★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12 > 781.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
生き生き箕面通信1201 ・読売・朝日の低劣ないざこざ――ナベツネ氏の引退は? 
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/781.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 23 日 08:06:53: igsppGRN/E9PQ
 

生き生き箕面通信1201 ・読売・朝日の低劣ないざこざ――ナベツネ氏の引退は? 
http://blog.goo.ne.jp/ikiikimt/e/a9149f0d034da440ac0ffd8882df070b
2012-03-23 06:46:28  生き生き箕面通信


 おはようございます。
 生き生き箕面通信1201(120323)をお届けします。

・読売・朝日の低劣ないざこざ――ナベツネ氏の引退は?
 
 読売新聞のドン、渡邉恒雄氏、通称・ナベツネもついにここまで衰えた
かと情けなくなります。例の清武英利氏(前巨人軍代表)との争いがエス
カレートし、朝日新聞にまでちょっかいを出されていることです。たかが
身内の問題を、あたかも天下の大問題のような取り上げ方をされて、
みっともない姿をさらし続けています。

 朝日新聞が一面トップで、「巨人軍はプロ野球選手を獲得するために
標準以上の契約金を払った」と大々的に報じました。読売新聞は「やま
しいことはない。朝日が謝罪しなければ、法的措置も辞さない」と反撃
して、読売・朝日低次元いざこざが続いています。契約金問題の陰に
清武氏がいることは想像にかたくない。両紙とも自らを「日本を代表
するクオリティー(高級)紙」と任じていますが、なんとみっともない次
元の低さ。続報がいくらにぎやかに書きたてられてもとても、しょせん
「三流の問題」にすぎません。また、どういう形で落ち着くにせよ、読
売新聞がマイナスのイメージから一方的に購読部数を減じて、手負
いの傷を受けるのではないでしょうか。

 ナベツネ氏の権力の源泉は、巨人軍のカネを自分のポケットマネー
のように使える権限を握っているからです。もちろん、読売グループの
人事権を握っていることが、最大のパワーの源です。気に入らない人
間はその時の気分で簡単に飛ばしてしまう。今までにどれほどの犠牲
者が出たことか。今はだれも逆らえません。回りは「イエスマン」の茶
坊主ばかり。

 したがって、巨人軍に発するカネの問題、プロ野球界のカネの問題
が、解決する展望もまったくありません。ナベツネ氏が現在の地位で
”君臨”する限り、改善はあり得ない。つまり、今となってはナベツネ引
退以外に、問題解決の道はないと断言できます。

 で、ナベツネ氏が引退する見通しはあるでしょうか。残念ながら、当分
はなさそうです。なにしろナベツネ氏は「日本をちゃんとしないと、死ん
でも死にきれない。オレがやっていることは遺言なんだ」と口癖にしてい
ます。これ以上、もうろくしても、そのもうろくしていること自体が自分で
は判断できない。やっかいなゾーンに入ってきました、読売新聞は。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月23日 11:40:18 : n8usGiH2gg
<日本をちゃんとしないと、死んでも死にきれない。オレがやっていることは遺言なのだ>

 人の一生には山や谷があり、生涯を通してみればプラス・マイナスが均衡し、誰もが同じ程度に収まって終わるのだと思う。山が高ければ、谷も深いのだ。
高い山に登った渡邉氏は今、その均衡のために苦闘していると言えるのではないだろうか。


02. 2012年3月23日 18:37:04 : uAKQbjdN6Q
朝日報道を受けての読売はイタすぎる。
低レベルでヒステリックな反論は哀れでどこかの宗教ペーパーと変わらない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評12掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧