★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12 > 745.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
メディア陰謀論を共有する人たち  小田島隆
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/745.html
投稿者 ダイナモ 日時 2012 年 3 月 09 日 23:01:57: mY9T/8MdR98ug
 

 今回は、震災後一年の感想を書くつもりだ。
 3月11日に最も近い掲載日を期するなら、タイミングは、次回の方が適切なはずだ。が、来週はどうせ日本中が震災回顧一色になる。であるならば、その前に言うべきことは言っておきたい。埋没したくないということもあるが、原稿の内容について、余計な詮索をされたくないからだ。

 ここで言う「余計な詮索」は、私の側の言い方からすれば「要らぬ心配」ということになる。つまり私は、自分がこれから書く原稿に対して返ってくるであろう反響について、あらかじめ神経質になっているのである。

 実に面倒くさい事態だ。説明しにくい状況でもある。が、このことは、今回の主題とも関連しているので、一応解説しておく。

 思うに、震災以来、わが国の言論状況は、目に見えて不寛容になってきている。私が、「余計な詮索」を恐れるのは、この「不寛容」な空気と無縁ではない。具体的に言うと、私の原稿の内容が、ほかの誰かがどこかで書くかもしれないテキストと重複していた場合に、即座に「パクリ」を指摘するみたいな空気が漂っているということだ。で、私は、そういうふうに言われるのが心外だから、その不愉快な指摘を回避するべく、ひとまわり早いタイミングで原稿を脱稿する決意を固めているわけだ。

 過剰反応かもしれない。
 でも、震災を機に、メディアの記事をチェックする人々の目が不必要に険しくなってきていることはたしかなのだ。

 ふつうに考えれば、たとえば震災について何人かの人間が思うところを書いた場合、内容に似たところがあるのは当然のことだ。なぜなら、マトモな人間の感覚や考えは、多くの部分で重複しているものだからだ。とすれば、誰かと似た原稿を書くことは、書き手にとって、恥じるべきことではない。

 なのに、どういうものなのか、震災以来、一部の読者は著しく不寛容になっている。で、書き手である私は、その不寛容さに反応して、いくぶん神経質になっていて、だから、こういうややこしい前置きを書いている次第なのだ。

 発端はメディア不信にある。

 震災直後に大量配信された情報は、たしかに混乱していた。かなりの部分で誤報や思い込みを含んでもいた。そうした状況からすれば、政府の発表や東電の会見に対して人々が不信の念を抱いたのは当然だし、その彼らの一部がついでに新聞やテレビの報道に対しても疑いの目を向けるようになったことは、むしろ健康な反応だったと言って良いことだ。

 でも、それはそれとして、現在、特にネット上でささやかれているメディア不信の言説に、私がうんざりしていることもまた事実なのである。

 マスメディア発の情報を鵜呑みにしないということころまでは良い。
 複数の情報源をクロスチェックする態度が一般化しつつあることも、基本的には歓迎すべき傾向なのだと思っている。

 でも、一部の人々は、疑うだけでは満足せず、一定の予断を持って情報を読み解きにかかる作業を習慣化している。と、この読み方は、「邪推」を生む。別の言葉で言えば、陰謀論だ。

 さよう。私は、震災以来、陰謀論が大きな力を持ち始めていることに懸念を持っている。

 陰謀論は、いつの時代にもある。
 私が学生だった当時も、それは、知的な人たちの心を捉えていた。ここで「知的」という言葉をあえて使ったのは、オリジナルの陰謀論を発明するためには、一定の教養が不可欠で、デキの良い陰謀論には、それなりに秀逸な観察が含まれているからだ。

 事実、昭和の時代の陰謀論は、もっぱら知的な人々の娯楽だった。
「キミたち、ニクソン・ショックは、穀物メジャーの陰謀ですよ」
「中東戦争の真の狙いは、中東の原油価格を上昇させることによってアメリカの国産原油を採掘可能な採算ベースに乗せることだったわけだよ」
「知ってるか? アポロの映像って、ハリウッドで撮ってるらしいぞ」
「ブッシュさんが宮中晩餐会でゲロ吐いたのって、あれ、わざとだよね」
「ゴルバチョフのおでこのアザはフリーメーソンへの忠誠の証ですよ」

 というこれらの立論は、その真偽はともかくとして、もっともらしいものから笑えるネタまで含めて、それなりの教養がないと楽しめないお話だった。特に、時事問題をベースにした陰謀説は、国際常識や、地政学や、一定の歴史教養がないと、意味を解することができない。だから、昭和のキャンパスにおいて、陰謀ネタをたくさん知っている人間は、こまっしゃくれた学生仲間の間ではなんとなく尊敬されてもいたものなのだ。ついでに申せば、陰謀論を好んだわれわれは、必ずしもそれらを本気にしていたわけではない。あくまでもハイブローなゲームとして楽しむことが、その種の議論を弄ぶ際の不文律で、本気になって悲憤慷慨するのは、野暮な態度と見なされていた。

 ところが、ネットという培地を得た21世紀の陰謀論は、秘密の社交的議論である立場を離れて、悪い意味で大衆化している。

 悪い意味というのは、ひとつには陰謀論を語るメンバーの知的水準が低下したということであり、もうひとつは、その陰謀論を本気にする人たちが大量発生しているということだ。要するに、陰謀論は、それを語るメンバーの拡散によって質的に低下し、低質化することによって大衆化し、大衆化することによって凶悪化したわけだ。

 陰謀論の真骨頂は、
「こういうふうに考えたら面白くないか?」
「こっちから見るとこんなふうに見えてあらまあびっくりだぞ」

 という、見立ての奇天烈さと、その奇橋な見立てを本当らしく見せる論理の鮮やかさにある。だとすれば、その場で笑って使い捨てにされるのが陰謀論の宿命でもあるし、潔さでもある。

 その意味からすると、本気にされることを期待している21世紀の陰謀論は、そもそも邪道なのだ。

 過ぎ去った時代を惜しむわけではないが、インターネットが登場する以前は、与太話にも固有の愛嬌があった。俗流心理学や、ニューエージ怪談や、UFO目撃譚や、ユダヤ陰謀論といった、まかり間違えば相当に有害な話でも、昭和の学生トークは、到達範囲が限られているという意味で安全かつ特権的で、それゆえ、どんなに不埒千万な内容であっても、行きずりの茶飲み話として楽しむことのできるものだった。デマも中傷も罵詈雑言も同様だ。ネットを得る以前、あらゆるジャンク情報は娯楽として消化可能な範囲にとどまっていたのである。

 だが、もはやそういう時代は終わった。
 インターネットという世界規模の増幅回路に回収された与太は、与太のままでは終わらない。ある場合には有害不滅なゴシップに成長するし、別の場合にはより深刻な情報犯罪を構成する。どっちにしても無事では済まない。個人名を特定できる中傷は、言った者と言われた者の双方を致命的に傷つける。悪意のない事実であっても、そこに立場を超えた言及が含まれていれば、発言者の社会的生命を奪いかねない。

 で、震災からこっち、ネット上では、マスメディアを敵視するタイプの陰謀論が猖獗(ろうぜき:ダイナモ注)を極めている次第だ。
「日本のマスメディア(←「マスゴミ」と呼ぶ連中もいる)はひとつに結託して情報を統制している」
「商業メディアは事実を隠蔽している」
「記者クラブメディアは取材チャンネルを独占し、権力と癒着している」
「東電の影響下にある放送局は原発に批判なジャーナリストを排除している」

 と、こういうお話を本気でコピペして歩く面々が大量発生しているのだ。匿名掲示板を根城に騒いでいるだけではない。ツイッター経由で、メルマガ経由で、彼らは、上記のような言説を繰り返し発信している。それも実名で、だ。

 どういう神経なのであろうか。
 無論、マスメディアの側に問題がないわけではない。
 商業メディアである以上、ある程度の商業的な腐敗は原理的に避けがたいはずだ。また、情報が権力を伴う以上、それを扱う者が癒着や利権の泥にまみれるケースは当然考えられる。

 が、弊害と本質は違う。
 欠点を持っているということと、本質的に邪悪だというのは話が別だ。
 交通事故を起こすクルマが一定数存在することが事実であるのだとしても、そのことは、すべてのドライバーが潜在的な殺意を抱いていることの証明にはならない。ふつうに考えれば誰にでもわかることだ。

 雪が降るのはスキー産業の陰謀のせいではない。
 が、陰謀論に固執する人たちは、あらゆる害悪について、「犯人」を探そうとする。

 彼らは、「そのことによって利益を得る誰かが背後で動いている」という形式でものを考えることを好む。しかも情報については、「メディアが報じた部分にではなく、報じなかった部分に、より重要な真実が含まれている」と信じこんでいる。
 ということは、彼らにとって、世界は見えているあり方とは反対の姿をしているわけだ。

 実に厄介な観察だ。
 理屈はどうにでもつけられる。
 風が吹けば桶屋が儲かる式の論理は、実用上の詭弁としてほぼ無敵だが、陰謀論は、この論理に、「犯人」を仮定することで、より強力な構造を獲得させる。

「考えてもみろよ。どうして春先のこの時期に風速20メートルなんていう風が必要なんだ?」
「暴風によって明らかな利益を得る人間の存在を考えないと説明がつかないだろ?」
「しかも、暴風が砂塵を伴うことを報じているメディアはひとつもない」
「彼らは、砂塵と失明の因果関係を意図的に隠蔽している。なぜなら彼らもまた暴風ムラの一員だからだ」
「暴風ムラの記者クラブメディアは、どうやら花粉の飛散というより軽微な被害を強調することで目くらましをしているんだね」
「というよりも花粉症という病気自体がひとつの陰謀である可能性を考慮すべきなんじゃないのか?」
「つまり首都東京の風上に当たる多摩の山林に大量の杉を植林した者がいるということになる」
「それが桶製造業者だとしたらどうする?」
「杉の桶だ!」
「つながった。すべてが符合した!」

 いや、笑いごとではない。この話(杉桶理論)などは、まだまだデキの良い方で、実際に世間に流れている陰謀論は、もっと粗雑で、より救いようがなく、どうにもならないほど悪質だ。なにしろわれわれは、「永田メール」(宛名部分を塗りつぶした電子メールプリントアウト《笑》)みたいなものを「証拠」に、国政調査権を要求した議員を選出した国民なのだから。

 今回の震災についても、実に多くの偽情報が飛び交っている。

 たとえば、福島第一原発の事故が深刻な事態を迎えている頃、ある週刊誌が、事故処理にあたる自衛隊員の前線基地となっていた「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町にある「サッカーナショナルトレーニングセンター」の愛称)について、次のような記事を書いた。
 Jヴィレッジの経営者が部屋を汚されることを嫌って、命懸けで働く自衛隊員を通路で雑魚寝させていたというのだ。

 この記事は私もよく記憶している。とても腹が立ったからだ。
 が、この話には異論が出されている。
 週刊誌の記事が出てから約1カ月後、あるサッカー専門誌にJヴィレッジの現状を伝えるレポートが掲載されたのだ。

 読んでみると、Jヴィレッジが自衛隊を通路に雑魚寝させた件について、「どこを見てもそんな事実はない」と書いてある。

 なるほど。
 記事によれば、一部の自衛隊が床に寝ていた理由は、単にJヴィレッジの寝具が、震災翌日に避難してきた近隣の被災者に提供されていたからに過ぎない。つまり、二つの記事を見比べると、事実関係がまったく逆なのだ。

 どちらの記事が真実であるのかについては、私自身が現地を取材したわけではないので、ここで断定することは避ける。
 が、ともあれ、世間では、週刊誌の記事の方が圧倒的に受け入れられている。

 というよりも、サッカー専門誌の記事は、部数も部数だし読者層も読者層なので、一般の読者にはほとんどまったく知られてさえいない。

 だから、Jヴィレッジが自衛隊に対してひどい仕打ちをしたということを信じている人は、いまでもたくさんいるはずだ。私自身、偶然手にしたサッカー専門誌の中でこの記事を発見していなかったら、いまでもJヴィレッジを敵視していたかもしれない。

 週刊誌の記事は、とても断定的に、他罰的に、扇情的に書かれている。いま読むといかにも乱暴な書き方だと思う。
 が、こういう記事が喜ばれた時期がたしかにあったのだ。

 福島第一原発が水素爆発を起こしてからしばらくの間、東電の関係者はどんなにひどい中傷を受けても反論できない立場にあった。この状況はいまでもそんなに変わっていないかもしれない。で、私自身もそうだったが、その、春先の最も困難だった時期、人々は他罰的な情報に飛びつく心理状態にあった。だからこそ、こんなひどい記事が書かれていたのだ。

 東電関連については、ほかにもひどいデマが流れている。事故直後、現場を放り出して真っ先に逃亡した原発の職員が福島で酒を飲んでいたとかいった調子の感情を煽るデマが、その目で見てきたような目撃談として、確信的に配給されたのである。なんともなさけない話ではないか。

 震災以来、目的のためには、手段を選ばないタイプの論説が勢いを得ている。
 通常の意味で言う報道というよりは、プロパガンダに分類したくなるような記事だ。

 脱原発を志す人々や、逆に原発の再開に望みを託している人々が、それぞれの主張を補強するために、自分たちに有利な材料を集めにかかることは、ある程度仕方のない傾きであるのかもしれない。

 でも、おかげで、メディアにはバイアスのかかった記事が流れるようになっている。そして、そのバイアスが、メディアに対する不信感を生み、そのメディアに対する不信感が奇妙な陰謀論を成立させてしまっている。とても厄介な事態だ。

 陰謀論を語る人々は、選民意識を抱いている。この部分は、昭和の時代から変わっていない。彼らは、自分たちが一般人の知らない情報にアクセスしており、ふつうの人間がたどり着くことのできない洞察を抱いているという共犯意識のようなもので結びついている。

 結局のところ、
「マスコミが一般人を洗脳している」
 という主張は、
「オレ以外はみんなバカだ」
 と言っているのと同じことであり、その種の陰謀論を共有している人たちは、なによりも愚民思想によって連帯している仲間なのである。

 今週から来週にかけて、震災を主題とした回顧記事や総括報道が大量に出まわることになる。

 震災のような歴史的な出来事を一定のタイミングで振り返る作業は、それ自体、とても意義深いことだ。被害の記憶を風化させないためにも有効だし、なにより、通常のニュースとは別の、より巨視的な枠組みで事態を見直す意味で貴重な機会を提供してくれる。おそらく、録画に値する番組や、切り抜いて保管しておくべき優秀な記事がたくさん書かれるだろう。

 私自身は、それらの記事を、他罰的であるかどうかを基準に読み直してみようと思っている。

 春一番を桶屋の陰謀と決め付けて非難する記事よりは、風力発電の可能性を示唆する記事の方が私は好きだ。

 とってつけたような落ちだと思う人はそう思ってもかまわない。
 とってつけてでも建設的な結末を求めなければならない。われわれはそういうところに来ている。

(文・イラスト/小田嶋 隆)


http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20120301/229323/?top_rcmd
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. ダイナモ 2012年3月09日 23:03:25 : mY9T/8MdR98ug : FGFmbvHw4I
小田島隆が「陰謀論者」を誹謗中傷するのも何もかも、全てはユダヤ・メーソン・イルミナティの仕業だ!!

02. 2012年3月10日 02:46:34 : 4QmVPxmFcc
「知ってるか? アポロの映像って、ハリウッドで撮ってるらしいぞ」
「ブッシュさんが宮中晩餐会でゲロ吐いたのって、あれ、わざとだよね」
「ゴルバチョフのおでこのアザはフリーメーソンへの忠誠の証ですよ」

これと

「日本のマスメディア(←「マスゴミ」と呼ぶ連中もいる)はひとつに結託して情報を統制している」
「商業メディアは事実を隠蔽している」
「記者クラブメディアは取材チャンネルを独占し、権力と癒着している」
「東電の影響下にある放送局は原発に批判なジャーナリストを排除している」

これらを一緒くたにしている時点で、論ずるに値しない

乞食犬といいガタ公といいダイナモといい
叩かれすぎて、より精神病んできたな


03. 2012年3月10日 03:05:24 : Mnxczxr6Dw
インサイダー取引に関与して記者連中がパクられたほどの
おカミも認めた正真正銘の「陰謀団体」日経新聞社の
クズサイトで雑文書き散らしてしのいでいるチンドン屋の分際で
なにをタワケたこと言ってんだ、こいつ?(笑)

こんな駄文なのに端金出して買ってくれてる肉茎珍聞社をさておいて、
こういうことをドヤ顔で書いてるんだから、小田島隆ってのは
恥を恥とも認知できないバカだってことだろ。(笑)


04. 2012年3月10日 07:55:30 : GgZbHGY9Wp
3/11の報道において、週刊誌の記事が支持されているとしたら、それは新聞、TVといった大メディアの報道が、政府や東京電力からの楽観的な情報を批判もなく垂れ流す役割を果たして、結果として、読者/視聴者の信頼を決定的に失ったからではないですか。

陰謀好き、選民意識とはまったく別の話ですよ。

そういう著者こそ、週刊誌の読者とかを意味なく見下して発言していている一方で、「他罰的」とか「愚民思想」とか上目線そのものの用語を弄していて、感じ悪いことこの上なし。しかも、文章やたら長くて、内容は他愛もない。

わたしが日経トレンドの編集だとしたら、連載打ち切りますね。


05. 2012年3月10日 09:24:29 : IYyRSPdFJA
典型的な東大話法だな。一種のパラノイアのようだ。

06. 2012年3月10日 11:00:45 : OTOSIyOeKE
小田嶋隆→
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%B6%8B%E9%9A%86

日経関係の新聞、書籍の売り上げが減ったら、困る方?


07. 2012年3月10日 16:24:00 : 3hrUNRSPz2
こんな文章で騙されるのはアホ。

08. 2012年3月10日 16:55:02 : FijhpXM9AU
小田島隆が「陰謀論者」を誹謗中傷するのも何もかも

やっぱり悪いのは憲法9条だろう。え


09. 2012年3月10日 16:58:11 : FijhpXM9AU
この小田島隆なるシトはこの程度の「陰謀論」でぎゃんぎゃん言ってるようじゃ、
古歩道氏のブログなんか読んだら、ひきつけをおこしてそのまま逝っちまうんじゃないだろか?

10. 無生物 2012年3月11日 03:35:06 : ce0Ar6eaeTZ7w : 8cmLjyQH4H
驚いた。脱原発の「おかげで、メディアにはバイアスのかかった記事が流れる」ようになり、「そのバイアスが、メディアに対する不信感を生み」「陰謀論を成立させてしまっている。」???
何でも脱原発のせいであると。原因と結果が逆立ちしている。

正しくは、多額の広告費によるメディア戦略で反原発の声を圧殺しながら原発が推進されてきたのであり、その中で現実の安全対策はなおざりにされ、無辜の民の頭上に放射能がぶちまけられた怒りが反原発のうねりになったのである。

原発事故に荷担した責任を一顧だにしない、マスコミ人の厚顔ぶりにはほとほとあきれる。

「風力発電」を持ち出すところがまた愚かしい。太陽光発電と並び出力が不安定で、最も筋の悪い自然エネルギーの1つだ。電力供給システムの負担となることから、電気料金値上げの口実にされるだけだし、原発から脱却できなくするために、こういうバカバカしい発電方法が持てはやされ、補助金がついているのだ。

とってつけてでも自然エネルギーを持ち出せば「建設的」と逃げる前に、言論人としての責任をよく考えてほしいと願うばかりである。


11. 2012年3月11日 08:33:12 : UeNk3l4ACw
まあ、陰謀論と聞いて真っ先に思い出すのがこれな訳だがね

クレイショー裁判
http://www.maedafamily.com/ansatu/showsaiban.htm

こういった勇気ある行いに対しても鼻で笑うような奴は、絶対に許さん


12. 2012年3月11日 08:36:33 : UeNk3l4ACw
これは小沢裁判に於いてもそうだし
東電、メディアなどに体を張って批判してくれている人たちへの冒涜以外の何物でもない

13. ダイナモ 2012年3月11日 15:07:08 : mY9T/8MdR98ug : FGFmbvHw4I
「 結局のところ、
「マスコミが一般人を洗脳している」
 という主張は、
「オレ以外はみんなバカだ」
 と言っているのと同じことであり、その種の陰謀論を共有している人たちは、なによりも愚民思想によって連帯している仲間なのである。」

このマスコミには週刊誌も含まれている。

陰謀論を共有している者たちがマスコミ以外でどこから情報を入手するのかというとインターネットである。それは誰が書いているのか判らない正体不明のブログの書き込みだったり、某国の統制下におかれているメディア記事だったりする。どういう訳か、そうした情報が真実を伝えている保証があるのかについては無頓着である。とにかく欧米「帝国主義支配の陰謀に抵抗」している側が流す情報は常に真実であり、欧米メディアが流す情報はウソばかりであると決めつける。

例え、1万人が虐殺されたとしても、それをひどいことだとは感じる感性が育っておらず、逆に虐殺者に肩入れするという「倒錯した思考」が陰謀論を共有している者たちの特徴である。陰謀論を共有する者たちは全体主義体制をもろ手を挙げて支持する。


14. 2012年3月11日 20:07:29 : 3YzC2nZTY6
>>13
クズめ

小沢の問題は司法ひいては国民の危機であるにもかかわらず
検察の応援団になっている「感性」の持ち主が言うことか

>例え、1万人が虐殺されたとしても、それをひどいことだとは感じる感性が育っておらず

当たり前だ、隣のおっさんが死んでも何も感じん

しかし、その一万人の前の千人、百人の段階で防げるだろうと言っている
中東で一部でも安定しているところあるのか
今、イラクやアフガンやリビアで人々が安心して暮らせているのか

死刑反対のデュカキスにブッシュ陣営が吹っかけた詭弁に等しい

アホウヨに担ぎ上げられ利用されているだけの光市母子殺害事件の本村や
拉致被害者には軽蔑しかない

被害者が敵を討ちたいと思うのは当然だ
圧制に苦しむ人々を助けたいと思うのも当然だ

ただ、この世の中、そんな単純なのかと言っている


15. 2012年3月12日 00:31:45 : jj5bZD7VhM
小田島隆ってギャグセン高いね。

16. 2012年3月12日 02:28:21 : rfpLVKB9B6
よう、阿修羅陰謀論者=ボケ老村民ども。

たとえどっかのクズにかもしれんが図星を突かれたんだろう、脊髄反射で激昂したり、「俺は上だよ」とせせら笑ってみたり、怒りの対象・藁人形をダイナモ氏にすり替えてみたり・・・ありがちな、ありがちな反応、滑稽だわ。

この投稿で興味深かったのは、糞陰謀論者は愚民思想の酔っぱらいだという指摘だ。なるほどな。阿修羅随一の論客にして糞陰謀論者のあっしら氏は、なんで妙なところで(笑)を入れるのかずーっと違和感を持ってきたが、その謎が確かに解けたわ。予想通りの「オレ様」感覚だったわけだ。

で、お前らボケ老陰謀論者もそうなんだろ?
オレ様こそは真実に到達した覚醒者であり、阿修羅村民以外はいまだ覚醒せざる愚民という感覚なんだろ?

管理人ももてあます某陰謀論ババアはダイナモ氏をイルミナティとかなんとかレッテル貼りをしていたが、おまえらボケ老軍団もババアと同じ体臭が、臭い臭いw

まー、互いに阿修羅陰謀論者という臭い体臭を嗅ぎ合い、ゴキブリ同士の仲間意識を深めつつ、喚いていろや。そのうち、くさやの干物のような仲間の臭いも、だんだん消えてゆくよ。だってそうだろ、お前ら団塊の世代を超える歳のボケ老同士じゃん。順々に、今日は一人、明日また一人と、汚いベッドに寝たきりになり、やがて身内に公然の秘密裏に、「秘かに祝福されつつ」、焼き場で灰になってゆくんだよ。そう先のことじゃないだろうが。

私もそんな阿修羅陰謀論村民を生暖かく見守っているよ。


17. 2012年3月12日 04:16:00 : Y4g8SHKutE
投稿者を含め陰謀の実在を否定する人が一人もいないのが笑える。
陰謀論者同士がたたきあってるものおもろい。
「誰か陰謀はないって言ってくれ」という心境なのだが。
大きめの陰謀は実在する。でいいんですかね?みなさん?

18. 2012年3月12日 18:40:37 : 3XrRgzstNI
ダイナモちゃん
味方がアホウヨだけって、どんな気分?

19. 無生物 2012年3月13日 03:20:39 : ce0Ar6eaeTZ7w : 8cmLjyQH4H
>>13
>>16
コメント欄がこんな風に展開しているとは意外です。ダイナモさんはこの掲示板でイルミナティと中傷されたそうですが、そのうらみをここで晴らそうとされるのは誤解の元です。反原発は事故という現実を元に、どう対処するかという要求です。陰謀論では何の解決にもなりません。

>>01
「何もかも…イルミナティの仕業だ!!」という発言は、ご本人はちっともそうは思ってないのに架空の攻撃対象を自作自演されているということですね。そのようなわかりにくいひねくれた発言はやめていただけませんか?阿修羅掲示板が陰謀論者に支配されていることを主張されたければ、例えば13番のコメントだけ記事にすれば済むことだと思います。

広告費にまみれて原発の安全を宣伝したマスメディアが信頼を失うのは当たり前です。この肝心な点を検証することなく「陰謀論」へのすりかえに便乗するのはどうでしょうか。16番のような便乗の便乗コメントでつくだけで、それこそ「建設的」ではありません。

17さんがどういう主旨でコメントされたかよくわかりませんが、私が投稿記事の「陰謀論」に取り合わないのは、単に脱原発を主張する人々を誹謗中傷するためのレッテル貼りでしかないからです。

今まで反原発といえば「左翼」というレッテル貼りですみました。しかし福島原発の爆発で反原発は現実の要求となり、イデオロギー対決の構図が陳腐化しました。

その中で「右翼」は浮きまくっています。先日全国各地で行われた反原発デモも子どもを連れた女性や若い人が中心です。日の丸を立てた右翼が電力会社の正面玄関を守るように威嚇しているのを見て、「あの人たちは日の丸を立てて何がしたいのだ?」と誰もが素朴な疑問を口にしていました。それほど思想闘争とは無縁の人々です。この人たちに右翼と電力会社のなれ合いがバレルのは逆効果でしょう。

小田嶋氏は既得権益に擦り寄る芸者。どこから指令が出ているものやら「陰謀論者」のレッテル貼りに飛びついて、心ある人には読むに耐えない駄文で原稿料をせしめているのです。


20. 2012年3月14日 20:51:52 : jxmYAKMIpc
長々と予防線、言い訳めいた前振りの後、結局どうでもいいような陰謀論が気に食わん論か? 小田島隆とやらに一言。

陰謀論であろうとなかろうと、「人の口には戸は立てられない」 日本人の常識!


21. 2012年3月15日 09:06:36 : l1NPjWZAfD
ダイナモさんは戦争板で主にシリア関連記事の投稿では一貫して反アサド、その前はリビア反カダフィーでいわゆる中東の春といわれた内乱を革命と絶賛。自由を圧殺された人民の蜂起だと絶賛しているからね。

一方、俺はそんなダイナモさんの投稿記事のスレッドコメント欄に、中東の春は欧米帝国主義の欺瞞、イラクの二の舞、他アラブ湾岸諸国の寡占支配体制は断罪されず放置のダブスタに過ぎないと反証の記事を投稿してきたし、今でもしている。
ダイナモさんの記事の主流はAFPやCNNなどの欧米の外信のものが多くを占めるが、これらのメディアはろくにシリアを取材してない。取材ソースの大部分はシリアのアサド体制を倒すべく組織された自由シリア軍やリビアの真似をしたシリア国民評議会とかいう組織だがいずれもシリアの人民が抵抗のため組織したというより、サウジやカタール、トルコ、アメリカ、イギリス、イスラエル、フランスなどが肩入れして実質性を持たせるため、こうやって外信メディアを使って正当性を担保させるべく工作していると俺は見ている。

おかげさまでこれらの国々がセコイ工作を仕掛けたシリアの内乱はリビアの二の舞を避けられつつある。良い兆候だ。
ところでシリアが西側が懸念する民主的自由を国民に制限していたのは事実だ。それから宗教、民族のモザイク国家であるからシーア派の一宗派に過ぎないアラウィ派のアサド家が権力を採ってスンニ派を押さえ込んだり、反体制勢力を弾圧しているのは事実だ。
だからダイナモさんがことさら人民の抵抗や革命の意義を見出して強調したい気持ちはわからんわけでもないが、イラクの故フセイン政権でも同じだがシリアを統治しているのはアサドではない。アサドはあくまで頭目であって統治は名目上のものだ。シリアを支配しているのはバアス党であり、バアス党員の宗派や民族は多岐にわたっているので、少数宗派が政権を独り占めにし富を独占しているという観方はある意味、誤解でもある。
富の独占は確かにある。だがそんなものは他のアラブ湾岸首長国家の王家や首長たちにだってある。あるどころの話ではない、天文学的数字の財を懐に入れている。富の偏在はこれらの国々ではスンニとシーアの対比からいうとシーアは脇に追いやられており、恩恵に浴していないし政治からも疎遠だ。
第一、これらの国々には議会がないのだから当然、政治の状況が改善することなど無いに等しい。
そんな湾岸首長国家で民主デモが頻発し、それをこの国の軍隊が圧殺していることをAFPやCNNは紙面を割いて特集したこともなければ、アメリカや国連は安保理の場で非難したという場面も無い。

などというやりとりを戦争板で行ってきた中でダイナモさんの記事に対してイルミナティーやフリーメーソン、ユダヤ機関の陰謀に加担するダイナモというコメントが発せられることがあった。
それを受けてダイナモさんがここで小田島隆の発言を持ち出してきたのだろう。
が、俺からすればダイナモさんのやっていることは小田島が文中で言っている「たとえば、福島第一原発の事故が深刻な事態を迎えている頃、ある週刊誌が、事故処理にあたる自衛隊員の前線基地となっていた「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町にある「サッカーナショナルトレーニングセンター」の愛称)について、次のような記事を書いた。
 Jヴィレッジの経営者が部屋を汚されることを嫌って、命懸けで働く自衛隊員を通路で雑魚寝させていたというのだ。

 この記事は私もよく記憶している。とても腹が立ったからだ。
 が、この話には異論が出されている。
 週刊誌の記事が出てから約1カ月後、あるサッカー専門誌にJヴィレッジの現状を伝えるレポートが掲載されたのだ。

 読んでみると、Jヴィレッジが自衛隊を通路に雑魚寝させた件について、「どこを見てもそんな事実はない」と書いてある。」
というある週刊誌が風聞を事実を確かめもせず記事にしたのをサッカー週刊誌が現場で取材した限りそんなものはないと否定した記事の、「ある週刊誌」がダイナモさんが持ち出してくるAFP、CNNに相当するものだと考えればなんのことはない、ダイナモさんは見事に小田島隆のヨタ記事を書き連ねそれらに便乗するネット市民と同じではないのか?
冒頭でAFPやCNNはシリア現地に取材しないでシリア国内の記事を報道していると書いた。
アルジャジーラだってそうだ。いや、今回起きた一連の中東の春ではアルジャジーラの姿勢は一貫して欧米や湾岸国家の望む記事や報道を展開してきた。
今や、シリアの人々は偏狭なイスラムテロリストの野蛮な行為を民主的などと持ち上げるアルジャジーラとカタールをロバに見立てて罵声を浴びせているのである。
ダイナモさんのやっていることはありもしない人民、大衆の蜂起を先導している外国の手先たちを反体制勢力などと持ち上げオダを上げ、卑劣な行為を誉めそやしているのと同じだ。
小田島隆の発言を真摯に受け止めねばならないのは、ダイナモさん、あなたですよ。


22. 2012年3月16日 12:20:15 : FSq1v0SPsI
>で、震災からこっち、ネット上では、マスメディアを敵視するタイプの陰謀論が猖獗(ろうぜき:ダイナモ注)を極めている次第だ。

猖獗(しょうけつ)が「ろうぜき」とは!「狼藉(ろうぜき)」と間違えたのかね?>ダイナモ氏

「猖獗を極める」という表現は、特に南方の疫病多発地帯を表すのによく使われるが(特に第二次大戦の日本軍のフィリピンやガダルカナルといった戦線の回顧録や戦記物では)。

>「日本のマスメディア(←「マスゴミ」と呼ぶ連中もいる)はひとつに結託して情報を統制している」
「商業メディアは事実を隠蔽している」
「記者クラブメディアは取材チャンネルを独占し、権力と癒着している」
「東電の影響下にある放送局は原発に批判なジャーナリストを排除している」

これって、上杉隆・岩上安身・田中龍作といったフリージャーナリストの人々の論説や動画によって全部実証された「事実」なんですけど?

どこが陰謀論なんですか?「暴かれた現実を報道する」こと、またそれに基づいて論じることのどこが陰謀論なんですか?

ダイナモさん、そして引用元の小田嶋隆さんには説得ある言葉で説明する責任がありますよ(それが出来なければ、ダイナモさんも小田嶋隆さんも「マスゴミ」の手下で、彼らを擁護するためにクズ論説を重ねたに過ぎなくなります)。


23. 竹本淳一 2012年3月26日 00:00:41 : CgaAQ8DNz.spY : AdRu7jDctI
22番さん

あのー、そもそも上杉隆さん・岩上安身さん・田中龍作さん方々
いんちき極まりない輩なんで
誰も信用していないのですが

不必要に福島を貶め、侮蔑し、差別し、インチキ報道を
夕刊フジにやったり。

竹本淳一


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧