。

消費税を引き上げることは、まさしくこれに該当するのです。

消費税の引き上げは、生産量が変わらず、資金量が市場から一気に著しく減じることになります。それはデフレスパイラルを惹起することになります。

その結果製造業者は、その少なくなった資金を取り合う競争をしあい、激しい淘汰に翻弄されながら、よりコスト高の利益の少ない、市場を形成していくのです。


消費税を今より10%引き上げると市場から資金が確実に10%なくなります。生産量は変わりません。企業の生産能力は変わらないのです。しかし資金量が確実に即座に(消費税の増税が施行された地点で)減少します。これがデフレスパイラルを惹起するのです。

その結果再び企業は棲み分けのための生存競争を始めるのです。

このことは1997年の日本の消費税の2%引き上げ
により実証されています。

消費税の引き上げは、日本のバブルの崩壊、1929年度のアメリカの大恐慌などと同じ原理なのです。自然発生的か政策的か、あるいは、大規模か、否かです。

消費税は政策的にデフレスパイラルを起こせるのです。我々人類は、既にこの素晴らしい知識を手に入れているのです。

これをデフレ下で使うことがどんなに馬鹿げたことであるかだれでも分かることです。

デフレ下の消費税の引き上げは、このようなすさまじいものであり、現在金融円滑化法で救済されている数十万の企業は、倒産せざる負えないでしょう。

また、欧米のデフレによる変調は、資金が日本に集まる構図となっており、日本のデフォルトは資本主義の終焉となるでしょう。

消費税の引き上げは、政局がどうの、税の逆進性がどうの、無駄の削除、社会保障の充実がどうの、財政再建云々、経済成長がどうのなどとは次元の違うものです。

もしもデフレ下で消費税を引き上げるようなことがあれば、後世、世界から、もの笑いの種にされるでしょう。日本の次世代から何ということをしてくれたのだと嘆かれることでしょう。

消費税の現下の引き上げは、とにもかくも経済破壊そのもなのです。

一言主。
http://www.eonet.ne.jp/~hitokotonusi/
http://blog.so-net.ne.jp/siawaseninarou/
敗戦と戦後の復興:デフレと震災復興参照ー特に最後の船中八策はデフレ脱却の最重要事項です。

番外:(普通の国ならこんな馬鹿げたことはしないと思いますが、何しろ日本です。東条軍事内閣とメディヤの結託して起こした太平洋戦争のように、いままた民主党 菅、野田内閣とメディヤの結託により破滅に遁走しています。理論はそうだが実際は違うとでも言うのだろうか。

原発はまだ終焉していないが、もう輸出をしたり、60年廃炉など言い始めている。私達日本国民はまだ今の原発管理体制にOKを出していない。なんら同じ惨禍を被らない態勢を政府は取ってはいないのだ。)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月20日 15:49:34 : cqRnZH2CUM
>消費税を上げるとデフレスパイラル

調べればわかると思うが
駆け込み需要の後、暫くは必ず実需が減り、デフレ圧力が高まるが、
スパイラル的に下がるかどうかは、金融政策や、失業・生活対策の財政政策で決まる話だ

だから今の空洞化と少子高齢化が進む日本ではスパイラル的に下がり続ける可能性は低いね

逆に多くの投資家や日銀が予想するメジャーシナリオにあるように、世界景気がH13から回復するなら、円安も重なってインフレ圧力が高まっていく可能性の方が高い

まあ欧州破綻や中国崩壊などマイナーシナリオが実現する可能性もあるから、市場環境や雇用、インフレ率など様子見で、柔軟に行うかどうかを判断するのが一番いいだろう

http://allabout.co.jp/gm/gc/71348/


02. 佐助 2012年1月20日 16:46:13 : YZ1JBFFO77mpI : gHqpcm4bVU
世界信用収縮恐慌で少なくとも消費税増税するとテフレの解消にはならない,経済成長戦略も景気政策のない夢のような社会保障・税一体改革案はペテントラップ(罠)法である。消費税増税は政官業報による巧みな“税金横領システム”が作動したことになる。消費税増税でお金を吸い上げ彼ら役人はしめしめと食い潰し天下り既得権益に謳歌してしまうのである。

増税したお金は、実体経済ではなくピンハネ流用ネコババ.それを「盗人の上米取る」奸悪な政権,上には上がある,官僚の大泥棒。お札を刷っても刷っても国債を発行しても発行してもすべて食い荒らして食べつくすのである。我々庶民は愚かなもので,悪法であることに気づかない,そして国家は手を替え品を替えて奪っていくのである。

問題は一流の経済学者達に出資して大儲けしていた顧客リストには、政府,政権党政治家、高級官僚(天下り)、日銀、金融,産業の指導者(経団連など),がいるのに知らない,忘れたと隠し献金問題などに矛先を変え国民にはリストも公開されていない。挙句に金持ちだけ救済、貧乏人は自己責任のツケにする国家の指導者たちである。そして信用恐慌や日本崩壊させる犯人は国家の指導者たちである。

消費税増税・一括関税引き下げ(TPP参加)・二国間貿易協定・貿易拡大・外資導入・緊縮財政・信用の拡張・補助金などで乗り切ろうとすると。すべての企業は内需の縮小を外需の拡大でカバーすることは不可能になる。さらに内外の市場の縮小は加速される。

知っていますか「消費税の逆進性」なので収入の少ない人が倍以上の消費税負担率となりますよ。そして国民に耐乏を強制して古今未曽有のパニックを迎えることになる。

そして消費税は国全体の売上を直接下げるものである(消費が低迷する)。これに対して法人税、所得税は、売上の中から利益を出しそれをどのように配分するかの問題である。消費税増税で激しい経済縮小が起こり、低価格競争と、所得低下が循環的に繰り返される。雇用が減り所得も減り、物価が安く、株価が底をつくことになる。

消費税増税の是非が議論される時に、「消費税は公平だ」と言う「嘘」に誤魔化されないようにすべきである。

「税金を払う人が地獄なのに、税金で食っている人が極楽」(河村名古屋市長)

アダムスミスの「神の見えざる手」に期待する国家
資本主義経済は国家が干渉せず自由放任しても「神の見えざる手」によって需要と供給の均衡が回復することに期待し続けてきた。売れない商品を過剰に発生させるようするに不要に過剰生産を続け,そして、企業レベルでは見切り・縮小・倒産を発生させて市場は均衡を回復する。これが「神の見えざる手」の正体なのだ。消費税で弱者切り捨て,弱肉強食の社会を構築したのである。

日本のデフレは、日本の生産工場を半分移転することによって、労働者の収入が抑えられたために維持された。企業はデフレ=価格上昇できないために「偽装」努力していたことがわかっている。

国内で値上げされた物価や公共料金が簡単には下がらない。低賃金国に間接・直接的に5割以上も依存しているために,国民所得を上げられない。公務員の給与も下げられない。民間の給与は下がり続け,仕事も低賃金国に取られてしまった。消費税増税で沈没、物価3分の1、雇用も3分の1、株価も10分の1まで落ち込み、都市ガスは止まり自殺。犯罪大国になり凄惨な地獄絵図が展開されるだろう。


消費税増税は水のあふれた河と同じです。次々と予期しない箇所から水がもれ、水位を下げないと、堤防は次々と決壊します。政治と経済の指導者は、堤防の決壊個所の修復に追われても、水位を下げないために、水漏れ箇所が増え、新しい箇所が決壊します。自然は雨がやめば水位が下がりますが、世界信用恐慌の水位は、膨張した通貨をキンに吸収縮小させなければ下がりません。こうして、予期できない出来事が、次々と発生するため、パニックは連続するのです。

そして現在の日本は衆遇政治が続き、人類史上類をみない「泥棒国家」(クレプトクラシー)である。民主主義国家ではありえないとされる一部の特権階級によるオリガーキー(寡頭政治)が行われている国であり、 本当の意味での国民の代表者が政治を行っていない。大マスコミと官僚(検察)も「義」を見失い、それは劣化の道を歩んでいる。

【財源は消費税上げなしで出来る】
公務員制度改革で10兆円、特別会計運用益の一般会計繰り戻しで5兆円、累進課税強化で5兆円、輸出消費税還付見直しで4兆円、租税特別措置見直しで1兆円、合計25兆円の財源が消費税上げなしで出来、かつ、消費に大きな影響が無い。なお特別会計運用益は、無駄削減と合わせれば合計10兆円と指摘する識者もある。これなら合計30兆円である。

社会保険と共済を一元化すれば現在の消費税を全額基礎年金に回せるし,一元化でムダな財源が出てくる。しかし巨額の国民資金を扱う日本年金機構(職員は共済)や省庁の周辺に鎮座する独立行政法人や公益方針の改廃はできないだろう。

それより天下りに毎年12兆円を超える国民のカネが流れ込んでいるし、道路特定財源(6兆円規模)も、社会保険(100兆円規模)も巨額である。現在、特別会計は別の会計であるが、これを普通の企業のように連結会計にし、全体で政府予算とする。特に独立行政法人や公益法人の中には、存在意義不明の機関もあり全体を再編改廃するべきであろう。

今日では、紙幣を印刷すれば、百倍の赤字を埋めることができる。それなのにナゼ、国家は、紙幣や国債の増発を避けるのだろうか,将来に必要な巨大な年金や保険を、できるだけ増やそうと思ったが、食いつぶしてしまった年金保険の役人が、国家に責任が及ばないよう切腹させられるのはナゼか?

【海外に生産加工が移転しているのでインフレは妄想にスギナイ】
それは、政府官僚たちは紙幣と国債を増発して穴埋めするとハイパーインフレとなり、米騒動的な全国暴動に波及して、国家が転覆すると恐れているためだ。デフレで放置すると暴動などが全国的に波及しないと思っているのである。だがインフレ待望論者は、インフレを起こせば、国家や企業の赤字は、手品のように消えてなくなる。と同時に、利益のない低価格に悩む企業を助けられるという妄想を抑えることができない。

金融商品と原材料の値上がりを放置しながら,消費者の所得は増やさないまま、生産工場を海外に移転すれば、どうなるか,当然国内市場が縮小する。そして消費者物価のインフレは発生することはない。そして、輸出の好調のセイで、3年半ごとの景気循環さえ見えなくなる。だからバブルの膨張が頂点で爆発することも予測できなくなる。そして世界経済は関税引き下げと通貨切下げ競争で、長期間悪夢にうなされることになる。

今回の世界金融大恐慌の妖怪の姿はまだ見えない,しかしドルと株の暴落で、その妖怪の姿が誰の目にも見えてくる。

「消費税(付加価値税)は国民経済を破壊する“悪魔の税制”:消費税なら物品税の拡張適用が本道」
http://sun.ap.teacup.com/souun/1437.html#readmore


03. 2012年1月21日 03:18:54 : sUpHQ8Q75g
>>01
>スパイラル的に下がるかどうかは、金融政策や、失業・生活対策の財政政策で決まる話だ
>だから今の空洞化と少子高齢化が進む日本ではスパイラル的に下がり続ける可能性は低いね

あまりに的を外し過ぎてる意見なんでうっかり見落とすとこだったw
デフレスパイラルっていつの頃からかずっと言われてるが
未だにデフレから脱却できてないのが現実だ罠

そんな簡単な話しなら
金融政策と財政政策で早々にデフレを食い止められなかったのは何故だ?
日銀や財政当局が無能だからデフレを止められなかったのか?
方法は知っていながら意図的にデフレを放置したのか?

前者なら関係者全員免職
後者なら関係者全員刑務所逝きだろ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民74掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧