★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12 > 460.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
獄中の堀江貴文氏からの手紙  週刊 上杉 隆 (ダイヤモンド) 
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/460.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 24 日 18:12:11: igsppGRN/E9PQ
 

獄中の堀江貴文氏からの手紙
http://diamond.jp/articles/-/14995
2011年11月24日 週刊 上杉 隆 :ダイヤモンド・オンライン


■堀江氏が日本のメディアと社会に与えた影響

 当然ながら刑務所での生活は厳しい。さまざまな制約があり、文字通り、刑に服する期間となっている。

 ライブドア事件で有罪判決を受けた堀江貴文氏は長野の刑務所に服役している。面会は制限され、手紙のやり取りも自由とはならない。

 夏の終わりは水虫に悩んでいたようだが、その後は痔で苦しみ、腎臓結石の手術も受けたという。

 詳細は堀江氏のメルマガなどに詳しいが、その有料メディアの性質からも、ここでそれ以上の言及は控える。

 その堀江氏から手紙が届いた。内容は筆者との共著などの感想であるが、外部への発信の制限を考えれば、決して無駄にはできない。

 その内容を紹介しながら、改めて、堀江貴文という人物が日本の社会、とりわけメディア界にいかなる影響を与えたのか、考察してみたい。

〈上杉さんへ

『だからテレビに嫌われる』いよいよ出ましたね。いつ出るんだろうと思っていたら、早々に重版。ありがたいかぎりです。ちなみに新聞広告は見ていたのですが、担当編集の苗字は知っていたのですが下の名前がわからず2週間近く手元に書籍が入らなかったです。内容は星5つ! アグレッシブにテレビ業界の闇に切りこんでいるから、みなさん読んでみてください!

 最近は寂しいからか、シャバにいるときはほとんどテレビを観なかったのに、中では毎日のように見たりしてますけどね。「ビフォーアフター」が好きですね。「トップランナー」も面白いです。あとはローカルニュース番組とか。

 でも、既存メディアの情報だけを入れた後に、スタッフからネット上の情報を貰うと、わかってはいたけど「そこまでか!」というくらい情報の乖離に驚きます。新聞でも「小沢会見がネット番組で行われた」とか書かれているだけで、サイト名やURLが書かれていないから、お年寄りとかはニュースソースに辿りつけないだろうなと。雑誌とかはまだマシなんですけどね〉

 時間がもったいないから、地上波テレビを観なくなったと語っていた堀江氏だが、さすがに娯楽の少ない刑務所の中ではそうも言っていられないのだろう。

 だが、裏返せば、刑務所に入らなければ、堀江氏がテレビを観ることもなかったといえる。“メディア界の風雲児”とも呼ばれ、時代の先頭を切っていた彼が、自由を奪われた際にようやく辿り着いたのが「テレビ」であるとはなんという皮肉な結果だろう。

 換言すれば、テレビ自らが“刑務所の娯楽”という安全の中に埋没してしまった観がある。それはメディアとしての停滞に他ならないし、成長を放棄したことを宣言したようなものである。

■もし堀江氏が放送局のM&Aに成功していたら

 堀江氏が、経営破たんしたライブドアを買い取ったのが2002年、わずかその2年後の2004年には、大阪近鉄バファローズの球団買収に踏み出している。

 楽天、DeNAなどが球団買収を成功させている今日を考えれば、堀江氏の時代の先を見据えるその感性には改めて驚くばかりだ。

 そして、球団買収に失敗すると、今度は一転、東北地方への球団設立を計画し、「仙台ライブドアフェニックス」として新規参入を計った。だが、先の楽天に審査で敗れて自らの球団を持つという夢は阻まれた。

 翌2005年、いよいよ堀江氏は放送局の買収に乗り出した。これが堀江氏にとっての躓きの一歩となったかのようにみえる。だが、現在の放送と通信の関係をみれば、逆に日本のメディア界にとってこそ、この買収劇は大きな“転倒”だったと言えはしまいか。

 自由主義社会では当然の権利である株の売買による企業買収だが、当時の日本、とくに放送局が相手となると、それは事実上認められていなかったのだ。

 ニッポン放送株の40.1%を取得し最大株主になると、子会社のフジテレビから出入り禁止を喰らって、レギュラー番組『平成教育2005予備校』を降板させられた。

 これ以降、本来は放送業界の救世主であるはずの堀江氏が「テレビの敵」となるのは残念でならない。

 仮に当時、堀江氏が放送局買収に成功していれば、いまだに政府で論議されている「放送と通信の融合」は一気に進み、日本はこの分野において世界のトップランナーになっていたことも考えられる。もちろん、フジテレビは放送通信分野で圧倒的なアドバンテージを得て、少なくとも日本ではその業界のトップの地位にいただろう。またそうなれば、ニコニコ動画や自由報道協会も存在すらしなかったかもしれない。

 なにしろ、堀江氏の扱われ方が示すように、当時の通信業界はまだ弱かったのだ。先行の既得権組の放送業界に排除され、粗悪で信用のならないメディアとして圧倒的なマイナーの地位に押し込まれていたのである。

■未だ頑なにドアを閉ざす日本の放送業界

 ところが、世界では事情が違っていた。2005年当時には、グーグル、ユーチューブなどが全米を席巻し始め、通信時代、あるいは放送通信の融合という時代がすでに到来していることを告げた。

 2006年にはフェイスブック、ツイッターが誕生し、さらに加速度的にメディア環境は変わる。そして2008年の米大統領選までにはCNN/YouTube.comが象徴的なように放送と通信の融合が完了してしまうのであった。

 一方で、日本の放送業界だけが相も変わらず、不毛な戦いを続けていた。旧態依然としたシステムに守られたテレビが自らの利権を守るためにメディア改革を妨げていたのだ。

 現在、通信業界が放送業界との融合を妨げた事例はひとつもない。ニコニコ動画がフジテレビやNHKと手を結び、自由報道協会がすべての放送局に場を開放している一方で、放送業界はそのドアを閉じ続けている。

 そのドアは錆び始め、SNSが元で中東で革命が起こり、米国でネットを連帯の要としたoccupy運動が広がっているにもかかわらず、いまだ自ら無意味な対立構造を煽っている。

 その息苦しい世界に耐えられず新時代の言論人たちは、次々と自らのメディアを立ち上げようとしている。

■あまりにも惜しい堀江氏2年間の不在

 東裕紀氏は2010年に『思想地図β』を発刊させ、津田大介氏も来年(2012年)にも新しいメディアを立ち上げようとしている。また、すでに西村博之氏が「2ちゃんねる」を、またドワンゴの川上量生氏がニコニコ動画の提供を行っている。

 現在、全員40代前後のメディア革命児たちだが、この列に同じ年代の旗手・堀江氏がいたらどうだったのだろうか。

 彼が、塀の中にいる2年間は日本の言論空間にとって大きな損失である。

〈『放課後ゴルフ倶楽部』も読みましたよ。上杉さん、ゴルフいいですね……。ということで、書評を書いてみました。

 刑務所の中にも熱烈なファンを持つ上杉隆氏初のゴルフ本。なんと、ゴルフ本は私の『ホリエモンの目覚めた……』より後発。ゴルフジャーナリスト(笑)なのに。

 初対面のとき(『週刊SPA!』でのゲリラ的連載。親会社フジテレビ日枝氏の逆鱗にふれ4回で打ち切りに)、マスターズのお土産をくれたり、一緒にラウンドすると、ひたすらセベ・バレステロスなど海外著名ゴルファーのモノマネをしながら80台でコンスタントに回る上杉氏がなぜそうなったかの秘密がわかる本である。

 ちなみに本書中に登場する「第1回東京脱力新聞杯」にも私は参加している。(二日酔いでフラフラになった挙句、同組のゴルダイ大川氏には迷惑をおかけしてしまったが!!)上杉氏の中学時代の悪友たち(本書にも登場)も参加されていた。

 こんな感じです。上杉さんも、そろそろ面会に来てください。痩せた姿をお見せできますよ。

堀江貴文〉

 日本では「カネの亡者」というレッテルを貼られている堀江氏だが、実際はこの通り、単に楽しいことが大好きなひとりの日本人に過ぎない。

 ただ、メディア界における彼の存在はカリスマ性を帯びている。前出の4人の革命児の誰に聞いても、堀江氏の存在は特別な言葉を持って語られる。

 いま日本の放送業界は最大のピンチを迎えている。とりわけ、3・11以降はその信頼性が大きく揺らいでいることもあり、先が見渡せないでいる。

 こういう時こそメディア界の誘導灯である堀江氏がいれば――。そう思うのは筆者だけではあるまい。

 堀江貴文という人物を塀の中に閉じ込めなければならなかった現在の日本社会は、自らの成長を自ら封じ込めているのではないだろうか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月24日 19:44:27: FL3HBMFVVs
彼は類まれな発想力、想像力が恐怖の対象でした。それを実現しうる財力を持った為につぶされた。

02. 2011年11月25日 21:51:37: wbyNqRWwQM
堀江氏はメデアとインターネットを共有させる業界開拓のために既存のメデアの買収を仕掛けた。新規にアナログ(当時)メデアの立ち上げは不可能であった。
日本をメデアを使ってコントールしているジャパンハンドラーに取って既存メデアの買収はけしからぬ行為であり、東京地検を使って潰しにかったと見る。

03. 2011年11月26日 03:15:50: juKSrnod8I

てか、SNSが元で中東で革命が起こり、なんて真顔で言ってる時点で
ヴァカ丸出しでしょ。

その手のチンカス臭い40代前後?のネット中毒とっちゃん坊やに
世間が変えられるほど甘くはありません。


04. 2011年11月26日 22:28:50: viQGFYMgcw
最近、上杉の単純さにはゾッとさせられる。いくら日本のメディアが腐りきっているからといって、TPPに参加すれば変えられるなどとは信じがたいほどバカな考えだ。

堀江とて、あの小泉に郵政選挙の時に駆り出されていい気になっていただろう?もし、堀江が罪に問われなければ、今頃面白いビジネスを展開していただろうが、だからといって日本のメディア環境が健全な方向に行っていたと言えるだろうか?また、仮に当選していたら新自由主義的な似非改革を信奉していただろう。

もちろん、私は堀江は冤罪に近いと思っているし、検察の暴走は許されないことだけどね。


05. 2011年11月27日 11:42:29: SbFkUXced2
ホリエモンの皮肉な所は、こういう事件に巻き込まれなかったら、
ただのイケイケニーチャンのままだったって事だ。
勿論、小沢問題検察問題の奥深くを知る事も無かっただろう。
興味を抱かなかっただろうから。
好き放題に暴れまくって単純に世界権力のワンちゃんとして踊らされた事だろう。仮に放送局を手に入れていたとして、更なる新自由主義全面推進、TPP大賛成論調の放送が(プロパガンダ)なされただろう事は想像にかたくない。
私はこの不運に見舞われた後に揉みに揉まれたホリエモンはある程度好きになった。
しかしライブドア事件前の彼には魅力を感じなかった。

06. Penname 2011年11月27日 17:43:41: MVbb.A.oHnUxI : H3AUw5LrkU
なんで犯罪者を持ち上げるのか理解出来ません。
窃盗以上の罪ですよ、粉飾決算をしたということは。

07. 2011年11月27日 22:03:51: FxalUWGO3Y
上杉はマスコミやテレビに片足入れたままポコポコ殴りかかっているところが本気だとは思えない。

08. ひなっち 2011年11月27日 22:22:11: 3lntcZgD7v/JI : JdC8TLvwSg
06さん、粉飾決算というけどホリエモンがなにをしたのか分かっていますか。
どうせマスゴミのニュースでしょうし、逮捕はあの胡散臭い東京地検特捜部ですよ。
ホリエモンの容疑は証券取引業法違反です。
百歩譲ってこれを犯罪というなら書類送検で本来は終わる話でしょう。
悪くても執行猶予付き判決でしょう?
ましてライブドアと和解も済ませほとんどの資産も引き渡しているのに、まだ彼を犯罪者だと思っている人がいることが信じられません。                                                       

09. 2011年11月28日 05:51:55: oXjyYrHR4I
 私は、フジテレビは、一連の「韓流ドラマ反対デモ」時の同社の対応を見れば、完全に“韓国人に乗っ取られた”と断言する。親会社の株主に反抗して、子会社が好き勝手にできると言う事は、韓国系の裏社会の連中を動かしているからだ。アンタッチャブルに手を出した堀江モンは潰された。
 今、獄中で何を考えているかが少しは理解できるが、04、05さんの指摘通り、あのまま突っ走っていたら、日本の破壊はもっと進んでいただろう。もっとも、売国・腐れ民主党のお陰で、ほとんど日本は殖民地化と崩壊が進んでいるが・・。
 私は、2年前に新聞購読を止め、テレビを見なくなってもうすぐ7年になるが、テレビが“獄中専用の存在”でしかないとは、面白い指摘だ。

10. 2011年11月28日 09:13:04: X8OJT7kjtA
日枝という奴は悪い奴やね。鹿内一族からフジを乗っ取り、渡辺恒雄気分。APECまでのこのこ出かけ、アメリカの広報まで励んでいる。売国TV局であり、こんな放送局は即刻潰すべきだ。責任は重いよ。

11. 2011年11月28日 13:00:53: DBTD2oPWa2
とっちゃん坊や・とある。が、服役中に成長します。これは、過去の例からも明らかです。よって、釈放後の活躍は必ずあります。もはや、他のせい・にしない「大人」として迎えたいものです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧