★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12 > 418.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「天木直人氏の視点ー(2011/10/29)」 (本音言いまっせー! ) 目に余る佐藤優のイスラエル加担の情報操作活動 
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/418.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 30 日 15:05:10: igsppGRN/E9PQ
 

★「天木直人氏の視点ー(2011/10/29)」★
http://blogs.yahoo.co.jp/hellotomhanks/62877533.html
2011/10/30(日) 午前 6:21  本音言いまっせー!


目に余る佐藤優のイスラエル加担の情報操作活動 

善良な日本の国民は気づかないに違いないが、このところ佐藤優の
イスラエル加担情報操作が目に余る。

 それを指摘しておきたい。

 東京新聞の10月28日の「本音のコラム」に佐藤優が書いていた。

 「中東の某情報大国」の友人から聞いた話として次のようなエピ
ソードを紹介している。

 このところ衆議院や外務省のコンピューターにサイバー攻撃が行な
われた事が大騒ぎになっている。

 そのことに関連し、その友人が「ほら、私が5年前に警告した通り
になっただろう」と佐藤優に言ったという。

 その「中東の某情報大国」の友人は、5年前に、「日本はサイバー
攻撃にさらされている危険性がある。わが国の本格的専門家による
チェックを受けて見る事を勧める」、と日本の政治家、官僚、経済人
にアプローチしたが、「その必要はない」と例外なく断られたという。

 佐藤氏はそのような「中東某情報大国」の友人の言葉を引用し、
日本もサイバー攻撃に有効に対応するため、「お雇い外国人」は必要だ、
と書いている。

 「中東の某情報大国」とはどの国か。言うまでもなくイスラエルだ。

 それをイスラエルと言わずに「中東の某情報大国」と勿体ぶって
言いながらイスラエルを宣伝しているところがミソだ。

 そう思ってこの「本音のコラム」を読んだところ、10月29日の
産経新聞を読んでさらに驚いた。

 佐藤優氏の寄稿が大きく掲載されていた。

 その見出しはズバリ、「サイバー情報戦 イスラエルと協力を」
である。

 イスラエルから貰った情報を臆面もなく披露しながら、佐藤優は
サイバー・インテリジェンスの世界では専守防衛はありえない、
テロと闘うイスラエルは、サンバー・インテリジェンスを攻撃として
駆使している、そのようなイスラエルの進んだ情報能力を日本も活用
せよ、と言っている。

 「・・・『蛇の道は蛇』だ。米国、イスラエルなど日本と価値観を
共有する国で、防衛と攻撃の双方の経験を十分に持った専門家との
協力態勢を大至急構築すべきだ」と言っているのだ。

 イスラエルの手先のような人物を日本のメディアはよく平気で使う
ものだ。

 佐藤優の国策捜査批判、外務省批判は鋭い。

 佐藤優はそれに専念していればいいのだ。

 イスラエルから情報をもらってインテリジェンスを語る佐藤は、
その一方で日本の情報をイスラエルに流しているということだ。

 警戒すべき人物なのである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月30日 16:03:58: 4EQmyLJSJY
詐欺師とは最初 もっともらしい事を並べて信用を得てそれから少しずつ嘘を混ぜていって 最後にガツっとやるのだ。典型的だね佐藤優。

02. 2011年10月31日 17:58:26: g4nUzxlLGM
原発の安全管理はイスラエルのマグナBSPがやっているのだろ。

これに官庁のCPの防御システムをイスラエルに任せるのかよ。

もはや日本じゃないな。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧