★阿修羅♪ > 昼休み45 > 154.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
気象予報士・wikipedia(全国の気象予報士は、富士の四隅で、定点で、群発した、地震の原因を調べるべきです)
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/154.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 3 月 19 日 15:28:49: 4sIKljvd9SgGs
 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E4%BA%88%E5%A0%B1%E5%A3%AB
気象予報士
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内, 検索
気象予報士
実施国 日本
資格種類 国家試験
分野 サービス・技能
試験形式 筆記
認定団体 気象業務支援センター
等級・称号 気象予報士
根拠法令 気象業務法第24条の5
ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル 資格

気象予報士(きしょうよほうし)は、日本の国家資格の一つで、気象業務法第3章の2に基づき、指定試験機関(気象業務法第24条の5、財団法人気象業務支援センター)が実施する知識及び技能についての試験(以下、気象予報士試験という)に合格した者(同法第24条の4)であって、気象庁長官による登録(同法第24条の20)を受けた者をいう。

1993年の気象業務法改正によって、気象庁以外の者に対する予報業務の許可が一般向け予報業務についても実施されることになった際、その予報業務の技術水準及び信頼性を担保するための予想担当者の技能試験として創設された。第1回試験は、1994年8月28日に実施されている。

目次
1 概要
2 国家試験
2.1 受験資格
2.2 試験科目
2.3 受験地
3 注
4 関連項目
5 外部リンク

[編集] 概要
気象庁長官の許可を受けて予報業務を行う予報業務許可事業者は、予報業務を行う事業所ごとに気象予報士を置かなければならず(同法19条の2)、予報業務のうち現象の予想については、気象予報士に行わせなければならない(同法19条の3)。

予報業務許可事業者は、一日当たりの現象の予想を行う時間に応じて、所要の人数の選任の気象予報士を置かなければならない(気象業務法施行規則第11条の2)。ただし、気象予報士と予報業務許可事業者との間に雇用などの専属の関係は必要ではなく、気象予報士は、複数の事業者のために現象の予想を行うこともできる。[1]

ただし、2007年の気象業務法の改正により新たに許可されることになった地震動(緊急地震速報)および火山現象の予報業務については、気象予報士を置く必要はなく、これとは別に所定の技術基準に適合した方法により現象の予想を行うこととされている。

この資格が新設された当初、テレビの気象解説者が試験を受けて話題になったが、現象の予想を伴わない単なる天気解説(気象庁や気象予報会社の発表した予報を解説するだけ)には、気象予報士の資格は必要ない。それでも、最近ではNHK・民間放送とも、気象予報士の資格を持つアナウンサーもみられるようになっている。

2008年12月末現在、気象予報士名簿に登録された気象予報士の数は、6,841名となっている。気象予報士のうち、予報業務許可事業者に就職している者は700名程度、そのうち現象の予想を担当しているのは400 - 450名程度とみられる。[2]

ただし、現象の予想を担当しているとされる者の中には、コンピュータによる自動予報を合法的に発表するため、あるいは事業者が気象庁の予報をそのまま流しているのではないように見せるために名義を貸しているだけの者もいる。

一方、予報業務許可事業以外の業界において、多くの気象予報士が、経営判断のための気象情報の分析、報道・教育等用の気象コンテンツの作成等に携わっており、制度の目的外で活用される資格ともなっている。

気象予報士の団体として日本気象予報士会があるが、これは弁護士会などと違い、任意加入団体である。気象関連業務従事者の加入割合は少なく、また、活動のほとんどが同好会のような性格であることから、加入率は、4割を下回っている(詳しくは日本気象予報士会の項目参照)。

2009年3月7日現在における史上最年少合格者は、横浜市に在住する13歳7ヶ月の男子(それまでは、2004年時点で14歳だった私立中学2年生の男子だった)。

自衛隊において気象予報士は、予報官として、幹部任用資格となっている。第二次世界大戦中、日本では天気予報が一切禁止されたことからも分かるように、気象観測・予報は軍事とも密接にかかわっている。
[編集] 国家試験
気象予報士試験は1月下旬頃と8月下旬頃の年2回行われる。法律では年1回以上と定められているが、2008年現在、2回が通例となっている。合格率の平均は6%。

[編集] 受験資格
制限なし(年齢・学歴等に関係がない)
[編集] 試験科目
学科試験(多肢選択式)
予報業務に関する一般知識(60分間)
大気の構造
大気の熱力学
降水過程
大気における放射
大気の力学
気象現象
気候の変動
気象業務法その他の気象業務に関する法規
予報業務に関する専門知識(60分間)
観測の成果の利用
数値予報
短期予報・中期予報[3]
長期予報[3]
局地予報
短時間予報
気象災害
予想の精度の評価
気象の予想の応用
実技試験1、2(記述式)…各75分間
気象概況及びその変動の把握
局地的な気象の予想
台風等緊急時における対応
学科試験に合格して実技試験に不合格だった、または学科試験の一部のみ合格点を取った者は、その後1年間(試験2回)、合格点を取った試験が免除される。また、気象庁または自衛隊で予報の実務経験がある者などについても、学科試験の免除制度が用意されている。

[編集] 受験地
北海道・宮城県・東京都(2箇所)・大阪府(2箇所)・福岡県・沖縄県の6都道府県8箇所で行われる。

[編集] 注
^ 2005年12月の気象庁見解による。これに従うと、多人数の気象予報士を有する事業者が労働者派遣事業類似の行為を行いうるため、気象庁は、予報業務許可事業者が労働者派遣法の規制に抵触するような雇用形態をとらないよう指導している。
^ 平成16年度の気象庁統計資料より推計。母集団に偏りがある可能性があり、許可事業者への就職者500名内外、予想の担当者300名弱、その他気象関連業務の従事者1,000名以下くらいではないかとの見方もある。
^ a b 中期予報及び長期予報は、これらを予報業務許可事業者が行えるようにする規制緩和の実施後、2000年度第2回試験から追加された。
[編集] 関連項目

ウィキブックスに気象予報士試験関連の教科書や解説書があります。
天気予報
予報業務許可事業者
[編集] 外部リンク
気象庁ホームページ
財団法人気象業務支援センター
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧