★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12 > 746.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国は、「嘘を百回つけば真実になる」と思い込んでいる輩であり、武力で脅せば嘘も真実になる」と思っている「力の信奉者」
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/746.html
投稿者 TORA 日時 2012 年 3 月 10 日 12:26:24: GZSz.C7aK2zXo
 

株式日記と経済展望


--------------------------------------------------------------------------------


中国は、「嘘を百回つけば真実になる」と思い込んでいる輩であり、さらに
「嘘をつきながら武力で脅せば嘘も真実になる」と思っている「力の信奉者」

2012年3月10日 土曜日

◆「政府発表がないから報じられない」世界が呆れた日本の新聞 3月9日 ポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20120309_90618.html

 昨年来、原発事故報道で、新聞はひたすら大本営発表をたれ流した。世界から見れば非常識極まりない日本の大メディアの体質を、自身も日本経済新聞の記者経験があり、新聞社と権力との癒着を批判した『官報複合体』(講談社刊)の著者、牧野洋氏が指摘する。

 * * *
 東京電力の福島第一原発が津波に見舞われた翌日、福島県浪江町で数千人に上る住民は町長の指示に従って北へ向かって避難した。

 この時、政府のコンピュータシステム「SPEEDI(スピーディ)」は放射性物質が浪江町の北へ向かって拡散すると予測していた。なのに、浪江町の住民はなぜ南へ向かって避難しなかったのか。

 二〇一一年八月九日付のニューヨーク・タイムズ紙は「官僚の隠ぺい体質」と断じた。「不十分なデータを公表すると誤解を招く」といった理由で、政府は東日本大震災直後からスピーディのデータ公表を拒み続けていたからだ。同紙上で浪江町町長の馬場有は「情報隠ぺいは殺人罪に等しい」とコメントしている。

 スピーディのデータ公表が遅れた責任は官僚に加えて新聞にもある。国民が知るべき重要なデータであるにもかかわらず、政府の発表を待たなければ国民に伝えられなかったこれが新聞の責任だ。

 政府がデータの全面公表に踏み切ったのは大震災発生から一か月以上も経過した五月に入ってから。新聞が「隠されたデータ」を特報したのを受けて政府が発表に追い込まれたのではなく、政府が発表したから新聞がデータ内容を報道したのである。

 福島原発のメルトダウン(炉心溶融)をめぐる報道でも新聞は本来の機能を果たせなかった。実際にメルトダウンが起き、専門家もその可能性を指摘していたにもかかわらず、政府・東電が否定したことから当初は見出しで「メルトダウン」という言葉の使用さえ控えていた。一斉に報じ始めたのは、政府・東電がメルトダウンを認めた五月中旬になってからである。

 政府の発表を受けて書いているだけでは、権力側の発表をそのままたれ流す「発表報道」の域を出られない。発表報道に依存し過ぎると「大本営発表」と変わらなくなる。史上最悪の原発事故が起きている時にこそ、新聞は権力を監視しなければならないのに、現実には発表報道に終始した。

 福島原発報道については海外からも批判が出た。たとえばニューヨーク州立大学オールドウェストベリー校教授としてジャーナリズムを教えるカール・グロスマン。四十年以上かけて「環境ジャーナリズム」の分野を開拓した論客である。米環境専門誌「エクストラ!」の二〇一一年五月号で次のように書いている。

「福島原発事故の影響についての報道はあまりにもお粗末だ。日本政府が『直ちに健康に影響はない』と説明すると、記者はそれをオウム返しに報じているだけなのだ」

 なぜこうなるのか。単純化して言えば、発表報道の対極にある調査報道の伝統が根付いていないからだ。調査報道では権力側の説明をうのみにせず、独自調査の積み重ねで「権力側が国民に隠している秘密」を暴こうとする。権力の監視が報道機関に求められる基本機能だとすれば、調査報道こそ新聞報道の中心に位置していなければならない。

 調査報道が根付かない理由としてよく挙げられるのが記者クラブである。福島原発報道であれば首相官邸や経済産業省などの記者クラブに張り付き、政府・東電側の動きを漏れなく報じるわけだ。このような記者クラブ詰めの記者については「権力側の速記者」と揶揄する向きもある。

 記者クラブで発表報道に明け暮れると、記者は専門性をなかなか身に付けられない。記事の冒頭に「五W一H(誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どうして)」を詰め込む「逆三角形」を学べば、大抵のニュースを処理できるからだ。

 記者は「客観報道」の指導を受けているため、記事に独自の分析や解説を入れるのを最小限にしようとする。結果、書く記事はプレスリリースを読みやすく書き直しただけのストレートニュース(速報ニュース)になりがちだ。

 言うまでもなく、福島原発事故を報道する記者には、技術的な知識を含めて高度の専門性が求められる。専門性がなければ、政府・東電が嘘をついているかどうか判断することはままならない。それまで社会部で事件取材をしていた記者にいきなり原発報道を任せても、発表報道以上の仕事はなかなかできないだろう。(文中敬称略)

◆河村たかし発言について 3月9日 西村眞悟
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=715

二月二十日に、名古屋市長の河村氏が、「南京事件はなかった」と市を訪問した南京市共産党委員に発言し、中国外務省が反発し、中共のマスコミが騒ぎ、その中共の反応を見て、日本国内でも「不適切」とか「相手と時を考慮して発言すべき」だとか、ほざいている。

何故か、「南京事件があった」と叫んでいる中共が、「なかった」となると面目丸つぶれだからである。

これと似たような現象があった。一昨年の晩秋、海上保安官の一色正春さんが、中国漁船の我が巡視船に対する突撃の映像を公開したときだ。

この時、こともあろうに、菅内閣の菅と官房長官の仙石は、一色正春さんを、検察を使って罪人扱いした。任意と称して完全な強制捜査を行った。

では、何故、菅と仙石そして外務大臣は、この海上保安庁が撮影した映像を国民に隠していたのだろうか。その理由は、その映像が公開されれば、中共の言っていることが「嘘」だと分かるからである。

中共は、「嘘」を言って被害者面をしていたが実は衝突の加害者であったことが分かっては面目が潰れる。それ故、菅と仙石は、すなわち、総理と官房長官さらに外務大臣は、海上保安庁の映像を隠し中共の「嘘」がばれないようにしていたのだ。

従ってその時、菅内閣の総理と官房長官と外務大臣は、日本国民の為にいたのではなく中共に迎合し中共の為にその「嘘」がばれないようにしていた中共の飼い犬だった。

一色さんが公開した映像と、河村名古屋市長の発言は、共に「真実」なのだから、映像公開と発言それ自体を非難し、批判する者は、論理必然的に、中共の「嘘」に荷担する中共の犬、走狗である。従って、あの映像とこの度の河村発言は、共に我が国内における中共の走狗は誰かを明らかにしてくれた。

相手が「嘘」を言っているとき、映像であれ発言であれ、どんどん公表しなければならない。そうしないと、相手の思惑通り、「嘘」が真実としてまかり通ることになる。(後略)


(私のコメント)


一連の福島原発災害報道は、新聞テレビは大本営発表報道に終始して、SPEEDI情報も知っていても流さなかったし、メルトダウンの報道も封印されてしまった。政府は国民のパニックを恐れたというが、真実を報道しなければ被害が拡大してしまう。飯館村の住民は一ヶ月以上も被曝してからSPIEEDIの情報を知った。

新聞やテレビの報道は調査報道の機能を失い、政府発表の政府の広報機関化してしまっている。政府自身の対策会議の議事録も封印したまま発表しませんが、情報隠蔽の責任の追及を恐れているからだろう。しかし最近になってSPEEDIの情報隠蔽は文部科学大臣と政務官が電話一本で原子力安全委員会に勝手に権限を委譲してしまったことで起きたことらしい。

このように議事録が公表されると責任の追及は免れないから政府は議事録を隠蔽している。政府はないと発表しているがICレコーダーで録ってあるはずだ。そうしなければ政府から指示を受けた担当官庁は責任を取って作業が出来ない。だから政府からの命令指示には文書などの指示書があるはずだ。口頭による指示では政治家はずるいから責任回避される恐れがある。

そのような政府の責任回避の行動が露骨に出たのが、尖閣諸島における中国漁船と海上保安庁の巡視船との衝突事件だ。前原国土交通大臣の指示で中国人船長が逮捕されましたが、中国政府はこれに起こって中国国内にいた日本人社員をスパイとして逮捕して、仙谷官房長官は狼狽して慌てて中国人船長を釈放してしまった。

中国でスパイとして逮捕された日本人社員を開放する条件として、中国漁船が衝突してきた映像は公開しないと約束したのでしょう。そしてCNNに映像の入ったメモリーカードが送られましたがCNNは中国に配慮してメモリーカードは廃棄したと発表した。仕方なく海上保安官の一色正春氏はユーチューブに映像を公開して中国漁船の衝突してきたことがばれてしまった。

西村氏は、「では、何故、菅と仙石そして外務大臣は、この海上保安庁が撮影した映像を国民に隠していたのだろうか。その理由は、その映像が公開されれば、中共の言っていることが「嘘」だと分かるからである。中共は、「嘘」を言って被害者面をしていたが実は衝突の加害者であったことが分かっては面目が潰れる。それ故、菅と仙石は、すなわち、総理と官房長官さらに外務大臣は、海上保安庁の映像を隠し中共の「嘘」がばれないようにしていたのだ。」と書いていますが、政府は真実を隠蔽しようとした。

CNNはなぜ映像を公開しなかったのだろうか? 公開すればCNNは中国から追放されるからだ。CNNは映像も見もせずに捨てたと言っていますが、これでCNNの信用は丸つぶれであり、アメリカの報道機関であれ政府からの圧力には弱い。それだけ中国の政府機関のマスコミへの圧力は強力であり、場合によっては日本人を人質にとってでも圧力をかけてくる。オーストラリアと中国との間でも同じようなことがあった。

河村たかし市長の「南京事件はなかった」発言でも構造は同じであり、西村氏が書いているように『何故か、「南京事件があった」と叫んでいる中共が、「なかった」となると面目丸つぶれだからである。』としていますが、いくら捏造であったことを証明しても中国政府はそれを認めることは出来ない。中国においては政府が発表することが真実であり、たとえ事実が明らかでも政府が認めなければ事実ではないということになる。

中国の新幹線の事故でも、中国政府は新幹線を埋めて事実を隠蔽しようとした。中国という国はそういう国であり、西村氏は『何しろ相手の中共・支那は、「嘘を百回つけば真実になる」と思い込んでいる輩であり、さらに「嘘をつきながら武力で脅せば嘘も真実になる」と思っている「力の信奉者」であるからだ。』という国であり、日本のマスコミにも圧力をかけて「南京事件はあった」事にされている。

日本のマスコミも大本営発表報道であることが福島原発事故でもはっきりしましたが、真実を知ろうと思ったら「株式日記」を読むしかないだろう。公開されたニュースを分析するだけでも真実を探り出すことは可能だ。最近になってマスコミは地震で福島原発は壊れたと言い出していますが、それでは10キロしか離れていない福島第二原発も地震で壊れたはずですが、福島第二原発は正常に停止している。この程度の分析力も大マスコミの記者は持っていないようだ。津波で電源をやられたのが一番の原因だ。最近になってその証拠写真が出ている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月10日 18:00:20 : K7owHe06Hc
記者はそれをオウム返しに報じているだけなのだ

オウム返し?
尾ひれをつけて流すのはオウム返しとは言わんだろ。


02. 2012年3月10日 19:06:40 : tLL5rmHw5c

【拍手】が入らない。 ブロックされているようだ。


03. ダイナモ 2012年3月11日 15:22:03 : mY9T/8MdR98ug : FGFmbvHw4I
また「中国脅威論」か。で、結局、「日米同盟の深化」とこうなる訳だ。

中国との間で色々問題はあるが、これからいやでも付き合っていかなければならない隣人である。

米国との間の経済的つながりは、はますます縮小し、中国との間ではますます増大していく。日本人は難しい隣人・中国とこれからもうまく付き合っていかなければならないのであり、米国よりも大事な付き合いであることは確かだ。

いくら「中国脅威論」で日中の対立を煽ろうとも、日本は中国との貿易拡大なしには存立し得ない。


04. 2012年3月12日 08:30:29 : ZJrdqRMEkc
>10キロしか離れていない福島第二原発も地震で壊れたはず

福一の方が設計が古いと言うこと、10キロ離れれば揺れの様相は異なると言うこと。
神戸以降耐震基準は強化されたが、建築基準法の耐震基準は建物への規制が大きく、配管・配線等の設備については殆ど定量的な基準は無いに等しい。
これらを考えた場合、福一(の設備類)だけが損傷したと言うことは大いにあり得ることだ。
勿論配管が折れただけでも、場所によっては致命的な損傷となる。
実際の揺れは記録が残っている。設計・建設の状況は現地および図面からも確認できる。地質についても建設当時の調査記録がある。
だから、工学的に検証することは可能である。にも関わらずこの種の検証がなされたという報告は聞かない。
ストレステストの内容に含まれていたのだろうか?
科学的な根拠もなく、ただ大丈夫だというだけでは、多くの国民は納得しないのは当たり前だ。


05. 2012年3月12日 10:11:54 : BnPQDnro5g
常にウソマヤカシの口実で、執拗露骨なイラン恫喝バッシングに見る、0.1%以下の戦争屋(軍産学情報金融、巨大権益複合体)が、絶えず戦争の火種を捏造し、煽り立てている国は他でもない、世界中でアメリカだけじゃないか!!!

これだけ周知明確な、悪辣なデマだか、プロパガンダだか知らないが、いわゆる『中国脅威論」なる代物の正体を捻じ曲げず、直視してからものを言え!

ジョセフ・ナイ(対日戦略会議報告書)

http://alternativereport1.seesaa.net/article/111841481.html

http://alternativereport1.seesaa.net/article/93305639.html


06. 2012年3月22日 23:47:30 : 0MlWEr2z8o
05に同意。
先にアメリカだろう?
アホ丸出しの投稿だね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧