★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12 > 685.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
こりゃあ〜ダメだ!情報統制はメディアだけではなく、広告までも!一斉拡散求む!「株式会社プレゼントキャスト」の妨害行為
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/685.html
投稿者 888(スリーエイト) 日時 2012 年 2 月 18 日 08:51:36: jwMgwr3A1J/pE
 

飄(つむじ風) 様ブログ

2012-02-17 記事
こりゃあ〜ダメだ!! 情報統制はメディアだけではなく、広告までも・・・!!

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/02/post_b1c9.html

(以下に全文転載〜画像などは上記URLにて直接御確認下さい。)

生情報である!
言論統制に走る当局・・・(実は、その上に企業権力がある?!)
「放射能」「除染」「抗癌」「原 発」の言辞はご法度だそうな?!
そして、
それに唯々諾々として従う業界も業界だ!!

 言論は死んだ。まるで戦時統制の情況だ。特に、原発戦争下に日本社会はある。


 「放射能」「除染」「抗癌」「原 発」の言辞に関する広告は、関連法規(例えば、薬事法等)で告発の脅しが、ふれ回っているそうな。だから、広告業界は戦々恐々としているらしい。

 いずれ、インターネット界に波及するかも知れない。そうすると、当ブログやつむじ風ねっとショップなどいの一番に狙われるだろう。放射能について、書きまくりだからだ。

 その時は、年貢の納め時だろうが、その時まではいささかも手を緩めない。

 それは、真実だからである。

 どちらが先にくたばるかである。

 もはや、戦争状態にあると書いたことがある。その通りになっている。家二郎(iejiro)さんも興奮気味に伝えてきた。まあ、そっちが法律で来るなら、法律で対抗するしかないが、面白い、徹底抗戦である。

 拙稿『まさに、日本は今、戦争状態にある!! 』にも書いたが、広告業界は情報の最先端にある。その業界があの原発事変に、社員退避指令を出したことは有名である。だから、知ってるのである。

 知っているから、「放射能」「除染」「抗癌」「原 発」が、キーワードであるとしているのだ。「放射能」=「除染」=「抗癌」=「原 発」という論法だ。

 聡いものは悟るべきである。

 こうしたキーワードが世の中から消えた時、その現実が展開している。『がん保険』が世の中から消えて久しい。受付を忌避していると言うことは、癌が蔓延してくることを予期している。又、『がん保険』の料率を観よ。高騰している。

 そして、これも生情報である。

 関東以北では、火葬場が混雑している。幾日待ちの状態だ。冬だから、マシかも知れないが、それでも保管場所に苦慮している。ウソだと思うなら。調べてみよ。

 この事は、亡くなる人が急増していることを意味する。その中でも心不全が急増している。こう書くと、又、厄介なことになるかも知れないが、書く。

 セシウムで最初に出る障害は、癌ではなく、心筋異常だと言われるが、そうかも知れない。

 だから、前から、カリウム・カルシウム摂取を呼びかけてきた。ヨウ素と同じ理屈だ。だが、そう書くことも危険視される状況と言うことになる。勝手にせよ! と言いたい。

 当局は、ヨウ素131が蔓延している時、その配布すら怠った。


【転載開始】情報統制

 フルボ酸を広めようと、広告代理店の友人にお願いして「東京新聞」に折り込みチラシを入れるべく準備をしていたのですが、「放射能」「除染」「抗癌」「原 発」などの言葉は、当局が規制しているそうです。

 一般メディアでそれらの言葉を使って、インターネットに誘導することはご法度だそうで、広告業界は戦々 恐々とのことでした。既に北朝鮮並みの情報統制に入っているわけで、自由だの民主主義だのは幻想だったと言うことです。

 小沢一郎衆議院議員に対する一連の でっち上げ起訴を持ち出すまでもなく、彼らは何でもありなのです。壮大な人体実験を邪魔するやつは許さん、というD.ロックフェラーの命令なのでしょう。 私が逮捕されたら(薬事法違反?)、そのような謀略ですので、フルボ酸の信憑性が上がると言うものです。

 それにしても、水面下で信じがたい工作をしているものです。ローマクラブで日本人は7,000万人に削減すると決定しているそうですが、目標達成に必死なのでしょう。私たちは、そのような謀略を見抜き、しぶとく生きてやろうではありませんか。【転載終了】

 驚くことは、他にもある。

 「放射能」「除染」「抗癌」「原 発」に関する情報、あるいは他にもあるが、動画を消しまくっている下手人に「株式会社プレゼントキャスト」がある。電通と大手メディア出資設立会社だ。


 株式会社プレゼントキャストは、インターネットを使いテレビをよりおもしろくする会社と謳っているが、動画を検閲し、申立を行い、消しまくっている。同じ構図である。

 つまり、こういう事だ。空気ばかりではない、言論も同じ事だ。

 当局(政府)の上に、企業がある。企業権力が、政府を動かしている。誰が決めたのか? それこそ、映画『THREVE』ではないが、その中で言われる現象が、日本でも現出している訳だ。

 まさに、戦争状態にある。黒船ならぬ、黒いコングロマリットの横暴時代に入った。

 【転載開始】一斉拡散求む!”「株式会社プレゼントキャスト」の妨害行為” 

 コメント様より、以前の記事http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-257.htmlの斉藤和義の「報道発ドキュメンタリ宣言」2/2のyoutube動画が削除されているとの報告を頂いた。
 確認すると、確かに消されている。しかも何故か2/2だけ。
朝生オウムの動画を削除され、youtubeアカウントまで削除されたのをきっかけに、消されそうな重要な動画はしっかり保存するようにしていたのだが、まさかこれが消されるとは思わず、保存していなかった・・・
申し訳ない。。。
特別問題になるような部分があったかどうかは記憶していないが、なぜ2/2だけなのかが気になるところだ。
諦めずに探してみようと思う。

 しかし、これをきっかけに面白い情報を見つける事が出来た。
この動画を削除している会社、「株式会社プレゼントキャスト」と言うらしいが、この会社、かなり怪しい。<後略>【転載終了】


(以上、転載終了)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年2月19日 12:15:48 : EiuZsyqHuI
日本の未来である東日本に住む子ども、若人は体が放射線によってズタズタに引き裂かれている。
その事実には一顧だに与えず、天皇のご病状を詳しく伝え、同情を寄せる狂ったマスゴミ。
老いて寿命が尽きれば人は亡くなる。老人ではなく、若者が早死にしたり、病気になったりすれば、その国に未来はない。

02. 2012年2月19日 13:00:33 : OTOSIyOeKE
>言論は死んだ。まるで戦時統制の情況だ。特に、原発戦争下に日本社会はある。

 勇気あるブログに感謝です、でっち上げ逮捕にもご注意下さい。 


03. 2012年2月19日 22:25:57 : E7ZPPZeQEy

広告主は反日電通をやめて、博報堂に代えれば…と思ったら、博報堂も同系統らしい。 


04. ktnpo 2012年2月21日 13:45:14 : QaHRuBlD8NftA : FcGwXpAVi6
人間は抑圧が強くなり
自分がその抑圧から
逃げる事ができないと
悟ったとき

抑圧に抗することはしなくなるそうですね。
喜んで奴隷に
なっていく、
奴隷の人生に
生きがいすら持つようになる。

人間を支配する連中はこのことを
骨の隋まで知っているから
冷静に目的どおりに
事を運んで生きます。


05. 2012年3月08日 01:16:50 : EMVkEYusVE
人間は抑圧が強くなり
自分がその抑圧から
逃げる事ができないと
悟ったとき
抑圧に抗することはしなくなるそうですね。

その通り。

日本の一般の国民が飢え死にしそうになっているのに

反抗しないのは、給与が安くなっても反抗できないくらい

抑圧されているからだ。

プレゼンキャストは、著作権の名のもとに

嫌がらせで、削除料を得ている集団です。

その証拠に、著作権侵害を申し立ている
企業がまるで、その動画の著作権を
持っている会社と全く違うところから出て
いることとからもわかる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧