★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12 > 410.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国のウィキリークス潰しとアサンジュの反骨魂  天木直人 
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/410.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 26 日 15:42:07: igsppGRN/E9PQ
 

米国のウィキリークス潰しとアサンジュの反骨魂
http://www.amakiblog.com/archives/2011/10/26/#002066
2011年10月26日  天木直人のブログ


 ウィキリークスウォッチャーである私には、このニュースは見逃せ
ない。

 ウィキリークス代表のアサンジュ氏が24日声明を発し、資金不足
のため米外交公電の公開を停止する、と表明したという。

 資金不足に追い込まれた理由は米国が資金源を断ったからだ。

 数千万ドル(数十億円)の寄付金が入らなくなくなったからだ。

 クレジットカードやネット決済による資金集めの手段が打ち切られ
たからだ。

 米国がテロ対策や金融制裁に使う常套手段だ。

 どこまでも卑劣な米国だ。

 資本主義の世の中ではカネの流れを止めるのが最強の弾圧手段である。

 北朝鮮を締め上げ、ヤクザの活動を封じ、そして今度はウィキリー
クス潰しである。

 米国にとってはアサンジュ氏はテロやヤクザに劣らない外敵であると
いうことだ。

 さすがのアサンジュ氏も活動を停止せざるを得なかった。

 しかし記者会見でアサンジュ氏は明言したという。

 公開停止は口座閉鎖に対抗するためだ。今後は資金集めに集中する。
必ず米外交公電の公開は再開する。米国の卑劣な圧力に屈しない、と。

 私はここにアサンジュ氏の真骨頂を見る。反骨魂をみる。

 米国の不正義に、姿を見せてここまで挑戦する一人の人間を私は見た
事がない。

 私は繰り返し書いてきた。

 アサンジュ氏の言動をどう評価するかによってその人間の本質が分かる、
と。

 権力側に立つか、権力の犠牲になった弱者の側に立つか、そのリトマス
試験紙である、と。

 米国はアサンジュ氏に勝つことはできないだろう。

 米国がアサンジュ氏に勝つためには不正義を止めるしかない。

 不正義がなくなればその瞬間にアサンジュ氏の活動は終わる。

 私はアサンジュ氏の側に立つ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月26日 20:55:04: WLYtFfPZBs
天木直人はあいも変わらず自らの欺瞞を他者に見透かれているのが判っていないようだ。「権力の犠牲になった弱者の側に立つ」だって?よほど高い志をもって外務省という権力の権化に入省したんだろうな。

02. 2011年10月27日 17:21:40: KKB8avHD4U
アサンジ氏とウィキリークスは
インターネット監視の法律 サイバー・セキュリティ方成立のための仕掛けである。
つまりペンタゴン側の人間であって、決して正義のヒーローではない。
マスコミが取り上げるものはやらせである。

サイバー・セキュリティ法
この法案は、大統領に、民間のコンピューターをインターネットから切断する無制限な権限を与えるものである。

本当に正義の為に戦っている人間は 人々に見せないように、存在が気づかれないように情報操作されるはずだ。


03. 2012年7月07日 00:26:25 : X3RVCgl6lo
目だった行動をとる人を見る度に根拠なく、あるいは薄弱な根拠?で、「CIAの手先」だの「ロスチャイルドの手下」だの、否定ばかりする人は頭が悪いんでしょうね。

時代が違えば「ガンジーはイギリスのスパイ」だの、「キングはCIA」だのと得意げに言っていたんでしょうねえ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧