★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12 > 429.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自動車大手6社が減収減益 円高で利益減「達成感ない」(朝日) 赤字とトヨタと黒字の日産を同じ土俵で語るのか?
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/429.html
投稿者 スカイキャット 日時 2011 年 11 月 09 日 20:13:08: 3nXimNhwS3/Ls
 

12年3月期日産、営業益500億円上乗せ5100億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111102-00000008-fsi-bus_all

トヨタ、営業赤字325億円…9月中間連結決算 
あげくに12年3月期は決算額「未定」つまり赤字の可能性あり
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111108-OYT1T00824.htm

日産だけは別格である。
危機管理の行き届いたすばらしい会社の成長したものだ。
ヨーロッパの経済危機でどうなるかはわからないが、現在絶好調である。
国内生産も100万台を維持すると言っている。
また日産の上期の販売の伸びは18%あまり、この苦境においてすばらしい躍進をしている。
この会社と赤字の可能性のあるトヨタを営業益が下がったからと言って同じ土俵で語るのか。
朝日はまともな分析記事が書けないのだ。
情けない。

★本文
 自動車大手10社の2011年9月中間連結決算が8日、出そろった。東日本大震災で生産が減り、6社が減収減益(純損益ベース、赤字転落を含む)。生産は9月にはほぼ回復したが、円高で利益が目減り。タイの洪水被害による生産減が長引くと、再び収益が悪化するおそれもある。

 売上高は10社中8社が減った。震災後の部品不足で生産が減り、思うように車を売れなかった。富士重工業の吉永泰之社長は「売れるはずなのに作れない苦しさを味わった」。10月以降は部品メーカーが復旧し、前年比2〜3割増で生産。出遅れを取り戻そうとした矢先、円高とタイの洪水に見舞われた。

 今年度上期の平均為替レートは1ドル=80円程度。前年より9円ほどの円高で、一時は75円台まで進んだ。同じ1ドルでモノを売っても、昨年より売り上げが減る。原材料費や人件費などの経費は簡単に減らせないので、利益が減る。

 各社は想定為替レートを70円台に引き上げ、利益確保のために経費削減を進めるが、三菱自動車の益子修社長は「(経費削減を)やってもやっても円高になり、達成感がない。徒労感がある」。

http://www.asahi.com/business/update/1108/TKY201111080578.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月10日 00:02:06: apx8Sjyy7A
日本の大企業、中小企業は、収益経常を常に赤字にするなどの手法で、法人税等を巧みに免れ、経営者は、蓄えた収益を、税金や給与といった形で国や社員に還元せず、蓄えた収益を隠すように独占している。
一方、サラリーマンは、企業の収益赤字等を口実に昇給等を抑制され続けており、その給与収入は、国や地方団体による徹底把握され、税金のほか源泉徴収で否応無しにむしり取られている。
日本の格差社会は、米国と同じ道を進んでおり、急速に著しい格差社会が出現しはじめている。
米国の市場経済原理主義を吹聴した日本の売国奴たちは、自分たちが格差社会の勝利者だと言わんばかりの暴走振りで、米国のために国を売り渡そうとしている。

02. 2011年11月10日 19:54:08: 0xG0om43Uo
 自動車大手のボスたちよ。  円高のせいで利益の実感が無い?  今まで労働者の生き血を吸って存分に儲けたじゃないか。    「禍福は糾える縄の如し」・「楽あれば苦あり」よ。   

03. 2011年11月12日 01:30:58: cWDAFxlXS2
これまで日本から集中豪雨的輸出を行ない、世界の自動車メーカーを倒産、合併に追いやってきた日本の自動車メーカーの命運も限られてきた。かつて1980年代、日本の自動車メーカーの従業員一人当たりの生産台数は世界トップで、およそ45台に達していた。これは欧州メーカーの2倍以上。その欧州メーカーだが、従業員は夏に4週間の休暇があった。このため、8月は自動車生産はほとんど行なわれなかった。夏の休暇が終わる9月1日に、次の年度の車種が登場した。1978年型といえば、1977年9月に出たものである。

欧州メーカーの人に日本の自動車メーカーのラインのビデオを見てもらったが、「クレージー!」と悲鳴を上げた。ラインの動きが早すぎるのである。しかも残業の連続。「よくこれで暴動が起きないな」と、彼らは神風特攻隊工場の現状に批判を浴びせた。欧州メーカーの工場ではストライキが頻発していたが、日本人は「欲しがりません、勝つまでは」精神で、欧州に集中豪雨的輸出を仕掛けてくる。このやり方がフェアではないと、彼らは怒ったのだ。特に批判的だったのがイタリアやフランスの自動車メーカーだった。

日本メーカーは円高により生産の海外移転を進め、日本国内の工場は生産余剰になった。これによりトヨタの他社への攻撃は強まる。マスゴミを動員した他社製品へのネガティブキャンペーンが横行した。これにより一人勝ちの様相を呈する。日産自動車は、このような苦境の下でルノーの傘下に入ったのである。トヨタは、ライバルが消えたと安堵した。日産自動車は、そのうちルノーに何もかも持っていかれるだろうと。だが、水面下で長期的視野に立った経営再建が進められていたのである。

日産の巻き返しが明らかになったのは、アメリカ・ニューヨーク市のタクシーにNV200が選ばれたことだろう。このNV200が、日本国内でも今後、タクシーとして広く使われることになっていくだろう。ある西武系のタクシー会社で、試験的に導入されているNV200だが、どうやら広く採用することとなりそうだ。先日、タクシーの乗務員の休憩所に遊びに行ったら、老ドライバーが言っていた。「セドリックもクルーもつくっとらんから、バンになるんだと!」彼は批判的であった。周囲のドライバーも「会社の方針に賛成できん。」と、歓迎ムードではなかった。

だが、タクシーに適した5ナンバーセダンは風前の灯。トヨタもコンフォートをやめている。さりとてカローラでタクシーをやるわけにもいかない。世界的にはミニバンのタクシーは増えつつあり、日本でもタクシーに「ゴーン革命」がもたらされるのではないろうか。拒否するユーザーを啓蒙して市場を確立していく手法は、欧州メーカーのやり方なのだ。長年保守的だった日本のタクシー業界も、遂に変化の時を迎えたのである。

一方でパトカーだが、こちらは全国的にトヨタのクラウン・ロイヤルサルーンが使われている。かつて日産や三菱自工も幅広く採用されていたが、今世紀になって警察庁の天下りがトヨタに再就職し、トヨタの独占状態になったらしい。もともと警察と言えば、石原プロの大都会とか西部警察に見られるように、日産自動車の独壇場であった。

ただ、警察車輌については、別に無理して参入しなくてもよいように思うね。アメリカでは、GMやフォードを差し置いてクライスラーが広く採用されていたが、これは同社の製品がよいからではなく、経営救済策で連邦政府や州政府が優先的に採用していただけらしい。つまり政治的配慮の産物なのであるが、そうでなければ品質の低いクライスラーの大型車が好まれるわけがないのであった。

クライスラーばかり出てくる、T.J. Hooker (1982) - Season 1 OPENING
http://www.youtube.com/watch?v=wIX7UWIsNXM&feature=fvwrel
http://www.youtube.com/watch?v=rjldsGc56HU&feature=related

フランスではパトカーにスバル・インプレッサWRXが採用されているが、ある程度小さくてパワーがあり、操縦性も抜群の同車なら選定されるのも納得できるが。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧